図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2001年6月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

より鮮明で正確な映像情報を伝達できると共に複数の表示装置にデータを電送して多様な表示形態を構成して伝達効果を高めた映像表示システムを提供する。

解決手段

複数の発光ダイオードアレイ部103-106と、発光ダイオードアレイ部103-106に駆動電源および制御信号を出力するメーンボード部120と、符号化された透明および不透明の帯が周期的に形成されたエンコーダー122と、エンコーダー122の符号化された帯を検知する複数の位置センサー124-127と、原点バー128を検知する原点センサー123と、エンコーダー122および原点バー128が固着された固定板101と、回転板の全面に配設される透明窓115と、電源部139と、モーター131と、電源供給機137と、回転プーリー135と、外部より印加された制御信号や駆動信号受け入れて伝達する通信コネクター138と、構成要素を覆うカバー129とを含む。

概要

背景

一般的に、複数の発光素子が1次元的に配設されたアレイを点滅させながら回転させて文字グラフィッスなどの映像ディスプレーする装置は知られている。

従来の映像表示装置の例としては、図1に示した日本の特開平6-214509号(名称:文字表示を伴う信号灯器、出願日:1992.8.10.)がある。この文字表示を伴う信号灯器は、回転基板1と、この基板外端部に回転軸と平行に配設した列状の発光体群2と、当基板定位置を通過したとき検知する対向スイッチ7、11と、当通過検知時点を基準とし前記基板が回転するに伴い各発光体(発光ダイオード)を所定のタイムスケジュールに従い点滅させることにより前記基板端部の回転軌跡面に文字、図形を形成する手段を備えてなるものである。

この文字表示を伴う信号灯器は、回転基板1の両端に複数の発光ダイオード2をアレイの形態で構成し、保持枠3に連結した回転軸4を中心に回転させて、回転基板1の回転状態、すなわち回転基板1の下段に固定された近接スイッチ7が底に固定された近接スイッチ11との検知による通過検知時点に基づいて発光ダイオード2がマイコン10のタイムスケジュールによって点滅されることによって、文字および図形などを形成するようにする。

また、映像表示装置の他の例として米国特許第5,818,401号(出願日:1996.4.18.)のディスプレー装置がある。この装置は図2aないし図2cに示したように、2つのベアリングを有する垂直軸が設けられた基台10と、基台10上に回転自在に設けられた円筒形表示本体20と、この表示本体20の外壁に配設されて本体の回転時に情報を表示する複数の発光ライン11-18と、円筒形表示本体20の回転速度およびディスプレーに関する情報を提供する制御回路部55と、基台10内に設けられて陽極および陰極を介して電力を供給する電力供給部60と、透明および不透明の格子およびストリップが形成されており、受光部Rxおよび発光部Txが一体に構成されたフォトインタラプター36、38が具備されたトロイダル格子部(エンコーダー)30とを含む。

このディスプレー装置は、表示本体20の外部に一定の間隔をおいて離間して複数の発光ライン11-18が形成されており、この発光ライン11-18は制御回路部55の制御で供給される電力により点滅する。また、発光ライン11-18の点滅時点を検知するトロイダル格子部30の内側には不透明の格子32が形成され、外側には周期的にブランク35およびストリップ36が形成されており、格子部30には内側から受光部Rxおよび発光部Txが一体に構成されたフォトインタラプター36、38が回転周期および点滅周期を決定するようになっている。

さらに、もう一つの映像表示装置の例としては、本出願人が出願して登録された韓国の特許登録第10-201551号(出願日:1996.4.10.)の発光素子を利用した映像ディスプレー装置および方法がある。この装置は図3に示したように、発光素子10が1次元的に配設された発光素子アレイ12と、この発光素子アレイ12を回転させる駆動モーター14が含まれた発光モジュールAと、中央制御装置26、ローカルメモリー16、バッファーメモリー24、バッファー22、アドレスおよび制御ロジック発生器20およびアドレスマルチプレクサ26が具備された発光モジュールAを制御する制御モジュールBとを備えており、前記発光モジュールAおよび制御モジュールBに電源を供給する電源供給モジュールCが構成された発光素子を利用した映像ディスプレー装置において、発光素子アレイ12と共に回転し、対向するように設けられた発光手段としてのフォトダイオード30と、受光手段としてのフォトトランシュステア32および円板外周縁に一定の間隔をおいて形成される複数の孔33を有し、前記フォトダイオード30とポートトランジスター32に送られる光を各孔33でオン/オフさせる円板型エンコーダー34とからなって、前記発光素子アレイ12の位置を検知する位置検知装置18を含む。

この発光素子を利用した映像ディスプレー装置は、発光素子アレイ12を有する発光モジュールAが所定の速度で回転すると共に、発光モジュールAの回転と同時に発光モジュールAの下段に設けられたフォトダイオード30およびフォトトランジスター32も回転して、フォトダイオード30とフォトトランジスター32との間に介装された円板型エンコーダー34に形成された複数の孔33を検知することによって、発光モジュールAの位置情報を検出することができ、この位置情報は制御モジュールBに入力され、制御モジュールBではディスプレーするための映像情報を出力できる位置および時間に関するアドレスを出力させて、視覚的な残像効果を利用して2次元的な映像を表示する。

概要

より鮮明で正確な映像情報を伝達できると共に複数の表示装置にデータを電送して多様な表示形態を構成して伝達効果を高めた映像表示システムを提供する。

複数の発光ダイオードアレイ部103-106と、発光ダイオードアレイ部103-106に駆動電源および制御信号を出力するメーンボード部120と、符号化された透明および不透明の帯が周期的に形成されたエンコーダー122と、エンコーダー122の符号化された帯を検知する複数の位置センサー124-127と、原点バー128を検知する原点センサー123と、エンコーダー122および原点バー128が固着された固定板101と、回転板の全面に配設される透明窓115と、電源部139と、モーター131と、電源供給機137と、回転プーリー135と、外部より印加された制御信号や駆動信号受け入れて伝達する通信コネクター138と、構成要素を覆うカバー129とを含む。

