図面 (/)

技術 記録装置及び記録方法、料金演算装置及び料金演算方法、並びに料金請求システム

出願人 富士ゼロックス株式会社
発明者 沖山俊樹秋山晃宮脇忠光押野宏赤平信治安楽博明
出願日 1999年10月19日 (20年0ヶ月経過) 出願番号 1999-296406
公開日 2001年5月18日 (18年6ヶ月経過) 公開番号 2001-134515
状態 特許登録済
技術分野 計算機・データ通信 CATV、双方向TV等 広域データ交換 計算機間の情報転送 双方向TV,動画像配信等 記憶装置の機密保護 オンライン・システムの機密保護 タイプライター等へのデジタル出力
主要キーワード 資本主義 サービス空間 コンソール入力 事前作業 モニタ画 アクセス入力 データ受信アンテナ 購入コスト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年5月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

解決手段

記録装置は、デジタイズされた情報を可視化して記録・複製・印刷出力する記録手段の他に、各情報をユーザと関連付けて蓄積する蓄積手段と、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段と、情報の記録に要する料金を演算して課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段とを備えている。あるユーザの課金が決済され、且つ、ユーザ認証成功した場合のみ、記録手段による情報の記録が行われる。ユーザの真正性を認証し且つユーザ毎に料金の支払いを管理できるので記録装置を複数のユーザ間で共用することができる。また、有料の情報記録サービスの運用が容易になる。

概要

背景

各種のOA(Office Automation)機器は、従来から盛んに開発・製作され、企業や研究機関オフィスなどに広範に普及してきている。特にドキュメンテーションが最重要視される現代社会においては、画像を高解像度且つ高品位に複製することができる画像形成装置がオフィス内に深く浸透している。ここで言う「画像形成装置」には、原稿画像を読み取って印刷用紙上に再現する「複写機」の他、PSTN(Public Switched Telephone Network)やISDN(Integrated Services Digital Network)などの公衆電話回線経由で受信した画像データ(ファクシミリ・データ)を画像出力する「ファクシミリ」、LAN(Local Area Network)やインターネットなどのネットワーク経由で受信したコンピュータ・データ(プリントジョブ)を印刷する「プリンタ」、あるいは、これらのうち2以上の画像出力機能を備えた「複合機」などが含まれる。

画像形成装置は、一般に、原稿光学的にスキャンして画像を読み取る画像入力部と、入力した画像データに対して色座標変換デジタルフィルタリング、T/I分離などの所定の処理を施す画像処理部と、画像処理済みの画像データに基づいて入力画像を印刷用紙上に再現する画像出力部とで構成される。画像出力部は、例えば、電子写真プロセス方式を採用する。電子写真プロセスは、電子写真感光体に対する帯電現像クリーニングの繰り返しで実現される。すなわち、感光体の表面を帯電器によって一様に帯電させた後、画像データに従って感光体表面を露光して静電潜像を形成し、現像器によって静電潜像をトナー像とした後、印刷用紙上にトナー像を転写する。その後、加熱溶融圧着作用によりトナー像を印刷用紙上に定着して、画像形成装置の外に排紙する。転写後の感光体表面は、残留トナークリーナによって除去した後、次の現像プロセスに利用される。

ドキュメンテーションのニーズは拡大する一方である。その反面、高印字品位の画像形成装置は高価であり、一般消費者毎に自費で購入することは未だ困難である。このため、コンビニエンスストアなどのオープンスペースに複写機やファクシミリを設置して、有料複写サービスファクシミリ送信サービスを提供しているケースが散見される。複写サービスにおいては、料金(現金)を予めコインキット投入しておき、投入料金に応じた枚数コピー出力が顧客に許容される(あるいは、プリペイドカードをカード・リーダに挿入した場合には、プリペイド・カードの残金に応じた枚数分のコピー出力が許容される)。また、ファクシミリ送信サービスにおいては、ファクシミリ送信後に、送信量に応じた使用代金レジにて精算するのが一般的である。

このような複写機やファクシミリの有料サービスは、サービスを利用する一般消費者にとっては装置購入コストなしに高機能・高品位な装置の恩恵を享受することができる。また、サービスを提供する店舗経営者にとっては、このような装置を設置しておくだけで顧客が勝手に使用し、使用料金が自ずと蓄積されるので、課金管理が容易である。また、店内サービスが拡充されることから、店舗への顧客吸引力になるなどの副次的なメリットがある。

しかしながら、ファクシミリ受信サービスや、ネットワーク経由で受信したコンピュータ・データや各種コンテンツのプリント・サービス、あるいはCD−RやMOデータを始めとする可搬型記憶メディア担持したコンピュータ・データのなど、受信情報コンテンツのプリント・アウトに関する有料サービスは未だ商業ベースでは展開されていない。

コピーやファクシミリ送信は、利用者自らコピー原稿又は送信原稿を装置にセットして、画像出力操作を直接その場で行うようになっている。このような場合、ジョブ要求ジョブ実行の時間と場所が一致するため、サービス提供する店舗にとっては課金対象者を容易に特定できるとともに、原稿のセキュリティを管理する必要が全くないので、サービスの運営が容易である。

これに対し、ファクシミリ受信やネットワーク経由でのプリント・アウトは、ジョブ発生とジョブ実行とでは、時間的及び場所的に一定の隔たりがある。例えば、ファクシミリ受信のタイミングは送信者側によって決定されるため、受信サービス利用者受信時刻を必ずしも特定できない。また、プリント・サービスの場合、1台のプリンタをネットワーク経由で多数の利用者が共用する構成となるため、複数のプリント・ジョブが同時・並列的に発生する可能性があり、プリント・サービス提供者課金対象者を特定することが難しくなる。また、各利用者毎の受信データをセキュリティ管理しなければならない。

以上を要言すれば、ファクシミリ受信やプリント・アウトの有料サービスを実現するためには、料金管理やセキュリティ管理などの点で大きな障壁があるという訳である。

ここ数年の間で、インターネット上での情報提供サービスが大幅に拡充されてきた。今日に至る長い歴史の間、情報コンテンツは印刷・製本された「書籍」の形態で流通されてきたが、今後は、ネットワーク経由でのコンテンツ配信という流通形態に置き換わるケースが増すことが予想される。コンテンツ配信という流通形態によれば、商品販路流通経路が閉ざされた遠隔地コンテンツ消費者であってもコンテンツの取得が容易となる。また、コンテンツ供給者にとっては、流通経路や販路を確立したり、店舗内にコンテンツの陳列棚を用意せずに済むというメリットがある。

ネットワーク経由で情報コンテンツを入手した利用者は、時として、コンテンツの全部又は一部をプリント・アウトする必要があるであろう。しかしながら、各利用者は印刷・製本された「書籍」に匹敵する高品位印字を行うプリンタを所有しているとは限らず、また、上述したように有料プリント・サービスは未だ商業ベースでは提供されていない。また、有料プリント・サービスが提供されたとしても、情報コンテンツのダウンロード時とプリント・アウト時とで個別に課金されたのでは、非効率であり精算作業に手間を要する。

また、インターネット以外にも、CD−ROMを始めとする各種可搬型記録メディアデジタル衛星データ放送などの様々な配信経路を利用して、新聞記事雑誌音楽映像ソフトウェア製品といったデジタル・コンテンツ若しくはコンピュータ可読な形式の情報コンテンツを配信又は配布するということが行われ始めている。この種の情報コンテンツのディストリビューションは、今後広汎に行われるようになり、また、扱われる総コンテンツ量メディアの種類も益々増大していく傾向にあると予想される。

現在は、コンテンツの提供者無料でコンテンツのディストリビューションを行うのが主流であるものの、やがては遍く有料化していくのが資本主義経済の道理であろう。

しかしながら、デジタル・コンテンツの提供者からすれば、上述のような配信・配布経路でデジタル・コンテンツのディストリビューションを行う場合、以下のような問題点があり、コンテンツ提供サービスの有料化の障壁にもなっている。

1)配信・配布されたデジタル・コンテンツが、コンテンツ供給者側又は流通過程において不正にコピー又は改竄される可能性があり、コンテンツの著作権保護が充分にはなされていない。
2)デジタル・コンテンツに対する効率的且つ確実な課金システムが未だ確立していない。
3)有料のデジタル・コンテンツを不特定多数者が利用することに対して、確実な料金納付システムがいまだ確立していない。
4)有料のデジタル・コンテンツは、一般に、数十円、数百円程度の小額のものが多いが、現在、このような小額決済に対応した効率的・経済的な課金システムが未だ確立していない。
5)有料のデジタル・コンテンツに対する購入においては、事前の申し込みや会員登録等の手続を経てなければ、パスワードなどのコンテンツへのアクセス権を得ることができない。言い換えれば、不特定多数のユーザに対して、厳禁によっていつでも購入できるような有料コンテンツ提供サービスは未だ確立していない。
6)課金データを改竄される惧れがある。
7)有料デジタル・コンテンツを利用する端末毎に特殊なハードウェアが必要となり、有料デジタル・コンテンツを利用するユーザにとって過大な設備投資を負担しなければならない。

このような問題を解決するための技術としては、例えば、特開平8−32530号公報に記載の「データ放送システムおよびデータ受信装置」が提案されている。同公報に記載の「データ放送システムおよびデータ受信装置」は、データを暗号化して伝送し、このデータを受信した側で復号化するとともに、復号化したデータ量などに応じて柔軟な課金を行うデータ放送システムであり、上記の問題点のうち1)、2)及び3)を解決することができるであろう。

また、上記の問題点4)の小額決済向けの決済方法として、プリペイド・カード等を用いる「プリペイド方式」が多く提案されている。

ところが、上述の特開平8−32530号公報に記載の「データ放送システム及びデータ受信装置」においては、データの種別毎に復号化のためのキーを準備する必要があったり、課金データの改竄対策が講じられていないなどの問題点が残っている。

他方、小額決済向けの決済方法であるプリペイド方式では、個々のデジタル・コンテンツに対する領収書発行サポートされておらず、コンテンツ購入の管理もユーザの自己責任において行わなければならず、オフィス環境等での使用には不向きである。

概要

Webからダウンロードした情報コンテンツや、ファクシミリ受信情報、可搬型記憶メディアの格納情報の記録や印刷出力を有料でサービスする。

記録装置は、デジタイズされた情報を可視化して記録・複製・印刷出力する記録手段の他に、各情報をユーザと関連付けて蓄積する蓄積手段と、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段と、情報の記録に要する料金を演算して課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段とを備えている。あるユーザの課金が決済され、且つ、ユーザ認証成功した場合のみ、記録手段による情報の記録が行われる。ユーザの真正性を認証し且つユーザ毎に料金の支払いを管理できるので記録装置を複数のユーザ間で共用することができる。また、有料の情報記録サービスの運用が容易になる。

目的

本発明の目的は、情報の記録・複製・印刷出力等のサービスを有料で提供することができる、優れたシステムを提供することにある。

本発明の更なる目的は、遠隔地から配信・送信・流通・搬送されてきた情報を有料で記録サービスを行うことができる、優れた情報記録サービス及び料金請求を行うシステムを提供することにある。

本発明の更なる目的は、配信・配布・送信・流通・搬送される情報源とは隔たった時間及び場所であってもセキュリティを維持しながら情報を記録・複製・印刷出力するとともに、記録等のサービスの対価を正確に課金することができる、優れた情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムを提供することにある。

本発明の更なる目的は、複数のユーザからの情報の記録等の要求を同時・並列的に受け付ける場合であっても、各ユーザの情報のセキュリティを維持するとともに各ユーザに対してサービスの対価を正確に課金することができる、優れた情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムを提供することにある。

本発明の更なる目的は、伝送媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報コンテンツ、公衆電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報、可搬型記憶媒体を介して供給された情報などの各種情報の記録サービス(例えば印刷出力や記憶媒体への保存)を有料で提供することができる、優れた情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムを提供することにある。

本発明の更なる目的は、デジタル・コンテンツ若しくはコンピュータ可読形式のコンテンツのディストリビューションを容易に行うとともに、不正コピーや課金データの改竄といった不正行為を防止し、小額決済にも対応することができる、コンテンツの利用に関する優れた方法及びシステムを提供することにある。

本発明の更なる目的は、購入者登録や会員登録などの事前作業なしに、有料のデジタル・コンテンツを不特定多数の利用者に販売することができる(例えば、利用者はその場で現金を支払うだけで済む)、コンテンツの利用に関する優れた方法及びシステムを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
10件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による供給情報の記録動作許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項2

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、前記受信情報の記録に要する料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による受信情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項3

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取る読取手段と、情報を記録する記録手段と、前記読取情報の記録に要する料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による読取情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項4

前記制御手段は、ユーザの支払い金額と前記課金額とを比較して、支払い金額が前記課金額を下回る場合には、該支払い金額に相応する分だけの情報の記録を許可することを特徴とする請求項1、2、又は3のいずれかに記載の記録装置。

請求項5

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による供給情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項6

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、前記受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による受信情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項7

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取る読取手段と、情報を記録する記録手段と、前記読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による読取情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項8

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段と、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記認証手段による認証が成功し、且つ、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による供給情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項9

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段と、前記受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記認証手段による認証が成功し、且つ、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による受信情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項10

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取る読取手段と、情報を記録する記録手段と、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段と、前記読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記認証手段による認証が成功し、且つ、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による読取情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項11

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、ホスト装置から供給される各情報をユーザと関連付けて蓄積する蓄積手段と、情報を記録する記録手段と、ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段と、前記支払い管理手段においてユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた供給情報を前記蓄積手段から取り出して、前記記録手段による該供給情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項12

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、受信情報の各々を受信ユーザと関連付けて蓄積する蓄積手段と、情報を記録する記録手段と、受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段と、前記支払い管理手段においてユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた受信情報を前記蓄積手段から取り出して、前記記録手段による該受信情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項13

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取る読取手段と、読取手段によって読み取られた情報をユーザと関連付けて蓄積する蓄積手段と、情報を記録する記録手段と、読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段と、前記支払い管理手段においてユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた読取情報を前記蓄積手段から取り出して、前記記録手段による該読取情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項14

さらに、前記課金手段による課金額をユーザに提示する提示手段を具備することを特徴とする請求項5乃至13のいずれかに記載の記録装置。

請求項15

さらに、前記課金手段による課金額を印刷出力する印刷出力手段を具備することを特徴とする請求項5乃至13のいずれかに記載の記録装置。

請求項16

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録方法であって、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金をユーザに課金するステップと、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して供給情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項17

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録方法であって、前記受信情報の記録に要する料金をユーザに課金するステップと、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して受信情報を記録動作するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項18

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取るステップと、前記読取情報の記録に要する料金をユーザに課金するステップと、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して読取情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項19

前記の記録するステップでは、ユーザの支払い金額と前記課金額とを比較して、支払い金額が前記課金額を下回る場合には、該支払い金額に相応する分だけの情報を記録することを特徴とする請求項16、17、又は18のいずれかに記載の記録方法。

請求項20

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録方法であって、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、課金相当額の支払いが確定したことに応答して供給情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項21

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録方法であって、前記受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、課金相当額の支払いが確定したことに応答して受信情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項22

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録方法であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取るステップと、前記読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、課金相当額の支払いが確定したことに応答して読取情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項23

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録方法であって、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証するステップと、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、ユーザ認証が成功し、且つ、課金相当額の支払いが確定したことに応答して、供給情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項24

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録方法であって、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証するステップと、前記受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、ユーザ認証が成功し、且つ、課金相当額の支払いが確定したことに応答して、受信情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項25

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録方法であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取るステップと、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証するステップと、前記読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、ユーザ認証が成功し、且つ、課金相当額の支払いが確定したことに応答して、読取情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項26

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録方法であって、ホスト装置から供給される各情報をユーザと関連付けて蓄積するステップと、ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理するステップと、ユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた供給情報記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項27

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録方法であって、受信情報の各々を受信ユーザと関連付けて蓄積するステップと、受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理するステップと、ユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた受信情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項28

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録方法であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取ってユーザと関連付けて蓄積するステップと、読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金するステップと、ユーザによる料金の支払いを受容するステップと、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理するステップと、ユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた読取情報を記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項29

さらに、課金額をユーザに提示するステップを具備することを特徴とする請求項20乃至28のいずれかに記載の記録方法。

請求項30

さらに、課金額を印刷出力するステップを具備することを特徴とする請求項20乃至28のいずれかに記載の記録方法。

請求項31

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報の記録サービス有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置であって、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方に基づいて料金を演算する手段と、演算された料金をユーザに提示する手段と、を具備することを特徴とする料金演算装置。

請求項32

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置であって、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方に基づいて料金を演算する手段と、演算された料金を印刷出力する手段と、を具備することを特徴とする料金演算装置。

