図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2001年5月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課 題

発電機を各々具備する複数の推進機小型船舶に搭載され、船体アクセサリー用バッテリーが複数の推進機の発電機で円滑に充電することができる小型船舶の充電装置を提供する。

解決手段

推進機用バッテリー(11,12)の電圧(A,B)およびアクセサリー用バッテリー(17)の電圧(C)の両方が充電完了設定電圧よりも高い時、並びに、電圧(A,B)または電圧(C)の一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーター(26)を作動させて、発電機(7)からの各バッテリーへの電気の供給を停止させている。一方、電圧(A,B)または電圧(C)の一方が充電完了設定電圧よりも低く、かつ、電圧(A,B)および電圧(C)の電圧の両者が過充電防止設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っている。

概要

背景

従来の複数の推進機が搭載されている小型船舶について図4および図5を用いて説明する。図4は従来の複数の推進機が搭載されている小型船舶の斜視図である。図5は従来のバッテリー充電装置回路図である。推進機としての船外機1が、モーターボートなどの小型船舶2に2機搭載されている。この船外機1には各々、プロペラ回転駆動するエンジンが設けられている。このエンジンには、エンジンを始動するスタータモータ6や、エンジンの回転により駆動される交流発電機であるオールタネーター7が設けられている。また、各船外機1毎に推進機用バッテリー11,12が設けられ、前記スタータモータ6や船外機1内の各種電装品モーターおよび点火プラグなどの推進機用電気機器給電している。さらに、小型船舶2には、航海灯16や計器盤などの舶用アクセサリーが設けられているとともに、この舶用アクセサリーに給電するアクセサリー用バッテリー17が設けられている。

そして、左側の船外機1のエンジン(以下、「左エンジン」と呼ぶ。)のオールタネーター7は、ダイオードなどからなるアイソレータなどの整流器21,22,23を介して、推進機用バッテリー11、アクセサリー用バッテリー17およびアース24に接続されているとともに、オールタネーター7には、過充電を防止するレギュレーター26が接続されている。このレギュレーター26はサイリスタなどからなり、マイコンなどからなる制御装置27の出力端子がレギュレーター26のゲートに接続され、制御装置27からのトリガー信号がゲートに入力される。また、制御装置27の入力端子aには、オールタネーター7の電圧が整流器29を介して入力されている。そして、オールタネーター7の電圧がレギュレーター26の設定電圧(たとえば、約15.5V )以上になると、制御装置27はトリガー信号をレギレーター26に出力して、オールタネーター7の出力をアースさせてレギュレートしている。

一方、右側の船外機1のエンジン(以下、「右エンジン」と呼ぶ。)のオールタネーター7は、アクセサリー用バッテリー17には接続されておらず、オールタネーター7からの電気はアクセサリー用バッテリー17には供給されていない。それ以外の構成は左エンジンと略同じである。

概要

発電機を各々具備する複数の推進機が小型船舶に搭載され、船体のアクセサリー用バッテリーが複数の推進機の発電機で円滑に充電することができる小型船舶の充電装置を提供する。

推進機用バッテリー(11,12)の電圧(A,B)およびアクセサリー用バッテリー(17)の電圧(C)の両方が充電完了設定電圧よりも高い時、並びに、電圧(A,B)または電圧(C)の一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーター(26)を作動させて、発電機(7)からの各バッテリーへの電気の供給を停止させている。一方、電圧(A,B)または電圧(C)の一方が充電完了設定電圧よりも低く、かつ、電圧(A,B)および電圧(C)の電圧の両者が過充電防止設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っている。

