図面 (/)

技術 パチンコ台の接触検知装置及びパチンコ台の製造方法

出願人 オムロン株式会社センサテック株式会社
発明者 鬼頭金正西村朋宏甲斐勲小林敏幸
出願日 1999年5月24日 (21年1ヶ月経過) 出願番号 1999-142945
公開日 2000年11月28日 (19年7ヶ月経過) 公開番号 2000-325558
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 自己発振回路 静電容量レベル 電磁誘導ノイズ 検知容量 接触検知装置 検知基準 静電容量計 レベル弁
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年11月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

ボリュウムによる再設定などが不要で、それでいて精度良く、人体等の物体の接触を検知し得るパチンコ台接触検知装置を提供する。

解決手段

人体がパチンコ台1のハンドル2に接触していない状態で、パチンコ台1の静電容量C3 を測定しておき、センサ板4に搭載されるタッチセンサ5の発振回路発振強度に係わる回路素子定数を、測定されたパチンコ台1の静電容量値C3 と、人体がハンドル2に接触した時発振する静電容量値C1 と電源系に影響する静電容量値C2 とを合成した所定の静電容量検知基準値人体検知となるように設定している。

概要

背景

電動式パチンコ台では、人がハンドルに接触している場合のみ、玉の発射等の動作を行わせるので、人がハンドルに接触したか否かを検知している。従来、この人の接触検知には、電磁誘導ノイズ増幅したり、自己発振回路発振を行い、人がハンドルに接触することにより、発振が停止するのをレベル弁別する静電容量レベル検知方式や人の持っている対地との静電容量と回路上との抵抗により、発振回路で発振された信号が遅延することにより生じる位相差を測定する位相差検知方式等が採用されている。

概要

ボリュウムによる再設定などが不要で、それでいて精度良く、人体等の物体の接触を検知し得るパチンコ台の接触検知装置を提供する。

人体がパチンコ台1のハンドル2に接触していない状態で、パチンコ台1の静電容量C3 を測定しておき、センサ板4に搭載されるタッチセンサ5の発振回路の発振強度に係わる回路素子定数を、測定されたパチンコ台1の静電容量値C3 と、人体がハンドル2に接触した時発振する静電容量値C1 と電源系に影響する静電容量値C2 とを合成した所定の静電容量検知基準値人体検知となるように設定している。

目的

この発明は上記問題点に着目してなされたものであって、ボリュウムによる再設定などが不要で、それでいて精度良く、人体等の物体の接触を検知し得るパチンコ台の接触検知装置を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

発振回路を有し、パチンコ台の所定の箇所に人体等の物体が接触すると発振強度が変化することにより、人体等の物体の接触を検出するパチンコ台の接触検知装置において、前記所定の箇所を含むパチンコ台の静電容量が予め測定されており、前記発振回路の発振強度に係わる回路素子定数を、前記パチンコ台の静電容量値と、人体等の物体がパチンコ台の所定の箇所に接触した時発生する静電容量値と電源系に影響する静電容量値とを合成した所定の静電容量検知基準値で人体等の物体検知となるように設定したことを特徴とするパチンコ台の接触検知装置。

請求項2

前記所定の静電容量検知基準値は、前記所定の箇所に人体等の物体が接触すると、発振回路の発振強度が所定レベル以下となる境界値であることを特徴とする請求項1記載のパチンコ台の接触検知装置。

請求項3

本体部にハンドルを有し、ハンドルに人体が接触したことを検知して動作を開始するパチンコ台の製造方法であって、ハンドルに人体が接触していない状態でパチンコ台の静電容量を測定し、この測定したパチンコ台の静電容量値と人体等の物体がパチンコ台の所定の箇所に接触した時発生する静電容量値と電源系に影響する静電容量値との合成容量値検知基準にして、人体接触検知器の発振回路の発振強度に係わる回路素子の定数を選定して、基板に組み込むようにしたことを特徴とするパチンコ台の製造方法。

技術分野

0001

この発明は、電動式パチンコ台人体ハンドルへの接触を検知する接触検知装置及びパチンコ台の製造方法に関する。

背景技術

0002

電動式のパチンコ台では、人がハンドルに接触している場合のみ、玉の発射等の動作を行わせるので、人がハンドルに接触したか否かを検知している。従来、この人の接触検知には、電磁誘導ノイズ増幅したり、自己発振回路発振を行い、人がハンドルに接触することにより、発振が停止するのをレベル弁別する静電容量レベル検知方式や人の持っている対地との静電容量と回路上との抵抗により、発振回路で発振された信号が遅延することにより生じる位相差を測定する位相差検知方式等が採用されている。

発明が解決しようとする課題

0003

上記した従来の人体接触検知は、いずれの方式にしろ、検知動作に対し、人体などのインピーダンス以外に、ハンドルから発振回路を含む検知回路部のインピーダンスが影響し、またパチンコ台毎の静電容量がそれぞれ相違するため、パチンコ台毎の人体接触検知の精度を上げるために、パチンコ台毎の検出感度ボリュウム等で調整する必要があった。

