図面 (/)

技術 記録媒体及び記録再生装置

出願人 日本コロムビア株式会社
発明者 酒井一重
出願日 1999年2月22日 (21年9ヶ月経過) 出願番号 1999-042626
公開日 2000年9月8日 (20年2ヶ月経過) 公開番号 2000-242563
状態 特許登録済
技術分野 記憶装置の機密保護 暗号化・復号化装置及び秘密通信
主要キーワード アルゴリズムデータベース 書換領域 転置変換 配布センター 文字データ列 媒体固有情報 復号化鍵情報 書換不可
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年9月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

暗号化情報の不正利用を困難なものとし、利便性を損ねることなく簡便にソフトウエアを利用することができる装置を提供する。

解決手段

記録媒体は、暗号化情報が記録された再生専用部と、復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報とが記録された書換部とを具備し、記録再生装置は、指定情報に基づいて暗号化情報とアルゴリズム選択情報及び媒体共通鍵情報とを読み出させる制御を行う制御部と、書換部の情報を読み出す書換部記録再生処理部と、再生専用部の情報を読み出す再生再生処理部と、アルゴリズムが格納されたアルゴリズムデータベース部と、アルゴリズムを用いて媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する転置変換部と、復号鍵情報を用いて暗号化情報を復号する暗号化情報復号部とを具備する。

概要

背景

大容量の情報の記録が可能な記録媒体の普及により、音楽映像コンピュータプログラム等の情報をコンパクトディスク(CD:Compact Disc)やコンパクト・ディスク−リードオンリー・メモリCD−ROM:Compact Disc−Read Only Memory)等の記録媒体に記録し、廉価且つ大量に頒布販売することが一般的になっている。

CDやCD−ROM等の記録媒体は、デジタル化された情報が記録されているため、情報の品質劣化させることなく利用することが可能である。CDやCD−ROM等の記録媒体に記録された情報は、パーソナルコンピュータにより容易にデータを複製することができるため、CDやCD−ROM等の記録媒体に記録された情報を違法に複製される虞がある。

例えば、CD−ROMに記録されたコンピュータプログラムは、パーソナルコンピュータにより読み出され、パーソナルコンピュータのハードディスクドライブ等の記憶部に記憶され、記憶部に記憶されたコンピュータプログラムが実行され利用される。CD−ROMに記録されたコンピュータプログラムを、複数のパーソナルコンピュータのハードディスクドライブに記憶し、不正に利用することができる。また、パーソナルコンピュータを用いて、CD−ROMに記録されたコンピュータプログラムを読み出し、そのコンピュータプログラムを他の記録媒体に記録することで、CD−ROMに記録されているコンピュータプログラムを違法に複製することができる。複製されたコンピュータプログラムは、他のパーソナルコンピュータで利用することができ、また、複製されたコンピュータプログラムを更に他の記録媒体に複製することもできる。

パーソナルコンピュータを用いて実行することが可能なコンピュータプログラムを保護する手段としては、コンピュータプログラムの使用にあたって必要な情報(鍵情報パスワードなど)の確認を行い、前記情報が確認された場合にのみコンピュータプログラムを利用できる方法や、コンピュータプログラムそのものを何らかの方法で暗号化し、使用にあたっては、復号化情報を入力することでコンピュータプログラムを復号して利用する方法などがある。これらの方法を用いても、コンピュータプログラムの使用にあたって必要な情報やデータを復号する復号化情報を複製することで、当該コンピュータプログラムを違法に複製して利用する虞がある。

前述した課題を解決する手段として、特開昭64−68835号に開示されているソフトウエア権利管理制御方法がある。この方法では、暗号化されたコンピュータプログラムを、専用の復号化装置を用いて復号化して利用する。復号化装置は、復号化処理が行われる度に利用頻度を計算し、随時配布センターに送信する。配布センター側では、その利用頻度に応じて課金を行い、コンピュータプログラムの利用者から料金を徴収する。暗号化されたコンピュータプログラムを専用の復号化装置を用いて複製しても、複製したコンピュータプログラムは専用の復号化装置で復号しないと利用できない。専用の復号化装置を利用する度に課金されるため、違法に複製したコンピュータプログラムを利用する場合でも料金を支払わなければならない。

また、特開平5−298085号公報に開示されているソフトウエア管理システムにおいては、書き換え可能な書換領域と書き換えが不可能な書換不可能記憶領域を有する記録媒体を用いて、書換不可能記憶領域に暗号化されたソフトウエアを記録し、書換領域に前記ソフトウエアを復号する復号化情報と共に、当該ソフトウエアの使用回数又は使用時間を暗号化して記録する。この記録媒体を再生する再生装置では、ソフトウエアの使用回数又は使用時間が契約回数又は契約時間を超えた場合に使用を禁止する。

概要

暗号化情報の不正利用を困難なものとし、利便性を損ねることなく簡便にソフトウエアを利用することができる装置を提供する。

記録媒体は、暗号化情報が記録された再生専用部と、復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報とが記録された書換部とを具備し、記録再生装置は、指定情報に基づいて暗号化情報とアルゴリズム選択情報及び媒体共通鍵情報とを読み出させる制御を行う制御部と、書換部の情報を読み出す書換部記録再生処理部と、再生専用部の情報を読み出す再生部再生処理部と、アルゴリズムが格納されたアルゴリズムデータベース部と、アルゴリズムを用いて媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する転置変換部と、復号鍵情報を用いて暗号化情報を復号する暗号化情報復号部とを具備する。

目的

本発明は、情報を改ざんして違法に複製し利用することを困難なものとし、利便性を損ねることなく簡便に情報を利用することができる記録媒体及び再生装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
6件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、前記複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と該媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した前記複数の復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報とが記録された書換部とを備えたことを特徴とする記録媒体

