図面 (/)

技術 移動型支持構造体を備えた介護リフト

出願人 パラマウントベッド株式会社
発明者 増川貴之
出願日 1999年8月24日 (20年6ヶ月経過) 出願番号 1999-236343
公開日 2001年3月13日 (19年0ヶ月経過) 公開番号 2001-061906
状態 特許登録済
技術分野 病弱者のベッド及びその関連設備
主要キーワード 保持リング部材 固定腕 電動式巻 屋内壁面 固定用具 受け軸 蝶ねじ ポータブル便器
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年3月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

患者等を持ち上げ下げする機構部を、ベッド傍らに配置した支持構造体によって移動させるようにした介護リフトにおいて、支持構造体を、使用の際の妨げにならないようにする。

解決手段

移動型支持構造体12の支柱13a、13bのうち、一方の支柱13aを、ベッド11長手方向のボード15外側に配置するようにした床据置型基台16に装着する一方、他方の支柱13bを、移動可能な台車17上に装着するようにする。また、前記走行レール14に、老人等を吊り上げ下げすると共に、走行レール14に沿って移動可能な吊上げ下げ機構部18を懸装装着し、この吊上げ下げ機構部18によって老人等を吊り上げた状態で、移動可能な台車17上に支持した支柱13bを、ベッド11傍らまで移動させて、ベッド11傍らの車椅子等に老人等をもたらすようにする。

概要

背景

近年、自力で歩行が困難な老人や重傷病者に対して、ベッド車椅子との間、またトイレ浴室などへ、介護者が容易に移動させることができるようにした、介護用リフトが種々、商品化されている。かかる介護用リフトにおいては、例えば老人等を吊り上げた状態で床面を走行させて移動させることのできる走行型や、走行用レールを梁状に構築して、レールに沿って吊上げ下げ機構部を移動させるようにした、アーチ型型のものがある。このうち、図6に示す介護リフト1では、室内に配備されたベッド2を跨ぐようにアーチ型の支持構造体3を設け、この支持構造体3における一対の柱4間に梁状に掛け渡した走行レール5に、老人を吊上げ下げすると共に、走行レール5に沿って走行移動させて、傍らの車椅子6等に移乗させるようにした吊上げ下げ機構部7を備える構成としている。かかる介護リフト1を用いれば、非力な介護者であっても、難なく老人を移動させることができ、大変な重労働から開放することができるという、大きなメリットをもたらしている。

概要

患者等を持ち上げ下げする機構部を、ベッド傍らに配置した支持構造体によって移動させるようにした介護リフトにおいて、支持構造体を、使用の際の妨げにならないようにする。

移動型支持構造体12の支柱13a、13bのうち、一方の支柱13aを、ベッド11長手方向のボード15外側に配置するようにした床据置型基台16に装着する一方、他方の支柱13bを、移動可能な台車17上に装着するようにする。また、前記走行レール14に、老人等を吊り上げ下げすると共に、走行レール14に沿って移動可能な吊上げ下げ機構部18を懸装装着し、この吊上げ下げ機構部18によって老人等を吊り上げた状態で、移動可能な台車17上に支持した支柱13bを、ベッド11傍らまで移動させて、ベッド11傍らの車椅子等に老人等をもたらすようにする。

目的

しかしながら、介護リフト1において、ベッド2を配備した部屋によって、支持構造体3の形状、寸法が問題となる場合がある。すなわち、部屋の大きさに応じて走行レール5を切断したり、場合によっては、柱4を切断して走行レール5の高さを調節したり、さらには、支持構造体3を配置したために、部屋の出入り口の妨げとなってしまう場合もある。本発明は、かかる不都合をなくすために、提案されたものであって、重病患者、老人等が、介護者等の手助けによってベッドから浴室やトイレ等、他の場所に移動したり、車椅子に乗り移ったりする際に、患者等を持ち上げ下げする機構部を、ベッド傍らに配置した支持構造体によって移動させるようにした介護リフトにおいて、支持構造体を、使用の際の妨げにならないように構成した、移動型支持構造体を備えた介護リフトを提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

