図面 (/)

技術 締結装置

出願人 マツダ株式会社
発明者 木葉博周藤彬令
出願日 1999年1月27日 (21年11ヶ月経過) 出願番号 1999-017893
公開日 2000年8月8日 (20年4ヶ月経過) 公開番号 2000-218557
状態 拒絶査定
技術分野 可搬形動力工具 スパナ,レンチ,ドライバーの細部,付属具
主要キーワード エアコントローラ ピン貫通穴 大略円形 ピン取付穴 ピン保持穴 断面円筒状 締め付け箇所 切り換え構造
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年8月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

インパクトレンチなどの締結装置において、1つの工具軸10で複数の工具端14,16を切り換えて使用できるようにするととともに、作業時にその工具端16の位置がずれないようにする。

解決手段

工具軸10を、主軸11と、その前後へ位置変化可能なソケット12とから構成すると共に、ソケット12の位置を前後に切り換えることにより、ビット14とソケット口16を使用できるようにする。さらに、ソケット12の位置を保持するため、主軸11に係合溝17を形成し、ソケット12に係合溝17と係合するボール22を設け、筒体25によって、その係合と解除の操作を行えるようにする。

概要

背景

従来より、インパクトレンチなどの締結装置は、一般に、先端にソケットが形成された工具軸ボルトナットのサイズに合わせて取り付けて締結作業を行うように構成されている(例えば、特開平6−39362号公報参照)。

このインパクトレンチを、例えば自動車製造ライン等の生産現場で使用する場合、締め付けるボルトやナットのサイズに合わせて工具軸を交換して作業するか、あるいは、予めサイズの異なる工具軸を取り付けた複数のインパクトレンチを生産現場に備え付けておき、インパクトレンチを作業者が持ち替えて作業するようにしている。

概要

インパクトレンチなどの締結装置において、1つの工具軸10で複数の工具端14,16を切り換えて使用できるようにするととともに、作業時にその工具端16の位置がずれないようにする。

工具軸10を、主軸11と、その前後へ位置変化可能なソケット12とから構成すると共に、ソケット12の位置を前後に切り換えることにより、ビット14とソケット口16を使用できるようにする。さらに、ソケット12の位置を保持するため、主軸11に係合溝17を形成し、ソケット12に係合溝17と係合するボール22を設け、筒体25によって、その係合と解除の操作を行えるようにする。

目的

本発明は、このような問題点に鑑みて創案されたものであり、その目的とするところは、インパクトレンチなどの締結装置において、1つの工具軸で複数のサイズの工具端を切り換えて使用できるようにするととともに、作業時にその工具端の位置がずれないようにすることである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

締結装置本体と該締結装置本体に連結される工具軸とを備えた締結装置であって、上記工具軸が、先端に第1工具端を有するとともに上記締結装置本体に連結される第1工具軸と、先端に第2工具端を有するとともに第1工具軸に装着され、かつ該第2工具端が第1工具端よりも突出する前進位置と該第1工具端よりも後退する後退位置とに設定可能に構成された第2工具軸とを備え、第1工具軸の外周の所定位置に形成された係合凹部と、第2工具軸の前進位置で該係合凹部と係合するように第2工具軸に保持された係合部材と、第2工具軸に装着された筒体とを備え、上記筒体が、第2工具軸の前進位置で上記係合部材を係合凹部に押圧して該第2工具軸の後退を規制するとともに、第2工具軸の後退位置で係合部材を第1工具軸の外周に押圧して該第2工具軸の前進を規制する押圧手段と、工具端の切り換え時に押圧手段による係合部材の押圧力解除する押圧解除手段とを備えている締結装置。

請求項2

第1工具軸を回転駆動する駆動手段と、第1工具端または第2工具端に対応して駆動手段による第1工具軸の駆動力を変更する駆動力変更手段とを備えている請求項1記載の締結装置。

請求項3

筒体の後端部に、径方向外方膨出する鍔部が形成されている請求項1または2記載の締結装置。

請求項4

鍔部の位置を検出する検出手段を備えている請求項3記載の締結装置。

請求項5

第1工具端がドライバビットであり、第2工具端がソケットである請求項1記載の締結装置。

請求項6

第1工具端及び第2工具端が、被締め付け部材磁力により吸着可能に構成されている請求項1記載の締結装置。

技術分野

0001

本発明は、インパクトレンチなどの締結装置に関し、特に、サイズの異なるボルトナットに対応して複数サイズ工具端を切り換えて使用するタイプの締結装置に係るものである。

背景技術

0002

従来より、インパクトレンチなどの締結装置は、一般に、先端にソケットが形成された工具軸をボルトやナットのサイズに合わせて取り付けて締結作業を行うように構成されている(例えば、特開平6−39362号公報参照)。

0003

このインパクトレンチを、例えば自動車製造ライン等の生産現場で使用する場合、締め付けるボルトやナットのサイズに合わせて工具軸を交換して作業するか、あるいは、予めサイズの異なる工具軸を取り付けた複数のインパクトレンチを生産現場に備え付けておき、インパクトレンチを作業者が持ち替えて作業するようにしている。

発明が解決しようとする課題

0004

しかし、このように工具軸を交換したりインパクトレンチを持ち替えたりすることは、作業効率が低下する原因となる。これに対して、作業効率の低下を防止するために、例えば、インパクトレンチの工具軸を、ソケットを可動にしてソケットのサイズを切り替えるように構成すると、ボルト等の締め付け作業を行っているときに、軸の回転に伴う振動によってソケットの位置がずれ、作業が妨げられることが考えられる。

0005

本発明は、このような問題点に鑑みて創案されたものであり、その目的とするところは、インパクトレンチなどの締結装置において、1つの工具軸で複数のサイズの工具端を切り換えて使用できるようにするととともに、作業時にその工具端の位置がずれないようにすることである。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、インパクトレンチなどの締結装置の工具軸を、第1工具軸と、その前後へ位置変化可能な第2工具軸とから構成すると共に、第2工具軸の位置を前後に切り換えることにより複数の工具端を使用できるようにし、さらに、第2工具軸の位置を保持する手段を設けたものである。

0007

具体的に、本発明が講じた第1の解決手段は、工具軸を、先端に第1工具端を有するとともに締結装置本体に連結される第1工具軸と、先端に第2工具端を有するとともに第1工具軸に装着され、かつ該第2工具端が第1工具端よりも突出する前進位置と該第1工具端よりも後退する後退位置とに設定可能に構成された第2工具軸とから構成したものであり、第1工具軸の外周の所定位置に形成された係合凹部と、第2工具軸の前進位置で係合凹部と係合するように第2工具軸に保持された係合部材と、第2工具軸に装着された筒体とを備えている。そして、筒体に、第2工具軸の前進位置で係合部材を係合凹部に押圧して第2工具軸の後退を規制するとともに、第2工具軸の後退位置で係合部材を第1工具軸の外周に押圧して第2工具軸の前進を規制する押圧手段と、工具端の切り換え時に押圧手段による係合部材の押圧力解除する押圧解除手段とを設けている。

0008

また、本発明が講じた第2の解決手段は、上記第1の解決手段において、第1工具軸を回転駆動する駆動手段と、第1工具端または第2工具端に対応して駆動手段による第1工具軸の駆動力を変更する駆動力変更手段とを備えた構成としたものである。

0009

また、本発明が講じた第3の解決手段は、上記第1または第2の解決手段において、筒体の後端部に、径方向外方膨出する鍔部を形成したものである。

0010

また、本発明が講じた第4の解決手段は、上記第3の解決手段において、鍔部の位置を検出する検出手段を備えた構成としたものである。

0011

また、本発明が講じた第5の解決手段は、上記第1の解決手段において、第1工具端をドライバビットとし、第2工具端をソケットとしたものである。

0012

また、本発明が講じた第6の解決手段は、上記第1の解決手段において、第1工具端及び第2工具端を、ボルトやビスなどの被締め付け部材磁力により吸着できるように構成したものである。この場合、例えば、各工具端にマグネットを内蔵したり、各工具端自体を磁石にしたりすることができる。

0013

−作用−上記第1の解決手段では、第1工具端を使用するために第2工具軸を後退位置に設定すると、係合部材が押圧手段によって第1工具軸の外周に押圧され、その位置が保持される。また、第2工具端を使用するために第2工具軸を前進位置に設定すると、係合部材が第1工具軸の係合凹部と係合し、該係合部材は、押圧手段によって係合凹部に押圧された状態に保持される。一方、押圧解除手段を用いれば、係合部材の押圧力を解除して、第2工具軸の移動が可能となる。

0014

また、上記第2の解決手段では、第1工具端または第2工具端が選択されると、選択された工具端に対応して、駆動手段による第1駆動軸の駆動力が切り替えられる。つまり、例えば呼び径がM6のボルト用の工具端が選定された場合にはM6に適した駆動力が設定され、M10のボルト用の工具端が選定された場合にはM10に適した駆動力が選定される。

0015

また、上記第4の解決手段では、第3の解決手段において筒体の後端部に形成した鍔部の位置が検出手段によって検出される。鍔部の位置は、工具端の種類やサイズに対応しているので、該鍔部の位置に基づいて、そのときに選択されている工具端の種類やサイズが検出されることになる。

0016

また、上記第5の解決手段では、第1工具端を選択するとビスの締め付け作業を行うことができ、第2工具端を選択するとボルトの締め付け作業をすることができる。

0017

また、上記第6の解決手段では、締め付けるビスやボルトを工具端に吸着させて保持した状態で、ネジ穴等の位置へ持っていくことができる。

発明の効果

0018

上記第1の解決手段によれば、第1工具端を使うときは、係合部材を第1工具軸の外周に押し付けているので、締め付け作業を行っても第1工具軸の振動では第2工具軸は前進せず、第2工具端を使うときは、係合部材が係合凹部と係合しているので、締め付け作業を行って第2工具端に力が直接作用しても、第2工具軸が後退することはない。つまり、いずれの場合も作業が妨げられることはない。また、押圧解除手段を用いると、使用する工具端の切換を簡単に行うことができる。

0019

また、上記第2の解決手段によれば、締め付けるボルト等に応じた駆動力が選定されるので、例えば小さなボルトやビスに対して大きすぎる駆動力が選択されたり、大きなボルトに対して小さすぎる駆動力が選択されることを防止できる。

0020

また、上記第3の解決手段によれば、筒体の後端部に鍔部を設けているので、作業の際の安全を図ることができ、第4の解決手段によれば、この鍔部を用いて工具端の種類を検出できるから、その検出結果に基づいて、適切な駆動力を設定することが可能となる。

0021

また、上記第5の解決手段によれば、ボルトだけでなくビスを締め付けることも可能となり、第6の解決手段によれば、ボルトやビスを工具端で保持したままでネジ孔の位置まで持っていけるため、作業を容易に行うことができる。

0022

以下、本発明の実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。

0023

図1は、本発明に係る締結装置の実施形態1であるインパクトレンチ1の使用状態を示す斜視図である。図示するように、インパクトレンチ1は、本体2と、工具軸10とから構成され、本体2は、作業者が把持する把持部3とスイッチノブ4とを備えている。工具軸10は、本体2に連結される主軸(第1工具軸)11と、主軸11の外周に軸方向へ移動可能に装着されたソケット(第2工具軸)12とを備えている。主軸11は、断面が六角形棒状部材であり、本体2は、この主軸11を保持して回転駆動するコネクタ5を備えている。

0024

ソケット12は、工具軸の側面図である図2(a)に示すように、主軸11に対して前進した前進位置と、図2(b)に示すように、主軸11に対して後退した後退位置とに位置設定できるように構成されている。そして、主軸11の先端部には、十字穴付きのビス13を締め付けるため、ドライバの穂先であるビット(第1工具端)14が形成され、該ビット14は、ソケット12を後退位置にセットしたときに使用できるように構成されている。また、ソケット12の先端には、所定サイズのボルト15やナットに対応した六角形のソケット口(第2工具端)16が形成され、該ソケット口16は、ソケット12を前進位置にセットしたときに使用できるように構成されている。

0025

図3(a)は、ソケット12を前進位置にセットした状態での断面図、図3(b)はその部分拡大図図4図3(a)の左側面図、図5図3(a)のA−A線断面図である。図示するように、主軸11には、両端にビット14が形成されている。また、主軸11の両端部には、各ビット14の先端から軸の中央側へ同一寸法の位置に、主軸11の周方向へ連続した係合溝(係合凹部)17が形成されている。主軸11は、全体としては断面六角形の軸であるが、この周溝11の部分は断面円形に形成されている。

0026

ソケット12は、先端側の大径部18と後端側の小径部19とが一体に形成された大略筒状の部材である。小径部19側の内面は主軸11と摺動可能に嵌合する六角穴20に構成され、大径部18側の内面はボルト15の頭部が嵌合する六角形状の上記ソケット口16に構成されている。このソケット口16は、ボルト15が該ソケット口16に深く入り込まないように、深さ寸法が定められている。

