図面 (/)

技術 合成樹脂成型品およびその製造方法

出願人 日東樹脂工業株式会社
発明者 樋口榮三郎櫓木尚生
出願日 1999年4月13日 (21年2ヶ月経過) 出願番号 1999-105022
公開日 2000年10月17日 (19年8ヶ月経過) 公開番号 2000-289149
状態 特許登録済
技術分野 積層体(2) プラスチック等の注型成形、圧縮成形
主要キーワード 軟質塩化ビニール製 電子表示板 計測機器類 被膜原料 一体化状態 大型ディスプレイパネル 保護フィルタ 合成樹脂成型品
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年10月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

抗菌性および耐擦傷性を長期間にわたり保持することができるようにすること。

解決手段

基材8Aの少なくとも一方の表面に抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜3Aを積層し、抗菌性および耐擦傷性を長期間にわたり保持することができるようにしたもの。

概要

背景

近年、近年、LCD、PDP、EL、CRTLED、VFDなどの画像表示装置に使用されるフィルタ電子表示板OA、AV、大型ディスプレイパネルなどに使用される防眩保護フィルタ計測機器類の表示部に使用されるカバー、あるいは、ペン入力コンピュータ用フィルタ、ナビゲーション用フィルタ、干渉縞防止など各種の用途に合成樹脂成型品が用いられている。そして、この種の合成樹脂成型品は、光透過性を備えるとともに、画像表示部の前面での外光反射による不快感あるいは作業能率の低下という問題点に対処するために、ノングレア性と称される反射光による眩しさを抑制することのできるものが用いられている。

このような従来の合成樹脂成型品について、CRT用フィルタを例示して説明すると、従来の合成樹脂成型品としてのCRT用フィルタは、有機硝子として知られているポリメチルメタアクリレートPMMA)を基材とし、この基材の表面に微細凹凸を形成したものが知られている。そして、このようなCRT用フィルタは、基材を形成するためのPMMA原料を、表面に微細な凹凸を形成した成形型射出したり、あるいは注入重合硬化)することにより製造されている。

概要

抗菌性および耐擦傷性を長期間にわたり保持することができるようにすること。

基材8Aの少なくとも一方の表面に抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜3Aを積層し、抗菌性および耐擦傷性を長期間にわたり保持することができるようにしたもの。

目的

本発明はこれらの点に鑑みてなされたものであり、ノングレア性および抗菌性を長期間にわたり保持することのできる合成樹脂成型品およびこの合成樹脂成型品を容易に製造する製造方法を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

基材の少なくとも一方の表面に抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜を積層したことを特徴とする合成樹脂成型品

請求項2

前記耐擦傷性被膜の表面に多数の微細凹凸が形成されていることを特徴とする請求項1に記載の合成樹脂成型品。

請求項3

前記基材および前記耐擦傷性被膜は、同質の樹脂を含有していることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の合成樹脂成型品。

請求項4

前記同質の樹脂は、メタクリル酸メチルとされていることを特徴とする請求項3に記載の合成樹脂成型品。

請求項5

抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜原料を第1鋳型形成材の表面に塗布し、前記耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの耐擦傷性被膜原料を前記第1鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない耐擦傷性被膜を形成し、前記耐擦傷性被膜が鋳型の内側に位置するように前記第1鋳型形成材と第2鋳型形成材とをガスケットにより間隔を有するように配設し、前記耐擦傷性被膜、第2鋳型形成材およびガスケットからなる鋳型の内側に基材樹脂原料を充填し、充填された前記基材樹脂原料により前記耐擦傷性被膜を膨潤させることにより基材樹脂原料および耐擦傷性被膜をラジカル重合により十分に重合して一体化することにより合成樹脂成型品を形成することを特徴とする合成樹脂成型品の製造方法。

請求項6

前記第1鋳型形成材の前記耐擦傷性被膜原料が塗布される表面に微細な多数の微細な凹凸からなる梨地模様をあらかじめ形成したことを特徴とする請求項5に記載の合成樹脂成型品の製造方法。