請求項33

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置であって、受信した情報量等に基づいて料金を演算する手段と、演算された料金をユーザに提示する手段と、を具備することを特徴とする料金演算装置。

請求項34

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置であって、受信した情報量等に基づいて料金を演算する手段と、演算された料金を印刷出力する手段と、を具備することを特徴とする料金演算装置。

請求項35

可搬型記憶媒体を介して供給された情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置であって、前記可搬型記憶媒体から読み取った情報量等に基づいて料金を演算する手段と、演算された料金をユーザに提示する手段と、を具備することを特徴とする料金演算装置。

請求項36

可搬型記憶媒体を介して供給された情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置であって、前記可搬型記憶媒体から読み取った情報量等に基づいて料金を演算する手段と、演算された料金を印刷出力する手段と、を具備することを特徴とする料金演算装置。

請求項37

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算方法であって、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方に基づいて料金を演算するステップと、演算された料金をユーザに提示するステップと、を具備することを特徴とする料金演算方法。

請求項38

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算方法であって、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方に基づいて料金を演算するステップと、演算された料金を印刷出力するステップと、を具備することを特徴とする料金演算方法。

請求項39

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算方法であって、受信した情報量等に基づいて料金を演算するステップと、演算された料金をユーザに提示するステップと、を具備することを特徴とする料金演算方法。

請求項40

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算方法であって、受信した情報量等に基づいて料金を演算するステップと、演算された料金を印刷出力するステップと、を具備することを特徴とする料金演算方法。

請求項41

可搬型記憶媒体を介して供給された情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算方法であって、前記可搬型記憶媒体から読み取った情報量等に基づいて料金を演算するステップと、演算された料金をユーザに提示するステップと、を具備することを特徴とする料金演算方法。

請求項42

可搬型記憶媒体を介して供給された情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算方法であって、前記可搬型記憶媒体から読み取った情報量等に基づいて料金を演算するステップと、演算された料金を印刷出力するステップと、を具備することを特徴とする料金演算方法。

請求項43

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報の記録サービスの対価たる料金を請求するための料金請求システムであって、前記記録サービスに対する料金を演算して、演算結果を所定の媒体上に書き込む料金演算装置と、前記媒体を受容して料金を読み取る料金読取装置と、読み取られた料金を提示する提示装置と、を具備することを特徴とする料金請求システム。

請求項44

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報の記録サービスの対価たる料金を請求するための料金請求システムであって、前記記録サービスに対する料金を演算して、演算結果を所定の媒体上に書き込む料金演算装置と、前記媒体を受容して料金を読み取る料金読取装置と、読み取られた料金を提示する提示装置と、を具備することを特徴とする料金請求システム。

請求項45

可搬型記憶媒体を介して供給された情報の記録サービスの対価たる料金を請求するための料金請求システムであって、前記記録サービスに対する料金を演算して、演算結果を所定の媒体上に書き込む料金演算装置と、前記媒体を受容して料金を読み取る料金読取装置と、読み取られた料金を提示する提示装置と、を具備することを特徴とする料金請求システム。

請求項46

情報コンテンツの記録サービスを有料で提供する記録装置であって、1以上の情報コンテンツを蓄積する蓄積手段と、前記蓄積手段に蓄積された情報コンテンツを一覧表示する表示手段と、前記表示手段による一覧表示に対するユーザ選択受け付ける選択手段と、前期選択手段を介したユーザ選択に該当する情報コンテンツを前記蓄積手段から取得する取得手段と、前記取得手段により取得された情報コンテンツを記録する記録手段と、該取得された情報コンテンツの記録に要する料金を演算する料金演算手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項47

通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、前記ホストが供給可能な情報コンテンツを一覧表示する表示手段と、前記表示手段による一覧表示に対するユーザ選択を受け付ける選択手段と、前期選択手段を介したユーザ選択に該当する情報コンテンツを前記通信媒体経由で前記ホスト装置から取得する取得手段と、前記取得手段により取得された情報コンテンツを記録する記録手段と、該取得された情報コンテンツの記録に要する料金を演算する料金演算手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項48

前記料金演算手段は、情報コンテンツの提供料と情報コンテンツの記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算することを特徴とする請求項46又は47のいずれかに記載の記録装置。

請求項49

前記料金演算手段は、各情報コンテンツ毎に異なる料金体系で料金を演算することを特徴とする請求項46又は47のいずれかに記載の記録装置。

請求項50

さらに、前記料金演算手段により算出された料金をユーザに提示する提示手段を具備することを特徴とする請求項46又は47のいずれかに記載の記録装置。

請求項51

さらに、前記料金演算手段により算出された料金を印刷出力する印刷出力手段を具備することを特徴とする請求項46又は47のいずれかに記載の記録装置。

請求項52

さらに、前記料金演算手段により算出された料金の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段を具備することを特徴とする請求項46又は47のいずれかに記載の記録装置。

請求項53

前記表示手段は、情報コンテンツを記録するための料金情報を併せて表示することを特徴とする請求項46又は47のいずれかに記載の記録装置。

請求項54

情報の記録サービスを行う記録装置であって、ユーザが記録要求する情報を該ユーザと関連付けて一時蓄積する蓄積手段と、記録サービスの料金をユーザに課金する課金手段と、ユーザの料金支払い動作に応答して、該ユーザに関連付けられた情報を前記蓄積手段から取り出して記録する記録手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項55

情報の記録サービスを行う記録装置であって、ユーザが記録要求する情報を該ユーザと関連付けて一時蓄積する蓄積手段と、ユーザの認証情報を入力してユーザの真正性を認証する認証手段と、前記認証手段によるユーザの認証が成功したことに応答して、該ユーザに関連付けられた情報を前記蓄積手段から取り出して記録する記録手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項56

情報の記録サービスを行う記録装置であって、ユーザが記録要求する情報を該ユーザと関連付けて一時蓄積する蓄積手段と、ユーザの認証情報を入力してユーザの真正性を認証する認証手段と、記録サービスの料金をユーザに課金する課金手段と、前記認証手段によるユーザの認証に成功したこと及び該ユーザが料金を支払ったことに応答して、該ユーザに関連付けられた情報を前記蓄積手段から取り出して記録する記録手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項57

伝送媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報コンテンツを記録する記録装置であって、コンテンツ提供料付きの情報コンテンツを伝送媒体経由で受信する手段と、情報コンテンツを記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、受信した情報コンテンツに付されたコンテンツ提供料と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料とを合わせた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項58

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報提供料付きのファクシミリ情報を受信する手段と、ファクシミリ情報を記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、受信したファクシミリ情報に付されたコンテンツ提供料と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料とを合わせた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段によるファクシミリ情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項59

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体からコンテンツ提供料付きの情報コンテンツを読み取る読取手段と、情報コンテンツを記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、読み取った情報コンテンツに付されたコンテンツ提供料と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料とを合わせた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項60

伝送媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報コンテンツを記録する記録装置であって、コンテンツ参照料付きの情報コンテンツを伝送媒体経由で受信する手段と、情報コンテンツを記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料から情報コンテンツに付されたコンテンツ参照料を差し引いた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項61

電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報参照料付きのファクシミリ情報を受信する手段と、ファクシミリ情報を記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料からファクシミリ情報に付された情報参照料を差し引いた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段によるファクシミリ情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項62

可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体からコンテンツ参照料付きの情報コンテンツを読み取る読取手段と、情報コンテンツを記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料から情報コンテンツに付されたコンテンツ参照料を差し引いた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置。

請求項63

情報コンテンツを伝送媒体経由で配信するコンテンツ配信方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供料を添付するステップと、該提供料が添付された形式の情報コンテンツを配信するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツ配信方法。

請求項64

情報コンテンツを伝送媒体経由で配信するコンテンツ配信方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供手数料を添付するステップと、該提供手数料が添付された形式の情報コンテンツを配信するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツ配信方法。

請求項65

情報コンテンツを伝送媒体経由で配信するコンテンツ配信方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供料を添付するステップと、該提供料が添付された形式の情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツを配信するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツ配信方法。

請求項66

情報コンテンツを伝送媒体経由で配信するコンテンツ配信方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供手数料を添付するステップと、該提供手数料が添付された形式の情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツを配信するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツ配信方法。

請求項67

さらに、元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を添付して情報コンテンツを配信することを特徴とする請求項63乃至66のいずれかに記載のコンテンツ配信方法。

請求項68

情報コンテンツはページ単位表示出力又は印刷出力可能な文書であり、該ページ単位で情報コンテンツの提供料を課金することができることを特徴とする請求項63又は65のいずれかに記載のコンテンツ配信方法。

請求項69

情報コンテンツはページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書であり、該ページ単位で情報コンテンツの提供手数料を課金することができることを特徴とする請求項64又は66のいずれかに記載のコンテンツ配信方法。

請求項70

前記の情報コンテンツの配信は、伝送媒体経由でプッシュ配信又はプル配信されることを特徴とする請求項63乃至66のいずれかに記載のコンテンツ配信方法。

請求項71

前記の情報コンテンツの配信は、一斉同報形式で配信されることを特徴とする請求項63乃至66のいずれかに記載のコンテンツ配信方法。

請求項72

情報コンテンツを可搬型記憶媒体経由で配布するコンテンツ配布方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供料を添付するステップと、該提供料が添付された形式の情報コンテンツを可搬型記憶媒体に格納するステップと、該可搬型記憶媒体を配布するステップとを具備することを特徴とするコンテンツ配布方法。

請求項73

情報コンテンツを可搬型記憶媒体経由で配布するコンテンツ配布方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供手数料を添付するステップと、該提供手数料が添付された形式の情報コンテンツを可搬型記憶媒体に格納するステップと、該可搬型記憶媒体を配布するステップとを具備することを特徴とするコンテンツ配布方法。

請求項74

情報コンテンツを可搬型記憶媒体経由で配布するコンテンツ配布方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供料を添付するステップと、該提供料が添付された形式の情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツを可搬型記憶媒体に格納するステップと、該可搬型記憶媒体を配布するステップとを具備することを特徴とするコンテンツ配布方法。

請求項75

情報コンテンツを可搬型記憶媒体経由で配布するコンテンツ配布方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供手数料を添付するステップと、該提供手数料が添付された形式の情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツを可搬型記憶媒体に格納するステップと、該可搬型記憶媒体を配布するステップとを具備することを特徴とするコンテンツ配布方法。

請求項76

さらに、元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報をも可搬型記憶媒体に格納して情報コンテンツを配布することを特徴とする請求項72乃至75のいずれかに記載のコンテンツ配布方法。

請求項77

情報コンテンツはページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書であり、該ページ単位で情報コンテンツの提供料を課金することができることを特徴とする請求項72又は74のいずれかに記載のコンテンツ配布方法。

請求項78

情報コンテンツはページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書であり、該ページ単位で情報コンテンツの提供手数料を課金することができることを特徴とする請求項73又は75のいずれかに記載のコンテンツ配布方法。

請求項79

伝送媒体経由で接続された記録装置に対して情報コンテンツの記録要求を行う記録要求方法であって、記録したい情報コンテンツを指定するステップと、該指定された情報コンテンツにユーザ認証情報又はユーザ識別情報を添付するステップと、該ユーザ認証情報又はユーザ識別情報が添付された情報コンテンツの記録要求を前記記録装置に対して発行するステップと、を具備することを特徴とする情報コンテンツの記録要求を行う記録要求方法。

請求項80

情報コンテンツを記録する記録方法であって、ユーザ認証情報又はユーザ識別情報が添付された情報コンテンツの記録要求を伝送媒体経由で受信するステップと、ユーザ認証情報又はユーザ識別情報のユーザ入力受理するステップと、受信したユーザ認証情報又はユーザ識別情報とユーザ入力されたユーザ認証情報又はユーザ識別情報とを照合するステップと、記録サービス料をユーザに課金するステップと、前記の照合結果が肯定的であること及び/又は前記課金に対する支払いが確定したことに応答して、該情報コンテンツを記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項81

伝送媒体経由で接続された記録装置に対して情報コンテンツの記録要求を行う記録要求方法であって、記録したい情報コンテンツを指定するステップと、該指定された情報コンテンツにユーザ認証情報又はユーザ識別情報を添付するステップと、該ユーザ認証情報又はユーザ識別情報が添付された情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツの記録要求を前記記録装置に対して発行するステップと、を具備することを特徴とする情報コンテンツの記録要求を行う記録要求方法。

請求項82

情報コンテンツを記録する記録方法であって、ユーザ認証情報又はユーザ識別情報が添付され且つ暗号化された形式の情報コンテンツの記録要求を伝送媒体経由で受信するステップと、該暗号化された情報コンテンツを復号化するステップと、ユーザ認証情報又はユーザ識別情報のユーザ入力を受理するステップと、受信したユーザ認証情報又はユーザ識別情報とユーザ入力されたユーザ認証情報又はユーザ識別情報とを照合するステップと、記録サービス料をユーザに課金するステップと、前記の照合結果が肯定的であること及び/又は前記課金に対する支払いが確定したことに応答して、該情報コンテンツを記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法。

請求項83

配信又は配布されたコンテンツを受信するコンテンツ受信方法であって、コンテンツの提供料が添付された形式で情報コンテンツを受信するステップと、該コンテンツの提供料をユーザに課金するステップと、該情報コンテンツの利用を許容するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツの受信方法

請求項84

配信又は配布されたコンテンツを受信するコンテンツ受信方法であって、コンテンツの提供料が添付され且つ暗号化された形式で情報コンテンツを受信するステップと、該受信した情報コンテンツを復号化するステップと、該コンテンツの提供料をユーザに課金するステップと、該情報コンテンツの利用を許容するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツの受信方法。

請求項85

配信又は配布されたコンテンツを受信するコンテンツ受信方法であって、コンテンツの提供料が添付され且つ暗号化され、さらに元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を含んだ形式で情報コンテンツを受信するステップと、該一覧情報及び/又は要約情報をユーザに提示するステップと、ユーザによる情報コンテンツの選択を受容するステップと、ユーザが選択した情報コンテンツのみを復号化するステップと、復号化により利用に供された情報コンテンツの分だけコンテンツの提供料をユーザに課金するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツの受信方法。

請求項86

配信又は配布されたコンテンツを受信するコンテンツ受信方法であって、コンテンツの提供手数料が添付され且つ暗号化され、さらに元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を含んだ形式で情報コンテンツを受信するステップと、該一覧情報及び/又は要約情報をユーザに提示するステップと、ユーザによる情報コンテンツの選択を受容するステップと、ユーザが選択した情報コンテンツのみを復号化するステップと、復号化により利用に供された情報コンテンツの分だけコンテンツの提供手数料をコンテンツ提供者に課金するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツの受信方法。

請求項87

前記のユーザに提示するステップでは、該一覧情報及び/又は要約情報に対応する暗号化されたコンテンツを復号化する復号情報が伴なっている場合にのみ、該一覧情報及び/又は要約情報がユーザに提示されることを特徴とする請求項85又は86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項88

前記の情報コンテンツを復号化するステップでは、前記暗号化された情報コンテンツに添付される第1の復号情報と、ユーザが保持する第2の復号情報とに基づいて生成される復号鍵を用いて復号化が行われることを特徴とする請求項84乃至86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項89

前記の情報コンテンツを復号化するステップでは、前記暗号化された情報コンテンツに添付される第1の復号情報と、情報コンテンツを受信及び/又は利用する端末装置上で保持された第2の復号情報とに基づいて生成される復号鍵を用いて復号化が行われることを特徴とする請求項84乃至86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項90

情報コンテンツはページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書であり、該ページ単位で情報コンテンツの提供料を課金することができることを特徴とする請求項83乃至86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項91

情報コンテンツはページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書であり、該ページ単位で情報コンテンツの提供手数料を課金することができることを特徴とする請求項83乃至86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項92

前記の情報コンテンツの利用は情報コンテンツの記録用紙上への印刷出力又はコンピュータ可読記憶媒体上への書き込みを意味し、前記のユーザに課金するステップでは、該印刷出力又は書き込みのための記録サービス料を合わせて課金する、ことを特徴とする請求項83乃至86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項93

さらに、情報コンテンツの記録データ量に相応して記録サービス料を決定するステップを含むことを特徴とする請求項92に記載のコンテンツの受信方法。

請求項94

前記の情報コンテンツを受信するステップでは、伝送媒体経由でプッシュ配信又はプル配信された情報コンテンツを受信することを特徴とする請求項83乃至86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項95

前記の情報コンテンツを受信するステップでは、一斉同報形式で配信された情報コンテンツを受信することを特徴とする請求項83乃至86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項96

前記の情報コンテンツを受信するステップでは、可搬型記憶媒体上にコンピュータ可読形式で格納された情報コンテンツを読み取ることを特徴とする請求項83乃至86のいずれかに記載のコンテンツの受信方法。