0027

また、ソケット口16の内側面の一部にはマグネット21が埋め込まれていて、その磁力によって、ボルト15をソケット口16に保持できるように構成されている。なお、図示していないが、ビット14の先端も、マグネットを埋め込むか、主軸11自体を磁化することによって、ビス13を吸着保持できるように構成されている。

0028

ソケット12の小径部19には、図5に示すように六角穴20の一つの角部の位置でボール(係合部材)22を保持するボール保持穴23が形成されている。このボール保持穴23に保持されたボール22は、ソケット12を前進位置にセットしたときに主軸11の係合溝17と係合するように構成されている。

0029

また、図31に示すように、ソケット12には、小径部19の外周に、筒体24が軸方向へ可動に装着されている。筒体24の内周面には、径方向内方へ突出する環状の突部25が形成されている。そして、ソケット12の後端部にストップリング26が装着され、この突部25とストップリング26との間に、圧縮コイルばね27と、スプリングリテーナ28とが装着されている。

0030

このため、筒体24は、ソケット12に対して、図3の位置まで工具の先端側(図3の左方向側)へ向かって付勢されている。なお、筒体24をこの位置で停止させるためのストッパーとして、小径部19には肩部29が設けられている。また、筒体24の外周面には、ソケット12に対する前後への移動操作を行いやすくするために、ローレット加工が施されている(図1及び図2参照)。

0031

本実施形態では、ソケット12を、前進位置と後退位置でボール22によってロックできる一方、筒体24を操作すれば、ロックを簡単に解除できるように構成されている。このため、具体的には、筒体24の内周面に形成した環状の突部25を、ボール22の位置を規制するカム(押圧手段)として構成している。このカムは、突部25の内周面により構成された第1カム面25aと、第1カム面25aの先端側に連続するテーパ状の第2カム面25bとから構成されている。また、筒体24には、突部25の前方側図3の左側)に、筒体24をソケット12に対して後退させたときにボール22を収めることができるスペースを形成するように、環状の凹溝(押圧解除手段)30が形成されている。

0032

図3(a)に示したソケット12の前進位置では、ボール22は、主軸11の保持凹部17と係合した状態で上記突部25の第1カム面25aに押さえられ、該保持凹部17に押圧された状態となっている。つまり、このとき、ボール22は、第1カム面25aが外周囲にあるために保持凹部17から外れない。このため、ソケット口16を使用してボルト15の締め付け作業を行っても、ソケット12前進位置にしっかりと保持される。

0033

一方、図6に示すように、ソケット12に対して筒体24を少し後退させると、筒体24の突部25が、ボール22の位置から外れることになる。このため、ボール22は、係合溝17から、第2カム面25bに沿って筒体24の凹溝30内に下がって、主軸11よりも径方向外側へ移動可能となる。このように、主軸11に対するボール22の押圧力が解除されるので、ボール22がソケット12の移動を邪魔しなくなり、ソケット12を後退させてビット14をソケット12から突出させることが可能となる。

0034

ソケット12を適当な位置まで後退させて筒体24から手を離すと、筒体24はスプリング27の作用によってソケット12に対して前進する。そうすると、図7に示すように、ボール22が第2カム面25bに押されて主軸11の外周面(本実施形態では六角の角部)と圧接する。このため、主軸11とボール22との間の摩擦力によって、ソケット12の位置が保持される(後退位置)。ビット14を使ってビス13を締め付ける際に必要な締め付けトルクは、ボルト15の締め付け作業を行う場合の締め付けトルクよりも小さくて済むので、ソケット12は、主軸11とボール22との摩擦力だけで、後退位置に十分保持できる。

0035

一方、このインパクトレンチ1は、ビット14またはソケット口16のどちらが選択されているかをソケット12の位置から検出する検出手段を備えており、締め付けるビス13またはボルト15に対応して、それぞれ適切な締め付けトルクを自動的に選定するように構成された駆動装置と接続されている。

0036

そこで、図8及び図9を参照して、この駆動装置40について説明する。なお、以下の説明において、インパクトレンチ1は、車両がタクト搬送される生産ラインで使用するものとしている。

0037

駆動装置40は、ホストコンピュータ41と、タクトタイムカウンタ42と、主制御部43と、トルクコントローラ44と、エアコントローラ45と、モニタ46と、設定部47と、制御部48とを備えている。

0038

ホストコンピュータ41は、タクトタイムカウンタ42を介して主制御部43へ車種データ(生産ラインを流れている車種のデータ)を送信すると共に、締め付けデータの管理、収集も実行する。タクトタイムカウンタ42は、各ステーションをタクト搬送される車両の生産ラインにおいて、各種ワーク(シートインストルメントパネルドアなど)を組み付けるタクトタイムを計数する。

0039

主制御部43は、CPU、ROM、RAMを有し、工具端検出信号(ソケット口16とビット14のどちらが選択されているかを示す信号)に基づいてトルクコントローラ44及びエアコントローラ45を制御する。そして、トルクコントローラ44により、使用工具端に応じた目標締め付けトルク値Toを得て、エアコントローラ45により使用工具端14,16に応じた駆動トルク値Taを得るように構成している。

0040

また、主制御部43のRAM(記憶手段)には、上記車種データにそれぞれ対応して、ワーク毎に対応する使用工具端14,16の種類と、その工具端14,16で使用する駆動トルク値Ta及び目標締め付けトルク値Toと、ワーク毎に対応して使用されるボルト15、ナットまたはビス13(被締め付け部材)の本数、個数とが、読み出し可能に記憶されている。

0041

トルクコントローラ44(目標締め付けトルク値Toを変更する手段と、異常を検出する手段とを兼ねる)は、CPU、ROM、RAMを有し、工具端検出信号aに対応して目標締め付けトルク値Toを変更する。具体的には、工具端検出信号aが主制御部43のCPUに入力されると、この主制御部43のRAMから車種データに対応した使用工具端14,16毎の目標締め付けトルク値Toが読み出され、この値にて目標締め付けトルク値Toを変更する。

0042

また、トルクコントローラ44は、ボルト15、ナット、またはビス13の実締め付けトルク値Tbと使用工具端14,16毎の目標締め付けトルク値Toとを比較して、実締め付けトルク値Tbが過少、過大なときに異常を検出する。なお、トルクコントローラ44のCPU、または主制御部43のCPUにブザー赤色発光ランプ緑色発光ランプを接続し、締め付けNG時にはブザーを駆動すると共に、赤色発光ランプを点灯し、締め付けOK時には緑色発光ランプを点灯するように構成している。

0043

エアコントローラ45(駆動力変更手段)は、CPU、ROM、RAM及び複数の圧力調整弁を含む空気圧回路を有し、工具端検出信号aに対応して駆動トルク値Taを変更するように構成されている。具体的には、工具端検出信号aが主制御部43のCPUに入力されると、この主制御部43のRAMから車種データに対応した使用工具端14,16毎の駆動トルク値Taが読み出され、この駆動トルク値Taになるように内蔵空気圧回路(図示せず)が切り替えられて、エア圧力が、ボルト15、ナットまたはビス13に対応して切り換え制御される。

0044

モニタ46は、例えばCRT表示装置LCD表示装置により構成され、ボルト15、ナットまたはビス13の締め付け順序及び締め付けトルクを可視表示するように構成されている。本来、ボルト15、ナット、ビス13等の締め付け順序は作業者が予め記憶しておく事項であるが、締め付け順序の忘却時や、同一径のボルト、例えば同じM6ボルトでも締め付けトルクが異なるような場合に、モニタ表示を確認できるので使用上有効となる。

0045

設定部47及び制御部48は、ホストコンピュータ41からボルト15、ナット、ビス13の締め付け順序に代えて、作業者が予め作業性を考慮して別の締め付け順序とする際に用いられる。つまり、設定部47はボルト15、ナット等の締め付け順序をキー入力するのに用いられ、この設定信号が制御部48に入力されると、この制御部48は主制御部43におけるホストコンピュータ41側からの締め付け順序をキャンセルして、設定部47側からの締め付け順序に設定更新する。

0046

ところで、インパクトレンチ1の本体2の内部には、図9に示すように、目標締め付けトルク値Toに対応した所定圧圧縮空気により駆動されるエアモータ(駆動手段)51と、このエアモータ51により駆動されるオイル式のロータハンマ52と、ボルト15、ナット、ビス13の実締め付けトルク値Tbを検出するトルクセンサ53とを備えている。

0047

また、インパクトレンチ本体2の基端側(図9の右側)には、ボルト15、ナット、ビス13等の締め付け完了OK時に点灯して、それ以上の無駄な締め付けを防止するランプ54,55,56,57と、締め付け完了時に点灯する表示ランプ58とを備えている。

0048

ここで、ランプ54はビット14に対応し、ランプ55はソケット16に対応して点灯するように構成されている。本実施形態1では、ビット14とソケット16という2種類の工具端14,16を切り替えて使用するように構成しているため、ランプ56,57は使用しないが、後述する他の実施形態(実施形態9及び実施形態10)のように4種類の工具端を切り替えて使用するように構成した場合にも対応できるように、4つのランプを設けている。また、表示ランプ58はボルト15、ナットまたはビス13の締め付け完了時に共通して点灯するように構成されている。

0049

次に、本実施形態1のインパクトレンチ1の使用方法を説明する。

0050

ホストコンピュータ41からタクトタイムカウンタ42を介して車種データが主制御部43に送信入力されると、作業者は締め付け順序に対応して工具端14,16の切り換え操作を行う。このとき、ソケット12を前進位置にした場合はボール22が係合溝に係合し、ソケットを後退位置にした場合はボール22が主軸11に圧接して、それぞれの位置に保持される。このようにして切り換え操作を行うと、図示しない上記検出手段によって、その工具端14,16の種類が検出されて、その工具端検出信号aが主制御部43にフィードバック入力される。

0051

主制御部43のCPUは、RAMに記憶したマップ所定エリアからその工具端14,16に対応する駆動トルク値Taと目標トルク値Toとを読み出し、これから両トルク値Ta,Toになるようにトルクコントローラ44及びエアコントローラ45を制御する。

0052

このため、締め付け工具1は上述の両トルク値Ta,Toになるように駆動され、ボルト15、ナットまたはビス13の締め付け完了時には、ランプ54または55とランプ58とが点灯する。一方、このインパクトレンチ1で実際に締め付けられたボルト15、ナットまたはビス13等の実締め付けトルク値Tbはトルクセンサ53で検出され、この実締め付けトルク値Tbがトルクコントローラ44のCPUに出力される。そして、このトルクコントローラ44のCPUは、実締め付けトルク値Tbと目標締め付けトルク値Toとを比較して、正常か異常かを検出し、正常時には緑色発光ランプ(図示せず)を点灯する一方、異常時にはブザー(図示せず)を駆動すると共に、赤色発光ランプ(図示せず)を点灯する。

0053

上述のマップには、車種データに対して、ワーク毎の使用工具端14,16の種類と、その工具端14,16で使用される目標締め付けトルク値To及び駆動トルク値Taが全て記憶されている。したがって、予め設定された締め付け順序に従って順次工具端を切り替えると、切り替えた工具端14,16に対応して目標締め付けトルク値Toと駆動トルク値Taを確保することができる。

0054

−実施形態1の効果−
このように、本実施形態1によれば、1つのインパクトレンチ1により異なる複数の工具端14,16が得られると共に、各工具端14,16に対応した適切な目標締め付けトルク値Toと駆動トルク値Taとが確保できるので、1つのインパクトレンチ1でボルト、ナット及びビス等を良好且つ適切に締め付けることができる。

0055

また、ビット(第1工具端)14を使うときは、ボール22を主軸11の外周面の角部に押し付けるようにしているので、ビス13の締め付け作業を行っても主軸11の振動ではソケット12は前進せず、ソケット口(第2工具端)16を使うときは、ボール22が係合溝17と係合しているので、締め付け作業を行ってソケット12に力が直接作用しても、ソケット12が後退することはない。

0056

一方、筒体24をソケット12に対して後退させてボール22を係合溝17から解放すると、使用する工具端14,16の切換を簡単且つ迅速に行うことができる。つまり、本実施形態1では切り換え操作を簡単に行えるので、切り換え操作の際の作業性を高めることができる。

0057

また、本実施形態では、ビット14を主軸11の両端に形成しているので、例えば一方のビット14が摩耗しても、主軸11を反転してインパクトレンチ1の本体2に取り付け直せば、ビット14による締め付け作業を再度実施することができる。なお、主軸11を反転する際は、主軸11を本体2から外した後、ソケット12と筒体24を主軸11から抜き、このソケット12と筒体24の向きを反対にして主軸11に装着してから、主軸11を本体2に再度取り付ければよい。

