図面 (/)

技術 給紙装置

出願人 船井電機株式会社
発明者 辻弘彦
出願日 1999年6月9日 (21年0ヶ月経過) 出願番号 1999-162078
公開日 2000年12月19日 (19年6ヶ月経過) 公開番号 2000-351451
状態 特許登録済
技術分野 シート、マガジン及び分離
主要キーワード 定形封筒 横断面略コ字状 固定ガイド 左右両側壁 可動ガイド 合成樹脂成形品 給紙ガイド板 梱包箱
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年12月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

用紙の斜行を確実に阻止することができると共に、コンパクト梱包することができ、しかも、可動ガイドが損傷されないようにすること。

解決手段

筐体1の給紙口2に設けた給紙ガイド板12の上縁給紙トレイ8が着脱可能に接続され、該給紙トレイ8の一側縁に設けた固定ガイド9に対向して給紙方向aとは直交する方向に沿って移動可能な可動ガイド10が設けられており、その可動ガイド10と固定ガイド9との間に用紙Pをセットし、該用紙Pに当接する給紙ローラ4を回転させることにより、用紙Pを送り出すようにした給紙装置において、可動ガイド10が、給紙トレイ8に取り付けられる上側ガイド部10Aと、給紙ガイド板12に取り付けられる下側ガイド部10Bとからなる。

概要

背景

従来、この種のプリンターの一例として特開平4−140254号公報に記載したものがある。これは、図5及び図6に示すように、筐体1の後部に給紙口2が形成されると共に、その前部に排紙口3が形成され、筐体1内に給紙ローラ4、送りローラ5、排紙ローラ6及び印刷ヘッド7が配置され、給紙口2に給紙トレイ8が着脱可能に取り付けられ、該給紙トレイ8の一側縁に設けた固定ガイド9に対向して給紙方向aとは直交する方向に沿って移動可能な可動ガイド10がその給紙トレイ8に設けられている。

上記構成において、可動ガイド10と固定ガイド9との間に用紙Pをセットし、該用紙Pに当接する給紙ローラ4を回転させることにより、用紙Pが送りローラ5及び排紙ローラ6に順次受け渡され、その用紙Pに印刷ヘッド7により印刷が施されるようになっている。

概要

用紙の斜行を確実に阻止することができると共に、コンパクト梱包することができ、しかも、可動ガイドが損傷されないようにすること。

筐体1の給紙口2に設けた給紙ガイド板12の上縁に給紙トレイ8が着脱可能に接続され、該給紙トレイ8の一側縁に設けた固定ガイド9に対向して給紙方向aとは直交する方向に沿って移動可能な可動ガイド10が設けられており、その可動ガイド10と固定ガイド9との間に用紙Pをセットし、該用紙Pに当接する給紙ローラ4を回転させることにより、用紙Pを送り出すようにした給紙装置において、可動ガイド10が、給紙トレイ8に取り付けられる上側ガイド部10Aと、給紙ガイド板12に取り付けられる下側ガイド部10Bとからなる。

目的

本発明は、上記従来の欠点に鑑み、用紙の斜行を確実に阻止することができると共に、コンパクトに梱包することができ、しかも、可動ガイドが損傷されないようにした給紙装置を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

筐体給紙口に設けた給紙ガイド板上縁給紙トレイ着脱可能に接続され、該給紙トレイの一側縁に設けた固定ガイドに対向して給紙方向とは直交する方向に沿って移動可能な可動ガイドが設けられており、その可動ガイドと固定ガイドとの間に用紙をセットし、該用紙に当接する給紙ローラを回転させることにより、用紙を送り出すようにした給紙装置において、前記可動ガイドが、前記給紙トレイに取り付けられる上側ガイド部と、前記給紙ガイド板に取り付けられる下側ガイド部とからなることを特徴とする給紙装置。

請求項2

前記上側ガイド部が、前記給紙トレイの表面に移動可能に配置される上側ガイド本体を有し、該上側ガイド本体の上端から給紙トレイの上縁を越えて折れ曲がることにより該給紙トレイの裏面に弾性的に係合する係合片が設けられていることを特徴とする請求項1記載の給紙装置。

