図面 (/)

技術 通信システムと端末に組み合わせた、遠隔用途アクセス用ICカ—ドと、ICカ—ドによる遠隔用途アクセス方法

出願人 アルカテル-ルーセント
発明者 フランシス・ピノー
出願日 1999年9月17日 (20年6ヶ月経過) 出願番号 1999-263541
公開日 2000年6月16日 (19年9ヶ月経過) 公開番号 2000-165472
状態 特許登録済
技術分野 デジタルマーク記録担体 電話機の回路等 通信制御 電話機の機能
主要キーワード 作動ステップ 優先基準 有線電話端末 各通信モード 移動体システム デジタルコードレス 有線通信システム 交換情報
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年6月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

任意の端末から遠隔用途に簡単にアクセスできるICカードと、このICカードによる遠隔用途へのアクセス方法とを提供する。

解決手段

少なくとも1つの通信モードを使用し且つICカードに適合する読み取り装置(5)を備えた任意の通信端末(3)を介して、所定のサーバ(4)の選択された少なくとも1つの用途にユーザがアクセスできるようにするためのICカード(1)であって、端末(3)が使用する少なくとも1つの通信モードと少なくとも1つの選択した用途とに特有パラメータセットの記憶手段(6)と、ICカードを挿入する端末(3)で使用可能な少なくとも1つの通信モードの認識手段(7)と、端末が認識した通信モードと選択した用途とに対応するパラメータセットの選択手段(9)と、選択した用途への端末からのアクセスを可能にするために選択したパラメータセットを伝送する手段(11)とを含む。

概要

背景

サービスの改善をめざして、ますます多くの企業が、顧客に対して遠隔用途の使用を可能にし、それによって顧客が、たとえば企業の提案、その製品および価格を容易に調べるとともに様々な取引を実施できるようにしている。かくして顧客は、たとえばインターネット網へのアクセスモデムを備えたマイクロコンピュータや「ミニテル(Minitel)」という名称で知られたビデオテックス端末のような各種の端末を介して、銀行から利用提供される用途に関して口座残高を調べて振り替えをしたり、あるいは旅行代理店時刻表空席を調べて列車または飛行機チケット注文したりすることができる。

このような状況は、ユーザにとっては、いささかまごつくものである。というのも各端末に対して、電話番号、IP(「インターネットプロトコル」)アドレスその他の多数のパラメータを端末に知らせ且つ供給しなければならないので、特に複数の異なる用途にアクセスしたい場合には混乱を招くことがあるからである。

事実、マイクロコンピュータを使用する場合、選択された用途に対して例えば移動電話またはミニテルなどを用いた場合と同様にアクセスすることはない。

概要

任意の端末から遠隔用途に簡単にアクセスできるICカードと、このICカードによる遠隔用途へのアクセス方法とを提供する。

少なくとも1つの通信モードを使用し且つICカードに適合する読み取り装置(5)を備えた任意の通信端末(3)を介して、所定のサーバ(4)の選択された少なくとも1つの用途にユーザがアクセスできるようにするためのICカード(1)であって、端末(3)が使用する少なくとも1つの通信モードと少なくとも1つの選択した用途とに特有パラメータセットの記憶手段(6)と、ICカードを挿入する端末(3)で使用可能な少なくとも1つの通信モードの認識手段(7)と、端末が認識した通信モードと選択した用途とに対応するパラメータセットの選択手段(9)と、選択した用途への端末からのアクセスを可能にするために選択したパラメータセットを伝送する手段(11)とを含む。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも1つの通信モードを使用し且つICカード適合する読み取り装置(5)を備えた任意の通信端末(3)を介して、所定のサーバ(4)の選択された少なくとも1つの用途にユーザがアクセスできるようにするためのICカード(1)であって、前記端末(3)が使用する前記少なくとも1つの通信モードと前記少なくとも1つの選択された用途とに特有パラメータセットの記憶手段(6)と、ICカードを挿入する前記端末(3)で使用可能な前記少なくとも1つの通信モードの認識手段(7)と、前記記憶手段(6)および前記認識手段(7)に接続され、前記端末が認識した通信モードと前記選択された用途とに対応するパラメータセットの選択手段(9)と、選択された用途への前記端末(3)からのアクセスを可能にするために前記端末(3)に選択したパラメータセットを伝送する手段(11)とを含むICカード(1)。

