図面 (/)

技術 画像選択装置

出願人 富士フイルムホールディングス株式会社
発明者 舟橋毅
出願日 1999年11月2日 (21年1ヶ月経過) 出願番号 1999-312144
公開日 2001年5月18日 (19年7ヶ月経過) 公開番号 2001-134685
状態 未査定
技術分野 検索装置 医療・福祉事務
主要キーワード 防止解除 付帯情報表 サムネイル表示欄 画像選択装置 履歴確認 検査番号 画像選択指示 各撮影室
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年5月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

同一属性を有する画像を容易に、迅速に、かつ洩れなく選択可能とする。

解決手段

複数の画像を記憶する記憶手段2と、該記憶手段2に記憶されている画像のリストを表示する画面3と、該画面3上に表示された画像のリストの中から所定の画像を指定する画像指定手段5と、画像の所定の属性項目を指定する属性項目指定手段5と、上記画像指定手段5により所定の画像が指定され、上記属性項目指定手段5により所定の属性項目が指定されると、上記指定された画像の上記指定された属性項目における属性と同一の属性を有する画像択する画像一括選択手段31とを備えてなる。

概要

背景

従来より、放射線X線α線β線γ線電子線、紫外線等)を照射すると、この放射線エネルギの一部が蓄積され、その後可視光等の励起光を照射すると蓄積されたエネルギに応じて輝尽発光を示す蓄積性蛍光体輝尽性蛍光体)を利用して、人体等の被写体の放射線画像情報シート状の蓄積性蛍光体層を備えてなる蓄積性蛍光体シートに一旦記録し(放射線撮影を行い)、この蓄積性蛍光体シートにレーザ光等の励起光を走査して輝尽発光光を生じせしめ、得られた輝尽発光光を光電的に読み取って画像信号を得(放射線画像読取りを行い)、この画像信号に基づき写真感光材料等の記録媒体、CRT等の表示装置に被写体の放射線画像を可視像として出力させる放射線画像記録再生ステムが知られている(特開昭55-12429号、同56-11395号、同56-11397号等)。

このような放射画像記録再生システムにおいては、上記撮影された画像を多数枚記憶手段に記憶させておき、該記憶手段に記憶された画像のリストをCRT等の表示画面上に表示させ、放射線技師あるいは医師等が画面上のリストを見ながら所望の画像を選択し、その選択した画像を表示させたりあるいは削除させたりする場合がある。

例えば、ある患者の画像を全て選択して出力表示させ、あるいはある患者のある検査で撮影した複数枚の画像を全て選択して出力表示させ、出力表示された同一患者の画像間あるいは同一検査の画像間で画像の順番を確認したり、あるいは画像間で濃度が均一になっているかを確認したりする場合がある。また、そのようなある患者の画像を全て選択してそれらを削除させ、あるいはある患者のある検査で撮影した複数枚の画像を全て選択してそれらを削除させる場合がある。

このような場合、同一患者の画像を全て選択し、あるいは同一検査の画像を全て選択する必要があるが、このような同一患者あるいは同一検査等の同一属性の画像を全て選択する場合、従来のシステムでは、放射線技師あるいは医師等が画面上の画像リストを見て同一患者あるいは同一検査等の同一の属性を有する画像をマニュアルで1つ1つ探し出して選択していた。

概要

同一属性を有する画像を容易に、迅速に、かつ洩れなく選択可能とする。

複数の画像を記憶する記憶手段2と、該記憶手段2に記憶されている画像のリストを表示する画面3と、該画面3上に表示された画像のリストの中から所定の画像を指定する画像指定手段5と、画像の所定の属性項目を指定する属性項目指定手段5と、上記画像指定手段5により所定の画像が指定され、上記属性項目指定手段5により所定の属性項目が指定されると、上記指定された画像の上記指定された属性項目における属性と同一の属性を有する画像択する画像一括選択手段31とを備えてなる。