重病患者老人等を持ち上げ下げして、ベッドと他の付帯設備との間で移載できるようにした介護リフトにおいて、ベッドを跨ぐように配置する移動型支持構造体を有し、この移動型支持構造体は、一対の支柱とこれら支柱頂部間に掛け渡し装着した走行レールとを有し、これら支柱のうち、一方の支柱をベッド長手方向のボード外側に配置するようにした床据置型基台に装着する一方、他方の支柱を移動可能な台車上に装着するようにし、前記走行レールに、老人等を吊り上げ下げすると共に、走行レールに沿って移動可能な吊上げ下げ機構部を設け、この吊上げ下げ機構部によって老人等を吊り上げた状態で、移動可能な台車上に装着した支柱を、横に移動させてベッド傍らの車椅子等に老人等をもたらすようにしたことを特徴とする移動型支持構造体を備えた介護リフト。

請求項2

重病患者、老人等を持ち上げ下げして、ベッドと他の付帯設備との間で移載できるようにした介護リフトにおいて、ベッドを跨ぐように配置する移動型支持構造体を有し、この移動型支持構造体は、一対の支柱とこれら支柱頂部間に掛け渡し装着した走行レールとを有し、これら支柱のうち、一方の支柱をベッド長手方向のボード外側に配置するようにした床据置型基台に装着する一方、他方の支柱を移動可能な台車上に装着するようにし、前記床据置型基台に装着した支柱を部屋内壁面固定用具を介して固定するようにし、前記走行レールに、老人等を吊り上げ下げすると共に、走行レールに沿って移動可能な吊上げ下げ機構部を設け、この吊上げ下げ機構部によって老人等を吊り上げた状態で、移動可能な台車上に装着した支柱を、横に移動させてベッド傍らの車椅子等に老人等をもたらすようにしたことを特徴とする移動型支持構造体を備えた介護リフト。

--

0001

本発明は、重病患者老人等が、介護者等の手助けによってベッドから浴室トイレ等、他の場所に移動したり、車椅子乗り移ったりする際に、患者等を持ち上げ下げする機構部を、ベッド傍らに配置した支持構造体によって移動させるようにした介護リフトにおいて、支持構造体を、使用の際の妨げにならないように構成した、移動型支持構造体を備えた介護リフトに関するものである。

背景技術

0002

近年、自力で歩行が困難な老人や重傷病者に対して、ベッドと車椅子との間、またトイレや浴室などへ、介護者が容易に移動させることができるようにした、介護用リフトが種々、商品化されている。かかる介護用リフトにおいては、例えば老人等を吊り上げた状態で床面を走行させて移動させることのできる走行型や、走行用レールを梁状に構築して、レールに沿って吊上げ下げ機構部を移動させるようにした、アーチ型型のものがある。このうち、図6に示す介護リフト1では、室内に配備されたベッド2を跨ぐようにアーチ型の支持構造体3を設け、この支持構造体3における一対の柱4間に梁状に掛け渡した走行レール5に、老人を吊上げ下げすると共に、走行レール5に沿って走行移動させて、傍らの車椅子6等に移乗させるようにした吊上げ下げ機構部7を備える構成としている。かかる介護リフト1を用いれば、非力な介護者であっても、難なく老人を移動させることができ、大変な重労働から開放することができるという、大きなメリットをもたらしている。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、介護リフト1において、ベッド2を配備した部屋によって、支持構造体3の形状、寸法が問題となる場合がある。すなわち、部屋の大きさに応じて走行レール5を切断したり、場合によっては、柱4を切断して走行レール5の高さを調節したり、さらには、支持構造体3を配置したために、部屋の出入り口の妨げとなってしまう場合もある。本発明は、かかる不都合をなくすために、提案されたものであって、重病患者、老人等が、介護者等の手助けによってベッドから浴室やトイレ等、他の場所に移動したり、車椅子に乗り移ったりする際に、患者等を持ち上げ下げする機構部を、ベッド傍らに配置した支持構造体によって移動させるようにした介護リフトにおいて、支持構造体を、使用の際の妨げにならないように構成した、移動型支持構造体を備えた介護リフトを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0004

