図面 (/)

技術 画像表示装置付き音の出る絵本

出願人 凸版印刷株式会社株式会社フレーベル館
発明者 野沢弘直打田守橘田宣夫
出願日 1999年5月10日 (20年2ヶ月経過) 出願番号 1999-128735
公開日 2000年11月21日 (18年8ヶ月経過) 公開番号 2000-317152
状態 特許登録済
技術分野 書籍・アルバム 玩具 本・特殊印刷物 音声の分析・合成
主要キーワード 故障品 押し手 幼児向け 音声記憶装置 読取り作業 指定箇所 記憶再生 おもて
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年11月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

特に幼児絵本に、キャラクターなどの静/動画画像を表示する装置を組み込み、かつ音楽をはじめ擬音音声などを発生する装置を組み込み、スイッチを操作することにより絵本の内容に対応した画像が表示され、音声が発生することができる、画像表示装置付き音の出る絵本を提供すること。

解決手段

画像表示装置、音声発生装置、画像・音声記憶装置電源、及びスイッチを表表紙及び/又は裏表紙に有する画像表示装置付き音の出る絵本であって、前記絵本の本文の指定箇所を押すことで、前記表表紙及び/又は裏表紙に設けた前記各指定箇所の下方にあるスイッチが押され、前記各指定箇所に対応した画像が表示され、前記指定箇所に対応した音声が発生することを特徴とする。

概要

背景

従来、このような絵本としては、特開平5−7670号公報にみられるような、バーコードと絵本の各頁に設け、これを読み取ることでバーコードに対応する画像と音声が出る絵本が示されている。しかしこの構造においては、バーコードにより絵本の絵柄の一部が隠されたものとなり、また構造が複雑なものとなり、幼児向け絵本としてはその読取り作業が必要であること、読取り作業が困難であること等が問題であった。

また、特開平6−262877号公報にみられるような、表表紙及び裏表紙の何れか一方に操作スイッチ、発音素子液晶表紙装置を設けた書籍が示されている。しかしながらこの構造においては、操作スイッチは表表紙及び又は裏表紙の何れか一方にあり、書籍の内容と対応した構造ではないので、発音素子、液晶表示装置により示される情報と絵本の内容とを対応させるには別の手段が必要となってくるものであった。

概要

特に幼児向絵本に、キャラクターなどの静/動画画像を表示する装置を組み込み、かつ音楽をはじめ擬音や音声などを発生する装置を組み込み、スイッチを操作することにより絵本の内容に対応した画像が表示され、音声が発生することができる、画像表示装置付き音の出る絵本を提供すること。

画像表示装置、音声発生装置、画像・音声記憶装置電源、及びスイッチを表表紙及び/又は裏表紙に有する画像表示装置付き音の出る絵本であって、前記絵本の本文の指定箇所を押すことで、前記表表紙及び/又は裏表紙に設けた前記各指定箇所の下方にあるスイッチが押され、前記各指定箇所に対応した画像が表示され、前記指定箇所に対応した音声が発生することを特徴とする。

目的

本発明はこのような問題点を解決するためになされたものであり、その課題とするところは、特に幼児向絵本に、キャラクターなどの静/動画画像を表示する装置を組み込み、かつ音楽をはじめ擬音や音声などを発生する装置を組み込み、スイッチを操作することにより絵本の内容に対応した画像が表示され、音声が発生することができる、画像表示装置付き音の出る絵本を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像表示装置音声発生装置、画像・音声記憶装置電源、及びスイッチを表表紙及び/又は裏表紙に有する画像表示装置付き音の出る絵本であって、前記絵本の本文の指定箇所を押すことで、前記表表紙及び/又は裏表紙に設けた前記各指定箇所の下方にあるスイッチが押され、前記各指定箇所に対応した画像が表示され、前記指定箇所に対応した音声が発生することを特徴とする画像表示装置付き音の出る絵本。

請求項2

画像表示装置、音声発生装置、画像・音声記憶装置、電源、及びスイッチを表表紙及び/又は裏表紙に有する画像表示装置付き音の出る絵本であって、前記絵本の本文には複数の画像が配置され、各画像を押すことで、前記表表紙及び/又は裏表紙に設けた前記各画像の下方にあるスイッチが押され、前記各画像に対応した画像が表示され、前記各画像に対応した音声が発生することを特徴とする画像表示装置付き音の出る絵本。