請求項2

暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、前記複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と該媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した前記複数の復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報とが記録された書換部とを備えた記録媒体の記録再生を行う記録再生装置において、前記アルゴリズム選択情報及び前記記媒体共通鍵情報を読み出す書換部記録再生処理部と、前記暗号化情報を読み出す再生再生処理部と、外部から入力される指定情報に基づいて前記書換部記録再生処理部及び前記再生専用部再生処理部の制御を行う制御部と、前記アルゴリズムが格納されたアルゴリズムデータベース部と、前記アルゴリズム選択情報に基づいて前記アルゴリズムデータベース部から選択された前記アルゴリズムを用いて前記媒体共通鍵情報を前記復号鍵情報に変換する転置変換部と、前記復号鍵情報を用いて前記暗号化情報を復号して情報に変換する暗号化情報復号部とを備えたことを特徴とする記録再生装置。

請求項3

暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、前記複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と該媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成する前記アルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報と前記媒体共通鍵情報に変換される鍵情報に基づいて生成される鍵ハッシュ値情報とが記録された書換部とを備えたことを特徴とする記録媒体。

請求項4

暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、前記複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と該媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成する前記アルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報と前記媒体共通鍵情報に変換される鍵情報に基づいて生成される鍵ハッシュ値情報とが記録される書換部とを備えた記録媒体の記録再生を行う記録再生装置において、外部から入力されるアルゴリズム選択情報に基づいて第1ハッシュ値情報を生成する第1ハッシュ値生成部と、外部から入力される鍵情報を前記第1ハッシュ値情報を用いて暗号化して前記媒体共通鍵情報に変換する暗号化部と、前記鍵情報に基づいて鍵ハッシュ値情報を生成する第3ハッシュ値生成部と、外部から前記アルゴリズム選択情報及び前記鍵情報が入力されたとき前記書換部に前記アルゴリズム選択情報及び前記媒体共通鍵情報及び前記鍵ハッシュ値情報を記録する書換部記録再生処理部とを備えたことを特徴とする記録再生装置。

請求項5

暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、前記複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と該媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成する前記アルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報と前記媒体共通鍵情報に変換される鍵情報に基づいて生成される鍵ハッシュ値情報とが記録された書換部とを備えた記録媒体の記録再生を行う記録再生装置において、外部から新たなアルゴリズム選択情報が入力されたときに前記書換部に記録された前記媒体共通鍵情報を読み出すと共に前記アルゴリズム選択情報の読み出し及び書き換えを行う書換部記録再生処理部と、外部から新たなアルゴリズム選択情報が入力されたときに前記書換部から読み出された前記アルゴリズム選択情報に基づいて第1ハッシュ値情報を生成すると共に前記新たなアルゴリズム選択情報と前記アルゴリズム選択情報に基づいて新たな第1ハッシュ値情報を生成する第1ハッシュ値生成部と、前記書換部から読み出された前記媒体共通鍵情報を前記第1ハッシュ値情報を用いて前記鍵情報に変換する暗号復号部と、前記新たな第1ハッシュ値情報を用いて前記鍵情報を新たな媒体共通鍵情報に変換する暗号化部とを備えたことを特徴とする記録再生装置。

請求項6

暗号化された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、前記複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と該媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成する前記アルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報と前記媒体共通鍵情報に変換される鍵情報に基づいて生成される鍵ハッシュ値情報とが記録された書換部とを備えた記録媒体の記録再生を行う記録再生装置において、前記アルゴリズム選択情報及び前記媒体共通鍵情報及び鍵ハッシュ値情報を読み出す書換部記録再生処理部と、前記暗号化情報を読み出す再生専用部再生処理部と、外部から入力される指定情報に基づいて前記書換部記録再生処理部及び前記再生専用部再生処理部の制御を行う制御部と、前記書換部から読み出された前記アルゴリズム選択情報に基づいて第1ハッシュ値情報を生成する第1ハッシュ値生成部と、前記媒体共通鍵情報を前記第1ハッシュ値情報を用いて前記鍵情報に変換する暗号復号部と、前記鍵情報に対して第2ハッシュ値を生成する第2ハッシュ値生成部と、前記書換部から読み出された前記鍵ハッシュ値情報と前記第2ハッシュ値情報とを比較して2つのハッシュ値が同じ場合に処理実行の信号を出力する比較部と、前記アルゴリズムが格納されたアルゴリズムデータベース部と、前記比較部から出力された処理実行の信号に基づいて前記アルゴリズム選択情報により前記アルゴリズムデータベース部から選択された前記アルゴリズムを用いて前記書換部から読み出された前記媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する転置変換部と、前記復号鍵情報を用いて前記再生専用部から読み出された前記暗号化情報を復号して情報に変換する暗号化情報復号部とを備えたことを特徴とする記録再生装置。

技術分野

0001

本発明は、音楽映像コンピュータプログラム等が記録された記録媒体及び当該記録媒体を再生する再生装置に関する。

背景技術

0002

大容量の情報の記録が可能な記録媒体の普及により、音楽、映像、コンピュータプログラム等の情報をコンパクトディスク(CD:Compact Disc)やコンパクト・ディスク−リードオンリー・メモリCD−ROM:Compact Disc−Read Only Memory)等の記録媒体に記録し、廉価且つ大量に頒布販売することが一般的になっている。

0003

CDやCD−ROM等の記録媒体は、デジタル化された情報が記録されているため、情報の品質劣化させることなく利用することが可能である。CDやCD−ROM等の記録媒体に記録された情報は、パーソナルコンピュータにより容易にデータを複製することができるため、CDやCD−ROM等の記録媒体に記録された情報を違法に複製される虞がある。

