図面 (/)

技術 目隠しシールを用いた反復学習帳

出願人 有限会社松山シール印刷
発明者 熱田豊
出願日 1999年6月3日 (21年7ヶ月経過) 出願番号 1999-193500
公開日 2000年12月12日 (20年0ヶ月経過) 公開番号 2000-343861
状態 未査定
技術分野 カード 本・特殊印刷物
主要キーワード 表面シール 目隠しシール 解答部分 二重シール 反復学習 学習力 無駄遣い 解答者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年12月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

学習を常に新しい状態で繰り返し反復学習可能とする。

解決手段

数字文字クイズ等による問題及び解答を順次列記した形式の中から選択した問題又は解答の選択部1に、剥離容易なシール2を貼り付け目隠しを行うと共に、この目隠しを行ったシール2面に選択部1の内容を記入した後剥離して正・誤を照合確認する反復学習を可能としたことを特徴とする目隠しシールを用いた反復学習帳の構成とする。

概要

背景

概要

学習を常に新しい状態で繰り返し反復学習可能とする。

数字文字クイズ等による問題及び解答を順次列記した形式の中から選択した問題又は解答の選択部1に、剥離容易なシール2を貼り付け目隠しを行うと共に、この目隠しを行ったシール2面に選択部1の内容を記入した後剥離して正・誤を照合確認する反復学習を可能としたことを特徴とする目隠しシールを用いた反復学習帳の構成とする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

数字文字クイズ等による問題及び解答を順次列記した形式の中から選択した問題又は解答の選択部1に、剥離容易なシール2を貼り付け目隠しを行うと共に、この目隠しを行ったシール2面に選択部1の内容を記入した後剥離して正・誤を照合確認する反復学習を可能としたことを特徴とする目隠しシールを用いた反復学習

技術分野

0001

この考案は、目隠しシールを用いた反復学習に関し、一般的に使用されるシールやラベル等により、問題及び解答を順次列記した形式の中から選択した選択部を隠し、その正・誤の反復学習を行うもの等の分野に属する。

0002

従来、学習帳は問題のみを順次列記し、解答欄空白部を設け解答者がこの空白部に書き込むような形式のものが一般的であり、一度この学習帳で学習を行った後で反復学習するときは消さなければならないが、消し後が残るなど基本的には使い捨てとなっている。このため、学習帳の反復使用は困難であり、反復学習や他に再利用するときは、更に新しい学習帳が必要となり余分の経費が嵩むと共に、資源無駄遣いとなっていた。なお、通常では、問題に対する解答が、問題から離れた位置にあり正・誤の照合確認を行うときに面倒で分かり難いものであった。そこで、これらの課題の改善を図るものである。

課題を解決するための手段

0003

この考案は、数字文字クイズ等による問題及び解答を順次列記した形式の中から選択した問題又は解答の選択部1に、剥離容易なシール2を貼り付け目隠しを行うと共に、この目隠しを行ったシール2面に選択部1の内容を記入した後剥離して正・誤を照合確認する反復学習を可能としたことを特徴とする目隠しシールを用いた反復学習帳の構成とする。

0004

上記の構成により、数字による計算力や文字による表現力やクイズによる考案力等の学習を行うための、幼児から小学校低学年までの各段階において利用可能な単用紙又は帳面形式の反復学習帳において、この学習帳に列記された問題と解答を、例えば、問題部分又は解答部分の何れかを選択し、この選択した選択部1を、学習帳に付属させたシール2によって目隠しが可能なるよう配列を行い、この目隠しを行った選択部1の内容をシール2面に記入し、記入後剥離してこのシール2面の内容と選択部1の内容とを照合して正・誤を判定確認することが可能であり、このシール2の貼り替えにより繰り返し反復学習することができる。