請求項2

各パラメータセットが、アドレスと、プロトコルタイプと、プロトコルパラメータと、安全性および前記選択された用途へのアクセス権に関するデータとを含み、各パラメータセットのアドレスおよびプロトコルタイプが、端末(3)の使用可能な通信モードの1つに適合することを特徴とする請求項1に記載のICカード。

請求項3

前記端末(3)が、複数の使用可能な通信モードを有し、さらに、前記選択手段(9)に接続された、優先基準の記憶手段(10)を含むことを特徴とする請求項1または2に記載のICカード。

請求項4

前記優先基準が、通信モードの最大伝送速度、前記サーバと交換される情報の品質、所定の通信モードに対する端末(3)とサーバ(4)との通信費用といった群に含まれる基準であることを特徴とする請求項3に記載のICカード。

請求項5

記憶手段(6)が、2つの異なる用途にそれぞれ対応する少なくとも2つのパラメータセットを含むことを特徴とする請求項1から4のいずれか一項に記載のICカード。

請求項6

少なくとも1つの通信モードを使用し、請求項1から5のいずれか一項に記載のICカード(1)に適合する読み取り装置(5)を備え、使用可能な各通信モードアイデンティティをICカード(1)の前記認識手段(7)に供給する手段(13)と、前記伝送手段(11)により送られるパラメータセットの回収手段(15)と、前記選択された用途へのアクセスを設定するために伝送されるこのパラメータセットの利用手段(17)とを含む通信端末。

請求項7

有線電話端末セルラー電話端末、無線電話端末マイクロコンピュータといった群のタイプの端末(3)であることを特徴とする請求項6に記載の端末。

請求項8

請求項1から5のいずれか一項に記載の少なくとも1つのICカード(1)と、請求項6または7に記載の少なくとも1つの端末(3)と、少なくとも1つの用途を持つ少なくとも1つのサーバ(4)とを含むことを特徴とする通信システム

請求項9

少なくとも1つの通信モードを使用し且つICカードに適合する読み取り装置(5)を備えた任意の通信端末(3)を介して所定のサーバ(4)の選択された少なくとも1つの用途にユーザがアクセスできるようにし、前記端末が使用可能な前記少なくとも1つの通信モードと前記少なくとも1つの選択される用途とに特有のパラメータセットの記憶ステップ(30)と、ICカードを挿入する前記端末が使用可能な前記少なくとも1つの通信モードの認識ステップ(32)と、前記端末が認識した通信モードと前記少なくとも1つの選択された用途とに対応するパラメータセットの選択ステップ(34)と、選択された用途への前記端末からのアクセスを可能にするために前記端末に選択されたパラメータセットを伝送するステップ(36)とを含む方法。

請求項10

記憶された各パラメータセットが、アドレスと、プロトコルタイプと、プロトコルのパラメータと、安全性および前記選択された用途へのアクセス権に関するデータとを含み、各パラメータセットのアドレスおよびプロトコルタイプが、前記端末で使用可能なただ1つの通信モードに適合することを特徴とする請求項9に記載の方法。

請求項11

前記端末(3)が、複数の通信モードを使用可能であり、認識される通信モードの内の1つの通信モードの選択ステップ(34)の際に、優先基準を考慮に入れることを特徴とする請求項9または10に記載の方法。

請求項12

前記優先基準が、通信モードの最大伝送速度、前記サーバと交換される情報の品質、所定の通信モードに対する端末とサーバとの通信費用といった群に含まれる基準であることを特徴とする請求項11に記載の方法。

請求項13

パラメータセットが、選択された用途のサーバ(4)からダウンロードされることを特徴とする請求項9から12のいずれか一項に記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、遠隔用途へのアクセスを可能にするICチップと、このICチップに組み合わされる端末および通信ステムと、このICチップにより遠隔用途へアクセスするための方法とに関する。