0058

また、本実施形態1では締め付けるボルト15やビス13等に応じた駆動トルクが選定されるようにしているので、例えば小さなビス13に対して大きすぎる駆動トルクが選択されたり、大きなボルト15に対して小さすぎる駆動トルクが選択されるといった不具合を防止できる。

0059

また、主軸11側の工具端をビット14にして、ソケット16とビット14を切り替えて使用できるようにしているので、ボルト15だけでなくビス13を締め付けることも可能であり、さらに、ボルト15やビス13を各工具端14,16に磁力で保持したままでネジ孔等の締め付け部位まで持っていけるので、作業を容易に行うことができる。

0060

−実施形態1の変形例−
本実施形態1では、ビット14を主軸11の両端に形成しているが、ビット14は主軸11の片側のみに形成してもよいし、両端に形成する場合、両方のビット14のサイズが異なるようにしてもよい。

0061

また、本実施形態1では、ソケット12を後退位置にするときは、ボール22が主軸11の角部に圧接するようにしているが、ソケット12を後退位置でより確実にロックするため、主軸11に、後退位置用の係合溝を設けてもよい。

0062

また、図8においては、主制御部43に対して各1つのインパクトレンチ1、エアコントローラ45、モニタ46等を接続しているが、主制御部43に対してそれぞれ複数のインパクトレンチ1、エアコントローラ45、モニタ46等を接続して、複数作業者により締め付け作業を同時に実行できるように構成してもよい。

0063

また、駆動装置40の構成は単なる一例であり、該駆動装置40はインパクトレンチの使用状況に合わせて適宜構成すればよい。さらに、本実施形態1の駆動装置40は、自動車の生産ラインにおいてインパクトレンチ1で締め付けるボルト15やビス13のトルク管理をするように構成したものであるが、トルク管理の不要な製品等で使用する締結装置の場合には、トルクコントローラ44、エアコントローラ45、トルクセンサ53などの構成要素は不要となる。また、本発明の締結装置は、インパクトレンチ1に限らず、手動式の工具であっても適用可能である。

0064

本発明の実施形態2は、図10図13に示すように、自動車のエンジン等を車体に組み付ける際に用いるネジ付き防振材(被締め付け部材)70を締め付けるのに用いるソケット(工具軸)80を、複数サイズの防振材70a,70b(図11及び図12参照)に対応するように構成したものである。防振材70は、図10に示すように、短い円柱状の防振ゴム71と、この防振ゴム71の両端面に接着固定された六角形の金属板72と、両金属板72から突出するように該金属板72を貫通して固定されたネジ軸73とから構成されている。なお、インパクトレンチ本体2は、実施形態1と同様のものを使用することができる。

0065

図11図12は、このソケット80の断面図、図13は左側面図であり、図11は防振材(小)70aに対応する状態、図12は防振材(大)70bに対応する状態を示している。ソケット80は、図10に示す防振材70や、六角ボルト及び六角ナット等を締め付けるためのソケット口81を有する大略円筒状のソケット本体82と、このソケット本体82の軸方向にスライドして該ソケット口81に出没可能に構成されたピン83とから構成されている。

0066

ソケット80は、インパクトレンチ本体2のコネクタ4(図1参照)に連結するために、ソケット口81と反対側の端部から突出する連結部84を有している。この連結部84は、インパクトレンチ本体2の駆動軸と嵌合する駆動穴85と、駆動軸とソケット80とを連結するための連結ピン(図示せず)を装着する連結穴86とを有している。

0067

ソケット口81は、防振材(大)70bの金属板72bが嵌合する形状であり、2つの六角穴をソケット80の中心で位相を30°ずらした多角形状に形成されている。このソケット口81は、防振材70の2枚の金属板72が両方とも該ソケット口81の中に入って、インパクトレンチ1の駆動力を両金属板72から防振材70に伝達できる一方、該防振材70がソケット口81の中に深く入りすぎないように深さが定められている。

0068

また、ソケット80の中心には、ソケット口81に防振材70を挿入したときにネジ軸73を受け入れることができるように、ソケット口81と連通する貫通穴87が形成されている。この貫通穴87のソケット口81側の端部には、環状のマグネット88aが埋設されている。また、図12及び図13に示すように、ソケット口81の底面には、複数のマグネット88bが埋め込まれている。そして、これらのマグネット88a,88bにより、防振材70の金属板72を吸着して、ソケット80で保持できるように構成されている。

0069

ピン83は、貫通穴87の周囲3箇所に120°の間隔で配置されている。各ピン83は、大径部83aと小径部83bとが一体に形成されたものであって、それぞれ、大径部83aがソケット口81の3つの角部に内接している。そして、小径部83bの周囲に圧縮コイルばね89を配置して、貫通穴87の周囲3箇所に形成した収納凹部90に収納するとともに、ピン83の小径部83bの先端にストップリング91を装着することにより、ピン83の抜け止めを図っている。

0070

ピン83は、通常は、図11に示すように大径部83aがソケット口81に突出して、該大径部83aの先端面がソケット80の先端面と揃う一方、図12に示すように、大径部83aの先端面がソケット口81の底面と揃う位置まで、収納凹部90の中に押し込むことができるように寸法構成されている。また、ピン83は、大径部83aがソケット口81に突出した図11の状態において、該大径部83aに防振材(小)70aの金属板72aが内接するように構成されている(図13参照)。

0071

大径部83aをソケット口81に突出させている圧縮コイルばね89の付勢力は、マグネット88a,88bの吸着力よりも弱く設定されている。このため、ソケット口81に防振材(大)70bを挿入すると、金属板72bがマグネット88a,88bに吸着して、圧縮コイルばね89の圧縮状態が維持されるようになっている。

0072

本実施形態のソケット80を用いて、防振材(大)70bの締め付け作業を行う場合、まず、防振材70bの中心のネジ軸73bをソケット80の中心とほぼ合わせてから、ソケット80ないし防振材70bを回しながら金属板72bの角部をソケット口81の角部に揃えて、防振材70bをソケット口81に押し込む。このとき、ピン83は、金属板72bに押されるため、収納凹部90の中に後退する。

0073

ソケット口81への挿入側の金属板72bがソケット口81の底面に達すると、該金属板72bがマグネット88a,88bに吸着され、その位置に保持される。そして、ソケット80の先端から突出したネジ軸83aを車体側のネジ穴に合わせ、インパクトレンチ1を操作して締め付け作業を行う。作業が終了してインパクトレンチ1を引くと、マグネット88が防振材70bの金属板72bから外れて、防振材70bが車体側の所定位置に取り付けられた状態で残るとともに、ソケット80側ではピン83がソケット口81の中に突出する。

0074

このようにして所定個数の防振材70bを車体側に取り付けると、次にエンジン等の部品取付穴をこの防振材70bのネジ軸73bに通し、ナット(図示せず)を締め付ける作業を行う。このとき、まずナットを上述と同様にしてソケット口81に吸着保持してから、車体側に取り付けた防振材70bのネジ軸73bにナットの位置を合わせ、インパクトレンチ1を操作すれば締め付け作業を行うことができる。

0075

一方、防振材(小)70aを使用する場合は、図13仮想線で示すように、金属板72aの3辺が各ピン83の大径部83aに接するようにして防振材70aをソケット口81に入れ、金属板72aをマグネット88で吸着して保持する。その後は、上述と同様にして作業を行えば、インパクトレンチ1の駆動力が3本のピン83を介して防振材70aに伝達されるので、車体等への取り付けを行うことができる。また、エンジンを載せた後、ナットを締め付ける場合にも、同様にして作業を行える。

0076

−実施形態2の効果−
本実施形態2によれば、ソケット口81に出没可能なピン83をソケット80に設け、該ピン83を常時ソケット口81の中に突出するように付勢しているので、ソケット口81に嵌合する大きさの防振材70bやボルト・ナットに加えて、各ピン83に内接する大きさの防振材70aやボルト・ナットも締め付けることができ、2種類のサイズに対応できる。

0077

また、従来は、各サイズの防振材70a,70bやボルト・ナットなどの締め付け作業を行うのに、ソケットを交換したり、インパクトレンチを持ち替えたりする作業が必要であり、さらに、実施形態1ではソケットを切り替える作業が必要であるが、本実施形態によれば、ソケット80の交換や切り替え、あるいはインパクトレンチ1の持ち替えが必要でなく、作業を極めて簡単に行うことができる。

0078

−実施形態2の変形例−
本実施形態2は、ソケット80をインパクトレンチ1の駆動軸に直接連結して使用するものとして説明したが、このソケット80に設けたピン83の出没による切り換え構造は、実施形態1で説明したように主軸11に対して前進位置と後退位置とに設定可能なソケット12に適用することも可能である。そうすれば、主軸11に形成した第1工具端(ビット)14と、ソケット80に形成した2サイズの第2工具端(ソケット口)81との、合計3つの工具端を適宜選択して使用できる。しかも、この場合には、第2工具端81の2つのソケット口は、切り換え操作を行わずに選択することができる。

0079

図14図19に示す本発明の実施形態3は、実施形態1の構成を一部変更したものである。このインパクトレンチ1の工具軸100は、図14に示すように、主軸(第1工具軸)101と、ソケット(第2工具軸)102とから構成され、ソケット102を、図14(a)に示す前進位置と図14(b)に示す後退位置にセットできるように構成されている。本実施形態3では、主軸101の先端の第1工具端103が第1ソケット口であり、ソケット102の先端の第2ソケット口(第2工具端)104よりも小さなサイズに形成されている。そして、ソケット102を主軸101に対して前進位置または後退位置に設定することによって、サイズの異なるボルト105,106に対応して、2種類のソケット口103,104を切り替えて使用することが可能になっている。

0080

図15は、ソケット12を前進位置に設定した状態の断面図、図16はその左側面図、図17図15のB−B線断面図である。主軸101は、断面が大略六角形の棒状部材であり、先端部に第1ソケット口103が形成されるとともに、後端部にはインパクトレンチ1の本体2への連結部107が形成されている。この連結部107は、主軸101の六角断面の対角寸法よりも直径の大きな円形断面に形成されている。そして、該連結部107には、インパクトレンチ本体2の駆動軸を挿入する駆動穴108と、該駆動軸と主軸101とを連結する連結ピン(図示せず)を装着するための連結穴109とが形成されている。なお、駆動穴108は、図示していないが、インパクトレンチ本体2の駆動軸の形状に合わせて、断面が大略正方形に形成されている。

0081

また、主軸101の先端側には、六角の一つの角部を切り欠いて形成した第1の係合凹部110が設けられている。実施形態1では、係合凹部17は主軸11の全周に形成した周溝としたが、本実施形態3では、係合凹部110は六角の角部を1箇所のみ切り欠いたものとしている。また、この主軸101には、後端側にも第2の係合凹部111が形成されている。

0082

第1ソケット口103は、比較的サイズの小さな六角ボルト105や六角ナットの形状に合わせた六角穴に形成されている。主軸101には、この第1ソケット口103に連通する円形断面のスライダ設穴112が形成されている。このスライダ配設穴112には、スプリング113と、スライダ114とが収納され、先端側にはストップリング115が装着されている。このため、スライダ114は、図の左側へ向かって付勢されて、ストップリング115と当接している。また、スライダ114は、先端部が第1ソケット口103に僅かに突出しており、その先端部には、マグネット116が内蔵されている。

0083

ソケット102は、実施形態1のソケット12とほぼ同様に構成されている。該ソケット102は、主軸101と摺動可能に嵌合する六角穴117を備え、この六角穴117は、比較的大径の六角ボルト106や六角ナットを締め付けるための第2ソケット口104と実質的に同じ断面形状に形成されている。なお、この第1ソケット口104の内側面には、マグネット118が内蔵されている。

0084

本実施形態3のソケット102には、実施形態1のボール保持穴23と同様の第1ボール保持穴119が形成され、該第1ボール保持穴119にはボール120が収納保持されている。また、このソケット102には、第1ボール保持穴119に加えて、該第1ボール保持穴119と径線方向に相対し、かつ僅かにソケット102の後端側に位置する第2ボール保持穴121が形成されている。この第2ボール保持穴121には第2ボール122が収納されている。

0085

実施形態1と同様、ソケット102には、筒体123が軸方向へスライド可能に装着され、この筒体123の内周面には、環状の突部124が形成されている。そして、ソケット102には、この突部124を利用して筒体123をソケット102の前方へ付勢するために、圧縮コイルばね125とストップリング126が装着されている。圧縮コイルばね125は、最も圧縮したときに、突部124が第2ボール122に重なる位置となるように寸法構成されている。