請求項3

前記上側ガイド本体の下部に、前記給紙トレイに給紙方向とは直交する方向に沿って形成した案内溝に移動可能に嵌入するスライダーが設けられていることを特徴とする請求項2記載の給紙装置。

請求項4

前記下側ガイド部が、前記給紙ガイド板の表面に移動可能に配置される下側ガイド本体を有し、該下側ガイド本体の上端から給紙ガイド板の上縁を越えて折れ曲がることにより該給紙ガイド板の裏面に弾性的に係合する係合片が設けられていることを特徴とする請求項1から3のいずれかに記載の給紙装置。

請求項5

前記上下両ガイド部が連結機構を介して互いに連結されていることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の給紙装置。

請求項6

前記連結機構が、前記上下両ガイド部のうち、その一方に形成した凹部と、その他方に突設されて前記凹部に嵌入する凸部とからなることを特徴とする請求項5記載の給紙装置。

技術分野

0001

本発明は、例えばインクジェット式プリンターなどの給紙装置に関する。

背景技術

0002

従来、この種のプリンターの一例として特開平4−140254号公報に記載したものがある。これは、図5及び図6に示すように、筐体1の後部に給紙口2が形成されると共に、その前部に排紙口3が形成され、筐体1内に給紙ローラ4、送りローラ5、排紙ローラ6及び印刷ヘッド7が配置され、給紙口2に給紙トレイ8が着脱可能に取り付けられ、該給紙トレイ8の一側縁に設けた固定ガイド9に対向して給紙方向aとは直交する方向に沿って移動可能な可動ガイド10がその給紙トレイ8に設けられている。

0003

上記構成において、可動ガイド10と固定ガイド9との間に用紙Pをセットし、該用紙Pに当接する給紙ローラ4を回転させることにより、用紙Pが送りローラ5及び排紙ローラ6に順次受け渡され、その用紙Pに印刷ヘッド7により印刷が施されるようになっている。

発明が解決しようとする課題

0004

上記従来の構成では、筐体1の外側に設けた固定ガイド9と可動ガイド10とで用紙Pを両側から挟んでいるだけであり、その可動ガイド10により用紙Pの先端部が支持されていないので、給紙ローラ4により用紙Pを送り出す際に、その用紙Pが斜行されやすい(図6仮想線参照)。

0005

このため、用紙Pの先端を送りローラ5に当てた状態で該送りローラ5を逆回転させることにより、斜行を修正しているが、葉書定形封筒などの比較的硬くて小型の用紙Pの場合には、斜行を修正することが困難であり、また、斜行を修正するために、送りローラ5の逆転時間を長く設定すると、印刷処理時間が長くなる。

0006

そこで、図6に仮想線で示すように、可動ガイド10に、筐体1内まで延びる延長部11を所定間隔αだけ延設することが考えられるが、これでは、延長部11の支持が不充分であるため、その延長部11が変位して斜行の阻止を正確に行うことが困難になる虞れがある。

0007

また、給紙トレイ8から延長部11が外側に突出した状態となっているため、給紙トレイ8と可動ガイド10とを一体に梱包するときに、その梱包箱が延長部11の分だけ大型化し、運送費が高くつくと共に、その延長部11が損傷されやすいという難点がある。

0008

本発明は、上記従来の欠点に鑑み、用紙の斜行を確実に阻止することができると共に、コンパクトに梱包することができ、しかも、可動ガイドが損傷されないようにした給紙装置を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0009

上記目的を達成するため、請求項1記載の発明は、筐体の給紙口に設けた給紙ガイド板上縁に給紙トレイが着脱可能に接続され、該給紙トレイの一側縁に設けた固定ガイドに対向して給紙方向とは直交する方向に沿って移動可能な可動ガイドが設けられており、その可動ガイドと固定ガイドとの間に用紙をセットし、該用紙に当接する給紙ローラを回転させることにより、用紙を送り出すようにした給紙装置において、前記可動ガイドが、前記給紙トレイに取り付けられる上側ガイド部と、前記給紙ガイド板に取り付けられる下側ガイド部とからなることを特徴としている。