目的

したがって、本発明の目的は、本発明はこれらの問題点を解消するために、複数の発光ダイオードアレイにそれぞれの位置センサーを連結し、ストリップが形成されたエンコーダーの原点を原点センサーにより検知して表示される映像の揺れや点滅周期の不一致を防止することによって、より鮮明で正確な映像情報を伝達できる発光素子を利用した映像表示システムを提供することに目的がある。

また、本発明は映像表示のための情報データを有線および無線の形態で伝達するために通信コネクターおよび無線通信モデムなどを連結して一つのコンピュータや映像情報を伝達する手段から複数の映像表示装置に映像データを同時に電送して表示して、映像表示装置を多様な形態で構成して伝達効果を高めることができる発光素子を利用した映像表示システムを提供することに目的がある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の発光ダイオード回転板に一列に配設された複数の発光ダイオードアレイ部と、回転板の中央部に固定されて発光ダイオードアレイ部に駆動電源および制御信号を出力するメーンボード部と、回転板の背面に配設されて符号化された透明および不透明の帯が所定の間隔をおいて離間して周期的に形成されたエンコーダーと、回転板の背面で各発光ダイオードアレイ部の一端に固定され、エンコーダーの外周縁に構成されてエンコーダーの符号化された帯を検知する複数の位置センサーと、回転板の背面に固着されて前記複数の位置センサーの中でいずれかの位置センサーと同一位置に配設されて原点バーを検知する原点センサーと、前記エンコーダーおよび原点バーが固着された固定板と、固定リングによって固定板に固着されて回転板の全面に配設される透明窓と、外部より印加された交流電源整流したり直接供給する電源部と、電源部より印加された電源により駆動されるモーターと、電源部より印加された電源を各構成要素へ供給および分配する電源供給機と、ベルトを介して伝達されたモーターからの回転力により回転板を回転させる回転プーリーと、外部より印加された制御信号や駆動信号受け入れて伝達する通信コネクターと、固定板の背面に設けられた構成要素を覆うカバーと、を含むことを特徴とする発光素子を利用した映像表示システム

請求項2

前記メーンボード部は、入出力される信号に基づいて演算および判断して制御のための信号を出力するCPUと、入出力される信号に関する情報データを貯蔵するメモリー部と、発光ダイオードの点滅に関するデータを出力するデコーダーと、CPUに入力されるデータ信号センサー信号を読み取って発光ダイオードアレイ部に出力するバッファーとを含めて、回転板の中央部に固着されて発光ダイオードアレイ部に駆動電源および制御信号を出力することを特徴とする請求項1に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

請求項3

前記エンコーダーの外周縁には、所定の間隔で離間して形成されて光を透過させる透明部と、前記透明部との間に形成されて光を遮断する不透明部とからなったストリップが周期的に形成されたことを特徴とする請求項1に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

請求項4

前記発光ダイオードアレイ部の点滅周期や表示のためのデータを遠隔の地で無線ページャー信号を受信する無線通信用モデムをさらに含むことを特徴とする請求項1に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

請求項5

前記発光ダイオードアレイ部は、複数の発光ダイオードを点滅させる複数の発光ダイオード点滅用ICを含め、前記発光ダイオード点滅用ICは発光ダイオードの数に基づいて定まり、センサー信号を受け入れて所定の数で連結された発光ダイオードを点滅させるラッチレジスターと、シフトクロック信号およびデータ信号を受け入れてラッチレジスターに出力するシフトレジスターを備えて、メーンボード部からケーブルを介して発光ダイオードの点滅周期に関する情報を受信することを特徴とする請求項1に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

請求項6

前記発光ダイオードアレイ部、回転板および固定板は、円筒形、球形、半球形または円錐形の中から選択されたいずれかであることを特徴とする請求項1に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

請求項7

前記位置センサーおよび原点センサーは、光を発光するフォトダイオードと、フォトダイオードより発光された光を受け入れてパルス波で出力するフォトトランジスターとを備えることを特徴とする請求項1に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

請求項8

有線通信網を介して映像信号を受信して無線通信網を介してページャー信号を受信し、複数の位置センサーによりエンコーダーの外周縁に透明部および不透明部が周期的に形成されたストリップの回転を検知し、前記有線通信網または無線通信網を介して受信した信号と位置センサーにより検知した信号をCPUでそれぞれ演算処理した後に、メモリー部に貯蔵されたデータ信号とデコーダーおよびバッファーの信号により複数の発光ダイオード点滅用ICで当該発光ダイオードアレイ部の発光ダイオードを点滅させることによって、各種の映像文字情報視覚的に表示することを特徴とする発光素子を利用した映像表示システム。

請求項9

前記映像表示システムは、複数の情報提供処および情報提供者資料と中央政府の資料とを収集して映像データを生成するための製作および管理者と、製作および管理者より生成された映像データを無線通信用モデムを介して電送するための無線通信網と、製作および管理者より生成された映像データを有線通信を介して電送するための有線通信網と、前記無線通信網および有線通信網より受信された映像データを出力するための複数の映像表示器を含むことを特徴とする請求項8に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

請求項10

前記製作および管理者は、前記情報提供処、中央政府および情報提供者から受け入れた映像に関するデータの中からイメージデータを分類して貯蔵するための映像イメージ格納部と、前記情報提供処、中央政府および情報提供者から受け入れた映像に関するデータの中から命令語データを分類して貯蔵するための映像表示命令語格納部と、前記情報提供処、中央政府および情報提供者から受け入れた映像に関するデータの中からコードデータを分類して貯蔵するための映像コードデータ格納部と、前記映像イメージ格納部、映像表示命令語格納部および映像コードデータ格納部に貯蔵されたデータを処理して有線通信網に出力するためのマイクロプロセッサーと、前記マイクロプロセッサーの制御で駆動されて映像に関するデータを処理するためのプログラムを貯蔵するプログラム格納部と、を含むことを特徴とする請求項9に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

請求項11

前記有線通信網は、前記製作および管理者より受信した映像に関するデータの中からイメージデータを分類して貯蔵するための映像イメージ格納部と、前記製作および管理者より受信した映像に関するデータの中から命令語データを分類して貯蔵するための映像表示命令語格納部と、前記映像イメージ格納部および映像表示命令語格納部に貯蔵されたデータを処理して出力するためのマイクロプロセッサーと、前記マイクロプロセッサーの制御で駆動されて映像に関するデータを処理するためのプログラムを貯蔵するプログラム格納部と、前記マイクロプロセッサーで処理したデータを当該モデムに電送するためのマルチポートと、前記マルチポートに連結されて当該映像表示器に映像データを有線網を介して出力するための複数のモデムと、を含むことを特徴とする請求項9に記載の発光素子を利用した映像表示システム。