0086

主軸101には、上記各係合凹部110,111と対向する六角形の角部を軸方向に連続して切り欠くように形成したソケット抜け止め溝127が設けられている。このソケット抜け止め溝127は、第1ボール120が主軸101の第1係合凹部110と係合した状態で第2ボール122が該溝127の先端に位置し、第1ボール120が第2係合凹部111と係合した状態で第2ボール122が該溝127の後端に位置するように、全長が設定されている。

0087

本実施形態3では、ソケット102を図15の前進位置にセットした状態では、実施形態1と同様に、第2ソケット口104に対応したサイズの六角ボルト106等の締め付け作業を行うことができる。その際、第1ボール120と第1係合凹部110とが係合してソケット102の位置が保持されるので、作業中にソケット102が移動して、作業が阻害されるといった不具合は生じない。

0088

ソケット102を後退位置へ移動させるには、筒体123をソケット102に対して後退させてから、筒体123とソケット102とを主軸101に対して一体的に後退させる。このとき、ソケット102が図18に示す位置に移動して、突部124が第1ボール120から離れるので、第1ボール120は第1係合凹部110から退避可能となるが、第2ボール122は突部124によって押さえられて、逆に抜け止め溝127から外れなくなる。このため、ソケット102と筒体123は、第2ボール122が抜け止め溝127に沿いながら、主軸101上を図19の後退位置まで移動する。

0089

第2ボール122が抜け止め溝127の後端に達すると、ソケット102がそれ以上後退しなくなり、作業者はソケット102が後退位置に達したことが分かる。そこで、筒体123から手を離すと、図19に示すように該筒体123がソケット102に対して少し前進して突部123が第1ボール120を押さえた状態となり、該第1ボール120が第2係合凹部111に押圧されてソケット102の位置がロックされる。したがって、主軸101の先端に形成された第1ソケット口103を使ってボルト等を締め付ける作業を行うことができ、且つその作業の際に、ソケット102の位置がずれるのを確実に防止できる。

0090

なお、この第1ソケット口103を使用する場合、締め付け作業は、ボルト105やナットをスライダ114のマグネット116に吸着して保持しながら行うことができる。なお、ボルト105やナット等の締め付け時には、スライダ114は、該ボルト105やナットの締め付け量に応じて、主軸101内を後退(図の右方向へ移動)する。

0091

−実施形態3の効果−
本実施形態3によれば、ソケット102を前進位置または後退位置にセットするだけで、ボルト105,106等のサイズを簡単に切り替えることができる。また、その切り換えた位置のそれぞれで、ボール120が係合凹部110,111に係合するようにしているので、ソケット102の位置がずれるのを確実に防止できる。このため、実施形態1と比較して、後退位置でのソケット102のロックをより強固にできる利点がある。

0092

また、実施形態1の構成では、主軸11の両端をビット14として使用できるようにしている関係で、ソケット12への主軸11の差し替えを行いやすくするために、ソケット12を主軸11から前方へ抜くことが可能となっており、逆に言えば、切り換え作業を素早く行う場合にはソケット12が主軸11から抜けてしまうこともあり得るが、本実施形態3のように、抜け止め溝127と第2ボール122とを係合させるようにすれば、ソケット102が主軸101に対して移動可能な範囲が制限されることになり、切り換え作業を素早く行っても、ソケット102が主軸から101から誤って抜けてしまうのを防止できる。

0093

図20図24に示す本発明の実施形態4では、インパクトレンチ1に装着する工具軸150は、実施形態3と同様に主軸(第1工具軸)151とソケット(第2工具軸)152とから構成されている。本実施形態4では、ソケット152を図20(a)に示す前進位置と図20(b)に示す後退位置にセットするのに、実施形態1及び実施形態3のボール22,120に代えて、キー153(図22,23,24参照)を使用するように構成したものである。

0094

図21は主軸の外観形状を示す斜視図であり、図22はソケット152を前進位置にセットした状態の断面図、図23はソケット152を後退位置にセットした状態の断面図、図24図23のC−C線断面図である。主軸151は、全体としては大略円形断面の棒状部材であり、先端部154に第1ソケット口155が形成され、後端に連結部156が固定されている。この連結部156には、実施形態3とほぼ同様に、インパクトレンチ本体2の駆動軸に嵌合する駆動穴157と、該駆動軸と主軸151とを連結する連結ピン用の連結穴158が形成されている。なお、本実施形態4では、連結穴158は2箇所に配置されている。

0095

主軸151の先端部154は六角形状であり、ソケット152に形成した六角穴159と摺動自在に嵌合するように構成されている。また、主軸151の内部には、実施形態3と同様、第1ソケット口155と連通するスライダ配設穴160が形成されている。そして、該スライダ配設穴160に、スライダ161とスプリング162とストップリング163とが装着され、スライダ161が工具軸150の前方へ向かって付勢されている。また、スライダ161の前面側には、マグネット164が埋め込まれて固定されている。

0096

主軸151の外周面には、キー溝165が形成されている。このキー溝165は、主軸151の軸方向に真っ直ぐ伸びるスライド166部と、該スライド部166の両端に、スライド部166と連接して形成されたロック部167a,167bとから構成されている。なお、各ロック部167a,167bは、スライド部166に対して主軸151の回転方向後方となる側に形成されている。

0097

ソケット152は、第1ソケット口155で締め付ける六角ボルト168や六角ナットよりもサイズの小さな六角ボルト169や六角ナットに対応した六角形状で該ソケット152の先端側に形成された第2ソケット口170と、主軸151に対応した円形穴としてソケット152の後端側に形成されたスライド穴171と、第2ソケット口170とスライド穴171の間に形成された上記六角穴159とを備えている。この六角穴159は、第2ソケット口170と実質的に同じ断面形状に形成されている。また、第2ソケット口170には、上記実施形態1及び実施形態3と同様に、マグネット172が埋め込まれている。

0098

ソケット152の後端には、上記キー153が、主軸151のキー溝165と嵌合するように保持されている。キー153は、ソケット152の後端部に形成されたキー装着穴173に嵌合している。このキー153の上面側の角部は、ソケット152の外周面にほぼ沿うように形成されている。そして、ソケット152には、キー153がキー装着穴173から外れないようにするために、弾性金属板などをリング状に形成した押さえリング174が装着されている。

0099

なお、上記キー溝165は、両端が状になるようにロック部167a,167bが形成されている。このため、キー153をスライド部166からロック部167a,167bに移動させた後、さらにロック部167a,167b内を反対側のロック部167b,167aの方へスライドさせることによりキー153をロックするように構成されている。

0100

また、キー溝165の底面には、スライド部166とロック部167a,167bの間に角部175が形成されている(図21及び図24参照)。したがって、ソケット152を回すと、押さえリング174によってキー溝165の底面に押さえ付けられたキー153が、該スライド166部とロック部167a,167bの間で移動する際に、押さえリング174を押し上げながら該角部175を乗り越えるように構成されている。

0101

本実施形態4では、図22に示すようにソケット152を前進位置にセットした状態では、実施形態1及び実施形態3と同様に、第2ソケット口170を用いて、対応したボルト169やナットの締め付け作業を行うことができる。このとき、インパクトレンチ1の駆動軸の回転は、連結部156を介して主軸151に伝達され、さらに主軸151の先端部からソケット152を介してボルト169等に伝達される。また、ボルト169等の締め付け作業を行うとき、キー153が、主軸151の先端側のロック部167aの後端に押し付けられるので、工具軸150が回転してもキー153がスライド部166の方へ動いてしまうことはない。

0102

一方、第1ソケット口155を使う場合は、まずソケット152を少し前進させてから回転させ、キー153をスライド部166に移す。その際、キー153は押さえリング174を押し上げながらスライド部166へ移動し、該スライド部166に移ると再度押さえリング174でキー溝165に押し付けられる。このため、キー153が不用意にロック部167aに戻ってしまうことを防止できる。

0103

キー153をスライド部166に移すと、次にソケット152を該スライド部166に沿って後退させる。そして、キー153がスライド部166の後端に達すると、今度はソケット152を反対方向へ回して、キー153を主軸151の後端側のロック部167bでロックする。このようにしてソケット152を図23に示す後退位置にセットすると、第1ソケット口155に対応したボルト168やナットの締め付け作業を、実施形態3と同様にして行うことができる。

0104

−実施形態4の効果−
本実施形態4によれば、キー溝165の両端を鉤型に形成し、キー153をロック部167a,167b側で押さえリング174により保持するように工具軸150を構成しているので、この工具軸150を備えたインパクトレンチでボルト168,169やナットの締め付け作業を行っているときに、キー153が誤ってスライド部166に移ることを防止できる。そのため、ソケット152が勝手に移動して作業の邪魔になるといった問題が発生するのを阻止できる。

0105

また、本実施形態4では、実施形態1または実施形態3のボール22,120と筒体24、123に代えて、キー153と押さえリング174を使用するようにしているので、突部25,124のようなカム機構が不要となることから機構を簡素化できる。しかも、ボール22、120が径方向へ動くスペースなどを設ける必要がないことから、装置構成コンパクトにすることが可能となる利点もある。

0106

本発明の実施形態5では、図25に示すように、工具軸200は、主軸(第1工具軸)201とソケット軸(第2工具軸)202とから構成されている。そして、ソケット軸202を主軸201に対して前進位置と後退位置にセットすることができると共に、いずれの位置でも、ソケット軸202の先端のソケット口203(図26及び図27参照)を使用してボルト等の締め付け作業を行うようにしている。

0107

つまり、本実施形態5は、工具軸200の長さを変えられるように構成したものである。なお、各部の構造については、実施形態3と共通する部分が多いため、以下、簡単に説明する。

0108

図26は、ソケット軸202を前進位置にセットして工具軸200を伸長させた状態を示す断面図、図27は、ソケット軸202を後退位置にセットして工具軸200を縮めた状態を示す断面図である。主軸201は、断面六角形の軸部204の後端に、連結部205を一体的に備えており、該連結部205は、インパクトレンチ本体2の駆動軸と嵌合する駆動穴206と、連結ピンを装着する連結穴207とを備えている。

0109

主軸201の六角軸部204の先端部と後端部には、第4実施形態と同様に、六角の一つの角部を切り欠いた第1,第2係合凹部208,209が形成されている。また、軸部204は、この第1,第2係合凹部208,209と対向する角部の所定範囲が真っ直ぐに切り欠かれていて、該切り欠きにより、主軸201の軸方向に伸びる抜け止め溝210が構成されている。

0110

ソケット軸202は、第1係合凹部208及び第2係合凹部209に前進位置及び後退位置でそれぞれ係合する第1ボール211と、抜け止め溝210に係合する第2ボール212とを、第1,第2ボール保持穴213,214内に保持している。各ボール211,212は、第3実施形態と同様の構成でソケット軸202の後端部に装着された筒体215によって動きが制御されるように構成されている。筒体215とスプリング216等の具体的な構成は実施形態3と同様であるため、ここでは説明を省略する。

0111

ソケット軸202は、後端位置にセットした状態でも、先端が主軸201の先端よりも前方に位置するように、その長さが定められている。そして、後端位置にセットした状態で主軸201の先端よりも前方に突出する部分に、ソケット口203とスライダー配設穴217とが形成されている。なお、ソケット口203、スライダー配設穴217、及びスライダー218やスプリング219などの部品は、実施形態3及び実施形態4と同様に構成されている。

0112

−実施形態5の効果−
本実施形態5においても、筒体215で第1,第2ボール211,212の動きを制御することにより、ソケット軸202が前進位置と後退位置で勝手に動かないようにしているので、ボルトやナットの締め付け作業を安定して行うことができる。

0113

また、従来のインパクトレンチでは、同じソケットサイズの工具軸でも、例えば狭くて奥行きのある場所で作業するための長い工具軸と、そうでない通常の場所で作業するための短い工具軸とを付け替えて使用することがあり、その付け替え作業に時間がかかるので、作業効率が低下しやすい問題が生じていたが、本実施形態では、インパクトレンチ1の工具軸200の長さを切り替えて使用できるようにしている。このため、奥まった箇所でボルト等を締め付けるときはソケット軸202を前進させ、そうでない箇所ではソケット軸202を後退させることにより、作業を容易に行うことができる。また、その際の切り替え作業を簡単に行える利点もある。

0114

本発明の実施形態6の工具軸250を、図28から図30に示している。この工具軸250は、実施形態5の工具軸200と同様に、伸縮可能に構成されている。図28(a)と図28(b)は、それぞれ、この工具軸250を伸長させた状態と収縮させた状態の側面図であり、図29図30は、それぞれ、工具軸250を伸長させた状態と収縮させた状態の断面図である。

