図面 (/)

技術 案内地図生成方法及び案内地図生成装置

出願人 株式会社NTTドコモ日本電信電話株式会社
発明者 町田基宏中村典生杉村利明藤井憲作長井茂杉山和弘毛利仁士
出願日 1999年6月18日 (20年1ヶ月経過) 出願番号 1999-173398
公開日 2001年1月12日 (18年7ヶ月経過) 公開番号 2001-005381
状態 拒絶査定
技術分野 検索装置 計算機・データ通信 教示用装置 航行(Navigation) 電話機の回路等 他装置と結合した電話通信 計算機間の情報転送 移動無線通信システム 航行(Navigation) 電話通信サービス 電話機の機能
主要キーワード 四つ角 選定基準 複数モード 検索表示画面 アクセスボタン 施設分類 携帯ネットワーク 入力画
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2001年1月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

案内地図生成方法及び案内地図生成装置において、検索条件として出発点が指定されなくても、案内地図の生成ができるようにすることを目的とする。

解決手段

地図検索において、目的地が指定されたら、近くの代表的な施設検索し、この代表的な施設を出発点として、案内地図を生成する。図は、目的地を務署とした案内地図の例で、銀座線渋谷最寄りの代表的施設としたもので、銀座線渋谷駅が出発点となっている。施設は、その図形に付与されている属性及びその図形の形状により、予め、その認知のし易さを指標として優先度を定義している。例えば、コンビニ銀行や川はわかり易いので、優先度は高い。その優先度の高いものを算出して、代表的施設とする。代表的施設は、建物はもとより、橋、小川、バス停等の事物又は地形を含む。また、銀座線渋谷駅と目的地の間にある代表的施設からの目的地への案内文が表示される

概要

背景

従来において、目的地までの地図を得ようとすると、目的地までの案内地図は、GPS(Global Positioning System)などで取得された位置、又は固定の施設の位置を出発点とする案内地図であった。

概要

案内地図生成方法及び案内地図生成装置において、検索条件として出発点が指定されなくても、案内地図の生成ができるようにすることを目的とする。

地図検索において、目的地が指定されたら、近くの代表的な施設を検索し、この代表的な施設を出発点として、案内地図を生成する。図は、目的地を務署とした案内地図の例で、銀座線渋谷最寄りの代表的施設としたもので、銀座線渋谷駅が出発点となっている。施設は、その図形に付与されている属性及びその図形の形状により、予め、その認知のし易さを指標として優先度を定義している。例えば、コンビニ銀行や川はわかり易いので、優先度は高い。その優先度の高いものを算出して、代表的施設とする。代表的施設は、建物はもとより、橋、小川、バス停等の事物又は地形を含む。また、銀座線渋谷駅と目的地の間にある代表的施設からの目的地への案内文が表示される

目的

ところで、戸外にいたとき、GPSなどで位置を取得したり、又は近くの固定の施設の位置を簡単に求めることはできない。通常、案内地図は、出発点から目的までを案内する地図であるから、出発点が指定されないと、案内地図を提供するサーバにおいて、案内地図を生成することができないという問題があった。

本発明は、上記問題に鑑みなされたものであり、検索条件として出発点が指定されなくても、案内地図の生成ができるようにすることを目的とするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

携帯電話機ディスプレイに表示する案内地図地図生成方法において、検索条件出発地の指定のない場合は、最寄りの代表的施設出発点として案内地図を作成することを特徴とする案内地図生成方法

請求項2

請求項1記載の案内地図生成方法において、途中の最寄りの代表的施設からの案内文が表示されることを特徴とする案内地図生成方法。

請求項3

請求項1又は2記載の案内地図生成方法において、代表的施設の選定基準として複数モードを有し、該選択されたモードに対応して、代表的施設の選定基準が変更されることを特徴とする案内地図生成方法。

請求項4

請求項1又は2記載の案内地図生成方法において、前記出発点となる代表的施設と経路上次の前記代表的施設を表示する場合は、前記出発点となる代表的施設を下方に表示し経路上次の前記代表的施設を上方に表示し、またある前記代表的施設と経路上次の前記代表的施設を表示する場合は、ある前記代表的施設を下方に表示し、経路上次の前記代表的施設を上方に表示し、また経路上目的地に一番近い前記代表的施設と目的地を表示する場合は、経路上目的地に一番近い前記代表的施設を下方に表示し、目的地を上方に表示することを特徴とする案内地図生成方法。