技術分野

0001

本発明は発光素子を利用した映像表示システムに関するもので、より詳しくは、発光素子が1次元的に配設されたアレイを所定の点滅プログラムによって点滅させながら回転させて平面上に各種の文字グラフィッスなどが表示されるようにした発光素子を利用した映像表示システムに関するものである。

背景技術

0002

一般的に、複数の発光素子が1次元的に配設されたアレイを点滅させながら回転させて文字やグラフィッスなどの映像ディスプレーする装置は知られている。

0003

従来の映像表示装置の例としては、図1に示した日本の特開平6-214509号(名称:文字表示を伴う信号灯器、出願日:1992.8.10.)がある。この文字表示を伴う信号灯器は、回転基板1と、この基板外端部に回転軸と平行に配設した列状の発光体群2と、当基板定位置を通過したとき検知する対向スイッチ7、11と、当通過検知時点を基準とし前記基板が回転するに伴い各発光体(発光ダイオード)を所定のタイムスケジュールに従い点滅させることにより前記基板端部の回転軌跡面に文字、図形を形成する手段を備えてなるものである。

0004

この文字表示を伴う信号灯器は、回転基板1の両端に複数の発光ダイオード2をアレイの形態で構成し、保持枠3に連結した回転軸4を中心に回転させて、回転基板1の回転状態、すなわち回転基板1の下段に固定された近接スイッチ7が底に固定された近接スイッチ11との検知による通過検知時点に基づいて発光ダイオード2がマイコン10のタイムスケジュールによって点滅されることによって、文字および図形などを形成するようにする。

0005

また、映像表示装置の他の例として米国特許第5,818,401号(出願日:1996.4.18.)のディスプレー装置がある。この装置は図2aないし図2cに示したように、2つのベアリングを有する垂直軸が設けられた基台10と、基台10上に回転自在に設けられた円筒形表示本体20と、この表示本体20の外壁に配設されて本体の回転時に情報を表示する複数の発光ライン11-18と、円筒形表示本体20の回転速度およびディスプレーに関する情報を提供する制御回路部55と、基台10内に設けられて陽極および陰極を介して電力を供給する電力供給部60と、透明および不透明の格子およびストリップが形成されており、受光部Rxおよび発光部Txが一体に構成されたフォトインタラプター36、38が具備されたトロイダル格子部(エンコーダー)30とを含む。

0006

このディスプレー装置は、表示本体20の外部に一定の間隔をおいて離間して複数の発光ライン11-18が形成されており、この発光ライン11-18は制御回路部55の制御で供給される電力により点滅する。また、発光ライン11-18の点滅時点を検知するトロイダル格子部30の内側には不透明の格子32が形成され、外側には周期的にブランク35およびストリップ36が形成されており、格子部30には内側から受光部Rxおよび発光部Txが一体に構成されたフォトインタラプター36、38が回転周期および点滅周期を決定するようになっている。

0007

さらに、もう一つの映像表示装置の例としては、本出願人が出願して登録された韓国の特許登録第10-201551号(出願日:1996.4.10.)の発光素子を利用した映像ディスプレー装置および方法がある。この装置は図3に示したように、発光素子10が1次元的に配設された発光素子アレイ12と、この発光素子アレイ12を回転させる駆動モーター14が含まれた発光モジュールAと、中央制御装置26、ローカルメモリー16、バッファーメモリー24、バッファー22、アドレスおよび制御ロジック発生器20およびアドレスマルチプレクサ26が具備された発光モジュールAを制御する制御モジュールBとを備えており、前記発光モジュールAおよび制御モジュールBに電源を供給する電源供給モジュールCが構成された発光素子を利用した映像ディスプレー装置において、発光素子アレイ12と共に回転し、対向するように設けられた発光手段としてのフォトダイオード30と、受光手段としてのフォトトランシュステア32および円板外周縁に一定の間隔をおいて形成される複数の孔33を有し、前記フォトダイオード30とポートトランジスター32に送られる光を各孔33でオン/オフさせる円板型エンコーダー34とからなって、前記発光素子アレイ12の位置を検知する位置検知装置18を含む。

0008

この発光素子を利用した映像ディスプレー装置は、発光素子アレイ12を有する発光モジュールAが所定の速度で回転すると共に、発光モジュールAの回転と同時に発光モジュールAの下段に設けられたフォトダイオード30およびフォトトランジスター32も回転して、フォトダイオード30とフォトトランジスター32との間に介装された円板型エンコーダー34に形成された複数の孔33を検知することによって、発光モジュールAの位置情報を検出することができ、この位置情報は制御モジュールBに入力され、制御モジュールBではディスプレーするための映像情報を出力できる位置および時間に関するアドレスを出力させて、視覚的な残像効果を利用して2次元的な映像を表示する。

発明が解決しようとする課題

0009

しかし、前述した日本特開平6-214509号の文字表示を伴う信号灯器は、回転基板の両端に設けられて2列の複数の発光ダイオードを有し、これらの発光ダイオードの点滅時期は回転基板の下段と基台に固着されたそれぞれの近接スイッチにより検知された回転位置に基づいてマイコンで制御される。したがって、一双の近接スイッチで回転基板の回転位置を検知した後、2列の複数の発光ダイオードを点滅させなければならないので、回転速度を合わせるのが難しい。すなわち回転基板の位置を検知する近接スイッチが一つであるので、回転基板が1回転しながら複数の発光ダイオードを点滅し、再び近接スイッチにより位置を検知すると、発光ダイオードの点滅は設定されたタイムスケジュールにより順次的に点滅されることによって、発光ダイオードは点滅周期が一定でなく変わって表示される映像の揺れがあり、複雑な情報などを表示するのには不適合である。

