図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2001年5月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

ユーザが必要な情報を繁雑な操作もなく画面表示することができ、射出成形機成形条件の設定や運転状況の確認等が効率よく行える射出成形機の表示装置を提供すること。

解決手段

射出成形機のマンマシンインターフェース部の表示器表示画面を2分割し、このうちの一方の表示画面を専用のメイン画面領域2Mとし、他の残りの表示画面を専用のサブ画面領域2Sとし、2Mには、該射出成形機のコントローラ機能を操作可能なコントローラ機能スイッチを備え、且つ該射出成形機の全ての条件を設定可能な設定器並びにモニタリングデータを表示し、2Sには、2Mと独立して随時表示したいモニタリングデータ等の各種データを表示するように構成した射出成形機の表示装置。

概要

背景

従来、CRT液晶を使用した表示装置表示面積が限られていることから、多くの情報をほぼ同時に表示できるようにするために、同一表示画面の一部を切替える画面切替方式としたり、或いはメイン画面に重ねて別画面を表示するようにしたウインドウズ方式を使用している。

このようなことは、従来の射出成形機に使用される表示装置にあっても同様である。例えば特公平7—4845号公報に示されているように、タッチ入力パネル方式のメイン画面及び該メイン画面の例えば半分に、成形条件を設定するための設定器を表示するサブ画面設定切替可能に構成したものがある。

このような構成の従来の射出成形機に使用される表示装置において、設定器により成形条件を設定するに当たっては、メイン画面上にある機能スイッチの一つを選択して設定器をメイン画面上に表示させ、該表示された設定器により成形条件を設定すればよい。

概要

ユーザが必要な情報を繁雑な操作もなく画面表示することができ、射出成形機の成形条件の設定や運転状況の確認等が効率よく行える射出成形機の表示装置を提供すること。

射出成形機のマンマシンインターフェース部の表示器の表示画面を2分割し、このうちの一方の表示画面を専用のメイン画面領域2Mとし、他の残りの表示画面を専用のサブ画面領域2Sとし、2Mには、該射出成形機のコントローラ機能を操作可能なコントローラ機能スイッチを備え、且つ該射出成形機の全ての条件を設定可能な設定器並びにモニタリングデータを表示し、2Sには、2Mと独立して随時表示したいモニタリングデータ等の各種データを表示するように構成した射出成形機の表示装置。

目的

本発明は上記の課題を解決するためになされたもので、サブ画面を表示してもメイン画面の表示が隠れることはなく、またメイン画面とサブ画面の表示の組合せが自由にでき、この結果、ユーザが必要な情報を繁雑な操作もなく画面表示することができ、射出成形機の成形条件の設定や運転状況の確認が効率よく行える射出成形機の表示装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
4件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

射出成形機マンマシンインターフェース部の表示器表示画面を2分割し、このうちの一方の表示画面を専用のメイン画面領域とし、他の残りの表示画面を専用のサブ画面領域とし、前記メイン画面領域には、該射出成形機のコントローラ機能を操作可能なコントローラ機能スイッチを備え、且つ該射出成形機の成形条件を設定可能な設定器並びにモニタリングデータを表示し、前記サブ画面領域には、前記メイン画面領域と独立して随時表示したいモニタリングデータ等の各種データを表示するように構成した射出成形機の表示装置

請求項2

前記メイン画面領域及び前記サブ画面領域に夫々配設されている画面選択ボタンを操作することで、前記メイン画面領域及び前記サブ画面領域に表示すべき画面データを夫々選択切替可能な構成としたことを特徴とする請求項1に記載の射出成形機の表示装置。

請求項3

前記メイン画面領域及び前記サブ画面領域は夫々タッチパネルで構成したことを特徴とする請求項1または2に記載の射出成形機の表示装置。

請求項4

射出成形機のマンマシンインターフェース部の表示画面を2分割し、このうちの一方の表示画面を専用のメイン画面領域とし、他の残りの表示画面を専用のサブ画面領域とする画面表示器と、該メイン画面領域の表示を切り替えるダイレクト画面選択ボタンと、該サブ画面領域の表示を切り替えるサブ画面選択ボタンと、前記メイン画面領域に表示するため、該射出成形機の成形条件設定に要する画面表示データ及び射出成形機からのモニタリングデータを記憶するメイン画面表示データメモリと、前記サブ画面領域に表示するため、前記メイン画面領域と独立して随時表示したいモニタリングデータ等の各種データを記憶するサブ画面データメモリと、前記画面表示器に表示する各種データを一時記憶する画面表示データ記憶手段と、前記画面表示器の表示要求に応じて前記メイン画面表示データメモリ及びサブ画面表示データメモリのデータを前記画面表示データ記憶手段に転送する画面表示制御部と、を具備した射出成形機の表示装置。