請求項5

携帯電話機のディスプレイに表示する案内地図の地図生成装置において、検索条件に出発地の指定のない場合は、最寄りの代表的施設を出発点として、案内地図を作成することを特徴とする案内地図生成装置

請求項6

請求項5記載の案内地図生成装置において、途中の最寄りの代表的施設からの案内文が表示されることを特徴とする案内地図生成装置。

請求項7

請求項5又は6記載の案内地図生成装置において、代表的施設の選定基準として複数モードを有し、該選択されたモードに対応して、代表的施設の選定基準が変更されることを特徴とする案内地図生成装置。

請求項8

請求項5又は6記載の案内地図生成装置において、前記代表的施設を下方に表示し、目的地を上方に表示することを特徴とする案内地図生成装置。

技術分野

0001

本発明は、案内地図生成方法及び案内地図生成装置係り、特に、携帯電話機ディスプレイに表示する案内地図の案内地図生成方法及び案内地図生成装置に関する。

背景技術

0002

従来において、目的地までの地図を得ようとすると、目的地までの案内地図は、GPS(Global Positioning System)などで取得された位置、又は固定の施設の位置を出発点とする案内地図であった。

発明が解決しようとする課題

0003

ところで、戸外にいたとき、GPSなどで位置を取得したり、又は近くの固定の施設の位置を簡単に求めることはできない。通常、案内地図は、出発点から目的までを案内する地図であるから、出発点が指定されないと、案内地図を提供するサーバにおいて、案内地図を生成することができないという問題があった。

0004

本発明は、上記問題に鑑みなされたものであり、検索条件として出発点が指定されなくても、案内地図の生成ができるようにすることを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0005

請求項1に記載された発明は、携帯電話機のディスプレイに表示する案内地図の地図生成方法において、検索条件に出発地の指定のない場合は、最寄りの代表的施設を出発点として案内地図を作成することを特徴とする。請求項2に記載された発明は、請求項1記載の案内地図生成方法において、途中の最寄りの代表的施設からの案内文が表示されることを特徴とする。

0006

請求項3に記載された発明は、請求項1又は2記載の案内地図生成方法において、代表的施設の選定基準として複数モードを有し、該選択されたモードに対応して、代表的施設の選定基準が変更されることを特徴とする。請求項4に記載された発明は、請求項1又は2記載の案内地図生成方法において、請求項1又は2記載の案内地図生成方法において、前記出発点となる代表的施設と経路上次の前記代表的施設を表示する場合は、前記出発点となる代表的施設を下方に表示し経路上次の前記代表的施設を上方に表示し、また、ある前記代表的施設と経路上次の前記代表的施設を表示する場合は、ある前記代表的施設を下方に表示し、経路上次の前記代表的施設を上方に表示し、また 経路上目的地に一番近い前記代表的施設と目的地を表示する場合は、経路上目的地に一番近い前記代表的施設を下方に表示し、目的地を上方に表示することを特徴とする。

0007

請求項5に記載された発明は、携帯電話機のディスプレイに表示する案内地図の地図生成装置において、検索条件に出発地の指定のない場合は、最寄りの代表的施設を出発点として、案内地図を作成することを特徴とする。請求項6に記載された発明は、請求項5記載の案内地図生成装置において、途中の最寄りの代表的施設からの案内文が表示されることを特徴とする。

0008

請求項7に記載された発明は、請求項5又は6記載の案内地図生成装置において、代表的施設の選定基準として複数モードを有し、該選択されたモードに対応して、代表的施設の選定基準が変更されることを特徴とする。請求項8に記載された発明は、請求項5又は6記載の案内地図生成装置において、前記代表的施設を下方に表示し、目的地を上方に表示することを特徴とする。

発明を実施するための最良の形態

0009

次に、本発明の実施の形態について図面と共に説明する。携帯電話網に接続された地図サーバを設け、携帯電話機の小さい画面に、目的地への案内を行う案内地図を提供するシステムを、図1に示す。このシステムは、例えば、携帯電話網100、コンテンツプロバイダ101、102、インターネット103、地図サーバ104、データベース105、GW(ゲートウエイ関門交換局)107、GW108、携帯ネットワーク109、110、及び携帯電話機111から構成される。

