図面 (/)

技術 乗客コンベアの保守作業装置

出願人 株式会社日立ビルシステム
発明者 吉川弘行
出願日 1999年5月25日 (21年5ヶ月経過) 出願番号 1999-145405
公開日 2000年12月5日 (19年11ヶ月経過) 公開番号 2000-335866
状態 未査定
技術分野 エスカレータ,移動歩道
主要キーワード 中間傾斜 くし板 前輪ローラ 移動方向前方 低速移動 駆動チェーン コームプレート 低速運転
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年12月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

乗客コンベアの上方に設けられた複数個照明装置保守作業を、短時間に、かつ、安全に行うことのできる乗客コンベアの保守作業装置の提供。

解決手段

乗客コンベアの上方に位置し、かつ、踏段13の移動方向に沿って複数個配設してなる照明装置14、14A、14Bの保守作業実施時に、踏段13に保守作業足場15を載置固定してなる乗客コンベアの保守作業装置において、駆動機8を制御して前記踏段13を低速移動させる低速運転装置16と、この低速運転装置16の作動を前記保守作業足場15上で制御する遠隔制御装置発信機18、受信機17及び駆動制御装置9)と、低速運転装置の作動によって保守作業足場15が乗降口所定距離近づくと低速運転装置16による踏段13の移動を停止させる停止スイッチ19とを設けている。

概要

背景

従来、エスカレータ動く歩道などの乗客コンベアの上方に、蛍光灯などの照明装置が設けられており、その照明装置の清掃点検修理部品交換などの保守作業を行うためには、乗客コンベアの踏面脚立などの保守作業足場を設ける必要があった。

特に、エスカレータの上方に、別のエスカレータを設置するようにした構造のものにあっては、その上下のエスカレータ間の間隙が約8mとなる場合があり、上方に位置するエスカレータ底面に設けた照明装置の保守作業を行う際には、高所作業用の脚立などからなる保守作業足場を必要とするものであった。

そして、エスカレータなどの乗客コンベアの上方に配設された照明装置は、乗客コンベアの踏段の移動方向に沿って複数個設けられているのが一般的である。そのために、複数個の照明装置の保守作業を行うには、保守作業足場を、乗客コンベアの踏段の移動方向に、移動させる必要があった。

概要

乗客コンベアの上方に設けられた複数個の照明装置の保守作業を、短時間に、かつ、安全に行うことのできる乗客コンベアの保守作業装置の提供。

乗客コンベアの上方に位置し、かつ、踏段13の移動方向に沿って複数個配設してなる照明装置14、14A、14Bの保守作業実施時に、踏段13に保守作業足場15を載置固定してなる乗客コンベアの保守作業装置において、駆動機8を制御して前記踏段13を低速移動させる低速運転装置16と、この低速運転装置16の作動を前記保守作業足場15上で制御する遠隔制御装置発信機18、受信機17及び駆動制御装置9)と、低速運転装置の作動によって保守作業足場15が乗降口所定距離近づくと低速運転装置16による踏段13の移動を停止させる停止スイッチ19とを設けている。

目的

本発明の目的は、上記の問題点を簡単な構成によって解決し、しかも、照明装置の保守作業時間を短縮しえる乗客コンベアの保守作業装置を提供するにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

乗降口間に配設され、かつ、無端状に連結された複数個踏段と、これら踏段を駆動させる駆動機とを、少なくとも備えてなる乗客コンベアであって、その乗客コンベアの上方に位置し、かつ、前記踏段の移動方向に沿って複数個配設してなる照明装置保守作業実施時に、前記踏段の踏面に保守作業足場を載置固定してなる乗客コンベアの保守作業装置において、前記駆動機を制御して前記踏段を低速移動させる低速運転装置と、この低速運転装置の作動を前記保守作業足場上で制御する遠隔制御装置と、前記低速運転装置の作動によって前記保守作業足場が前記乗降口所定距離近づくと前記低速運転装置による前記踏段の移動を停止させる停止スイッチとを設けたことを特徴とする乗客コンベアの保守作業装置。

請求項2

前記所定距離を、前記乗降口に設けたコームプレートくし板に前記保守作業足場が接触することのない距離としたことを特徴とする請求項1記載の乗客コンベアの保守作業装置。

請求項3

前規定しスイッチは、前記踏段の踏面上に設けられて、しかも、前記乗降口に設けたコームプレートのくし板に接触すると前記低速運転装置を開放するリミットスイッチとしたことを特徴とする請求項1記載の乗客コンベアの保守作業装置。

技術分野

0001

本発明は、エスカレータ動く歩道などの乗客コンベアの上方に配設された照明装置保守作業を行うのに好適な乗客コンベアの保守作業装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、エスカレータ、動く歩道などの乗客コンベアの上方に、蛍光灯などの照明装置が設けられており、その照明装置の清掃点検修理部品交換などの保守作業を行うためには、乗客コンベアの踏面脚立などの保守作業足場を設ける必要があった。

