図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2001年6月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

複数の発光色を混合してリング状導光体内に入射して文字盤照明を行う場合の光の混色性を向上する。

解決手段

導光リング60を、導光部61と光放射部62とより構成する。導光部61は、文字盤21の外周に沿って配置される略円弧状をなすと共に、その断面形状を五角形以上の略多角形状としている。導光部61は、その端部に光源95を装着して光源95からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方放射自在である。また、光放射部62は、導光部62の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成される。そして、光放射部62は、厚さ方向一側面を光放射面62cとすると共に、厚さ方向他側面を導光部61の内周面側から内方に放射される光を光放射面62cに向けて反射自在な反射面62aとしている。

概要

背景

従来の車両用メータ文字盤照明装置としては、文字盤の裏面側から文字盤を間接的に照明する間接照明装置、及び、文字盤の表面側から文字盤を直接照明する直接照明装置等がある。しかし、従来の間接照明装置は、いずれも、光源メータ内部に配置するため、そのためのスペースを必要とし、メータの厚みが大きくなると共に内部構成が複雑化する。また、メータの内部から文字盤の表面側に光を照射する構成のため、光源の光の伝達経路が比較的長く、光が減衰し、照明効率を低下する可能性がある。一方、従来の直接照明装置は、照明効率の点では理想的であるものの、文字盤前方の斜め上方または斜め下方から光を照射するため、文字盤表面の上下で照度差が生じたり、指針の影が文字盤表面に映ったりして、メータの視認性を低下する可能性がある。

そこで、上記の課題を解決するため、リング状導光体を使用した間接照明装置(以下、導光体型照明装置という)が提案されている。この導光体型照明装置は、文字盤の外周に沿ってリング状導光体を配置すると共に、導光体の端部等の所定位置に光源を配置している。光源としては、小型化、安定動作、長寿命等の要請から、LEDを使用する。そして、LEDからの光をリング状導光体に入射し、リング状導光体内を導いて、その内周面から文字盤に向かって放射することにより、文字盤の外周部を照明する。このようなリング状導光体は、断面矩形状をなしている。そして、このリング状導光体を使用した導光体型照明装置によれば、メータの内部構造を簡略化して厚みを小さくすることができると共に、照明効率を向上することができる等、数々の効果を発揮することができる。

概要

複数の発光色を混合してリング状導光体内に入射して文字盤照明を行う場合の光の混色性を向上する。

導光リング60を、導光部61と光放射部62とより構成する。導光部61は、文字盤21の外周に沿って配置される略円弧状をなすと共に、その断面形状を五角形以上の略多角形状としている。導光部61は、その端部に光源95を装着して光源95からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方に放射自在である。また、光放射部62は、導光部62の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成される。そして、光放射部62は、厚さ方向一側面を光放射面62cとすると共に、厚さ方向他側面を導光部61の内周面側から内方に放射される光を光放射面62cに向けて反射自在な反射面62aとしている。

目的

そこで、本発明は、複数の発光色を混合してリング状導光体内に入射して文字盤照明を行う場合の光の混色性を向上した車両用メータの文字盤照明装置及びメータの照明装置の導光リングの提供を課題とするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

異色の複数の発光ダイオードからなる光源と、文字盤の外周に沿って配置される略円弧状をなすと共に、その断面形状を五角形以上の略多角形状とした導光体からなり、その端部に前記光源を装着して前記光源からの光を内部に導入し、その光を内周面側から前記文字盤の外周部に向かって放射自在な導光リングとを具備することを特徴とする車両用メータ文字盤照明装置

請求項2

前記導光リングは、導光部と光放射部とを有し、前記導光部は、文字盤の外周に沿って配置される略円弧状をなすと共に、その断面形状を五角形以上の略多角形状とし、その端部に前記光源を装着して前記光源からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方に放射自在であり、前記光放射部は、前記導光部の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成され、厚さ方向一側面を光放射面とすると共に、厚さ方向他側面を前記導光部の内周面側から内方に放射される光を前記光放射面に向けて反射自在な反射面としたことを特徴とする請求項1記載の車両用メータの文字盤照明装置。

請求項3

前記導光リングの光放射部の厚さ方向他側面に隣接する前記導光部の面を、前記光放射部の厚さ方向他側面と交差させ、前記光放射部の厚さ方向他側面と前記導光部の隣接する面との間に見切り線を形成し、前記導光リングの光放射部の厚さ方向他側面の先端から前記見切り線まで反射塗膜印刷することにより前記光反射面を形成したことを特徴とする請求項2記載の車両用メータの文字盤照明装置。

請求項4

メータの文字盤の外周に沿って配置される略円弧状をなすと共に、その断面形状を五角形以上の略多角形状とし、その端部に異色の複数の光源を装着して前記光源からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方に放射自在な導光部と、前記導光部の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成され、厚さ方向一側面を光放射面とすると共に、厚さ方向他側面を前記導光部の内周面側から内方に放射される光を前記光放射面に向けて反射自在な反射面とした光放射部とを具備することを特徴とするメータの文字盤照明装置の導光リング。

技術分野

0001

本発明は、車両用メータ文字盤照明装置及びメータの文字盤照明装置の導光リングに関し、特に、発光ダイオード(以下LEDという)を使用して、スピードメータタコメータ等の自動車用メータ文字盤の外周側から光を照射し、文字盤の少なくとも外周部(文字及び目盛部分)を照明する文字盤照明装置及びその導光リングに関するものである。

背景技術

0002

従来の車両用メータの文字盤照明装置としては、文字盤の裏面側から文字盤を間接的に照明する間接照明装置、及び、文字盤の表面側から文字盤を直接照明する直接照明装置等がある。しかし、従来の間接照明装置は、いずれも、光源をメータ内部に配置するため、そのためのスペースを必要とし、メータの厚みが大きくなると共に内部構成が複雑化する。また、メータの内部から文字盤の表面側に光を照射する構成のため、光源の光の伝達経路が比較的長く、光が減衰し、照明効率を低下する可能性がある。一方、従来の直接照明装置は、照明効率の点では理想的であるものの、文字盤前方の斜め上方または斜め下方から光を照射するため、文字盤表面の上下で照度差が生じたり、指針の影が文字盤表面に映ったりして、メータの視認性を低下する可能性がある。

0003

そこで、上記の課題を解決するため、リング状導光体を使用した間接照明装置(以下、導光体型照明装置という)が提案されている。この導光体型照明装置は、文字盤の外周に沿ってリング状導光体を配置すると共に、導光体の端部等の所定位置に光源を配置している。光源としては、小型化、安定動作、長寿命等の要請から、LEDを使用する。そして、LEDからの光をリング状導光体に入射し、リング状導光体内を導いて、その内周面から文字盤に向かって放射することにより、文字盤の外周部を照明する。このようなリング状導光体は、断面矩形状をなしている。そして、このリング状導光体を使用した導光体型照明装置によれば、メータの内部構造を簡略化して厚みを小さくすることができると共に、照明効率を向上することができる等、数々の効果を発揮することができる。

