図面 (/)

技術 金属薄板を曲げ加工する機械のための2重機能を有する曲げ加工用ブレード

出願人 サルヴァニーニイタリアソシエタペルアチオニ
発明者 ヴォルフガングクンツェ
出願日 2000年5月15日 (20年1ヶ月経過) 出願番号 2000-141315
公開日 2000年12月12日 (19年6ヶ月経過) 公開番号 2000-343131
状態 未査定
技術分野 板・棒・管等の曲げ
主要キーワード 加工物ホルダ 歯状突起 裏側部分 薄板金属 水平方向移動 曲げ加工機 カウンタブレード 曲げ加工装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年12月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

金属薄板曲げ加工する機械のための曲げ加工用ブレードにおいて、1つのブレードによって2方向の曲げ加工を達成することができる2重機能を有する曲げ加工用ブレードを提供する。

解決手段

薄板金属を曲げ加工する機械のための曲げ加工用ブレードであって、この曲げ加工用ブレードは、上向きおよび下向きの両方に薄板金属を曲げ加工できるように、ブレード(10)の単一の本体から互いにほぼ直交する方向に延在する2つの曲げ加工用歯状突起(6,7)を具える。2つの歯状突起(6,7)の一方の歯状突起(6)は、上向きの曲げ加工を達成するためにほぼ上向きに延在する一方、他方の歯状突起(7)は、下向きの曲げ加工を達成するためにほぼ水平方向に延在する。

概要

背景

金属薄板パネル端縁曲げ加工するため、曲げ加工機械は一般に、曲げ加工を受ける金属薄板の端縁が、固定された曲げ加工用カウンタブレードと該ブレード上の可動式加工物ホルダとの間で押えられている。

金属薄板の端縁における曲げ加工作業は、機械が1つまたは2つの対向する向き、即ち、上向きおよび/または下向きに曲げ加工するかどうかに応じて、少なくとも1つの可動式曲げ加工用ブレードを有する曲げ加工装置によって実行される。

概要

金属薄板を曲げ加工する機械のための曲げ加工用ブレードにおいて、1つのブレードによって2方向の曲げ加工を達成することができる2重機能を有する曲げ加工用ブレードを提供する。

薄板金属を曲げ加工する機械のための曲げ加工用ブレードであって、この曲げ加工用ブレードは、上向きおよび下向きの両方に薄板金属を曲げ加工できるように、ブレード(10)の単一の本体から互いにほぼ直交する方向に延在する2つの曲げ加工用歯状突起(6,7)を具える。2つの歯状突起(6,7)の一方の歯状突起(6)は、上向きの曲げ加工を達成するためにほぼ上向きに延在する一方、他方の歯状突起(7)は、下向きの曲げ加工を達成するためにほぼ水平方向に延在する。

目的

本発明の目的は、金属薄板の端縁を対向する向きに曲げ加工でき、それから、2つの方向に曲げ加工する機械に1つのブレードを具えられるように製造された曲げ加工用ブレードを実現することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

金属薄板曲げ加工する機械のための曲げ加工用ブレードにおいて、該曲げ加工用ブレードは、ブレード(10)の単一の本体から互いにほぼ直交する方向に延在する2つの曲げ加工用歯状突起(6,7)を具えることを特徴とする金属薄板を曲げ加工する機械のための曲げ加工用ブレード。

請求項2

前記歯状突起(6,7)の一方の歯状突起(6)が、上向きの曲げ加工を達成するためにほぼ上向き方向に延在する一方、他方の歯状突起(7)は、下向きの曲げ加工を達成するためにほぼ水平方向に延在することを特徴とする請求項1に記載の曲げ加工用ブレード。

請求項3

上向きに延在する前記歯状突起(6)は、90度よりも大きな角度の曲げ加工を達成するための金属薄板の端縁方向に面した凹面(8)を有することを特徴とする請求項2に記載の曲げ加工用ブレード。

請求項4

水平方向に延在する前記歯状突起(7)は、前記ブレードの本体(10)にほぼ水平なステップ(9)を形成していることを特徴とする請求項2に記載の曲げ加工用ブレード。

技術分野

0001

本発明は、金属薄板曲げ加工する機械のための2重機能を有する曲げ加工用ブレードに関するものである。

背景技術

0002

金属薄板のパネル端縁を曲げ加工するため、曲げ加工機械は一般に、曲げ加工を受ける金属薄板の端縁が、固定された曲げ加工用カウンタブレードと該ブレード上の可動式加工物ホルダとの間で押えられている。

0003

金属薄板の端縁における曲げ加工作業は、機械が1つまたは2つの対向する向き、即ち、上向きおよび/または下向きに曲げ加工するかどうかに応じて、少なくとも1つの可動式曲げ加工用ブレードを有する曲げ加工装置によって実行される。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明の目的は、金属薄板の端縁を対向する向きに曲げ加工でき、それから、2つの方向に曲げ加工する機械に1つのブレードを具えられるように製造された曲げ加工用ブレードを実現することである。

課題を解決するための手段

0005

本発明によれば、この目的は、曲げ加工用ブレードが単独のブレードの本体から互いにほぼ直交する方向に延在する2つの曲げ加工用歯状突起を具えることを特徴とするものである。