前記した課題を解決するために、本発明は、重病患者、老人等を持ち上げ下げして、ベッドと他の付帯設備との間で移載できるようにした介護リフトにおいて、ベッドを跨ぐように配置する移動型支持構造体を有し、この移動型支持構造体は、一対の支柱とこれら支柱頂部間に掛け渡し装着した走行レールとを有し、これら支柱のうち、一方の支柱をベッド長手方向のボード外側に配置するようにした床据置型基台に装着する一方、他方の支柱を移動可能な台車上に装着するようにし、前記走行レールに、老人等を吊り上げ下げすると共に、走行レールに沿って移動可能な吊上げ下げ機構部を設け、この吊上げ下げ機構部によって老人等を吊り上げた状態で、移動可能な台車上に装着した支柱を、横に移動させてベッド傍らの車椅子等に老人等をもたらすようにした。また本発明は、重病患者、老人等を持ち上げ下げして、ベッドと他の付帯設備との間で移載できるようにした介護リフトにおいて、ベッドを跨ぐように配置する移動型支持構造体を有し、この移動型支持構造体は、一対の支柱とこれら支柱頂部間に掛け渡し装着した走行レールとを有し、これら支柱のうち、一方の支柱をベッド長手方向のボード外側に配置するようにした床据置型基台に装着する一方、他方の支柱を移動可能な台車上に装着するようにし、前記床据置型基台に装着した支柱を部屋内壁面固定用具を介して固定するようにし、前記走行レールに、老人等を吊り上げ下げすると共に、走行レールに沿って移動可能な吊上げ下げ機構部を設け、この吊上げ下げ機構部によって老人等を吊り上げた状態で、移動可能な台車上に装着した支柱を、横に移動させてベッド傍らの車椅子等に老人等をもたらすようにした。

発明を実施するための最良の形態

0005

次に、本発明にかかる移動型支持構造体を備えた介護リフトについて、一つの実施の形態を示し、添付の図面に基づいて以下説明する。図1に介護リフト10を示し、この介護リフト10は、重病患者、老人等を持ち上げ下げして、ベッドと他の付帯設備(車椅子を初めとして、ストレッチャーポータブル便器等)との間で移載する際の手助けとなるようにしたものであり、ベッド11を跨ぐように配置する移動型支持構造体12を有している。この移動型支持構造体12は、二つの支柱13a、13bとこれら支柱13a、13b頂部間に掛け渡し装着した走行レール14とを有している。これら支柱13a、13bのうち、一方の支柱13aは、ベッド11長手方向のボード15外側に配置するようにした床据置型基台16に装着され、他方の支柱13bは、移動可能な台車17上に装着するようにしている。また、前記走行レール14には、老人等を吊り上げ下げすると共に、走行レール14に沿って移動可能な吊上げ下げ機構部18を懸装装着している。そしてこの吊上げ下げ機構部18によって老人等を吊り上げた状態で、移動可能な台車17上に支持した支柱13bを、ベッド11傍らまで移動させて、ベッド11傍らの車椅子等(図示省略)に老人等をもたらすようにしている。

0006

前記移動型支持構造体12において、支柱13a、13bを支持する床据置型基台16、台車17には、それぞれ高さ調節手段19、20が設けられている。これら高さ調節手段19、20は、支柱13a、13bをそれぞれ床据置型基台16、台車17に取り付ける際、床据置型基台16、台車17に突設した、支柱13a、13b内径に比較して小な外径受け軸16a、17aを支柱13a、13b下端側に差し入れて支持するようにしているが、前記受け軸16a、17aに等間隔に列設された複数の高さ調節穴hを有している。一方、前記支柱13a、13b下端側に高さ調節用ボルトBが設けられ、床据置型基台16、台車17に突設した受け軸16a、17aを支柱13a、13b下端側に差し入れて支柱13a、13bを支持する際、支柱13a、13b下端側の高さ調節用ボルトBを受け軸16a、17a側の高さ調節穴hに選択的に差し入れて支柱13a、13bの支持高さを調節する構成である。また前記台車17側に装着した支柱13bには、支柱13bを横方向に押して台車17によって床面を移動させるための移動用グリップ21が支柱13b中間に取り付けられている。なお、前記床据置型基台16は、ベッド幅方向指向するように載置されるコ型形状の台枠によって構成され、受け軸16aが中間に一体的に立設されている。一方、前記台車17には、一対のロック機構付きキャスタ17b、17bが取り付けられている。