0004

例えば、静電容量式検知方式を例にとると、パチンコ台の静電容量が個々のパチンコ台によって、大、中、小の値域バラツクとし、中の静電容量であるとして、人体接触検知装置の発振回路の感度を設定すると、これをパチンコ台の静電容量の小なるものに組み込むと感度が大となり、静電容量が大なる人が近づいただけで接触ONの出力を出すことになり、ボリュウムを調整する必要が生じる。また逆に、パチンコ台の静電容量が大なるものに組み込むと感度が小となり、静電容量の小なる人がハンドルに接触してもONしない、つまり検知しないことも生じる。この場合もボリュウムを再調整する必要が生じる。

0005

この発明は上記問題点に着目してなされたものであって、ボリュウムによる再設定などが不要で、それでいて精度良く、人体等の物体の接触を検知し得るパチンコ台の接触検知装置を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0006

この発明のパチンコ台の接触検知装置は、発振回路を有し、パチンコ台の所定の箇所に人体等の物体が接触すると発振強度が変化することにより、人体等の物体の接触を検出する接触検知装置において、前記所定の箇所を含むパチンコ台の静電容量が予め測定されており、前記発振回路の発振強度に係わる回路素子定数を、前記パチンコ台の静電容量値と、人体等の物体がパチンコ台の所定の箇所に接触した時発生する静電容量値と電源系に影響する静電容量値とを合成した所定の静電容量検知基準値で人体等の物体検知となるように設定している。

0007

このパチンコ台の接触検知装置によれば、パチンコ台の静電容量が予め測定されており、発振回路の発振強度に係わる回路素子の定数を、測定された静電容量値と、人体が所定箇所に接触した時の静電容量値と電源系に影響する静電容量値とを合成した所定の静電容量検知基準値で人体等の物体検知となるように設定している。これにより、パチンコ台の設置後、パチンコ台の所定の箇所(ハンドル)に人体等が接触しない間は発振回路は発振している。人体等が接触すると、検知部の合成容量が所定の静電容量検知基準値となり、インピーダンスが小さくなり、発振強度が所定レベル以下となり、人体の接触が検知される。

0008

また、この発明のパチンコ台の製造方法は、ハンドルに人体が接触していない状態でパチンコ台の静電容量を測定し、この測定したパチンコ台の静電容量値と人体がパチンコ台の所定の箇所に接触した時発生する静電容量値と電源系に影響する静電容量値との合成容量値検知基準にして、人体接触検知装置の発振器の発振強度に係わる回路素子の定数を選定して、基板に組み込むようにしている。

発明を実施するための最良の形態

0009

以下、実施の形態により、この発明をさらに詳細に説明する。先ず、この発明の実施形態パチンコ台の接触検知装置の採用原理について説明する。図1は、一般的なパチンコ台の前面図を示している。図1のパチンコ台1の前面には、ハンドル2が設けられている。このハンドル2は、図2に示すように、パチンコ台1の内部でリード線3により、人の検知回路を搭載した基板4に接続されている。

0010

パチンコ台1のハンドル2に人が接触したことにより、静電容量が変化し、この静電容量の変化によって、人体を検知する場合、パチンコ台1に関し、図3に示すように、人の静電容量C1 、電源・トランス系に影響する静電容量C2 、及びパチンコ台1自身の持つ静電容量C3 を考慮する必要がある。今、検知装置が静電容量式のタッチセンサ5を使用するものとする。人がパチンコ台1のハンドル2に接触していない場合の等価回路図4に示す通りとなり、タッチセンサ5の入力側にパチンコ台1自身の静電容量C3 が接続される態様となる。このパチンコ台1自身の静電容量C3 は、個々の台により異なる値をとるものである。

0011

人がパチンコ台1のハンドル2に触ると、その等価回路は図5に示すものとなる。すなわち、人体の静電容量C1 に電源系の静電容量C2 が直列に接続され、この直列回路がパチンコ台1自身の静電容量C3 に並列に接続された態様となる。その結果、タッチセンサ5側からハンドル2側を見た合成静電容量は、Cd =C3 +{C1 ・C2 /(C1 +C2 )}となり、人体が接触した場合に静電容量が増加する。つまり、インピーダンスが減少する。

0012

したがって、タッチセンサ5をパチンコ台1にセットした場合、ハンドル2に人体が接触しない状態でパチンコ台1の静電容量C3 を測定する。そして、人の静電容量C1 と、電源系に影響する静電容量C2 と、パチンコ台の静電容量C3とを合成した静電容量を検知基準容量Cd とする。これにより、パチンコ台1の静電容量C3 が個々に相違しても、測定値C3 を考慮し、タッチセンサ5の発振回路の定数を検知基準容量Cd に設定し、Cd −C3 =一定となるようにし、人体接触前の全体静電容量を一定としている。

0013

この発明の一実施形態パチンコ台の接触検知装置は、上記の原理を採用し、ボリュウムによる調整を不要としたものである。この実施形態パチンコ台の接触検知装置では、先ず図6に示すように、ハンドル2と、回路基板4の入力の一端4Aと、回路基板4のアースパターンの一端4B間に静電容量計6を接続し、予めこのパチンコ台の静電容量C3 を測定しておく。この場合、静電容量計6と端子4A、4Bを結ぶリード線はできるだけ短くする。