0010

上記構成によれば、可動ガイドが上下両ガイド部により形成されており、筐体の外側で上側ガイド部と固定ガイドとで用紙を両側から挟むだけでなく、筐体内に設けた下側ガイド部により用紙の先端部を支持するので、給紙ローラにより用紙を送り出す際に、その用紙を斜行しないように真っ直ぐ送りだすことができる。

0011

また、上側ガイド部の端部を給紙トレイから外方に突出させないようにして、その給紙トレイと上側ガイド部とを一体的にコンパクトに梱包することができ、これによって、運送費を安くすることができると共に、上側ガイド部の端部が損傷されないようにすることができる。

0012

請求項2記載の発明は、請求項1記載の発明において、前記上側ガイド部が、前記給紙トレイの表面に移動可能に配置される上側ガイド本体を有し、該上側ガイド本体の上端から給紙トレイの上縁を越えて折れ曲がることにより該給紙トレイの裏面に弾性的に係合する係合片が設けられていることを特徴としている。

0013

上記構成によれば、上側ガイド部の上側ガイド本体と該上側ガイド本体の上端から折れ曲がる係合片とを給紙トレイの上縁に係合させるだけで、その給紙トレイに上側ガイド部を簡単に取り付けることができる。

0014

請求項3記載の発明は、請求項2記載の発明において、前記上側ガイド本体の下部に、前記給紙トレイに給紙方向とは直交する方向に沿って形成した案内溝に移動可能に嵌入するスライダーが設けられていることを特徴としている。

0015

上記構成によれば、上側ガイド本体の下部に設けたスライダーを給紙トレイに形成した案内溝に移動可能に嵌入させることにより、その上側ガイド本体の下部を変位しないように確実に支持して、用紙を斜行しないように真っ直ぐに送り出すことができる。

0016

請求項4記載の発明は、請求項1から3のいずれかに記載の発明において、前記下側ガイド部が、前記給紙ガイド板の表面に移動可能に配置される下側ガイド本体を有し、該下側ガイド本体の上端から給紙ガイド板の上縁を越えて折れ曲がることにより該給紙ガイド板の裏面に弾性的に係合する係合片が設けられていることを特徴としている。

0017

上記構成によれば、下側ガイド部の下側ガイド本体と該下側ガイド本体の上端から折れ曲がる係合片とを給紙ガイド板の上縁に係合させるだけで、その給紙ガイド板に下側ガイド部を簡単に取り付けることができる。

0018

請求項5記載の発明は、請求項1から4のいずれかに記載の発明において、前記上下両ガイド部が連結機構を介して互いに連結されていることを特徴としている。

0019

上記構成によれば、上下両ガイド部が連結機構を介して互いに連結されているので、その上下両ガイド部を一体的に移動させることができ、また、上下両ガイド部間の継ぎ目で用紙が引っ掛かる虞れがない。

0020

請求項6記載の発明は、請求項5記載の発明において、前記連結機構が、前記上下両ガイド部のうち、その一方に形成した凹部と、その他方に突設されて前記凹部に嵌入する凸部とからなることを特徴としている。

0021

上記構成によれば、連結機構が凹部と凸部とからなり、構成が簡単で製作費を安くすることができる。また、凸部を凹部に嵌入させるだけで、上下両ガイド部を簡単に一体化することができる。

発明を実施するための最良の形態

0022

図1及び図2は本発明の実施の一形態である給紙装置を備えたインクジェット式プリンターを示すものであって、可動ガイド10が、給紙トレイ8に取り付けた上側ガイド部10Aと、給紙ガイド板12に取り付けた下側ガイド部10Bとからなり、その上下両ガイド部10A,10Bが連結機構13を介して互いに連結されている。上記以外の構成で図5及び図6に示す従来例と同一部分に同一符号を付してその説明を省略する。

0023

給紙トレイ8は、図3に示すように、用紙Pを支持する矩形板トレイ本体8aと、該トレイ本体8aの下縁から後方に折れ曲がる段部8bと、該段部8bの後縁から下方に延びる後方支持板8cと、段部8bの前縁両端から下方に延びる左右一対の前方支持片8dとからなり、その前方支持片8d及び後方支持板8cを給紙ガイド板12の上縁に嵌合させることにより、給紙トレイ8を給紙ガイド板12の上縁に着脱可能に接続させることができる。

