図面 (/)

技術 段積ストック装置

出願人 積水化学工業株式会社中部セキスイハイム工業株式会社
発明者 成瀬寿男山口義典吉井武司
出願日 1998年12月14日 (21年11ヶ月経過) 出願番号 1998-375035
公開日 2000年6月27日 (20年4ヶ月経過) 公開番号 2000-177846
状態 特許登録済
技術分野 物品の積み重ね及び付属装置 物品の積降し
主要キーワード 低位化 立ち上がり傾斜角度 ワーク取出装置 ワーク支持位置 上端レベル 軽量型鋼 ストック量 両側外方
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年6月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

段積ストック装置において、簡素な構成により、複数のロットを順に下方から搬入し、上方から取出し、搬入と取出しの生産性を向上すること。

課題

リフト装置11Aにより持ち上げられるワーク1を下方から順に搬入してストックし、上方から取出し可能としてなる段積ストック装置10であって、先積ロット2Aの下面を後積ロット2Bにより押し上げることにより、先後のロットを積み上げ可能とするもの。

概要

背景

従来、段積ストック装置においては、ワークを搬入する手段としてクレーンを用いている。ところが、段積ストック装置では、ワークを取出すためのワーク取出装置が上方に配置されており、ワークを搬入するクレーンとワーク取出装置との干渉を回避するため、クレーンの作動範囲制約がある。

概要

段積ストック装置において、簡素な構成により、複数のロットを順に下方から搬入し、上方から取出し、搬入と取出しの生産性を向上すること。

リフト装置11Aにより持ち上げられるワーク1を下方から順に搬入してストックし、上方から取出し可能としてなる段積ストック装置10であって、先積ロット2Aの下面を後積ロット2Bにより押し上げることにより、先後のロットを積み上げ可能とするもの。

目的

本発明の課題は、段積ストック装置において、簡素な構成により、複数のロットを順に下方から搬入し、上方から取出し、搬入と取出しの生産性を向上することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

リフト装置により持ち上げられるワークを下方から順に搬入してストックし、上方から取出し可能としてなる段積ストック装置であって、先積ワークの下面を後積ワークにより押し上げることにより、先後のワークを積み上げ可能とする段積ストック装置。

請求項2

請求項1に記載の段積ストック装置であって、架台と、架台の相対する2位置のそれぞれにピンを介して枢支されてなる一対の爪とを有し、爪は、リフト装置により持ち上げられるワークに下方から押し上げられてワーク支持位置から上記ピンを軸に回転し、ワークが該爪を通過した後にはワーク支持位置に復帰して段積状態となるワークを支持可能とする段積ストック装置。

請求項3

請求項1に記載の段積ストック装置であって、架台と、架台の相対する2位置のそれぞれに設けた長孔にピンを介して枢支されてなる一対の爪と、架台に設けられて各爪をワーク支持位置に保持するストッパと、架台と各爪との間に介装され、各爪を長孔の上端側に、かつストッパに衝合する側に弾発するばねとを有してなる段積ストック装置。

技術分野

0001

本発明は軽量型鋼等のワークのための段積ストック装置に関する。

背景技術

0002

従来、段積ストック装置においては、ワークを搬入する手段としてクレーンを用いている。ところが、段積ストック装置では、ワークを取出すためのワーク取出装置が上方に配置されており、ワークを搬入するクレーンとワーク取出装置との干渉を回避するため、クレーンの作動範囲制約がある。

発明が解決しようとする課題

0003

従来技術では、ワーク搬入クレーンとワーク取出装置とがともに段積ストック装置の上方にあり、両者の干渉を回避する必要があることから、ワークの搬入とワークの取出しとを並行して行なうことができず、搬入と取出しの生産性を向上することに限界がある。

0004

本発明の課題は、段積ストック装置において、簡素な構成により、複数のロットを順に下方から搬入し、上方から取出し、搬入と取出しの生産性を向上することにある。

課題を解決するための手段

0005

請求項1に記載の本発明は、リフト装置により持ち上げられるワークを下方から順に搬入してストックし、上方から取出し可能としてなる段積ストック装置であって、先積ワークの下面を後積ワークにより押し上げることにより、先後のワークを積み上げ可能とするようにしたものである。