0003

特に、エスカレータの上方に、別のエスカレータを設置するようにした構造のものにあっては、その上下のエスカレータ間の間隙が約8mとなる場合があり、上方に位置するエスカレータ底面に設けた照明装置の保守作業を行う際には、高所作業用の脚立などからなる保守作業足場を必要とするものであった。

0004

そして、エスカレータなどの乗客コンベアの上方に配設された照明装置は、乗客コンベアの踏段の移動方向に沿って複数個設けられているのが一般的である。そのために、複数個の照明装置の保守作業を行うには、保守作業足場を、乗客コンベアの踏段の移動方向に、移動させる必要があった。

発明が解決しようとする課題

0005

上記従来例の脚立などからなる保守作業足場を移動させるには、保守作業足場に乗った保守員がその保守作業足場を移動させるたびに、保守作業足場への乗り降りをしていたのでは、作業時間が長くなってしまうという問題点があった。

0006

そこで、保守員が保守作業足場に乗ったままで乗客コンベアを低速運転させることにより、照明装置の保守作業を行うのに最適な位置に保守作業足場を移動させるようにした乗客コンベアの保守作業装置が開発されている。

0007

ところが、乗客コンベアを低速運転させて保守作業足場を移動させるようにした場合には、乗客コンベアの乗降口床面に誤って保守作業足場が乗り上げられてその保守作業足場が転倒する恐れがあるという問題点があることがわかった。

0008

本発明の目的は、上記の問題点を簡単な構成によって解決し、しかも、照明装置の保守作業時間を短縮しえる乗客コンベアの保守作業装置を提供するにある。

課題を解決するための手段

0009

上記目的は、乗降口間に配設され、かつ、無端状に連結された複数個の踏段と、これら踏段を駆動させる駆動機とを、少なくとも備えてなる乗客コンベアであって、その乗客コンベアの上方に位置し、かつ、前記踏段の移動方向に沿って複数個配設してなる照明装置の保守作業実施時に、前記踏段の踏面に保守作業足場を載置固定してなる乗客コンベアの保守作業装置において、前記駆動機を制御して前記踏段を低速移動させる低速運転装置と、この低速運転装置の作動を前記保守作業足場上で制御する遠隔制御装置と、前記低速運転装置の作動によって前記保守作業足場が前記乗降口に所定距離近づくと前記低速運転装置による前記踏段の移動を停止させる停止スイッチとを設けることにより達成される。

0010

かかる構成によれば、保守作業足場が乗降口に近づくと、停止スイッチが作動して踏段の移動が停止するので、保守作業足場が乗降口の床面に乗り上げられるのを阻止できる。また、保守作業足場に乗ったまま、遠隔制御装置を操作することにより、照明装置の保守作業を行うのに最適な位置に保守作業足場を移動させることができ、保守員が保守作業足場を繰り返し何度も乗り降りする必要がないので、照明装置の保守作業を、円滑に、かつ、安全に、行うことができる。

発明を実施するための最良の形態

0011

以下、本発明の一実施形態を図面に基づき説明する。

0012

図1において、エスカレータ1は、上部水平フレーム部1A、下部水平フレーム部1B及び中間傾斜フレーム部1Cを有している。そして、エスカレータ1は、上部水平フレーム部1A内に配設された駆動スプロケット2と、下部水平フレーム部1B内に配設されたアイドレスロケット3と、駆動スプロケット2及びアイドレスプロケット3に巻架され、かつ、多数の前輪ローラ軸4を設けた踏段チェーン5と、駆動スプロケット2に駆動チェーン6及び減速機7を介して連結された駆動機8と、この駆動制御を行う駆動制御装置9と、駆動機8と減速機7との間に設置されたブレーキ10と、踏段チェーン5を案内するガイドレール11と、前輪ローラ軸4に支持されてガイドレール11上を走行する前輪ローラ12と、多数の前輪ローラ軸4のそれぞれに取り付けられた踏段13とを備えている。

0013

エスカレータ1の上方には、複数個の照明装置14、14A、14Bが踏段13の移動方向に沿って一直線上に配設されている。照明装置14、14A、14Bは蛍光灯からなっている。照明装置14、14A、14Bの保守作業を行うには、踏段13の踏面に保守作業足場15を載置固定するとともに、上部水平フレーム部1A側に低速運転装置16及び受信機17を設置し、しかも、発信機18を保守員に携帯させる。

0014

低速運転装置16は、駆動制御装置9及び駆動機8に電源ケーブルで接続される。発信機18を操作して操作信号を発信させると、その操作信号が受信機17で受信されて駆動制御装置9に入力される。駆動制御装置9に操作信号が入力されるとその操作信号に応じて低速運転装置16により駆動機8が制御され、踏段13が約1m/分で運転される。低速運転装置16は、踏段13を少しずつ移動させることを可能にする機能を有している。