請求項97

情報コンテンツを1以上のコンテンツ利用者に配信・配布するコンテンツ配信配布システムであって、情報コンテンツを該コンテンツの提供料を添付して配信・配布するコンテンツ配信・配布装置と、前記コンテンツ配信・配布装置が配信・配布する情報コンテンツを受信して、コンテンツ利用者にコンテンツ利用環境を提供するとともに、情報コンテンツに添付された提供料を基にコンテンツ利用量に応じた課金情報を各情報コンテンツ毎に作成する1以上の利用者端末と、前記の各利用者端末において作成された課金情報を収集して集計を行うセンタ局と、を具備することを特徴とするコンテンツ配信・配布システム。

請求項98

情報コンテンツを1以上のコンテンツ利用者に配信・配布するコンテンツ配信・配布システムであって、情報コンテンツを該コンテンツの提供手数料を添付して配信・配布するコンテンツ配信・配布装置と、前記コンテンツ配信・配布装置が配信・配布する情報コンテンツを受信して、コンテンツ利用者にコンテンツ利用環境を提供するとともに、情報コンテンツに添付された提供手数料を基にコンテンツ利用量に応じた課金情報を各情報コンテンツ毎に作成する1以上の利用者端末と、前記の各利用者端末において作成された課金情報を収集して集計を行うセンタ局と、を具備することを特徴とするコンテンツ配信・配布システム。

請求項99

前記コンテンツ配信・配布装置は、伝送媒体経由で情報コンテンツをプッシュ配信又はプル配信することを特徴とする請求項97又は98のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項100

前記コンテンツ配信・配布装置は、情報コンテンツを一斉同報形式で配信することを特徴とする請求項97又は98のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項101

前記コンテンツ配信・配布装置は、情報コンテンツを可搬型記憶媒体上にコンピュータ可読形式で格納して配布することを特徴とする請求項97又は98のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項102

前記コンテンツ配信・配布装置は、情報コンテンツを暗号化して配信・配布することを特徴とする請求項97又は98のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項103

前記コンテンツ配信・配布装置は、情報コンテンツを暗号化するとともに、元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を添付して配信・配布することを特徴とする請求項97又は98のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項104

前記利用者端末は、該一覧情報及び/又は要約情報をコンテンツ利用者に提示するとともに、コンテンツ利用者が選択した情報コンテンツのみ復号化して利用に供するとともに提供料を課金することを特徴とする請求項103に記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項105

前記利用者端末は、該一覧情報及び/又は要約情報をコンテンツ利用者に提示するとともに、コンテンツ利用者が選択した情報コンテンツのみ復号化して利用に供するとともに提供手数料をコンテンツ提供者に課金することを特徴とする請求項103に記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項106

前記利用者端末は、該一覧情報及び/又は要約情報に対応する暗号化されたコンテンツを復号化する復号情報が伴なっている場合にのみ、該一覧情報及び/又は要約情報をコンテンツ利用者に提示することを特徴とする請求項103に記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項107

前記利用者端末は、前記暗号化された情報コンテンツに添付される第1の復号情報と、コンテンツ利用者が保持する第2の復号情報とに基づいて生成される復号鍵を用いて情報コンテンツの復号化を行うことを特徴とする請求項102又は103のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項108

前記利用者端末は、前記暗号化された情報コンテンツに添付される第1の復号情報と、該利用者端末において保持された第2の復号情報とに基づいて生成される復号鍵を用いて情報コンテンツの復号化を行うことを特徴とする請求項102又は103のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項109

前記利用者端末は、前記コンテンツ配信・配布装置から暗号化された情報コンテンツを受信する受信手段と、受け取った情報コンテンツを格納する格納手段と、前記格納手段から情報コンテンツを取り出して復号化し、コンテンツ利用者の利用に供する手段と、復号化した情報コンテンツの利用量に応じた利用料と、該情報コンテンツの提供料のうち少なくとも一方を含む料金を算出して、コンテンツ利用者に課金する課金手段と、を具備することを特徴とする請求項102又は103のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項110

前記利用者端末は、前記コンテンツ配信・配布装置から暗号化された情報コンテンツを受信する受信手段と、受け取った情報コンテンツを格納する格納手段と、前記格納手段から情報コンテンツを取り出して復号化し、コンテンツ利用者の利用に供する手段と、復号化した情報コンテンツの利用量に応じた利用料と、該情報コンテンツの提供手数料のうち少なくとも一方からなる料金を算出して、コンテンツ利用者に料金課金するとともに、コンテンツ提供者に提供手数料を課金する課金手段と、を具備することを特徴とする請求項102又は103のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項111

前記利用者端末は、さらに、前記課金手段において算出された料金を印刷出力する料金印刷手段を含むことを特徴とする請求項109又は110のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項112

前記利用者端末は、さらに、前記課金手段において算出された料金を画面表示する表示手段を含むことを特徴とする請求項109又は110のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項113

情報コンテンツはページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書であり、前記課金手段は該ページ単位で情報コンテンツの利用料を課金することができることを特徴とする請求項109又は110のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項114

前記の情報コンテンツの利用は情報コンテンツを記録用紙上への印刷出力を意味し、前記課金手段では、印刷出力したページ数に従った記録サービス料を利用料として課金する、ことを特徴とする請求項113に記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項115

前記の情報コンテンツの利用は情報コンテンツを記録用紙上への印刷出力を意味し、前記課金手段では、印刷出力したページ数に従ったコンテンツ提供手数料をコンテンツ提供者に課金する、ことを特徴とする請求項113に記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項116

前記の情報コンテンツの利用は情報コンテンツをコンピュータ可読記憶媒体上へ書き込むことを意味し、前記課金手段は、書き込んだデータ量に従った記録サービス料をコンテンツ提供者に課金する、ことを特徴とする請求項109又は110のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項117

前記の情報コンテンツの利用は情報コンテンツをコンピュータ可読記憶媒体上へ書き込むことを意味し、前記課金手段は、書き込んだデータ量に従ったコンテンツ提供手数料を利用料として課金する、ことを特徴とする請求項109又は110のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項118

前記利用者端末は、ユーザに課金する代金のうち情報コンテンツの提供料のみからなる課金情報を作成することを特徴とする請求項109又は110のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項119

前記センター局は、各情報コンテンツ毎に集計された課金総額を該当する情報コンテンツ提供者納付する手段を含むことを特徴とする請求項97又は98のいずれかに記載のコンテンツ配信・配布システム。

請求項120

前記センター局は、各情報コンテンツ毎に集計されたコンテンツ提供手数料の総額を該当する情報コンテンツ提供者の各々に対して課金する手段を含むことを特徴とする請求項110に記載のコンテンツ配信・配布システム。

技術分野

0001

本発明は、情報の記録・複製・印刷出力等のサービス有料で提供するためのシステム係り、特に、遠隔地から配信・送信・流通・搬送されてきた情報を有料で記録サービスを行うための情報記録サービス及び料金請求を行うシステムに関する。

0002

更に詳しくは、本発明は、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報、あるいは可搬型記憶媒体を介して供給された情報などの各種情報についての記録サービスを有料で提供するための情報記録サービス及び料金請求を行うシステムに関する。

0003

また、本発明は、有償又は無償で配信・配布されるコンテンツを利用するための方法及びシステムに係り、特に、デジタル・コンテンツを暗号化して配信・配布することにより、コンテンツ提供者側の著作権等を適確に保護できるとともに、利用者に対してはコンテンツを利用した量に応じた対価課金することができる、コンテンツの利用に関する方法及びシステムに関する。

0004

また、本発明は、利用したコンテンツの量に応じてコンテンツの利用者が利用料納付し、若しくはコンテンツの提供者が提供手数料を納付することができる、コンテンツの利用に関する方法及びシステムに関する。

背景技術

0005

各種のOA(Office Automation)機器は、従来から盛んに開発・製作され、企業や研究機関オフィスなどに広範に普及してきている。特にドキュメンテーションが最重要視される現代社会においては、画像を高解像度且つ高品位に複製することができる画像形成装置がオフィス内に深く浸透している。ここで言う「画像形成装置」には、原稿画像を読み取って印刷用紙上に再現する「複写機」の他、PSTN(Public Switched Telephone Network)やISDN(Integrated Services Digital Network)などの公衆電話回線経由で受信した画像データ(ファクシミリ・データ)を画像出力する「ファクシミリ」、LAN(Local Area Network)やインターネットなどのネットワーク経由で受信したコンピュータ・データ(プリントジョブ)を印刷する「プリンタ」、あるいは、これらのうち2以上の画像出力機能を備えた「複合機」などが含まれる。

0006

画像形成装置は、一般に、原稿光学的にスキャンして画像を読み取る画像入力部と、入力した画像データに対して色座標変換やデジタル・フィルタリング、T/I分離などの所定の処理を施す画像処理部と、画像処理済みの画像データに基づいて入力画像を印刷用紙上に再現する画像出力部とで構成される。画像出力部は、例えば、電子写真プロセス方式を採用する。電子写真プロセスは、電子写真感光体に対する帯電現像クリーニングの繰り返しで実現される。すなわち、感光体の表面を帯電器によって一様に帯電させた後、画像データに従って感光体表面を露光して静電潜像を形成し、現像器によって静電潜像をトナー像とした後、印刷用紙上にトナー像を転写する。その後、加熱溶融圧着作用によりトナー像を印刷用紙上に定着して、画像形成装置の外に排紙する。転写後の感光体表面は、残留トナークリーナによって除去した後、次の現像プロセスに利用される。

0007

ドキュメンテーションのニーズは拡大する一方である。その反面、高印字品位の画像形成装置は高価であり、一般消費者毎に自費で購入することは未だ困難である。このため、コンビニエンスストアなどのオープンスペースに複写機やファクシミリを設置して、有料の複写サービスファクシミリ送信サービスを提供しているケースが散見される。複写サービスにおいては、料金(現金)を予めコインキット投入しておき、投入料金に応じた枚数コピー出力が顧客に許容される(あるいは、プリペイドカードをカード・リーダに挿入した場合には、プリペイド・カードの残金に応じた枚数分のコピー出力が許容される)。また、ファクシミリ送信サービスにおいては、ファクシミリ送信後に、送信量に応じた使用代金レジにて精算するのが一般的である。

0008

このような複写機やファクシミリの有料サービスは、サービスを利用する一般消費者にとっては装置購入コストなしに高機能・高品位な装置の恩恵を享受することができる。また、サービスを提供する店舗経営者にとっては、このような装置を設置しておくだけで顧客が勝手に使用し、使用料金が自ずと蓄積されるので、課金管理が容易である。また、店内サービスが拡充されることから、店舗への顧客吸引力になるなどの副次的なメリットがある。

0009

しかしながら、ファクシミリ受信サービスや、ネットワーク経由で受信したコンピュータ・データや各種コンテンツのプリント・サービス、あるいはCD−RやMOデータを始めとする可搬型記憶メディア担持したコンピュータ・データのなど、受信情報コンテンツのプリント・アウトに関する有料サービスは未だ商業ベースでは展開されていない。

0010

コピーやファクシミリ送信は、利用者自らコピー原稿又は送信原稿を装置にセットして、画像出力操作を直接その場で行うようになっている。このような場合、ジョブ要求ジョブ実行の時間と場所が一致するため、サービス提供する店舗にとっては課金の対象者を容易に特定できるとともに、原稿のセキュリティを管理する必要が全くないので、サービスの運営が容易である。

0011

これに対し、ファクシミリ受信やネットワーク経由でのプリント・アウトは、ジョブ発生とジョブ実行とでは、時間的及び場所的に一定の隔たりがある。例えば、ファクシミリ受信のタイミングは送信者側によって決定されるため、受信サービスの利用者は受信時刻を必ずしも特定できない。また、プリント・サービスの場合、1台のプリンタをネットワーク経由で多数の利用者が共用する構成となるため、複数のプリント・ジョブが同時・並列的に発生する可能性があり、プリント・サービス提供者課金対象者を特定することが難しくなる。また、各利用者毎の受信データをセキュリティ管理しなければならない。

0012

以上を要言すれば、ファクシミリ受信やプリント・アウトの有料サービスを実現するためには、料金管理やセキュリティ管理などの点で大きな障壁があるという訳である。

0013

ここ数年の間で、インターネット上での情報提供サービスが大幅に拡充されてきた。今日に至る長い歴史の間、情報コンテンツは印刷・製本された「書籍」の形態で流通されてきたが、今後は、ネットワーク経由でのコンテンツ配信という流通形態に置き換わるケースが増すことが予想される。コンテンツ配信という流通形態によれば、商品販路流通経路が閉ざされた遠隔地のコンテンツ消費者であってもコンテンツの取得が容易となる。また、コンテンツ供給者にとっては、流通経路や販路を確立したり、店舗内にコンテンツの陳列棚を用意せずに済むというメリットがある。

0014

ネットワーク経由で情報コンテンツを入手した利用者は、時として、コンテンツの全部又は一部をプリント・アウトする必要があるであろう。しかしながら、各利用者は印刷・製本された「書籍」に匹敵する高品位印字を行うプリンタを所有しているとは限らず、また、上述したように有料プリント・サービスは未だ商業ベースでは提供されていない。また、有料プリント・サービスが提供されたとしても、情報コンテンツのダウンロード時とプリント・アウト時とで個別に課金されたのでは、非効率であり精算作業に手間を要する。

0015

また、インターネット以外にも、CD−ROMを始めとする各種可搬型記録メディアデジタル衛星データ放送などの様々な配信経路を利用して、新聞記事雑誌音楽映像ソフトウェア製品といったデジタル・コンテンツ若しくはコンピュータ可読な形式の情報コンテンツを配信又は配布するということが行われ始めている。この種の情報コンテンツのディストリビューションは、今後広汎に行われるようになり、また、扱われる総コンテンツ量メディアの種類も益々増大していく傾向にあると予想される。

0016

現在は、コンテンツの提供者は無料でコンテンツのディストリビューションを行うのが主流であるものの、やがては遍く有料化していくのが資本主義経済の道理であろう。

0017

しかしながら、デジタル・コンテンツの提供者からすれば、上述のような配信・配布経路でデジタル・コンテンツのディストリビューションを行う場合、以下のような問題点があり、コンテンツ提供サービスの有料化の障壁にもなっている。

0018

1)配信・配布されたデジタル・コンテンツが、コンテンツ供給者側又は流通過程において不正にコピー又は改竄される可能性があり、コンテンツの著作権保護が充分にはなされていない。
2)デジタル・コンテンツに対する効率的且つ確実な課金システムが未だ確立していない。
3)有料のデジタル・コンテンツを不特定多数者が利用することに対して、確実な料金納付システムがいまだ確立していない。
4)有料のデジタル・コンテンツは、一般に、数十円、数百円程度の小額のものが多いが、現在、このような小額決済に対応した効率的・経済的な課金システムが未だ確立していない。
5)有料のデジタル・コンテンツに対する購入においては、事前の申し込みや会員登録等の手続を経てなければ、パスワードなどのコンテンツへのアクセス権を得ることができない。言い換えれば、不特定多数のユーザに対して、厳禁によっていつでも購入できるような有料コンテンツ提供サービスは未だ確立していない。
6)課金データを改竄される惧れがある。
7)有料デジタル・コンテンツを利用する端末毎に特殊なハードウェアが必要となり、有料デジタル・コンテンツを利用するユーザにとって過大な設備投資を負担しなければならない。

0019

このような問題を解決するための技術としては、例えば、特開平8−32530号公報に記載の「データ放送システムおよびデータ受信装置」が提案されている。同公報に記載の「データ放送システムおよびデータ受信装置」は、データを暗号化して伝送し、このデータを受信した側で復号化するとともに、復号化したデータ量などに応じて柔軟な課金を行うデータ放送システムであり、上記の問題点のうち1)、2)及び3)を解決することができるであろう。

0020

また、上記の問題点4)の小額決済向けの決済方法として、プリペイド・カード等を用いる「プリペイド方式」が多く提案されている。

0021

ところが、上述の特開平8−32530号公報に記載の「データ放送システム及びデータ受信装置」においては、データの種別毎に復号化のためのキーを準備する必要があったり、課金データの改竄対策が講じられていないなどの問題点が残っている。

0022

他方、小額決済向けの決済方法であるプリペイド方式では、個々のデジタル・コンテンツに対する領収書発行サポートされておらず、コンテンツ購入の管理もユーザの自己責任において行わなければならず、オフィス環境等での使用には不向きである。

発明が解決しようとする課題

0023

本発明の目的は、情報の記録・複製・印刷出力等のサービスを有料で提供することができる、優れたシステムを提供することにある。

0024

本発明の更なる目的は、遠隔地から配信・送信・流通・搬送されてきた情報を有料で記録サービスを行うことができる、優れた情報記録サービス及び料金請求を行うシステムを提供することにある。

