図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2001年4月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

ピーマンの種子と胎座隔壁が含有している血液の循環活発にする物質及びカプサイシン様物質を摂取することによって健康増進を図ることができる食品及び医薬品を提供すること。

解決手段

ピーマンの種子と胎座と隔壁を粉砕、または搾して得られたピーマンの種子と胎座と隔壁の粉末と搾汁液及び破砕物、さらにピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質によって身体の健康に有効な成分をたやすく摂取できることを見いだした。

概要

背景

ピーマンの種子と胎座隔壁は現在まで血液の循環活発にする物質及びカプサイシン様物質の有効成分を含有している事が知られないで来た。またうま味香りもなく種子は扁平で硬さが有るので食用に適さないので廃棄処分もしくは有効利用されないで来た。

概要

ピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質を摂取することによって健康増進を図ることができる食品及び医薬品を提供すること。

ピーマンの種子と胎座と隔壁を粉砕、または搾して得られたピーマンの種子と胎座と隔壁の粉末と搾汁液及び破砕物、さらにピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質によって身体の健康に有効な成分をたやすく摂取できることを見いだした。

目的

本発明は廃棄処分もしくは有効利用されないで来たピーマンの種子と胎座と隔壁にすぐれた血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質の有効成分が有る事を見いだし粉末と搾汁液及び破砕物、さらにピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質を原料にしてたやすく摂取することによって健康増進に貢献する食品及び医薬品を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ピーマンの種子と胎座隔壁の粉末

請求項2

ピーマンの種子と胎座と隔壁の搾汁液及び破砕物

請求項3

請求項1に記載のピーマンの種子と胎座と隔壁の粉末、請求項2に記載のピーマンの種子と胎座と隔壁の搾汁液及び破砕物を含有してなる乳飲料、その他の飲料水調味料、健康食品特定保健用食品栄養補助食品、健康補助食品機能性食品、その他の加工食品医薬部外品及び医薬品。

請求項4

ピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環活発にする物質及びカプサイシン様物質を成分とする乳飲料、その他の飲料水、調味料、健康食品、特定保健用食品、栄養補助食品、健康補助食品、その他の加工食品、医薬部外品、医薬品。

技術分野

0001

本発明はピーマンの種子と胎座隔壁粉末と搾汁液及び破砕物、さらにピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環活発にする物質及びカプサイシン様物質の用途に関するものである。

背景技術

0002

ピーマンの種子と胎座と隔壁は現在まで血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質の有効成分を含有している事が知られないで来た。またうま味香りもなく種子は扁平で硬さが有るので食用に適さないので廃棄処分もしくは有効利用されないで来た。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明は廃棄処分もしくは有効利用されないで来たピーマンの種子と胎座と隔壁にすぐれた血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質の有効成分が有る事を見いだし粉末と搾汁液及び破砕物、さらにピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質を原料にしてたやすく摂取することによって健康増進に貢献する食品及び医薬品を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0004

本発明者は、上記課題を解決すべく鋭意努力した結果ピーマンの種子と胎座と隔壁を粉砕機粉末化処理をして粉末を完成した。またミキサー破砕し搾汁液にして本発明を完成した。本発明によって得られたピーマンの種子と胎座と隔壁の粉末及び搾汁液は乳飲料、その他の飲料水調味料、健康食品、特定保健用食品栄養補助食品、健康補助食品機能性食品もしくはその他加工食品及びそれら食品の配合用と成分の原料として用いる事ができる、さらに医薬品とその成分の原料として用いることができる。

発明を実施するための最良の形態

0005

本発明はピーマンの種子と胎座と隔壁の粉末と搾汁液及び破砕物、さらにピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質であり慣用の方法で粉末化、搾化することにより得ることができる。まずピーマンの種子部と隔壁を取り出して乾燥させたあと慣用の方法にて粉砕して粉末化する、もしくはピーマンの種子部と隔壁を取り出して煮沸熱風等で熱処理し乾燥させたあと粉砕して粉末化する。またはピーマンの種子部と隔壁をミキサーで破砕物としたあと圧縮裏ごし等を行い搾汁液とする、もしくはピーマンの種子部と隔壁を煮沸、熱風等で熱処理しミキサーで破砕物としたあと圧縮、裏ごし等を行い搾汁液とする。

0006

かくして得られたピーマンの種子と胎座と隔壁の粉末と搾汁液及び破砕物、さらにピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質は単独で飲食に供することができるが果汁、乳飲料、みそ汁、スープ等と混合して飲用に供することもできる。また食品に添加成分として加えることもできる。

0007

300個のピーマンから種子部と隔壁を取り出して乾燥させた後、粉砕機で粉末化処理して420ccの粉末が得られた。同じく300個のピーマンから種子部と隔壁を取り出し煮沸し乾燥させたあと粉砕機で粉末化処理して420ccの粉末が得られた。

0008

300個のピーマンから種子部と隔壁を取り出してミキサーで破砕し、圧縮、裏ごし等を行い710ccの搾汁液が得られた。同じく300個のピーマンから種子部と隔壁を取り出し、煮沸したあとミキサーで破砕し、圧縮、裏ごし等を行い710ccの搾汁液が得られた。

0009

実施例1で得られた粉末5ccを5人の被験者に1日1回15日間摂取させた後自己評価させたところ全員について、摂取前に比べて体調が良くなり更に身体の冷えが解消したとの結果が得られた。そのなかの2人については冷え症が完治したとの結果が得られた。また実施例2で得られた搾汁液7ccを5人の被験者に1日1回15日間摂取させた後自己評価させたところ全員について、摂取前に比べて体調が良くなり身体の冷えが解消したとの結果が得られた。

発明の効果

0010

本発明によって従来廃棄処分もしくは有効利用されないで来たピーマンの種子と胎座と隔壁に健康増進に貢献する重要な有効成分の血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質があることを見い出し粉末と搾汁液及び破砕物、さらにピーマンの種子と胎座と隔壁が含有している血液の循環を活発にする物質及びカプサイシン様物質を原料にすることで乳飲料、その他の飲料水、調味料、健康食品、特定保健用食品、栄養補助食品、健康補助食品、機能性食品、その他の加工食品、あるいはそれら食品の配合用と成分の原料として及び単独で飲食に利用することが可能となった。さらに医薬品もしくは医薬品の成分の原料に利用することが可能となった。

図面の簡単な説明

0011

図1ピーマンの種子と胎座の縦断面図である。

--

0012

果実
2 種子
3 種子部
4胎座
5 隔壁

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