0010

また、米国特許第5,818,401号のディスプレー装置は、複数の発光ダイオードアレイを円筒形で構成し、発光ダイオードの点滅周期をトロイダル格子部(エンコーダー)および複数のフォトインタラプターでトロイダル格子部のストリップを検知して点滅させるようにした。ここで、一つのフォトインタラプターは原点を検知し、他の一つは格子部のストリップを検知して発光ダイオードアレイを点滅させるようにしたが、一つのフォトインタラプターにより複数の発光ダイオードアレイの点滅周期を一致させるのには多くの問題点がある。したがって、表示される映像が揺れる短所がある。

0011

次に、本出願人の韓国特許登録第10-201551号の場合には、一つの回転基板に一つの発光素子アレイを配設して回転基板の回転に伴って各種の映像を表示するようにしたが、複数の孔が形成されたエンコーダーとフォトダイオードおよびフォトトランジスターとからなった位置検知装置では、表示される映像の揺れや点滅周期などが正確に一致していないなどの問題点がある。

0012

したがって、本発明の目的は、本発明はこれらの問題点を解消するために、複数の発光ダイオードアレイにそれぞれの位置センサーを連結し、ストリップが形成されたエンコーダーの原点を原点センサーにより検知して表示される映像の揺れや点滅周期の不一致を防止することによって、より鮮明で正確な映像情報を伝達できる発光素子を利用した映像表示システムを提供することに目的がある。

0013

また、本発明は映像表示のための情報データを有線および無線の形態で伝達するために通信コネクターおよび無線通信モデムなどを連結して一つのコンピュータや映像情報を伝達する手段から複数の映像表示装置に映像データを同時に電送して表示して、映像表示装置を多様な形態で構成して伝達効果を高めることができる発光素子を利用した映像表示システムを提供することに目的がある。

課題を解決するための手段

0014

前述の目的を達成するために、本発明の発光素子を利用した映像表示システムは、複数の発光ダイオードが回転板に一列に配設された複数の発光ダイオードアレイ部と、回転板の中央部に固定されて発光ダイオードアレイ部に駆動電源および制御信号を出力するメーンボード部と、回転板の背面に配設されて符号化された透明および不透明の帯が所定の間隔をおいて離間して周期的に形成されたエンコーダーと、回転板の背面で各発光ダイオードアレイ部の一端に固定され、エンコーダーの外周縁に構成されてエンコーダーの符号化された帯を検知する複数の位置センサーと、回転板の背面に固着されて前記複数の位置センサーの中でいずれかの位置センサーと同一位置に配設されて原点バーを検知する原点センサーと、前記エンコーダーおよび原点バーが固着された固定板と、固定リングによって固定板に固着されて回転板の全面に配設される透明窓と、外部より印加された交流電源整流したり直接供給する電源部と、電源部より印加された電源により駆動されるモーターと、電源部より印加された電源を各構成要素へ供給および分配する電源供給機と、ベルトを介して伝達されたモーターからの回転力により回転板を回転させる回転プーリーと、外部より印加された制御信号や駆動信号受け入れて伝達する通信コネクターと、固定板の背面に設けられた構成要素を覆うカバーと、を含むことを特徴とする。

0015

ここで、前記メーンボード部は、入出力される信号に基づいて演算および判断して制御のための信号を出力するCPUと、入出力される信号に関する情報データを貯蔵するメモリー部と、発光ダイオードの点滅に関するデータを出力するデコーダーと、CPUに入力されるデータ信号センサー信号を読み取って発光ダイオードアレイ部に出力するバッファーとを含めて、回転板の中央部に固着されて発光ダイオードアレイ部に駆動電源および制御信号を出力することが好ましい。

0016

また、前記エンコーダーの外周縁には、所定の間隔で離間して形成されて光を透過させる透明部と、前記透明部との間に形成されて光を遮断する不透明部とからなったストリップが周期的に形成されたことが好ましい。

0017

また、前記発光ダイオードアレイ部の点滅周期や表示のためのデータを遠隔の地で無線のページャー信号を受信する無線通信用モデムをさらに含むことがいい。

0018

さらに、前記発光ダイオードアレイ部は、複数の発光ダイオードを点滅させる複数の発光ダイオード点滅用ICを含め、前記発光ダイオード点滅用ICは発光ダイオードの数に基づいて定まり、センサー信号を受け入れて所定の数で連結された発光ダイオードを点滅させるラッチレジスターと、シフトクロック信号およびデータ信号を受け入れてラッチレジスターに出力するシフトレジスターを備えて、メーンボード部からケーブルを介して発光ダイオードの点滅周期に関する情報を受信することがいい。

0019

さらに、前記発光ダイオードアレイ部、回転板および固定板は、円筒形、球形、半球形または円錐形の中から選択されたいずれかであることがいい。

0020

また、前記位置センサーおよび原点センサーは、光を発光するフォトダイオードと、フォトダイオードより発光された光を受け入れてパルス波で出力するフォトトランジスターとを備えることがいい。

0021

また、前述の他の目的を達成するために、本発明の発光素子を利用した映像表示システムは、有線通信網を介して映像信号を受信して無線通信網を介してページャー信号を受信し、複数の位置センサーによりエンコーダーの外周縁に透明部および不透明部が周期的に形成されたストリップの回転を検知し、前記有線通信網または無線通信網を介して受信した信号と位置センサーにより検知した信号をCPUでそれぞれ演算処理した後に、メモリー部に貯蔵されたデータ信号とデコーダーおよびバッファーの信号により複数の発光ダイオード点滅用ICで当該発光ダイオードアレイ部の発光ダイオードを点滅させることによって、各種の映像や文字情報を視覚的に表示すること特徴とする。

0022

ここで、前記映像表示システムは、複数の情報提供処および情報提供者資料と中央政府の資料とを収集して映像データを生成するための製作および管理者と、製作および管理者より生成された映像データを無線通信用モデムを介して電送するための無線通信網と、製作および管理者より生成された映像データを有線通信を介して電送するための有線通信網と、前記無線通信網および有線通信網より受信された映像データを出力するための複数の映像表示器を含むことが好ましい。