目的

本発明は、以上のような課題を解決するためのもので、発電機を各々具備する複数の推進機が小型船舶に搭載され、船体のアクセサリー用バッテリーが複数の推進機の発電機で円滑に充電することができる小型船舶の充電装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
3件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の推進機が搭載され、この各推進機は各々発電機を具備しており、かつ、推進機毎に推進機用バッテリーが設けられ、この推進機用バッテリーが各推進機に電気を供給し、また、この推進機用バッテリーとは別にアクセサリー用バッテリーが設けられ、このアクセサリー用バッテリーが舶用アクセサリーに電気を供給している小型船舶充電装置において、少なくとも2個の推進機の発電機からの電気は、対応する推進機用バッテリーおよびアクセサリー用バッテリーに各々整流器を介して供給され、かつ、前記発電機にはレギュレーターが接続され、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両方が充電完了設定電圧よりも高い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーターを作動させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を停止させ、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が充電完了設定電圧よりも低く、かつ、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両者が過充電防止設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っていることを特徴とする複数の推進機が搭載されている小型船舶の充電装置。

請求項2

小型船舶に搭載される推進機は各々発電機を具備しており、かつ、推進機毎に推進機用バッテリーが設けられ、この推進機用バッテリーが各推進機に電気を供給し、また、この推進機用バッテリーとは別にアクセサリー用バッテリーが設けられ、このアクセサリー用バッテリーが舶用アクセサリーに電気を供給している小型船舶の充電装置において、各推進機の発電機からの電気は、対応する推進機用バッテリーおよびアクセサリー用バッテリーに各々整流器を介して供給され、かつ、前記発電機にはレギュレーターが接続され、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両方が充電完了設定電圧よりも高い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーターを作動させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を停止させ、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が充電完了設定電圧よりも低く、かつ、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両者が過充電防止設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っていることを特徴とする小型船舶の充電装置。

請求項3

複数の推進機が搭載され、この各推進機は各々発電機を具備しており、かつ、推進機毎に推進機用バッテリーが設けられ、この推進機用バッテリーが各推進機に電気を供給し、また、この推進機用バッテリーとは別にアクセサリー用バッテリーが設けられ、このアクセサリー用バッテリーが舶用アクセサリーに電気を供給している小型船舶の充電装置において、少なくとも2個の推進機の発電機からの電気は、対応する推進機用バッテリーおよびアクセサリー用バッテリーに各々整流器を介して供給され、かつ、前記発電機にはレギュレーターが接続され、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が充電完了設定電圧よりも高く、かつ両電圧が充電不足設定電圧よりも高い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーターを作動させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を停止させ、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両者が充電完了設定電圧よりも低い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の一方が充電完了設定電圧と過充電防止設定電圧との間の値で、かつ、他方の電圧が充電不足設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っていることを特徴とする複数の推進機が搭載されている小型船舶の充電装置。

請求項4

小型船舶に搭載される推進機は各々発電機を具備しており、かつ、推進機毎に推進機用バッテリーが設けられ、この推進機用バッテリーが各推進機に電気を供給し、また、この推進機用バッテリーとは別にアクセサリー用バッテリーが設けられ、このアクセサリー用バッテリーが舶用アクセサリーに電気を供給している小型船舶の充電装置において、各推進機の発電機からの電気は、対応する推進機用バッテリーおよびアクセサリー用バッテリーに各々整流器を介して供給され、かつ、前記発電機にはレギュレーターが接続され、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が充電完了設定電圧よりも高く、かつ両電圧が充電不足設定電圧よりも高い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーターを作動させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を停止させ、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両者が充電完了設定電圧よりも低い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の一方が充電完了設定電圧と過充電防止設定電圧との間の値で、かつ、他方の電圧が充電不足設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っていることを特徴とする小型船舶の充電装置。

技術分野

0001

本発明は、小型船舶充電装置、特に、複数の推進機が搭載されている小型船舶の充電装置に関する。

背景技術

0002

従来の複数の推進機が搭載されている小型船舶について図4および図5を用いて説明する。図4は従来の複数の推進機が搭載されている小型船舶の斜視図である。図5は従来のバッテリーの充電装置の回路図である。推進機としての船外機1が、モーターボートなどの小型船舶2に2機搭載されている。この船外機1には各々、プロペラ回転駆動するエンジンが設けられている。このエンジンには、エンジンを始動するスタータモータ6や、エンジンの回転により駆動される交流発電機であるオールタネーター7が設けられている。また、各船外機1毎に推進機用バッテリー11,12が設けられ、前記スタータモータ6や船外機1内の各種電装品モーターおよび点火プラグなどの推進機用電気機器給電している。さらに、小型船舶2には、航海灯16や計器盤などの舶用アクセサリーが設けられているとともに、この舶用アクセサリーに給電するアクセサリー用バッテリー17が設けられている。