0010

GW108は、携帯電話機111の通信を行うゲートウエイサーバ(携帯ネットワーク109の関門交換局)であり、携帯電話機111からの要求に端末IDを付与し、特定端末ID(携帯電話機111)への応答を、指定端末へ送信する制御を行う。また、プロトコルの変換を行い、必要に応じて、携帯電話機111の位置情報を、信号フレームに挿入する。

0011

GW107は、例えば、携帯電話機111からの要求がどのアドレス向けかを識別し(例えば、地図サーバ向けであるかを識別)、またそのアドレスへのアクセス許容するか否かを顧客DB106を参照して判断する(例えば、地図サーバ104のアクセス権のない携帯電話機111からのアクセスか否かを判断)。許容しない場合は、アクセスを拒否し(アクセス権のない携帯電話機111からのアクセスは拒否)、許容する場合は、そのアドレスへの中継を行うゲートウエイである。

0012

また、応答(例えば、地図サーバ104からの応答)は、その送信先の端末(携帯電話機111)が収容されているGW108を顧客DB106から参照し、該ゲートウエイ108にアクセスする。顧客DB106は、携帯電話機111のアクセスが可能なサーバ(サービスを提供するアドレス)情報、現在収容されているGW情報等の顧客情報を有するデータベースである。

0013

地図サーバ104は、端末IDが付与されている要求アクセスに対して、その要求に応じた案内地図等の情報を生成し、要求もとに送信するサーバである。なお、検索キーにより、検索できなかった場合は、その旨を、GW107等を介して、携帯電話機111に返す。地図サーバ104は、インターネットからもアクセスできるが、携帯電話機111は、携帯ネットワーク109、GW108、GW107を介して接続される。なお、携帯電話網100の外に設けても、携帯電話機111は、携帯ネットワーク109、GW108、GW107を介して接続され、携帯電話網100内に設けられていると同等である。

0014

コンテンツプロバイダCP101、102は、一般の情報を生成し配信するサーバである。また、GW107の要求に応じた情報を生成し配信することもできる。データベース・サーバ105は、携帯電話網の管理等のためのデータベースである。

0015

携帯電話機111は、携帯電話機111を操作して、地図サーバ104にアクセスして、所望の案内地図を取得し、携帯電話機111のディスプレイで表示する。図2に、携帯電話機111と地図サーバ(ここでは、道案内の機能を有する)104の機能と処理の流れを示す。

0016

例えば、携帯電話機111が目的地への案内文の付加された案内地図を取得する場合について、説明する。
携帯電話機111は、検索条件入力機能10を使用して、検索条件を入力する。携帯電話機111は、電源投入後、入力画面に切替え、地図サーバのアドレスを入力する。地図サーバのホームページが画面表示され、アクセスボタンを押して、検索表示画面にする。

0017

また、本発明では、現在地情報は、必要としない。
携帯電話機111は、検索要求機能11を使用して、地図サーバに、検索条件を送信する。検索条件は、所定のプロトコルにより、携帯ネットワーク109、GW108、GW107を介して、地図サーバ104に送信される。

0018

地図サーバ104は、検索受付機能12を利用して、前記検索要求機能を受け付ける。
地図サーバ104は、案内地図生成機能13を使用して、検索条件に合致した案内地図を生成する。目的地情報をもとに、地図の範囲を決め、さらに、近くの代表的な施設を検索し、この代表的な施設を出発点として、所定範囲の案内地図を生成する。

0019

また、同時に案内文を自動的に作成する。案内地図と案内文を合わせて、最終的な案内地図を生成する。
地図サーバ104は、案内地図送信機能14を使用して、案内地図を、携帯電話機111に送信する。案内地図は、所定のプロトコルに基づき、GW107、GW108、携帯ネットワーク109を介して、携帯電話機111に送信される。

0020

携帯電話機111は、案内地図受信機能15を使用し、案内地図を受信する。
携帯電話機111は、案内地図表示機能16を使用し、案内地図を表示する。携帯電話機111は、携帯電話機111のディスプレイに案内文の付加された案内地図を表示する。