請求項7

抗菌剤を含有した第1耐擦傷性被膜原料を第1鋳型形成材の表面に塗布し、前記第1耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの第1耐擦傷性被膜原料を前記第1鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない第1耐擦傷性被膜を形成し、抗菌剤を含有した第2耐擦傷性被膜原料を第2鋳型形成材の表面に塗布し、前記第2耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの第2耐擦傷性被膜原料を前記第2鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない第2耐擦傷性被膜を形成し、前記各耐擦傷性被膜が鋳型の内側に位置するように前記第1鋳型形成材と第2鋳型形成材とをガスケットにより間隔を有するように配設し、前記両耐擦傷性被膜およびガスケットからなる鋳型の内側に基材樹脂原料を充填し、充填された前記基材樹脂原料により前記両耐擦傷性被膜を膨潤させることにより基材樹脂原料および両耐擦傷性被膜をラジカル重合により十分に重合して一体化することにより合成樹脂成型品を形成することを特徴とする合成樹脂成型品の製造方法。

請求項8

前記両鋳型形成材の前記耐擦傷性被膜原料が塗布される表面の少なくとも一方に多数の微細な凹凸からなる梨地模様をあらかじめ形成したことを特徴とする請求項7に記載の合成樹脂成型品の製造方法。

請求項9

前記基材樹脂原料と前記耐擦傷性被膜原料とは、同質の樹脂を含有していることを特徴とする請求項5ないし請求項8のいずれか1項に記載の合成樹脂成型品の製造方法。

請求項10

前記基材樹脂原料と前記耐擦傷性被膜原料とが含有している同質の樹脂は、メタクリル酸メチルとされていることを特徴とする請求項9に記載の合成樹脂成型品の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、合成樹脂成型品およびその製造方法に係り、特に、各種の機器画像表示装置に好適な合成樹脂成型品およびその製造方法に関する。

背景技術

0002

近年、近年、LCD、PDP、EL、CRTLED、VFDなどの画像表示装置に使用されるフィルタ電子表示板OA、AV、大型ディスプレイパネルなどに使用される防眩保護フィルタ計測機器類の表示部に使用されるカバー、あるいは、ペン入力コンピュータ用フィルタ、ナビゲーション用フィルタ、干渉縞防止など各種の用途に合成樹脂成型品が用いられている。そして、この種の合成樹脂成型品は、光透過性を備えるとともに、画像表示部の前面での外光反射による不快感あるいは作業能率の低下という問題点に対処するために、ノングレア性と称される反射光による眩しさを抑制することのできるものが用いられている。

0003

このような従来の合成樹脂成型品について、CRT用フィルタを例示して説明すると、従来の合成樹脂成型品としてのCRT用フィルタは、有機硝子として知られているポリメチルメタアクリレートPMMA)を基材とし、この基材の表面に微細凹凸を形成したものが知られている。そして、このようなCRT用フィルタは、基材を形成するためのPMMA原料を、表面に微細な凹凸を形成した成形型射出したり、あるいは注入重合硬化)することにより製造されている。

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、近年においては、環境問題に対する認識が向上し、身の回りの各種機器に対する環境問題の認識も向上し、この環境問題のうちの一つとして身の回りの物に対する抗菌性の認識が向上している。

0005

すなわち、銀行などに設置されている自動支払機などに設置されている券売機などのように不特定多数の人が触れる機器の操作部には、抗菌処理を施して病原菌伝染防止をはかるようにすることが望まれるようになってきた。

0006

しかしながら、前述した従来の合成樹脂成型品としてのCRT用フィルタには、抗菌性は付与されていなかったため、抗菌性を付与したものが望まれていた。

0007

本発明はこれらの点に鑑みてなされたものであり、ノングレア性および抗菌性を長期間にわたり保持することのできる合成樹脂成型品およびこの合成樹脂成型品を容易に製造する製造方法を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0008