0006

請求項2に記載の本発明は、請求項1に記載の段積ストック装置であって、架台と、架台の相対する2位置のそれぞれにピンを介して枢支されてなる一対の爪とを有し、爪は、リフト装置により持ち上げられるワークに下方から押し上げられてワーク支持位置から上記ピンを軸に回転し、ワークが該爪を通過した後にはワーク支持位置に復帰して段積状態となるワークを支持可能とするようにしたものである。

0007

請求項3に記載の本発明は、請求項1に記載の段積ストック装置であって、架台と、架台の相対する2位置のそれぞれに設けた長孔にピンを介して枢支されてなる一対の爪と、架台に設けられて各爪をワーク支持位置に保持するストッパと、架台と各爪との間に介装され、各爪を長孔の上端側に、かつストッパに衝合する側に弾発するばねとを有してなるようにしたものである。

0008

請求項1の本発明によれば下記の作用がある。
先後のワークを段積ストック装置の下方から順に搬入してストックし、上方から取出しできる。従って、ワークを取出すために段積ストック装置の上方に配置されたワーク取出装置が、段積ストック装置の下方のワーク搬入装置に何ら干渉することがない。従って、ワークの搬入と取出しとを並行して行なうことができ、搬入と取出しの生産性を向上できる。

0009

請求項2の本発明によれば下記の作用がある。
段積ストック装置は、架台の相対する2位置のそれぞれに設けた一対の爪を、ワーク支持位置とワーク通過位置との間で回転させることにより、簡素な構成により、先後のワークを下方から順に搬入してストックできる。

0010

請求項3の本発明によれば下記、の作用がある。
複数のロットを順に搬入するに際し、後積ロットのワークが下方から爪と先積ロットを押し上げていくとき、爪のピンは先積ロットの重みで長孔を下方へ移動する。これにより、爪がワーク通過位置に達して爪の先端が先積ロットのワークから外れる押し上げ上端レベルは、上述の長孔の存在による下方への移動分(図12のH)だけ低位となり、結果として、この爪の先端が外れた後の先積ロットの後積ロット上への落下距離減縮できる。これにより、ワークへの衝撃を小さく、ワークの荷崩れも防止できる。

0011

上記により、爪を駆動装置駆動源を用いることなく、ワーク支持位置から回避でき、しかも先積ロットの後積ロット上への落下距離を減縮できる。これにより、後積ロットで先積ロットを押し上げるだけで、ワークをスムースに下方から搬入してストックし、その後上方から取出しできる。

発明を実施するための最良の形態

0012

図1はワークとそのロットを示す端面図図2は複数のロットの段積状態を示す端面図、図3は段積ストック装置の全体構成を示す正面図、図4図3の要部を取出して示す正面図、図5は先積ロットのワーク搬入状態を示す正面図、図6は先積ロットのワーク持ち上げ開始状態を示す正面図、図7は先積ロットのワーク持ち上げ中間状態を示す正面図、図8は先積ロットのワーク持ち上げ完了状態を示す正面図、図9は後積ロットのワーク搬入状態を示す正面図、図10は後積ロットのワーク持ち上げ開始状態を示す正面図、図11は後積ロットのワーク持ち上げ中間状態を示す正面図、図12は後積ロットのワーク持ち上げ通過直前状態を示す正面図、図13は後積ロットのワーク持ち上げ完了状態を示す正面図である。

0013

段積ストック装置10は、例えば、図1図2に示す如く、同一サイズの軽量C型鋼をワーク1とし、2個のワーク1を上向きと下向きに互い重ねとした組の複数組をまとめたものをロット2とし、複数のロット2を段積状態でストックするものである。

0014

段積ストック装置10は、図3に示す如く、ワーク搬入台車11とワーク取出装置12を付帯的に備える。ワーク1のロット2は、台車11に積載されると、上位生産データに基づく生産支持により、多数の並列配置されている13の中から予め設定されている棚13の位置まで自動搬送され、その後、台車11のリフト装置11Aにより持ち上げられて下方から棚13に搬入されてストックされ、更に、取出装置12の吸着装置12Aにより棚13の上方から取出し可能とされる。