技術分野

0001

本発明は、射出成形機の設定やモニタ値を表示する射出成形機の表示装置に関する。

背景技術

0002

従来、CRT液晶を使用した表示装置の表示面積が限られていることから、多くの情報をほぼ同時に表示できるようにするために、同一表示画面の一部を切替える画面切替方式としたり、或いはメイン画面に重ねて別画面を表示するようにしたウインドウズ方式を使用している。

0003

このようなことは、従来の射出成形機に使用される表示装置にあっても同様である。例えば特公平7—4845号公報に示されているように、タッチ入力パネル方式のメイン画面及び該メイン画面の例えば半分に、成形条件を設定するための設定器を表示するサブ画面設定切替可能に構成したものがある。

0004

このような構成の従来の射出成形機に使用される表示装置において、設定器により成形条件を設定するに当たっては、メイン画面上にある機能スイッチの一つを選択して設定器をメイン画面上に表示させ、該表示された設定器により成形条件を設定すればよい。

発明が解決しようとする課題

0005

以上述べた従来の射出成形機の表示装置にあっては、メイン画面は設定器が表示される分、例えばメイン画面のほぼ半分が該設定器の表示により隠れることから、この隠れる分だけメイン画面の表示を見ることができない。このため、射出成形機の成形条件の設定が効率よく行なえないという問題点がある。なお、このような問題点は、成形条件の設定に限らず、運転状況の確認時や内部メモリ書込みと読出し時にも生ずる。

0006

又、メイン画面にサブ画面が重ならないように表示させるためには、画面の大きさや表示位置を、オペーレータがその都度変更操作を行なう必要がある。

0007

本発明は上記の課題を解決するためになされたもので、サブ画面を表示してもメイン画面の表示が隠れることはなく、またメイン画面とサブ画面の表示の組合せが自由にでき、この結果、ユーザが必要な情報を繁雑な操作もなく画面表示することができ、射出成形機の成形条件の設定や運転状況の確認が効率よく行える射出成形機の表示装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

前記目的を達成するため、請求項1に対応する発明は、射出成形機のマンマシンインターフェース部の表示器の表示画面を2分割し、このうちの一方の表示画面を専用のメイン画面領域とし、他の残りの表示画面を専用のサブ画面領域とし、前記メイン画面領域には、該射出成形機のコントローラ機能を操作可能なコントローラ機能スイッチを備え、且つ該射出成形機の成形条件を設定可能な設定器並びにモニタリングデータを表示し、前記サブ画面領域には、前記メイン画面領域と独立して随時表示したいモニタリングデータ等の各種データを表示するように構成した射出成形機の表示装置である。

0009

前記目的を達成するため、請求項2に対応する発明は、請求項1に記載のメイン画面領域及びサブ画面領域に夫々配設されている画面選択ボタンを操作することで、前記メイン画面領域及び前記サブ画面領域に表示すべき画面データを夫々選択切替可能な構成とした射出成形機の表示装置である。

0010

前記目的を達成するため、請求項3に対応する発明は、請求項1または2に記載のメイン画面領域及びサブ画面領域は夫々タッチパネルで構成した射出成形機の表示装置である。

0011

前記目的を達成するため、請求項4に対応する発明は、射出成形機のマンマシンインターフェース部の表示画面を2分割し、このうちの一方の表示画面を専用のメイン画面領域とし、他の残りの表示画面を専用のサブ画面領域とする画面表示器と、該メイン画面領域の表示を切り替えるダイレクト画面選択ボタンと、該サブ画面領域の表示を切り替えるサブ画面選択ボタンと、前記メイン画面領域に表示するため、該射出成形機の成形条件設定に要する画面表示データ及び射出成形機からのモニタリングデータを記憶するメイン画面表示データメモリと、前記サブ画面領域に表示するため、前記メイン画面領域と独立して随時表示したいモニタリングデータ等の各種データを記憶するサブ画面データメモリと、前記画面表示器に表示する各種データを一時記憶する画面表示データ記憶手段と、前記画面表示器の表示要求に応じて前記メイン画面表示データメモリ及びサブ画面表示データメモリのデータを前記画面表示データ記憶手段に転送する画面表示制御部とを具備した射出成形機の表示装置である。