目的

本発明の目的は、上記事情に鑑み、同一属性を有する画像を容易に、迅速に、かつ洩れなく選択することのできる画像選択装置を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の画像を記憶する記憶手段と、該記憶手段に記憶されている画像のリストを表示する画面と、該画面上に表示された画像のリストの中から所定の画像を指定する画像指定手段と、画像の所定の属性項目を指定する属性項目指定手段と、上記画像指定手段により所定の画像が指定され、上記属性項目指定手段により所定の属性項目が指定されると、上記指定された画像の上記指定された属性項目における属性と同一の属性を有する画像を一括選択する画像一括選択手段とを備えてなることを特徴とする画像選択装置

請求項2

上記属性項目が階層構造になっており、上記画像一括選択手段が、上記指定された属性項目が最上位階層以外の階層である場合、指定された属性項目の階層以上の全ての階層の属性項目における属性と同一の属性を有する画像を一括選択するものであることを特徴とする請求項1記載の画像選択装置。

請求項3

上記画像一括選択手段が、上記記憶手段に記憶されている全ての画像の中から一括選択するものであることを特徴とする請求項1または2記載の画像選択装置。

請求項4

上記一括選択した画像を出力表示させる出力表示指示を入力する出力表示指示手段と、該出力表示指示を受けて上記一括選択された画像を出力表示させる出力表示制御手段とを備えてなることを特徴とする請求項1〜3のいずれか1項記載の画像選択装置。

請求項5

上記一括選択した画像を上記記憶手段から削除させる削除指示を入力する削除指示手段と、該削除指示を受けて上記一括選択された画像を上記記憶手段から削除させる削除手段とを備えてなることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項記載の画像選択装置。

技術分野

0001

本発明は、同一の属性を有する1以上の画像を一括して選択する画像選択装置に関する。

背景技術

0002

従来より、放射線X線α線β線γ線電子線、紫外線等)を照射すると、この放射線エネルギの一部が蓄積され、その後可視光等の励起光を照射すると蓄積されたエネルギに応じて輝尽発光を示す蓄積性蛍光体輝尽性蛍光体)を利用して、人体等の被写体の放射線画像情報シート状の蓄積性蛍光体層を備えてなる蓄積性蛍光体シートに一旦記録し(放射線撮影を行い)、この蓄積性蛍光体シートにレーザ光等の励起光を走査して輝尽発光光を生じせしめ、得られた輝尽発光光を光電的に読み取って画像信号を得(放射線画像読取りを行い)、この画像信号に基づき写真感光材料等の記録媒体、CRT等の表示装置に被写体の放射線画像を可視像として出力させる放射線画像記録再生ステムが知られている(特開昭55-12429号、同56-11395号、同56-11397号等)。

0003

このような放射画像記録再生システムにおいては、上記撮影された画像を多数枚記憶手段に記憶させておき、該記憶手段に記憶された画像のリストをCRT等の表示画面上に表示させ、放射線技師あるいは医師等が画面上のリストを見ながら所望の画像を選択し、その選択した画像を表示させたりあるいは削除させたりする場合がある。

0004

例えば、ある患者の画像を全て選択して出力表示させ、あるいはある患者のある検査で撮影した複数枚の画像を全て選択して出力表示させ、出力表示された同一患者の画像間あるいは同一検査の画像間で画像の順番を確認したり、あるいは画像間で濃度が均一になっているかを確認したりする場合がある。また、そのようなある患者の画像を全て選択してそれらを削除させ、あるいはある患者のある検査で撮影した複数枚の画像を全て選択してそれらを削除させる場合がある。

0005

このような場合、同一患者の画像を全て選択し、あるいは同一検査の画像を全て選択する必要があるが、このような同一患者あるいは同一検査等の同一属性の画像を全て選択する場合、従来のシステムでは、放射線技師あるいは医師等が画面上の画像リストを見て同一患者あるいは同一検査等の同一の属性を有する画像をマニュアルで1つ1つ探し出して選択していた。