0021

図4に目的地を務署とした案内地図の例を示す。この図では、銀座線渋谷を最寄りの代表的施設としたもので、銀座線渋谷駅が出発点となっている。代表的施設は、その図形に付与されている属性施設分類地物分類)及びその図形の形状により算出される。属性には、予め、その認知のし易さを指標として優先度を定義している。例えば、コンビニ銀行や川はわかり易いので、優先度は高い。その優先度の高いものを算出して、代表的施設とする。

0022

また、形状は、図形の周囲長、図形の面積を利用して、面積の大きなもの、形状の複雑なものを基準に優先度を定義している。その優先度の高いものを算出して、代表的施設とする。目的地から、算出対象エリアが決定されると、そのエリアに含まれるデータの中から、上記基準から、優先度の高い施設を選定し、代表的施設とする。

0023

このように、代表的施設は、建物はもとより、橋、小川、バス停等の事物又は地形を含む
また、銀座線渋谷駅と目的地の間にある代表的施設からの目的地への案内文が表示される。進行につれ、銀座線渋谷駅⇒万葉会館⇒渋谷センタービル⇒千会館⇒パルパート1⇒ぽあんしぶやからの案内文を読むことにより、円滑に目的地に到着できる。

0024

なお、目的地への途中の案内は、上記のように、代表的施設に限らず、道路標識、信号、道の状況(四つ角、三つ角等)からの、案内でもよい。また、代表的施設の選定の、優先度は、複数のモード(例えば、都会農村、田園、山岳等のモード)を有し、該モードに対応し、代表的施設の選定基準を変更する。例えば、農村モードでは、バス停、お店等は、優先度を高く設定する。

0025

このように、状況に応じ、最適な代表的施設を用いて表示されるので、見やすい案内地図とすることができる。また、図4に示すように、代表的施設を下方に固定して表示し、目的地を上方に表示して見やすくする。次に、図3に携帯電話機111、GW108(iモードGW)、GW107(地図サーバGW)、地図サーバ間の信号のフローを示す。

0026

携帯電話機111は、目的地情報等から構成される情報要求フレームをGW108に送信する(20)。
GW108は、携帯電話機111から送信された信号を受信し、携帯電話機111のIDを付加した情報要求フレームをGW107に送信する(21)。
GW107は、GW108から送信された信号を受信し、携帯電話機111のIDより顧客DBを参照して、地図サーバに対してアクセスする権利があるか否かをチェックする。携帯電話機111が、地図サーバに対してアクセスする権利があるときは、目的地情報及び携帯電話機111のID等から構成される情報要求フレームを地図サーバ104に送信する(22)。

0027

その後、地図サーバ104で、上述したように、代表的施設を出発点とする案内地図、案内文の生成が行われる。案内文の付加された案内地図は、つぎの手順で、携帯電話機111に伝送される。
処理結果通知フレームで、検索結果の案内地図が、地図サーバ104からGW107に伝送される(23)。

0028

処理結果通知フレームで、検索結果の案内地図が、GW107からGW108に伝送される(24)。
GW108でプロトコル変換されて、検索結果の案内地図が、携帯電話機111に伝送される(25)。これにより、携帯電話機111の所有者は、携帯電話機111のディスプレイに表示された案内地図を見て、目的地の経路案内を取得することができる。

発明の効果

0029

上述の如く本発明によれば、検索条件として、出発点が指定されなくても、案内地図の生成ができる。また、検索条件として、出発点の入力を省略できるので検索の入力を簡素化できる。

0030

進行途中の代表的施設からの案内文を見ることができるので、目的地まで、円滑に進むことができる。状況に応じ、最適な代表的施設を用いて表示されるので、見やすい案内地図とすることができる。代表的施設を下方に表示し、目的地を上方に表示することにより、見やすい案内地図となる。

図面の簡単な説明

0031

図1本発明の全体システムを説明するための図である。
図2本発明の携帯電話機と地図サーバの機能と処理の流れを説明するための図である。
図3携帯電話機、GW108、GW107、地図サーバ間の信号の流れを説明するための図である。
図4案内地図の例である。

--

0032

10検索条件入力機能
11検索要求機能
12検索受付機能
13案内地図生成機能
14 案内地図送信機能
15 案内地図受信機能
16 案内地図表示機能
100携帯電話網
101、102 CP
103インターネット
104地図サーバ
105データベース
106顧客データベース
107、108 GW
109、110携帯ネットワーク
111 携帯電話機

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