0007

次に、移動型支持構造体12において、二つの支柱13a、13b間に掛け渡される走行レール14は、両端が支柱13a、13bの頂点回動自在に軸止めされている。また、走行レール14は、図示は省略しているが、ベッド11の床部側に対向する下面側に、前記吊上げ下げ機構部18を懸装装着して、走行レール14に沿って案内移動させるためのガイド溝が形成されている。

0008

そして前記吊上げ下げ機構部18は、走行レール14におけるガイド溝に移動自在に載置した例えばローラを介して懸装されており、筐体22内に電動式巻上げ機構を内蔵している。電動式巻き上げ機構は、モータと、減速機ブレーキクラッチ等の機構部、所定長さの帯状体23を巻き上げ下げするための巻き上げドラムを有し、前記帯状体23の先端をベッド11に向けて垂下して、この帯状体23先端に老人等を吊り上げ下げするためのハンガー24を取り付けている。ハンガー24は、弓形形状の腕部25を有し、この腕部25の両端にフック部材26を設けている。また、前記筐体22には、モータへの電力供給を行うコントローラが内蔵されており、このコントローラへは、ケーブル27を介して垂下した手元スイッチ28によって操作指令を供給するようにしている。

0009

以上のような移動型支持構造体を備えた介護リフト2において、移動型支持構造体12は、ベッド11長手方向に、すなわちボード5間に、跨ぐように配置されるので、ベッド11側面が空き、ベッド以外の備品、すなわち車椅子、ポータブル便器等の置き場所を確保することができ、その他治療行為、介護者の行き来にも支障が生ずることはない。また、移動型支持構造体12を配置する際、床据置型基台16、台車17の受け軸16a、17aを支柱13a、13b下端側に差し入れて、支柱13a、13b下端側の高さ調節用ボルトBを受け軸16a、17a側の高さ調節穴hに選択的に係合することで、支柱13a、13bの高さを調節することができるので、ベッド11が配備される部屋の天井の高さに合わせることができる。

0010

老人等をベッド11床部から持ち上げて、ベッド11傍らの車椅子や、ポータブル便器等に移乗させるには、介護者は吊上げ下げ機構部18を老人の真上に移動させる。次いで、筐体22から垂下する帯状体23先端のハンガー24を引き下ろして、ハンガー24の腕部25両端のフック部材26に老人の身体の下に敷いた吊上げ用のシート(図示省略)を引っ掛け、手元スイッチ28によって吊上げ下げ機構部18を作動するべく操作指令を出し、前記帯状体23を巻き上げることで老人を床部から吊り上げることができる。なお、この場合、老人の足が床部からわずかに離れるぐらいの高さに持ち上げるようにすれば、老人の重みでバランスを崩すようなことはなく、老人に無用な不安感を与えるようなこともない。

0011

かかる状態で介護者は、台車17側に装着した支柱13bの移動用グリップ21を把持し、台車17のキャスタ17b、17bのロックを外し、支柱13bを横方向に押すようにする。すると、移動型支持構造体12は、床据置型基台16に支持した支柱13aと走行レール14との取り付け箇所を中心として回転移動し、ベッド11側方へ台車17側の支柱13bをもたらすことができる(図2参照)。このようにして、ハンガー24の腕部25両端のフック部材26を介して吊り下げた老人を、ベッド11傍らの車椅子Cの直上にもたらすことができる。