前述した目的を達成するため請求項1に係る本発明の合成樹脂成型品の特徴は、基材の少なくとも一方の表面に抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜を積層した点にある。そして、このような構成を採用したことにより、抗菌性および耐擦傷性を長期間にわたり保持することができる。

0009

請求項2に係る本発明の合成樹脂成型品の特徴は、耐擦傷性被膜の表面に多数の微細な凹凸が形成されている点にある。そして、このような構成を採用したことにより、抗菌性および耐擦傷性に加えノングレア性を長期間にわたり保持することができる。

0010

請求項3に係る本発明の合成樹脂成型品の特徴は、基材および耐擦傷性被膜が、同質の樹脂を含有している点にある。そして、このような構成を採用したことにより、耐擦傷性被膜原料と基材樹脂原料と耐擦傷性被膜原料を十分に重合させて一体化することができる。

0011

請求項4に係る本発明の合成樹脂成型品の特徴は、同質の樹脂が、メタクリル酸メチルとされている点にある。そして、このような構成を採用したことにより、耐擦傷性被膜原料の部分的な重合時に残留してつぎの基材樹脂原料と耐擦傷性被膜原料の重合時に寄与することができる。

0012

請求項5に係る本発明の合成樹脂成型品の製造方法の特徴は、抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜原料を第1鋳型形成材の表面に塗布し、前記耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの耐擦傷性被膜原料を前記第1鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない耐擦傷性被膜を形成し、前記耐擦傷性被膜が鋳型の内側に位置するように前記第1鋳型形成材と第2鋳型形成材とをガスケットにより間隔を有するように配設し、前記耐擦傷性被膜、第2鋳型形成材およびガスケットからなる鋳型の内側に基材樹脂原料を充填し、充填された前記基材樹脂原料により前記耐擦傷性被膜を膨潤させることにより基材樹脂原料および耐擦傷性被膜をラジカル重合により十分に重合して一体化することにより合成樹脂成型品を形成する点にある。そして、このような構成を採用したことにより、空気中の酸素による重合禁止効果を利用して耐擦傷性被膜原料を第1鋳型形成材との接合面側から一部重合させることにより、その後、基材樹脂原料と前記耐擦傷性被膜を十分に重合させて強固に一体化して、片面が抗菌性および耐擦傷性を有する合成樹脂成型品を製造することができる。

0013

請求項6に係る本発明の合成樹脂成型品の製造方法の特徴は、第1鋳型形成材の前記耐擦傷性被膜原料が塗布される表面に多数の微細な凹凸からなる梨地模様をあらかじめ形成した点にある。そして、このような構成を採用したことにより、抗菌性および耐擦傷性に加えノングレア性を有する合成樹脂成型品を製造することができる。

0014

請求項7に係る本発明の合成樹脂成型品の製造方法の特徴は、抗菌剤を含有した第1耐擦傷性被膜原料を第1鋳型形成材の表面に塗布し、前記第1耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの第1耐擦傷性被膜原料を前記第1鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない第1耐擦傷性被膜を形成し、抗菌剤を含有した第2耐擦傷性被膜原料を第2鋳型形成材の表面に塗布し、前記第2耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの第2耐擦傷性被膜原料を前記第2鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない第2耐擦傷性被膜を形成し、前記各耐擦傷性被膜が鋳型の内側に位置するように前記第1鋳型形成材と第2鋳型形成材とをガスケットにより間隔を有するように配設し、前記両耐擦傷性被膜およびガスケットからなる鋳型の内側に基材樹脂原料を充填し、充填された前記基材樹脂原料により前記両耐擦傷性被膜を膨潤させることにより基材樹脂原料および両耐擦傷性被膜をラジカル重合により十分に重合して一体化することにより合成樹脂成型品を形成する点にある。そして、このような構成を採用したことにより、両面が抗菌性および耐擦傷性を有する合成樹脂成型品を製造することができる。