発明が解決しようとする課題

0004

上記のような導光体型照明装置では、リング状導光体の端面からLEDの光を入射し、リング状導光体の全体を均一に発光させようとすると、リング状導光体の断面は、長方形正方形等、矩形状とすることが好ましい。これは、光は導光体内直進するため、光が導光体の内面反射して屈折する回数が少ないほど、光の伝播率が良くなるからである。

0005

ここで、光源を単一(単色)のLEDにより構成した場合は、リング状導光体の断面を矩形状とした方が、上記のように光の伝播率が良くなる。一方、光源を異色の複数のLEDにより構成し、それらの色を混合してリング状導光体の端面から入射する場合、各色のLEDの位置関係により、各色のLEDの光の経路が若干ずれてくる。そのため、各LEDからの光がリング状導光体内で均一に混合せず、リング状導光体の発光部分がプリズム化して虹状の光を放射し、照明色がリング状導光体の部分部分で不均一となる可能性がある。

0006

そこで、本発明は、複数の発光色を混合してリング状導光体内に入射して文字盤照明を行う場合の光の混色性を向上した車両用メータの文字盤照明装置及びメータの照明装置の導光リングの提供を課題とするものである。

課題を解決するための手段

0007

請求項1に係る車両用メータの文字盤照明装置は、異色の複数のLEDからなる光源と、導光リングとを具備する。導光リングは、文字盤の外周に沿って配置される略円弧状をなすと共に、その断面形状を五角形以上の略多角形状とした導光体からなる。また、導光リングは、その端部に前記光源を装着して前記光源からの光を内部に導入し、その光を内周面側から前記文字盤の外周部に向かって放射自在となっている。

0008

したがって、光源としての異色の複数のLEDを同時に発光駆動すると、各LEDの発光色の混色の光が導光リングの端部から導光リング内に入射し、導光リングの周方向伝播し、導光リングの内周面側から文字盤の外周部に向かって放射される。よって、各LEDの発光色の混色の光が、最終的に、導光リングを介して、文字盤の外周部の目盛及び文字等に照射される。

0009

このとき、導光リングの断面形状が、五角形以上の多角形状をなすため、導光リングを単なる矩形状(四角形状)とした場合と比較して、各LEDの光が、導光リングの多角形状の内面の各面でより多くの回数反射してより多くの方向に伝播する。よって、導光リングの端部に対する各LEDの位置が異なり、各LEDから導光リング内に入射される光の伝播経路がばらついたとしても、各LEDからの入射光は、導光リングを伝播する間に、導光リングの内面の各面で多数回、多数の方向に拡散する。これにより、各LEDの光の伝播経路が平均化され、各LEDの発光色が導光リング内で均一に混合する。そして、このように各LEDの発光色を均一に混合した混色の光が、導光リングから文字盤の外周部に放射され、文字盤の外周部の目盛及び文字部分を照明する。

0010

請求項2に係る車両用メータの文字盤照明装置は、請求項1の構成において、前記導光リングを、導光部と光放射部とより構成した。前記導光部は、文字盤の外周に沿って配置される略円弧状をなすと共に、その断面形状を五角形以上の略多角形状としている。そして、導光部は、その端部に前記光源を装着して前記光源からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方に放射自在である。また、前記光放射部は、前記導光部の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成される。そして、光放射部は、厚さ方向一側面を光放射面とすると共に、厚さ方向他側面を前記導光部の内周面側から内方に放射される光を前記光放射面に向けて反射自在な反射面としている。

0011

したがって、請求項2に係る車両用メータの文字盤照明装置では、複数のLEDを同時に発光駆動すると、各LEDの発光色の混色の光が導光リングの導光部の端部から導光部内に入射し、導光部の周方向に伝播し、導光部の内周面側から内方に向かって放射される。その後、導光部の内周面側から放射された光は、光放射部に入射して光反射面により光放射面に向けて反射され、光放射面から出射する。よって、各LEDの発光色の混色の光が、最終的に、導光リングの導光部及び光放射部を介して、文字盤の外周部の目盛及び文字等に照射される。

0012

このとき、導光部の断面形状が、五角形以上の多角形状をなすため、導光部を単なる矩形状(四角形状)とした場合と比較して、各LEDの光が、導光部の多角形状の内面の各面でより多くの回数反射してより多くの方向に伝播する。よって、導光部の端部に対する各LEDの位置が異なり、各LEDから導光部内に入射される光の伝播経路がばらついたとしても、各LEDからの入射光は、導光部を伝播する間に、導光部の内面の各面で多数回、多数の方向に拡散する。これにより、各LEDの光の伝播経路が平均化され、各LEDの発光色が導光部内で均一に混合する。そして、このように各LEDの発光色を均一に混合した混色の光が、光放射部から文字盤の外周部に放射され、文字盤の外周部の目盛及び文字部分を照明する。

0013

一方、導光部内の光が、光放射部の光反射面を介して光放射面から集中的に文字盤の外周部に向かって放射される。よって、LEDから導光部に入射した光を、文字盤の外周部に効率良く照射することができる。更に、光放射部では、光反射面と光放射面との間に位置する側面からも、導光部からの光が放射され、文字盤の外周部を照明する。

0014

請求項3に係る車両用メータの文字盤照明装置は、請求項2の構成において、前記導光リングの光放射部の厚さ方向他側面に隣接する前記導光部の面を、前記光放射部の厚さ方向他側面と交差させ、前記光放射部の厚さ方向他側面と前記導光部の隣接する面との間に見切り線を形成している。そして、前記導光リングの光放射部の厚さ方向他側面の先端から前記見切り線まで反射塗膜印刷することにより前記光反射面を形成している。

0015

したがって、請求項3に係る車両用メータの文字盤照明装置では、光放射部の光反射面を形成する際に、見切り線を使用して、光放射部の厚さ方向他側面に反射塗膜を印刷することができる。

0016

請求項4に係るメータの文字盤照明装置の導光リングは、導光部と光放射部とを備える。導光部は、メータの文字盤の外周に沿って配置される略円弧状をなすと共に、その断面形状を五角形以上の略多角形状とし、その端部に異色の複数の光源を装着して前記光源からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方に放射自在である。光放射部は、前記導光部の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成され、厚さ方向一側面を光放射面とすると共に、厚さ方向他側面を前記導光部の内周面側から内方に放射される光を前記光放射面に向けて反射自在な反射面としている。

0017

したがって、請求項4に係るメータの文字盤照明装置の導光リングでは、複数の光源を同時に発光駆動すると、各光源の発光色の混色の光が導光部の端部から導光部内に入射し、導光部の周方向に沿って伝播し、導光部の内周面側から内方に向かって放射される。その後、導光部の内周面から放射された光は、光放射部に入射して光反射面により光放射面に向けて反射され、光放射面から出射する。よって、各光源の発光色の混色の光が、最終的に、導光部及び光放射部を介して、文字盤の外周部の目盛及び文字等に照射される。