0012

そして介護者は片手で、吊り上げた老人を車椅子の上の位置からずれないようにコントロールしながら、もう一方の手で手元スイッチ28を操作して吊上げ下げ機構部18を作動し、ハンガー24を吊る帯状体23を降ろして、老人を前記車椅子Cに移乗させることができるのである。

0013

本発明にかかる移動型支持構造体を備えた介護リフトは、以下のように構成することもできる。なお、前述の介護リフト2と同様の構成要素には、同符号を付して説明は省略する。すなわち、図3に示す介護リフト30では、移動型支持構造体12の二つの支柱13a、13bのうち、床据置型基台16に支持した方の支柱13aを、室内の壁面31に、固定具32によって固定保持するようにしている。この固定具32は、図4図5に示すように壁面31側に固定した壁側固定腕32aと、支柱13a側に嵌入する支柱側腕32bとを有している。壁側固定腕32aと支柱側腕32bとには、それぞれスリット33、34が形成されており、これらスリット33、34を重ねた状態で蝶ねじ35を挿通して連結固定するようにしている。また、支柱側腕32bには、支柱13aを挿通するための保持リング部材36が一体的に設けられている。

0014

以上のような固定具32を用いれば、移動型支持構造体12の一層の安定化を図ることができる。ベッド11を配備する際、室内の壁面31から一定の距離をおいて配備するような必要はなく、ベッド11の配備の位置に応じて固定具32の壁側固定腕32aと支柱側腕32bとの連結固定箇所をずらし、蝶ねじ35によって固定することで対応することができる。

発明の効果

0015

以上の通り、本発明によれば、支持構造体を移動型とすることで、省スペースで設置使用することができる。また、設置は部屋のレイアウトからの影響が少なく、レール、支柱の切断等の必要はない。さらに設置場所天井高さに応じて、一定ピッチで高さ調節が可能であり、天井が低い部屋でも設置が可能となる。

0016

図面の簡単な説明

0017

図1本発明にかかる移動型支持構造体を備えた介護リフトの一つの実施形態を示す外観斜視説明図である。
図2図1に示す介護リフトの、平面説明図である。
図3本発明にかかる移動型支持構造体を備えた介護リフトの別の実施形態を示す外観斜視説明図である。
図4図3に示す介護リフトにおける支柱を固定する固定具の一例を示した、側面図である。
図5図4に示す固定具の斜視説明図である。
図6現行における介護リフトの一例を示した外観斜視図である。

--

0018

10、30介護リフト
11ベッド
12移動型支持構造体
13a、13b支柱
14走行レール
15 ボード
16 床据置型基台
17台車
16a,17a受け軸
18 吊上げ下げ機構部
19、20高さ調節手段
21 移動用グリップ
22筐体
23帯状体
24ハンガー
25 腕部
26フック部材
27ケーブル
28手元スイッチ
31 壁面
32固定具
32a 壁側固定腕
32b支柱側腕
33、34 ねじシャフト
35蝶ねじ
36 保持リング部材

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社北電子の「 情報処理装置」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題】生体情報などの変動情報に基づき被験者の離床状態や変動情報を特定可能な情報処理装置を提供する。【解決手段】生体信号など被験者の離床状態を特定するための第1情報と、温度など被験者の周囲の環境状態を... 詳細

  • ボルヘスベルサ,マヌエルハシントの「 低可動性の人用ストレッチャー」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題】高さを調整可能であり、横臥状態の患者を収容するためのベッドとしての水平姿勢と、椅子としての段付き姿勢との間で切り替え可能な、低可動性の患者用、特に、四肢麻痺の人用の自律的なストレッチャーを提供... 詳細

  • フランスベッド株式会社の「 ベッド装置」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題】ベッドフレームを過度に下降させ過ぎることなく、予め設定された中間位置に位置決めできるようにすること。【解決手段】ベッドフレームを上限位置と下限位置との間で昇降駆動する昇降用駆動源8と、ベッドフ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