0025

本発明の更なる目的は、配信・配布・送信・流通・搬送される情報源とは隔たった時間及び場所であってもセキュリティを維持しながら情報を記録・複製・印刷出力するとともに、記録等のサービスの対価を正確に課金することができる、優れた情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムを提供することにある。

0026

本発明の更なる目的は、複数のユーザからの情報の記録等の要求を同時・並列的に受け付ける場合であっても、各ユーザの情報のセキュリティを維持するとともに各ユーザに対してサービスの対価を正確に課金することができる、優れた情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムを提供することにある。

0027

本発明の更なる目的は、伝送媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報コンテンツ、公衆電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報、可搬型記憶媒体を介して供給された情報などの各種情報の記録サービス(例えば印刷出力や記憶媒体への保存)を有料で提供することができる、優れた情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムを提供することにある。

0028

本発明の更なる目的は、デジタル・コンテンツ若しくはコンピュータ可読形式のコンテンツのディストリビューションを容易に行うとともに、不正コピーや課金データの改竄といった不正行為を防止し、小額決済にも対応することができる、コンテンツの利用に関する優れた方法及びシステムを提供することにある。

0029

本発明の更なる目的は、購入者登録や会員登録などの事前作業なしに、有料のデジタル・コンテンツを不特定多数の利用者に販売することができる(例えば、利用者はその場で現金を支払うだけで済む)、コンテンツの利用に関する優れた方法及びシステムを提供することにある。

0030

本発明は、上記課題を参酌してなされたものであり、LAN(Local Area Network)やインターネットなどの伝送媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報コンテンツ、公衆電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信したファクシミリ情報、可搬型記憶媒体を介して供給された情報などの各種情報の記録サービスを有料で提供するための情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムを提供するものである。

0031

本発明に従った情報記録サービス及び料金請求システムは、例えば、コンビニエンス・ストア、あるいは大学生協のような、情報の記録・複製・印刷出力を求める人々が多数集まるオープンなスペース(言い換えれば、サービス提供者がセキュリティを管理し得ないサービス空間)に適用することができる。本システムにおいて取り扱われる情報の多くは、コンピュータ上で処理可能な形式にデジタイズされている。本システムは、かかるデジタル情報を、例えば人間が可読な形式で記録・複製・印刷出力したり、コンピュータ可読形式で記憶媒体に保存したりするサービスを有料で提供することができる。

0032

本発明の第1の側面は、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による供給情報の記録動作許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0033

また、本発明の第2の側面は、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、前記受信情報の記録に要する料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による受信情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0034

また、本発明の第3の側面は、可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取る読取手段と、情報を記録する記録手段と、前記読取情報の記録に要する料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による読取情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0035

本発明で言う記録装置は、例えば、コンピュータ・データ若しくはデジタル・コンテンツと呼ばれるコンピュータ可読形式でデジタイズされた情報を可視的な画像情報として印刷用紙上に記録するプリンタ装置や、電話回線経由で受信したデータを復調して画像出力するファクシミリ装置、提供された情報を可搬型記録媒体上にコンピュータ可読形式で保存するデータ記録再生装置に相当する。

0036

上記の第1乃至第3の各側面によれば、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報、可搬型記憶媒体を介して供給された情報などの各種情報の記録サービスを有料で提供することができる情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムが実現される。

0037

本発明の第1の側面に係る記録装置によれば、コンピュータ・データ若しくはデジタル・コンテンツと呼ばれる情報に関する記録サービスを安全且つ確実に有料化することができる。記録すべき情報は、通信媒体経由でホスト装置から供給される。通信媒体は、例えば、LANやインターネットなどのネットワークを指す。ネットワーク経由で提供される有料コンテンツをプリント・アウトする際、ユーザに対しては、コンテンツに関する情報提供料と、記録処理に要する費用の双方を、記録装置において一括して徴収することができる。したがって、コンテンツの利用者にとってはコンテンツ料金支払いという別途の手続を行う手間を省くことができるし、コンテンツ提供者にとっては課金管理が簡略化される。

0038

また、さらにコインキットのような料金受付装置を備えることにより、利用者は事前の会員登録等を行わなくても、その場で現金を支払うことによりコンテンツの利用が可能である。また、有料コンテンツの提供者にとっては、事前登録氏をしておかなくても、不特定多数の利用者に有料コンテンツの提供を安心して行うことができる。

0039

また、本発明の第2の側面に係る記録装置によれば、ファクシミリ受信情報に関する記録サービスを安全且つ確実に有料化することができる。

0040

また、本発明の第3の側面に係る記録装置によれば、可搬型記憶媒体に担持されて移動するコンピュータ・データ若しくはデジタル・コンテンツに関する記録サービスを安全且つ確実に有料化することができる。

0041

上記の第1乃至第3の各側面に係る記録装置において、前記制御手段は、ユーザの支払い金額と前記課金額とを比較して、支払い金額が前記課金額を下回る場合には、該支払い金額に相応する分だけの情報の記録を許可するようにしてもよい。この結果、ユーザは支払い金額に応じた分だけの記録サービスを享受することができる。

0042

また、本発明の第4の側面は、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による供給情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0043

また、本発明の第5の側面は、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、前記受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による受信情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0044

また、本発明の第6の側面は、可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取る読取手段と、情報を記録する記録手段と、前記読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による読取情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0045

上記の第4乃至第6の各側面によれば、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報、可搬型記憶媒体を介して供給された情報などの各種情報の記録サービスを有料で提供することができる情報記録サービス及び料金請求を行うためのシステムが実現される。

0046

上記の第4乃至第6の各側面では、ユーザが支払った料金(あるいは、ユーザによる料金支払い情報)は料金受容手段にて一括して処理され蓄積されるので、記録サービスの提供者にとって徴収料金の管理やサービス有料化の運用が容易になる。料金受容手段は、コイン紙幣などの現金の投入の他に、プリペイド・カードによる決済、クレジット・カードによる銀行口座からの引き落とし、デビット・カードによる銀行口座からの即時決済など、様々な料金支払い形態をサポートしていてもよい。

0047

また、本発明の第7の側面は、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段と、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記認証手段による認証が成功し、且つ、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による供給情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0048

また、本発明の第8の側面は、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報を記録する記録手段と、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段と、前記受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記認証手段による認証が成功し、且つ、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による受信情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0049

また、本発明の第9の側面は、可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取る読取手段と、情報を記録する記録手段と、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段と、前記読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、前記認証手段による認証が成功し、且つ、前記料金受容手段において課金相当額の支払いが確定したことに応答して、前記記録手段による読取情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0050

上記の第7乃至第9の側面に係る記録装置は、さらに、ユーザ認証情報の入力を受容してユーザの真正性を認証する認証手段を備えており、ユーザが単に料金を支払うだけでなく、ユーザ認証に成功しなければ、情報の記録動作を行わないようになっている。この結果、記録・複製・印刷出力する情報のセキュリティが保たれるので、単一の記録装置を複数のユーザ間で共用することが可能になる。また、記録サービスの提供者が情報のセキュリティ管理を行う必要がなくなる。

0051

また、本発明の第10の側面は、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、ホスト装置から供給される各情報をユーザと関連付けて蓄積する蓄積手段と、情報を記録する記録手段と、ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方からなる料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段と、前記支払い管理手段においてユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた供給情報を前記蓄積手段から取り出して、前記記録手段による該供給情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0052

また、本発明の第11の側面は、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、受信情報の各々を受信ユーザと関連付けて蓄積する蓄積手段と、情報を記録する記録手段と、受信情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段と、前記支払い管理手段においてユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた受信情報を前記蓄積手段から取り出して、前記記録手段による該受信情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0053

また、本発明の第12の側面は、可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体から情報を読み取る読取手段と、読取手段によって読み取られた情報をユーザと関連付けて蓄積する蓄積手段と、情報を記録する記録手段と、読取情報の記録に要する料金を演算してユーザに課金する課金手段と、ユーザによる料金の支払いを受容する料金受容手段と、各ユーザ毎の課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段と、前記支払い管理手段においてユーザの課金相当額の支払いが確定したことに応答して、該ユーザと関連付けられた読取情報を前記蓄積手段から取り出して、前記記録手段による該読取情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0054

上記の第10乃至第12の側面に係る記録装置は、各ユーザ毎に課金情報及び料金支払い情報を管理する支払い管理手段を備えている。例えば、あるユーザが料金受容手段にコインを投入して課金が決済された場合のみ、当該ユーザと関連付けられた情報(言い換えれば、料金を精算したユーザが所有する情報)の記録・複製・印刷出力が実行される。すなわち、ユーザ毎に料金の支払い状況や記録サービスの提供を管理することができるので、単一の記録装置を複数のユーザ間で共用することが可能になる。また、記録サービスの提供者は、各ユーザに対する課金等の管理作業から開放される。

0055

また、上記の第4乃至第12の側面に係る記録装置は、さらに、前記課金手段による課金額をユーザに提示する提示手段を備えて、料金の支払いを促すようにしてもよい。ここで言う提示手段は、例えば、LEDパネルを用いた料金のデジタル表示や、コンピュータ(GUI:Graphical User Interface)画面上でのダイアログ表示、あるい音声による課金額の教示であってもよい。また、該記録装置は、前記課金手段による課金額を所定フォームの用紙(例えば勘定書など)に印刷出力する印刷出力手段を備えてもよい。印刷出力用紙を持ち運ぶことで、例えばレジ(POS端末)などの同一店舗内の別の場所で料金を精算することができる。

0056

また、本発明の第13の側面は、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置又は方法であって、前記ホスト装置から供給される情報の提供料と該供給情報の記録に要する費用の少なくとも一方に基づいて料金を演算することを特徴とする料金演算装置又は方法である。

0057

また、本発明の第14の側面は、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置又はであって、受信した情報量等に基づいて料金を演算することを特徴とする料金演算装置又は方法である。

0058

また、本発明の第15の側面は、可搬型記憶媒体を介して供給された情報の記録サービスを有料で行う記録装置に対して適用される料金演算装置又はであって、前記可搬型記憶媒体から読み取った情報量等に基づいて料金を演算することを特徴とする料金演算装置又は方法である。

0059

上記の第13乃至第15の側面に係る記録装置は、さらに、前記課金手段による課金額をユーザに提示する提示手段を備えて、料金の支払いを促すようにしてもよい。ここで言う提示手段は、例えば、LEDパネルによる料金表示や、コンピュータ(GUI)画面上でのダイアログ表示、あるいは音声出力による課金額の教示であってもよい。また、該記録装置は、前記課金手段による課金額を所定フォーム(例えば勘定書)の用紙に印刷出力する印刷出力手段を備えてもよい。印刷出力用紙を持ち運ぶことで、例えばレジ(POS端末)などの同一店舗内の別の場所で料金を精算することができる。

0060

また、本発明の第16の側面は、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報の記録サービスの対価たる料金を請求するための料金請求システムであって、前記記録サービスに対する料金を演算して、演算結果を所定の媒体上に書き込む料金演算装置と、前記媒体を受容して料金を読み取る料金読取装置と、読み取られた料金を提示する提示装置と、を具備することを特徴とする料金請求システムである。

0061

また、本発明の第17の側面は、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報の記録サービスの対価たる料金を請求するための料金請求システムであって、前記記録サービスに対する料金を演算して、演算結果を所定の媒体上に書き込む料金演算装置と、前記媒体を受容して料金を読み取る料金読取装置と、読み取られた料金を提示する提示装置と、を具備することを特徴とする料金請求システムである。

0062

また、本発明の第18の側面は、可搬型記憶媒体を介して供給された情報の記録サービスの対価たる料金を請求するための料金請求システムであって、前記記録サービスに対する料金を演算して、演算結果を所定の媒体上に書き込む料金演算装置と、前記媒体を受容して料金を読み取る料金読取装置と、読み取られた料金を提示する提示装置と、を具備することを特徴とする料金請求システムである。

0063

上記の第16乃至第18の各側面に係る料金請求システムは、例えば、デジタル情報のプリント・アウトやファクシミリ受信などの有料サービスを提供するコンビニエンス・ストアのようなオープン・スペースに設置して用いられる。

0064

料金演算装置は、例えば「コインキット」又は「ディスペンサ」のような装置であり、情報記録サービスを実行するプリンタやファクシミリ装置に近接して用いられる。他方の料金読取装置と提示装置は、同一店舗のレジ(すなわちPOS(point of sales)端末)に内蔵又は近接配置される。ユーザ、すなわち有料サービスの利用者は、料金演算装置が料金を書き込んで出力する媒体を、レジまで移動させて、サービス利用料金の精算を行うことができる。

0065

また、本発明の第19の側面は、情報コンテンツの記録サービスを有料で提供する記録装置であって、1以上の情報コンテンツを蓄積する蓄積手段と、前記蓄積手段に蓄積された情報コンテンツを一覧表示する表示手段と、前記表示手段による一覧表示に対するユーザ選択を受け付ける選択手段と、前期選択手段を介したユーザ選択に該当する情報コンテンツを前記蓄積手段から取得する取得手段と、前記取得手段により取得された情報コンテンツを記録する記録手段と、該取得された情報コンテンツの記録に要する料金を演算する料金演算手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0066

また、本発明の第20の側面は、通信媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報を記録する記録装置であって、前記ホストが供給可能な情報コンテンツを一覧表示する表示手段と、前記表示手段による一覧表示に対するユーザ選択を受け付ける選択手段と、前期選択手段を介したユーザ選択に該当する情報コンテンツを前記通信媒体経由で前記ホスト装置から取得する取得手段と、前記取得手段により取得された情報コンテンツを記録する記録手段と、該取得された情報コンテンツの記録に要する料金を演算する料金演算手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0067

上記の第19乃至第20の側面に係る記録装置によれば、ユーザに提供される1以上の情報コンテンツを一覧表示して、その中からユーザ選択されたものを、記録・複製・印刷出力することができる。

0068

このような情報コンテンツの記録サービスにおいては、料金演算手段は、情報コンテンツの提供料と情報コンテンツの記録に要する費用の少なくとも一方に基づいて料金を算定することができる。

0069

また、情報コンテンツの提供料は、必ずしも一律の定額である必要はなく、コンテンツの利用データ量や質など、各情報コンテンツ毎に区々であってもよい。この場合、料金演算手段は、各情報コンテンツ毎に異なる料金体系で料金を算定すればよい。

0070

また、前記表示手段は、情報コンテンツを記録するための料金情報を併せて表示するので、ユーザは情報コンテンツを記録すべきか否かを、課金された価格に従って適正に判断することができる。

0071

また、本発明の第21の側面は、情報の記録サービスを行う記録装置であって、ユーザが記録要求する情報を該ユーザと関連付けて一時蓄積する蓄積手段と、記録サービスの料金をユーザに課金する課金手段と、ユーザの料金支払い動作に応答して、該ユーザに関連付けられた情報を前記蓄積手段から取り出して記録する記録手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0072

また、本発明の第22の側面は、情報の記録サービスを行う記録装置であって、ユーザが記録要求する情報を該ユーザと関連付けて一時蓄積する蓄積手段と、ユーザの認証情報を入力してユーザの真正性を認証する認証手段と、前記認証手段によるユーザの認証が成功したことに応答して、該ユーザに関連付けられた情報を前記蓄積手段から取り出して記録する記録手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0073

また、本発明の第23の側面は、情報の記録サービスを行う記録装置であって、ユーザが記録要求する情報を該ユーザと関連付けて一時蓄積する蓄積手段と、ユーザの認証情報を入力してユーザの真正性を認証する認証手段と、記録サービスの料金をユーザに課金する課金手段と、前記認証手段によるユーザの認証に成功したこと及び該ユーザが料金を支払ったことに応答して、該ユーザに関連付けられた情報を前記蓄積手段から取り出して記録する記録手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0074

また、本発明の第24の側面は、伝送媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報コンテンツを記録する記録装置であって、コンテンツ提供料付きの情報コンテンツを伝送媒体経由で受信する手段と、情報コンテンツを記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、受信した情報コンテンツに付されたコンテンツ提供料と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料とを合わせた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。ここで言う伝送媒体には、LANやインターネットのようなネットワークの他、PSTN(Public Switched Telephone Network)やISDN(Integrated Services Digital Network)などの公衆電話網を含む。接続形態有線無線の区別を問わない。あるいは、伝送媒体は、放送局から各受信局一斉同報される放送波であってもよい。また、放送波は、地上波衛星波を区別しない。

0075

また、本発明の第25の側面は、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報提供料付きのファクシミリ情報を受信する手段と、ファクシミリ情報を記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、受信したファクシミリ情報に付されたコンテンツ提供料と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料とを合わせた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段によるファクシミリ情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0076

また、本発明の第26の側面は、可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体からコンテンツ提供料付きの情報コンテンツを読み取る読取手段と、情報コンテンツを記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、読み取った情報コンテンツに付されたコンテンツ提供料と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料とを合わせた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0077