0018

このとき、導光部の断面形状が、五角形以上の多角形状をなすため、導光部を単なる矩形状(四角形状)とした場合と比較して、各光源の光が、導光部の多角形状の内面の各面でより多くの回数反射してより多くの方向に伝播する。よって、導光部の端部に対する各光源の位置が異なり、各光源から導光部内に入射される光の伝播経路がばらついたとしても、各光源からの入射光は、導光部を伝播する間に、導光部の内面の各面で多数回、多数の方向に拡散する。これにより、各光源の光の伝播経路が平均化され、各光源の発光色が導光部内で均一に混合する。そして、このように各光源の発光色を均一に混合した混色の光が、光放射部から文字盤の外周部に放射され、文字盤の外周部の目盛及び文字部分を照明する。

0019

一方、導光部内の光が、光放射部の光反射面を介して光放射面から集中的に文字盤の外周部に向かって放射される。よって、光源から導光部に入射した光を、文字盤の外周部に効率良く照射することができる。更に、光放射部では、光反射面と光放射面との間に位置する側面からも、導光部からの光が放射され、文字盤の外周部を照明する。

発明を実施するための最良の形態

0020

以下、本発明の実施の形態を説明する。なお、各実施の形態を通じて,同一または対応する部材または要素には、同一または対応する参照符号を付して、その重複する説明を省略する。

0021

図1は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置を適用した自動車用メータを示す正面図である。図2は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置を適用した自動車用メータを裏面側から見て示す分解斜視図である。図3は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置を適用した自動車用メータの見返し板を示す正面図である。図4は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置を適用した自動車用メータの見返し板を示す側面図である。

0022

図1に示すように、実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置は、コンビネーションメータ等の自動車用メータに適用される。この自動車用メータは、図1に示すように、非透明樹脂製のメータケース10と、メータケース10の前面側に装着される見返し板50とを備える。メータケース10内の左部にはタコメータ部20が設けられている。タコメータ部20は、文字盤21と、指針22とを有する。文字盤21の外周部には、エンジン回転数を表す目盛及び文字が所定間隔で配置されている。また、メータケース10内の中央部にはスピードメータ部30が設けられている。スピードメータ部30は、文字盤31と、指針32とを有する。文字盤31の外周部には、車速を表す目盛及び文字が所定間隔で配置されている。更に、メータケース10内の右部には、補助メータ部として、燃料計40及び水温計45が配置されている。燃料計40は、文字盤41と、指針42とを有する。文字盤41の外周部には、燃料残量を表す目盛及び文字が所定間隔で配置されている。また、水温計45は、文字盤46と、指針47とを有する。文字盤46の外周部には、冷却水温度を表す目盛及び文字が所定間隔で配置されている。なお、前記指針22,32,42,47は、軸部22b,32b,42b,47bと指針部22d,32d,42d,47dとを有する。

0023

一方、図3に示すように、見返し板50は、非透明樹脂製のケース状をなし、その後端側に平板状のマスク部51を有している。マスク部51は、前記タコメータ部20、スピードメータ30部、燃料計40及び水温計45に対応する位置に、それぞれ、開口52,53,54,55を形成している。そして、各開口52,53,54,55からタコメータ部20、スピードメータ30部、燃料計40及び水温計45の各文字盤21,31,41,46及び指針22,32,42,47が露出している。更に、マスク部51の開口52,53,54,55周縁のうち、前記指針22,32,42,47の軸部22b,32b,42b,47bに対応する位置には、その軸部22b,32b,42b,47bを前方(運転者側)から遮蔽する遮蔽板52A,53A,54A,55Aが一体形成されている。

0024

見返し板50の裏面側の上端縁には、所定間隔で、左右一対ネジ止め部56が一体形成されている。各ネジ止め部56の中央に貫通形成した円形孔に、ネジ、ビス等の締結具を挿入し、前記メータケース10にネジ止めすることにより、見返し板50をメータケース10に固定するようになっている。加えて、図3及び図4に示すように、見返し板50の裏面側の外周縁付近には、所定間隔で、複数の掛止爪57が後方(メータケース10側)に突出するよう一体形成されている。即ち、見返し板50の上端の中央1箇所及び左右の2箇所に、それぞれ、掛止爪57が一体形成されている。また、見返し板50の下端の中央2箇所及び左右の2箇所に、それぞれ、掛止爪57が一体形成されている。更に、マスク部51の裏面には、開口52,53,54,55の周囲の所定位置に円柱状のかしめ突部58が一体形成されている。なお、見返し板50の前面側の開口にはカバーレンズ59が装着される。

0025

次に、各種メータ部20,30,40,45の文字盤21,31,41,46を照明するための文字盤照明装置の構成について説明する。図5は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの指針照明装置を自動車用メータの見返し板の背面側の構造と共に示す背面図である。図6図5のX−X線断面図である。

0026

文字盤照明装置は、図5破線で示すように、導光リング60,70,80を備えている。導光リング60,70,80は、透明アクリル樹脂等の所定の導光体を略状または所定角度円弧状に一体成形して形成され、それぞれ、タコメータ部20、スピードメータ部30、燃料計40及び水温計45に対応して配置される。即ち、導光リング60,70,80は、その内径が対応する開口52,53,54,55より若干小径となるよう形成される。そして、導光リング60,70,80は、マスク部51の開口52,53,54,55周縁部に沿って配置及び固定されて、図1に示すように、その内周面が開口52,53,54,55から若干内方に露出するようになっている。なお、燃料計40及び水温計45には、同様の構成の導光リング80を使用している。

0027

導光リング60,70,80は、タコメータ部20、スピードメータ部30、燃料計40及び水温計45の文字盤21,31,41,46の平面方向と直行する方向において文字盤21,31,41,46と指針22,32,42,47との間に配置固定される。また、導光リング60,70,80は、文字盤21,31,41,46の表面側で文字盤21,31,41,46の外周に沿って配置される。そして、導光リング60,70,80は、その両端部から内部に導入した光を周方向に導き、内周面側から文字盤21,31,41,46の外周部の目盛及び文字部分に向かって多方向から放射自在となっている。

0028

次に、導光リング60の構成について詳細に説明する。図7は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置のタコメータ部用導光リングの光放射面側を示す背面図である。図8は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置のタコメータ部用導光リングの光反射面側を示す平面図である。図9図8のY−Y線断面図である。

0029

図7及び図8に示すように、タコメータ部20用の導光リング60は、導光部61と光放射部62とを備える。導光部61は、文字盤21の外周の全長に沿って配置される所定角度の略円弧状をなし、文字盤21の外周または開口52の外周の長さに対応する周長を有している。また、導光部61は、図9に示すように、その断面形状を、矩形(横長長方形)の四隅の角部を面取りした略八角形状としている。また、光放射部62は、導光部61の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成される。