発明の効果

0005

上記作用の如く、幼児から小学校低学年までの各段階において利用可能な反復学習帳において、この学習帳に列記された問題部分と解答部分の何れかの選択部1をシール2によって目隠しを行い、この目隠しを行った選択部1の内容をシール2面に記入後剥離して、両者の内容を照合して容易に正・誤の判定確認を行うことができると共に、このシール2の貼り替えにより繰り返し反復学習が可能であるから、従来の如く、反復学習時には新しい学習帳を購入するために余分な経費を必要としたり、資源の無駄遣いを生じたりすることがなく、目隠しシールによる目隠しと剥離を繰り返して、簡単且つ自由に反復学習することができる。

発明を実施するための最良の形態

0006

以下に、この考案の実施例を目隠しシールを用いた単用紙又は帳面形式の反復学習帳について図面に基づき説明する。図1(a)に示す如く、数字の計算等の学習では、問題部分3又は解答部分4の何れかを選択し、この選択部1を各頁毎に学習帳5に付属させたシール2によって、例えば、縦方向に連続して解答部分4の目隠しを行ったときは足し算の内容を、問題部分3の目隠しを行ったときは引き算の内容を各々シール2面に記入し、この記入した内容と、シール2を剥離して表われる正しい内容とを照合することにより、正・誤の判定確認を容易に行うことができる。

0007

このようなシール2による目隠しと剥離を何回も繰り返して反復学習することができるから、学習帳5を無駄にすることなく有効に利用することができると共に、図1(b)に示す如く、前記の計算の学習を行った用紙の裏面に、剥離した解答済みのシール2を順番に並べて貼り付けることにより、学習の進み具合等を確認することができる。

0008

また、図2(a)に示す如く、文字と絵の組合せ等による学習では、問題部分3の絵に対し文字による解答部分4をシール2で目隠しを行い、このシール2面に記入した内容と、シール2を剥離して表われる正しい内容とを照合することにより、正・誤の判定確認を容易に行うことができる。

0009

なお、図2(b)に示す如く、前記の文字と絵の学習を行った用紙の裏面に、剥離した解答済みのシール2の中から言葉合わせの問題に適応したシール2を貼り付けることにより、学習力の向上を図ることができる。

0010

また、図3に示す如く、色又は形により問題部分3のシール2の貼り替えが可能であり、この問題部分3に対応させた二重シール6による解答部分4を貼り付け、この二重シール6の表面シール6aに解答を記入し、この記入した内容と、表面シール6aを剥離した下面シール6bに表示している正しい内容とを照合して正・誤の判定確認を行うことにより、問題部分3と解答部分4を貼り替えて繰り返し反復学習することができる。

0011

その他、クイズを含めた問題と解答を、目隠しシールにより反復学習が可能なもの総てについて適応できるものである。

図面の簡単な説明

0012

図1(a)数字の計算学習時に解答部分にシールを貼り付ける状態を示す画面図。
(b)図1(a)による解答済みシールを並べ貼り付ける状態を示す画面図。
図2(a)文字と絵の学習時に解答部分にシールを貼り付ける状態を示す画面図。
(b)図2(a)による解答済みシールを言葉合わせ問題に貼り付ける状態を示す画面図。
図3問題部分のシールと解答部分の二重シールとを貼り付ける状態を示す画面図。

--

0013

1.選択部
2.シール

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ケイディケイ株式会社の「 折り畳み名刺」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】複数の葉片が奇抜な立体的な形態に展開されるため受取人により強いインパクト・興味を与えると共に今までになく多くの情報を伝達することができる折り畳み名刺を提供する。【解決手段】縦方向の折り線7を介... 詳細

  • 株式会社リヒトラブの「 ノート」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】筆記具を保持させることが可能なノートを提供する。【解決手段】ノートは、表表紙と、裏表紙と、前記表表紙及び裏表紙の一辺部を連結する連結具と、前記裏表紙の他辺部から前記表表紙よりも外側に延出した延... 詳細

  • 前田 悦志の「 カード式次回予約書き換え機能。」が 公開されました。( 2020/10/22)

    【課題】診察券等に記入欄がいっぱい毎にシールを何度も張り替える事は、手間で有りシール代の経済的負担もある。また、一般的な記入シールはたくさん記入出来るように記入欄が小さく見づらかった。従って、カードに... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