0003

そして、左側の船外機1のエンジン(以下、「左エンジン」と呼ぶ。)のオールタネーター7は、ダイオードなどからなるアイソレータなどの整流器21,22,23を介して、推進機用バッテリー11、アクセサリー用バッテリー17およびアース24に接続されているとともに、オールタネーター7には、過充電を防止するレギュレーター26が接続されている。このレギュレーター26はサイリスタなどからなり、マイコンなどからなる制御装置27の出力端子がレギュレーター26のゲートに接続され、制御装置27からのトリガー信号がゲートに入力される。また、制御装置27の入力端子aには、オールタネーター7の電圧が整流器29を介して入力されている。そして、オールタネーター7の電圧がレギュレーター26の設定電圧(たとえば、約15.5V )以上になると、制御装置27はトリガー信号をレギレーター26に出力して、オールタネーター7の出力をアースさせてレギュレートしている。

0004

一方、右側の船外機1のエンジン(以下、「右エンジン」と呼ぶ。)のオールタネーター7は、アクセサリー用バッテリー17には接続されておらず、オールタネーター7からの電気はアクセサリー用バッテリー17には供給されていない。それ以外の構成は左エンジンと略同じである。

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、右エンジン側のオールタネーター7の発電量余裕があるにも係わらず、アクセサリー用バッテリー17の充電が不十分であることがある。この様な場合でも、図4および図5に図示する従来例では、右エンジン側のオールタネーター7でアクセサリー用バッテリー17を充電することはできなかった。そこで、図6および図7に図示するように、右エンジン側の充電回路を、左エンジン側の充電回路と同じ構成として、右エンジンのオールタネーター7で、アクセサリー用バッテリー17を充電することが検討されている。図6は複数の推進機が搭載されている小型船舶の検討例の斜視図である。図7は検討例のバッテリーの充電装置の回路図である。

0006

しかしながら、製造誤差などにより、レギュレーター26の設定電圧は製品により誤差がある。そのため、レギュレーター26の設定電圧が、左エンジンと右エンジンとで異なることがある。たとえば、左エンジンにおける設定電圧が約15.4V で、右エンジンにおける設定電圧が約15.5V であることがある。また、アイソレータとしての整流器22は、オールタネーター7側の電圧がアクセサリー用バッテリー17側よりも高い時に、オールタネーター7側からアクセサリー用バッテリー17側に電流を流しているが、オールタネーター7側の電圧がアクセサリー用バッテリー17側よりも低い時には、アクセサリー用バッテリー17側からオールタネーター7側に微弱な電流が流れている。ところで、右エンジン側が十分に充電されて、右推進機用バッテリー12およびアクセサリー用バッテリー17が約15.5V となっている際に、左エンジン側は充電不足の状態が発生することがある。そして、この様な場合に、左エンジンのオールタネーター7が作動して、オールタネーター7の出力電圧上がり、左推進機用バッテリー11を充電しようとすると、アクセサリー用バッテリー17からも微弱な電流が、整流器22を介してオールタネーター7側に流れており、オールタネーター7の出力電圧が、設定電圧である約15.4V を越えて約15.5V になることがある。すると、レギュレーター26がレギュレートして、オールタネーター7からの電流がアースされ、オールタネーター7から左推進機用バッテリー11への出力電圧が低下する。そのため、左推進機用バッテリー11への充電が円滑に行われないことがある。