0004

例えば、CD−ROMに記録されたコンピュータプログラムは、パーソナルコンピュータにより読み出され、パーソナルコンピュータのハードディスクドライブ等の記憶部に記憶され、記憶部に記憶されたコンピュータプログラムが実行され利用される。CD−ROMに記録されたコンピュータプログラムを、複数のパーソナルコンピュータのハードディスクドライブに記憶し、不正に利用することができる。また、パーソナルコンピュータを用いて、CD−ROMに記録されたコンピュータプログラムを読み出し、そのコンピュータプログラムを他の記録媒体に記録することで、CD−ROMに記録されているコンピュータプログラムを違法に複製することができる。複製されたコンピュータプログラムは、他のパーソナルコンピュータで利用することができ、また、複製されたコンピュータプログラムを更に他の記録媒体に複製することもできる。

0005

パーソナルコンピュータを用いて実行することが可能なコンピュータプログラムを保護する手段としては、コンピュータプログラムの使用にあたって必要な情報(鍵情報パスワードなど)の確認を行い、前記情報が確認された場合にのみコンピュータプログラムを利用できる方法や、コンピュータプログラムそのものを何らかの方法で暗号化し、使用にあたっては、復号化情報を入力することでコンピュータプログラムを復号して利用する方法などがある。これらの方法を用いても、コンピュータプログラムの使用にあたって必要な情報やデータを復号する復号化情報を複製することで、当該コンピュータプログラムを違法に複製して利用する虞がある。

0006

前述した課題を解決する手段として、特開昭64−68835号に開示されているソフトウエア権利管理制御方法がある。この方法では、暗号化されたコンピュータプログラムを、専用の復号化装置を用いて復号化して利用する。復号化装置は、復号化処理が行われる度に利用頻度を計算し、随時配布センターに送信する。配布センター側では、その利用頻度に応じて課金を行い、コンピュータプログラムの利用者から料金を徴収する。暗号化されたコンピュータプログラムを専用の復号化装置を用いて複製しても、複製したコンピュータプログラムは専用の復号化装置で復号しないと利用できない。専用の復号化装置を利用する度に課金されるため、違法に複製したコンピュータプログラムを利用する場合でも料金を支払わなければならない。

0007

また、特開平5−298085号公報に開示されているソフトウエア管理システムにおいては、書き換え可能な書換領域と書き換えが不可能な書換不可能記憶領域を有する記録媒体を用いて、書換不可能記憶領域に暗号化されたソフトウエアを記録し、書換領域に前記ソフトウエアを復号する復号化情報と共に、当該ソフトウエアの使用回数又は使用時間を暗号化して記録する。この記録媒体を再生する再生装置では、ソフトウエアの使用回数又は使用時間が契約回数又は契約時間を超えた場合に使用を禁止する。

発明が解決しようとする課題

0008

前述したソフトウエア権利管理制御方法及びソフトウエア管理システムは、パーソナルコンピュータを用いて実行することが可能なコンピュータプログラムと、コンピュータプログラム以外の、例えば音楽や映像等の情報に対して、利便性を損ねることなく情報が違法に複製され利用されることを防止することが困難である。

0009

前述したソフトウエア権利管理制御方法は、コンピュータプログラムを違法に複製し利用することに対して充分なセキュリティを達成しているが、例えば定められた料金を支払って音楽や映像等の情報が記録された記録媒体を購入した場合に、音楽や映像等の情報を再生する専用の復号装置を利用する度に課金されるという不具合が生じる。前述したソフトウエア管理システムにおいては、音楽や映像等の情報に対して、使用回数や使用時間が制限されるため、利便性を損ねるという不具合がある。

0010

また、前述したソフトウエア権利管理制御方法においては、暗号化された情報を改ざんして、暗号化された情報を専用の復号装置以外の装置を用いて復号することができるようにすることにより、情報を違法に複製して利用することができる。前述したソフトウエア管理システムにおいては、記録媒体に記録されるソフトウエアの使用回数や使用時間に関する情報を改ざんすることにより、記録媒体に記録された情報を自由に復号し、違法に複製して利用することができる。

0011

本発明は、情報を改ざんして違法に複製し利用することを困難なものとし、利便性を損ねることなく簡便に情報を利用することができる記録媒体及び再生装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0012

本願の請求項1記載の発明は、暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報とが記録された書換部とを備えたことを特徴としている。

0013

本願の請求項2記載の発明は、暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報とが記録された書換部とを備えた記録媒体の記録再生を行う記録再生装置において、アルゴリズム選択情報及び記媒体共通鍵情報を読み出す書換部記録再生処理部と、暗号化情報を読み出す再生部再生処理部と、外部から入力される指定情報に基づいて書換部記録再生処理部及び再生専用部再生処理部の制御を行う制御部と、アルゴリズムが格納されたアルゴリズムデータベース部と、アルゴリズム選択情報に基づいてアルゴリズムデータベース部から選択され書換部記録再生処理部により読み出されたアルゴリズムを用いて媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する転置変換部と、復号鍵情報を用いて暗号化情報を復号して情報に変換する暗号化情報復号部とを備えたことを特徴としている。

0014

本願の請求項3記載の発明は、暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報と媒体共通鍵情報に変換される鍵情報に基づいて生成される鍵ハッシュ値情報とが記録された書換部とを備えたことを特徴としている。

0015

本願の請求項4記載の発明は、暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報と媒体共通鍵情報に変換される鍵情報に基づいて生成される鍵ハッシュ値情報とが記録される書換部とを備えた記録媒体の記録再生を行う記録再生装置において、外部から入力されるアルゴリズム選択情報に基づいて第1ハッシュ値情報を生成する第1ハッシュ値生成部と、外部から入力される鍵情報を第1ハッシュ値情報を用いて暗号化して媒体共通鍵情報に変換する暗号化部と、鍵情報に基づいて鍵ハッシュ値情報を生成する第3ハッシュ値生成部と、外部からアルゴリズム選択情報及び鍵情報が入力されたとき書換部にアルゴリズム選択情報及び媒体共通鍵情報及び鍵ハッシュ値情報を記録する書換部記録再生処理部とを備えたことを特徴としている。