本発明の第24乃至第26の各側面に係る記録装置によれば、記録対象となる情報コンテンツ等に情報提供料が添付されているので、情報提供料と記録処理に要する費用の双方を合わせてユーザに課金することができる。この結果、コンテンツの利用に関する課金管理が容易となり、情報コンテンツ提供の有料化を促進することができる。また、有料化が進むことにより、コンテンツ提供に関する事業規模が拡大し、産業界全体の活性化・発展にも貢献することができる。

0078

また、本発明の第27の側面は、伝送媒体経由で接続されたホスト装置から供給される情報コンテンツを記録する記録装置であって、コンテンツ参照料付きの情報コンテンツを伝送媒体経由で受信する手段と、情報コンテンツを記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料から情報コンテンツに付されたコンテンツ参照料を差し引いた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0079

また、本発明の第28の側面は、電話回線経由で接続されたファクシミリ装置から受信した情報を記録する記録装置であって、情報参照料付きのファクシミリ情報を受信する手段と、ファクシミリ情報を記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料からファクシミリ情報に付された情報参照料を差し引いた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段によるファクシミリ情報の記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0080

また、本発明の第29の側面は、可搬型記憶媒体を介して供給された情報を記録する記録装置であって、可搬型記憶媒体からコンテンツ参照料付きの情報コンテンツを読み取る読取手段と、情報コンテンツを記録する記録手段と、前記記録手段による記録動作に要する料金体系を保持する料金体系保持手段と、前記料金体系に基づいて算出された記録サービス料から情報コンテンツに付されたコンテンツ参照料を差し引いた料金をユーザに課金する課金手段と、前記の課金に対するユーザの支払い動作に応答して、前記記録手段による情報コンテンツの記録動作を許可する制御手段と、を具備することを特徴とする記録装置である。

0081

本発明に第27乃至第29の各側面に係る記録装置においては、情報コンテンツに付されたコンテンツ参照料は、コンテンツ利用者に課金されるコンテンツ提供料とは相違し、コンテンツ利用者による記録料金の支払いの一部として補填される性質を持つ。これは、コンテンツ利用者は、コンテンツを参照したという行為によって記録サービスの代金を支払ったという理由に依拠するものである。

0082

上記の第24乃至第26の各側面に係る記録装置の場合、コンテンツのプリント・サービス利用者は、コンテンツ提供料(100円)にプリント料(30円)を加算した総額(130円)を支払わなければ、プリント・サービスを享受することができない。これに対し、第27乃至第29の各側面に係る記録装置の場合には、コンテンツ提供料は課されず、逆にコンテンツ参照料(20円)をプリント・サービス料(30円)から差し引いた料金(10円)のみがコンテンツ利用者に課される。すなわち、第27乃至第29の各側面に係る記録装置によれば、安価なコンテンツ利用サービスを提供することができる。また、コンテンツ提供者は、より多くの人々にコンテンツを参照して欲しい場合には、コンテンツのディストリビューションを効率的に行うことができる。

0083

ここで言う「コンテンツ参照料」のことを、コンテンツの提供手数料と解することもできる。コンテンツ提供者が手数料を支払ってまで提供するコンテンツとしては、広告が中心となるコンテンツや、その他、コンテンツ提供者がユーザに代わってプリント料金を支払う(すなわち全くの無料で提供したい)コンテンツ等が挙げられる。この場合、コンテンツ記録サービスの提供者(例えばコピー機の提供者)は、末端の利用者に対してコンテンツを提供した手数見返りとして、プリント等の記録サービスに要した費用の少なくとも一部を、コンテンツ提供者に提供手数料として課することができる。この結果、末端の利用者に対しては安価なコンテンツ記録サービスを提供することができ、当該事業活動を活性化・促進することができる。

0084

また、本発明の第30の側面は、情報コンテンツを伝送媒体経由で配信するコンテンツ配信方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供料を添付するステップと、該提供料が添付された形式の情報コンテンツを配信するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツ配信方法である。

0085

また、本発明の第31の側面は、情報コンテンツを伝送媒体経由で配信するコンテンツ配信方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供手数料を添付するステップと、該提供手数料が添付された形式の情報コンテンツを配信するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツ配信方法である。

0086

また、本発明の第32の側面は、情報コンテンツを伝送媒体経由で配信するコンテンツ配信方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供料を添付するステップと、該提供料が添付された形式の情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツを配信するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツ配信方法である。

0087

また、本発明の第33の側面は、情報コンテンツを伝送媒体経由で配信するコンテンツ配信方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供手数料を添付するステップと、該提供手数料が添付された形式の情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツを配信するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツ配信方法である。

0088

本発明の第30又は第32の各側面に係るコンテンツ配信方法によれば、有料の情報コンテンツにはコンテンツの提供料を添付して配信するので、受信者側ではコンテンツの利用に要する費用の計算が容易となり、以って情報コンテンツ提供サービスの有料化を促進することができる。

0089

また、本発明の第31又は第33の各側面に係るコンテンツ配信方法によれば、情報コンテンツに付されたコンテンツ提供手数料は、コンテンツ利用者が支払うべき記録料金の一部として補填される性質を持ち、安価なコンテンツ利用サービスを提供することができる。また、コンテンツ提供者は、より多くの人々にコンテンツを参照して欲しい場合には、コンテンツのディストリビューションを効率的に行うことができる。また、コピー機などの記録サービス提供者は、安価な記録サービス料を提供することができるので、当該サービスの利用を促進し、事業規模を拡大することができる。

0090

特に、第32及び第33の各側面に係るコンテンツ配信方法の場合、情報コンテンツを暗号化して配信するので、配信コンテンツの不正使用や無断の改竄などを好適に防止し、著作権の保護を担保することができる。すなわち、情報コンテンツの提供者は安心してコンテンツを配信することができるので、この結果、コンテンツ配信事業を円滑に運営することができ、産業界全体の活性化・発展にも貢献することができる。

0091

また、本発明の第30乃至第33の各側面に係るコンテンツ配信方法において、さらに、元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を添付して情報コンテンツを配信するようにしてもよい。これら一覧情報や要約情報は、コンテンツ受信側において、コンテンツの利用者に対して提示(例えばディスプレイ画面上に表示)することで、情報コンテンツの取捨選択のために利用することができる。

0092

また、配信される情報コンテンツはページ単位表示出力又は印刷出力可能な文書であってもよい。この場合、コンテンツ受信側では、該ページ単位で情報コンテンツの提供料又は提供手数料を課金することができる

0093

本発明の第30乃至第33の各側面で言う「伝送媒体」は、LANやインターネットなどのネットワーク、PSTNやISDNなどの公衆電話網である。コンテンツの配信形態は、例えば、プッシュ配信又はプル配信であってもよい。あるいは、地上放送衛星放送などの放送波による一斉同報であってもよい。

0094

また、本発明の第34の側面は、情報コンテンツを可搬型記憶媒体経由で配布するコンテンツ配布方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供料を添付するステップと、該提供料が添付された形式の情報コンテンツを可搬型記憶媒体に格納するステップと、該可搬型記憶媒体を配布するステップとを具備することを特徴とするコンテンツ配布方法である。

0095

また、本発明の第35の側面は、情報コンテンツを可搬型記憶媒体経由で配布するコンテンツ配布方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供手数料を添付するステップと、該提供手数料が添付された形式の情報コンテンツを可搬型記憶媒体に格納するステップと、該可搬型記憶媒体を配布するステップとを具備することを特徴とするコンテンツ配布方法である。

0096

また、本発明の第36の側面は、情報コンテンツを可搬型記憶媒体経由で配布するコンテンツ配布方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供料を添付するステップと、該提供料が添付された形式の情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツを可搬型記憶媒体に格納するステップと、該可搬型記憶媒体を配布するステップとを具備することを特徴とするコンテンツ配布方法である。

0097

また、本発明の第37の側面は、情報コンテンツを可搬型記憶媒体経由で配布するコンテンツ配布方法であって、情報コンテンツに該コンテンツの提供手数料を添付するステップと、該提供手数料が添付された形式の情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツを可搬型記憶媒体に格納するステップと、該可搬型記憶媒体を配布するステップとを具備することを特徴とするコンテンツ配布方法である。

0098

本発明の第34乃至第37の各側面で言う「可搬型記憶媒体」とは、例えばDC−ROMやMO(Magneto Optical disc)、DVD(Digital Versatile Disc)など、データや各種のコンテンツをコンピュータ可読形式で担持することができるメディアであり、主として複数のコンピュータ間でのデータの移動や流通に用いられる。特に、CD−ROMは単価が低いので、雑誌等に添付してデータやコンテンツを配布する用途に既に広く使用されている。

0099

本発明の第34又は第36の各側面に係るコンテンツ配布方法によれば、有料の情報コンテンツにはコンテンツの提供料を添付して配布するので、受取者側ではコンテンツの利用に要する費用の計算が容易となり、以って情報コンテンツ提供の有料化を促進することができる。

0100

また、本発明の第35又は第37の各側面に係るコンテンツ配布方法によれば、情報コンテンツに付されたコンテンツ提供手数料は、コンテンツ利用者が支払うべき記録料金の一部として補填される性質を持ち、安価なコンテンツ利用サービスを提供することができる。また、コンテンツ提供者は、より多くの人々にコンテンツを参照して欲しい場合には、コンテンツのディストリビューションを効率的に行うことができる。また、プリンタなどの記録サービス提供者は、安価な記録サービス料を提供することができるので、当該サービスの利用を促進し、事業規模を拡大することができる。

0101

特に、第36及び第37の各側面に係るコンテンツ配布方法の場合、情報コンテンツを暗号化して配布するので、配布コンテンツの不正使用や無断の改竄などを好適に防止し、著作権の保護を担保することができる。すなわち、情報コンテンツの提供者は、雑誌にCD−ROMを添付するなどして、安心してコンテンツを配布することができるので、この結果、コンテンツ配布事業や出版事業を円滑に運営することができ、産業界全体の活性化・発展にも貢献することができる。

0102

また、本発明の第34乃至第37の各側面に係るコンテンツ配布方法において、さらに、元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を添付して情報コンテンツを配布するようにしてもよい。これら一覧情報や要約情報は、コンテンツ受取側において、コンテンツの利用者に対して提示(例えばディスプレイ画面上に表示)することで、情報コンテンツの取捨選択のために利用することができる。

0103

また、配布される情報コンテンツはページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書であってもよい。この場合、コンテンツ受取側では、該ページ単位で情報コンテンツの提供料若しくは提供手数料を課金することができる

0104

また、本発明の第38の側面は、伝送媒体経由で接続された記録装置に対して情報コンテンツの記録要求を行う記録要求方法であって、記録したい情報コンテンツを指定するステップと、該指定された情報コンテンツにユーザ認証情報又はユーザ識別情報を添付するステップと、該ユーザ認証情報又はユーザ識別情報が添付された情報コンテンツの記録要求を前記記録装置に対して発行するステップと、を具備することを特徴とする情報コンテンツの記録要求を行う記録要求方法である。

0105

また、本発明の第39の側面は、情報コンテンツを記録する記録方法であって、ユーザ認証情報又はユーザ識別情報が添付された情報コンテンツの記録要求を伝送媒体経由で受信するステップと、ユーザ認証情報又はユーザ識別情報のユーザ入力受理するステップと、受信したユーザ認証情報又はユーザ識別情報とユーザ入力されたユーザ認証情報又はユーザ識別情報とを照合するステップと、記録サービス料をユーザに課金するステップと、前記の照合結果が肯定的であること及び/又は前記課金に対する支払いが確定したことに応答して、該情報コンテンツを記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法である。

0106

本発明の第38及び第39の各側面で言う記録要求とは、例えば、あるホスト装置がネットワーク接続されたプリント・サーバに対して発行するプリント・ジョブに相当する。記録要求元では、パスワードやユーザIDなどのユーザ認証情報・識別情報を添付してプリント・ジョブを発行するので、該ジョブを受信する記録装置側では、該当するユーザに対して確実にプリント出力サービスを行うことができる。

0107

また、本発明の第40の側面は、伝送媒体経由で接続された記録装置に対して情報コンテンツの記録要求を行う記録要求方法であって、記録したい情報コンテンツを指定するステップと、該指定された情報コンテンツにユーザ認証情報又はユーザ識別情報を添付するステップと、該ユーザ認証情報又はユーザ識別情報が添付された情報コンテンツを暗号化するステップと、該暗号化された情報コンテンツの記録要求を前記記録装置に対して発行するステップと、を具備することを特徴とする情報コンテンツの記録要求を行う記録要求方法である。

0108

また、本発明の第41の側面は、情報コンテンツを記録する記録方法であって、ユーザ認証情報又はユーザ識別情報が添付され且つ暗号化された形式の情報コンテンツの記録要求を伝送媒体経由で受信するステップと、該暗号化された情報コンテンツを復号化するステップと、ユーザ認証情報又はユーザ識別情報のユーザ入力を受理するステップと、受信したユーザ認証情報又はユーザ識別情報とユーザ入力されたユーザ認証情報又はユーザ識別情報とを照合するステップと、記録サービス料をユーザに課金するステップと、前記の照合結果が肯定的であること及び/又は前記課金に対する支払いが確定したことに応答して、該情報コンテンツを記録するステップと、を具備することを特徴とする記録方法である。

0109

本発明の第40及び第41の各側面で言う記録要求とは、例えば、あるホスト装置がネットワーク接続されたプリント・サーバに対して発行するプリント・ジョブに相当する。記録要求元では、パスワードやユーザIDなどのユーザ認証情報・識別情報を添付するプリント・ジョブを発行するので、該ジョブを受信する記録装置側では、該当するユーザに対して確実にプリント出力サービスを行うことができる。また、情報コンテンツを暗号化してから送信するので、伝送経路におけるデータやコンテンツの漏洩や改竄等を好適に防止することができるので、記録サービスの利用を安全且つ円滑に行うことができる。

0110

また、本発明の第42の側面は、配信又は配布されたコンテンツを受信するコンテンツ受信方法であって、コンテンツの提供料が添付された形式で情報コンテンツを受信するステップと、該コンテンツの提供料をユーザに課金するステップと、該情報コンテンツの利用を許容するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツの受信方法である。

0111

また、本発明の第43の側面は、配信又は配布されたコンテンツを受信するコンテンツ受信方法であって、コンテンツの提供料が添付され且つ暗号化された形式で情報コンテンツを受信するステップと、該受信した情報コンテンツを復号化するステップと、該コンテンツの提供料をユーザに課金するステップと、該情報コンテンツの利用を許容するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツの受信方法である。

0112

また、本発明の第44の側面は、配信又は配布されたコンテンツを受信するコンテンツ受信方法であって、コンテンツの提供料が添付され且つ暗号化され、さらに元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を含んだ形式で情報コンテンツを受信するステップと、該一覧情報及び/又は要約情報をユーザに提示するステップと、ユーザによる情報コンテンツの選択を受容するステップと、ユーザが選択した情報コンテンツのみを復号化するステップと、復号化により利用に供された情報コンテンツの分だけコンテンツの提供料をユーザに課金するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツの受信方法である。

0113

また、本発明の第45の側面は、配信又は配布されたコンテンツを受信するコンテンツ受信方法であって、コンテンツの提供手数料が添付され且つ暗号化され、さらに元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を含んだ形式で情報コンテンツを受信するステップと、該一覧情報及び/又は要約情報をユーザに提示するステップと、ユーザによる情報コンテンツの選択を受容するステップと、ユーザが選択した情報コンテンツのみを復号化するステップと、復号化により利用に供された情報コンテンツの分だけコンテンツの提供手数料をコンテンツ提供者に課金するステップと、を具備することを特徴とするコンテンツの受信方法である。

0114

本発明の第42乃至第44の側面に係るコンテンツ受信方法では、コンテンツの提供料が添付された形態で情報コンテンツが配信・配布されるので、コンテンツの受信側で確実に課金処理を行うことが可能となる。この結果、コンテンツを受信して、記録などのコンテンツ利用サービスを有料で提供することが容易となり、コンテンツ提供事業の拡大を促進することができる。

0115

また、本発明の第45の側面に係るコンテンツの受信方法では、情報コンテンツに付されたコンテンツ提供手数料は、コンテンツ利用者が支払うべき記録料金の一部として補填される性質を持ち、安価なコンテンツ利用サービスを提供することができる。また、コンテンツ提供者は、より多くの人々にコンテンツを参照して欲しい場合には、コンテンツのディストリビューションを効率的に行うことができる。また、プリンタなどの記録サービス提供者は、安価な記録サービス料を提供することができるので、当該サービスの利用を促進し、事業規模を拡大することができる。