0007

本発明は、以上のような課題を解決するためのもので、発電機を各々具備する複数の推進機が小型船舶に搭載され、船体のアクセサリー用バッテリーが複数の推進機の発電機で円滑に充電することができる小型船舶の充電装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本出願の請求項1記載の発明は、複数の推進機(1)が搭載され、この各推進機は各々発電機(7)を具備しており、かつ、推進機毎に推進機用バッテリー(11,12)が設けられ、この推進機用バッテリーが各推進機に電気を供給し、また、この推進機用バッテリーとは別にアクセサリー用バッテリー(17)が設けられ、このアクセサリー用バッテリーが舶用アクセサリー(16)に電気を供給している小型船舶(2)の充電装置において、少なくとも2個の推進機の発電機からの電気は、対応する推進機用バッテリーおよびアクセサリー用バッテリーに各々整流器(21,22)を介して供給され、かつ、前記発電機にはレギュレーター(26)が接続され、推進機用バッテリーの電圧(A,B)およびアクセサリー用バッテリーの電圧(C)の両方が充電完了設定電圧よりも高い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーターを作動させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を停止させ、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が充電完了設定電圧よりも低く、かつ、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両者が過充電防止設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っている。

0009

請求項2記載の発明は、小型船舶に搭載される推進機は各々発電機を具備しており、かつ、推進機毎に推進機用バッテリーが設けられ、この推進機用バッテリーが各推進機に電気を供給し、また、この推進機用バッテリーとは別にアクセサリー用バッテリーが設けられ、このアクセサリー用バッテリーが舶用アクセサリーに電気を供給している小型船舶の充電装置において、各推進機の発電機からの電気は、対応する推進機用バッテリーおよびアクセサリー用バッテリーに各々整流器を介して供給され、かつ、前記発電機にはレギュレーターが接続され、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両方が充電完了設定電圧よりも高い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーターを作動させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を停止させ、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が充電完了設定電圧よりも低く、かつ、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両者が過充電防止設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っている。

0010

請求項3記載の発明は、複数の推進機が搭載され、この各推進機は各々発電機を具備しており、かつ、推進機毎に推進機用バッテリーが設けられ、この推進機用バッテリーが各推進機に電気を供給し、また、この推進機用バッテリーとは別にアクセサリー用バッテリーが設けられ、このアクセサリー用バッテリーが舶用アクセサリーに電気を供給している小型船舶の充電装置において、少なくとも2個の推進機の発電機からの電気は、対応する推進機用バッテリーおよびアクセサリー用バッテリーに各々整流器を介して供給され、かつ、前記発電機にはレギュレーターが接続され、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が充電完了設定電圧よりも高く、かつ両電圧が充電不足設定電圧よりも高い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーターを作動させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を停止させ、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両者が充電完了設定電圧よりも低い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の一方が充電完了設定電圧と過充電防止設定電圧との間の値で、かつ、他方の電圧が充電不足設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っている。

0011

請求項4記載の発明は、小型船舶に搭載される推進機は各々発電機を具備しており、かつ、推進機毎に推進機用バッテリーが設けられ、この推進機用バッテリーが各推進機に電気を供給し、また、この推進機用バッテリーとは別にアクセサリー用バッテリーが設けられ、このアクセサリー用バッテリーが舶用アクセサリーに電気を供給している小型船舶の充電装置において、各推進機の発電機からの電気は、対応する推進機用バッテリーおよびアクセサリー用バッテリーに各々整流器を介して供給され、かつ、前記発電機にはレギュレーターが接続され、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が充電完了設定電圧よりも高く、かつ両電圧が充電不足設定電圧よりも高い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の少なくとも一方が過充電防止設定電圧よりも高い時に、レギュレーターを作動させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を停止させ、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両者が充電完了設定電圧よりも低い時、並びに、推進機用バッテリーの電圧またはアクセサリー用バッテリーの電圧の一方が充電完了設定電圧と過充電防止設定電圧との間の値で、かつ、他方の電圧が充電不足設定電圧よりも低い時に、レギュレーターの作動を停止させて、発電機からの各バッテリーへの電気の供給を行っている。