0015

請求項8に係る本発明の合成樹脂成型品の製造方法の特徴は、両鋳型形成材の耐擦傷性被膜原料が塗布される表面の少なくとも一方に多数の微細な凹凸からなる梨地模様をあらかじめ形成した点にある。そして、このような構成を採用したことにより、少なくとも一方の表面が抗菌性および耐擦傷性に加えノングレア性を有する合成樹脂成型品を製造することができる。

0016

請求項9に係る本発明の合成樹脂成型品の製造方法の特徴は、基材樹脂原料および耐擦傷性被膜原料が、同質の樹脂を含有している点にある。そして、このような構成を採用したことにより、耐擦傷性被膜原料と基材樹脂原料を十分に重合させて一体化することができる。

0017

請求項10に係る本発明の合成樹脂成型品の製造方法の特徴は、同質の樹脂が、メタクリル酸メチルとされている。そして、このような構成を採用したことにより、耐擦傷性被膜原料の部分的な重合時に残留してつぎの基材樹脂原料と耐擦傷性被膜原料の重合時に寄与することができる。

発明を実施するための最良の形態

0018

図1ないし図5は本発明の実施形態を示すものであり、本実施形態の製造方法により製造される合成樹脂成型品は片面のみが抗菌性および耐擦傷性を有するものである。

0019

図1ないし図5は本発明の実施形態を示すものであり、本実施形態の製造方法により製造される合成樹脂成型品は片面のみが耐擦傷性を有するものである。

0020

図1において、第1鋳型形成材をなすガラス板1の上面1aには、微細な凹凸からなる模様2があらかじめ形成されている。そこで、このガラス板1の上面1Aに、図2に示すように、一例としてポリエステル系樹脂ウレタン系樹脂およびアクリル系樹脂の混合物抗菌効果を有する薬品(銀等無機系抗菌剤や銀複合ゼオライト)を添加剤として混合した耐擦傷性被膜原料3を塗布する。なお、前記模様2としては、合成樹脂成型品にノングレア性を得るためには、前述した微細な凹凸からなる模様が必要であるが、罫線、柄、その他の各種模様とすることが可能である。また、ガラス板1の上面1Aを平面として、無模様で平滑面からなる耐擦傷性被膜を形成することも可能である。

0021

ついで、図3に示すように、上面1Aに耐擦傷性被覆原料3を塗布したガラス板1の上方に紫外線(UV)を照射するための複数のメタハライドランプ4,4を配設し、各メタハライドランプ4からの光を前記耐擦傷性被膜原料3に向けて照射する。このとき、耐擦傷性被膜原料3の上面を被覆する透明フィルムは配置せず、耐擦傷性被膜原料3の上面を空気に露出しておく。これは、空気中の酸素による重合禁止効果を得るためであり、これが本発明の特徴である。

0022

前述したようにして各メタハライドランプ4からの光を前記耐擦傷性被膜原料3に向けて照射すると、前記耐擦傷性被膜原料3の上部は、空気による重合禁止効果により重合がそれほど進まず、被膜原料3の成分の蒸発が生じるのに対し、ガラス板1の近傍となる前記耐擦傷性被膜原料3の下部は空気の影響を受けないので、重合が十分進行して硬化する。

0023

そこで、前記各メタハライドランプ4からの光の照射は、前記耐擦傷性被膜原料3の重合により形成される耐擦傷性被膜3Aの上面が爪で傷がつく程度の硬度に達するまで行われる。このとき、重合の進まない前記耐擦傷性被膜原料3の上部の反応度は、60%〜90%未満が好ましく、この範囲内でも、特に65%〜80%が好ましい。

0024

そして、形成された耐擦傷性被膜3Aの膜厚は、ガラス板1上に塗布された耐擦傷性被膜原料3の膜厚よりはるかに薄い膜厚とされている。これは、耐擦傷性被膜原料3の成分がメタハライドランプ4からの光の照射により前述したように一部蒸発するからである。