0030

詳細には、導光部61は、第1の面61a、第2の面61b、第3の面61c、第4の面61d、第5の面61e、第6の面61f及び第7の面61gを有する。また、光放射部62は、導光部61の第1の面61aと第7の面61gとの間から内方に突出する略くちばし状をなす。光放射部62は、厚さ方向両側面を構成する光反射面62a及び光放射面62cと、光反射面62aと光放射面62cとの間に形成される側面62bとを有する。光反射面62aは、導光部61の第7の面61gに交差して連続し、光放射面62cは、導光部61の第1の面61aに交差して連続する。

0031

導光部61の第1の面61aと第7の面61gとの間に光放射部62を一体形成したため、導光部61の第1の面61aと第7の面61gとの間に形成されるはずの第8の面は設けられていない。また、導光部61の第7の面61gは、導光部61から光放射部62の幅の半分程度まで延長して延びている。これにより、光放射部62の光反射面62aは、光放射面62cの幅の半分程度の幅を有している。更に、光放射部61の光反射面62aに隣接する導光部61の第1の面61aは、光放射部62の光反射面62aと鈍角(170度程度)で交差し、光反射面62aと第1の面61aとの間の全長にわたって、両者を明確に区画する見切り線62xが形成されている。導光リング60の導光部61及び光反射部62は、周方向両端部を除く全長を、上記のような一定断面としている。

0032

光反射部62の光反射面62aの全面には、白色塗料等の塗料からなる反射塗膜63が形成されている。即ち、反射塗膜63は、光反射部62の光反射面62aの先端(図9中左端)から見切り線62xまで形成されている。なお、反射塗膜63の形成は、例えば、タンポ印刷等の印刷により行うことができる。

0033

そして、導光部61は、その端部に光源としてのLED95を装着してLED95からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方(光放射部62側)に向けて放射自在である(図10参照)。即ち、LED95からの入射光が、導光部61の各面61a〜61gで反射しながら導光部61内を周方向に伝播し、特に第3〜第5の面61c〜61eで内方に反射して、光放射部62内に入射するようになっている。一方、光放射部62は、導光部61の内周面側から内方に放射される光を、光反射面62aにより光放射面62cに向けて反射するようになっている。即ち、光反射面62aの光放射面62cに対する傾斜角度(導光部61の第7の面61gとの交差角度)は、導光部61の放射方向(導光部61内周面側から内方に放射される光の進行方向)と光放射面62cとの位置関係に応じて適宜設定される。

0034

導光リング60は、見返し板50のマスク部51の開口52周縁部の内側面に一体形成した支持突部に載置して固定され、光放射部62をマスク部51の開口52から内方に突出及び露出させている。即ち、導光リング60の導光部61の外周中央の第3の面62cには、見返し板50裏面のかしめ突部58に応する位置に、取付片64が外方に突出するよう一体形成されている。また、導光部61の外周両端部の第3の面62cには、一対の取付片65が外方に突出するよう一体形成されている。各取付片65は、先端を開放する略半円状の孔を有している。なお、マスク部51の裏面において前記取付片65に対応する位置には、他のかしめ突部(図示略)が一体形成されている。そして、上記のように、かしめ突部58を取付片61の円形孔に挿入すると共に、他のかしめ突部を取付片65の半円孔に嵌め込むことにより、見返し板50(マスク部51)の裏面の開口52外周縁部に導光リング60を位置決めする。その後、取付片64,65から突出するかしめ突部58の先端部を熱かしめすることにより、見返し板50の開口52の外周に沿って導光リング60を接合固定するようになっている。

0035

次に、導光リング60にLED95を装着するための構成を詳細に説明する。図10は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置の導光リングに対するLEDの装着状態を示す斜視図である。図11は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置の導光リングに対するLEDの装着状態を示す断面図である。

0036

図10に示すように、導光リング60の両端部の厚さ方向両側面には、それぞれ、固定突部66が一体形成されている。固定突部66は、導光リング60の先端縁と平行に横置きされる略直角三角柱状をなし、その傾斜面側を導光リング60の先端側に位置させている。導光リング60の両端部には、それぞれ、LEDケース90が装着される。LEDケース90は、樹脂材料より上下両端を開口する四角筒状に形成されている。また、LEDケース90の後側面には、前記導光リング60の固定突部66の外形に対応する略方形状固定孔91が形成されている。そして、LEDケース90を導光リング60の各端部に下方から嵌め込むことにより、導光リング60の固定突部66が、LEDケース90の固定孔91内にスライドして挿入され、嵌合する。このようにして、LEDケース90を導光リング60の各端部に密着保持するようになっている。

0037

前記LEDケース90内の下端部には光源としての一対のLED95が収容され、LEDケース90を介してLED95を導光リング60の両端に装着するようになっている。LED95は、赤色R、緑色G、青色Bの三原色のチップLEDを有するマルチカラーLEDであり、白色を含む任意の色を発光自在なものである。このLED95は、フレキシブルプリント基盤105に実装される。

0038

図5に示すように、フレキシブルプリント基盤105は、短帯状端子部106と、接続部107とを有する。接続部107は、タコメータ部20に配置したLEDサブアセンブリ110と、導光リング60のLEDケース90にそれぞれ延びる肢部分を有する多肢シート状をなしている。また、フレキシブルプリント基盤105は、マスク部51及び遮蔽板52Aの裏面側に配設されて遮蔽され、正面(運転者側)から視認されないようになっている。更に、フレキシブルプリント基盤105は、マスク部51及び遮蔽板52Aの裏面と、文字盤21との間の空間に配置され、文字盤21に接触及び干渉しないようになっている。フレキシブルプリント基盤105は、見返し板50に固定した導光リング60の下端のLEDケース90に固着して保持される。

0039

詳細には、前記LEDケース90の下端の四隅には四角柱状の小片状をなす固着突起92が一体形成されている。一方、フレキシブルプリント基盤105の接続部107には、見返し板50に固定した導光リング60の下端に対応する位置に、それぞれ、4個1組の固着孔108が形成されている。各固着孔108は固着突起92に対応する四角孔状をなし、図10に示すように、各固着突起92に対応する位置に形成されている。そして、固着孔108を固着突起92に嵌合して接着等により固着することにより、フレキシブルプリント基盤105をLEDケース90に保持するようになっている。

0040

図10に示すように、フレキシブルプリント基盤105の各組の固着孔108の内側には、それぞれ、前記一対のLED95が実装されている。よって、フレキシブルプリント基盤105をLEDケース90に保持することにより、LED95がLEDケース90内の下端に収容して配置され、導光リング60の導光部61の各端面に直交して対向し、導光部61の各端面から直交する光を入射するようになっている。

0041

次に、スピードメータ部用導光リング70の構成について説明する。図12は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置のスピードメータ部用導光リングの光反射面側を示す平面図である。