0024

前記上側ガイド部10Aは、合成樹脂成形品であって、図3に示すように、トレイ本体8aの表面に移動可能に配置される横断面略L字状の上側ガイド本体10aを有し、該上側ガイド本体10aの上端からトレイ本体8aの上縁を越えて折れ曲がることにより該トレイ本体8aの裏面に弾性的に係合する略L字状の係合片10bが設けられ、上側ガイド本体10aの下部にスライダー10cが突設されている。

0025

上記構成において、上側ガイド部10Aの上側ガイド本体10aと係合片10bとをトレイ本体8aの上縁に係合させることにより、上側ガイド部10Aを給紙トレイ8に簡単に取り付けることができると共に、スライダー10cをトレイ本体8aの下部表面に給紙方向aとは直交する方向に沿って形成した案内溝15に嵌入させることにより、上側ガイド部10Aの下部を変位しないように確実に支持することができる。

0026

前記下側ガイド部10Bは、合成樹脂成形品であって、図4に示すように、給紙ガイド板12の表面に移動可能に配置される横断面略コ字状の下側ガイド本体10dを有し、該下側ガイド本体10dの上端から給紙ガイド板12の上縁を越えて折れ曲がることにより該給紙ガイド板12の裏面に弾性的に係合する係合片10eが設けられている。

0027

上記構成によれば、下側ガイド部10Bの下側ガイド本体10dと係合片10eとを給紙ガイド板12の上縁に係合させるだけで、その給紙ガイド板12に下側ガイド部10Bを簡単に取り付けることができる。

0028

図4に示すように、給紙ガイド板12の表面に給紙方向aとは直交する方向に沿ってラック17が形成され、そのラック17に対向して下側ガイド本体10dの裏面からその表面にかけて略コ字状のスリット18が形成され、該スリット18により切り残した弾性片19に前記ラック17に係脱可能に係合するロック爪19aが突設されている。

0029

上記構成において、弾性片19に突設した可動摘まみ部19bと下側ガイド本体10dに突設した固定摘まみ部20とを指部で摘むことにより、弾性片19が弾性変形してロック爪19aがラック17から離脱され、下側ガイド部10Bを給紙方向aとは直交する方向に沿って自由に移動させることができ、また、指部による摘まみを解除することにより、ロック爪19aがラック17に係合して、下側ガイド部10Bを給紙ガイド板12に固定することができる。

0030

前記連結機構13は、図3及び図4に示すように、下側ガイド本体10dの上面に形成した凹部13aと、上側ガイド本体10aの下端に突設されて凹部13aに嵌入する凸部13bとからなっている。

0031

上記構成において、給紙トレイ8を給紙ガイド板12の上縁に接続する際に、凸部13bを凹部13aに嵌入させるだけで、上下両ガイド部10A,10Bが一体的に連結され、これによって、その上下両ガイド部10A,10Bを一体的に移動させることができると共に、上下両ガイド部10A,10B間の継ぎ目で用紙Pが引っ掛かる虞れがない。更に、構成が簡単で製作費を安くすることができる。

0032

上記とは逆に、下側ガイド本体10dに凸部13bを突設し、上側ガイド本体10aに凹部13aを形成するようにしてもよい。また、その凹部13aと凸部13bとに換えて、上下両ガイド部10A,10Bを互いに一体的に連結する連結手段を採用してもよい。

0033

前記給紙ローラ4は、図1及び図2に示すように、筐体1内の左右両側壁部1aに回転可能に架設した支持軸22に回転可能に外嵌してばね23により給紙ガイド板12に向けて付勢したピックアップユニット24の先端に回転可能に配置されており、駆動モータ25により歯車機構26、支持軸22及びピックアップユニット24内の歯車機構を介して回転される。

