図面 (/)

技術 指相撲対戦器具

出願人 内沼誠悦
発明者 内沼誠悦
出願日 1998年12月24日 (21年6ヶ月経過) 出願番号 1998-378354
公開日 2000年7月11日 (19年11ヶ月経過) 公開番号 2000-189540
状態 未査定
技術分野 体操訓練用具 訓練用具
主要キーワード 仕切柱 組み合い 軟質素材 固定座 日本古来 門型形状 勝敗判定 対戦者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年7月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

指相撲対戦時、対戦者対戦相手に勝とうという意識から腕、を大きく曲げる、不要に手首じり対戦相手の親指押え込み、指相撲の趣旨に反する行動をとってしまうことが多々ある。

解決手段

指相撲対戦者同志が、一つの器具を挟持し器具上で安定した状態を一定に保ち、指相撲の対戦試合ができる器具の製作

概要

背景

指相撲対戦者同志が、指合わせで手を握り親指を立て組み合い、合図と同時に対戦者が対戦者の親指を親指で押え込み勝者、敗者を決めている。

概要

指相撲対戦時、対戦者が対戦相手に勝とうという意識から腕、を大きく曲げる、不要に手首じり対戦相手の親指を押え込み、指相撲の趣旨に反する行動をとってしまうことが多々ある。

指相撲対戦者同志が、一つの器具を挟持し器具上で安定した状態を一定に保ち、指相撲の対戦試合ができる器具の製作

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

指相撲対戦者同志が握り持つ門型形状開脚支持台(1)、上部に仕切柱(2)を二本設けた門型形状開脚支持台(3)、両門型形状開脚支持台を十字に交差し固定及び、両門型形状開脚支持台を支え安定させる固定座(5)を設けた構成で、指相撲対戦者同志の手を安定した状態を保ち、試合ができることを特徴とする指相撲対戦器具

技術分野

0001

本発明は、指相撲対戦器具の形状、機能に関している。

背景技術

0002

指相撲対戦者同志が、指合わせで手を握り親指を立て組み合い、合図と同時に対戦者が対戦者の親指を親指で押え込み勝者、敗者を決めている。

0003

指相撲対戦組合時、対戦者が対戦相手に勝とうという意識から腕、を大きく曲げる、不要に手首じり対戦相手の親指を押え込み、指相撲の趣旨に反する行動をとってしまうことが多々ある。

0004

又、対戦者が対戦相手の親指を押え込んだにもかかわらず、敗者になるのを避けたい一心故意に、握り組み合っている手を解いてしまうことがある。

0005

指相撲は、諸外国に無い日本古来独自の文化であるにもかかわらず、指相撲に関する器具が現状開発提供されてい無い。

課題を解決するための手段

0006

そこで本発明においては、指相撲対戦者同志が一つの器具を挟持し、安定した状態保ち器具上で試合をすることの手段を用いた。

0007

指相撲対戦者同志が握り持つ門型形状開脚支持台、上部に仕切柱を二本設けた門型形状開脚支持台、両門型形状開脚支持台を直角に交差し十字に固定及び下部位置に、両門型形状開脚支持台を支え安定させる固定座。両門型形状開脚支持台が十字に交差する中心位置及び二本の仕切柱の内側で、指相撲の勝敗位置づける為、仕切柱の内側に親指の不安定防止、擦り傷防止の為の、軟質素材を設けた。

発明を実施するための最良の形態

0008

指相撲対戦器具の製作に当たっては、木、金属、樹脂による成型方法、各所を個別に製作し組み立てる方法等がある。

0009

指相撲対戦器具は、成形品又、使用時に組み立て使用する形態がある。

0010

指相撲対戦器具に、電動式勝敗判定ランプブザーを取り付け作成、使用する形態がある。

0011

その他、形態に関しては限定しない。

0012

実施例について図面を参照して説明する。図1は指相撲対戦種具の斜視図である。門型形状開脚支持台1、上部に仕切柱2を二本設けた門型形状開脚支持台3両門型形状開脚支持台で構成された状態を示している。

0013

図2は指相撲対戦器具の正面図である。仕切柱2の内側に指相撲対戦時、親指の不安定防止、擦り傷防止の為の軟質素材4取り付けている状態を示している。

0014

図3は指相撲対戦器具の左右両側面図である。両門型形状開脚支持台を、固定座5が支え安定した状態を保つこと示している。

0015

図4は指相撲対戦器具の平面図である。門型形状開脚支持台1、仕切柱2を上部に設けた門型形状開脚支持台3、両門型形状開脚支持台の中心位置で直角に交差し十字を構成している状態を示している。

0016

図5は指相撲対戦器具の使用例である。指相撲対戦者同志が門型形状開脚支持台1を挟持し、二本の仕切柱2の内側で対戦している状態を示している。

発明の効果

0017

本発明の指相撲対戦器具を使用することにより指相撲対戦時、腕を曲げる、手首を捻じる妨害行為ができず手、腕、肩が安定した状態を一定に保ち指相撲の対戦ができる。

0018

指相撲対戦者同志が、手を握り組み合う必要が無くなり、対戦相手の爪で怪我をすることが無くなる。

0019

日本古来独自の文化の指相撲及び、指相撲対戦器具を諸外国に紹介し、文化交流道具として使用できる。

図面の簡単な説明

0020

図1斜視図
図2正面図
図3左右両側面図
図4平面図
図5使用例

--

0021

1門型形状開脚支持台
2仕切柱
3 門型形状開脚支持台
4軟質素材
5 固定座

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社岡部の「 ネット遊具」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】大規模化しても、施工時の費用や作業量を抑制でき、大きな揺動を無理なく実現可能なネット遊具を提供する。【解決手段】ネット遊具は、サポートネット41と支持体11と掛け棒21とロープ31を有する。支... 詳細

  • 株式会社リバース・フィット・デザインの「 筋力データ管理システムおよび筋力データ管理方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】本発明は、サーボモータを利用した負荷装置を用いて筋力測定を行い、筋力データを収集し、統計的筋力値を算出する。【解決手段】 筋力データ管理システムは、被測定者の筋肉を収縮させる運動に対して負荷... 詳細

  • 株式会社京伸の「 トレーニング用環境制御装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】環境維持ルーム内における気圧の制御を効率的に行うとともに、環境維持ルーム内のトレーニングとしての空間を確保しつつ減圧手段等に対するメンテナンス作業を容易にしうるトレーニング用環境制御装置を提供... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