発明を実施するための最良の形態

0012

以下、本発明の実施の形態につき図面を参照して説明する。

0013

図1は本発明による射出成形機の表示装置の一実施形態を示す正面図である。射出成形機のマンマシンインターフェース部の表示装置1には、後述する画面表示部2及びダイレクト画面選択ボタン4を備えている。

0014

画面表示部2は表示画面を2分割し、このうちの一方の表示画面を専用のメイン画面領域2Mとし、他の残りの表示画面を専用のサブ画面領域2Sとし、メイン画面領域2Mには、該射出成形機のコントローラ機能を操作可能なタッチパネル3からなるコントローラ機能スイッチ12を備え、且つ該射出成形機の成形条件を設定可能な成形条件設定器13並びにモニタデータを表示するモニタデータ表示部14を備え、またサブ画面領域2Sには、メイン画面領域2Mに関係なく独立して随時表示したいモニタリングデータ例えば現在値、過去値等を表示するように構成したものである。

0015

ダイレクト画面選択ボタン4は、型締押出射出・計量、温度、生産モニタ診断支援、記録、画面ガイドアラーム、設定、表示の各ボタンからなっており、これらのボタンを押すことにより、その画面をメイン画面領域2Mに表示するようになっている。なお、ダイレクト画面選択ボタン4は、メイン画面領域2M中に配置してもよい。

0016

図1のメイン画面領域2Mは温度の画面を示し、図3は射出・計量、図4はモニタ(モニタトレンド)の画面を示している。サブ画面領域2Sは、全体がタッチパネルからなり、サブ画面選択ボタン5の画面を備え、サブ画面選択ボタン5は、現在値、温度、モニタテーブル、生産、非表示ボタンからなっている。

0017

ここで、現在値ボタンを選択すると、サブ画面領域2Sには、図3に示すように、現在の射出成形機の状態すなわち射出時間、冷却時間、中間時間、スクリュ位置ダイプレートの位置、押出位置射出圧背圧型締力スクリュ回転速度が表示される。この状態で、サブ画面領域2S内の任意の箇所をタッチすると、サブ画面領域2Sは、図1に示したサブ画面選択ボタン5の画面に戻り温度ボタンを選択すると、ホッパの位置に対応する温度、偏差温度が表示される。

0018

同様にして、モニタテーブルボタンを選択すると、図4に示すようにサブ画面領域2Sにはショット番号に対応した充填時間、計量時間、取出時間、サイクル時間、最小クッション保圧切換、射出開始スクリュ回転数が表示される。

0019

生産ボタンを選択すると、現在までのショット数、このうちの良品ショット数、残ショット数、総生産数良品数不良品数、残生産数稼働率ロット達成率不良率、生産残時間が表示される。

0020

非表示ボタンを選択すると、非表示画面となる。

0021

マシンインターフェース装置は、図2に示すように表示装置の表面部に液晶パネル等による画面表示部2と、押しボタンスイッチによる複数のダイレクト画面選択ボタン4を有している。

0022

表示装置内には、画面表示部2に設けられた透明なタッチパネル3からの入力信号やダイレクト画面選択ボタン4からの信号並びに射出成形機11からの各種検出信号を入力する入力信号制御部6と、メイン画面表示データを格納したメイン画面表示データメモリ7と、サブ画面表示データを格納したサブ画面表示データメモリ8と、画面表示部2に表示する画面表示データを記憶する画面表示データ記憶手段(VRAM)10と、画面表示要求に応じてメイン画面表示データメモリ7とサブ画面表示データメモリ8からデータを読出し、VRAM10に転送する画面表示制御部9とを有している。又、ダイレクト画面選択ボタン4以外にサブ画面内にあるサブ画面選択ボタン5がある。

