図面 (/)

技術 生ごみ等処理用の水分調整剤材

出願人 有限会社ダイチク
発明者 大平茂樹
出願日 1999年8月30日 (22年1ヶ月経過) 出願番号 1999-243100
公開日 2001年3月13日 (20年7ヶ月経過) 公開番号 2001-062435
状態 拒絶査定
技術分野 固体廃棄物の処理 肥料
主要キーワード カタマリ 家畜舎 スライス片 松ヤニ オガコ 大鋸屑 処理用水 バーカー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年3月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

堆肥製造の腐熟過程における温度上昇に機能して諸問題点を解消する新規生ごみ処理用の水分調整剤材を提供することを目的とする。

解決手段

生ごみ農業残物家畜糞尿等に混入して堆肥を製するのに用いるものであって、木材をその樹心に対して斜め向きスライスすることによりカールさせることによって得た筒状のチップから成るものである。

概要

背景

従来、生ごみから堆肥を製する場合すなわちバクテリア有機性廃棄物堆肥化する場合、当該生ごみにオガコ大鋸屑)、バーク等を入れて処理していたが、これによるときには腐熟過程において温度上昇が少なく、乾燥が不充分であるという問題点があった。

概要

堆肥製造の腐熟過程における温度上昇に機能して諸問題点を解消する新規生ごみ処理用の水分調整剤材を提供することを目的とする。

生ごみ、農業残物家畜糞尿等に混入して堆肥を製するのに用いるものであって、木材をその樹心に対して斜め向きスライスすることによりカールさせることによって得た筒状のチップから成るものである。

目的

本発明は、上記温度上昇等に機能して上記問題点を解消する新規の生ごみ処理用の水分調整剤材を提供することを目的とするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

生ごみ農業残物家畜糞尿等に混入して堆肥を製するのに用いるものであって、木材をその樹心に対して斜め向きスライスすることによりカールさせることによって得た筒状のチップから成ることを特徴とする生ごみ等処理用水分調整剤材。

技術分野

0001

本発明は、主に、生ごみ農業残物家畜糞尿等から堆肥ハウス乾燥方式等で製する場合、すなわちバクテリア有機性廃棄物堆肥化する場合に用いる生ごみ等処理用水分調整剤材に関する。

背景技術

0002

従来、生ごみから堆肥を製する場合すなわちバクテリアで有機性廃棄物を堆肥化する場合、当該生ごみにオガコ大鋸屑)、バーク等を入れて処理していたが、これによるときには腐熟過程において温度上昇が少なく、乾燥が不充分であるという問題点があった。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明は、上記温度上昇等に機能して上記問題点を解消する新規生ごみ処理用の水分調整剤材を提供することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0004

上記目的を達成するために本発明に係る生ごみ等処理用の水分調整剤材は、生ごみ、農業残物、家畜の糞尿等に混入して堆肥を製するのに用いるものであって、木材をその樹心に対して斜め向きスライスすることによりカールさせることによって得た筒状のチップから成るものである。

0005

図に示す実施例は、木材(原木)をその樹心の向きに対して斜めとなる向きにスライスすることによりカールさせることによって得た筒状のチップ1から成るものであって、次のような工程を列記順に行うことで製造されたものである。すなわち、バーカー部で原木から外皮を剥ぎ取る皮剥ぎ工程、外皮無し原木を原木投入部に投入して当該外皮無し原木を樹心の向きに対して斜めとなる向きにスライス用刃付き回転刃部によりスライスするスライス工程、スライス用刃によりスライスされたスライス片コンベアを介して受部に蓄積する受け工程。

0006

上記実施に際しては、樹種によっては多少異なるが、カールの直径が3cm〜5cm程度であって、スライスの厚さが3mm〜5mm程度であることが望ましく好適である。

0007

また、スライス加工は、原木が50%〜30%の含水率である乾燥の状態において行った場合には上記したような好適なカール状態能率よく且つ容易に確保できて好都合であり、特に原木が針葉樹でその含水率が上記のときには松ヤニヤニが少なくカールの状態も良好である。

0008

そして、実施の場合には特に樹種を限定するものではなく、上記針葉樹以外のものでもよく、中でも品質広葉樹種が良好であり、しかも造材現場から出る、追い上材小径木低質材等のように製材に利用されないような木材を活用しても実施が可能で経済的にも有利である。

0009

そもそも、広く行われている牛舎家畜舎敷料から堆肥を製造する際には、その腐熟過程において空気に触れさせること、完熟しないカタマリ部分を形成しないようにすること、乾燥させること、等が大事であって、これ等は良質の堆肥を得るための最も重要な条件であった。

0010

そして、生ごみ等から堆肥を製する場合にも、牛舎等家畜舎の敷料から堆肥を製造するときと同じように、上記条件すなわち腐熟過程において空気に触れさせること、完熟しないカタマリ部分を形成しないようにすること、乾燥させること、等が極めて大事なことであることは言うまでもない。

0011

そこで、上記条件を満たすために本発明に係る生ごみ等処理用の水分調整剤材を使用するものである。

0012

因に、本発明者が本発明に係る生ごみ等処理用水分調整剤材を生ごみ等に混入して堆肥を製造したときに得たデータでは、上記従来例のオガコ(大鋸屑)、バーク等を入れて処理したときよりも温度上昇が約5℃程度高温となっていたこと、この高温化により乾燥時間が短くなっていたこと、また当該温度が約80℃までにも達してサルモネラ、0157、大腸菌等の殺菌・滅菌効果があったことが確認できた。

発明の効果

0013

本発明に係る生ごみ等処理用の水分調整剤材は、上記のように木材をその樹心に対して斜め向きにスライスすることによりカールさせることによって得た筒状のチップから成ることを特徴とするので、カールさせたことが生ごみ等の空気への接触を良くし、木材の樹心に対する斜めスライスが作業者等による押す力や上からの重圧等外力によるコナレを良くし、且つ上記高温化が乾燥を良くするものであって、腐熟過程において空気に触れさせること、完熟しないカタマリ部分を形成しないようにすること、乾燥させること、という機能を充分に果し、完熟を早めることおよびサルモネラ、0157、大腸菌等の殺菌・滅菌効果を得るのに極めて有効に機能するものであって、良質な生ごみ等製堆肥の能率的生産に極めて好適なものである。

図面の簡単な説明

0014

図1本発明に係る生ごみ等処理用水分調整剤材の複数個を示す拡大斜視図である。
図2同じく生ごみ等処理用水分調整剤材の断面図である。

--

0015

1 チップ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人東北大学の「 推定装置、及び、推定方法」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題】固形廃棄物を構成する材料を高い精度にて推定することが可能な推定装置を提供すること。【解決手段】推定装置1は、固形廃棄物2を構成する材料を推定する。推定装置1は、10GHz乃至10THzの周波数... 詳細

  • 住友金属鉱山株式会社の「 廃電池からの有価金属回収方法」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題】廃電池に含まれる有価金属を効率的に分別して、効果的にかつ安価にその有価金属を回収する方法を提供する。【解決手段】本発明に係る廃電池からの有価金属の回収方法は、廃電池を焙焼する焙焼工程S1と、焙... 詳細

  • 住友金属鉱山株式会社の「 廃電池からの有価金属回収方法」が 公開されました。( 2021/08/19)

    【課題】廃電池を処理するに際して、作業環境を良好に維持しながら、有価金属の効率的に回収することができる方法を提供する。【解決手段】本発明に係る廃電池からの有価金属の回収方法は、廃電池を焙焼する焙焼工程... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