0042

図12に示すように、スピードメータ部用の導光リング70は、スピードメータ部30とタコメータ部20の文字盤21,31の外周長の違い、及び、直径の違いに応じて、その周長及び寸法を導光リング60と相違させている。その他の構成は、導光リング60と同様である。導光リング70は、導光部71と光放射部72とを備える。導光部71は、文字盤31の外周の全長に沿って配置される所定角度の略円弧状をなし、文字盤31の外周または開口53の外周の長さに対応する周長を有している。また、導光部71は、その断面形状を、導光部61と同様、矩形(横長長方形)の四隅の角部を面取りした略八角形状としている。また、光放射部72は、導光部71の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成される。

0043

導光リング70の断面形状は、導光リング60の断面形状と同様である。なお、図12中では、導光リング70の平面側(文字盤31側)で視認される面である第5の面71e、第6の面71f及び第7の面71gを図示している。また、導光リング60の場合と同様にして、光反射部72の光反射面の全面には、白色塗料等の塗料からなる反射塗膜73が形成されている。そして、導光部71は、導光リング60の場合と同様にして、その端部に光源としてのLED95を装着してLED95からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方(光放射部72側)に向けて放射自在である。

0044

導光リング70は、導光リング60の場合と同様にして、見返し板50のマスク部51の開口53周縁部の内側面に固定され、光放射部72をマスク部51の開口53から内方に突出及び露出させている。即ち、導光リング70の導光部71の外周中央の第3の面には、見返し板50裏面のかしめ突部58に応する位置に、取付片64と同様の取付片74が外方に突出するよう一体形成されている。また、導光部71の外周両端部付近の第3の面には、取付片65と同様の一対の取付片75が外方に突出するよう一体形成されている。そして、かしめ突部58を取付片74,75の円形孔及び半円孔に挿入して熱かしめすることにより、マスク部51の裏面の開口53外周縁部に導光リング70を位置決めして接合固定するようになっている。

0045

導光リング70の両端部には、導光リング60の場合と同様にして、LED95が装着される。即ち、導光リング70の両端部の厚さ方向両側面には、それぞれ、固定突部66と同様の固定突部76が一体形成されている。そして、導光リング70の両端部には、それぞれ、導光リング60の場合と同様にして、LEDケース90が密着保持され、LEDケース90を介してLED95を導光リング70の両端に装着するようになっている。このLED95は、フレキシブルプリント基盤100に実装される。

0046

図5に示すように、フレキシブルプリント基盤100は、短帯状の端子部101と、接続部102とを有する。接続部102は、スピードメータ部30、燃料計40及び水温計45に配置した各LEDサブアセンブリ120,130,135と、導光リング70,80の各LEDケース90にそれぞれ延びる肢部分を有する多肢シート状をなしている。また、フレキシブルプリント基盤100は、マスク部51及び遮蔽板53Aの裏面側に配設されて遮蔽され、正面(運転者側)から視認されないようになっている。更に、フレキシブルプリント基盤100は、マスク部51及び遮蔽板53Aの裏面と、文字盤31との間の空間に配置され、文字盤31に接触及び干渉しないようになっている。フレキシブルプリント基盤100は、フレキシブルプリント基盤105の場合と同様にして、見返し板50に固定した導光リング70の下端のLEDケース90に固着して保持される。そして、導光リング60の場合と同様にして、フレキシブルプリント基盤100をLEDケース90に保持することにより、LED95がLEDケース90内の下端に収容して配置され、導光リング70の導光部71の各端面に直交して対向し、導光部71の各端面から直交する光を入射するようになっている。

0047

次に、燃料計用導光リング80の構成について説明する。図13は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置の燃料計用導光リングの光反射面側を示す平面図である。

0048

図13に示すように、燃料計用の導光リング80は、タコメータ部20との外周長の違い、及び、直径の違いに応じて、その周長及び寸法を導光リング60と相違させている。その他の構成は、導光リング60と同様である。導光リング80は、導光部81と光放射部82とを備える。導光部81は、文字盤41の外周の全長に沿って配置される所定角度の略円弧状をなし、文字盤41の外周または開口54の外周の長さに対応する周長を有している。また、導光部81は、その断面形状を、導光部61と同様、矩形(横長長方形)の四隅の角部を面取りした略八角形状としている。また、光放射部82は、導光部81の内周面側の略全長にわたって内方に突出するよう一体形成される。

0049

導光リング80の断面形状は、導光リング60の断面形状と同様である。なお、図13中では、導光リング80の平面側(文字盤41側)で視認される面である第5の面81e、第6の面81f及び第7の面81gを図示している。また、導光リング60の場合と同様にして、光反射部82の光反射面の全面には、白色塗料等の塗料からなる反射塗膜83が形成されている。そして、導光部81は、導光リング60の場合と同様にして、その一端部(図13中上端部)に光源としてのLED95を装着してLED95からの光を内部に導入し、その光を内周面側から内方(光放射部82側)に向けて放射自在である。

0050

導光リング80は、導光リング60の場合と同様にして、見返し板50のマスク部51の開口54周縁部の内側面に固定され、光放射部82をマスク部51の開口54から内方に突出及び露出させている。即ち、導光リング80の導光部81の外周一端部付近の第3の面には、見返し板50裏面のかしめ突部58に応ずる位置に、取付片64と同様の取付片84が外方に突出するよう一体形成されている。また、導光部81の外周他端の第3の面には、取付片65と同様の取付片85が周方向に突出するよう一体形成されている。そして、かしめ突部58を取付片84,85の円形孔及び半円孔に挿入して熱かしめすることにより、マスク部51の裏面の開口54外周縁部に導光リング80を位置決めして接合固定するようになっている。

0051

なお、導光リング60,70,80を見返し板50の裏面に位置決めして固定するには、上記のように熱かしめを利用する以外にも、クリップ、ねじ、接着等、その他の接合手段を利用することができる。

0052

導光リング80の一端部には、導光リング60の場合と同様にして、LED95が装着される。即ち、導光リング80の一端部の厚さ方向両側面には、それぞれ、固定突部66と同様の固定突部86が一体形成されている。そして、導光リング80の一端部には、それぞれ、導光リング60の場合と同様にして、LEDケース90が密着保持され、LEDケース90を介してLED95を導光リング80の一端に装着するようになっている。これにより、導光リング60の場合と同様にして、フレキシブルプリント基盤100をLEDケース90に保持することにより、LED95がLEDケース90内の下端に収容して配置され、導光リング80の導光部81の各端面に直交して対向し、導光部81の各端面から直交する光を入射するようになっている。

0053

ここで、フレキシブルプリント基盤100,105の各位置に実装し、LEDケース90内に収容するLED95の数は任意であるが、本実施の形態では、導光リング60,70の各下端に対しては2個のLED95を、導光リング80の各下端に対しては1個のLED95を、それぞれ用意している。これは、導光リング60,70は比較的大径及び大面積のタコメータ部20及びスピードメータ部30の照明用であることから、他に比較して大きな輝度を得るようにするためである。