0016

本願の請求項5記載の発明は、暗号化処理された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報と媒体共通鍵情報に変換される鍵情報に基づいて生成される鍵ハッシュ値情報とが記録された書換部とを備えた記録媒体の記録再生を行う記録再生装置において、外部から新たなアルゴリズム選択情報が入力されたときに書換部に記録された媒体共通鍵情報を読み出すと共にアルゴリズム選択情報の読み出し及び書き換えを行う書換部記録再生処理部と、外部から新たなアルゴリズム選択情報が入力されたときに書換部から読み出されたアルゴリズム選択情報に基づいて第1ハッシュ値情報を生成すると共に、新たなアルゴリズム選択情報とアルゴリズム選択情報に基づいて新たな第1ハッシュ値情報を生成する第1ハッシュ値生成部と、書換部から読み出された媒体共通鍵情報を第1ハッシュ値情報を用いて前記鍵情報に変換する暗号復号部と、新たな第1ハッシュ値情報を用いて鍵情報を新たな媒体共通鍵情報に変換する暗号化部とを備えたことを特徴としている。

0017

本願の請求項6記載の発明は、暗号化された複数の暗号化情報が記録された再生専用部と、複数の暗号化情報を復号する複数の復号鍵情報に変換される媒体共通鍵情報と媒体共通鍵情報から各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報を生成するアルゴリズムを選択するアルゴリズム選択情報と媒体共通鍵情報に変換される鍵情報に基づいて生成される鍵ハッシュ値情報とが記録された書換部とを備えた記録媒体の記録再生を行う記録再生装置において、アルゴリズム選択情報及び媒体共通鍵情報及び鍵ハッシュ値情報を読み出す書換部記録再生処理部と、暗号化情報を読み出す再生専用部再生処理部と、外部から入力される指定情報に基づいて書換部記録再生処理部及び再生専用部再生処理部の制御を行う制御部と、書換部から読み出されたアルゴリズム選択情報に基づいて第1ハッシュ値情報を生成する第1ハッシュ値生成部と、媒体共通鍵情報を第1ハッシュ値情報を用いて鍵情報に変換する暗号復号部と、鍵情報に対して第2ハッシュ値を生成する第2ハッシュ値生成部と、書換部から読み出された鍵ハッシュ値情報と第2ハッシュ値生成部で生成された前記第2ハッシュ値情報とを比較して2つのハッシュ値が同じ場合に処理実行の信号を出力する比較部と、アルゴリズムが格納されたアルゴリズムデータベース部と、比較部から出力された処理実行の信号に基づいてアルゴリズム選択情報によりアルゴリズムデータベース部から選択されたアルゴリズムを用いて書換部から読み出された媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する転置変換部と、復号鍵情報を用いて再生専用部から読み出された暗号化情報を復号して情報に変換する暗号化情報復号部とを備えたことを特徴としている。

発明を実施するための最良の形態

0018

図1は、本発明の記録媒体の第1実施例の概略構成を示す模式図である。図1において、記録媒体101は、書換領域(書換部)102と再生専用領域(再生専用部)103とを備えている。本実施例においては、記録媒体101に書換領域102と再生専用領域103とが形成されたものとして説明するが、それに限定されるものではない。光を利用して情報の読み出しを行う再生専用部と、電波等により非接触で情報の読み出し及び書き換えが可能な書換部(例えば、書換可能メモリ)とを備えた記録媒体であってもよい。

0019

書換領域102は、媒体共通鍵情報とアルゴリズム選択情報とが記録される。この他、記録媒体を製造した製造者製造番号シリアル番号)や製造日を示す媒体固有情報や、利用者に関する情報である利用者情報が記録される。

0020

媒体共通鍵情報は、後述する再生装置によって再生専用領域103に記録された複数の暗号化情報を復号するために用いられる復号鍵情報に変換される。媒体共通鍵情報は、再生専用領域103に記録された全ての暗号化情報のそれぞれの復号鍵情報を生成するための情報であり、1つの記録媒体101に1つの媒体共通鍵情報が記録されている。媒体共通鍵情報は、利用者が記録媒体を購入する場合に、ソフトウエア提供者により入力される鍵情報に基づいて生成され書換領域102に記録される。ソフトウエア提供者により入力される鍵情報は、記録媒体101の情報が改ざんされたか否かを判別するために用いられる情報である。

0021

アルゴリズム選択情報は、後述する記録再生装置に備えられたアルゴリズムデータベース部に格納されている複数の異なるアルゴリズムの中から、利用者が選択した暗号化情報を復号する復号鍵情報を生成するためのアルゴリズムを選択する情報である。再生専用領域103に記録された各暗号化情報に対応した複数の復号鍵情報は、1つの媒体共通鍵情報から変換されるため、書換領域102には、複数の復号鍵情報に対応したアルゴリズムを選択するための複数のアルゴリズム選択情報が記録される。

0022

アルゴリズム選択情報は、利用者が記録媒体を購入するときに記録される。利用者が選択した暗号化情報に対応するアルゴリズム選択情報は、ソフトウエア提供者により記録媒体101の書換領域102に記録される。利用者が記録媒体101に記録された暗号化情報を追加して購入する場合には、ソフトウエア提供者が追加購入された暗号化情報に対応するアルゴリズム選択情報を書換領域102に追加記録する。