0025

つぎに、図4に示すように、第2鋳型形成材をなす上面5aが平滑面とされている他のガラス板5を用意し、このガラス板5の上面5aの外周縁弾性変形しうる軟質塩化ビニール製のガスケット6を環状となるように周設し、このガスケット6上に、前記耐擦傷性被膜3Aを前記ガラス板1とともに耐擦傷性被膜3Aが下向きとなるように載置する。

0026

そして、鋳型を構成する前記耐擦傷性被膜3A、ガラス板5およびガスケット6により閉鎖された密閉空間7に基材樹脂原料としてのアクリル樹脂モノマ8を充填する。なお、アクリル樹脂モノマに代えてアクリル樹脂部分重合物を用いてもよい。そして、これらの全体を約65℃の温度の水中に約5時間浸漬するか、あるいは、約65℃の温度の空気中に約2〜5時間放置し、その後、約120℃の温度の熱風循環炉(図示せず)内で約2時間加熱し、充填されたアクリル樹脂モノマ8により未重合の耐擦傷性被膜原料3を膨潤してアクリル樹脂モノマ8および耐擦傷性被膜原料3をラジカル重合により十分に重合する。

0027

すると、前記アクリル樹脂モノマ8が十分な硬度を有する基材8Aとなり、この基材8A上には、十分な強度と抗菌性を有する耐擦傷性被膜3Aが一体的に積層されることになる。しかも、耐擦傷性被膜3Aの表面には微細な凹凸模様9が形成されて全体として梨地模様を構成しているので、完成した合成樹脂成型品10は、抗菌性および耐擦傷性のほかノングレア性をも有している。

0028

なお、十分硬化した耐擦傷性被膜3Aおよび基材8Aは、両ガラス板1,5から簡単に剥離される。

0029

このようにして製造された合成樹脂成型品10は、耐擦傷性被膜3Aの表面が耐擦傷性および抗菌性を有し、しかもノングレア性を有しているので、各種OA機器のフィルタやカバーとして最適である。

0030

また、本実施形態の合成樹脂成型品の製造方法は、空気による重合禁止効果を利用して耐擦傷性被膜3Aを完全に重合しない状態、すなわち膨潤しうる状態にとどめておき、その上で、隣接配置した基材樹脂原料であるアクリル樹脂モノマ8とともに完全に重合させて一体化するので、耐擦傷性被膜3Aと基材8Aとが剥離しない強固な一体化状態となる。

0031

なお、前述した実施形態は、合成樹脂成型品10の片面のみに抗菌性および耐擦傷性をもたせる場合の実施形態であったが、つぎに、合成樹脂成型品10の両面に耐擦傷性をもたせる場合の実施形態について説明する。本実施形態の説明は、便宜上、前述した実施形態の説明に使用した図1ないし図5を再度使用して説明する。

0032

両面に耐擦傷性を有する合成樹脂成型品を製造するには、前述した図1ないし図3の工程を異なる2枚のガラス板1,1について2回繰り返して行う。

0033

ついで、図4および図5の工程を行うのであるが、このとき、第2鋳型形成材をなす上面5aが平滑面とされている他のガラス板5に代えて、図6に示すように、耐擦傷性被膜3Aの形成されたガラス板1を耐擦傷性被膜3Aが上向きとなるように用いる。

0034

すなわち、各ガラス板1,1の耐擦傷性被膜3Aと、これらの両耐擦傷性被膜3Aの外周縁に環状となるように周設された軟質塩化ビニール製のガスケット6により閉鎖された密閉空間7に基材樹脂原料としてのアクリル樹脂モノマ8を充填する。そして、これらの全体を約65℃の温度の水中に約5時間浸漬し、その後、約120℃の温度の熱風循環炉(図示せず)内で約2時間加熱し、アクリル樹脂モノマ8および未重合の耐擦傷性被膜原料3を十分に重合する。

