図面 (/)

技術 洗濯助剤及びその使用方法

出願人 有限会社エコロジカ
発明者 木村荘助中井昌昭
出願日 1999年12月8日 (21年5ヶ月経過) 出願番号 1999-348916
公開日 2001年6月19日 (19年10ヶ月経過) 公開番号 2001-164296
状態 未査定
技術分野 洗浄性組成物 洗濯一般
主要キーワード シリコンゴム組成物 ノーマルヘキサン トルマリンセラミック 経済的コスト 洗濯助剤 合成天然ゴム 界面活性化 圧電性セラミック
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年6月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

構成

トルマリン及びガーネットの混合物3〜100重量部を配合したゴム組成物、又はトルマリン及びガーネットの混合物3〜50重量部を配合したプラスチック組成物シート状に成形加工した洗濯助剤。及び、市販の洗濯機を用いる洗濯に際し、該洗濯助剤を被洗濯物と併せて洗濯槽に入れる無洗剤洗濯、又は減洗剤洗濯の方法。

成果

市販のタオルサラダ油浸潤させた被洗濯物に対して、洗剤に替えて洗濯助剤を入れた洗濯を行った結果、洗濯水に含まれたノーマルヘキサン抽出分の検出量は、洗濯助剤の作用効果としてサラダ油の乳化発現したと云える。即ち、洗濯助剤を用いた洗濯は、無洗剤洗濯、又は減洗剤洗濯の成立示唆している。

概要

背景

従来、トルマリン及び/又はトルマリン担持体収納した通水性を具えた容器を水に浸漬し、もしくは浮遊させて、水の界面活性化の手段又は水の洗浄力を高める手段とした提案がされているが、経時的な機能低下、効果の再現性の問題があると云える。又、洗濯に使用した際に、洗濯槽及び被洗濯物の損傷の原因となる可能をもっている。(特開平5-117693,物開平5-220486,特開平7-51664,実開平5-60590参照)

従来、トルマリンを布に塗布した水の界面活性布が提案されているが、洗濯に使用するときは、塗布部の摩耗及びはく離の問題があると云える。(特開平6-173162参照)

概要

トルマリン及びガーネットの混合物3〜100重量部を配合したゴム組成物、又はトルマリン及びガーネットの混合物3〜50重量部を配合したプラスチック組成物シート状に成形加工した洗濯助剤。及び、市販の洗濯機を用いる洗濯に際し、該洗濯助剤を被洗濯物と併せて洗濯槽に入れる無洗剤洗濯、又は減洗剤洗濯の方法。

市販のタオルサラダ油浸潤させた被洗濯物に対して、洗剤に替えて洗濯助剤を入れた洗濯を行った結果、洗濯水に含まれたノーマルヘキサン抽出分の検出量は、洗濯助剤の作用効果としてサラダ油の乳化発現したと云える。即ち、洗濯助剤を用いた洗濯は、無洗剤洗濯、又は減洗剤洗濯の成立示唆している。

目的

即ち、本発明が提案する洗濯助剤は、洗濯に際して、撹拌により生じる水からの圧力、被洗濯物及び洗濯槽との摩擦又は圧力を受け、洗濯助剤が含むトルマリン及びガーネットは圧電位を生成し、更に電磁波を放射するとされる。本発明は、該電磁波が、被洗濯物の汚染物質とされる油脂、蛋白質及び多糖類振動せしめ分子運動を盛んにし、汚染物質のエマルジョン化を促す作用に着目し、該電磁波が無洗剤洗濯又は減洗剤洗濯が成立するための問題を解決する手掛を提供するものと期待している。

又、本発明は、該電磁波が洗濯用水に作用することにより水分子励起イオン化及びクラスターの組替え等の物理化学的計測が殆ど不可能な変化を生じせしめ、洗濯用水の溶解能の向上、即ち、沈着している鉄、マンガン及びカルシュウムのイオン化及び水和、蛋白質エマルジョンの粘度の低下、及び油脂乳化作用等汚染物質を被洗濯物から遊離を容易にすることにより、無洗剤洗濯又は減洗剤洗濯が成立するための問題を解決する手掛を提供するものと期待している。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