0014

図7は、この実施形態パチンコ台の接触検知用のタッチセンサの構成を示すブロック図である。このタッチセンサ5はサージ保護回路11と、発振回路12と、検波回路13と、比較回路14と、出力回路15と、定電圧回路16とを備えている。このタッチセンサ5はタッチ電極(ハンドル)2に、人体が接触していない時、発振回路12が自励発振しており、その発振出力が検波回路13で検波され、比較以下14で比較されて出力回路15より接触無しを出力する。タッチ電極5に人体が接触すると、静電容量がパチンコ台1自身の静電容量C3 よりも増加し、インピーダンスが小となるので、発振回路12の発振が減衰し、比較回路13には比較電圧より小なる電圧が入力され、出力回路15は人体の接触検知を出力する。

0015

この実施形態接触検知装置のタッチセンサでは、パチンコ台1に組み込んだ状態で、上記したように、先ず静電容量計を用いてパチンコ台1自体の静電容量C3 を測定する。次に、その測定結果に基づいて発振強度に係わる回路素子の定数を選択する。今、測定した静電容量C3 が大、中、小の3段階で中の値であると、発振回路12の回路定数検知容量中の定数を選択設定し、測定した静電容量C3 が大であると、発振回路12の回路定数を検知容量大の定数を選択設定し、逆に測定した静電容量C3 が小の値であると、発振回路12の回路定数を検知容量小のものを選択設定し、いずれの場合も、パチンコ台の静電容量値と選択設定した静電容量の合成値が一定の容量検知基準値となるようにする。

0016

この実施形態パチンコ台の接触検知装置では、いかなる静電容量を持つパチンコ台に接触検知装置をセットしても、一定の容量検知基準値となるので、人体をハンドルに接触させると、その容量検知基準値を確実に越え、発振が減衰して比較回路13には、比較電圧より小さな電圧が入力されて、人体の接触を検知することができる。また、静電容量が検知基準値を越えれば発振を停止するようにしておくことにより、確実に発振回路の発振が停止し、精度良く、人体の接触を検知することができる。

0017

また、上記実施形態では、パチンコ台自体の測定値を大、中、小の3段階にして、それぞれ対応して発振回路の発振強度に係わる回路素子の定数を選択設定するようにしたが、表等により、さらに細かく選択設定するようにしてもよい。さらにまた、他の実施形態として、検知装置内にパチンコ台自体の静電容量C3 を検出する容量検出回路を内蔵し、その検出結果に応じ、発振回路の発振強度に係わる回路素子の定数を自動的に選択設定し得るようにしてもよい。

発明の効果

0018

この発明によれば、所定の箇所を含むパチンコ台の静電容量が予め測定されており、発振回路の発振強度に係わる回路素子の定数を、パチンコ台の静電容量値と、人体がパチンコ台の所定の箇所に接触した時の静電容量値と電源系に影響する静電容量値とを合成した所定の静電容量検知基準値で人体等の物体検知となるように設定するので、パチンコ台が個別に静電容量が異なる場合でも、人体接触した状態での静電容量は一定の検知基準値なので、人体が接触すると、発振回路の発振が所定レベル以下となるので、人体接触を確実に検知できる。しかも、調整用のボリュウムは不要となる。

図面の簡単な説明

0019

図1一般的なパチンコ台の前面を示す概略図である。
図2同実施形態パチンコ台のハンドルと人の検知回路を搭載した基板との接続を示す図である。
図3同実施形態パチンコ台で人体検知に影響する静電容量を説明するための図である。
図4この発明の一実施形態パチンコ台の接触検知装置の採用原理を説明するためのハンドルへの人体非接触時の等価回路を示す図である。
図5同採用原理を説明するためのハンドルへの人体の接触時の等価回路を示す図である。
図6この発明の一実施形態パチンコ台の接触検知装置のパチンコ台自身の静電容量の測定を説明する図である。
図7同実施形態パチンコ台の接触検知装置のタッチセンサの構成を示すブロック図である。

--

0020

1パチンコ台
2ハンドル
5タッチセンサ(人体接触検知装置)
12発振回路
C1人体の静電容量
C2電源系の静電容量
C3 パチンコ台の静電容量

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】不適切な駆動制御が行われてしまうことを防ぐこと。【解決手段】クロック信号と複数の異なる制御信号との入力にもとづいて実行可能な駆動制御手段、可動体の動作を伴う可動体演出の制御を行う演出制御手段、... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】不適切な駆動制御が行われてしまうことを防ぐこと。【解決手段】遊技機において動作可能に設けられた可動体を動作させるための駆動手段と、駆動手段の駆動制御を、クロック信号と複数の異なる制御信号との入... 詳細

  • 株式会社三共の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】設定値を変更可能な遊技機に関する演出の興趣を向上させる遊技機を提供する。【解決手段】変動パターンが非リーチまたはノーマルリーチである場合には、成立役が「ベル」となるミニスロット図柄の組合せをミ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