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、このように患者あるいは検査等の画像の属性に基づき同一属性の画像を全て選択する場合に、上記従来のように放射線技師あるいは医師等がマニュアルで1つ1つ画像リストを見てそこから探し出して選択する方法では、全ての画像を選択するのに長時間を要し、かつ必ずしも同一属性の画像を全て洩れなく選択することができるとは限らず、選択洩れが生じる虞がある。

0007

本発明の目的は、上記事情に鑑み、同一属性を有する画像を容易に、迅速に、かつ洩れなく選択することのできる画像選択装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

本発明に係る画像選択装置は、上記目的を達成するため、複数の画像を記憶する記憶手段と、該記憶手段に記憶されている画像のリストを表示する画面と、該画面上に表示された画像のリストの中から所定の画像を指定する画像指定手段と、画像の所定の属性項目を指定する属性項目指定手段と、上記画像指定手段により所定の画像が指定され、上記属性項目指定手段により所定の属性項目が指定されると、上記指定された画像の上記指定された属性項目における属性と同一の属性を有する画像を一括選択する画像一括選択手段とを備えてなることを特徴とする。

0009

上記装置においては、上記属性項目が階層構造になっており、上記画像一括選択手段が、上記指定された属性項目が最上位階層以外の階層である場合、指定された属性項目の階層以上の全ての階層の属性項目における属性と同一の属性を有する画像を一括選択するものであるように構成することができる。

0010

上記装置においては、上記画像一括選択手段として、上記記憶手段に記憶されている全ての画像の中から一括選択するものを用いることができる。

0011

上記装置においては、さらに、上記一括選択した画像を出力表示させる出力表示指示を入力する出力表示指示手段と、該出力表示指示を受けて上記一括選択された画像を出力表示させる出力表示制御手段とを設けることができる。

0012

上記装置においては、さらに、上記一括選択した画像を上記記憶手段から削除させる削除指示を入力する削除指示手段と、該削除指示を受けて上記一括選択された画像を上記記憶手段から削除させる削除手段とを設けることができる。

発明の効果

0013

本発明に係る画像選択装置によれば、上述のように、画面上に表示された画像のリストの中から所定の画像を指定する画像指定手段と、画像の所定の属性項目を指定する属性項目指定手段と、上記指定された画像の上記指定された属性項目における属性と同一の属性を有する画像を一括選択する画像一括選択手段とを備えてなるので、上記画像指定手段と上記属性項目指定手段とで画像と属性項目とを指定するだけで、指定された画像の属性の内指定された属性項目の属性と同一の属性を有する画像が自動的に全て一括して選択され、同一属性の画像を容易に、迅速に、かつ洩れなく選択することができる。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。

0015

図1は本発明に係る画像選択装置の一実施形態を示すブロック図、図2図1に示す画面の拡大図である。

0016

図示の画像選択装置1は、上述の蓄積性蛍光体シートを用いて撮影した医用画像について選択を行うものであり、画像(画像信号)を記憶する記憶手段2と、画像のリスト等を表示するCRT等の表示手段の画面3と、画像の選択等の各種の制御もしくは処理を行う制御部4と、画像指定や属性項目指定等の各種の指示を入力する指示入力手段5とを備えてなり、かつ、この画像選択装置1は、画像(画像信号)および該画像に付帯する各種の付帯情報を入力する外部装置50に接続されている。

0017

上記外部装置50は、4つの撮影室のそれぞれに配設された撮影済み(放射線画像記録済み)の蓄積性蛍光体シートから画像情報を読み取って画像(画像信号)を得る4台の読取装置51a〜51dと、各撮影室において各読取装置51a〜51dに付設された4台の付帯情報入力装置52a〜52dとで構成されている。上記読取装置51a〜51dで読み取られた画像(画像信号)は、上記付帯情報入力装置52a〜52dから入力された各画像に付帯する付帯情報とリンクされて一緒に上記制御部4に入力される。