圧電性セラミックトルマリン、及び、ガーネットを1:9〜9:1の割合で混合した粉体3〜100重量部を生ゴム100重量部に配合した配合ゴムを厚さ0.1〜2.0ミリメートルシート状に成形加硫したことを特徴とする洗濯助剤

請求項2

圧電性セラミックのトルマリン、及び、ガーネットを1:9〜9:1の割合で混合した粉体3〜50重量部を軟質プラスチック100重量部に配合した粉状、又は粒状の組成物を厚さ0.1〜2.0ミリメートルのシート状に成形したことを特徴とする洗濯助剤。

請求項3

上記請求項1、又は請求項2に記載した洗濯助剤、及び、被洗濯物を、洗濯助剤の表面積の和が被洗濯物の1キログラム当り500〜5500平方センチメートルの割合で、市販の洗濯機洗濯槽投入し、被洗濯物を洗濯することを特徴とする繊維製品洗濯方法

技術分野

0001

本発明はトルマリン及びガーネット高分子組成物洗濯への応用に関する。

背景技術

0002

従来、トルマリン及び/又はトルマリン担持体収納した通水性を具えた容器を水に浸漬し、もしくは浮遊させて、水の界面活性化の手段又は水の洗浄力を高める手段とした提案がされているが、経時的な機能低下、効果の再現性の問題があると云える。又、洗濯に使用した際に、洗濯槽及び被洗濯物の損傷の原因となる可能をもっている。(特開平5-117693,物開平5-220486,特開平7-51664,実開平5-60590参照)

0003

従来、トルマリンを布に塗布した水の界面活性布が提案されているが、洗濯に使用するときは、塗布部の摩耗及びはく離の問題があると云える。(特開平6-173162参照)

発明が解決しようとする課題

0004

現在、地球規模で進行する汚染のうち、洗剤による汚染は、その生物学的及び化学的定性の由に、河川海洋における洗剤の蓄積未来の負の遺産として深刻な問題となっている。本発明は、上記洗剤の使用量の削減を課題とし、無洗剤洗濯もしくは減洗剤洗濯の新規の手段の提供を目的としている。

0005

従来、トルマリン及び/又はトルマリン担持物、もしくはトルマリンセラミックを収納した洗濯用活水器又は洗濯補助具が実用化されているが洗濯槽及び洗濯物への損傷の原因となるという問題があつた。本発明は、洗濯機に用いて、洗濯槽及び被洗濯物の損傷を殆ど起こすことがない、軟質の可撓性に富んだ洗濯助剤を提案している。該洗濯助剤は可撓性を具え、且つ比較的大きい表面積を持つシート状の構造の故に、洗濯に際して被洗濯物によく絡み、継ず圧力の変化に曝らせれる故に、該洗濯助剤が含むトルマリン及びガーネットの圧電効果として該洗濯助剤は電磁波を放射し、被洗濯物及び洗濯用水に作用する機能の根拠となっている。

0006

即ち、本発明が提案する洗濯助剤は、洗濯に際して、撹拌により生じる水からの圧力、被洗濯物及び洗濯槽との摩擦又は圧力を受け、洗濯助剤が含むトルマリン及びガーネットは圧電位を生成し、更に電磁波を放射するとされる。本発明は、該電磁波が、被洗濯物の汚染物質とされる油脂、蛋白質及び多糖類振動せしめ分子運動を盛んにし、汚染物質のエマルジョン化を促す作用に着目し、該電磁波が無洗剤洗濯又は減洗剤洗濯が成立するための問題を解決する手掛を提供するものと期待している。

0007

又、本発明は、該電磁波が洗濯用水に作用することにより水分子励起イオン化及びクラスターの組替え等の物理化学的計測が殆ど不可能な変化を生じせしめ、洗濯用水の溶解能の向上、即ち、沈着している鉄、マンガン及びカルシュウムのイオン化及び水和、蛋白質エマルジョンの粘度の低下、及び油脂乳化作用等汚染物質を被洗濯物から遊離を容易にすることにより、無洗剤洗濯又は減洗剤洗濯が成立するための問題を解決する手掛を提供するものと期待している。