0015

このとき、段積ストック装置10の各棚13は、図4に示す如く、架台21と爪22とストッパ23とばね24とを有して構成されている。即ち、段積ストック装置10は、架台21の相対する2位置のそれぞれに設けた斜め状長孔21Aに、ピン22Aを介して回転自在に枢支されてなる左右一対の爪22と、架台21に設けられて各爪22を水平なワーク支持位置に保持するストッパ23とを有する。更に、段積ストック装置10は、架台21と各爪22との間にばね24を介装し、このばね24により、各爪22を長穴21Aの上端側に、かつストッパ23に衝合する側に弾発することとしている。尚、段積ストック装置10にあっては、ワーク1の長手方向の複数位置に対応する位置のそれぞれに、上述の左右一対の爪22を備える。

0016

以下、段積ストック装置10によるワーク1のストック動作について説明する。
(A) 先積ロット2Aのストック動作(図5図8
(1) 先積ロット2Aはリフト装置11Aにより持ち上げられ、水平なワーク支持位置にセットされている左右の爪22を押し上げ、それら爪22を上方へ拡開回転せしめる(図5図6)。左右の爪22がロット2Aの最上段ワーク1の通過によりワーク通過位置に達すると、ロット2Aは爪22の内側をその上方まで持ち上げられる(図7)。

0017

(2) 先積ロット2Aの最下段ワーク1が、左右の爪22の内側を通過しきると、爪22はばね24により水平のワーク支持位置に戻り設定される。これにより、リフト装置11Aが下降すると、先積ロット2Aはワーク支持位置にある左右の爪22に預けられ、ストックされる(図8)。

0018

(B)後積ロット2Bのストック動作(図9図13
(1)後積ロット2Bがリフト装置11Aにより持ち上げられると、左右の爪22も水平なワーク支持位置から押し上げられ、上方へ拡開回転せしめられるが、同時に、爪22上の先積ロット2Aも該爪22の先端部の上昇軌跡に乗って一緒に持ち上げられる(図9図10)。

0019

(2)後積ロット2Bが爪22と先積ロット2Aを押し上げると、爪22上の段積状態にあるロットの重みにより爪22に下向き力が作用し、爪22は後積ロット2Bの両側角部との接点支点として回転しようとするが、爪22のピン22Aの長孔21Aは斜めになっているため、爪22は動かない。更に、後積ロット2Bが爪22と先積ロット2Aを押し上げると、爪22は両側外方に開き、この爪22の立ち上がり傾斜角度が水平に対し45度近くになると、爪22に作用する上述の下向き力と、回転支点としての後積ロット2Bの角部との距離Lが短くなり、爪22は回転する力より下方へ滑り落ちる力が大きくなり、長孔21Aに沿って斜め下方滑り移動することとなる。即ち、爪22が上方に約45度まで回転すると、爪22上の先積ロット2Aの重みが爪22のピン22Aを下方へ押し下げようとするため、爪22のピン22Aは長穴21Aを下方へ高さHだけ滑って移動する(図11図12)。このとき、爪22が支持している先積ロット2A移押し上げ上端レベルが上述の移動分Hだけ低位となるように変位する。

0020

(3)リフト装置11Aが後積ロット2Bを更に持ち上げると、爪22は更に拡開回転し、爪22がワーク通過位置に達すると、爪22の先端部が先積ロット2Aの最下段ワーク1から外れる。これにより、先積ロット2Aは後積ロット2Bの上へと落下して移載される。このとき、先積ロット2Aの後積ロット2B上への落下距離は、前述の爪22による先積ロット2Aの押し上げ上端レベルの低位化分だけ減縮され、落下の衝撃を緩和するものとなる。

0021

(4)以後、リフト装置11Aが後積ロット2Bを更に持ち上げ、後積ロット2Bの最下段ワーク1が左右の爪22の内側を通過しきると、爪22はばね24により水平のワーク支持位置に戻り設定される。これにより、リフト装置11Aが下降すると、後積ロット2Bはワーク支持位置にある左右の爪22に預けられ、ストックされる(図13)。このとき、爪22のピン22Aはばね24により長孔21Aの上端に復帰設定せしめられる。

0022

従って、本実施形態によれば以下の作用がある。
先後のロット2A、2Bを段積ストック装置10の下方から順に搬入してストックし、上方から取出しできる。従って、ワーク1を取出すために段積ストック装置10の上方に配置されたワーク取出装置12が、段積ストック装置10の下方のワーク搬入台車11に何ら干渉することがない。従って、ワーク1の搬入と取出しとを並行して行なうことができ、搬入と取出しの生産性を向上できる。