0018

上記画面3には、上記外部装置50から制御部4に入力された画像(外部装置50から入力された画像信号に基づく画像)を表示する画像表示部10と、上記外部装置50から入力された付帯情報を表示する付帯情報表示部20とが設定されている。この付帯情報表示部20に本発明における画像のリストが表示される。つまり、本実施形態においては、以下に詳述するように付帯情報表示部20に各画像の付帯情報がリスト形式で表示されるが、これが本発明における画像のリストに相当する。

0019

上記画像表示部10は、図2に示すように、体動確認用モニタ表示部11と履歴確認用のサムネイル表示部12とからなり、サムネイル表示部12には24個のサムネイル表示欄13が上下左右に並んでマトリックス状に設定されている。

0020

上記付帯情報表示部20は、図2に示すように、左右方向に並んだ5つの表示欄、即ち追加情報表示欄21、患者情報表示欄22、検査情報表示欄23、シリーズ情報表示欄24および画像単位情報表示欄25に区分されている。

0021

上記画像の付帯情報とは、画像に付帯する各種の情報であり、表示する付帯情報は任意に決定することができるが、本実施形態では、上述の各表示欄21〜25にそれぞれ付帯情報の1つである追加情報、患者情報、検査情報、シリーズ情報および画像単位情報が表示される。ここで追加情報とは、他の欄に該当しない情報であって、例えばその画像を撮影した撮影室、撮影技師名前等がこれに含まれる。上記患者情報とは、その画像の被写体である患者に関する情報であって、例えば患者の名前、生年月日性別等がこれに含まれる。上記検査情報とは、検査に関する情報であり、例えば胸部検査、腹部検査等のいずれの検査であるかを識別するための検査番号がこれに該当する。上記シリーズ情報とは、画像のシリーズに関する情報であって、例えばいずれのシリーズであるかを識別するためのシリーズ番号がこれに該当する。ここで画像のシリーズとは1つの撮影として意味のある画像のまとまりを意味し、本実施形態では、1つのシリーズは1つもしくは複数の画像によって構成され、1つの検査は1つもしくは複数のシリーズによって構成されている。上記画像単位情報とは、画像単位に関する情報、つまり個々の画像に立脚した情報を意味し、その画像の撮影メニュの名前、その画像の規格化条件等がこれに含まれる。

0022

上記外部装置50から上記制御部4に画像(画像信号)とその付帯情報とが入力されると、それらは互いにリンクされたつまり互いに対応付けられた状態で記憶手段2に記憶されると共に、制御部4内の画像リスト表示制御手段30が、入力された画像に対して信号間引き処理あるいは補間処理等により画像信号数を減少させて縮小画像を作成する画像縮小処理を施してモニタ縮小画像と該モニタ縮小画像よりも縮小率の大きいサムネイル縮小画像とを作成し、それらを上記モニタ表示部11およびサムネイル表示部12に入力順に順次履歴表示させると共に、入力された付帯情報を、上記付帯情報表示部20にリスト形式で入力順に順次履歴表示させる。

0023

より具体的には、まず最初の第1画像とその付帯情報である第1付帯情報とがリンクされて一緒に入力されると、それらがリンクされた状態で記憶手段2に記憶されると共に、画像リスト表示制御手段30が、第1画像を縮小してモニタ縮小画像を作成し、それをモニタ表示部11に表示させ、かつ第1付帯情報を付帯情報表示部20の一番下の1行20-1に表示させる。

0024

次いで、次の第2画像とその付帯情報である第2付帯情報が入力されると、それらがリンクされた状態で記憶手段2に記憶されると共に、上記画像リスト表示制御手段30が、この第2画像を縮小してモニタ縮小画像を作成し、それをモニタ表示部11に表示させ、かつ第1画像を縮小してサムネイル縮小画像を作成し、それをサムネイル表示部12の第1表示欄13-1に表示させ、また、入力された第2付帯情報を付帯情報表示部20の一番下の1行20-1に表示させ、第1付帯情報を一行上に移動させて下から2番目の行20-2に表示させる。