課題を解決するための手段

0008

本発明が無洗剤洗濯又は減洗剤洗濯の簡便な手段として提案している洗濯助剤について説明する。該洗濯助剤は、請求項1及び請求項2に記載された圧電性セラミックのトルマリン及びガーネットを機能成分として含有している。元来、天然鉱石の多くは圧電性セラミックであるとされているが、本発明が推奨する洗濯助剤の材料とするトルマリン及びガーネットの選定に当たって考慮した点は、砒素硫黄塩素を殆ど含有しないとされる。有毒性重金属を殆ど含有しないとされる。常温で電磁波を放射する。経済的コスト入手きりことである。

0009

本発明は、上記のトルマリン及びガーネットの平均粒径0.0002〜0.2ミリメートル粉体の混合比1:9〜9:1を機能成分とし、又、該粉体の担体として生ゴムを用いるトルマリン及びガーネットのゴム組成物を提案している。本発明が推奨するゴムの種類は下記の通りである。

0011

請求項1に記載した配合ゴム、即ち、トルマリン及びガーネットのゴム組成物を成形した洗濯助剤について説明する。上記のゴムの種類から選定した生ゴムの素練工程後、別に準備した加硫剤を含む配合薬品に、上記のトルマリン及びガーネットの粉体の混合物を添加し、混練工程を経た配合ゴム、即ちトルマリン及びガーネットのゴム組成物を得る。該トルマリン及びガーネットのゴム組成物は、生ゴム100重量部に対し、トルマリン及びガーネットの粉体3〜100重量部の配合比がよい。

0012

上記のトルマリン及びガーネットのゴム組成物は、次ぎに成形工程を経てシート状に加工する。成形方法は、ローラー成形機カレンダー成形機プレス成形機及び押出し成形機のいずれでもよい。成形工程、加硫工程に続く仕上工程により、請求項1に記載のシート状の洗濯助剤を得る。

0013

上記シート状の洗濯助剤の形状寸法は厚さ0.2〜2.0ミリメートル、10〜100ミリメートル長さ300〜1000ミリメートルの範囲がよい。

0014

次に、請求項2に記載のトルマリン及びガーネットのプラスチック組成物を成形した洗濯助剤について説明する。本発明はトルマリン及びガーネットを1:9〜9:1の混合物の平均粒径0.0002〜0.2ミリメートルの粉体を機能成分とし、該粉体の担体としてプラスチックを用いたトルマリン及びガーネットのプラスチック組成物を提案している。本発明が推奨するプラスチックの種類は下記の通りである。

0016

上記のプラスチック100重量部に対し、既述のトルマリン及びガーネット3〜50重量部の範囲で配合を行い、混練工程を経て圧電性セラミックのプラスチック組成物を得る。該プラスチック組成物は、粉状又は造粒工程を経たペレット状の形態を呈している。

0017

上記に説明した粉状又はペレット状のプラスチック組成物は、シート押出機、又はカレンダーシート成形機を用いる成形工程を経てシート状の成形物を得る。該シート状の成形物は、更に仕上工程を経て請求項2に記載のシート状の洗濯助剤に作られる。

0018

上記のシート状の洗濯助剤の形状寸法は厚さ0.2〜2.0ミリメートル、巾10〜100ミリメートル、長さ300〜1000ミリメートルの範囲がよい。

0019

前述詳細に説明した製造方法に基いて作られたトルマリン及びガーネットのゴム組成物を成形したシート状の洗濯助剤、もしくはトルマリン及びガーネットのプラスチック組成物を成形したシート状の洗濯助剤を使用した洗濯方法について説明する。

0020

本発明は、市販の洗濯機を用いた、通常繊維製品と称せられる、例えば、衣類タオル雑巾等の被洗濯物の洗濯に際し、被洗濯物と共に本発明が提供する洗濯助剤の複数枚を洗濯槽に入れた後、該洗濯機の取扱説明に従った洗濯の操作を行う洗濯の方法を提案している。又、上記本発明が提案する洗濯において、被洗濯物1キログラム当たりの洗濯助剤の使用量は、複数枚の洗濯助剤の表面積の和が500〜5500平方センチメートルの範囲がよい。