0023

また、前記製作および管理者は、前記情報提供処、中央政府および情報提供者から受け入れた映像に関するデータの中からイメージデータを分類して貯蔵するための映像イメージ格納部と、前記情報提供処、中央政府および情報提供者から受け入れた映像に関するデータの中から命令語データを分類して貯蔵するための映像表示命令語格納部と、前記情報提供処、中央政府および情報提供者から受け入れた映像に関するデータの中からコードデータを分類して貯蔵するための映像コードデータ格納部と、前記映像イメージ格納部、映像表示命令語格納部および映像コードデータ格納部に貯蔵されたデータを処理して有線通信網に出力するためのマイクロプロセッサーと、前記マイクロプロセッサーの制御で駆動されて映像に関するデータを処理するためのプログラムを貯蔵するプログラム格納部と、を含むことが好ましい。

0024

さらに、前記有線通信網は、前記製作および管理者より受信した映像に関するデータの中からイメージデータを分類して貯蔵するための映像イメージ格納部と、前記製作および管理者より受信した映像に関するデータの中から命令語データを分類して貯蔵するための映像表示命令語格納部と、前記映像イメージ格納部および映像表示命令語格納部に貯蔵されたデータを処理して出力するためのマイクロプロセッサーと、前記マイクロプロセッサーの制御で駆動されて映像に関するデータを処理するためのプログラムを貯蔵するプログラム格納部と、前記マイクロプロセッサーで処理したデータを当該モデムに電送するためのマルチポートと、前記マルチポートに連結されて当該映像表示器に映像データを有線網を介して出力するための複数のモデムと、を含むことがいい。

発明を実施するための最良の形態

0025

以下、図面を参照しながら本発明の好ましい実施の形態について説明する。

0026

図4は本発明に係る発光素子を利用した映像表示システムの平面図であり、図5はその断面図である。

0027

発光ダイオードアレイ部103-106は回転板102に一列に配設された複数の発光ダイオード107-110を備えており、複数に構成されている。この発光ダイオードアレイ部103-106は円状の回転板102に鉛直に固着される。この実施の形態において、発光ダイオードアレイ部103-106は4個で構成されている。また、発光ダイオードアレイ部103-106には複数の発光ダイオード107-110をそれぞれ点滅させるための複数の発光ダイオード点滅用IC111-114が含まれており、発光ダイオード点滅用IC111-114は発光ダイオード107-110の数に基づいて定まる。発光ダイオード107-110は赤、緑、黄および青などの光を出すように装着する。また、発光ダイオードアレイ部103-106はメーンボード部120からケーブル116-119を介して発光ダイオード107-110の点滅周期に関する情報を受信する。

0028

メーンボード部120は回転板102の中央部に固定されて発光ダイオードアレイ部103-106に駆動電源および制御信号を出力する。このメーンボード部120は入出力される信号を演算および判断して制御するための信号を出力するCPU150と、入出力される信号に関するデータを貯蔵するメモリー部152と、発光ダイオードの点滅に関するデータを出力するデコーダー154と、CPU150で入力されるデータ信号のセンサー信号を読み取って発光ダイオードアレイ部103-106に出力するバッファー155とを含む。また、メーンボード部120は無線信号送受信する無線通信用モデム130を有して、送受信用アンテナ130を通じて入力される無線信号を受信したりCPU150の制御信号を送信する。無線通信用モデム130は遠隔の地で表示のための情報データを受信してCPU150に出力するための信号の変換および入出力をインターフェースする。

0029

エンコーダー122は回転板102の背面に配設され、このエンコーダー122の外周縁には透明および不透明の符号化された帯が周期的に形成されたストリップ140が具備されているので、透明部141および不透明部142が周期的(または非周期的)に形成されて所定のパルス波(球形波)を発生する。

0030

位置センサー124-127は前記回転板102の背面で各発光ダイオードアレイ部103-106の一端に固定され、エンコーダー122の外周縁に設けられてエンコーダー122の符号化されたストリップ140を検知する。この位置センサー124-127は発光ダイオードアレイ部103-106と一体に構成されてエンコーダー122の外周縁を挟むように配設される。コ状の位置センサー124-127は、一端が所定の光を発生するフォトダイオードTxになっており、他端がフォトトランジスターRxになったフォトカプラーとからなることが望ましい。すなわち位置センサー124-127はフォトダイオードTxより発生された光がフォトトランジスターRxに照射されると、フォトトランジスターRxは受信した光によってオン/オフされてパルス波(球形波)を発生するようになる。

0031

原点センサー123は前記回転板102の背面に固着され、前記複数の位置センサー124-127の中からいずれかに一体に構成されたり、または同一位置に装着されて、固定板101に固着された原点バー128を検知する。この原点センサー123は位置センサー124-127と同一構造を持っている。すなわちコ状であり、一端が所定の光を発生するフォトダイオードTxになり、他端がフォトトランジスターRxになったフォトカプラーとからなる。したがって、原点センサー123との間に原点バー128が通すことができるようにして原点センサー123から原点バー128の検知によりパルス波(球形波)が出力される。

0032

固定板101にはエンコーダー122および原点バー128が固着されている。ここで、エンコーダー122はベアリングケース121に支持されて固着され、原点バー128は原点センサー123の回転半径に一端に固着される。また、固定板101もベアリングケース121の内側に固定されているので、ベアリングケース121内に複数になっているベアリング132、133は回転軸134が回転自在に摺動するように支持する。

0033

透明な材質の透明窓115は固定リングなどで固定板101に固着されて回転板102の全面に配設される。この透明窓115は発光ダイオードアレイ部103-106より発散する映像が外部に透過されて表示させると共に、外部の異物が流入することを防止する。透明窓115は曲がったり破損されない材質が望ましい。

0034

電源部139は外部より印加された交流電源を整流したり直接供給し、入力された交流電源ACを直流電源DCに変換して所定レベルの直流電源を供給したり必要によって交流電源を直接供給する。この電源部139には認可される電源のサージ電圧雑音を遮断および吸収する回路が構成されることが望ましい。

0035

モーター131は前記電源部139より印加された電源で駆動されて回転板102およびエンコーダー122を回転させる。このモーター131は所定の回転力を有しながら一定の回転力を発生する。