0115

工具軸250は、主軸(第1工具軸)251と、該主軸251に嵌合して前進位置と後退位置にセット可能に構成されたソケット軸(第2工具軸)252とから構成されている。そして、この工具軸250は、ソケット軸252の前進位置と後退位置の両方で、該ソケット軸252の先端に形成したソケット口253(図29及び図30参照)を使用するように構成されている。

0116

本実施形態6では、前進位置と後退位置でのソケット軸250のロックは、第4実施形態と同様、ソケット軸252の後端部に装着されたキー254と押さえリング255とを用いて行うように構成されている。このため、主軸251の軸部256の外周面には、実施形態4と同様に、スライド部257とロック部258とからなるキー溝259が形成され、このキー溝259に、上記キー254が嵌合している。

0117

このキー溝259は、円形断面に形成された軸部256上で、180°相対する位置に配置されている。また、図では詳細には示していないが、キー溝259の両端は実施形態4と同様に鉤状に形成され(図21参照)、且つ、スライド部257とロック部258の間には、実施形態4と同様の角部260が形成されている(図24の符号175参照)。

0118

その他の構成は、実施形態5とほぼ同じであり、主軸251の後端部には、インパクトレンチ1の駆動軸が嵌合する駆動穴261と、該駆動軸と主軸251とを連結する連結ピンを装着するための連結穴262とを備えた連結部263が形成されている。

0119

また、ソケット軸252は、後端位置にセットした状態でも先端が主軸251の先端よりも前方に突出するように長さが定められており、後端側部分に、主軸251の軸部256が摺動可能に嵌合する円形断面のスライド穴264を備えている。そして、このスライド穴264とソケット口253との間に、スライダー配設穴265が形成されており、該スライダー配設穴265の中に、先端にマグネット266を備えたスライダー267と、スプリング268及びストップリング269とが装着されている。なお、ソケット軸252の先端部270は、やや大径の円形断面に形成されている。

0120

−実施形態6の効果−
本実施形態6では、ソケット軸252を、キー溝259に嵌合したキー254と押さえリング255とでロックして勝手に動かないようにしているので、上記各実施形態と同様に、ボルトやナットの締め付け作業を安定して行うことができる。また、実施形態5と同様に、作業箇所に合わせてインパクトレンチの工具軸250の長さを選定でき、しかも長さを切り替える際の作業を実施形態5よりもさらに簡単に行うことができる。

0121

また、工具軸250を全体的に円形断面の部材にしたことで、工具軸250を伸ばした状態での角がなく、しかも、キー254を用いたことで、工具軸250の外径を小さくできる。このため、工具軸250を伸ばした状態で、例えば電気部品の間に配線等が接続された狭い箇所でボルト等の締め付け作業を行う場合でも、工具軸250の角が電気部品に接触して該電気部品を損傷したり、配線に引っかかったりすることなく作業を行うことができる。

0122

また、本実施形態6では、キー254を2箇所に設けているので、インパクトレンチ1の駆動力をソケット軸252に安定して伝達でき、作業の安定性を高めることができる。

0123

図31から図34に示した本発明の実施形態7は、インパクトレンチ1等の締結装置に用いる工具軸300を、主軸(第1工具軸)301の内部で中軸(第2工具軸)302を進退させることにより、2種類のサイズ(例えばM10とM8)のボルトやナットに対応できるように構成したものである。

0124

図31は、中軸302を前進させた状態の断面図、図32は、中軸302を後退させた状態の断面図、図33(a)は、図31及び32の左側面図である。図示するように、この工具軸300の主軸301は、断面円筒状に形成された薄肉の中間部303と、この中間部303の先端に連接したソケット部(第1ソケット部)304と、中間部303の後端に連接した基部305とから構成されている。第1ソケット部304と基部305は、それぞれ、中間部303よりも大径に形成されている。

0125

第1ソケット部304には、異形六角断面(図33(a)に示すように縦長の六角形)に形成された第1ソケット口(例えばM10用ソケット口)306が所定の深さで形成されている。この第1ソケット口306の側面の1箇所には、マグネット307が内蔵されている。また、主軸301の連結部305の後端には、インパクトレンチ本体2の駆動軸が嵌合する駆動穴308と、連結ピンを挿入する連結穴309が形成されている。そして、第1ソケット口306から駆動穴308の手前まで、中軸302が摺動可能に嵌合する中軸スライド穴310が形成されている。

0126

中軸302は、第1ソケット口306に摺動可能に嵌合する異形六角断面の第2ソケット部311と、中軸スライド穴310に摺動可能に嵌合する円形断面の軸部312とから構成されている。第2ソケット部311の軸方向長さは、第1ソケット口306の深さよりも短く、中軸302が後退したときに主軸301の先端に所定深さの第1ソケット口306が形成され、中軸302が前進したときに第1ソケット口306が塞がれるようになっている。

0127

中軸302の第2ソケット部311には、第1ソケット口306に対応したボルトやナットよりもサイズが一つ小さなボルトやナットを締め付けるのに使用する第2ソケット口(例えばM8用ソケット口)313が形成されている。また、中軸302には、第2ソケット口313と連通するスライダー配設穴314が形成され、実施形態3〜6と同様に、先端にマグネット330が埋め込まれたスライダー315と、スプリング316及びストップリング317とが装着されている。

0128

中軸302の軸部312の後端側には、第1係合凹部318と第2係合凹部319が形成されている。両係合凹部318,319はそれぞれ軸部312の周方向に連続した溝であって、中軸312のストロークに対応した間隔をあけて形成されている。

0129

一方、主軸301には、中軸302を前進位置にしたときの第1係合凹部(後ろ側の周溝)318に対応した位置に、ボール保持穴320が形成され、該ボール保持穴320にボール321が収納されている。そして、このボール321の動きを規制して中軸302を位置設定するために、主軸301には筒体322が装着されている。筒体322は、実施形態1,3,5と同様に、内周面にカムとして作用する突部323を有し、スプリング324、スプリングリテーナ325、ストップリング326によって、突部323がボール321を押さえる図示の位置まで、工具軸300の前方へ向かって付勢されている(詳細については実施形態1参照)。

0130

図34は、工具軸300の後端部分の縦断面図(図32に対応する後退位置の状態)である。図に示すように、中軸302にはピン327が固定され、該ピン327は、主軸301に形成された長孔328を挿通している。この長孔328は、中軸302を前進位置と後退位置に設定することができるように長さが定められている。また、主軸301には、操作リング329が前後方向へスライド可能に装着され、この操作リング329にピン327の両端部が固定されている。

0131

本実施形態7において、中軸302を前進させた図31の状態では、第1ソケット口306が中軸302によって塞がれており、第2ソケット口313を使用することができる。作業を行うときは、まず第2ソケット口313にボルトまたはナットを押し込んで該ボルト等をスライダー315のマグネット330に吸着させ、該ボルトまたはナットを工具軸300で保持する。

0132

そして、ボルトまたはナットを締め付け箇所に合わせてから、インパクトレンチ1の駆動軸を回転させる。このことにより、インパクトレンチ1の駆動軸の回転が主軸301から中軸302を介してボルト等に伝達され、該ボルト等の締め付けを行うことができる。このとき、ボール321が第1係合凹部318に押圧しているので、中軸302は後退しない。

0133

一方、第1ソケット口306を使用する場合は、まず、筒体322を主軸301に対して後退させてボール321を第1係合凹部318から退避させ、中軸302のロックを解除する。そして、操作リング329を後方へ引き、中軸302を後退位置まで、つまりピン327が長孔328の後端に当たるまで下げる。筒体322は、中軸302が後退を開始すると(より詳細には、ボール321が第1係合凹部318から外れると)手を離してもよい。そして、中軸302が後退位置に達すると、ボール321が第2係合凹部319に係合して、その位置がロックされる。

0134

中軸302が図32の後退位置にロックされると、主軸301の先端には所定深さの第1ソケット口306が現れている。このため、この第1ソケット口306にボルト等を挿入してマグネット307により吸着してから、締め付け箇所でインパクトレンチを操作すると、駆動軸から主軸301を介して回転力をボルト等に伝達し、該ボルト等を締め付けることができる。この場合も、ボール321と第2係合凹部319との係合により中軸302がロックされているので、ボルト等の締め付け作業を安定して行うことができる。

0135

−実施形態7の効果−
本実施形態7においても、中軸302の前進位置と後退位置のそれぞれで、ボール321と第1,第2係合凹部318,319とを係合させ、その係合状態を筒体322で保持できるようにしているので、ボルト等の締め付け作業時のソケット口306,313の位置を安定させることができる。また、ソケット口306,313の切換も、中軸302を前後させるだけで極めて簡単に行うことができる。

0136

また、本実施形態では、締め付ける対象のボルトやナットのサイズが1つ違いであまり寸法差のないものであるが、中軸302の第2ソケット部311を、図33(a)に示すように縦長の六角形の断面形状としたことで、該ソケット部311の肉厚が全体に薄くなるのを防止している。また、第2ソケット口313は、第2ソケット部311が第1ソケット部304に囲まれた状態で使用するようにしている。このため、インパクトレンチ1の使用時の衝撃が第2ソケット部311にかかっても、該第2ソケット部311が損傷するのを防止できる。

0137

−実施形態7の変形例−
上記実施形態では、第2ソケット部311は、縦長六角形の筒体の中に正六角形の第2ソケット口313を形成したものであり、一部の肉厚が薄くなっているが、この薄肉の部分は必ずしも設けなくてもよい。つまり、第2ソケット部311は、図34(b)に示すように、縦長六角形のハッチングで示した部分が空間になるように、2本の台形の爪311a,311bが対向し、その間に第2ソケット口313が形成されるようにしてもよい。

0138

図35から図39に示す本発明の実施形態8は、実施形態7の工具軸300構成の一部を変更したものであり、操作リング329を筒体322よりも工具軸300の後方側に配置し、該操作リング329の後端に鍔部331を形成している。その他の点は、実施形態7と基本的に同じ構造になっているので、以下、主に異なる点について説明する。また、符号は、実施形態7と共通の符号を使用する。

0139

まず、中軸302に関しては、該中軸302を前進位置にセットした状態の断面図である図35、及び中軸302を後退位置にセットした状態の断面図である図36に示すように、中空軸に形成され、軽量化が図られている。また、この中軸302は、第1,第2係合凹部318,319に対するピン327の位置関係が実施形態7とは逆になっている。つまり、実施形態7ではピン327が第1,第2係合凹部318,319の前方側に配置されていたのに対し、本実施形態8では第1,第2係合凹部318,319の後方側に配置されている。

0140

これに伴い、主軸301に関しては、ボール保持穴320と長孔328との位置関係が逆になっている。つまり、実施形態7では長孔328がボール保持穴320の前方側に形成されていたのに対し、本実施形態8では、長孔328がボール保持穴320の後方側でピン327をガイドするように形成されている。また、主軸301の軸部303は、基部305と実質的に同一外形で、第1ソケット部304よりも少し小径に形成されている。

0141

本実施形態8では、操作リング329の鍔部331は、作業の際の安全機構であると共に、中軸302の進退に伴って切り替わるソケット口306,313のサイズ(M10用であるかM8用であるか)を検出するための検出金具としても用いられている。図37には、本実施形態8の工具軸300をインパクトレンチ1に適用した場合の概略構成図を示している。図において、実線で表した操作リング329が中軸302を前進位置にセットした状態を表し、仮想線で表した操作リング329が中軸302を後退位置にセットした状態を表している。

0142

図示するように、このインパクトレンチ1の本体2には、鍔部331に向かって投光受光を行う2つの光センサ(検出手段)332が組み込まれている。図示の例では、上側の光センサ332aが中軸302の後退位置を検出し、下側の光センサ332bが中軸302の前進位置を検出するように、以下に説明する駆動装置350の調整部361によって設定されている。

0143

図38には、このインパクトレンチ1を駆動して、ボルト333等を適切な締め付けトルクで締め付ける駆動装置350の概略構成を示している。この駆動装置350は、生産情報ホストコンピュータ351(実施形態1のホストコンピュータ1に相当する)と、ワークステーション352と、各組み付けステーション毎に設けられたトルクコントローラ353(実施形態1のトルクコントローラ44に相当する)と、締付切換制御部354と、締付制御部355と、エアコントローラ356(実施形態のエアコントローラ45に相当する)と、カットバルブ357と、リミットスイッチ358を有する工具置き台359とを備え、ソケット口306,313の径変化に対応して、インパクトレンチ1の締め付けトルクを制御する。

0144

ホストコンピュータ351には各ステーション毎のボルト、ナットの締め付けトルク上限値、締め付けトルク下限値、上下限値中間値としてのカット値、キャル値、タイマ値、締め付け本数等の締め付け情報bが予め入力設定され、ホストコンピュータ351はこれら締め付け情報bをワークステーション(補助用コンピュータ)352に出力する。