請求項3

前記絵本の本文の各頁が取り外し可能に表表紙及び/又は裏表紙に取付けられてなることを特徴とする請求項1、2のいずれか記載の画像表示装置付き音の出る絵本。

技術分野

0001

本発明は、特に幼児絵本に、キャラクターなどの静/動画画像を表示する装置を組み込み、かつ音楽をはじめ擬音音声などを発生する装置を組み込み、スイッチを操作することにより絵本の内容に対応した画像が表示され、音声が発生することができる、画像表示装置付き音の出る絵本に関する。

背景技術

0002

従来、このような絵本としては、特開平5−7670号公報にみられるような、バーコードと絵本の各頁に設け、これを読み取ることでバーコードに対応する画像と音声が出る絵本が示されている。しかしこの構造においては、バーコードにより絵本の絵柄の一部が隠されたものとなり、また構造が複雑なものとなり、幼児向け絵本としてはその読取り作業が必要であること、読取り作業が困難であること等が問題であった。

0003

また、特開平6−262877号公報にみられるような、表表紙及び裏表紙の何れか一方に操作スイッチ、発音素子液晶表紙装置を設けた書籍が示されている。しかしながらこの構造においては、操作スイッチは表表紙及び又は裏表紙の何れか一方にあり、書籍の内容と対応した構造ではないので、発音素子、液晶表示装置により示される情報と絵本の内容とを対応させるには別の手段が必要となってくるものであった。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明はこのような問題点を解決するためになされたものであり、その課題とするところは、特に幼児向絵本に、キャラクターなどの静/動画画像を表示する装置を組み込み、かつ音楽をはじめ擬音や音声などを発生する装置を組み込み、スイッチを操作することにより絵本の内容に対応した画像が表示され、音声が発生することができる、画像表示装置付き音の出る絵本を提供することにある。

課題を解決するための手段

0005

本発明はこの課題を解決するため、すなわち請求項1記載の発明は、画像表示装置、音声発生装置、画像・音声記憶装置電源、及びスイッチを表表紙及び/又は裏表紙に有する画像表示装置付き音の出る絵本であって、前記絵本の本文の指定箇所を押すことで、前記表表紙及び/又は裏表紙に設けた前記各指定箇所の下方にあるスイッチが押され、前記各指定箇所に対応した画像が表示され、前記指定箇所に対応した音声が発生することを特徴とする画像表示装置付き音の出る絵本である。

0006

本発明はこの手段により、従来の絵本の本文と接続するような構成と異なり、簡単に製造可能であり、かつ絵本の本文の製本の方法も特に限定されることもない。また絵本の本文は単独に印刷・製本をすることが可能であり、一般的な製造工程により製造可能となる。

0007

また請求項2記載の発明は、画像表示装置、音声発生装置、画像・音声記憶装置、電源、及びスイッチを表表紙及び/又は裏表紙に有する画像表示装置付き音の出る絵本であって、前記絵本の本文には複数の画像が配置され、各画像を押すことで、前記表表紙及び/又は裏表紙に設けた前記各画像の下方にあるスイッチが押され、前記各画像に対応した画像が表示され、前記各画像に対応した音声が発生することを特徴とする画像表示装置付き音の出る絵本である。

0008

本発明はこの手段により、従来の絵本の本文と接続するような構成と異なり、簡単に製造可能であり、かつ絵本の本文の製本の方法も特に限定されることもない。また絵本の本文は単独に印刷・製本をすることが可能であり、一般的な製造工程により製造可能となる。またさらに各画像を押すことでスイッチが押されることで、押す画像と表示される画像及び発生する音との対応がより容易に行えるものとなる。

0009

また請求項3記載の発明は、前記絵本の本文の各頁が取り外し可能に表表紙及び/又は裏表紙に取付けられてなることを特徴とする請求項1、2のいずれか記載の画像表示装置付き音の出る絵本である。

0010

本発明はこの手段により、絵本の本文が取り外し可能に表表紙及び/又は裏表紙に取り付けられてなるものであれば、製造工程も簡単なものとなり、流通上からの故障品などを容易に修理可能となる。

発明を実施するための最良の形態

0011

以下、本発明を図面に基づき詳細に説明する。図1に本発明の画像表示装置付き音の出る絵本の一実施例の構造を示す。絵本1の表表紙2及び/又は裏表紙3に画像表示装置4、音声発生装置5、画像・音声記憶装置6、電源7、スイッチとなるフィルム8を設けており、これらの上に絵本の本文(省略)が取り付けられてなる。