0116

本発明の第42乃至第45の各側面で言う情報コンテンツの利用とは、例えば、情報コンテンツを記録用紙上への印刷出力又はコンピュータ可読記憶媒体上への書き込みのことを指す。また、ユーザに課金するステップでは、記録サービス料を合わせて課金することができる。さらに、情報コンテンツの記録データ量に相応して記録サービス料を決定するステップを含むようにしてもよい。

0117

また、受信する情報コンテンツは、例えば、ネットワークや電話網などの伝送媒体経由でプッシュ配信又はプル配信される。あるいは、地上波や衛星波などの放送波によって一斉同報形式で配信されてもよい。あるいは、CD−ROMなどの可搬型記憶媒体上にコンピュータ可読形式で、雑誌等に添付されて市場で流通してもよい。

0118

受信した情報コンテンツは、例えば、ページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書である。このような場合、該ページ単位で情報コンテンツの提供料若しくは提供手数料を課金することができる。

0119

また、本発明の第43乃至第45の側面に係るコンテンツ受信方法では、情報コンテンツは暗号化された形態で配信・配布されるので、配信、配布、流通等の経路上でデータが不正に漏洩したり改竄されたりする危険を好適に防止することができる。したがって、コンテンツの提供者は安心してコンテンツを配信・配布することができるので、コンテンツ提供事業の拡大を促進することができる。

0120

例えば、暗号化された情報コンテンツに添付される第1の復号情報と、ユーザが保持する第2の復号情報とに基づいて生成される復号鍵とを用いて、情報コンテンツの復号化を行うようにしてもよい。

0121

あるいは、暗号化された情報コンテンツに添付される第1の復号情報と、情報コンテンツを受信及び/又は利用する端末装置上で保持された第2の復号情報とに基づいて生成される復号鍵を用いて、情報コンテンツの復号化を行うようにしてもよい。

0122

また、本発明の第44及び第45の各側面に係るコンテンツ受信方法では、暗号化された情報コンテンツとともに、元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を合わせて受信することができる。これら一覧情報や要約情報は、ユーザすなわち、コンテンツの利用者に提示する(例えばディスプレイ画面上に表示する)などして、コンテンツの選択の参考に使用することができる。

0123

例えば、該一覧情報及び/又は要約情報に対応する暗号化されたコンテンツを復号化する復号情報が伴なっている場合にのみ、該一覧情報及び/又は要約情報をユーザに提示するようにしてもよい。

0124

また、本発明の第46の側面は、情報コンテンツを1以上のコンテンツ利用者に配信・配布するコンテンツ配信・配布システムであって、情報コンテンツを該コンテンツの提供料を添付して配信・配布するコンテンツ配信・配布装置と、前記コンテンツ配信・配布装置が配信・配布する情報コンテンツを受信して、コンテンツ利用者にコンテンツ利用環境を提供するとともに、情報コンテンツに添付された提供料を基にコンテンツ利用量に応じた課金情報を各情報コンテンツ毎に作成する1以上の利用者端末と、前記の各利用者端末において作成された課金情報を収集して集計を行うセンタ局と、を具備することを特徴とするコンテンツ配信・配布システムである。

0125

また、本発明の第47の側面は、情報コンテンツを1以上のコンテンツ利用者に配信・配布するコンテンツ配信・配布システムであって、情報コンテンツを該コンテンツの提供手数料を添付して配信・配布するコンテンツ配信・配布装置と、前記コンテンツ配信・配布装置が配信・配布する情報コンテンツを受信して、コンテンツ利用者にコンテンツ利用環境を提供するとともに、情報コンテンツに添付された提供手数料を基にコンテンツ利用量に応じた課金情報を各情報コンテンツ毎に作成する1以上の利用者端末と、前記の各利用者端末において作成された課金情報を収集して集計を行うセンタ局と、を具備することを特徴とするコンテンツ配信・配布システムである。

0126

本発明の第46及び第47の各側面に係るコンテンツ配信・配布システムによれば、各情報コンテンツ毎の情報提供料や提供報酬料は、センター局において集計され、集中管理される。この結果、有料コンテンツを提供して、利用されたコンテンツの量に従って収入を得るというコンテンツ提供事業における課金管理が容易となり、当該事業の拡大を促進することができる。なお、第47の側面では、コンテンツ利用者に課すべき記録サービス料の少なくとも一部を、コンテンツの提供手数料で補填することができる。この提供提供料は、コンテンツ利用者にコンテンツ提供を行った見返り若しくは報酬として、コンテンツ提供者に課金することができる。

0127

本発明の第46及び47の各側面に係るコンテンツ配信・配布システムにおいて、前記コンテンツ配信・配布装置は、伝送媒体経由で情報コンテンツをプッシュ配信又はプル配信するようにしてもよい。あるいは、前記コンテンツ配信・配布装置は、情報コンテンツを一斉同報形式で配信するようにしてもよい。あるいは、前記コンテンツ配信・配布装置は、情報コンテンツを可搬型記憶媒体上にコンピュータ可読形式で格納して配布するようにしてもよい。

0128

また、前記コンテンツ配信・配布装置は、情報コンテンツを暗号化して配信・配布するようにしてもよい。暗号化することにより、配信・配布経路上での情報コンテンツの安全性を確保し、コンテンツの著作権保護を強化することができる。また、前記コンテンツ配信・配布装置は、情報コンテンツを暗号化するとともに、元の情報コンテンツの内容を示す一覧情報及び/又は該内容の要約を示す要約情報を添付して配信・配布するようにしてもよい。これら一覧情報や要約情報は、ユーザに提示すことによりコンテンツ選択時の手掛かりとなる。

0129

また、前記利用者端末は、例えば、コンビニエンス・ストアや大学生協などのオープン・スペースに分散して設置され、各ユーザに対して情報コンテンツの利用を行う装置である。利用とは、情報コンテンツの印刷用紙上への印刷出力や、CDやMOなどの可搬型記憶メディア上へのコンピュータ可読形式での書き込みなどを意味する。

0130

この利用者端末は、該一覧情報及び/又は要約情報をコンテンツ利用者に提示するとともに、コンテンツ利用者が選択した情報コンテンツのみ復号化して利用に供するとともに提供料をコンテンツ利用者に課金するようにしてもよい。あるいは、コンテンツ利用者が選択した情報コンテンツのみ復号化して利用に供するとともに提供手数料をコンテンツ提供者に課金するようにしてもよい。

0131

また、利用者端末は、該一覧情報及び/又は要約情報に対応する暗号化されたコンテンツを復号化する復号情報が伴なっている場合にのみ、該一覧情報及び/又は要約情報をコンテンツ利用者に提示するようにしてもよい。

0132

また、利用者端末は、前記暗号化された情報コンテンツに添付される第1の復号情報と、コンテンツ利用者が保持する第2の復号情報とに基づいて生成される復号鍵を用いて情報コンテンツの復号化を行うようにしてもよい。

0133

また、利用者端末は、前記暗号化された情報コンテンツに添付される第1の復号情報と、該利用者端末において保持された第2の復号情報とに基づいて生成される復号鍵を用いて情報コンテンツの復号化を行うようにしてもよい。

0134

また、利用者端末は、前記コンテンツ配信・配布装置から暗号化された情報コンテンツを受信する受信手段と、受け取った情報コンテンツを格納する格納手段と、前記格納手段から情報コンテンツを取り出して復号化し、コンテンツ利用者の利用に供する手段と、復号化した情報コンテンツの利用データ量に応じた利用料と、該情報コンテンツの提供料のうち少なくとも一方を含む料金を算出して、コンテンツ利用者に課金する課金手段と、を具備してもよい。

0135

あるいは、利用者端末は、前記コンテンツ配信・配布装置から暗号化された情報コンテンツを受信する受信手段と、受け取った情報コンテンツを格納する格納手段と、前記格納手段から情報コンテンツを取り出して復号化し、コンテンツ利用者の利用に供する手段と、復号化した情報コンテンツの利用量に応じた利用料と、該情報コンテンツの提供手数料のうち少なくとも一方からなる料金を算出して、コンテンツ利用者に料金課金するとともに、コンテンツ提供者に提供手数料を課金する課金手段と、を具備してもよい。

0136

利用者端末は、さらに、前記課金手段において算出された料金を印刷出力する料金印刷手段を含んでもよい。あるいは、利用者端末は、さらに、前記課金手段において算出された料金を画面表示する表示手段を含んでもよい。情報コンテンツがページ単位で表示出力又は印刷出力可能な文書である場合には、前記課金手段は該ページ単位で情報コンテンツの利用料を課金することができる。

0137

また、利用者端末は、ユーザに課金する代金のうち情報コンテンツの提供料のみからなる課金情報を作成するようにしてもよい。

0138

コンビニエンス・ストアや大学生協などに分散して配置された各利用者端末と、センター局とは、例えば公衆電話網やネットワークなどを介して接続されており、センター局は、各利用者端末が作成した課金情報を集計して、各情報コンテンツ毎の課金総額を算出することができる。センター局は、課金総額を該当する情報コンテンツ提供業者還元してもよい。あるいは、センター局は、各情報コンテンツ毎に集計されたコンテンツ提供手数料の総額を該当する情報コンテンツ提供者の各々に対して課金するようにしてもよい。すなわち、コンテンツ提供業者の収入をセンター局において一元管理することができるので、当該事業活動が活性化・円滑化する。

0139

本発明のさらに他の目的、特徴や利点は、後述する本発明の実施例や添付する図面に基づくより詳細な説明によって明らかになるであろう。

発明を実施するための最良の形態

0140

以下、図面を参照しながら本発明の実施例を詳解する。

0141

図1には、本発明の第1の実施形態に係る、情報の記録サービス及び記録サービスに関する料金請求を行うシステムの構成を模式的に示している。

0142

本実施例で言う「情報の記録」とは、例えば、コンピュータ・データのようなデジタイズされた情報コンテンツを可視的な画像情報として印刷用紙上にプリント・アウトすることや、公衆電話回線経由で受信したファクシミリ・データを復調して印刷用紙上に画像出力することを指すものとする。

0143

また、本発明に係る情報記録サービス及び記録サービスに関する料金請求は、図示の記録サービス・システムとも呼ぶ)100によって具現化される。この記録サービス・システム100は、例えば、コンビニエンス・ストア、あるいは大学生協のような、情報の記録・複製・印刷出力を求める人々が多数集まるオープンなスペース(言い換えれば、記録サービスの提供者が各利用者のセキュリティを充分には管理し得ないサービス空間)に設置して用いられる。

0144

本実施例の記録サービス・システム100は、可視的な画像を印刷用紙上に形成する画像形成装置であり、より好ましくは、原稿画像をスキャンして印刷用紙上に略同一画像を複製する複写機の機能や、外部のホスト装置からのプリント要求に応じてコンピュータ・データをプリント・アウトするプリンタ機能、公衆電話回線経由で画像情報を交換するファクシミリ機能など、複数の画像形成機能を備えた「複合機」であることが好ましい。

0145

記録サービス・システム100は、店舗内でスタンドアロン環境に置かれても情報記録サービス及び料金請求を行うことができるが、好ましくは、PSTN(Public Switched Telephone Network)やISDN(Integrated Services Digital Network)などの交換接続型の電話回線や、LAN(Local Area Network)やインターネットなどの分散コンピューティング・ネットワークに接続されて用いられる。

0146

例えば、記録サービス・システム100は、LANやインターネットなどのコンピュータ・ネットワークを介して、複数のホスト装置200,500…と相互接続される。ここで言う「ホスト装置」とは、ネットワーク上でサーバ又はクライアントとして稼動するコンピュータ・システムの総称を意味するものとする。また、記録サービス・システム100も、ネットワーク上で稼動するホスト装置の1つである。したがって、記録サービス・システム100は、ネットワーク上のプリント・サーバとして、あるいは、インターネット上のWebサーバ若しくはクライアントとして動作することができる。

0147

各ホスト装置は、例えば米IBM社のPC/AT(Personal Computer/Advanced Technology)互換機又はその後継機であり、ワープロスプレッドシートなどのアプリケーションを用いて所定フォーマットドキュメントファイルを作成することができる。さらに、ネットワーク上では、各ホスト装置は、ファイル・サーバとしての記録サービス・システム100に対してドキュメントのプリント要求を発行することができる。この場合、プリント要求元のホスト装置は、ドキュメントにユーザ情報等を付加してカプセル化したファイル(後述)を、記録サービス・システム100に送信する。ここで言うユーザ情報は、ユーザIDやパスワードなど、ユーザ・アカウント(利用者資格)を一意に特定できる情報であれば何でもよい。記録サービス・システム100側では、カプセル化されたファイルを受信すると、プリント・ジョブとして一旦スプール(SPOOL:simultaneous peripheral operation online)される。

0148

また、ネットワークがインターネットである場合、記録サービス・システム100と各ホスト装置200,500…は、例えばTCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)プロトコルに従って相互接続される。当業界において既に周知のように、インターネット上では、WWW(World Wide Web)を代表とする各種の広域的な情報コンテンツ提供サービスが展開されている。WWW情報空間上では、URL(Uniform Resource Locator)によって識別可能無数の情報コンテンツが散在している。WWW情報空間上の各サーバ及びクライアントは、HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)プロトコルに従って各情報コンテンツにアクセスすることができる。

0149

図1に示す例では、ホスト装置200は、WWW情報空間上で情報コンテンツを提供する「Webサーバ」として稼動するコンピュータ・システムである。また、他のホスト装置500は情報コンテンツへのアクセスを要求するWebクライアントとして稼動する一般ユーザ向けのPC(Personal Computer)である。Webサーバ200は、情報コンテンツを有償又は無償で公開している。また、コンテンツが有償である場合、その情報提供料は一定額であっても、あるいはコンテンツの質やデータ量などに応じて各情報コンテンツ毎に区々であってもよい(図1に示す例では後者であるとする)。

0150

また、本実施例に係る記録サービス・システム100は、ネットワークに接続されたWebクライアントとしての側面を有し、Webサーバ200に対して情報コンテンツの提供を要求することができる。(勿論、記録サービス・システム100は、Webサーバとして機能し、インターネット上で情報コンテンツの提供サービスを行ってもよい。但し、この点は本発明の要旨とは直接関連しないので、本明細書中ではこれ以上言及しない。)

0151

本実施例では、Webクライアント(ホスト装置500…の他に記録サービス・システム100自身も含む)は、記録サービス・システム100に対して、WWW情報空間上に存在する情報コンテンツのプリント要求を発行することができる。この場合、情報コンテンツの配信元であるWebサーバ200は、情報コンテンツにユーザ情報を付加してカプセル化したファイルを、記録サービス・システム100に転送する。ユーザ情報はユーザ・アカウントを一意に特定できる情報である(同上)。記録サービス・システム100側では、カプセル化されたファイルを受信すると、プリントジョブとして一旦スプールされる。

0152

また、記録サービス・システム100は、電話回線経由で他のファクシミリ装置300と交換機接続されており、記録対象となるファクシミリ・データを受信することができる。本実施例では、送信元のファクシミリ装置300は、ファクシミリ・データにユーザ情報を付加してカプセル化したファイルの形式で、記録サービス・システム100にファクシミリ送信する。記録サービス・システム100側では、カプセル化されたファイルを受信すると一旦スプールされる。ユーザ情報はユーザ・アカウントを一意に特定できる情報である(同上)。ファクシミリ受信時には、例えば送信元の電話番号をユーザ情報として使用することができる。

0153

なお、本発明を実現する上で、ファクシミリの通信方式は特に限定されず、例えばITU(International Telecommunication Union)−T T.4として標準化されたG3ファクシミリ、又は、ITU−T T.5,T6として標準化されたG4ファクシミリのいずれであってもよい。

0154

また、本実施例の記録サービス・システム100は、CD−ROMドライブMOドライブのような可搬型記憶メディアに対してデータの記録・再生を行う外部記憶装置を備えている(後述)。ユーザ、すなわち記録サービスの利用者は、記憶メディアを記録サービス・システム100に装填して、該記憶メディアに格納されたデータのプリント要求を行うことができる。この場合、記録サービス・システム100は、記憶メディアからデータ・ファイルを読み出し、これにユーザ情報を付加してカプセル化した後に、プリント・ジョブとして一旦スプールする。ユーザ情報はユーザ・アカウントを一意に特定できる情報である(同上)。

0155

後に詳解するように、本実施例に係る記録サービス・システム100は、課金装置ユーザ情報入力装置を含んでいる。

0156

課金装置は、「コインキット」又は「ディスペンサ」と呼ばれる装置に類似する機能を備えている。本実施例の課金装置は、記録サービス・システム100が情報をプリント・アウト(あるいは記憶媒体への保存)などの記録サービスを提供する対価としての料金を演算して、サービス要求元のユーザに課金し、ユーザが支払った料金を蓄積したりするための装置である。課金装置は、コインや紙幣などの現金の投入によるユーザの料金支払いを受け付ける以外に、プリペイド・カードによる決済、クレジット・カードによる銀行口座からの引き落とし、デビット・カードによる銀行口座からの即時決済など、様々な料金支払い形態をサポートしていてもよい。また、課金装置は、課金情報とユーザによって支払われた料金情報を、各ユーザ毎に仕分けして管理してもよい。あるいは、ユーザは、課金装置で課金を決済するのではなく、記録サービス・システム100が設置されている同一店舗内のレジ(POS端末)にて料金の精算を行うようにしてもよい。