0015

エスカレータ1には、踏段13を移動させることにより保守作業足場15がエスカレータ1の乗降口に近づくと、踏段13の移動を停止させる停止スイッチ19が設けられている。停止スイッチ19は、保守作業足場15が、エスカレータ1の乗降口のコームプレート20に設けたくし板21に接触しないように、低速運転装置16を開放させて踏段13の移動を停止させる機能を有しており、たとえば、リミットスイッチなどから構成されている。停止スイッチ19は、図2に示すように、保守作業足場15が固定される踏段13より移動方向前方の踏段13A、13B上に固定されており、その停止スイッチ19の接点換レバー19Aがくし板21に接触することで、低速運転装置16を駆動制御装置9及び駆動機8から開放させるようにしたものである。

0016

上記実施形態では、発信機18、受信機17及び駆動制御装置9によって、遠隔制御装置が構成されており、発信機18を保守作業足場15の上で保守員が操作することで、低速運転装置16の起動・停止を行うことができるようにしてある。

0017

以上の構成において、照明装置14、14A、14Bの保守作業を行うには、保守作業足場15を踏段13の踏面に載置固定し、かつ、その保守作業足場15が固定される踏段13より移動方向前方の踏段13A、13B上に停止スイッチ19を取り付けるとともに、低速運転装置16及び受信機17を駆動制御装置9に接続する。その後、保守員が保守作業足場15に乗った状態で発信機18を操作すれば、その発信機18からの操作信号を受信機17が受信し、その操作信号に応じて駆動制御装置9から低速運転装置16に指令が出力されるため、低速運転装置16が適宜作動する。

0018

低速運転装置16が作動すれば、踏段13が低速で移動する。したがって、保守員は、保守作業足場15に乗った状態で、その保守作業足場15を踏段13の移動方向に移動させて複数個の照明装置14、14A、14Bのいずれにも、保守作業をするのに最適な状態に位置させることができる。

0019

上記実施形態によると、次のようなメリットが奏せられる。

0020

(1)複数個の照明装置14、14A、14Bがあっても、保守作業足場15を保守員が乗り降りせずに、保守作業足場15に乗った保守員が携帯する発信機18を操作することにより、踏段13を低速で移動させて保守作業足場15を所望の位置まで移動させることができるので、保守作業時間が短縮されるとともに、照明装置14、14A、14Bの蛍光灯交換作業などを安全に、かつ、円滑に行うことができる。

0021

(2)保守作業足場15を載置固定した踏段13を、保守作業足場15の保守員が乗ったままその保守員が発信機18を操作して、保守作業足場15を乗降口のコームプレート20に近づけても、その保守作業足場15がくし板21に接近すると、停止スイッチ19の接点切換レバー19aがくし板21に接触して、低速運転装置16が駆動制御装置9及び駆動機8から開放させられて、踏段13の移動が停止するので、保守作業足場15がくし板21及びコームプレート20に乗り上げることがなく、安全である。

0022

なお、上記実施形態では、エスカレータに保守作業装置を設置した例で説明したが、これに限定されるものではなく、動く歩道にも適用可能である。また、停止スイッチ19は、踏段13A、13Bに設けているが、これに限定されるものではなく、保守作業足場15自体に設けたり、あるいはくし板21及びコームプレート20側に設けたりする構造としてもよい。

発明の効果

0023

以上のように、本発明によれば、保守員が保守作業足場に乗ったままで、その保守作業足場を安全に移動させることが可能となり、乗客コンベアの上方に設けられた複数個の照明装置の保守作業を、短時間に、かつ、安全に行うことのできる乗客コンベアの保守作業装置がえられた。

図面の簡単な説明

0024

図1本発明の乗客コンベアの保守作業装置の一実施形態を示す概略斜視図である。
図2図1の保守作業装置に備えられる停止スイッチの動作模式図である。

--

0025

1エスカレータ
2駆動スプロケット
3アイドレスプロケット
4前輪ローラ軸
5踏段チェーン
6駆動チェーン
7減速機
8駆動機
9駆動制御装置
10ブレーキ
11ガイドレール
12 前輪ローラ
13、13A、13B踏段
14、14A、14B照明装置
15保守作業足場
16低速運転装置
17受信機
18発信機
19 停止スイッチ
19A接点切換レバー
20コームプレート
21 くし板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • フジテック株式会社の「 乗客コンベア」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】キースイッチに対する操作により運転停止中における待機電力を確実に削減することができる乗客コンベアを提供する。【解決手段】エスカレータ1は、無端状に連結された踏段11の駆動を制御する制御装置40... 詳細

  • 三菱電機ビルテクノサービス株式会社の「 クリップガイド取付作業支援装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】この発明は、低温環境下であっても容易にクリップガイド取付作業を行うことを可能とするクリップガイド取付作業支援装置を提供することを目的とする。【解決手段】この発明に係るクリップガイド取付作業支援... 詳細

  • フジテック株式会社の「 乗客コンベア」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】省エネ性能をより向上させた乗客コンベアを提供する。【解決手段】エスカレータ1は、乗り口が接する共用通路における乗り口近傍の所定位置を通過する利用者を検知する第1光電センサと、乗り口を通過する利... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