0034

上記構成において、用紙Pに印刷を施す場合には、図1及び図2に示すように、給紙トレイ8を給紙ガイド板12の上縁に接続した状態で、連結機構13を介して互いに連結した上下両ガイド部10A,10Bからなる可動ガイド10と固定ガイド9との間に用紙Pをセットし、該用紙Pに当接する給紙ローラ4を回転させる。これにより、用紙Pが送りローラ5及び排紙ローラ6に順次受け渡され、その用紙Pに印刷ヘッド7により印刷が施される。

0035

上記構成によれば、可動ガイド10が上下両ガイド部10A,10Bにより形成されており、筐体1の外側で上側ガイド部10Aと固定ガイド9とで用紙Pを両側から挟むだけでなく、筐体1内に設けた下側ガイド部10Bにより用紙Pの先端部を支持するので、給紙ローラ4により用紙Pを送り出す際に、その用紙Pを斜行しないように真っ直ぐ送りだすことができる。

0036

また、上側ガイド部10Aの端部を給紙トレイ8から外方に突出させないようにして、その給紙トレイ8と上側ガイド部10Aとを一体的にコンパクトに梱包することができ、これによって、運送費を安くすることができると共に、上側ガイド部10Aの端部が損傷されないようにすることができる。

0037

上記説明では、上下両ガイド部10A,10Bを一体的に連結して用紙Pの斜行を阻止するようにしたが、用紙Pが例えは大型であって斜行する虞れがない場合には、上下両ガイド部10A,10Bのうち、その一方を取り外してもよい。

発明の効果

0038

請求項1記載の発明によれば、可動ガイドが上下両ガイド部により形成されており、筐体の外側で上側ガイド部と固定ガイドとで用紙を両側から挟むだけでなく、筐体内に設けた下側ガイド部により用紙の先端部を支持するので、給紙ローラにより用紙を送り出す際に、その用紙を斜行しないように真っ直ぐ送りだすことができる。

0039

また、上側ガイド部の端部を給紙トレイから外方に突出させないようにして、その給紙トレイと上側ガイド部とを一体的にコンパクトに梱包することができ、これによって、運送費を安くすることができると共に、上側ガイド部の端部が損傷されないようにすることができる。

0040

請求項2記載の発明によれば、上側ガイド部の上側ガイド本体と該上側ガイド本体の上端から折れ曲がる係合片とを給紙トレイの上縁に係合させるだけで、その給紙トレイに上側ガイド部を簡単に取り付けることができる。

0041

請求項3記載の発明によれば、上側ガイド本体の下部に設けたスライダーを給紙トレイに形成した案内溝に移動可能に嵌入させることにより、その上側ガイド本体の下部を変位しないように確実に支持して、用紙を斜行しないように真っ直ぐに送り出すことができる。

0042

請求項4記載の発明によれば、下側ガイド部の下側ガイド本体と該下側ガイド本体の上端から折れ曲がる係合片とを給紙ガイド板の上縁に係合させるだけで、その給紙ガイド板に下側ガイド部を簡単に取り付けることができる。

0043

請求項5記載の発明によれば、上下両ガイド部が連結機構を介して互いに連結されているので、その上下両ガイド部を一体的に移動させることができ、また、上下両ガイド部間の継ぎ目で用紙が引っ掛かる虞れがない。

0044

請求項6記載の発明によれば、連結機構が凹部と凸部とからなり、構成が簡単で製作費を安くすることができる。また、凸部を凹部に嵌入させるだけで、上下両ガイド部を簡単に一体化することができる。

図面の簡単な説明

0045

図1本発明の実施の一形態である給紙装置を備えたインクジェット式プリンターを示す一部切欠き側面図である。
図2同一部切欠き正面図である。
図3同給紙トレイ及び上側ガイド部の分解斜視図である。
図4同給紙ガイド板に下側ガイド部を取り付けた状態の斜視図である。
図5従来例を示す縦断面図である。
図6同概略平面図である。

--

0046

1筐体
2給紙口
4給紙ローラ
8給紙トレイ
9固定ガイド
10可動ガイド
10A 上側ガイド部
10B 下側ガイド部
10a 上側ガイド本体
10b係合片
10cスライダー
10d 下側ガイド本体
10e 係合片
12給紙ガイド板
13連結機構
13a 凹部
13b 凸部
15 案内溝

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