0145

ワークステーション352は各ステーション毎の締め付け情報bをプールし、トルクコントローラ353からのリクエスト信号cに応答して返答信号d(1つのステーション分の締め付け情報)をトルクコントローラ353に送信する。締付切換制御部354は例えば車両の搬送タクトに対応してトルクコントローラ353に対してタイミング信号eを送信すると共に、締め付け異常時にはライン停止信号fを受け取って車両搬送ラインを停止する。

0146

締付制御部355はインパクトレンチ1が工具置き台359から抜き取られたときにオンになるリミットスイッチ358からの工具取出し信号gを受けて装置を起動させるとともに、光センサ332(図38では1箇所のみに示している)からのソケット径検出信号a(例えばM10かM8かを判別する信号)に基づいて、トルクコントローラ353から締め付け情報dのうちの必要な情報h(M10締め付け時にはM10に相当する情報)を入手制御する。また、この締付制御部355は、トルクコントローラ353に締め付け情報dが入力されていない場合には締め付け管理不能を回避する目的で、締め付け情報なし信号iを入手し、エアコントローラ356によるエア圧の出力を禁止し、必要情報hの入手時には、エアコントローラ356に対してエア圧切換信号j(M10締め付け時にはM10に相当するエア圧に切換指令するコマンド信号)を出力する。さらに、この締付制御部355は、光センサ332の故障診断機能を有し、故障であると判定したときには装置ダウンを実行する。

0147

トルクコントローラ353はタイミング信号eを受けて、ワークステーション352にリクエスト信号cを送信し、ワークステーション352からの当該ステーション分の締め付け情報d(返答信号)をストックすると共に、インパクトレンチ1内のトルクセンサ53(図9参照)で検出された実締め付けトルクTbがカット値に達したとき、カットバルブ357にエア圧送を停止するカット信号kを出力する。なお、締め付け完了時の締め付け結果データはトルクコントローラ353を介してワークステーション352またはホストコンピュータ351に送信されて記録される一方、締め付け結果が締め付けトルクの上下限値の範囲外となった場合には、ライン停止信号fが出力される。また、このトルクコントローラ353は選択されたソケット径を表示する表示部を備えている。

0148

エアコントローラ356は、その内部にM10,M8に相当するエア圧セット用の電磁弁を有し、エア圧切換信号jを受けてエア送給ライン360を介してインパクトレンチ1内のエアモータ51(図9参照)に圧縮空気を送給制御する。ここで、エアコントローラ356により、M10に相当するエア圧からM8に相当するエア圧に切り替えるとき、またはM8に相当するエア圧からM10に相当するエア圧に切り替えるとき、電磁弁内の残圧処理時間の経過後に電磁弁が切り替えられて、残圧の影響を受けないように構成されている。

0149

なお、仮想線で示したトルクコントローラは、別のインパクトレンチ1(図示せず)を接続する場合に使用するものであり、このようにすると、複数のインパクトレンチ1,1・・を同時に制御しながら使用することが可能となる。

0150

このように構成したインパクトレンチ1の駆動装置350の作用を、図39に示すフローチャートを参照して、以下に詳述する。

0151

まず、第1ステップST1で、作業者が工具置き台359からインパクトレンチ1を取り出すと、リミットスイッチ358がオンとなり、工具取出し信号gが締付制御部355に出力されて、作業が開始される。次に、第2ステップST2で、締付切換制御部354からトルクコントローラ353に対してタイミング信号e(データ要求信号)が出力される。

0152

第3ステップST3では、タイミング信号eを受けたトルクコントローラ353が、ワークステーション352に対してリクエスト信号c(締め付け情報要求信号)を送信する。次に第4ステップST4で、リクエスト信号cを受けたワークステーション352は当該トルクコントローラ353が位置するステーションに対応して、1つのステーション分の締め付け情報d(返答信号)を返信し、トルクコントローラ353はこの締め付け情報dをストックする。

0153

次に第5ステップST5で、作業者がソケット径を選択する。この実施形態8ではM10とM8とに選択できるが、インパクトレンチ1を工具置き台359から取り出した際に、既にM10(第1ソケット口306)に選定されていると、M10のボルト、ナットからの締め付けを行えばよいことになる。そして、第6ステップST6で、光センサ332がソケット径を検出し、ソケット径検出信号aを締付制御部355に出力する。M10のソケット径が検出されているときは、ソケット径検出信号aはM10検出信号となる。

0154

次に第7ステップST7で、締付制御部355がトルクコントローラ353にトルクナンバー切換信号を送って、トルクコントローラ353がストックしている締め付け情報d(M10,M8に相当する各情報)のうちから、当該締め付け時に必要な情報h(M10締め付け時にはM10に相当する各情報)を入手する。そして、第8ステップST8で、トルクコントローラ353は締め付けトルク上限値、締め付けトルク下限値、カット値、キャル値、タイマ値、本数をソケット径(M10選定時にはM10のソケット径)に対応して切り替える。

0155

次に、第9ステップST9で、締付制御部355が、ソケット径検出信号aに対応したエア圧切換信号jをエアコントローラ356に出力する。そして、第10ステップST10では、エアコントローラ356が内蔵する電磁弁を制御してエア圧を選定されたソケット径に対応すべく切り替える。つまり、M10締め付け時にはM10のボルト、ナットに相当するエア圧となるように電磁弁が切り替えられる。

0156

次に第11ステップST11で、作業者は選定されたソケット径のエア圧により駆動されるインパクトレンチ1により、ボルト333、ナット等の締め付け作業を実行する。第12ステップでは、インパクトレンチ1のトルクセンサ53が、実締め付けトルクTbをトルクコントローラ353にフィードバック入力する。そして、第13ステップST13で、フィードバックされた実締め付けトルクTbがカット値に達すると、トルクコントローラ353はカットバルブ357にカット信号kを出力し、次の第14ステップST14で、このカットバルブ357はその切り換えにより圧縮空気の送給を中止する。

0157

次に第15ステップST15で、締め付け本数になるまで第5ステップST5から第14ステップST14までの処理を繰り返す。例えばM10のボルトをn本、M8のボルトをm本締め付ける場合には、M10のボルトがn本になるまでステップST5〜14までの処理が繰り返される。

0158

M10のボルトのn本締め付け完了後において、作業者が筒体322と操作リング329を操作して中軸302を図35の前進位置に移動させると、工具軸300がM8締め付け態様となり、この状態が光センサ332によって検出される。そして、締め付けトルク上限値、締め付けトルク下限値、カット値、キャル値、タイマ値、本数、エア圧が、それぞれM8に対応して切り替えられるので、上述のステップST5〜14の処理により、M8のボルトがm本になるまでその締め付け作業を行うことができる。

0159

次に、第16ステップST16で、トルクコントローラ353は締め付け結果データをワークステーション352に送信し、ワークステーション352はその締め付け結果データを記録する。そして、第17ステップST17で、作業者がインパクトレンチ1を工具置き台359に戻すと、リミットスイッチ358がオフとなって、1つのステーションにおける一連の締め付け処理が終了する。

0160

−実施形態8の効果−
本実施形態8によれば、実施形態7と同様に筒体322と操作リング329を工具軸300の軸方向へ操作するだけで、2種類のソケット口306,313を切り替えることができ、しかも、筒体322の位置の変化を、光センサ332で検出するようにしている。このため、ソケット口306,313の切り換え操作を容易に行うことができると共に、ソケット口306,313の径変化の検出構造も簡単となる効果がある。

0161

具体的には、主軸301の第1ソケット口306よりも中軸302の第2ソケット口313が後方に位置する状態でロックすると、大きいソケット径(M10)を得ることができ、逆に中軸302の第2ソケット口313を前進させた位置でロックすると、小さいソケット径(M8)を得ることができるから、単一の工具軸300で複数サイズのボルト333やナットへの対応ができる。したがって、工具軸の取り替え作業やインパクトレンチ1の持ち替え作業が不要となって、締め付け作業性の大幅な向上を図ることができる効果がある。

0162

また、中軸302を前進位置及び後退位置にセットしたときには、筒体322の突部323により、ボール321が中軸302の第1係合凹部318または第2系号凹部319に押圧されるので、ボルト333等の締め付け作業中に、中軸302の位置がずれることもない。

0163

また、本実施形態8では、インパクトレンチ1に設けた光センサ332により、操作リング329の軸方向への移動の前後位置を検知し、この検知結果に基づいてソケット径の変化を検出するようにしている。つまり、位置が固定された光センサ332に対する操作リング329の前後への離反距離に基づいてソケット径の変化を検出するようにしているので、ソケット径の変化を確実に検出することができる効果がある。

0164

そして、このようにして検出したソケット径に基づいて適切な締め付けトルクを設定するようにしているので、ボルト333等の締め付けを適度な力で行うことができる。また、ソケット径の検出のための鍔部331を操作リング329の後端部に設けているので、ボルト333等の締め付け作業の際の安全を図ることもできる。

0165

なお、本実施形態8では、異なるソケット径として、M10,M8に対応する構成を例示したが、これはM4,M8や、M8,M12、さらに他の異径のソケット径に設定してもよいことはもちろんである。

0166

−実施形態8の変形例1−
実施形態8の構成において、ソケット口306,313は図40(便宜上、中軸が主軸よりも突出した状態で表している)及び図41に示すように構成することができる。図は、構成を簡略化して表しているが、主軸301の先端部304は、実施形態2で説明したものと同様に、第1ソケット口306の中にピン371が出没可能に設けられている。第1ソケット口306は、六角穴により形成されていて、ピン371は該六角穴306の3箇所の角部に内接するように配置されている。したがって、この第1ソケット口306を使用する場合、六角穴に嵌合する大きさのボルトやナットと、ピン371に内接する大きさのボルトやナットの締め付け作業を行うことができる。

0167

第1ソケット口306の奥には六角穴372が形成され、中軸302の先端部(第2ソケット部)311は、この六角穴372に嵌合するように六角形状に形成されている。そして、この先端部311に、第2ソケット口313が形成されている。なお、中軸302には、マグネット330を内蔵したスライダ315が実施形態8と同様に装着されていて、第2ソケット口313に挿入したボルト等を保持できるように構成されている(図では簡略化して表している)。

0168

このように構成すれば、第1ソケット口306を用いて2種類のサイズのボルト等を締め付けることができ、第2ソケット口313を用いてさらに別のサイズのボルト等を締め付けることができるので、合計3種類のサイズのボルト等の締め付け作業を行うことが可能となる。

0169

また、中軸302を主軸301に対してロックするための構成は、上記実施形態8と同一であり、中軸302を前進位置と後退位置のそれぞれで確実にロックできるので、ボルト等の締め付け作業を安定して実施できる。

0170

−実施形態8の変形例2−
図42は、変形例2に係る工具置き台381の概略構成を示す図であり、インパクトレンチ1を保持した状態を示している。この工具置き台381には、インパクトレンチ1を上下に抜き差しする差込口382の下方に、インパクトレンチ1の工具軸の長さの違いから工具端のサイズを検出するためのセンサ383,384が配置されている。なお、実施形態8の工具軸300と実施形態2,7の工具軸80,300では、ソケット径を切り替えても長さは変化しないので、この構成は、実施形態1及び実施形態3から6の工具軸10,100,150,200,250(図では、代表的に符号10のみを示している)に、ソケット径の切り換えに伴って位置が変化する鍔部331を設けたものに適用するとよい。

0171

このようにすると、インパクトレンチ1側のセンサ332a,332bと、工具置き台381側のセンサ383,384の両方から、ソケット径を検出することができる。このため、両センサ332a,332b,383,384による検出結果を照合し、一致していなければ、何らかの異常が発生していると判断できる。

0172

−実施形態8の変形例3−
図43は、工具軸300を後方から見た図であり、上記鍔部331の背面を表している。この鍔部331には、所定の範囲(図では45°)毎に異なるパターン模様331aが表示されている。この模様331aは、工具軸300の回転数が変化すると、柄が変化するようなパターンに構成されている。

0173

このため、作業者は、作業をある程度行っていると、ボルト等のサイズに対応した柄を記憶することになる。したがって、例えば、実際にはM8のボルトの締め付け作業を行っているのにM10のボルト用の駆動力が出力されていると、作業者に柄の違いを感知させて、適切な作業が行われていないことを認識させることができる。

0174

図44図50に示す本発明の実施形態9は、工具軸400を、開閉式のレバー401,402の先端部でボルトやナットをつかんで締め付けるように構成した例で、該レバー401,402の先端内側にソケット口403を形成するとともに、レバー401,402の開閉状態を変化させて、複数のサイズのボルトやナットに対応できるようにしたものである。