0023

記録媒体101に記録された暗号化情報の再生は、利用者が、例えば楽曲番号を指定すると、指定された暗号化情報に対応したアルゴリズム選択情報により、後述する記録再生装置のアルゴリズムデータベース部に格納されているアルゴリズムが選択され、アルゴリズムにより媒体共通鍵情報が復号鍵情報に変換され、再生専用領域103に記録されている暗号化情報が復号鍵情報により復号される。

0024

再生専用領域103には、異なる復号鍵情報によりそれぞれ復号される複数の暗号化情報(音楽、映像、コンピュータプログラム等の情報)が記録されている。暗号化情報は、復号鍵情報により復号される情報であり、換言すれば、復号鍵情報に対応した情報を用いて暗号化処理が施された情報である。例えば、第1暗号化情報は、第1復号鍵情報により暗復号される第1曲目楽曲情報であり、また、第2暗号化情報は、第2復号鍵情報により復号される第2曲目の楽曲情報である。本実施例では、再生専用領域103に記録された各暗号化情報は全て音楽情報とするが、それに限定されない。例えば、再生専用領域103に、音楽情報の暗号化情報と映像情報の暗号化情報とを混在させて記録するようにしてもよい。

0025

前述した記録媒体101を再生する記録再生装置について説明する。図2は、本発明の記録再生装置の第1実施例の概略構成を示す模式図である。記録再生装置201は、書換領域記録再生処理部(書換部記録再生処理部)202、再生領域再生処理部(再生専用部再生処理部)203、制御部204、アルゴリズムデータベース部205、転置変換部206、暗号化情報復号部207を備えている。

0026

書換領域記録再生処理部202は、後述する制御部204の制御に基づいて、記録媒体101の書換領域102から指定されたアルゴリズム選択情報を読み出し、アルゴリズムデータベース部205に出力し、また、記録媒体101の書換領域102から媒体共通鍵情報を読み出し、転置変換部206に出力する。

0027

再生領域再生処理部203は、後述する制御部204の制御に基づいて、記録媒体101の再生専用領域103に記録されている暗号化情報を読み出す。

0028

制御部204は、利用者が操作部(図示せず)を用いて入力した指定情報に基づいて、書換領域記録再生処理部202が書換領域102から指定されたアルゴリズム選択情報を読み出すように制御すると共に、再生領域再生処理部203が再生専用領域103から指定情報により指定された暗号化情報を読み出すように制御する。

0029

アルゴリズムデータベース部205には、記録媒体101に記録された媒体共通鍵情報から暗号化情報を復号するための復号鍵情報を生成するアルゴリズムが複数格納されている。1枚の記録媒体に記録されている複数の暗号化情報は、それぞれの暗号化情報毎に異なる復号鍵情報により復号される。

0030

転置変換部206は、書換領域記録再生処理部202から出力された媒体共通鍵情報を、アルゴリズムデータベース部205から出力されたアルゴリズムを用いて復号鍵情報に変換する。

0031

本実施例における媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する方法としては、Mビットの媒体共通鍵情報からN(M>N)ビットの復号鍵情報を生成する第1方法と、Mビットの媒体共通鍵情報からL(M<L)ビットの復号鍵情報を生成する第2方法とがある。本実施例においては、Mビットを8ビットの文字データ列、Nビットを4ビットの文字データ列、Lビットを11ビットの文字データ列とする。

0032

図3は、本実施例の記録再生装置における媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する第1方法を説明するための模式図である。図3において、媒体共通鍵情報を第1復号鍵情報と第2復号鍵情報とに変換する第1方法について説明する。第1復号鍵情報への変換には、第1アルゴリズム選択情報により選択された第1アルゴリズムが用いられ、Mビットの媒体共通鍵情報からN(M>N)ビットの第1復号鍵情報に変換される。媒体共通鍵情報は、第1アルゴリズムにより、1番目、3番目、4番目及び7番目の文字データが用いられ、第1暗号化情報用の第1復号鍵情報に変換される。

0033

第2復号鍵情報への変換には、第2アルゴリズム選択情報により選択された第2アルゴリズムが用いられ、Mビットの媒体共通鍵情報からN(M>N)ビットの第3復号鍵情報に変換される。媒体共通鍵情報は、第2アルゴリズムにより2番目、4番目、6番目及び8番目の文字データが用いられ、第2暗号化情報用の第2復号鍵情報に変換される。媒体共通鍵情報の文字データは、重複して用いられてもよい。

0034

図4は、本実施例の記録再生装置における媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する第2方法を説明するための模式図である。図4において、媒体共通鍵情報を第1復号鍵情報と第2復号鍵情報とに変換する第2方法について説明する。第1復号鍵情報への変換には、第1アルゴリズム選択情報により選択された第1アルゴリズムが用いられ、Mビットの媒体共通鍵情報からL(M<L)ビットの第1復号鍵情報に変換される。媒体共通鍵情報は、第1アルゴリズムにより一部の文字データが重複して用いられ、第1暗号化情報用の第1復号鍵情報に変換される。

0035

また、第2復号鍵情報への変換には、第2アルゴリズム選択情報により選択された第2アルゴリズムが用いられ、Mビットの媒体共通鍵情報からL(M<L)ビットの第2復号鍵情報に変換される。媒体共通鍵情報は、第2アルゴリズムにより一部の文字データが重複して用いられ、第2暗号化情報用の第2復号鍵情報に変換される。

0036

暗号化情報復号部207は、復号鍵情報を用いて再生領域再生処理部203から出力される暗号化情報を復号し、暗号化されていない情報に変換して出力する。

0037

図2に示す記録再生装置の再生処理について説明する。記録再生装置201に記録媒体101を配置し、利用者が操作部(図示せず)を用いて、所望の情報を再生するための指定情報(再生したい楽曲番号)を入力する。