0036

電源供給機137は前記電源部139より印加された電源を各構成要素へ供給および分配する。

0037

回転プーリー135は電源供給機137の一端に設けられてベルト136を介してモーター131より伝達される回転力により回転板102を回転させる。回転プーリー135はモーター131の回転力を減速できる減速比を有するものを用いる。ベルト136はモーター131の回転力を正確に伝達できるものを用いる。

0038

通信コネクター138は外部より印加された制御信号や駆動信号を受け入れて伝達する。この通信コネクター138には有線でコンピュータや映像情報を伝達する手段より認可された情報データを受信して前記電源供給機137を介してメーンボード部120に伝達する。

0039

カバー129は前記固定板101の背面に配設された構成要素を覆う。このカバー129は固定板101の背面に異物が侵入することを防止したり防水できるものが望ましい。

0040

以下、本発明の発光素子を利用した映像表示システムの作用を説明する。

0041

図6は本発明のエンコーダー部の詳細図である。エンコーダー122は固定板101に結びついて位置センサー124-127がエンコーダー122の外周縁に沿って回転できるように構成されており、エンコーダー122の外周縁には透明部141および不透明部142が周期的に配置されたストリップ140が具備されている。ストリップ140の外周縁には発光部および受光部として機能するフォトダイオードTxおよびフォトトランジスターRxが一体に設けられた位置センサー124-127が挟まれるように配設される。すなわち、対角線方向で4個の位置センサー124-127がエンコーダー122のストリップ140を検知し、位置センサー124-127はストリップ140に形成された透明部141と不透明部142よりパルス波(球形波)を発生する。もちろん、位置センサーが4個以上(発光ダイオードアレイ部103-106も同数で形成)である場合には、同一間隔をおいてエンコーダー122のストリップ140を読み取ることができるように形成する。

0042

また、位置センサー124-127と同一位置には原点センサー123が配設されて固定板101に固定された原点バー128を検知してCPU150に認可する。

0043

本発明の映像表示システムの駆動は電源部139より供給される電源によりモーター131が駆動され、モーター131より発生された回転力は減速されてベルト136を介して回転プーリー135に伝えられる。よって、回転プーリー135は回転軸134を介して回転板102および位置センサー124-127を回転させる。この時、回転板102および位置センサー124-127は回転軸134と正確に中心を維持しながら回転するべきである。すなわち、位置センサー124-127のフォトダイオードTxおよびフォトトランジスターRxとの間にエンコーダー122が正確に中央に位置しなければ、位置センサー124-127がエンコーダー122の外周縁に沿ってストリップ140を読み出してパルス波を発生することができない。また、より鮮明な映像を表示できるためには、回転板102に構成された複数の発光ダイオードアレイ部103-106の重心が正確に一致しなければならない。

0044

このような正確な回転によって発光ダイオードアレイ部103-106で点滅周期および回転周期が正確に維持されて、揺れることがなくて表示することができる。図7の回路構成図にはこの映像表示が示されている。

0045

まず、エンコーダー122から複数の位置センサー124-127が周期的なストリップ140の検知によりパルス波を発生させ、このパルス波信号はCPU150に入力される。

0046

CPU150は入力されたパルス信号に基づいてメモリー部152に貯蔵された映像を表示するための情報データを読み取ってデコーダー154およびバッファー155に制御信号を出力する。また、外部より入力された情報データは通信コネクター138を介して認可される。

0047

印加された情報データの中からデコーダー154で復号化されたデータは発光ダイオードアレイ部103-106に構成された複数の発光ダイオード点滅用IC111-114にそれぞれ入力され、かつバッファー155を通したシフトクロック信号もそれぞれ入力される。また、CPU150でも発光ダイオード点滅用IC111-114に情報データが入力される。

0048

発光ダイオード点滅用IC111-114に入力されたそれぞれのデータは発光ダイオード点滅用IC111-114内のラッチレジスターおよびシフトレジスターに入力されて複数の発光ダイオードDを点滅させる。抵抗Rは認可される電圧を降下させる役割を果たす。

0049

したがって、それぞれの発光ダイオード点滅用IC111-114に連結された複数の発光ダイオードDは当該情報データによって点滅される。

0050

また、CPU150には無線通信用モデム130を介して遠隔の地で無線受信した情報データが発光ダイオード点滅用IC111-114に入力されて、エンコーダー122およびバッファー155を介して印加された信号と共に該当する発光ダイオードDを点滅させる。

0051

一方、図8ではメモリー部152に貯蔵された映像をディスプレーする情報データが含まれている。この情報データはM1、M2、…、M n/4、M n/4+1、…、M 2n/4、M 2n/4+1、…、M 3n/4、M 3n/4+1、…、M n-2、M n-1、Mnであり、ここでMはメモリーの位置、nはエンコーダーの数で外周縁のピクセル数を表す。したがって、複数の発光ダイオード点滅用IC111-114のシフトレジスターには当該情報が入力されることによって、センサーデータとシフトクロック信号と共に当該発光ダイオードDが点滅されるようになる。

0052

また、本発明の発光素子を利用した映像表示システムにおいて、発光ダイオード107-110の点滅によって発光ダイオードアレイ部103-106に表示される映像の例は図9と図10のに示されており、これらを参照して説明する。

0053

図9および図10には位置センサー124-127を一つだけ使用した場合に現れる映像を示されており、図11および図12には発光ダイオードアレイ部103-106ごとに位置センサー124-127が装着された場合に現れる映像を示されている。

0054

まず、図9と図11の映像を比較する。図9はエンコーダーの中心が合わない場合の例として、大部分従来の装置でもこのような現象が存在する。ここで、エンコーダーのグリッド数は8個、発光ダイオードアレイ部の数は2個であり、全体的に少しずつエンコーダーとの間隔に差があれば全体画面がひどく揺れる問題がある。

0055

すなわち、図9に示したグラフの上部に形成されたパルス波(球形波)はエンコーダーのセンターが正確に合わない場合であり、その下のパルス波はエンコーダーのセンターが正確に一致する場合である。また、アルファベット"A"をディスプレーする場合に、a部はエンコーダーの中心が一致していない時に表示されるものであり、b部は1番目発光ダイオード群、c部は2番目の発光ダイオード群であり、表示のために上下の長さを減らした状態が示されている。