0012

表表紙2及び/又は裏表紙3としては、その材料は特に限定しないが、表表紙及び/又は裏表紙に画像表示装置4、音声発生装置5、画像・音声記憶装置6、電源7、スイッチとなるフィルム8を有する構成であることから、その両方又は一方はある程度の厚みが必要となる。これらの部品を組み込む方法としては、厚みのある表表紙及び/又は裏表紙に凹部を設けそこに組み込む方法、通常の表表紙及び/又は裏表紙に底上げパッキングをしてその空洞に組み込む方法などが可能である。

0013

画像表示装置4としては、画像・音声記憶装置6からの信号により画像を表示するものであり、上記書籍の表表紙又は裏表紙に組み込める程度の厚みのものが好ましく、特には液晶表示装置が好適であるが、とくにこれに限定したものではなく、上記厚みに設けることが可能である、後述する電源7により駆動するものであるならば適宜使用可能である。

0014

音声発生装置5としては、画像・音声記憶装置6からの信号により音声を発生するものであり、上記書籍の表表紙又は裏表紙に組み込める程度の厚みのものが好ましく、特には薄板スピーカーが好適に使用できるが、特にこれに限定したものではなく、上記厚みに設けることが可能であり、後述する電源7により駆動するものであるならば適宜使用可能である。

0015

画像・音声記憶装置6としては、合成音信号を記憶再生するものであり、複数の記憶素子を組み合せたICメモリ回路モジュールが適宜使用可能である。この画像・音声記憶装置6は画像表示装置4、音声発生装置5、電源7、スイッチとなるフィルム8と、リード線プリント配線等により接続される。

0016

電源7としては、電池バッテリー等を適宜使用可能である。

0017

図2にスイッチとなるフィルム8の構造の一例を示す。本発明に係るスイッチは、絵本を閉じた状態、各頁を開いた状態では接続されず、絵本の本文9の各頁の指定箇所を押すことで、前記表表示及び/又は裏表紙に設けた前記指定箇所の下方にあるスイッチが押される構造である。このようなスイッチとしては、プリント配線10とそれとは層を別に設けた導電印刷層11とからなり、圧力が加わることでこれらが接続されるスイッチとなるフィルム8が使用可能である。

0018

図3に本発明の断面の構造の一例を示す。スイッチとなるフィルム8は表表紙及び/又は裏表紙に設ける図3(a)ことも、裏表紙にのみ設ける図3(b)ことも可能である。後者の場合は絵本の本文の指定箇所は裏表紙に接する頁にのみ設けられる。設ける方法としては、画像・音声記憶装置等と一体化してもよいし、表表紙及び/又は裏表紙に貼り付けても良い。さらにこの上に別のフィルムを設けても良いし、絵本の本文の頁を貼り付けても良い。

0019

図4に本発明の断面の構造の他の例を示す。絵本の本文9は綴じ方等は特に制限されないが、図4(a)に示すように中綴じのものが頁の折り返し等の点で好適に用いることが出来る。しかし、本発明においては表表紙及び/又は裏表紙にある程度の厚みが必要になってくることから、無線綴じ、平綴じの場合は、例えば図4(b)に示すように裏表紙が厚いものであるならば、まず背表紙12の間隔を綴じの厚みと適合するものとし、表表紙と裏表紙の厚みの差13の分、絵本の本文の綴じ部をおもて表紙がわにずらし(14)て裏表紙がわに取り付けることで適用することが出来る。

0020

絵本の本文9の各頁は表表紙及び/又は裏表紙と比較して薄いもので良く、後述するように、指定箇所を押すことでこの下方の表表紙及び/又は裏表紙のスイッチが押され、対応する画像が表示され、音声が発生することが可能となるものであれば適宜使用可能である。

0021

絵本の本文9は表表紙及び/又は裏表紙に接する頁を表表紙及び/又は裏表紙に貼りつけることで絵本と一体化してもよいし、ピンなどで取り外し可能に表表紙及び/又は裏表紙に取り付けても良い。絵本の本文が取り外し可能に表表紙又は裏表紙に取り付けられてなるものであれば、製造工程も簡単なものとなり、流通上からの故障品などを容易に修理可能なものとなる。

0022

以下、図5〜7に基づき、本発明の各ページの指定箇所を押すことで指定箇所に対応した画像が表示され、音声が発生する構造を説明する。いずれも裏表紙にのみスイッチとなるフィルムを設けた例である。

0023

図5は表表紙を開いた状態を示す。絵本の本文の表紙上に指定箇所を示す絵15があり、この絵15を押すことでこの下方にある裏表紙のスイッチとなるフィルムの一箇所16が押される。この絵15とフィルムの一箇所16は頁上での相対位置が同じものとなっている。このフィルムの一箇所16のスイッチが入ることで絵15に対応した画像が表示され、音声が発生するという構造となる。