0025

以後、新たな画像が入力される度に同様の制御を繰り返し、入力された画像(画像信号)と付帯情報とを順次記憶手段2に記憶させ、かつ、最新の画像のモニタ縮小画像をモニタ表示部11に表示させると共に、先行する画像のサムネイル縮小画像を順次表示欄13の位置を矢印方向にずらしながら表示させ、かつ、最新の付帯情報を付帯情報表示部20の一番下の行20-1に表示させると共に、先行する付帯情報を一行ずつ上にすらして表示させる。

0026

そして、最初の第1画像のサムネイル縮小画像が最後の第24表示欄13-24まで移動し、最初の第1付帯情報が付帯情報表示部20の一番上の行20-25まで移動した後は、その後新たな画像と付帯情報が入力される度に、最後の第24表示欄13-24に表示されているサムネイル縮小画像はサムネイル表示部12から押し出され、画面2上から消えると共に、一番上の行20-25に表示されている付帯情報も付帯情報表示部20から押し出され、画面2上から消える。

0027

上述の各画像の付帯情報は、1つの画像に対して左右一行につまり横一行に表示され、その場合当然のことながら、付帯情報の内の追加情報、患者情報、検査情報、シリーズ情報および画像単位情報は、それぞれ追加情報表示欄21、患者情報表示欄22、検査情報表示欄23、シリーズ情報表示欄24および画像単位情報表示欄25に表示される。

0028

なお、本実施形態においては上記指示入力手段5を構成しているマウス5aもしくはキーボード5bはスクロール指示入力機能を備えており、該指示入力手段5からスクロール指示を制御部4に入力すると、該入力を受けて画像リスト表示制御手段30が、付帯情報表示部20をスクロールさせて該付帯情報表示部20から押し出されて消えていた付帯情報を付帯情報表示部20上に再表示させることができるように構成されている。

0029

次に、上記装置における画像選択について説明する。

0030

上記画像の付帯情報は本発明における画像の属性に該当する。即ち、個々の患者名、個々の検査番号、あるいは個々のシリーズ番号等はそれぞれ画像の属性に該当する。また、その場合、患者、検査、あるいはシリーズはそれぞれ属性項目に該当する。そして、本実施形態では、属性項目として上記患者、検査およびシリーズの3つの項目を設定し、かつこれらの属性項目を階層構造とし、最上位の階層に患者を、その下の階層に検査を、そして最下位の階層にシリーズを設定している。

0031

上記制御部4は、画像一括選択手段31を備え、上記指示入力手段5により画像および属性項目が指定されると、その指定された画像および属性項目に基づいて画像の一括選択を行う。

0032

即ち、上記指示入力手段5は画像指定手段および属性項目選択手段を兼ねており、この指示入力手段5により上記画面3上の画像のリストの中のある画像を指定する。例えば上記マウス5aを用いてポインタを所望の画像の付帯情報が表示されている行に位置させて左クリックすることにより、ぞの行の画像(その行の付帯情報が付帯する画像)を指定する。

0033

次いで、上記マウス5aを右クリックして属性項目メニュを開き、そのメニュの中から所望の属性項目を指定する。例えば、上記マウス5aを右クリックして図3に示すような属性項目メニュ40を画面3上に表示させ、ポインタを所望の属性項目の行に位置させて左クリックすることによりその行の属性項目を指定する。

0034

上述のようにして画像と属性項目とを指定すると、これらの指定を受けて、上記画像一括選択手段31が、指定された画像の属性(付帯情報)の内指定された属性項目の属性を認識し、その属性と同一属性を有する画像を上記記憶手段2に記憶された画像の中から検索して探し出し、同一の属性を有する画像を全て選択する。なお、本実施形態では、上記のようにして画像が選択されると、上記画像リスト表示制御手段30は、その選択された画像の付帯情報が表示されている行の輝度反転させる。