0038

制御部204は、入力された指定情報に基づいて書換領域記録再生処理部202を制御し、記録媒体101の書換領域102に記録された複数のアルゴリズム選択情報の中から指定されたアルゴリズム選択情報を読み出させ、アルゴリズムデータベース部205に出力させる。また、制御部204は、入力された指定情報に基づいて書換領域記録再生処理部202を制御し、記録媒体101の書換領域102に記録された媒体共通鍵情報を読み出させ、転置変換部206に出力させる。

0039

アルゴリズムデータベース部205は、書換領域記録再生処理部202から出力されたアルゴリズム選択情報に基づいて、記録している複数のアルゴリズムの中から選択されたアルゴリズムを転置変換部206に出力する。

0040

転置変換部206は、書換領域記録再生処理部202から入力される媒体共通鍵情報を選択されたアルゴリズムを用いて復号鍵情報に変換し、復号鍵情報として暗号化情報復号部207に出力する。

0041

一方、制御部204は、指定情報に基づいて再生領域再生処理部203を制御し、記録媒体101から指定情報により指定された暗号化情報を読み出して暗号化情報復号部207に出力させる。

0042

暗号化情報復号部207は、再生領域再生処理部203から出力された暗号化情報を、転置変換部206から出力された復号鍵情報を用いて復号化し、情報に変換して出力する。

0043

記録媒体101には、複数の暗号化情報が記録されているが、記録されている暗号化情報は、それぞれの暗号化情報に対応した復号鍵情報を用いなければ復号することができない。暗号化情報毎に復号鍵情報が異なるため、1つの復号鍵情報を不正に生成しても、記録媒体101に記録された1つの暗号化情報を再生することができるのみであり、その他の暗号化情報を再生することができない。

0044

利用者は、記録媒体101を購入する時、記録媒体101に複数記録された暗号化情報の中から必要とする暗号化情報に対するアルゴリズム選択情報を購入する。利用者は、記録媒体101に記録された暗号化情報に対する料金を、暗号化情報に対応するアルゴリズム選択情報の数に対応して支払う。

0045

暗号化された暗号化情報を再生するとき、暗号化情報を復号するための復号鍵情報は、再生装置201内で一時的に発生するため、不正に復号鍵情報が解読されたり、複数の暗号化情報を簡単に復号できるような復号鍵情報に改ざんされたりする危険性がきわめて低く、暗号化情報や復号鍵情報が違法に複製され、利用されることを防止することができる。

0046

図5は、本発明の記録媒体の第2実施例の概略構成を示す模式図である。図5において、記録媒体301は、書換領域302と再生専用領域303とを備えている。書換領域302に記録された媒体共通鍵情報とアルゴリズム選択情報、および、再生専用領域303に記録された暗号化情報は、前述した第1実施例と同様であるため説明を省略する。

0047

本実施例においては、記録媒体101に書換領域102と再生専用領域103とが形成されたものとして説明するが、それに限定されるものではない。光を利用して情報の読み出しを行う再生専用部と、電波等により非接触で情報の読み出し及び書き換えが可能な書換部(例えば、書換可能メモリ)とを備えた記録媒体であってもよい。

0048

本実施例の記録媒体301の書換領域302には、鍵ハッシュ値情報が記録される。鍵ハッシュ値情報は、利用者が記録媒体を購入する際に、ソフトウエア提供者により提供された鍵情報に基づいて生成されたハッシュ値(後述する図6においては、第3ハッシュ値)である。媒体共通鍵情報は、書換領域302に記録された全てのアルゴリズム選択情報を連続したデータ列とし、前記データ列をハッシュ生成関数を用いて暗号化した情報である。後述する記録再生装置において、媒体共通鍵情報からハッシュ値を求め、記録媒体に記録された鍵ハッシュ値情報と比較することにより、媒体共通鍵情報が改ざんされたか否かを確認することができる。

0049

ハッシュ値は、例えば、2のm乗の剰余を求めるモジュロ演算モジュロ法)により求められる。モジュロ演算により求められたハッシュ値は、同じ値(データ列)が存在することがなく、簡易に適度なハッシュ値(128ビット〜1024ビット)を発生させるために使われるハッシュ生成関数としては、Message Digest 5(MD5)アルゴリズムがある。MD5は、電子メールの内容の改ざん発見発信元を証明するデジタル署名に使用されている。

0050

図6は、本発明の記録再生装置の第2実施例の概略構成を示す模式図である。前述した記録媒体301の再生に用いる記録再生装置401において、利用者が記録媒体301を購入する場合には、記録媒体301に媒体共通鍵情報、アルゴリズム選択情報及び鍵ハッシュ値情報を記録する。また、利用する暗号化情報を追加する場合には、アルゴリズム選択情報及び鍵ハッシュ値情報を書き換える。

0051

図6において、記録再生装置401は、書換領域記録再生処理部402、再生領域再生処理部403、制御部404、アルゴリズムデータベース部405、転置変換部406、暗号化情報復号部407、第1切換部408、第1ハッシュ値生成部409、第2切換部410、暗号化部411、第3ハッシュ値生成部412、暗号復号部413、第2ハッシュ値生成部414、比較部415を備えている。

0052

書換領域記録再生処理部402は、後述する制御部404の制御に基づいて、指定されたアルゴリズム選択情報を記録媒体301から読み出す。また、記録媒体301の書換領域302のアルゴリズム選択情報の読み出しや書き換え及び鍵ハッシュ値情報の読み出しを行う。

0053

再生領域再生処理部403は、後述する制御部404の制御により、記録媒体301の再生専用領域303に記録されている暗号化情報を読み出す。

0054

制御部404は、利用者が操作部(図示せず)を用いて入力した指定情報に基づいて、書換領域記録再生処理部402が書換領域102から指定されたアルゴリズム選択情報を読み出すように制御すると共に、再生領域再生処理部403が再生専用領域303から指定情報により指定された暗号化情報を読み出すように制御する。