0024

図6に絵本の本文を開いた状態を示す。絵本の本文の頁に、図5の絵15とは頁上での相対位置が異なる箇所に、指定箇所を示す絵17があり、この箇所を押すことでこの下方にある裏表紙のスイッチとなるフィルムの一箇所18が押される。ここで図5の絵15と図6の絵17が頁上での相対位置が異なることから図5でのフィルムの一箇所16と図6でのフィルムの一箇所18は異なった位置となる。そしてこのフィルムの一箇所18のスイッチが入ることで絵17に対応した画像が表示され、音声が発生するようにしておく。これにより絵17を押すと対応した画像が表示され、音声が発生するという構造となる。

0025

以上の構造を各頁に設けることが可能となる。またある頁とある頁において同様の画像と音声が出るようにしたい場合は対応するフィルムの一箇所を押すことで同様の画像が表示され音声が出るようにしても良いし、指定箇所を示す絵を頁の相対位置が同様の位置に設けることで、何れの頁の指定箇所を押し手も同様のフィルムの一箇所が押され、結果同様の画像が表示され音声が出るようにしても良い。

0026

図7に絵本の本文の裏表紙を開いた状態を示す。この頁に図に示すように一頁に複数の指定箇所の絵を設けても良いし、全ての指定箇所を示す絵を設けて、全ての対応する画像が表示され音声が出るようにしても良い。

発明の効果

0027

本発明の請求項1記載の画像示装置付き音の出る絵本によれば、従来の絵本の本文と接続するような構成と異なり、簡単に製造可能であり、かつ絵本の本文の製本の方法も特に限定されることもない。また絵本の本文は単独に印刷・製本をすることが可能であり、一般的な製造工程により製造可能となるという効果を奏する。

0028

また、請求項2記載の発明によれば、さらに各画像を押すことでスイッチが押されることで、押す画像と表示される画像及び発生する音との対応がより容易に行えるものとなるという効果を奏する。

0029

また、請求項3記載の発明によれば、絵本の本文が取り外し可能に表表紙及び/又は裏表紙に取り付けられてなるものであれば、製造工程も簡単なものとなり、流通上からの故障品などを容易に修理可能となるという効果を奏する。

図面の簡単な説明

0030

図1本発明の画像表示装置付き音の出る絵本の一実施例を示す説明図である。
図2本発明に係るスイッチとなるフィルムの構造の一例を示す説明図である。
図3本発明の画像表示装置付き音の出る絵本の一実施例の断面の構造を示す説明図である。
図4本発明の画像表示装置付き音の出る絵本の一実施例の断面の構造を示す説明図である。
図5本発明の画像表示装置付き音の出る絵本の表表紙を開いた状態を示す説明図である。
図6本発明の画像表示装置付き音の出る絵本の一実施例の絵本の本文の頁を開いた状態を示す説明図である。
図7本発明の画像表示装置付き音の出る絵本の一実施例の絵本の本文の裏表紙を開いた状態を示す説明図である。

--

0031

1…絵本2…表表紙 3…裏表紙4…画像表示装置5…音声発生装置
6…画像・音声記憶装置7…電源8…スイッチとなるフィルム
9…絵本の本文 10…プリント配線11…導電印刷層12…背表紙
13…表表紙と裏表紙の厚みの差 14…綴じ部のずらし
15…指定箇所を示す絵 16…フィルムの一箇所 17…指定箇所を示す絵
18…フィルムの一箇所

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アイシン精機株式会社の「 運転支援装置」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】一例として、乗員の運転支援装置に対する話しかけにくさを低減する。【解決手段】実施形態にかかる運転支援装置は、車内を撮像する撮像装置の撮像画像に含まれる乗員の顔画像から、乗員の視線の向きを検出す... 詳細

  • 株式会社シーダースの「 立体形状用シート」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】簡単な操作で一枚のシートから丸みを帯びたキャラクターの立体形状を作成することが可能な立体形状用シートを提供する。【解決手段】本体部10は、キャラクターの顔10aを中央付近に記載することで、キャ... 詳細

  • 大日本印刷株式会社の「 テストシステム、及び、解答入力装置」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】紙の問題用紙に印刷された設問に対する解答を端末装置に入力する場合に、解答欄の間違いを防止する。【解決手段】テストシステムにおいて、問題用紙には、複数の設問について問題文が印刷されているとともに... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