0157

また、課金装置は、コンテンツ利用に際して、コンテンツ提供者に対して課すべきコンテンツ提供手数料を通算して管理しておき、後日改めて各コンテンツ提供者に対して課金若しくは請求するようにしてもよい。この場合、コンテンツ利用者には、コンテンツ提供手数料を差し引いた料金が課金されることになり、より安価な記録サービスを享受することができる。コンテンツ提供者側が記録サービス料金の少なくとも一部を補填するのは、広告などのコンテンツを参照するという行為によってコンテンツ利用者は代金を支払うというビジネスモデルに依拠する。

0158

また、ユーザ情報入力装置は、ユーザ認証に必要なユーザ情報の入力を受け付けてユーザ認証、すなわちサービス要求元であるユーザ・アカウントの特定とその真正性の検証を行うための装置である。例えばICカードを用いてユーザ認証情報の入力を行うことができる。この場合のユーザ情報入力装置はICカード・リーダでよい。あるいは、英数文字列からなるユーザIDやパスワード、電話番号などをユーザ認証情報・識別情報として用いることができる。後者のようにユーザ認証情報・識別情報をユーザがマニュアル入力する必要がある場合には、キーボードとディスプレイからなるコンピュータ・コンソールでユーザ情報入力装置を代用することができる。

0159

記録サービス・システム100は、ユーザ情報入力装置にユーザ情報が入力され、且つ、その認証に成功すると、スプール内のプリント・ジョブをユーザ情報でフィルタリングして、当該ユーザに対応するプリント・ジョブのみを抽出する。前述したように、記録サービス・システム100が受信するファイルはユーザ情報を付加したカプセル形式なので、カプセルを開いてユーザ情報を取り出すことによってフィルタリングを行うことができる。

0160

フィルタリングにより抽出された各プリント・ジョブは、例えばアイコン化して、ディスプレイ画面上で一覧表示される。ユーザは、キーボード、あるいはマウスタッチパネルのような座標指示装置を用いて、実際にプリント・アウトしたいプリント・ジョブを選択することができる。

0161

課金装置は、プリント・ジョブの選択に応じて、プリント・サービスの対価としての料金を演算し、その演算結果をユーザに提示する。ここで言う提示は、例えば、LEDパネルを用いた料金のデジタル表示や、コンピュータのGUI(Graphical User Interface)画面上でのダイアログ表示、あるいは音声出力による教示であってもよい。あるいは課金額を所定フォームの印刷用紙(例えば勘定書など)に印刷出力してもよい。

0162

ユーザは、課金装置に対して直接料金の支払いを行うことができる。上述したように、課金装置は、コインや紙幣などの現金の投入の他に、プリペイド・カードによる決済、クレジット・カードによる銀行口座からの引き落とし、デビット・カードによる銀行口座からの即時決済など、様々な料金支払い形態をサポートしていてもよい。あるいは、ユーザは、課金装置において印刷出力された勘定書に従い、同一店舗内のレジ(POS端末)にて料金の精算を行うようにしてもよい。

0163

課金が決済されるか、又は、課金相当額の料金の支払いが確定すると、選択されたプリント・ジョブのプリント・アウトなどの記録動作が実行される。また、ユーザが支払った料金が不足する場合には、支払い料金に相当する分だけのプリント・アウトにとどめてもよい。

0164

なお、記録サービス・システム100による「記録」は印刷用紙上へのプリント・アウトである以外に、他の記録形態であってもよい。例えば、CD−R(Compact Disc−Recordable)やMO(Magneto Optical disc)、DVD(Digital Versatile Disc)などの可搬型記憶メディア、あるいは要求元ホスト装置のハードディスクなどにデジタル若しくはコンピュータ可読形式の情報として書き込みを行うような記録の形態であってもよい。

0165

上述したように、記録サービス・システム100にスプールされるデータ・コンテンツは、ユーザ情報を付加してカプセル化されている。図2には、カプセル化されたファイルのデータ構造を模式的に図解している。

0166

このデータ構造のドキュメント・フィールドには、記録対象となるドキュメント本体が格納される。ここで言う「記録」とは、印刷用紙上に複製すなわち画像出力することの他に、CD−RやMO、DVDなどにデジタル情報のまま記録することを意味する。ドキュメント本体は、PDL(Page Description Language)やPDF(Portable DocumentFormat)などの印刷可能なフォーマット/*/であっても、静止画GIF,JPEG,BMP)や動画MPEG)、音声(AIFF,WAV,ACC)などの各モノメディア・データ用のフォーマットのままであってもよい。また、ドキュメントは、記録サービス・システム100において復号化処理をサポートする暗号化方式で暗号化されたデータであってもよい。

0167

また、ドキュメント名フィールドには、ドキュメント本体の名前が書き込まれる。ドキュメント名は、例えば、ユーザ情報に従ってフィルタリングされたプリント・ジョブを表示するときに利用される。ドキュメント名の代わりに、記録サービス・システム100がドキュメントを受信した日時を用いることもできる。

0168

また、ドキュメント提供者情報フィールドには、ドキュメント本体の提供者が書き込まれる。ドキュメント本体が、Webサーバ200から送られてきた情報コンテンツであれば、サーバ名若しくはコンテンツ提供者やコンテンツ作成者が当該フィールドに書き込まれる。例えば、ドキュメント本体に対して情報提供料(若しくはこれと等価な料金)が課される場合には、記録サービス・システム100に接続された課金装置は、記録サービス料と情報提供料を合計した額を各ユーザから徴収しておき、後日改めて各ドキュメント提供者に情報提供料を分配することができる。

0169

また、料金情報フィールドには、ドキュメント本体を記録サービスするために必要な料金を演算するための情報(例えば料金体系のようなもの)が書き込まれる。例えば、記録サービス・システム100による「記録」がプリント・アウトである場合には、ドキュメントのページ数カラー情報などが料金演算に必要となる(ページ白黒多色とでプリント・アウトのページ単価が異なる可能性がある)。また、ドキュメントが無料ではなくて有料、すなわちドキュメント本体に関し情報提供料が課されている場合には、コンテンツ提供料も料金演算に必要である。あるいは、コンテンツの利用に応じてコンテンツ提供者がコンテンツ提供手数料を支払う場合には、該提供手数料に関する料金体系も、当該フィールドに書き込まれている。

0170

また、ユーザ情報フィールドには、記録サービス・システム100にスプールされたジョブをユーザ毎に識別すなわちフィルタリングしたり、ユーザ認証を行うための情報が書き込まれる。ユーザ情報としては、例えば、ユーザIDやパスワード、電話番号(特にファクシミリ受信の場合)などの認証情報・識別情報を用いることができる。

0171

但し、図2に示したデータ構造中で、タイトルに”(Optional)”と付されたデータ・フィールドは、当該ファイル内での定義が任意である。これらのフィールドは、ファイルを使用するユーザの特定や、ユーザ認証、料金の演算、料金の分配などに利用されるが、不要であればフィールドを省略することにより、ファイルの通信負荷を軽減することができる。

0172

図3には、本実施例に係る記録サービス・システム100の外観構成を模式的に示している。同図に示すように、記録サービス・システム100は、表示装置11と、メディア・ボックス12と、ユーザ情報入力装置13と、制御装置14と、課金装置15と、複合機16とで構成される。

0173

制御装置14は、記録サービス・システム100への記録要求の入力から出力までを制御するための装置である。本実施例の制御装置14は、ネットワーク上では、ホスト装置の1つであるとともにプリント・サーバとして稼動し、各ユーザから記録要求されたドキュンメントや情報コンテンツ(通常は、図2に示すようにカプセル化されている)を一時的に蓄積するスプール(SPOOL:simultaneous peripheral operation online)機能を有する。制御装置14は、例えば、「ワークステーション」や「パーソナル・コンピュータ」と呼ばれる汎用コンピュータ・システムとして構成することができる。制御装置14の一例は、米IBM社のPC/AT互換機及びその後継機である。

0174

表示装置11は、制御装置14としてのコンピュータ・システムの周辺機器として装備することができ、その表示画面にはGUI(Graphical User Interface)環境が提供されている。

0175

本実施例に係る表示装置11は、例えば、スプール内のジョブをユーザ情報に従ってフィルタリングした結果の一覧表示、課金装置15において計算された記録サービスの料金や投入金額の表示などに利用することができる。ジョブ選択等のユーザによるコマンド入力は、キーボードや、マウス等のポインティングデバイスを利用するのが一般的である。さらに、表示装置11の表示画面上に透明型のタッチパネルを貼設することによって、ユーザは簡易且つ直感的に入力操作を行うことができる。

0176

メディア・ボックス12は、CD−ROMやCD−R、MO(magnetoOptical disc)、DVD(Digital VersatileDisc)等の可搬型記録メディアを装填して、該記録メディアに対してデータの読み出し及び/又は書き込みを行う1以上のドライブ・ユニットで構成される。メディア・ボックス12は、制御装置14としてのコンピュータ・システムの周辺機器として接続される。コンピュータ・システムにメディア・ドライブを接続するインターフェース規格は、例えばSCSI(Small Computer System Interface)である。

0177

例えば、制御装置14上で実行するアプリケーション等のコンピュータ・プログラムを、これら可搬型記録メディアを媒介として、複数のコンピュータ・システム間で流通・移動させることができる。また、記録用のドキュメントや情報コンテンツが書き込まれたCD−ROMやMOなどをメディア・ボックス12中のドライブ・ユニットに装填することによって、記録用の情報コンテンツを記録サービス・システム100に供給することができる。あるいは、記録サービス・システム100においてスプールされているジョブの出力先として、メディア・ボックス12に装填された書き込み可能メディアを指定することができる。この意味において、メディア・ボックス12は、[特許請求の範囲]の欄に記載の各請求項で言う「記録手段」を構成する。

0178

ユーザ情報入力装置13はユーザー情報を入力するための装置である。本実施例では、ユーザ情報入力装置13はICカード上に記録されたユーザにアクセス可能なICカード・リーダである。ユーザ情報としては、例えばユーザIDやパスワード、電話番号などのユーザ認証情報・ユーザ識別情報を利用することができる。但し、ユーザ情報の入力は、必ずしもICカードを媒介とする必要はなく、例えば、ユーザ情報を表示装置11の表示画面上でキーボード入力してもよい。

0179

ユーザ情報入力装置13において取得されたユーザ情報は、課金装置15におけるユーザ毎の課金情報や料金支払い情報の管理や、記録サービス・システム100にスプールされたジョブのフィルタリングのために利用される。

0180

課金装置15は、記録サービスの対価としての料金の演算と、ユーザに対する料金の提示及び課金、ユーザの料金支払いの受け付けなどを行う装置である。本実施例の課金装置15は、各ユーザ毎に課金情報及び料金支払い情報を管理できるものとする。

0181

課金装置15が行う料金の「提示」とは、例えば、LEDパネルを用いた料金のデジタル表示や、表示装置11の表示画面上でのダイアログ表示、あるいは音声出力による教示である。あるいは、課金額を所定フォーマットの勘定書(又は請求書フォームに印刷出力してもよい。

0182

課金装置15は、コインや紙幣などの現金の投入の他に、プリペイド・カードによる決済、クレジット・カードによる銀行口座からの引き落とし、デビット・カードによる銀行口座からの即時決済など、様々な料金支払い形態をサポートしていてもよい。あるいは、ユーザは、課金装置15で料金を支払う以外に、印刷出力された勘定書に従い、同一店舗内のレジ(POS端末)にて料金の精算を行ってもよい。あるいは、課金装置15や制御装置14内の不揮発性記憶装置(例えばハード・ディスクやフラッシュメモリ、SDRAM(Static DRAM)など)にログ(ユーザ情報、料金情報、コンテンツ提供者情報)を記録しておくことにより、後払い清算も可能となる。

0183

複合機16は、原稿画像を読み取って印刷用紙上に再現する「複写機」や、PSTN(Public Switched Telephone Network)やISDN(Integrated Services DigitalNetwork)などの電話回線経由で受信した画像データを画像出力する「ファクシミリ」、LAN(Local Area Network)やインターネットなどのネットワーク経由で受信したコンピュータ・データを印刷する「プリンタ」、あるいは、これらのうち2以上の画像出力機能を備えた装置である。

0184

本実施例では、複合機16は、Webサーバ200やホスト装置500から送信されたプリント・ジョブを印刷出力するプリンタ、及び/又は、ファクシミリ装置300から送信されたファクシミリ・データを画像出力するファクシミリ装置として稼動する。この意味において、複合機16は、[特許請求の範囲]の欄に記載の各請求項で言う「記録手段」を構成する。

0185

複合機16は、制御装置14経由でLANに接続されている(後述)だけでなく、自身が装備するNIC(ネットワーク・インターフェース・カード:図示しない)を介して直接LANに接続されていてもよい。後者の場合、複合機16は、PDLやPDFのような印刷可能なフォーマットのドキュメントを、制御装置14の介在なしLAN経由直接受信してそのまま印刷出力することができる。

0186

複合機16は、原稿画像を光学的に読み取る画像読取部と、読取画像を印刷可能な形式に画像変換する画像処理部と、変換画像を印刷用紙上に複製する画像出力部と、機器内部で印刷用紙を順次搬送する搬送部とで構成される(図示しない)。また、複合機16は、印刷前後の用紙を蓄積する給紙トレイ及び排紙トレイや、読取原稿を順送りする自動原稿フィーダ(ADF)など、その他の装置を備えていてもよい。但し、既存の複合機製品を複合機16として適用することができ、また、機器内部の構造自体は本発明の要旨に直接関連しないので、本明細書ではこれ以上説明しない

0187

図4には、記録サービス・システム100の動作を制御する制御装置14の内部ハードウェア構成を模式的に示している。既に述べたように、制御装置14は、PC/ATなど既存の汎用コンピュータのシステム・アーキテクチャをベースにデザインされている。すなわち、制御装置14は、「マザーボード」(図示しない)と呼ばれる主要回路部品を搭載した印刷配線基板に対して、該基板上に設けられたコネクタ(図示しない)に周辺装置ケーブル接続したり、該基板上に設けられた1基以上のバススロット(図示しない)に各種のアダプタ・カード(インターフェース・カード)を装着することで構成される。以下、システム100内の各部について説明する。

0188

CPU(Central Processing Unit)51は、制御装置14及び記録サービス・システム100全体の動作を統括的に制御するメインコントローラであり、オペレーティング・システム(OS)が提供する動作環境下で、各種のアプリケーション・プログラムを実行する。OSは、例えば、”UNIX”や米マイクロソフト社の”WindowsNT”でよい。また、アプリケーションとして、例えば以下の処理を実行するソフトウェア・プログラムが稼動する。

0189

(1)他のホスト装置からネットワーク経由で受信した情報コンテンツや、ファクシミリ装置300から受信したファクシミリ・データなどの、記録要求された情報コンテンツをスプールする。
(2)ユーザ情報入力装置13から入力されたユーザ情報を基に、ユーザ認証等の処理を行う。
(3)課金装置15による各ユーザの課金情報及び料金支払い情報の管理や、複合機16による印刷出力の制御を行う(例えば、記録サービスの料金体系や、情報コンテンツの提供料金若しくは提供手数料、ページ数、カラーページ情報などを取得し、情報提供料(若しくは提供手数料の差し引き)とプリント・サービスなどからなる合計料金の算出を行うとともに、該料金の支払いに応答して画面表示若しくは印刷という形式で演算結果を外部出力する)。

0190

メイン・メモリ52は、CPU51の実行プログラム・コードをロードしたり、実行プログラムの作業データを書き込むために使用される書き込み可能な揮発性メモリであり、通常は複数個のDRAM(Dynamic RAM)チップで構成される。また、ROM(Read Only Memory)53は、制御装置14の電源投入時に実行する自己診断プログラム(POST)や、ハードウェア操作用基本入出力システム(BIOS)を恒久的に格納する読み出し専用メモリである。ROM53は、例えば電気的な消去及び再書き込み動作が可能なEEPROM(Electrically Erasable and Programmable ROM)で構成されていてもよい。

0191

CPU51は、バス65を介して装置14内の各部と相互接続されている。バス65は、アドレス・バス、データ・バス、コントロール・バスなどを含んだ共通信号伝送路であり、例えばPCI(Peripheral Component Interconnect)バスがこれに相当する。