0035

すると、前記アクリル樹脂モノマ8が十分な硬度を有する基材8Aとなり、この基材8Aの上下には、それぞれ十分な強度を有する耐擦傷性被膜3A,3Aが一体的に積層されることになる。しかも、各耐擦傷性被膜3Aの表面には微細な凹凸模様9が形成されて全体として梨地模様を構成しているので、図7に示す完成した合成樹脂成型品10は、抗菌性および耐擦傷性のほかノングレア性をもそれぞれ両面において有している。

0036

つぎに、前述した図1ないし図5に工程を示した合成樹脂成型品11の製造方法の具体的な実施例について説明する。

0037

実施例1
配合
銀複合ゼオライト(抗菌剤) 1.0部
ウレタン系樹脂とポリエステル系樹脂の混合物40部
メタクリル酸メチル60部
1-ヒト゛ロキシシクロヘキシルフェニルケトン1.2部
よりなる抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜原料3、すなわち、約1%の抗菌剤たる銀複合ゼオライトに約40%のウレタン系樹脂とポリエステル系樹脂の混合物ならびに約60%のメタクリル酸メチルを混合し、これに紫外線照射での重合開始剤としての1−ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトンを加えたものを、表面に平均30μm程度の外径で0.1μm程度の深さに凹凸模様2を形成された面積460mm×610mm、厚さ5mmのガラス板1の表面1aに約80μmの厚さに塗布した。

0038

ついで、このガラス板1に対し大気中において40cm間隔で2本配列されたメタハライドランプ4により120W/cmで照射距離150mmとして紫外線を15秒間照射し、耐擦傷性被膜3Aの形成を行った。このとき形成された耐擦傷性被膜3Aは、約20μmの膜厚で、爪により傷がつく程度の硬度であった。

0039

このようにして、ガラス板1の耐擦傷性被膜3Aが形成された表面1Aが内側に位置するようにして、表面が平滑な未処理の他のガラス板5と対向させ、両ガラス板間の間隔が2mmとなるように調整された軟質塩化ビニ−ル製のガスケット6を周設して鋳型とした。

0040

この鋳型に、
メタクリル酸メチル部分重合物100部
紫外線吸収剤(2-(5メチル-2-ヒト゛ロキシフェニル)ヘ゛ンソ゛トリアソ゛-ル) 0.05部
2,2アゾビスイソブチルニトル 0.05部
からなる基材樹脂原料8を注入した後、65℃の浴槽に5時間浸漬し、ついで、120℃の熱風循環炉中で2時間加熱して基材樹脂原料8の全体および耐擦傷性被膜3Aの未重合部分を重合させた。冷却して両ガラス板を離型後、合成樹脂成型品の表面の硬度を、確認したところ、鉛筆硬度6Hの耐擦傷性を示した。

0041

実施例2
配合
銀複合ゼオライト(抗菌剤)
2部
ウレタン系樹脂とポリエステル系樹脂の混合物
40部
メタクリル酸メチル
60部
1-ヒト゛ロキシシクロヘキシルフェニルケトン1
.2部
よりなる抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜原料3、すなわち、約2%の抗菌剤たる銀複合ゼオライトに約40%のウレタン系樹脂とポリエステル系樹脂の混合物ならびに約60%のメタクリル酸メチルを混合し、これに紫外線照射での重合開始剤としての1−ヒドロキシシクロヘキシルフェニルケトンを加えたものを、表面に平均30μm程度の外径で0.1μm程度の深さに凹凸模様2を形成された面積460mm×610mm、厚さ5mmのガラス板1の表面1aに約80μmの厚さに塗布した。

0042

ついで、このガラス板1に対し大気中において40cm間隔で2本配列されたメタハライドランプ4により120W/cmで照射距離150mmとして紫外線を15秒間照射し、耐擦傷性被膜3Aの形成を行った。このとき形成された耐擦傷性被膜3Aは、約20μmの膜厚で、爪により傷がつく程度の硬度であった。