0055

アルゴリズムデータベース部405は、記録媒体301の書換領域303に記録された媒体共通鍵情報を暗号化情報を復号する復号鍵情報に変換するアルゴリズムを格納している。暗号化情報は、それぞれの暗号化情報毎に異なる復号鍵情報により復号されるため、アルゴリズムデータベース部405には、前記暗号化情報の数に対応したアルゴリズムが格納されている。

0056

転置変換部406は、アルゴリズムデータベース部405から出力されたアルゴリズムを用いて、書換領域記録再生処理部402から出力された媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する。

0057

暗号化情報復号部407は、復号鍵情報を用いて再生領域再生処理部403から出力される暗号化情報を復号し、暗号化されていない情報に変換して出力する。

0058

第1切換部408は、書換領域記録再生処理部402から入力される記録媒体301に記録された全てのアルゴリズム選択情報と、外部より入力される追加アルゴリズム選択情報とを切り換え、第1ハッシュ値生成部409に入力させる。

0059

第1ハッシュ値生成部409は、記録媒体301の書換領域303に記録されたN個のアルゴリズム選択情報に基づいて、ハッシュ生成関数を用いて固有番号となる第1ハッシュ値情報を生成する。

0060

第2切換部410は、ソフトウエア提供者が提供する鍵情報と、記録媒体301から読み出され暗号復号部413により復号された媒体共通鍵情報とを切り換え、暗号化部411に入力させる。鍵情報は、例えばパスワード、暗証番号やID番号等である。

0061

暗号化部411は、第2切換部410を介して入力される鍵情報を第1ハッシュ値生成部409で生成された第1ハッシュ値を用いて暗号化して媒体共通鍵情報に変換する。暗号化のアルゴリズムには、例えば、DES(Data EncryptionStandard)のアルゴリズムを用いる。

0062

第3ハッシュ値生成部412は、外部から入力された鍵情報に基づいて第3ハッシュ値を生成する。

0063

暗号復号部413は、第1ハッシュ値生成部409で生成された第1ハッシュ値を用いて記録媒体301に記録されている媒体共通鍵情報を鍵情報に復号する。

0064

第2ハッシュ値生成部414は、暗号復号部413により復号された鍵情報に対して第2ハッシュ値を生成する。第2ハッシュ値生成部414は、第3ハッシュ値生成部412と同じ方法を用いてハッシュ値を求める。

0065

比較部415は、書換領域記録再生処理部402から入力される記録媒体301に記録された鍵ハッシュ値情報と、第2ハッシュ値生成部414から入力される第2ハッシュ値とを比較する。比較した結果、2つのハッシュ値が同じ場合には、転置変換部406に処理実行の信号を出力し、2つのハッシュ値が異なる場合には、転置変換部406に処理実行の信号を出力しない。

0066

本実施例の記録再生装置401の処理動作について説明する。記録媒体1を購入するときには、ソフトウエア提供者が提供する鍵情報から求められた鍵ハッシュ値情報と、利用者が必要とする暗号化情報に対応するアルゴリズム選択情報と、媒体共通鍵情報とが、記録媒体301の書換領域302に記録される。

0067

記録再生装置401に、ソフトウエア提供者が提供する鍵情報と、記録媒体301の再生専用領域303に記録された複数の暗号化情報の中から選択した暗号化情報に対応する全てのアルゴリズム選択情報とが入力される。

0068

鍵情報は、第2切換部410を介して暗号化部411に入力され、アルゴリズム選択情報は、第1切換部408を介して第1ハッシュ値生成部409に入力される。また、全てのアルゴリズム選択情報は、書換領域記録再生処理部402により記録媒体301の書換領域302に記録される。

0069

第1ハッシュ値生成部409は、アルゴリズム選択情報に基づいて第1ハッシュ値を生成する。暗号化部411は、第1ハッシュ値を用いて鍵情報を暗号化して、媒体共通鍵情報を生成する。書換領域記録再生処理部402は、媒体共通鍵情報を記録媒体1の書換領域302に記録する。

0070

また、第3ハッシュ値生成部412は、第2切換部410を介して入力された鍵情報に基づいて第3ハッシュ値を生成する。書換領域記録再生処理部402は、第3ハッシュ値を記録媒体301の書換領域302に記録する。

0071

以上の処理により、利用者が必要とする暗号化情報のみが再生されるように、媒体共通鍵情報及びアルゴリズム選択情報が記録媒体301の書換領域302に記録される。記録媒体301を再生する場合、利用者がアルゴリズム選択情報(例えば、楽曲番号)を指定することにより、第1実施例の記録再生装置201において前述したように、選択された暗号化情報のみ復号され、暗号化されていない情報として再生される。

0072

利用者が、記録媒体301に記録された暗号化情報を新たに追加購入する場合について説明する。利用者が暗号化情報を追加購入する場合、すなわち、記録媒体301には既に購入した暗号化情報に対応したアルゴリズム選択情報が記録された状態で暗号化情報が追加購入される場合、記録媒体301の書換領域302には、新たに購入した暗号化情報に対応したアルゴリズム選択情報が追加記録される。

0073

また、記録媒体301に記録された媒体共通鍵情報は、記録媒体301に記録された全てのアルゴリズム選択情報に基づいて生成された第1ハッシュ値により暗号化された情報であるため、新たに暗号化情報が追加購入される場合、媒体共通鍵情報も変更される。

0074

記録媒体301の書換領域302に記録されているアルゴリズム選択情報は、書換領域記録再生処理部402により読み出され、第1切換部408を介して第1ハッシュ値生成部409に入力される。第1ハッシュ値生成部409は、アルゴリズム選択情報に基づいて第1ハッシュ値を生成する。