発明を実施するための最良の形態

0012

次に、本発明における複数の推進機が搭載されている小型船舶の充電装置の実施の形態を説明する。図1は本発明の実施の形態にかかる小型船舶の充電装置の回路図である。図2は実施の第1の形態の充電のフローチャートである。図3は実施の第2の形態の充電のフローチャートである。

0013

実施の形態の小型船舶の斜視図は、検討例における図6に図示した斜視図と同じである。また、従来例および検討例と同じ構成には、同じ符号を付してその詳細な説明は割愛する。図5に図示する検討例では、制御装置27には、オールタネーター7の出力電圧が入力されているのに対して、実施の形態では、制御装置27には、2個の入力端子a,bが設けられ、第1入力端子aには推進機用バッテリー11or12の電圧AorBが、一方、第2入力端子bにはアクセサリー用バッテリー17の電圧Cが入力されている。そして、制御装置27のRAMやROMなどの記憶部には、充電完了設定電圧(たとえば、約15V)および過充電防止設定電圧(たとえば、約16V)が予め設定されている。さらに、実施の第2の形態においては、制御装置27の記憶部には、充電完了設定電圧および過充電防止設定電圧に加えて、充電不足設定電圧(たとえば、約13V)が予め設定されている。なお、充電不足設定電圧、充電完了設定電圧、過充電防止設定電圧の順に、設定電圧が高くなっている。

0014

ついで、実施の第1の形態における充電のフローを説明する。以下のフローでは、左エンジン側の充電を説明しているが、右エンジン側の充電のフローは、左側の推進機用バッテリー11の電圧Aを、右側の推進機用バッテリー12の電圧Bに代えたものと同じであり、その説明は割愛する。

0015

図2において、ステップ1で、制御装置27は、推進機用バッテリー11の電圧Aと充電完了設定電圧(約15V)とを比較し、電圧Aの方が高い時にはステップ2に行き、一方、低い時にはステップ4に行く。ステップ2において、制御装置27は、アクセサリー用バッテリー17の電圧Cと充電完了設定電圧(約15V)とを比較し、電圧Cの方が高い時にはステップ3に行き、一方、低い時にはステップ4に行く。ステップ3において、制御装置27はトリガー信号をレギュレーター26に出力しレギュレートを開始し、ステップ1に戻る。また、ステップ4においては、電圧Aおよび電圧Cと過充電防止設定電圧(約16V)とを比較し、電圧Aまたは電圧Cの少なくとも一方が過充電防止設定電圧(約16V)よりも高いと、ステップ3に行き、レギュレートを開始し、ステップ1に戻る。一方、電圧Aおよび電圧Cの両者が過充電防止設定電圧(約16V)よりも低いと、ステップ5に行く。そして、ステップ5において、制御装置27はトリガー信号の出力を停止し、レギュレーター26はレギュレートを終了する。そして、ステップ1に戻る。

0016

この様にして、実施の第1の形態では、推進機用バッテリー11の電圧Aおよびアクセサリー用バッテリー17の電圧Cが、充電完了設定電圧(約15V)よりも高い時、並びに、推進機用バッテリー11の電圧Aまたはアクセサリー用バッテリー17の電圧Cの少なくとも一方が、過充電防止設定電圧(約16V)よりも高い時に、レギュレートしている。そして、オールタネーター7からの各バッテリー11,17への電気の供給を停止させている。一方、推進機用バッテリー11の電圧Aまたはアクセサリー用バッテリー17の電圧Cの少なくとも一方が充電完了設定電圧(約15V)よりも低く、かつ、推進機用バッテリー11の電圧Aおよびアクセサリー用バッテリー17の電圧Cの両者が過充電防止設定電圧(約16V)よりも低い時に、レギュレートを終了させて、オールタネーター7からの各バッテリー11,17への電気の供給を行っている。