0023

ダイレクト画面選択ボタン4によりメイン画面表示を切り替え、サブ画面選択ボタン5によりサブ画面2Sの表示を切り替える。

0024

以上述べた実施形態によれば、画面表示部2は専用のメイン画面領域及び専用のサブ画面領域が形成されているので、従来の技術のように画面切替を行なわなくても済み、サブ画面を表示してもメイン画面の表示が隠れることはなく、またメイン画面とサブ画面の表示の組合せが自由にできる。このことを例えば図3を用いて説明する。サブ画面領域2Sには、メイン画面領域2Mと独立して随時表示したい例えば現在値を表示する表示部を備え、またメイン画面領域2Mにはコントローラ機能スイッチ12と以下に述べる成形条件設定器13及びモニタデータ表示部14を備えるように構成したものである。メイン画面領域2Mには、射出・計量画面を表示しており、具体的には射出、冷却、中間のタイマ設定値、VI1〜VI5,VH1,VH2の射出速度設定値、LS10,LS5,LS4A〜LS4D,LS4のスクリュ位置設定値の成形条件設定や充填時間、計量時間、サイクル時間、最小クッション値、保圧切換位置、射出開始位置等のモニタリングデータ、スクリュ回転数、スクリュ背圧値、スクリュ位置、射出圧力が表示されているので、これらとサブ画面2Sの現在値を同時に確認することができる。これに対して、従来の技術を図1図3を基に説明すると、ダイプレートや押出位置等の現在位置を確認するためには、図1のダイレクト画面選択ボタン4内の型締・押出ボタンを押して型締・押出画面に表示を切換る必要があり、また型締・押出画面に表示を切換ると、射出、冷却、中間のタイマ設定や、VI1〜VI5,VH1,VH2の射出速度設定等の成形条件設定並びに充填時間等のモニタリングデータ、スクリュ位置等の現在値が確認できなくものである。

0025

又、ウインドウズ方式のように、メイン画面にサブ画面が重なることがないので、画面の大きさや表示位置を、オペーレータがその都度変更操作を行なう必要もない。

0026

この結果、ユーザが必要な情報を繁雑な操作もなく画面表示することができ、射出成形機の成形条件の設定や運転状況の確認が効率よく行える。

発明の効果

0027

本発明によれば、サブ画面を表示してもメイン画面の表示が隠れることはなく、またメイン画面とサブ画面の表示の組合せが自由にでき、この結果、ユーザが必要な情報を繁雑な操作もなく画面表示することができ、射出成形機の成形条件の設定や運転状況の確認が効率よく行える射出成形機の表示装置を提供することができる。

図面の簡単な説明

0028

図1本発明の射出成形機の表示装置に係る一実施形態を示す正面図。
図2図1概略構成を示すブロック図。
図3図1の画面表示部であって、サブ画面がサブ画面選択ボタン画面を表示し、又メイン画面が射出・計量画面を表示した状態を示す図。
図4図1の画面表示部であって、サブ画面がモニタテーブル表示画面を表示し、又メイン画面がモニタトレンド画面を表示した状態を示す図。

--

0029

1…表示装置
2…画面表示部
2M…メイン画面領域
2S…サブ画面領域
3…タッチパネル
4…ダイレクト画面選択ボタン
5…サブ画面選択ボタン
6…入力信号制御部
7…画面表示データメモリ
8…画面表示データメモリ
9…画面表示制御部
10…画面表示データ記憶手段(VRAM)
11…射出成形機

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ソニー株式会社の「 情報処理装置、情報処理方法及びプログラム」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】ユーザの意図するタイミングで所定の内容を表示させることが可能な、情報処理装置、情報処理方法及びプログラムを提案する。【解決手段】ユーザの視点に関する視点情報を取得する視点情報取得部と、ユーザと... 詳細

  • 三井化学株式会社の「 異材接合体および電子部品収納用筐体」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】異材接合体は、樹脂製リブと金属基体との接合部を有する異材接合体であって、少なくても一部の接合部において前記金属基体が該樹脂製リブの内側に突出する凸状部を形成している。... 詳細

  • 本田技研工業株式会社の「 樹脂製タンクおよび樹脂製タンクの製造方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】インサートされる部材の位置ずれや変形が防止された樹脂製タンクおよび樹脂製タンクの製造方法を提供する。樹脂インジェクション成形の樹脂製タンクにおいて、補器取付用のインサートプレート11... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