0056

このように、発光ダイオード群が正確に一致していてもアルファベット"A"が揺れるのが発見でき、これは各エンコーダーのパルスが上昇する地点から表示されている。ここで、細い点線は1番目の発光ダイオード群のオン時点、太い点線は2番目の発光ダイオード群のオン時点を表し、2番目の発光ダイオード群があらかじめ点灯されて後で消灯されたり、後で点灯されて後ほど消灯されたり、または、まず点灯されてまず消灯される場合として、多くの揺れがあることを発見した。

0057

一方、図11では2個の位置センサーと2個の発光ダイオードアレイ部とを使用した場合である。エンコーダーのグリッド数が8個、発光ダイオードアレイ部が2個であり、ピクセルの間隔差およびエンコーダーの中心が合わない場合であるが、アルファベット"A"が揺れることがなかった。

0058

2番目の発光ダイオード群がほとんど正確に1番目の発光ダイオード群と一致することを発見し、表示される映像の揺れることがないことを発見した。

0059

このように、複数の発光ダイオードアレイ部にそれぞれの位置センサーが装着されている場合には一つだけ装着された場合より揺れることがなくて鮮明な映像をディスプレーすることができる。

0060

また、図11はエンコーダーの4番目のグリッドが異なり、位置センサーが一個である場合に、4個所の揺れるところがあることを示す。グラフの上部の黒いバー(ストリップ)はエンコーダーの不透明部142として、例えば32個の不透明部142があり、下段のパルス波は位置センサーが一個である場合に、4個の発光ダイオードアレイ部103-106で表示される映像の中からそれぞれの発光ダイオードアレイ部103-106の中から一つずつ揺れることを発見した。すなわち、第1の発光ダイオードアレイ部では"S"の4番目のパルス波の上昇地点d、第2の発光ダイオードアレイ部では"A"の4番目のパルス波の上昇地点e、第3の発光ダイオードアレイ部では"T"の4番目のパルス波の上昇地点fおよび第4の発光ダイオードアレイ部では"・"の4番目のパルス波の上昇地点gでそれぞれ揺れが生じたことを発見した。

0061

しかし、図12はエンコーダーの4番目のグリッドが異なった時に、4個の位置センサーを使用した場合が示されている。ここでは、1個所が広く、他の1個所が狭くディスプレーされていることが現われている。すなわち、第1のないし第4の発光ダイオードアレイ部103-106でそれぞれ4番目のグリッドで3番目が小さくて、4番目が大きくディスプレーされていることが分かる。

0062

したがって、複数の発光ダイオードアレイ部103-106のそれぞれに位置センサー124-127を構成した場合に、ディスプレーされる映像はほとんど人の目では認識できない程度の揺れがあるので、1個の位置センサーを装着した場合よりはるかに鮮明な映像がディスプレーできる。

0063

図13ないし図16は本発明の発光素子を利用した映像表示システムの色々な実施の形態を示す。図13では円筒形の映像表示器160に4個の発光ダイオードアレイ部161を形成し、図14では球形の映像表示器170に4個の発光ダイオードアレイ部171を形成し、図15では半球形の映像表示器180に4個の発光ダイオードアレイ部181を形成し、図16では球形の映像表示器190に4個の発光ダイオードアレイ部191を形成して、それぞれの映像表示器160、170、180、190の下段には基台162、172、182、192が配設されている。

0064

次に、本発明の発光素子を利用した映像表示システムを活用および適用することについて図17のブロック図を参照して説明する。図17では複数の映像表示器212、213が具備されている実施の形態である。この映像表示器212、213は有線または無線で映像に関するデータを受信して該当する映像をディスプレーする。ここで、無線の場合には無線通信網208や移動通信網事業者運用する文字メッセージサービスを利用して文字や映像を表示でき、有線の場合には通信コネクターを通じて有線通信網210に連結されたパーソナルコンピューター携帯用コンピュータから直接受信したり、または映像を貯蔵した記録媒体211を運用して受信することによって、表示できる。また、映像に関するデータは製作および管理者206が映像データを製作して無線または有線網を介して出力でき、有線の場合には電話線専用線を介して連結できる。

0065

また、製作および管理者206は情報提供処200の資料や中央政府202の資料または情報提供者204の資料などを収集して映像データを作り出す。

0066

さらに、提供および電送された映像データは図18に示したように、情報提供処200、中央政府202および情報提供者204などより有線通信網または無線通信網を介して製作および管理者206に入力され、製作および管理者206は情報提供処200、中央政府202および情報提供者204などより受け入れた映像データを映像データ受信および分類部206aでそれぞれ受信および分類する。分類したデータにおいて、それぞれ前記情報提供処200、中央政府202および情報提供者204より受け入れた映像に関するデータの中からイメージデータは映像イメージ格納部206bに分類して貯蔵し、前記情報提供処200、中央政府202および情報提供者204より受け入れた映像に関するデータの中から命令語データは映像表示命令語格納部206cに分類して貯蔵し、前記情報提供処200、中央政府202および情報提供者204より受け入れた映像に関するデータの中からコードデータは映像コードデータ格納部206dに分類して貯蔵する。

0067

前記映像イメージ格納部206b、映像表示命令語格納部206cおよび映像コードデータ格納部206dに貯蔵したデータはマイクロプロセッサー206eに入力された後に、所定のプログラムの駆動で処理して有線通信網210に出力する。

0068

前記プログラム格納部206fは前記マイクロプロセッサー206eの制御で貯蔵されたプログラムの駆動により映像に関するデータを処理する。

0069

前記データベース化された映像データは映像コードデータ格納部206dに貯蔵された映像に関する情報によって地域別、会社別または主題別などにコード化されて該当する有線通信網を介して出力される。

0070

また、図19は有線通信網に関する実施の形態を示したブロック図である。前記有線通信網210では製作および管理者206より受け入れた映像に関するデータの中からイメージデータは映像イメージ格納部210aに分類して貯蔵し、映像に関するデータの中から命令語データは映像表示命令語格納部210bに分類して貯蔵する。