0035

次に、上記選択について更に具体的に説明する。

0036

まず、上記メニュ40の一番上の行の「患者を選択する」は属性項目「患者」を意味しており、従ってこの行を指定すると、上記指定した画像の患者と同一患者の画像を全て検索して選択する。

0037

また、上記メニュ40の上から二番目の行の「検査を選択する」は属性項目「検査」を意味している。また、本実施形態では、上述のように、属性項目は最上位階層が患者、その下が検査、更にその下がシリーズという階層構造になっており、かつ、上記画像一括選択手段31は、上記指定された属性項目が最上位階層以外の階層である場合、指定された属性項目の階層以上の全ての階層の属性項目における属性と同一の属性を有する画像を一括選択するように構成されている。従って、上記「検査を選択する」を指定した場合は、属性項目検査における属性とその上の階層の属性項目患者における属性の双方が同一である画像、例えば指定された画像が患者Aであり、検査番号が1であれば、患者Aであってかつ検査番号が1の画像を全て検索して選択する。

0038

また、上記メニュ40の上から三番目の行の「シリーズを選択する」は属性項目「シリーズ」を意味しており、この行が指定されたときは、属性項目が上述のように階層構造になっていることから、属性項目シリーズにおける属性とその上の階層の属性項目検査および患者における属性とが全て同一である画像、例えば指定された画像が患者Aであり、検査番号が1であり、シリーズ番号が1であれば、患者がAであって検査番号が1であってかつシリーズ番号が1である画像を全て検索して選択する。

0039

また、上記メニュ40の上から四番目の行の「画像を選択する」は属性項目を意味せず、この行の指定は画像選択指示を意味し、この行が指定されたときは、画像一括選択手段31は単に上記指示入力手段(画像指定手段)5で指定された画像のみをそのまま選択する。

0040

また、上記メニュ40の上から五番目の行の「画像の出力を許可する」も属性項目を意味せず、この行の指定は画像出力表示指示を意味する。即ち、この行を指定するときは上記指示入力手段5は出力表示指示手段として機能し、かつこの行を指定することは出力表示指示を入力することを意味し、この場合は、該出力表示指示を受けて出力表示制御手段32が、上記上から一番目〜四番目のいずれかの行の指定により選択されていた各画像を画面3上に表示させる。この表示は、本実施形態では、画面3上の所定の位置に所定の大きさのウインドウWを開き、該ウインドウWの中に表示すべき画像を少しずつずらした状態で重ね合わせて表示し、これを1枚ずつめくって観察することができるようにしているが、必ずしもこのような表示方法に限らず、その他の方法、例えば表示すべき複数枚の画像を同一の大きさで画面3上に並べて同時に観察し得るように表示しても良いし、それ以外の方法で表示しても良い。

0041

上記メニュ40の上から6番目の行の「検査をクローズする」の指定は、属性項目検査の指定と、クローズ指示とを意味している。即ち、上記指示入力手段5はクローズ指示機能も有し、「検査をクローズする」を指定したときは、上記「検査を選択する」を指定した場合と同様に、上記画像一括選択手段31は、属性項目検査とその上の属性項目患者における属性が指定されている画像の属性と同一である画像を全て検索して選択すると共に、制御部4内のクローズ手段33がそれらの選択された画像に対して「検査クローズ」の情報を書き込む。なお、検査クローズの情報は、例えばある検査で10枚の画像を撮影することになっているときに、5枚目まで撮影したところで何らかの理由により撮影を中止しなければならない事態が生じた場合、そのまま放置しておくとシステム上検査が未完の状態となり、種々の問題が生じるので、その5枚の画像で検査が終了である旨の情報を書き込むものである。