0054

上記のように、本実施の形態では、フレキシブルプリント基盤100,105の接続部102,107の肢部先端部は、見返し板50に固定した導光リング60,70,80のLEDケース90に接合されると共に、LEDケース90内のLED95と電気的に接続されている。そして、LED95用に設けた発光制御回路の制御により、フレキシブルプリント基盤100,105を介して、LEDケース90内のLED95に所定の制御態様電流を供給し、そのLED95を所望の発光色及び発光態様で発光する。これにより、LEDケース90内のLED95の光を導光リング60,70,80の端面から入射し、導光リング60,70,80全体を前記発光色及び発光態様で発光して、文字盤21,31,41,46の照明を行うようになっている。なお、各導光リング60,70,80は、その外周アール(外周側面)及び内周アール(内周側面)を同一中心としている。

0055

次に、本発明の実施の形態1に係る車両用メータの指針照明装置の構成について簡単に説明する。

0056

本実施の形態の指針照明装置は、図5及び図6に示すように、遮蔽板52A,53A,54A,55Aの裏面に配置したLEDサブアセンブリ110,120,130,135により、各メータ部20,30及び各計器40,45の指針22,32,42,47の軸部22b,32b,42b,47bの端面(前面)から指針部22d,32d,42d,47d内に光を導入し、指針22,32,42,47全体を照明するものである。指針22,32,42,47は、その全体を透明アクリル樹脂等の所定の導光体から一体成形したものであり、軸部22b,32b,42b,47bを回転軸32aに一体回転可能に固着している。

0057

各LEDサブアセンブリ10,120,130,135は、遮蔽板52A,53A,54A,55Aに対応する外形を有する平板状の支持基盤111,121,131,136と、支持基盤111,121,131,136の表面に所定態様で配置した所定個数LEDユニット112,122,132,137とを備える。各LEDユニット112,122,132,137は、前記LED95と同様、赤色R、緑色G、青色Bの三原色のチップLEDを有するマルチカラーLEDであり、白色を含む任意の色を発光自在なものである。LEDユニット112,122,132,137は、フレキシブルプリント基盤100,105に実装される。

0058

なお、本実施の形態では、前記発光制御回路によるLED95及びLEDユニット112,122,132,137の発光制御動作を、見返し板50の正面側から見て右端部に配置した操作つまみ141により行うようにしている。即ち、ユーザーが、操作つまみ141を適宜に回転操作することにより、発光制御回路の制御により、フレキシブルプリント基盤100,105の端子部101,106に、電源から所定の制御態様で電流が供給され、文字盤照明用のLED95及び指針照明用のLEDユニット112,122,132,137のLEDを、所望の発光色及び発光態様で発光できるようになっている。

0059

次に、上記のように構成された実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置の作用及び効果を説明する。

0060

本実施の形態に係る車両用メータの指針照明装置では、夜間等、メータ類の照明が必要なときに、運転者等のユーザーが、操作つまみ141を回転操作すると、発光制御回路の制御により、フレキシブルプリント基盤100及び105を介して、導光リング60,70,80用の各LED95が発光駆動される。すると、LED95の光は、対応する各導光リング60,70,80の導光部61,71,81の端面に略直交して入射する。すると、その入射光は、導光部61,71,81内の各面61a〜61g,71e〜71g,81e〜81gで反射し、導光部61,71,81内を周方向に伝播する。そして、その光は、導光部61,71,81内の面61c〜61eで反射して、導光部61,71,81の内周面側から内方に向かって放射され、光入射部62,72,82に入射する。その後、導光部61,71,81の内周面側から放射された光は、光放射部62,72,82に入射して、光反射面62a,72a,82aにより光放射面62c,72c,82cに向けて反射され、光放射面62c,72c,82cから出射する。よって、各LED95の発光色の光(単色、混色等、任意の色の光)が、最終的に、導光リング60,70,80の導光部61,71,81及び光放射部62,72,82を介して、文字盤21,31,41,46の外周部の目盛及び文字等に照射される。このようにして、LED95から発された所定の発光色及び発光態様の光により、文字盤21,31,41,46の外周部の目盛及び文字の全体が照明される。

0061

ここで、三原色のLEDのうち、複数のLED95を同時に発光駆動すると、各LEDの発光色の混色の光が導光リング60,70,80の導光部61,71,81の端部から導光部61,71,81内に入射する。このとき、導光部61,71,81の断面形状が八角形状と多角形状をなすため、導光部61,71,81を単なる矩形状(四角形状)とした場合と比較して、各LED95の光が、導光部61,71,81の多角形状の内面の各面61a〜61g,71e〜71g,81e〜81gでより多くの回数反射してより多くの方向に伝播する。よって、導光部61,71,81の端部に対する各LED95の位置が異なり、各LED95から導光部61,71,81内に入射される光の伝播経路がばらついたとしても、各LED95からの入射光は、導光部61,71,81を伝播する間に、導光部61,71,81の内面の各面61a〜61g,71e〜71g,81e〜81gで多数回、多数の方向に拡散する。これにより、各LED95の光の伝播経路が平均化され、各LED95の発光色が導光部61,71,81内で均一に混合する。そして、このように各LED95の発光色を均一に混合した混色の光が、光放射部62,72,82から文字盤21,31,41,46の外周部に放射され、文字盤21,31,41,46の外周部の目盛及び文字部分を照明する。

0062

その結果、導光部61,71,81の端部または端面に対する各LED95の位置に関係無く、導光部61,71,81の各部分で均一な混色の発光を行うことができ、光放射部62,72,82を介して、その均一な混色の光により文字盤21,31,41,46の目盛及び文字部分を照明することができる。例えば、三原色のLEDの発光色を混合して、きれいな白色を得ることができる。

0063

一方、導光部61,71,81内の光が、光放射部62,72,82の光反射面62aを介して光放射面62cから集中的に文字盤21,31,41,46の外周部に向かって放射される。よって、LED95から導光部61,71,81に入射した光を、文字盤21,31,41,46の外周部に効率良く照射することができる。更に、光放射部62,72,82では、光反射面62aと光放射面62cとの間に位置する側面62bからも、導光部61,71,81からの光が放射され、文字盤21,31,41,46の外周部を照明する。その結果、文字盤21,31,41,46の外周部の目盛及び文字部分を十分な照度で照明することができる。

0064

更に、実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置では、光放射部62,72,82の光反射面62aを形成する際に、見切り線62xを使用して、光放射部62,72,82の厚さ方向の所定側面に反射塗膜63,73,83を印刷することができる。その結果、光放射部62,72,82の厚さ方向の所定側面の正確な位置に、反射塗膜63,73,83を迅速かつ円滑に印刷して、光反射面62aを形成することができる。