0192

ディスプレイ・インターフェース54は、CPU51からの描画命令に従って表示装置11の画面表示を制御するインターフェース・コントローラであり、描画情報を一時格納するためのフレーム・メモリ(図示しない)を備えている。なお、本発明を好適に具現するためには、ディスプレイ・インターフェース54は、VGA(Video Graphics Array)以上の描画能力(例えば、SVGA(Super video Graphics Array)やXGA(eXtended Graphics Array))を有することが好ましい。

0193

ハード・ディスク・ドライブ(HDD)55は、プログラムやデータなどを所定フォーマットのファイル形式で蓄積するための外部記憶装置であり、数GB〜数十GB程度の比較的大容量を持つ。本実施例では、ハード・ディスク・ドライブ55は、スプール、すなわち記録用の情報コンテンツ等の一時的な蓄積のために使用される。

0194

HDD55は、ハード・ディスク・インターフェース56を介してバス65に接続されている。ハード・ディスク・ドライブをコンピュータ・システム14に接続するインターフェース規格は、例えばIDE(Integrated Drive Electronics)である。

0195

キーボード/マウス・コントローラ(KMC)57は、キーボード72からのキー入力やマウス73などのポインティング・デバイスからの座標指示入力などのユーザ入力を処理するための専用コントローラである。

0196

本実施例では、マウス73以外のポインティング・デバイスとして、タッチパネル71を備えている。このタッチパネル71は表示装置11の表示画面上に貼設されており、ユーザは、表示画面上に提供されたGUI(GraphicalUser Interface)画面上のアイコンメニュー・ボタンなどの表示オブジェクトを目で追いながら、直感的にコマンド入力することができる。タッチパネル71は、シリアル入出力インターフェース63経由で制御装置14に装着される。

0197

既に述べたように、本実施例の記録サービス・システム100は、課金や料金支払いの受付などの処理を行う課金装置15と、記録手段としての複合機16を備えている。これら課金装置15や複合機16は、RS−422インターフェース58を介して、コンピュータ・システム14に接続される。なお、”RS(Recommended Standard)−422”は、EIA(Electronic Industries Alliance:米国電子工業会)によって規定されたデータ通信高速インターフェース電気的特性に関する規格である。

0198

また、記録サービス・システム100は、記録サービスを行う情報の供給源の1つとして、あるいは、他の記録手段としてのメディア・ボックス12(前述)を備えている。本実施例では、メディア・ボックス12は、CD−ROM(CD−R)ドライブ81、MO(Magneto Optical disc)ドライブ82、DVD(Digital Versatile Disc)ドライブ83のような、可搬型記録メディアを装填してデータの記録及び/又は再生を行う1以上のメディア・ドライブ・ユニットで構成される。SCSI(SmallComputer System Interface)インターフェース59は、この種の複数のメディア・ドライブ81,82…をデイジーチェーン方式で同時7台まで接続することができる。

0199

可搬型記録メディアを媒介として配布された情報コンテンツを記録サービスするとき、メディアから読み出された情報コンテンツはカプセル化されて(図2を参照のこと)、ジョブとしてHDD55にスプールされる。

0200

ネットワーク・インターフェース・カード(NIC)60は、コンピュータ・システム14を、外部のネットワークに接続するための装置である。図4に示す例では、NIC60は、制御装置14をある1つのLAN(Local Area Network)セグメントに接続している。このLANセグメント上では、制御装置14はプリント・サーバとして稼動することができる。但し、前述したように、複合機16も、自らNICを装備することによって、LANセグメントに直接接続することもできる。このような場合、複合機16は、PDLやPDFのような印刷可能フォーマットのドキュメントを、制御装置14の介在なしにLAN経由で受信してそのまま印刷出力することができる。

0201

また、LANセグメント上のホスト装置の1つはルータであり、このルータ経由でインターネットにも接続されている。

0202

LAN及びインターネット上には、複数のホスト装置が散在している。ホスト装置の一部は、情報コンテンツを有償又は無償で公開するWebサーバ200である。インターネット上の情報コンテンツの各々はURLで指定可能であり、HTTPプロトコルに従ってアクセス可能である。なお、Webサーバ200は、提供する情報コンテンツを自らのローカル・ディスクに蓄積する必要は必ずしもなく、ネットワーク上の他のサーバ(コンテンツ・サーバ)から適宜取り出した情報コンテンツの提供を行ってもよい。

0203

Webサーバ200は、カプセル化して情報コンテンツを記録サービス・システム100に転送する(図2を参照のこと)。制御装置100は、受信した情報コンテンツを、ジョブとしてHDD55内にスプールする。

0204

また、ホスト装置の他の一部500A,500B…は、クライアントとして動作する。これらクライアント500A…は、例えばWebクライアントとして、Webサーバ200に対してHTML(Hyper Text MarkupLanguage)コンテンツその他の情報コンテンツの提供を要求する。また、クライアント500A…は、制御装置14に対してドキュメントなどのプリント要求を発行する。この場合、クライアント500…は、カプセル化して情報コンテンツを記録サービス・システム100に転送する(図2を参照のこと)。制御装置100は、受信した情報コンテンツを、ジョブとしてHDD55内にスプールする。

0205

モデム61は、アナログ電話回線上の伝送データを変復調するための装置であり、電話回線を介してファクシミリ装置300と交換機接続が可能である。制御装置100は、受信したファクシミリ・データを、ジョブとしてHDD55内にスプールする。

0206

拡張装置インターフェース62は、ユーザ情報入力装置としてのICカード・リーダをコンピュータ・システム14に接続するための装置である。ICカード・リーダが取得したユーザ情報は、CPU51に転送されて、ユーザ認証処理やスプールされたジョブのフィルタリングに用いられる。

0207

また、図5には、課金装置15の内部構成を模式的に示している。課金装置15は、ユーザに対する課金や支払われた現金の貯蔵などを扱う装置であり、「コインキット」又は「ディスペンサ」とも呼ばれる。同図に示すように、課金装置15は、RS−422インターフェース58(前述)経由で制御装置14と相互接続している。

0208

料金演算部32は、プリント・サービスのページ単価など、本記録サービスに関する料金体系を保持している。そして、情報コンテンツの提供料金(若しくは提供手数料)やページ数、ページカラー情報を取得すると、情報提供料とプリント・サービス料などからなる合計料金(若しくは提供手数料を差し引いた料金)を算出し、算出された料金を表示部31と料金支払い管理部38に出力する。

0209

表示部31は、ユーザに対して料金の提示を行なう装置であり、例えばLEDなどの表示パネルで構成される。あるいは、料金を可視的に表示する以外に、音声出力によりユーザに料金の通知を行ってもよい。あるいは、勘定書など所定フォームの印刷用紙に料金を印刷出力してもよい。

0210

ユーザは、課された料金に対して、例えばコインや紙幣などの現金を現金投入部35に投入して、料金の支払いを行ってもよい。この場合、現金計数部36は、投入された金額カウントして、総投入金額を料金支払い管理部38に出力するとともに、投入された現金を現金貯蔵部37に貯める。

0211

あるいは、ユーザは、プリペイド・カードによる決済、クレジット・カードによる銀行口座からの引き落とし、デビット・カードによる銀行口座からの即時決済など他の形式で、料金を支払うことができる。プリペイド・カードを用いる場合、プリペイド・カード・リーダ34にカードを挿入し、また、クレジット・カードやデビット・カードを用いる場合は、クレジット/デビット・カード・リーダ33にカードを挿入する。プリペイド・カード・リーダ34及びクレジット/デビット・カード・リーダ33は、各カードによる料金支払い情報を、料金支払い管理部38に通知する。

0212

料金支払い管理部38は、料金演算部32により算出された課金情報や、現金投入部35やカード・リーダ33/34による料金支払い情報を、ユーザ毎に管理することができる。各ユーザ毎の料金支払い情報は、RS−422インターフェース58経由で制御装置14に伝達される。

0213

なお、料金演算部32と料金支払い管理部38のような複雑な演算は、必ずしも課金装置15に配設される必要はなく、制御装置14内の計算機資源、すなわちCPU51の演算処理能力を利用することによって同等の機能を提供することができる。また、表示部31も、必ずしも課金装置15が備える必要はなく、表示装置12のGUI画面を用いて料金を表示することができる。このような場合、表示部31は、単に投入金額をデジタル表示するだけでも充分である。

0214

図6には、記録サービス・システム100が提供する有料記録サービスの処理手順を図解している。以下、図6を参照しながら、記録サービス・システム100の動作特性について説明する。

0215

記録サービス・システム100は、Webサーバ200からの情報コンテンツの受信、ホスト装置(クライアント)500からのプリント要求の受信、ファクシミリ装置300からのファクシミリ・データの受信、可搬型記録メディア400上の記録用情報コンテンツの読み出しなど、ファイルの受信という形態でジョブを入力する(S11)。受信ファイルは、ユーザ情報等を付加したカプセル形式(図2を参照のこと)である。ファイルの受信を開始すると、ファイル送信側に「予約済」のステータスを送信する。ファイル送信側は、任意のタイミングで記録サービス・システム100に対してジョブのステータスを問い合わせることができる。

0216

ファイルの受信が完了すると、受信ファイルは例えばハード・ディスク55等にジョブとしてスプールされる(S12)。そして、ジョブのステータスは「受信済」となる。

0217

また、ジョブの送信者は、自身のユーザ情報の入力を行う(S13)。ユーザ情報の入力は、例えば、ユーザ情報入力装置13にICカードを挿入したり、表示画面11上でユーザIDやパスワードなどをコンソール入力することによって行われる。

0218

記録サービス・システム100は、入力されたユーザ情報を基に、ユーザ認証、すなわち、ジョブ送信者のアカウント(利用者資格)の真正性を確認する(S14)。

0219

ユーザ認証に成功すると、次いで、入力されたユーザ情報を用いてスプール内のジョブをフィルタリングして、ユーザすなわちジョブ送信者に該当するジョブのみを抽出する(S15)。スプールされた各ジョブはカプセル化されたファイル(図2を参照のこと)である。したがって、このカプセルの中身解析して、付加されたユーザ情報を参照することによって、ジョブ・フィルタリングが可能となる。

0220

フィルタリングにより抽出されたジョブは、例えば、表示装置11のGUI画面上にアイコン化されて一覧表示される。ユーザは、例えばタッチパネル71やマウス73を介して、記録したいジョブをアイコン選択することができる(S16)。

0221

課金装置(コインキットやディスペンサ) 15には、プリント・サービスのページ単価などの料金体系が設定されている。さらに、カプセル化されたジョブ・ファイル中には、ジョブのページ数やカラーページ情報、情報コンテンツの提供料若しくは提供手数料などの料金情報が書き込まれている(図2を参照のこと)。そこで、課金装置15は、料金体系や料金情報を取得して(S17)、これらの情報に基づいてジョブすなわちドキュメントの記録サービスに要する合計料金を演算する(S18)。

0222

算出された料金は、課金装置15の表示部、あるいは、表示装置11の表示画面に表示され、課金装置15に対するコイン投入などの料金支払いがユーザにプロンプトされる(S19)。料金を表示する代わりに、音声出力してもよい。あるいは、勘定書などの所定のフォームに料金を印刷して出力してもよい。

0223

ユーザは、料金表示を見て、課金相当額のコイン又は紙幣を課金装置15に投入する(S20)。ユーザは、現金を課金装置15に投入する代わりに、プリペイド・カードやクレジット・カード、デビット・カードによる料金支払いを行ってもよい。あるいは、課金装置15に対してではなく、記録サービス・システム100を設置する同一店舗内のレジ(POS端末)で料金の支払いを行ってもよい。

0224

課金装置15は、投入された現金を計数して、課金が決済されたか否かを判断する(S21)。

0225

料金の決済が検出される(あるいは、カードによる料金支払いが確定する)と、ジョブのファイルに含まれているドキュメントを取り出して、記録用のファイルを生成する(S22)。例えば、記録サービスがプリント・アウトを意味する場合には、PDL(Page Description language)ファイルを生成する。そして、生成したファイルを、記録手段に送出して、記録サービスを実行する(S23)。記録サービスがプリント・アウトであれば、記録手段は複合機16に相当する。また、記録サービスがCD−RやMOなどの記憶メディアへのデータ保存であれば、記録手段はメディア・ボックス12に相当する。

0226

生成したファイルを記録手段に送信する前、後、中のいずれかのタイミングで、料金情報(ユーザー情報、ドキュメント名、ドキュメント提供者、料金等)を、ハード・ディスク55(あるいはSDRAMやフラッシュ・メモリ(図示しない))のような不揮発性記憶装置にバックアップしてもよい(S24)。バックアップ用に複数のメディアを用いても構わない。

0227

図7及び図8には、Webサーバ200が提供する情報コンテンツをインターネット経由で取り出して記録サービスする場合の、Webサーバ200及び記録サービス・システム100における処理手順を図解している。以下、これらの図を参照しながら、該処理手順について説明する。

0228

クライアント・ユーザは、Webサーバ200に対して、提供可能なコンテンツの一覧表示を要求する(S31)。この要求は、例えば、Webブラウザの場所ボックスに当該サービスを要求するURL(Uniform Resource Locator)を記入するか、又は、WWWページ画面上で同URLが埋め込まれたアンカーを選択するという形態でユーザ入力され、HTTPリクエストとしてWebサーバ200にメッセージ送信される。この一覧表示の要求自体は、記録サービス・システム100の表示装置11、あるいは、自身が所有するホスト装置500の表示画面上のいずれにおいても行うことができる。

0229

これに対し、Webサーバ200は、自身が提供可能なコンテンツの一覧を作成する(S32)。但し、Webサーバ200が提供可能なコンテンツは、Webサーバ200自身が所有するコンテンツに限定されず、例えばネットワーク接続されたリモートのコンテンツ・サーバの資源オブジェクトを利用してもよい。

0230

コンテンツ一覧は、各コンテンツを識別できるIDのリストを含むものとする。また、各コンテンツを記録するための料金情報を含んでいてもよい。Webサーバ100は、料金情報の計算処理のために、記録サービス・システム100に対して、料金体系情報の送信を要求してもよい。ここで言うコンテンツ記録の料金は、コンテンツの情報提供料(若しくは提供手数料の差し引き)と、記録サービス料とで構成される。情報提供料や提供手数料は、コンテンツの提供者が定めるが、全てのコンテンツにつき一律の額であってもよいし、各コンテンツ毎に区々であってもよい。また、記録サービス料は、記録サービス・システム100における記録処理に要する料金であり、通常は、ページ単価などの料金体系とコンテンツのページ数等に基づいて算出される。

0231

なお、コンテンツ一覧の作成は、WWW(World Wide Web)サーバの標準機能ではないので、Webサーバ200は、CGI(CommonGateway Interface)等の機構を利用して、外部プログラムCGIアプリケーション)に対して一覧作成処理を委ねてもよい。あるいは、要求に応じて一覧表を動的に生成するのではなく、提供コンテンツを一覧するためのHTMLコンテンツをWebサーバ200が予め静的に保管しておいてもよい。あるいは、記録サービス・システム100がWebサーバ200による提供コンテンツの一覧を予め受信しておき、記録サービス・システム100が直接クライアント・ユーザに該一覧を提示するようにしてもよい。

0232

そして、Webサーバ200は、提供コンテンツの一覧を、例えばHTTPレスポンスとしてクライアントに返す(S33)。本実施例では、提供コンテンツ一覧の返信先は、クライアントのホスト装置500ではなく、コンテンツの記録サービスを行うシステム100であり、その後の記録サービスをダウンロード先で直接行うことができる。勿論、クライアントのホスト装置500に情報コンテンツの一覧をダウンロードしても、本発明の効果を同様に奏することができる。

0233

クライアント・ユーザは、ユーザ情報入力装置に自身のICカードを挿入するなどして、既に記録サービス・システム100上におけるユーザの真正性すなわち認証処理を終えているものとする。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 横浜信用金庫の「 情報提供システム、情報提供方法、プログラム」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】精度がより高いビジネスマッチングを実現することである。【解決手段】情報提供システム1は、従業員が属する企業の企業情報及び経営者が経営する企業の企業情報の少なくとも何れかを記憶する記憶部120と... 詳細

  • ヒロテック株式会社の「 ストリーム配信システムおよびストリーム配信方法」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】専用の機能を組み込んだSTBや特別なテレビ受信機を用いることなく、既存の受信端末側からユニキャスト配信の開始のトリガーを発行する。【解決手段】ストリーム配信システムは、テレビ受信機300からの... 詳細

  • 株式会社ドワンゴの「 サーバおよびプログラム」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】ゲームのリアルタイムプレイ動画の観客による当該ゲームの進行へ介入が短期間に集中することによる双方向的なゲーム体験の破綻を回避する。【解決手段】本発明の一態様に係るサーバは、算出部と、決定部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