0043

このようにして、ガラス板1の耐擦傷性被膜3Aが形成された表面1Aが内側に位置するようにして、表面が平滑な未処理の他のガラス板5と対向させ、両ガラス板間の間隔が2mmとなるように調整された軟質塩化ビニ−ル製のガスケット6を周設して鋳型とした。

0044

この鋳型に、
メタクリル酸メチル部分重合物100部
紫外線吸収剤(2-(5メチル-2-ヒト゛ロキシフェニル)ヘ゛ンソ゛トリアソ゛-ル) 0.05

ウロパーオキサイド0.05部
からなる基材樹脂原料8を注入した後、65℃の浴槽に5時間浸漬し、ついで、120℃の熱風循環炉中で2時間加熱して基材樹脂原料8の全体および耐擦傷性被膜3Aの未重合部分を重合させた。冷却して両ガラス板を離型後、合成樹脂成型品の表面の硬度を、確認したところ、鉛筆硬度6Hの耐擦傷性を示した。

0045

下表は、抗菌剤である銀複合ゼオライトの配合率を異にする5種類の合成樹脂成型品10から検出された細菌と合成樹脂成型品10自体の透過度を示すものである。

0046

ID=000003HE=035 WI=106 LX=0520 LY=1450
表によれば、銀複合ゼオライトの配合率0.5〜2.0%のいずれもが有効であるが、銀複合ゼオライトの配合率が0.5%では、大腸菌発見されてしまうということで、抗菌効果が低い。また、銀複合ゼオライトの配合率が高くなれば、それだけ抗菌効果は高くなるが、合成樹脂成型品10の透過率が減少し、濁りを生じてしまうので、銀複合ゼオライトの配合率をあまり高くすることはできない。

0047

このような点に鑑みると、銀複合ゼオライトの配合率としては、この表に含まれない%も含めるとすると、0.5〜5.0%が有効で、特に、1.0〜3.0%が効果的である。

0048

さらに付言すると、、各合成樹脂成型品10は、いずれも爪で傷がつかない良好な硬度を有している。

0049

なお、本発明は、前述した実施の形態に限定されるものではなく、必要に応じて種々の変更が可能である。

発明の効果

0050

以上説明したように本発明の合成樹脂成型品によれば、ノングレア性および抗菌性を長期間にわたり保持することができる。

0051

すなわち、基材の少なくとも一方の表面に抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜を積層したので、抗菌性および耐擦傷性を長期間にわたり保持することができる。

0052

また、耐擦傷性被膜の表面に多数の微細な凹凸を形成することにより、抗菌性および耐擦傷性に加えノングレア性を長期間にわたり保持することができる。

0053

さらに、基材および耐擦傷性被膜が、同質の樹脂を含有しているので、耐擦傷性被膜原料と基材樹脂原料と耐擦傷性被膜原料を十分に重合させて一体化することができる。

0054

さらにまた、基材および耐擦傷性被膜が含有している同質の樹脂が、メタクリル酸メチルとすることにより、耐擦傷性被膜原料の部分的な重合時に残留してつぎの基材樹脂原料と耐擦傷性被膜原料の重合時に寄与することができる。

0055

一方、本発明の合成樹脂成型品の製造方法によれば、ノングレア性および抗菌性を長期間にわたり保持することができる合成樹脂成型品を容易に製造することができる。

0056

すなわち、抗菌剤を含有した耐擦傷性被膜原料を第1鋳型形成材の表面に塗布し、前記耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの耐擦傷性被膜原料を前記第1鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない耐擦傷性被膜を形成し、前記耐擦傷性被膜が鋳型の内側に位置するように前記第1鋳型形成材と第2鋳型形成材とをガスケットにより間隔を有するように配設し、前記耐擦傷性被膜、第2鋳型形成材およびガスケットからなる鋳型の内側に基材樹脂原料を充填し、充填された前記基材樹脂原料により前記耐擦傷性被膜を膨潤させることにより基材樹脂原料および耐擦傷性被膜をラジカル重合により十分に重合して一体化することにより合成樹脂成型品を形成するので、空気の重合禁止効果を利用して耐擦傷性被膜原料を第1鋳型形成材との接合面側から一部重合させることにより、その後、基材樹脂原料と前記耐擦傷性被膜を十分に重合させて強固に一体化して、片面が抗菌性および耐擦傷性を有する合成樹脂成型品を製造することができる。