0017

そして、左右の各エンジンにおいて、推進機用バッテリー11,12の電圧A,Bとアクセサリー用バッテリー17の電圧Cとは、充電時には、略均一となる様に充電されており、この推進機用バッテリー11,12の電圧A,Bとアクセサリー用バッテリー17の電圧Cとが充電完了設定電圧(約15V)を越えた辺りで、レギュレートが開始する。そのため、電圧A,B,Cは、フル充電の際においても、充電完了設定電圧(約15V)近辺にあり、過充電防止設定電圧(約16V)に達することは殆どない。したがって、右側のエンジン側の推進機用バッテリー12およびアクセサリー用バッテリー17がフル充電されていても、左側のエンジン側の推進機用バッテリー11への充電を円滑に行うことができる。また、推進機用バッテリー11,12またはアクセサリー用バッテリー17の一方が劣化していると、他方のバッテリーが過充電することがあるが、過充電防止設定電圧(約16V)に基づいてレギュレートの開始・終了の判断を行っているので、バッテリー11,12,17の過充電も確実に防止することができる。

0018

次に、実施の第2の形態における充電のフローを説明する。以下のフローでは、左エンジン側の充電を説明しているが、右エンジン側の充電のフローは、左側の推進機用バッテリー11の電圧Aを、右側の推進機用バッテリー12の電圧Bに代えたものと同じであり、その説明は割愛する。

0019

図3において、ステップ1で、制御装置27は、推進機用バッテリー11の電圧Aおよびアクセサリー用バッテリー17の電圧Cと、充電完了設定電圧(約15V)とを比較し、電圧A,Cの少なくとも一方が充電完了設定電圧(約15V)よりも高い時にはステップ2に行き、一方、電圧A,Cの両者が低い時にはステップ5に行く。ステップ2において、制御装置27は、推進機用バッテリー11の電圧Aおよびアクセサリー用バッテリー17の電圧Cと、充電不足設定電圧(約13V)とを比較し、電圧A,Cの何れか一方が充電不足設定電圧(約13V)よりも低い時にはステップ4に行き、一方、電圧A,Cの両者が高い時にはステップ3に行く。ステップ3において、制御装置27はトリガー信号をレギュレーター26に出力しレギュレートを開始し、ステップ1に戻る。また、ステップ4においては、電圧Aおよび電圧Cと過充電防止設定電圧(約16V)とを比較し、電圧Aまたは電圧Cの何れか一方が過充電防止設定電圧(約16V)よりも高いと、ステップ3に行き、レギュレートを開始し、ステップ1に戻る。一方、電圧Aおよび電圧Cの両者が過充電防止設定電圧(約16V)よりも低いと、ステップ5に行く。そして、ステップ5において、制御装置27はトリガー信号の出力を停止し、レギュレーター26はレギュレートを終了する。そして、ステップ1に戻る。

0020

この様にして、実施の第2の形態では、推進機用バッテリー11の電圧Aまたはアクセサリー用バッテリー17の電圧Cの少なくとも一方が充電完了設定電圧(約15V)よりも高く、かつ両電圧A,Cが充電不足設定電圧(約13V)よりも高い時、並びに、推進機用バッテリー11の電圧Aまたはアクセサリー用バッテリー17の電圧Cの少なくとも一方が過充電防止設定電圧(約16V)よりも高い時に、レギュレートしている。そして、オールタネーター7からの各バッテリー11,17への電気の供給を停止させている。一方、推進機用バッテリー11の電圧Aおよびアクセサリー用バッテリー17の電圧Cの両者が充電完了設定電圧(約15V)よりも低い時、並びに、推進機用バッテリー11の電圧Aまたはアクセサリー用バッテリー17の電圧Cの一方が充電完了設定電圧(約15V)と過充電防止設定電圧(約16V)との間の値で、かつ、他方の電圧が充電不足設定電圧(約13V)よりも低い時に、レギュレートを終了させて、オールタネーター7からの各バッテリー11,17への電気の供給を行っている。

0021

この様に実施の第2の形態は構成されているので、推進機用バッテリー11,12の電圧A,Bとアクセサリー用バッテリー17の電圧Cとは、フル充電でも、充電完了設定電圧(約15V)と過充電防止設定電圧(約16V)との間近辺にあり、過充電防止設定電圧(約16V)に達することは殆どない。したがって、右側のエンジン側の推進機用バッテリー12およびアクセサリー用バッテリー17がフル充電されていても、左側のエンジン側の推進機用バッテリー11への充電を円滑に行うことができる。