0175

レバーは、開状態の断面図である図44閉状態の断面図である図45、平面図である図46図44及び図45の左端面図である図47(a)及び図47(b)に示すように、第1レバー401と第2レバー402とからなり、両レバー401,402が、ピン404によって開閉可能に連結されている。各レバー401,402は、例えばプライヤペンチなどの開閉式の手動工具と同様の構造で構成されている。具体的には、互いに重なる連結部401a,402aと、各連結部401a,402aに連接して先端側に延びる把持アーム401b,402bと、連結部401a,402aに連接して後端側に延びる開閉制御アーム401c,402cとから構成されている。

0176

各レバー401,402の把持アーム401b,402bは、互いに向かい合った先端部が、図47(a),(b)に示すように所定の円弧形状に湾曲し、その内面が、ボルトやナットの六角形状に嵌合するように、複数の角405を持った形状に形成されている。そして、両レバー401,402は、図45のD−D線断面図である図48に示すように、上記ピン404を保持した保持金具406に連結されている。なお、両レバー401,402の間には、把持アーム401b,402bを開く方向へ付勢するように、ねじりコイルばね407が装着されている。

0177

保持金具406は、図50の斜視図に示すように先端が二股になった金具であり、後端部がインパクトレンチとの連結部408として構成されている。この連結部408には、図44及び図45に示すように、インパクトレンチの駆動軸と嵌合する駆動穴409と、連結ピンを装着するための連結穴410とが形成されている。そして、この連結部408の前端に、上記各レバー401,402を保持するように二股になった保持部411が形成されている。

0178

保持部411は、円形断面の軸の先端側を二股にしたもので、基端側には4本の周溝(第1〜第4係合凹部)412〜415が形成されるとともに、図の上下2箇所に、各周溝412〜415を分断するようにキー溝状の凹陥部416が形成されている。そして、この保持部411の先端部分に、上記ピン404を固定するためのピン取付穴417が形成されている。

0179

この保持金具406の保持部411には、筒体418が前後方向へ位置変化可能に装着されている。筒体418は、保持部411の外周面と嵌合する筒状の本体部419と、該本体部419の後端に形成された鍔部420と、鍔部420の前面側に形成された位置決め部421と、上記凹陥部416と摺動可能に嵌合するように本体部419の内周面に形成されたキー状の凸部422とから構成されている。この凸部422が上記凹陥部416と嵌合しているため、筒体418は保持金具406に対して回転せずに、軸方向へのみ移動可能である。

0180

位置決め部421には、図44のE−E線断面図である図49に示すように、4個のスプリングプランジャ423からなる位置決め機構が設けられている。各スプリングプランジャ423は、ボール424と、該ボール424を径方向内方へ付勢するスプリング425と、止めネジ426とから構成されている。したがって、筒体418は、各ボール424が4本の周溝412〜415の何れか一つに係合した位置で保持することができる一方、スプリング425を圧縮させ得るだけの力をかければ軸方向へ変位させることができる。ただし、レバー401,402の開閉動作からは筒体418を軸方向へ移動させる力は殆ど生じないので、ソケット口403の使用時に、筒体418が移動するのは阻止できる。

0181

筒体418の凸部422は、筒体418を各位置でロックしたときに、レバー402の開閉制御アーム401c,402cと接触し、レバー401,402の開閉角度を変化させてソケット口403を異なるサイズのボルト等に対応させるように構成されている。具体的に、各レバー401,402と筒体418は、図44に示す位置でソケット口403がM10サイズのボルト等に対応し、筒体418をその位置よりも1段階ずつ進める毎に、それぞれM8,M6,M5のサイズに対応するように構成されている。M5に対応した状態を、図45に示している。

0182

−実施形態9の効果−
本実施形態9によれば、ソケット口403のサイズの切り換えは、筒体418を軸方向へスライドさせれば、レバー401,402の開閉状態が変化するので、簡単に行うことができるうえに、4種類のサイズに対応することができる。これに対して、2種類のサイズのみを切り替えるタイプでは、他のサイズのボルト等の締め付け作業を行う場合は工具軸の取り替えが必要であるが、本実施形態1の工具軸400を用いれば取り替え頻度が少なくて済み、作業性を高めることが可能となる。

0183

また、ソケット口403のサイズは、筒体418をスプリングプランジャ423でロックすることによって確実に保持できるので、ボルト等の締め付け作業を行っているときにレバー401,402が動いてしまうことを防止できる。つまり、作業性が損なわれるのを防止できる。

0184

また、筒体418の後端部に鍔部420を設けているので、実施形態8で説明した駆動装置350を利用して、ボルト等のサイズに応じて駆動力を自動的に切り替えることができる。さらに、本実施形態9では4種類のソケットサイズに対応しているので、実施形態1において図9を参照して説明した表示ランプ63〜66全てを、各ボルトのサイズに対応したランプとして使用することができる。

0185

図51から図63に示した本発明の実施形態10は、径の異なる4本の中空軸451,452,453,454を軸方向へ相互にスライド可能に組み合わせて工具軸450を構成し、各中空軸451,452,453,454の位置設定に応じて、サイズの異なるソケット口455,456,457,458を使用できるようにしたものである。

0186

まず、概略構造を説明する。この工具軸450は、最も径の大きな第1軸451(図56)と、次に径の大きな第2軸452(図57)と、3番目に径の大きな第3軸453(図58)と、最も径の小さな第4軸454(図59)とから構成され、これらの軸451,452,453,454が互いに摺動可能に嵌合している。

0187

そして、図51に示すように、第1軸451に対して他の3本の軸452,453,454を全て後退させると、第1軸451の先端内側に第1ソケット口455(本実施形態ではM10サイズ)が構成され、図52に示すように、その状態から第2軸452だけを前進させると、該第2軸452の先端内側に第2ソケット口456(本実施形態ではM8サイズ)が形成される。

0188

また、図53に示すように、第1軸451に対して第2軸452と第3軸453を前進させ、第3軸453に対して第4軸454を後退させると、第3軸453の先端内側に第3ソケット口457(本実施形態ではM6サイズ)が形成され、図54に示すように、その状態から第4軸454も前進させると、第4軸454の先端内側に第4ソケット口458(本実施形態ではM5サイズ)が形成される。各軸451,452,453,454の位置は、第1操作環459と第2操作環460を用いて調整できるように構成されている。

0189

次に、詳細構造を説明する。第1軸451は、中空で後端部が細くなった段付きの軸である。そして、この後端部がインパクトレンチ1の駆動軸との連結部461として構成され、この連結部461の前方の部分が第2〜第4軸452,453,454を保持する保持部462として構成されている。連結部461には、上記各実施形態と同様に、インパクトレンチ1の駆動軸と嵌合する駆動穴463と、連結ピンを装着するための連結穴464とが形成されている。

0190

第1軸451の保持部462には、第2軸452と第3軸453を摺動可能に保持する角穴465が形成されている。この角穴465は、M10サイズの六角形状において、一対の対角部465aのみが僅かに径方向外方へ突出した断面形状であり、第1軸451の先端から連結部461の手前まで、同一断面形状で連続して形成されている。また、この保持部462の外周面には、合計4本の周溝(係合凹部)466,467,468,469が、先端側と後端側に2本ずつ、互いに分離して配置されている。さらに、この第1軸451には、第2軸452から第4軸454に連結されたピン470をスライドさせて各軸452〜454の位置を制御するためのカム溝(第1カム溝)471が形成されている。

0191

第1カム溝471は、第1軸451の外周面上、径方向に相対する2箇所に同一形状で形成されており、それぞれ、図60の拡大展開図に示すように、第1軸451の周方向に沿って形成された回転調整溝472と、該回転調整溝472の所定位置から軸心方向に沿って形成された4本の軸動調整溝473a〜473dとから構成されている。

0192

軸動調整溝は、4種類のソケットサイズを選択するために、473aがM10サイズへの調整用、473bがM8サイズへの調整用、473cがM6サイズへの調整用、そして473dがM5サイズへの調整用として形成され、それぞれ、ピン470を回転調整溝471側から軸動調整溝473a〜473dの端部までスライドさせると、後述の第2カム溝487、第3カム溝492、及び第4カム溝499との共同作用によって、ソケット口455〜458が対応したサイズに切り替えられるように構成されている。

0193

なお、本実施形態10では、軸動調整溝473a〜473dは、M10調整用とM8調整用とが軸心に対して40°の間隔で形成され、M8調整用とM6調整用、及びM6調整用とM5調整用は、それぞれ30°の間隔で形成されているが、展開図においては、各軸動調整溝473a〜473dの間隔はこれらの角度に正確には対応していない(以下、図62から図64の第2〜第4カム溝の展開図についても同様)。また、第1カム溝471は、M8ソケット選定用の軸動調整溝473bが、図において六角穴465の上下端に位置する角部に沿うように配置されている。

0194

一方、第1操作環459は、第1軸451の外周面に嵌合し、該外周面を摺動して位置変化し得るように構成されている。この第1操作環459は、先端側に直径のやや大きな大径部474が設けられ、後端には鍔部材475が取り付けられている。なお、この鍔部材475は、仮想線で示すように、鍔部材475よりも小径のリング材476に代えることも可能である。また、大径部474の先端側は外周がテーパ状であり、上記周溝466〜469と係合してボール477を保持するボール保持穴478が、該大径部474の先端部1箇所に形成されている。

0195

この第1操作環459の外周には、第2操作環460が嵌合している。該第2操作環460は、第1操作環459の大径部474の外周面に摺動可能に嵌合する円筒部479と、該円筒部479の先端側に連接するテーパ状の位置決め部480とを有している。位置決め部480は内周面が第1操作環459のテーパ面と接するように形成されている。また、第1操作環459と第2操作環460の間にはストップリング481とスプリング482が装着されており、該スプリング482によって第2操作環460が後方側(図の右側)へ付勢されている。

0196

第2操作環460には、上記ピン470を挿入して保持するピン保持穴483が形成されており、第1操作環459には、該ピン470が貫通するピン貫通穴484が形成されている。このピン貫通穴484は、工具軸450の軸方向に沿って形成された短い長孔であり、第2操作環460を回すとピン470と第1操作環459が一緒に回転し、第2操作環460を図51図54の状態から前進させると、両操作環459,460の間にボール477が各係合溝466〜469から退避する隙間ができるように形成されている。両操作環459,460は、ピン470が長孔484の端部を越えて工具軸450の軸方向へ移動する場合は、一体的に移動することになる。

0197

第2軸452は、図57の斜視図に示すように、後端部485が比較的薄肉の六角筒状に形成されている。そして、第1軸451の角穴465の対角部465aに対応する一対の対角部分486のみが厚肉に形成され、その厚肉の対角部分486は、後端部485よりも前方へ延びた形状となっている。この対角部分486は、内面の対辺寸法がM8サイズの六角寸法に対応した大きさに形成されている。

0198

この第2軸452には、2本の第2カム溝487が形成されている。第2カム溝487は、図61の展開図に示すように、第1カム溝471と同様、回転調整溝488と軸動調整溝489c,489dとから形成されている。軸動調整溝は、489cがM6用、489dがM5用で、M6用の軸動調整溝489cが第1カム溝471の軸動調整溝473cと重なり、M5用の軸動調整溝489dが第1カム溝471の軸動調整溝473dと重なるように配置されている。

0199

第3軸453は、図58の斜視図に示すように、大略六角形の筒状部材で、第2軸452と嵌合する部分490のみが比較的薄肉で、他の部分491が比較的厚肉に形成されている。また、この第3軸453の内側面は、M6サイズの六角寸法に対応した大きさに形成されている。

0200

この第3軸453には、2本の第3カム溝492が形成されている。第3カム溝492は、図62の展開図に示すように、回転調整溝493と軸動調整溝494a,494b,494cとからなり、494aがM10用、494bがM8用、494cがM6用として構成されている。そして、第3カム溝492は、M8用の軸動調整溝494bが、第3軸453の上下の角部に沿って形成され、他の軸動調整溝494a,494cは、このM8用の軸動調整溝494bに対して上述の所定角度で配置されている。つまり、各軸動調整溝494a,494b,494cは、第1カム溝472の各軸動調整溝473a,473b,473cと同じ位相となるように配置されている。

0201

第4軸454は、図59の斜視図に示すように、大略六角形の筒状部材で、先端側に、M5サイズの六角形状に対応した六角穴(第4ソケット口)458が形成されている。また、内部には、この六角穴458に連通して、スライダー配設穴495が形成されている。そして、先端にマグネット496が内蔵されたスライダー497が、スプリング498によって前方に付勢された状態で、該配設穴495に装着されている。

0202

この第4軸454には、第3カム溝499が形成されている。第4カム溝499は、図63の展開図に示すように、回転調整溝500と軸動調整溝501a,501b,501cとからなり、501aがM10用、501bがM8用、501cがM6用として構成されている。そして、第2カム溝487、第3カム溝492と同様に、この第4カム溝499も、各軸動調整溝501a,501b,501cが、第1カム溝471の対応する軸動調整溝473a,473b,473cと同じ位相となるように配置されている。