0065

なお、本実施の形態では、LED95を三原色のLEDを有するマルチカラーLEDとすると共に、発光制御回路により操作つまみ141を介して色変え制御可能としたため、LED95を所望の色で発光自在である。よって、LED95の発光色を必要に応じて変更し、自動車用メータの各文字盤21,31,41,46を所望の色で照明することができる。その結果、自動車用メータの指針照明における意匠性多様化して多彩イルミネーション効果を発揮することができる。なお、各LED95は、三原色のうちの1色による単色発光も可能であるが、通常は、2色または3色のLED95の混色により発光される。

0066

なお、上記導光リング60,70,80による文字盤21,31,41,46の照明動作と同時に、LEDサブアセンブリ110,120,130,135のの照明動作も行われ、指針22,32,42,47の照明が行われる。

0067

図14は本発明の実施の形態2に係る車両用メータの文字盤照明装置のフレキシブルプリント基盤を示す背面図である。

0068

実施の形態2に係る車両用メータの文字盤照明装置のフレキシブルプリント基盤200は、実施の形態1の文字盤照明装置におけるフレキシブルプリント基盤100側の構成に対応する。図14に示すように、実施の形態2のフレキシブルプリント基盤200は、指針32,42,47照明用のLEDサブアセンブリ120,130,135に加え、導光リング70,80照明用のLEDケース90及びLED95を固定及び実装している。即ち、フレキシブルプリント基盤200は、指針31照明用のLEDサブアセンブリ210、指針41照明用のLEDサブアセンブリ240及び指針46照明用のLEDサブアセンブリ245を固定及び実装する。フレキシブルプリント基盤200、各LEDサブアセンブリ210,240,245の構成は、実施の形態1のフレキシブルプリント基盤100、各LEDサブアセンブリ120,130,135の構成とほぼ同様であり、同様にして所定位置に配置される。

0069

詳細には、フレキシブルプリント基盤200は、短帯状の端子部201と、接続部202とを有し、接続部202は、各LEDサブアセンブリ210,240,245と、導光リング70,80の各LEDケース90にそれぞれ延びる肢部分を有する多肢シート状をなしている。また、LEDサブアセンブリ240は、実施の形態1のLEDサブアセンブリ130と同様の構成であり、同様の支持基盤241と、同様の2個のLEDユニット242とを有する。LEDサブアセンブリ245は、実施の形態1のLEDサブアセンブリ135と同様の構成であり、同様の支持基盤246と、同様の2個のLEDユニット247とを有する。

0070

更に、実施の形態2では、文字盤31照明用の導光リング70両端のLEDケース90と、文字盤41及び文字盤46照明用の導光リング80の一端のLEDケース90に対応して、それぞれ、LEDサブアセンブリ220,230及びLEDユニット251,252が設けられている。即ち、導光リング70両端のLEDケース90に対応して、LEDサブアセンブリ220及び230がそれぞれ対向配置されている。LEDサブアセンブリ220は、支持基盤221と、並列に配置した2個のLEDユニット222とを有する。LEDサブアセンブリ230は、支持基盤231とLEDユニット232とを有する。また、導光リング80の一端(上端)のLEDケース90に対応して、LEDユニット251が対向配置され、導光リング85の一端(上端)のLEDケース90に対応して、LEDユニット252が対向配置されている。

0071

各LEDサブアセンブリ220,230の支持基盤221,231は、同様の構成を有し、LEDユニット222,232の三原色のLEDに給電するための所定の配線パターンを表面側に形成した基盤からなる。また、LEDユニット222,232,251,252は、実施の形態1のLED95またはLEDユニット112等に対応し、上記各LEDユニット212等と同様の構成を有する。即ち、LEDユニット222,232,251,252は、青色、赤色、緑色のLEDをその順でユニット基盤上に一直線上に配置したものである。そして、フレキシブルプリント基盤200の接続部202の肢部先端部に配置したLEDサブアセンブリ220,230の支持基盤221,231及びLEDユニット251,252が、それぞれ、見返し板50に固定した導光リング70,80のLEDケース90に接合される。

0072

このとき、実施の形態1の場合と同様にして、各LEDユニット222,232,251,252が、LEDケース90内に収容されて導光リング70,80の導光部71,81の端面に対向配置され、そのLEDが導光部71,81の端面に略直交して所定色の光を入射するようになっている。即ち、前記発光制御回路の制御により、フレキシブルプリント基盤200を介して、LEDケース90内のLEDユニット222,232,251,252の各LEDに所定の制御態様で電流を供給し、各LEDユニット222,232,251,252を所望の発光色及び発光態様で発光する。これにより、LEDケース90内のLEDユニット222,232,251,252の光を導光リング70,80の端面から入射し、導光リング70,80全体を前記発光色及び発光態様で発光して、文字盤31,41,46の照明を行うようになっている。

0073

上記のように構成した実施の形態2に係る車両用メータの文字盤照明装置は、実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置と同様に作用し、同様の効果を発揮する。更に、実施の形態2では、指針照明用のLEDサブアセンブリ210,240,245に加え、文字盤照明用のLEDサブアセンブリ220,230をフレキシブルプリント基盤200に一体化したため、車両用メータの全体(文字盤21,31,41,46及び指針22,32,42,47)を照明可能な照明装置として具体化することができ、その取り扱い(組み付け作業等)が容易になる等の効果を有する。

0074

ところで、上記実施の形態では、導光リング60,70,80の導光部61,71,81の断面形状を略八角形状としたが、本発明では、導光部61,71,81の断面形状は、五角形以上の断面多角形状とすれば良い。また、導光部61,71,81の断面多角形状は、正多角形状としても良いし、不規則な多角形上位としても良い。即ち、本発明では、導光部61,71,81を多面的にカットして、LED95の光を多方向に反射し、複数の発光色を均一に混合できれば良い。好ましくは、導光部61,71,81の裏面側(見返し板50と反対側)を3〜5面カットする。カット数が3面未満では、LEDの光の混色性が不充分となる可能性がある。一方、カット数が5面を超えると、導光部61,71,81の外部に光が抜けやすくなる。

0075

また、導光リング60,70,80を導光部61,71,81と光放射部62,72,82とから構成することなく、断面多角形状の導光部のみから構成して、その導光部の内周面から文字盤21,31,41,46の外周部に向かって光を放射するようにしても良い。しかし、導光リング60,70,80を導光部61,71,81と光放射部62,72,82とから構成した場合、光放射部62,72,82をマスク部51の開口52,53,54,55から露出させ、その露出部分を発光させて運転者に積極的に視認させることができ、メータ全体または文字盤部分の意匠性が向上する。

0076

更に、上記実施の形態では、導光リング60,70,80は、文字盤21,31,41,46と指針22,32,42,47との間に配置した。この場合、文字盤21,31,41,46の目盛及び文字部分を蛍光塗料により形成すると共にし、LED95を短波長を発光自在なLEDより構成し、文字盤21,31,41,46の目盛及び文字部分を蛍光発光により照明しても良い。