0021

上記に説明した本発明が提案する洗濯方法による洗濯において、シート状の洗濯助剤は、被洗濯物と共に撹拌される故に、接触する被洗濯物、洗濯槽、撹拌機の羽及び水の間で作用する方向の異る圧力が発生し、該圧力は間断なく変化する。洗濯工程を通じて該シート状の洗濯助剤に起こる圧力の変化は、トルマリン及びガーネットを構成する結晶構造に歪みを与え圧電位を生じると云える。

0022

上記説明の該洗濯助剤に起こる圧力変化により、トルマリン及びガーネットに圧電位を生じ、更に遠赤外線領域の電磁波を放射すると云える。該電磁波は被洗濯物に付着している汚れの成分を振動させ、分子運動を活発にする由に汚れの成分は被洗濯物から離れ易い状態になるものと云える。

0023

又、該電磁波は、洗濯水に作用し、水分子を励起せしめる故に水分子は振動し、且つイオン化すると云える。上記に説明した励起した水分子を含む水の作用効果は、(1)蛋白質のエマルジョン化、及びエマルジョンの粘度を低下させる。又(2)油脂の乳化能を高める。(3)多糖類のエマルジョン化を促進する。(4)金属をイオン化、又は水和して溶解を促進する。

0024

上記詳細に説明した如く、本発明が提供する洗濯助剤において、洗濯工程を通じて生じる圧力を受ける結果トルマリン及びガーネットは電磁波を放射するとされる。該電磁波は、(1)被洗濯物の汚染物質としての有機物に作用して、有機物の分子運動を活発にして汚染物質の被洗濯物からの脱落を容易にする。

0025

(2)一方では、洗濯水に作用して、水分子を励起せしめ、水分子の一部はイオン化し、被洗浄物を汚染した金属に作用して、金属をイオン化、又は水和して水に溶解し易い金属に変えることで、該洗濯水は金属により汚染した被洗濯物の洗濯に有効な作用効果が期待される。

0026

(3)又、励起した水分子は蛋白質、多糖類及び脂肪生物体由来高分子組織水として結合することにより、これら生物体由来の高分子のエマルジョン化を促進し、更に、これらエマルジョンの粘度低下に働く作用を有し、励起した水分子を含む洗濯水は生物体由来の高分子を汚染物質とする被洗濯物の洗濯に洗剤に似た有効な作用効果が期待される。

0027

(4)又、該洗濯助剤が放射する電磁波は、洗濯に際して使用される洗剤の分子を振動させることにより、顕著な洗濯効果発現するものと期待され、減洗剤洗濯の成立する要因の一っを提供していると期待される。

0028

既述の如く、本発明で提供する洗濯助剤の構成は、不溶性といえるトルマリン、ガーネット及びゴム、もしくはプラスチックであるが故に、市販の洗濯機を用いた洗濯工程を通じて、洗濯助剤から洗濯水に溶出する化学成分は殆どない、即ち環境への負担になるものの排出はないと云える。

0029

又、洗濯助剤が放射する電磁波は、遠赤外線領域にあって、顕著な消臭作用及び、大腸菌に対する抗菌作用を有し、洗濯工程を通じて被洗濯物の消臭並びに減菌の作用を発現すると云える。

0030

本発明が提案する洗濯助剤は、上記に詳述した作用効果を有するが故に、被洗濯物の汚染が軽度の場合は無洗剤洗濯が、又重度の汚染の場合は、減洗剤洗濯が成立する。既述の如く、該洗剤助剤が放射する電磁波は有機物を振動させるとされるが、洗剤に対しても振動を与え、更なる界面活性作用を促進する作用効果が減洗剤洗濯の効果に高い再現性が期待されると云える。

0031

本発明が提供する洗濯助剤の機能成分として、トルマリンの単体又はガーネットの単体を用いたときは、洗濯の効果は不十分と云える場合が実証された故に、本発明においては、トルマリン及びガーネットの混合物を洗濯助剤の機能成分として推奨する根拠になっている。