0006

2つの歯状突起の一方は、一方向、例えば、上向きに金属薄板の曲げ加工できると同時に、他方の歯状突起は、他方向、例えば、下向きに曲げ加工できる。こうして曲げ加工用ブレードが得られる2重機能によれば、上向きおよび下向きの両方の曲げ加工を実行することができる。

0007

好適には、歯状突起の一方は、金属薄板の残部平面にほぼ平行な方向に延在し、同歯状突起は、カウンタブレードの残部である同金属薄板のさらに裏面部分上に、予め上向きに折られた金属薄板端縁を締め付けることに使用できる。

発明を実施するための最良の形態

0008

本発明の実施形態を、添付した図面を参照して詳細に説明する。なお、本発明は、図面の実施形態に限定されるものではない。

0009

図1は、金属薄板を曲げ加工するためのユニットを示す模式図である。このユニットは、固定されたカウンタブレード1、カウンタブレード1に対して鉛直方向に接近したり離れたりの移動が可能な加工物ホルダ2および、曲げ加工装置3でなる。この曲げ加工装置3は、図示せぬコントロール手段を介して、図1のX−Y方向を組み合わせた動きで移動可能なブレードホルダ5に固定された曲げ加工用ブレード4を具える。

0010

曲げ加工用ブレード4は、2つに分かれた曲げ加工用歯状突起6および7を具え、第1の歯状突起は、上向きの曲げ加工を達成するために上向きに延在し、第2の歯状突起は、下向きの曲げ加工を達成するためにほぼ水平方向に延在している。歯状突起6が、基本的に、カウンタブレードおよび加工物ホルダのユニットに面する凹面溝8と一体の鉛直な延在部分を有する一方、歯状突起7は、ブレード4の本体10と一体のほぼ水平なステップ9を形成している。

0011

作業中、金属薄板11の曲げ加工端縁は、カウンタブレード1と加工物ホルダ2との間で締め付けられ、ブレードホルダ5の適切な変位によって、2つの曲げ加工用歯状突起6および7の一方は、金属薄板端縁を曲げられるように、この金属薄板端縁と係合する。

0012

図2に示す場合、水平な歯状突起7、さらに正確に、その水平なステップ9は、例えば、金属薄板端縁に係合し、図3に示す如く、金属薄板端縁を下向きに90度に曲げるため、鉛直方向下向きに移動する。それから、同ブレード4の鉛直歯状突起6は、金属薄板(図4参照)の同じ端縁のさらに裏側部分に係合し、鉛直方向上向きの移動によって、図5に示す如く、金属薄板をほぼ上向きに90度に曲げる。

0013

必要に応じて、ブレードホルダ3に適宜指令されるブレード4の制限された水平方向移動をブレード4の2つの鉛直方向移動に組み合わせることによって、特に、歯状突起6は、該歯状突起に設けられた凹面8を利用することによって、金属薄板を90度よりも大きな角度に曲げることを可能にする。

0014

最終的に、金属薄板の端縁を90度以上上向きに曲げ加工するために始めに鉛直歯状突起6を利用する代りを考える場合、水平な歯状突起7は、一度加工物ホルダが持ち上げられると、カウンタブレード1に載せた前記金属薄板の残部上に、金属薄板の折り端縁を完全に締め付けるために使用できる。こうした目的のため、水平なステップ9は、図示の如く、僅かに傾斜していることが好ましい。若しくは、水平なステップ9は、金属薄板の曲面を受けるために僅かな凹面を具えることが好ましい。

0015

無論、本発明による一実施形態として下側ブレードを使用する際には、従来の上側ブレードを同時に使用することを妨げるものではない。この場合、下側ブレードの歯状突起7が、金属薄板を締め付けることだけに使用されると同時に、必要に応じて、金属薄板における下向きの曲げ加工は、上側ブレードの好適な歯状突起にゆだねられる。

図面の簡単な説明

0016

図1金属薄板を曲げ加工する機械のためのロックおよび曲げ加工用ユニットの組立体を示す模式図である。
図2第1の動作位置における同組立体を示す図である。
図3第2の動作位置における同組立体を示す図である。
図4第3の動作位置における同組立体を示す図である。
図5第4の動作位置における同組立体を示す図である。

--

0017

1カウンタブレード
2加工物ホルダ
3曲げ加工装置
4曲げ加工用ブレード
5ブレードホルダ
6,7 曲げ加工用歯状突起
8 凹面溝
9 水平ステップ
10 本体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アマダホールディングスの「 板金の曲面加工方法及びクロージング成形体の製造方法」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】板金の曲面加工における曲面の曲率を局所的に変更することが可能な板金の曲面加工方法及びクロージング成形体の製造方法を提供する。【解決手段】板金の曲面加工方法は、凸状曲面を有するパンチと、該凸状曲... 詳細

  • 株式会社アマダホールディングスの「 板厚検出装置」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】ワークの板厚検出を行う板厚検出装置を提供する。【解決手段】ワーク支持部5に近接して備えられたガイドフレーム7と、第1ローラ27Aを回転自在に備えた第1アーム部材29Aと、第2ローラ27Bを回転... 詳細

  • 東陽建設工機株式会社の「 鉄筋曲げ方法」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】鉄筋曲げ装置の複雑化や大型化を回避でき、且つ細かい曲げ加工が可能な鉄筋曲げ方法を提供する。【解決手段】曲げ加工の支点を構成する支点部材11と、支点部材11の周りを回動する力点部材12を備える鉄... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