0077

一方、本発明は、文字盤21,31,41,46を光透過性とすると共に、導光リング60,70,80を文字盤21,31,41,46の外周部裏面側に配置し、導光リング60,70,80の光を文字盤21,31,41,46を透過させて、文字盤21,31,41,46を間接照明するようにしても良い。このとき、導光リング60,70,80の光放射部62,72,82の開口52,53,54,55からの露出部分(光放射部62,72,82)を、文字盤21,31,41,46の外周縁部に対向配置しても良い。こうすると、光放射部62,72,82の光放射面62c,72c,82cの光を文字盤21,31,41,46の外周縁部に光を集中し、目盛及び文字部分を効率良く照明することができる。

0078

或いは、導光リング60,70,80を指針22,32,42,47より運転者側に設け、導光リング60,70,80により文字盤21,31,41,46を運転者側から直接照明するようにしても良い。このとき、導光リング60,70,80により指針22,32,42,47を同時に直接照明するようにしても良い。

0079

即ち、本発明は、異色の複数のLEDを使用した場合の導光リング60,70,80自体の混色性向上を目的とするため、導光リング60,70,80は、文字盤21,31,41,46に対して任意の態様で配置することができる。よって、導光リング60,70,80の内周縁部を開口52,53,54,55から露出しなくても良い。

0080

更に、本発明では、燃料計40及び水温計45の文字盤41,46照明用の導光リング80も、タコメータ部20及びスピードメータ部30の文字盤21,31照明用の導光リング60,70と同様の断面形状とした。しかし、燃料計40及び水温計45は小型であり、その文字盤41,46照明時の光の混色性が問題になることが少ない場合もある。よって、文字盤41,46照明用の導光リングの断面形状は、導光部を通常の断面形状(矩形状等)として、その導光部から光放射部を突出した形状としても良い。

0081

また、上記実施の形態は、自動車用メータの文字盤照明装置の導光リングに具体化したが、本発明は、自動車用メータ以外の車両用メータの文字盤の導光リングに適用しても良い。更に、本発明は、車両用メータ以外の計器類(メータ類)の文字盤照明装置の導光リングに適用しても良い。更にまた、本発明は、光源として、LED以外の光源(ランプバルブ等)を使用することも可能である。

0082

更に、各LED95またはLEDユニットの各色のLEDの数は、1個ずつとしたが、2個以上ずつとすることも可能である。また、各LED95またはLEDユニットのLEDは、3原色の組み合わせとしたが、これ以外の色の組合せとすることもできる。例えば、2色のLEDの組合せとしたり、3色でも上記以外の色のLEDの組合せとする等、他の組み合わせのLEDユニットとすることが可能である。

発明の効果

0083

請求項1に係る車両用メータの文字盤照明装置は、上記のように構成したため、各LEDの光の伝播経路が平均化され、各LEDの発光色が導光リング内で均一に混合する。そして、このように各LEDの発光色を均一に混合した混色の光が、導光リングから文字盤の外周部に放射され、文字盤の外周部の目盛及び文字部分を照明する。その結果、導光リングの端部に対する各LEDの位置に関係無く、導光リングの各部分で均一な混色の発光を行うことができ、その均一な混色の光により文字盤の目盛及び文字部分を照明することができる。

0084

請求項2に係る車両用メータの文字盤照明装置は、上記のように構成したため、各LEDの光の伝播経路が平均化され、各LEDの発光色が導光部内で均一に混合する。そして、このように各LEDの発光色を均一に混合した混色の光が、光放射部から文字盤の外周部に放射され、文字盤の外周部の目盛及び文字部分を照明する。その結果、導光部の端部に対する各LEDの位置に関係無く、導光部の各部分で均一な混色の発光を行うことができ、光放射部を介して、その均一な混色の光により文字盤の目盛及び文字部分を照明することができる。一方、LEDから導光部に入射した光を、文字盤の外周部に効率良く照射することができる。更に、光放射部では、光反射面と光放射面との間に位置する側面からも、導光部からの光が放射され、文字盤の外周部を照明する。その結果、文字盤の外周部の目盛及び文字部分を十分な照度で照明することができる。

0085

請求項3に係る車両用メータの文字盤照明装置は、上記のように構成したため、見切り線を使用して、光放射部の厚さ方向他側面の正確な位置に、反射塗膜を迅速かつ円滑に印刷して、光反射面を形成することができる。

0086

請求項4に係るメータの文字盤照明装置の導光リングは、上記のように構成したため、各光源の光の伝播経路が平均化され、各光源の発光色が導光部内で均一に混合する。そして、このように各光源の発光色を均一に混合した混色の光が、光放射部から文字盤の外周部に放射され、文字盤の外周部の目盛及び文字部分を照明する。その結果、導光部の端部に対する各光源の位置に関係無く、導光部の各部分で均一な混色の発光を行うことができ、光放射部を介して、その均一な混色の光により文字盤の目盛及び文字部分を照明することができる。一方、光源から導光部に入射した光を、文字盤の外周部に効率良く照射することができる。更に、光放射部では、光反射面と光放射面との間に位置する側面からも、導光部からの光が放射され、文字盤の外周部を照明する。その結果、文字盤の外周部の目盛及び文字部分を十分な照度で照明することができる。

図面の簡単な説明

0087

図1図1は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置を適用した自動車用メータを示す正面図である。
図2図2は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置を適用した自動車用メータを裏面側から見て示す分解斜視図である。
図3図3は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置を適用した自動車用メータの見返し板を示す正面図である。
図4図4は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置を適用した自動車用メータの見返し板を示す側面図である。
図5図5は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの指針照明装置を自動車用メータの見返し板の背面側の構造と共に示す背面図である。
図6図6図5のX−X線断面図である。
図7図7は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置のタコメータ部用導光リングの光放射面側を示す背面図である。
図8図8は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置のタコメータ部用導光リングの光反射面側を示す平面図である。
図9図9図8のY−Y線断面図である。
図10図10は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置の導光リングに対するLEDの装着状態を示す斜視図である。
図11図11は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置の導光リングに対するLEDの装着状態を示す断面図である。
図12図12は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置のスピードメータ部用導光リングの光反射面側を示す平面図である。
図13図13は本発明の実施の形態1に係る車両用メータの文字盤照明装置の燃料計用導光リングの光反射面側を示す平面図である。
図14図14は本発明の実施の形態2に係る車両用メータの文字盤照明装置のフレキシブルプリント基盤を示す背面図である。

--

0088

21,31,41,46:文字盤、60,70,80:導光リング
61,71,81:導光部、62,72,82:光放射部、62a:光反射面
62c:光放射面、62x:見切り線、95:LED(光源)
221,231,251,252:LEDユニット(光源)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