0203

なお、本実施形態10において、第1,第2操作環459,460を第1軸451に対して移動させるときは、それに伴ってボール477も移動するが、ボール477は、その際に第1カム溝471にはまらないような位置に配置されている。

0204

次に、この工具軸450の操作について説明する。まず、図51に示すM10対応の状態では、上述したように、第2軸452から第4軸454は、全て第1軸451の角穴465の中で後退し、この角穴465の先端部に、第1ソケット口455が構成されている。したがって、この第1ソケット口455を使ってM10のボルトやナットの作業を行うことができる。なお、第1ソケット口455の内周面には、マグネット502が埋め込まれているので、ボルト等を吸着して保持することができる。

0205

また、第1ソケット口455を使用してボルト等の締め付けを行っても、ボール477が第1係合凹部466と係合した状態で第1,第2操作環459,460によって保持されているので、第2軸452から第4軸454の位置が勝手に変化してボルト等が第1ソケット口455から外れるような不具合は生じない。したがって、安定した作業を行うことが可能である。

0206

このM10対応の状態では、ピン470は、第1カム溝471のM10用軸動調整溝473aの後端に位置している。この状態からM8用の第2ソケット口456に切り替えるときは、まず第2操作環460を前進させて、周溝(第1係合凹部)466へのボール477の押し付け力を解除してから、両操作環459,460を、ピン470が第1カム溝471の回転調整溝472の位置で停止するまで前進させる。第2カム溝488にM8サイズへの調整用の軸動調整溝を設けていないため、このとき、ピン470と第2軸452との相対的な位置関係は変化しない。したがって、第2軸452はピン470の移動量と同じだけ前進する。一方、第3軸453と第4軸454に関しては、ピン470との相対的な位置関係が変化するから、第1軸451との位置関係が変わることになる。

0207

次に、両操作環459,460を回し、ピン470を第1カム溝471内でM8用の軸動調整溝473bに対応した位置まで移動させ、さらに該軸動調整溝473bに沿って後退させる操作を行う。このようにすることによって、第2軸452は第1軸451と先端が揃った位置へ移動し、第3軸453及び第4軸454はM10対応のときと同じ位置に戻る(図52参照)。

0208

このため、第2軸452の対角部分486の内面で構成した第2ソケット口456を使用することが可能となり、M8サイズのボルト等の締め付け作業を行うことができる。なお、このときにM8サイズのボルトを第2ソケット口456に吸着保持するように、該第2ソケット口456の内周面にはマグネット503が埋め込まれている。また、ボール477が第2係合溝467と係合するので、作業は安定して実施できる。

0209

次に、この状態からM6サイズのソケット口457に切り替えるときは、第2操作環460を前進させてから両操作環459,460をピン470が第1カム溝471の回転調整溝472に入る位置まで前進させ、さらにピン470がM6用の軸動調整溝473cに入るように両操作環459,460を回転させてから該軸動調整溝473cに沿って前進させる。このようにすることにより、ピン470と第2,第3,第4軸452〜454との位置関係も変化し、図53の状態にセットされる。このとき、ボール477は第3係合溝468と係合した状態に保持される。

0210

また、この状態からM5サイズのソケット口458に切り替えるときは、第2操作環460を第1操作環459に対して前進させてから、両操作環459,460をピン470が第1カム溝471の回転調整溝472に入る位置まで一旦後退させ、さらにピン470がM5用の軸動調整溝473dに入るように両操作環459,460を回転させてから該軸動調整溝473dに沿って前進させる。このようにすることにより、ピン470と第2,第3,第4軸452〜454との位置関係も変化して、図54の状態にセットされ、その状態が、ボール477と第4係合溝469との係合によって保持されることになる。

0211

以上説明したのは、ソケット口455〜458のサイズを、M10からM8、M8からM6、M6からM5へ切り替える際の操作であるが、ソケット口455〜458の切り換えは任意のサイズ間で可能であり、要するに、第2操作環460を第1操作環459から少し離してから、両操作環459,460をピン470が第1カム溝471の回転調整溝472に入る位置(基準位置)まで前後何れかの方向に移動させた後、両操作環459,460を所定角度回して軸動調整溝473a〜473dの一本に沿って再度前後何れかの方向へ移動させれば、ソケット口455〜458の切り換えを行うことができる。

0212

−実施形態10の効果−
このように、本実施形態では、4種類のソケット口455〜458のサイズは、両操作環459,460を一旦基準位置に戻してから、ピン470を所望の軸動調整溝473a〜473dの位置に合わせるように両操作環459,460を回転させ、さらに両操作環459,460を軸方向へ前進または後退させるだけで切り替えることができる。このため、操作が簡単であり、しかも切り替えた各状態でボール477が各係合凹部466〜469と係合するので、そのソケット口455〜458のサイズを確実に保持することができる。

0213

また、第1操作環459に鍔部材475を設けているので、実施形態8,9と同様に、インパクトレンチ1で鍔部材475の位置を検出することが容易に可能となり、その検出結果を利用して、インパクトレンチ1の駆動力を適切な値に制御することが可能となる。

0214

−実施形態10の変形例−
本実施形態10において、各カム溝471,487,492,499を構成している回転調整溝472,488,493,500と軸動調整溝473,489,494,501は、各軸451〜454の構成に応じて適宜変更することが可能である。したがって、例えば、上記第1カム溝471について、M10用とM8用の軸動調整溝473a,473bが回転調整溝472から後方に延びており、M6用とM5用の軸動調整溝473c,473dが回転調整溝472から前方に延びているといった関係や、各軸動調整溝473a〜473dの間隔や長さ、さらには第2から第4カム溝487,492,499についての具体的な構成なども、単なる一例であって適宜変更可能であり、要は各軸451〜455を所定位置でセットしてソケット口455〜458を構成できるようになっていればよい。

0215

また、各カム溝471,487,492,499は、必ずしも周方向の回転調整溝472,488,493,500と、軸方向の軸動調整溝473,489,494,501から構成しなくてもよく、例えば、螺旋方向へ延びる溝を利用して、各軸451〜455を所定位置でセットできるように構成することも可能である。

図面の簡単な説明

0216

図1図1は、本発明の実施形態1に係るインパクトレンチの使用状態を示す斜視図である。
図2図1のインパクトレンチの工具軸を示す側面図であり、(a)はソケットを前進位置にセットした状態、(b)はソケットを後退位置にセットした状態を示している。
図3(a)は図2の工具軸においてソケットを前進位置にセットした状態での工具軸の断面図、(b)はその部分拡大図である。
図4図3(a)の左側面図である。
図5図3(a)のA−A線断面図である。
図6図2の工具軸でソケットを前進位置から後退位置へ切り替える途中の状態を示す断面図である。
図7図2の工具軸でソケットを後退位置にセットした状態を示す断面図である。
図8図1のインパクトレンチの駆動装置を示すブロック図である。
図9図1のインパクトレンチの概略内部構成図である。
図10本発明の実施形態2に係るインパクトレンチの工具軸での被締め付け部材である防振材の斜視図である。
図11実施形態2の工具軸の第1の使用状態を示す断面図である。
図12図11の工具軸の第2の使用状態を示す断面図である。
図13図11の工具軸の左側面図である。
図14本発明の実施形態3に係るインパクトレンチの工具軸の側面図であり、(a)はソケットを前進位置にセットした状態、(b)はソケットを後退位置にセットした状態を示している。
図15図14の工具軸でソケットを前進位置にセットした状態の断面図である。
図16図14の左側面図である。
図17図15のB−B線断面図である。
図18図14の工具軸でソケットを前進位置から後退位置へ切り替える途中の状態を示す断面図である。
図19図14の工具軸でソケットを後退位置にセットした状態を示す断面図である。
図20本発明の実施形態4に係るインパクトレンチの工具軸の側面図であり、(a)はソケットを前進位置にセットした状態、(b)はソケットを後退位置にセットした状態を示している。
図21図20の工具軸の主軸の外観形状を示す斜視図である。
図22図20の工具軸でソケットを前進位置にセットした状態の断面図である。
図23図20の工具軸でソケットを後退位置にセットした状態の断面図である。
図24図23のC−C線断面図である。
図25本発明の実施形態5に係るインパクトレンチの工具軸の側面図であり、(a)はソケットを前進位置にセットして工具軸を伸ばした状態、(b)はソケットを後退位置にセットして工具軸を縮めた状態を示している。
図26図25の工具軸でソケットを前進位置にセットした状態の断面図である。
図27図25の工具軸でソケットを後退位置にセットした状態の断面図である。
図28本発明の実施形態6に係るインパクトレンチの工具軸の側面図であり、(a)はソケットを前進位置にセットして工具軸を伸ばした状態、(b)はソケットを後退位置にセットして工具軸を縮めた状態を示している。
図29図28の工具軸でソケットを前進位置にセットした状態の断面図である。
図30図28の工具軸でソケットを後退位置にセットした状態の断面図である。
図31本発明の実施形態7に係るインパクトレンチの工具軸の断面図であり、中軸を前進位置にセットした状態を示している。
図32図31の工具軸で中軸を後退位置にセットした状態の断面図である。
図33(a)図は図31の左側面図であり、(b)図は(a)図の変形例を示す図である。
図34図31の工具軸の部分縦断面図である。
図35本発明の実施形態8に係るインパクトレンチの工具軸の断面図であり、中軸を前進位置にセットした状態を示している。
図36図35の工具軸で中軸を後退位置にセットした状態の断面図である。
図37図35の工具軸を装着したインパクトレンチの外観図である。
図38図37のインパクトレンチの駆動装置を示すブロック図である。
図39図38のインパクトレンチの駆動装置による動作を示すフローチャートである。
図40実施形態8の変形例1に係るソケット口を示す部分断面図である。
図41図40のソケット口の側面図である。
図42実施形態8の変形例2に係る工具置き台の概略構成を示す断面図である。
図43実施形態8の変形例3に係る工具軸の鍔部の背面図である。
図44本発明の実施形態9に係るインパクトレンチの工具軸の断面図であり、レバーを開いた状態を示している。
図45図44の工具軸のレバーを閉じた状態の断面図である。
図46図44の工具軸の平面図である。
図47(a)は図44の左断面図であり、(b)は図45の左断面図である
図48図44のD−D線断面図である。
図49図44のE−E線断面図である。
図50図44の工具軸の保持金具を示す斜視図である。
図51本発明の実施形態10に係る締結装置の工具軸の断面図であり、第1のセット位置を示している。
図52図51の工具軸の第2のセット位置を示す断面図である。
図53図51の工具軸の第3のセット位置を示す断面図である。
図54図51の工具軸の第4のセット位置を示す断面図である。
図55図51の左側面図である。
図56図51の工具軸の第1軸を示す斜視図である。
図57図51の工具軸の第2軸を示す斜視図である。
図58図51の工具軸の第3軸を示す斜視図である。
図59図51の工具軸の第4軸を示す斜視図である。
図60図56の第1軸に形成された第1カム溝を示す展開図である。
図61図57の第2軸に形成された第2カム溝を示す展開図である。
図62図58の第3軸に形成された第3カム溝を示す展開図である。
図63図59の第4軸に形成された第4カム溝を示す展開図である。

--

0217

1インパクトレンチ
2 本体
3把持部
4スイッチノブ
5コネクタ
10工具軸
11主軸(第1工具軸)
12ソケット(第2工具軸)
13ビス
14ビット(第2工具端)
15ボルト
16ソケット口(第1工具端)
17係合溝(係合凹部)
18 大径部
19小径部
20六角穴
21マグネット
22ボール(係合部材)
23ボール保持穴
24筒体
25 突部(押圧手段)
25a 第1カム面
25b 第2カム面
26ストップリング
27圧縮コイルばね
28スプリングリテーナ
29肩部
30凹溝(押圧解除手段)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社マキタの「 ネジ締め工具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊星ローラ式の動力伝達機構を備えたネジ締め工具において、ネジ締めの終了時に速やかにスピンドルへの動力伝達を遮断するための改良を提供する。【解決手段】スクリュードライバ1は、本体ハウジング11、... 詳細

  • 未来工業株式会社の「 ナット回し工具及び波付管の接続部構造」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】作業者が楽な体勢で締緩作業を行うことができるナット回し工具及び波付管の接続部構造を提供する。【解決手段】ボルトに対するナットの締緩作業を行うべく回転電動機に装着されるナット回し工具10であって... 詳細

  • 株式会社ディスコの「 ドライバー」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】予め定められた順序通りにネジが締結されているかを容易に確認することができるドライバーを提供すること。【解決手段】ドライバー1は、電源に接続し、装着したビットを回転させてネジを締める。ドライバー... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