発明を実施するための最良の形態

0032

本発明の洗濯助剤について発明の実施の形態を実施例にもとづいて説明する。請求項1に記載の洗濯助剤を次記実施例1において製作し、実施例2において、該洗濯助剤の作用効果を実証する試験を行った。但し、本発明は該実施例にとどまらない。
実施例1
トルマリン及びガーネット混合比1:1の粉体平均粒径40ミクロンの1キログラムをシリコンゴムの生ゴム4キログラムに添加混練し、ローラーを用いて成形・加硫し、厚さ0.4ミリメートルのシリコンゴムシートを製作し、40×600ミリメートルの矩形の洗濯助剤10枚を得た。該洗濯助剤の作用効果を検証する試験を実施例2によって説明する。

0033

実施例2
実験目的
本発明が提供する洗濯助剤の作用効果を実証するため、上記実施例1で製作したトルマリン及びガーネットのシリコンゴム組成物の洗濯助剤を検体とし、トルマリン及びガーネットを含まないシリコンゴムシートを対照としてタオルの洗濯を行い、洗濯効果の比較を目的とする。
検体
実施例1にて製作した洗濯助剤 0.4×40×600ミリメートル10枚
対照
実施例1にて使用したシリコンゴムを加工したシート0.4×40×600ミ
リメートル10枚
試験
(1)被洗濯物の準備
新品タオル1枚当たり、未使用のサラダ油15グラムを加えたもの20枚を1組として1時間放置、2組を用意した。
(2)洗濯機N社 うづまき式 2台
(3)試験方法
対照試験
上記の洗濯機に被洗濯物としてサラダ油を浸潤させタオル20枚を入れ、更に、対照とするシリコンゴムシート10枚を入れ、水40リットルを加えて洗濯機の撹拌を10分行った後、水1リットル採取し、対照の被検液とした。
B検体試験
上記の洗濯機に被洗濯物としてサラダ油を浸潤させたタオル20枚を入れ、更に検体の洗濯助剤10枚を入れ、水40リットルを加えて洗濯機の撹拌を10分行った後、水1リットルを採取し、検体の被検液とした。
C被検液のノーマルヘキサン抽出分の比較
対照の被検液及び検体の被検液のノーマルヘキサン抽出分を定量して比較した。
D結果
対照の被検液のノーマルヘキサン抽出分 検出限度以下
検体の被検液のノーマルヘキサン抽出分 5.1グラム/リットル
(4)考察
1)検体の被検液のノーマルヘキサン抽出分 5.1グラム/リットルは分母を40リットルに換算すると204グラムでタオルに浸潤したサラダ油の総量300グラムの68パーセント回収されていると云える。一方対照の被検液はサラダ油の回収を殆どしていないと云える。
2)本試験の結果は、洗濯助剤を用いた無洗剤洗濯において、サラダ油のエマルジョンの成立を示唆している。

発明の効果

0034

本発明が提供する洗濯助剤は、サラダ油を浸潤させたタオルを、洗濯機を用いた無洗剤洗濯に際し、タオルに浸潤させたサラダ油を洗濯水に乳化させたことが実証され、無洗剤洗濯、又は減洗剤洗濯を成立させる新規の視点を提供している。

0035

本発明が提供する洗濯助剤は、柔軟性に富んだシート状の形態を有する故に、洗濯工程を通じて洗濯槽、被洗濯物、及び、洗濯助剤自身が、摩擦及び衝突による損傷を受けることを防止している。

0036

本発明が提供する洗濯助剤は、臭気を有する被洗濯物に対し消臭の作用効果を発現したいる。

0037

本発明が提供する洗濯助剤を用いた無洗剤洗濯、又は減洗剤洗濯は、簡単な手段で成立するもので、洗剤による河川、及び海洋の汚染を緩和するという人類的課題の解決を目指して、洗濯以外の洗浄における無洗剤洗浄又は、減洗剤洗浄の手段の研究開発に新たな展望を与えようとしている。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