0022

また、実施の形態では、各船外機1毎に制御装置27が設けられ、対応する船外機1の推進機用バッテリー11,12の電圧A,Bおよびアクセサリー用バッテリー17の電圧Cが入力されているとともに、対応する船外機1のレギュレーター26を制御している。したがって、小型船舶2に一機の船外機1が搭載されている場合でも、そのまま使用可能である。その結果、小型船舶2に搭載されている船外機1の個数に関係なく、1個の場合も、また、複数の場合も同じ形式の充電装置を用いることができ、コストを削減することができる。また、3個以上のオールタネーター7をアクセサリー用バッテリー17に接続することも可能である。

0023

以上、本発明の実施の形態を詳述したが、本発明は、前記実施の形態に限定されるものではなく、特許請求の範囲に記載された本発明の要旨の範囲内で、種々の変更を行うことが可能である。本発明の変更例を下記に例示する。
(1)小型船舶はモーターボート以外でも可能である。たとえば、ヨット漁船などでも可能である。また、推進機は船外機以外でも可能である。たとえば、船内外機でも可能である。さらに、推進機のエンジンは、内燃機関である4サイクルエンジン、2サイクルエンジン、ディーゼルエンジンガソリンエンジンロータリーエンジンなど適宜選択可能であり、そして、気筒数気筒配置形式なども、たとえば、単気筒、多気筒、L型V型など適宜選択可能である。
(2)小型船舶に搭載される推進機の個数は、本発明に適しているのは複数で、その数は適宜選択可能である。ただし、一般的には2機または3機である。なお、小型船舶に、推進機を一機のみ搭載することも可能である。さらに、アクセサリー用バッテリーには、複数の発電機から給電されていればよく、必ずしも、全ての発電機から給電されている必要はない。もちろん、全ての発電機から給電することも可能である。
(3)制御装置27は各船外機1毎に設ける必要は必ずしもなく、制御装置27を一個共通して設けることも可能である。ただし、制御装置27は各船外機1毎に設けることが好ましい。
(4)スタータモータを設けずに、手動で始動することも可能である。

発明の効果

0024

本発明によれば、レギュレーターは、推進機用バッテリーの電圧およびアクセサリー用バッテリーの電圧の両電圧と、充電完了設定電圧とを比較して制御されている。したがって、アクセサリー用バッテリーが充電を完了していても、推進機用バッテリーの充電が不十分な時は、推進機用バッテリーを円滑に充電することができる。また、推進機用バッテリーまたはアクセサリー用バッテリーの一方が劣化していると、他方のバッテリーが過充電となることがあるが、本発明では前記両電圧が過充電防止設定電圧と比較されており、前記他方のバッテリーが過充電となることを防止することができる。

0025

特に、過充電防止設定電圧、充電完了設定電圧および充電不足設定電圧の3個の設定電圧と比較して、レギュレートしている場合には、より円滑に充電することができる。

図面の簡単な説明

0026

図1図1は本発明の実施の形態にかかる小型船舶の充電装置の回路図である。
図2図2は実施の第1の形態の充電のフローチャートである。
図3図3は実施の第2の形態の充電のフローチャートである。
図4図4は従来の複数の推進機が搭載されている小型船舶の斜視図である。
図5図5は従来のバッテリーの充電装置の回路図である。
図6図6は複数の推進機が搭載されている小型船舶の検討例の斜視図である。
図7図7は検討例のバッテリーの充電装置の回路図である。

--

0027

A 左推進機用バッテリーの電圧
B 右推進機用バッテリーの電圧
Cアクセサリー用バッテリーの電圧
1船外機(推進機)
2小型船舶
7オールタネーター(発電機)
11,12 推進機用バッテリー
16航海灯(舶用アクセサリー)
17 アクセサリー用バッテリー
21,22整流器
26 レギュレーター

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