0075

また、記録媒体301の書換領域302に記録された媒体共通鍵情報は、書換領域記録再生処理部402により読み出され、暗号復号部413に入力される。暗号復号部413は、第1ハッシュ値生成部409で生成された第1ハッシュ値を用いて媒体共通鍵情報を復号し鍵情報として出力する。暗号復号部413で復号された鍵情報は、第2切換部410を介して暗号化部411に入力される。

0076

一方、新たに追加するアルゴリズム選択情報(追加アルゴリズム)が記録再生装置401に入力されると、第1切換部408を介して第1ハッシュ値生成部409に入力される。また、記録媒体301に記録された全てのアルゴリズム選択情報は、書換領域記録再生処理部402により読み出され、第1切換部408を介して第1ハッシュ値生成部409に入力される。

0077

第1ハッシュ値生成部409は、記録媒体301の書換領域302から読み出された全てのアルゴリズム選択情報と、入力された追加アルゴリズム選択情報とに基づいて、新たに第1ハッシュ値(新第1ハッシュ値)を生成する。

0078

暗号化部411は、第2切換部410を介して入力される鍵情報を新第1ハッシュ値を用いて暗号化して新たな媒体共通鍵情報を生成する。書換領域記録再生処理部402は、新たな媒体共通鍵情報を記録媒体301の書換領域302に記録する。

0079

以上の処理により、アルゴリズム選択情報を追加した場合に、媒体共通鍵情報、アルゴリズム選択情報の書き換えが行われ、利用者は、新たに追加購入した暗号化情報を再生することが可能となる。

0080

本実施例の記録再生装置410においては、記録媒体301の書換領域302に記録された媒体共通鍵情報に基づく鍵情報から求められた第2ハッシュ値と、記録媒体301に記録されている鍵ハッシュ値情報とを比較部415において比較し、第2ハッシュ値と鍵ハッシュ値とが一致した場合に、転置変換部406が処理を実行して復号鍵情報を復号し、暗号化情報を復号して情報を出力する。

0081

記録媒体301に記録された鍵ハッシュ値情報は、利用者が記録媒体301を購入する時に、ソフトウエア提供者が提供した鍵情報に基づいて生成されたハッシュ値であり、アルゴリズム選択情報が追加されても変更されない情報である。

0082

一方、第2ハッシュ値は、第1ハッシュ値を用いて鍵情報を暗号化した媒体共通鍵情報を、暗号復号部413で第1ハッシュ値を用いて復号し、復号した媒体共通鍵情報に基づいて生成したハッシュ値である。

0083

第2ハッシュ値は、媒体共通鍵情報を第1ハッシュ値を用いて復号された情報であり、ソフトウエア提供者が提供した鍵情報となる。第2ハッシュ値生成部414が鍵情報に基づいて生成した第2ハッシュ値は、第3ハッシュ値生成部412が鍵情報に基づいて生成し記録媒体301に記録した鍵ハッシュ値と同じになる。

0084

第2ハッシュ値と鍵ハッシュ値とを比較することにより、記録媒体301に記録された媒体共通鍵情報、アルゴリズム選択情報又は鍵ハッシュ値情報が改ざんされたか否かを判断することができる。これらの情報に改ざんがなされた場合には、記録媒体301に記録された暗号化情報の再生が不可能となり、情報が違法に複製され利用されることを防止することができる。

0085

以上のように、記録媒体に記録された暗号化情報は、暗号化情報毎に異なる復号鍵情報で暗号化され、再生時には暗号化情報毎に異なる復号化鍵情報により再生されるため、記録媒体に記録された情報に改ざんして再生専用領域に記録された暗号化情報を違法に複製し利用することを防止することができる。

0086

前述した第1実施例及び第2実施例の記録媒体及び記録再生装置においては、媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換するアルゴリズムが、1つの媒体共通鍵情報に基づいて複数の異なる復号鍵情報を生成することができるアルゴリズムとしたが、それに限定されるものではない。1つの復号鍵情報に基づいて暗号化情報毎に異なるアルゴリズムにより暗号化情報を復号するようにしてもよい。このようなアルゴリズムとしては、データ暗号化規格(DES:Data Encryption Standard)のアルゴリズムを用いることができる。

発明の効果

0087

本発明によれば、情報を改ざんして情報を違法に複製し利用することを困難なものとし、利便性を損ねることなく簡便に情報を利用することができる。

図面の簡単な説明

0088

図1本発明の記録媒体の第1実施例の概略構成を示す模式図。
図2本発明の記録再生装置の第1実施例の概略構成を示す模式図
図3本実施例の記録媒体における媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する第1方法を説明するための模式図。
図4本実施例の記録再生装置における媒体共通鍵情報を復号鍵情報に変換する第2方法を説明するための模式図。
図5本発明の記録媒体の第2実施例の概略構成を示す模式図。
図6本発明の記録再生装置の第2実施例の概略構成を示す模式図。

--

0089

101・・記録媒体、102・・書換領域、103・・再生専用領域。201・・記録再生装置、202・・書換領域記録再生処理部、203・・再生領域再生処理部、204・・制御部、205・・アルゴリズムデータベース部、206・・転置変換部、207・・暗号化情報復号部。301・・記録媒体、302・・書換領域、303・・再生専用領域。401・・記録再生装置、402・・書換領域記録再生処理部、403・・再生領域再生処理部、404・・制御部、405・・アルゴリズムデータベース部、406・・転置変換部、407・・暗号化情報復号部、408・・第1切換部、409・・第1ハッシュ値生成部、410・・第2切換部、411・・暗号化部、412・・第3ハッシュ値生成部、413・・暗号復号部、414・・第2ハッシュ値生成部、415・・比較部。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