0057

また、第1鋳型形成材の前記耐擦傷性被膜原料が塗布される表面に多数の微細な凹凸からなる梨地模様をあらかじめ形成することにより、抗菌性および耐擦傷性に加えノングレア性を有する合成樹脂成型品を製造することができる。

0058

さらに、抗菌剤を含有した第1耐擦傷性被膜原料を第1鋳型形成材の表面に塗布し、前記第1耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの第1耐擦傷性被膜原料を前記第1鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない第1耐擦傷性被膜を形成し、抗菌剤を含有した第2耐擦傷性被膜原料を第2鋳型形成材の表面に塗布し、前記第2耐擦傷性被膜原料の表面を空気に露出した状態でこの第2耐擦傷性被膜原料を前記第2鋳型形成材との接合面側から一部重合させて表面が十分な硬度を有しない第2耐擦傷性被膜を形成し、前記各耐擦傷性被膜が鋳型の内側に位置するように前記第1鋳型形成材と第2鋳型形成材とをガスケットにより間隔を有するように配設し、前記両耐擦傷性被膜およびガスケットからなる鋳型の内側に基材樹脂原料を充填し、充填された前記基材樹脂原料により前記両耐擦傷性被膜を膨潤させることにより基材樹脂原料および両耐擦傷性被膜をラジカル重合により十分に重合して一体化することにより合成樹脂成型品を形成したので、両面が抗菌性および耐擦傷性を有する合成樹脂成型品を製造することができる。

0059

また、両鋳型形成材の耐擦傷性被膜原料が塗布される表面の少なくとも一方に多数の微細な凹凸からなる梨地模様をあらかじめ形成することにより、少なくとも一方の表面が抗菌性および耐擦傷性に加えノングレア性を有する合成樹脂成型品を製造することができる。

0060

さらに、基材樹脂原料および耐擦傷性被膜原料が、同質の樹脂を含有することにより、耐擦傷性被膜原料と基材樹脂原料を十分に重合させて一体化することができる。

0061

さらにまた、基材樹脂原料および耐擦傷性被膜原料が含有している同質の樹脂を、メタクリル酸メチルとすることにより、耐擦傷性被膜原料の部分的な重合時に残留してつぎの基材樹脂原料と耐擦傷性被膜原料の重合時に寄与することができる。

図面の簡単な説明

0062

図1本発明に係る合成樹脂成型品の製造方法の第1実施形態の第1工程を示す縦断面図
図2本発明に係る合成樹脂成型品の製造方法の第1実施形態の第2工程を示す縦断面図
図3本発明に係る合成樹脂成型品の製造方法の第1実施形態の第3工程を示す縦断面図
図4本発明に係る合成樹脂成型品の製造方法の第1実施形態の第4工程を示す縦断面図
図5本発明に係る合成樹脂成型品の製造方法の第1実施形態における完成した合成樹脂成型品を示す縦断面図
図6本発明に係る合成樹脂成型品の製造方法の第2実施形態の最終工程を示す縦断面図
図7本発明に係る合成樹脂成型品の製造方法の第2実施形態における完成した合成樹脂成型品を示す縦断面図

--

0063

1ガラス板
2模様
3 (抗菌剤を含有した)耐擦傷性被膜原料
3A 耐擦傷性被膜
4メタハライドランプ
5 ガラス板
6ガスケット
7密閉空間
8アクリル樹脂モノマ
8A基材
9凹凸模様
10 合成樹脂成型品

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