0023

段積ストック装置10は、架台21の相対する2位置のそれぞれに設けた一対の爪22を、ワーク支持位置とワーク通過位置との間で回転させることにより、簡素な構成により、先後のロット2A、2Bを下方から順に搬入してストックできる。

0024

複数のロット2を順に搬入するに際し、後積ロット2Bのワーク1が下方から爪22と先積ロット2Aを押し上げていくとき、爪22のピン22Aは先積ロット2Aの重みで長孔21Aを下方へ移動する。これにより、爪22がワーク通過位置に達して爪22の先端が先積ロット2Aのワーク1から外れる押し上げ上端レベルは、上述の長孔21Aの存在による下方への移動分(図12のH)だけ低位となり、結果として、この爪22の先端が外れた後の先積ロット2Aの後積ロット2B上への落下距離を減縮できる。これにより、ワーク1への衝撃を小さく、ワーク1の荷崩れも防止できる。

0025

上記により、爪22を駆動装置、駆動源を用いることなく、ワーク支持位置から回避でき、しかも先積ロット2Aの後積ロット2B上への落下距離を減縮できる。これにより、後積ロット2Bで先積ロット2Aを押し上げるだけで、ワーク1をスムースに下方から搬入してストックし、その後上方から取出しできる。

0026

また、段積ストック装置10は、複数のロット2A、2Bをストックでき、ストック量を増すことができる。

0027

また、段積ストック装置10にあっては、ロット2A、2Bを下方から搬入し上方から取出すことができ、搬入作業取出し作業を並行して行なうことができ、生産性を向上できる。

0028

また、段積ストック装置10にあっては、上位生産データに基づく生産指示によるロット2A、2Bの棚13への搬入、取出しを完全自動化でき、棚13でのワーク1の在庫管理まで行なうことができる。

0029

以上、本発明の実施の形態を図面により詳述したが、本発明の具体的な構成はこの実施の形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計の変更等があっても本発明に含まれる。

発明の効果

0030

以上のように本発明によれば、段積ストック装置において、簡素な構成により、複数のロットを順に下方から搬入し、上方から取出し、搬入と取出しの生産性を向上することができる。

図面の簡単な説明

0031

図1図1はワークとそのロットを示す端面図である。
図2図2は複数のロットの段積状態を示す端面図である。
図3図3は段積ストック装置の全体構成を示す正面図である。
図4図4図3の要部を取出して示す正面図である。
図5図5は先積ロットのワーク搬入状態を示す正面図である。
図6図6は先積ロットのワーク持ち上げ開始状態を示す正面図である。
図7図7は先積ロットのワーク持ち上げ中間状態を示す正面図である。
図8図8は先積ロットのワーク持ち上げ完了状態を示す正面図である。
図9図9は後積ロットのワーク搬入状態を示す正面図である。
図10図10は後積ロットのワーク持ち上げ開始状態を示す正面図である。
図11図11は後積ロットのワーク持ち上げ中間状態を示す正面図である。
図12図12は後積ロットのワーク持ち上げ通過直前状態を示す正面図である。
図13図13は後積ロットのワーク持ち上げ完了状態を示す正面図である。

--

0032

1 ワーク
2、2A、2Bロット
10段積ストック装置
11Aリフト装置
21架台
21A長孔
22 爪
22Aピン
23ストッパ
24 ばね

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • トヨタ紡織株式会社の「 スペーサ」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】スペーサの機能性を高めること。【解決手段】スペーサ10は、ケース本体12、ケース本体12に設けられた第1磁石51、ケース本体12に設けられ、第1磁石51の両磁極面を挟む一対のヨーク54を備える... 詳細

  • 株式会社石野製作所の「 トレイ取扱装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】本願は、既に普及している食品流通用のトレイを取り扱い可能なトレイ取扱装置を開示する。【解決手段】食品が嵌る凹部が上面に配列されているトレイを取り扱うトレイ取扱装置であって、食品が凹部に嵌った状... 詳細

  • 富士電機株式会社の「 搬送装置」が 公開されました。( 2020/09/17)

    【課題】搬送元となる第1の容器を交換する時間によって、搬送先となる第2の容器への物品の搬送時間が長くなることを抑制できるようにすること。【解決手段】搬送装置(1)は、製品番重(T1)に収容された複数の... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