0071

前記映像イメージ格納部210aおよび映像表示命令語格納部210bに貯蔵された映像データはマイクロプロセッサー210cでプログラム格納部210dに貯蔵された所定のプログラムによって処理する。次に、処理した映像データはリアルタイムでマルチポート210eから当該有線通信用モデム210f-210hを介して当該映像表示器214-216に出力する。一方、映像データはマルチポート210eを介して同時に設定された全てのモデム210f-210hを介して映像表示器214-216に出力することもできる。

0072

前記映像表示器214-216は複数のモデム210f-210hにそれぞれ連結されて対応するモデム210f-210hを介して映像データを受信する。また、前記マルチポート210eはマイクロプロセッサー210cの制御によって当該モデム210f-210hが決定される。

0073

また、前記製作および管理者206は加工された映像データを無線通信網208または有線通信網210を介して当該映像表示器212-216に出力する。

0074

本発明の映像表示システムにおいては、映像表示のためのデータを效果的に管理するために映像データをデータベース化し、映像データは大別して公益広報映像、商業広報映像およびニュースなどに分類し、特にニュースは天気証券相場、緊急ニュースおよびスポーツ情報などを提供する。ネットワーク環境ではこのような映像を效果的に業務分担して運営することによって、伝達効果を極大化させて効率的かつ迅速な映像情報の伝達が可能である。

0075

また、本発明の発光素子を利用した映像表示システムにおいては、映像表示のための発光ダイオードの点滅周期に関する情報データの入力と発光ダイオードアレイ部を有した回転板の回転周期に基づいて人の視覚残像を用いて各種の文字やグラフィッスなどの映像を表示できると共に、この発光素子を利用した映像表示システムは前述した実施の形態に限定されなく、これを基づいて様々な変更、変換、置換および代替することができる。

発明の効果

0076

以上のように、本発明の発光素子を利用した映像表示システムは複数の発光ダイオードアレイ部にそれぞれエンコーダーのパルス波を検知する位置センサーと原点を検知する原点センサーを配設し、通信コネクターおよび無線通信用モデムを介して有線および無線で映像表示のための情報データを受け入れてセンサー検知信号およびメモリー部の情報データ信号などにより該当する各種の情報を映像で表示することによって、官公署や警察署またはアパート団地などで一般的な公示事項伝達事項を公示することができ、また、盛り場や住宅密集地域で同時に同一メッセージを迅速で正確に伝達しようとする場合にも無線または有線を介して遠隔の地で容易に伝達できる。よって、掲示板やお知らせ版などを代えることができるだけでなく、チラシビラなどを代えることができるので、複数の場所で同時に伝達する効果があり、映像を表示するシステムの製作費を最小化させる効果がある。

0077

また、複数の発光ダイオードアレイにそれぞれの位置センサーを連結し、ストリップが形成されたエンコーダーの原点を原点センサーにより検知して表示される映像の揺れや点滅周期の不一致を防止することによって、より鮮明で正確な映像情報を伝達することができる。

図面の簡単な説明

0078

図1図1は従来の映像を表示する装置の構成図である。
図2図2は他の従来の映像を表示する装置の構成図である。
図3図3は図2に示した装置の断面図である。
図4図4は本発明に係る発光素子を利用した映像表示システムの平面図である。
図5図5は図4に示したシステムの断面図である。
図6図6は本発明のエンコーダの一部を示した詳細図である。
図7図7は本発明の回路構成図である。
図8図8は本発明のメモリー部と発光ダイオードモジュール部の連結状態図である。
図9 図9は位置センサーが一個である場合に映像が表示される状態を示した図面である。
図10 図10は図9と同様に、位置センサーが一個である場合の映像表示状態図である。
図11 図11は本発明の一実施例で4個の位置センサーが適用された場合に映像が表示される状態を示した図面である。
図12 図12は図11と同様に、4個の位置センサーが適用された場合の映像表示状態図である。
図13 図13は本発明の他の実施例を示した正面図である。
図14 図14は本発明のもう一つの他の実施例を示した正面図である。
図15 図15はまた、本発明の他の実施例を示した正面図である。
図16 図16はさらに、本発明の他の実施例を示した正面図である。
図17 図17は本発明に係る発光素子を利用した映像表示システムの適用に関するブロック図である。
図18 図18は本発明に係る映像表示システムの製作および管理者の主要構成を示したブロック図である。
図19 図19は本発明に係る映像表示システムの有線通信網の主要構成を示したブロック図である。

--

0079

100、160、170、180、190、212-216映像表示器
101固定板
102回転板
103-106発光ダイオードアレイ部
107-110発光ダイオード
111-114 発光ダイオード点滅用IC
115透明窓
120メーンボード
121ベアリングケース
122エンコーダー
123原点センサー
124-127位置センサー
128原点バー
129カバー
130無線通信用モデム
131モーター
132、133ベアリング
134回転軸
135プーリー
136ベルト
137電源供給機
138通信コネクター
139電源部
140ストリップ
141透明部
142 不透明部
150 CPU
152メモリー部
153送受信用アンテナ
154デコーダー
155バッファー
162、172、182、192基台
200情報提供処
202 中央政府
204情報提供者
206製作および管理者
206aデータ受信および分類部
206b、210a映像イメージ格納部
206c映像表示命令語格納部
206d、210b 映像表示命令語格納部
206e、210cマイクロプロセッサー
206f、210dプログラム格納部
208無線通信網
210eマルチポート
210f-210h有線通信用モデム
210有線通信網
211 記録媒体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社半導体エネルギー研究所の「 表示装置」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題・解決手段】光取り出し効率の高い表示装置を提供する。低消費電力な表示装置を提供する。表示装置が有する赤または緑の画素は、青色の光を射出する発光素子と、青色の光を透過し、赤及び緑色の光を反射する光... 詳細

  • ソニー株式会社の「 情報処理装置、情報処理方法、プログラム、及び、移動体」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題・解決手段】本技術は、ユーザの乗り物酔いを防ぐことができるようにする情報処理装置、情報処理方法、プログラム、及び、移動体に関する。情報処理装置は、移動体の動きに基づいて、前記移動体の所定の視点か... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 画像表示装置および駆動装置」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題・解決手段】画像表示装置は、光源と、光源からの光が照射されることにより画像が形成されるスクリーンと、スクリーンからの光により虚像を生成する光学系と、スクリーンを光軸方向に移動させる駆動部と、スク... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