0042

上記メニュ40の上から七番目の行の「シリーズをクローズする」の指定は、属性項目シリーズの指定と、クローズ指示とを意味している。即ち、上記指示入力手段5はクローズ指示機能も有し、「シリーズをクローズする」を指定したときは、上記「シリーズを選択する」を指定した場合と同様に、上記画像一括選択手段31は、属性項目シリーズとその上の属性項目検査および患者における属性が指定されている画像の属性と同一である画像を全て検索して選択すると共に、上記クローズ手段33がそれらの選択された画像に対して「シリーズクローズ」の情報を書き込む。なお、シリーズクローズの情報は、上記検査クローズの情報と同様に、何らかの理由によりそのシリーにおいて定められた所定枚数の撮影を行わないで途中で撮影を終了した場合に、その途中まで撮影した画像でシリーズが終了である旨の情報を書き込むものである。

0043

上記メニュ40の上から八番目〜十番目の「患者を削除する」、「検査を削除する」および「シリーズを削除する」の指定は、それぞれ属性項目患者、検査およびシリーズの指定と、削除指示とを意味している。即ち、上記指示入力手段5は、削除指示手段も兼ねており、これらの各行を指定したときは、画像一括選択手段31は、それそれ上記「患者を選択する」、「検査を選択する」および「シリーズを選択する」を指定した場合と同様に画像を選択すると共に、制御部4内の削除手段34がそれらの選択された画像を上記記憶手段2から削除する。

0044

上記メニュ40の上から十一番目の「画像を削除する」は属性項目を意味せず、この行の指定は画像削除指示を意味し、この行が指定されたときは、上記削除手段34は単に上記指示入力手段(画像指定手段)5で指定された画像のみをそのまま削除する。

0045

上記メニュ40の最下行の「画像消去を防止/解除する」の指定は、画像消去の防止指示および解除指示を意味する。即ち、上記指示入力手段5は、画像消去防止指示機能および画像消去防止解除機能も有し、この行を指定したときは、制御部4内の消去防止/解除手段35は、メニュ40の上から一番目〜四番目の指定により選択されている画像の消去防止および消去防止解除を行う。上記記憶手段2が画像およびその付帯情報で一杯になった場合、その後に新たな画像およびその付帯情報が入力されると、一番古い画像およびその付帯情報が自動的に上記記憶手段2から消去されるようになっているが、ある特定の画像に対してその自動消去禁止するのが上記消去防止であり、その消去防止を解除するのが上記消去防止解除である。なお、未だ消去が禁止されていない画像を選択してこの行を指定すると消去防止指示となり、既に消去が禁止されている画像を選択してこの行を指定すると消去防止解除指示となる。

0046

上記メニュ40の上から一番目〜四番目の行は単に画像を選択するだけであるが、これらの行により画像を選択し、上述のように選択された画像を反転させるあるいはその他の方法で選択された画像であることを表示すれば、例えばある患者の画像にどの様なものがあるのか確認したい場合や、ある検査において画像を何枚撮影したかを確認したい場合等、種々の場合に好都合である。また、そのようにして選択した画像に対する一括処理としては、上記の出力表示や、削除等に限らず、種々の処理を行うことができる。

0047

なお、上記実施形態では、画像リストとして画像の付帯情報(属性)のリストを表示しているが、本発明における画像リストとしては、各画像を特定することのできる情報のリストであれば良く、その情報は上記画像の付帯情報(属性)に限定されるものではない。

0048

また、本発明は、上記蓄積性蛍光体シートに記録された画像の配送だけでなく、他の種類の画像の配送に対しても適用可能である。

図面の簡単な説明

0049

図1本発明に係る画像選択装置の一実施形態を示すブロック図
図2画面の一例を拡大して示す図
図3属性項目メニュの一例を示す図

--

0050

1画像選択装置
2 記憶手段
3画面
4 制御部
5指示入力手段(画像指定手段、属性項目指定手段)
30画像リスト表示制御手段
31 画像一括指定手段
32出力表示指示手段
33クローズ手段
34 削除手段
35消去防止/解除手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