0002

より一般的には、本発明の領域は、有線通信システム、たとえばGSM(「グローバル移動体システム」)型のセルラー通信システム、たとえばDECT(「欧州デジタルコードレス通信」)型またはCTS(「コードレス電話システム」)型の無線電話システム、または、たとえばインターネット網へのアクセスを可能にする多機能モデム等を装備したマイクロコンピュータなどの通信システムの領域である。

背景技術

0003

サービスの改善をめざして、ますます多くの企業が、顧客に対して遠隔用途の使用を可能にし、それによって顧客が、たとえば企業の提案、その製品および価格を容易に調べるとともに様々な取引を実施できるようにしている。かくして顧客は、たとえばインターネット網へのアクセスモデムを備えたマイクロコンピュータや「ミニテル(Minitel)」という名称で知られたビデオテックス端末のような各種の端末を介して、銀行から利用提供される用途に関して口座残高を調べて振り替えをしたり、あるいは旅行代理店時刻表空席を調べて列車または飛行機チケット注文したりすることができる。

0004

このような状況は、ユーザにとっては、いささかまごつくものである。というのも各端末に対して、電話番号、IP(「インターネットプロトコル」)アドレスその他の多数のパラメータを端末に知らせ且つ供給しなければならないので、特に複数の異なる用途にアクセスしたい場合には混乱を招くことがあるからである。

0005

事実、マイクロコンピュータを使用する場合、選択された用途に対して例えば移動電話またはミニテルなどを用いた場合と同様にアクセスすることはない。

発明が解決しようとする課題

0006

本発明は、ユーザに対して任意の端末から遠隔用途へのアクセスを簡略化することをめざすものである。

課題を解決するための手段

0007

このため、本発明は、少なくとも1つの通信モードを使用し且つICカード適合する読み取り装置を備えた任意の通信端末を介して、所定のサーバの選択された少なくとも1つの用途にユーザがアクセスできるようにするためのICカードを目的とし、このICカードが、前記端末が使用する前記少なくとも1つの通信モードと前記少なくとも1つの選択された用途とに特有パラメータセットの記憶手段と、ICカードを挿入する前記端末で使用可能な前記少なくとも1つの通信モードの認識手段と、前記記憶手段および前記認識手段に接続され、前記端末が認識した通信モードと前記選択された用途とに対応するパラメータセットの選択手段と、選択された用途への前記端末からのアクセスを可能にするために、前記端末に選択したパラメータセットを伝送する手段とを含むことを特徴とする。

0008

本発明によるICカードは、1つまたは複数の以下の特徴を含むことができる。

0009

− 各パラメータセットが、アドレスと、プロトコルタイプと、プロトコルのパラメータと、安全性および前記選択された用途へのアクセス権に関するデータとを含み、各パラメータセットのアドレスおよびプロトコルタイプが、端末の使用可能な通信モードのうちの1つに適合する。

0010

前記端末が、使用可能な複数の通信モードを有する場合、カードはさらに、前記選択手段に接続された、優先基準の記憶手段を含む。

0011

前記優先基準が、通信モードの最大伝送速度、前記サーバと交換される情報の品質、所定の通信モードに対する端末とサーバとの通信費用といった群に含まれる基準である。

0012

記憶手段が、2つの異なる用途にそれぞれ対応する少なくとも2つのパラメータセットを含む。

0013

本発明はさらに、少なくとも1つの通信モードを使用し、上記のようなICカードに適合する読み取り装置を備え、使用可能な各通信モードアイデンティティをICカードの前記認識手段に供給する手段と、前記伝送手段により送られるパラメータセットの回収手段と、前記選択された用途へのアクセスを設定するために伝送されるこのパラメータセットの利用手段とを含む通信端末を目的とする。

0014

別の特徴によれば、端末は、有線電話端末セルラー電話端末、無線電話端末、マイクロコンピュータといった群のタイプの端末である。

0015

本発明はさらに、上記のような少なくとも1つのICカードと、上記のような少なくとも1つの端末と、少なくとも1つの用途をもつ少なくとも1つのサーバとを含む通信システムを目的とする。

0016

本発明はまた、少なくとも1つの通信モードを使用し且つICカードに適合する読み取り装置を備えた任意の端末を介して、所定のサーバの選択された少なくとも1つの用途にユーザがアクセスできるようにする方法を目的とし、この方法は、前記端末が使用可能な前記少なくとも1つの通信モードと前記少なくとも1つの選択される用途とに特有のパラメータセットの記憶ステップと、ICカードを挿入する前記端末で使用可能な前記少なくとも1つの通信モードの認識ステップと、前記端末が認識した通信モードと前記少なくとも1つの選択された用途とに対応するパラメータセットの選択ステップと、選択された用途への前記端末からのアクセスを可能にするために、前記端末に選択したパラメータセットを伝送するステップとを含むことを特徴とする。

0017

本発明による方法はさらに、1つまたは複数の以下の特徴を含むことができる。

0018

記憶された各パラメータセットが、アドレスと、プロトコルタイプと、プロトコルのパラメータと、安全性および前記選択された用途へのアクセス権に関するデータとを含み、各パラメータセットのアドレスおよびプロトコルタイプが、端末で使用可能なただ1つの通信モードに適合する。

0019

前記端末が、複数の通信モードを使用可能である場合、認識される通信モードの内の1つの通信モードの選択ステップの際に、優先基準を考慮に入れる。

0020

前記優先基準が、通信モードの最大伝送速度、前記サーバと交換される情報の品質、所定の通信モードに対する端末とサーバとの通信費用といった群に含まれる基準である。

0021

パラメータセットが、選択された用途のサーバからダウンロードされる。

0022

本発明の他の特徴および長所は、添付図に関して限定的ではなく例としてあげられた以下の説明により明らかになるだろう。

発明を実施するための最良の形態

0023

図1は、本発明による通信システムのブロック図を示す。この通信システムは、ICカード1、端末3、サーバ4を含む。

0024

ICカード1は、サーバ4との少なくとも1つの通信モードを使用し且つICカードに適合する読み取り装置5を備えた通信端末3を介して、サーバ4の選択された少なくとも1つの用途にユーザがアクセスできるように構成されている。

0025

通信端末3は、有線電話端末、セルラー電話端末、無線電話端末、またはマイクロコンピュータとすることができるという意味で、任意の端末である。従ってカードは、様々な群の端末と共に使用できる。

0026

選択された用途にユーザがアクセスできる異なる全ての端末で、特徴が共通であり、これらの端末は、少なくとも1つ、さらには複数の通信モードを使用可能であって、全てがICカード1のために適合する読み取り装置5を備えている。

0027

ICカード1は、前記端末3により使用される前記少なくとも1つの通信モードと選択される用途とに特有のパラメータセットの記憶手段6を含む。各パラメータセットは、たとえばアドレスと、プロトコルタイプと、プロトコルのパラメータと、安全性および前記選択された用途へのアクセス権に関するデータとを含む。もちろん、各パラメータセットのアドレスおよびプロトコルタイプが、様々な群の端末により使用可能な1つの通信モードに適合する。

0028

ICカード1が、異なる複数の用途へのアクセスを可能にする場合、少なくとも1つ、好適には複数のパラメータセットが、各用途のための記憶手段6で記憶される。

0029

カード1はまた、カードが挿入される前記端末3が使用可能な1つまたは複数の通信モードの認識手段7を含む。

0030

さらにカード1は、前記端末が認識した通信モードと、前記選択される用途とに対応して記憶されたパラメータセットの選択手段9を含み、この手段9は、手段6、7に接続されている。

0031

選択手段9はさらに、選択時に考慮される優先基準の記憶手段10に接続される。このような優先基準は特に、カードを挿入する端末が、後述するように複数の通信モードを使用可能である場合に特に有効である。

0032

優先基準は、端末の通信モードの最大伝送速度、前記サーバと交換される情報の品質、あるいはまた所定の通信モードのための端末とサーバとの間の通信費用とすることができる。

0033

選択手段9の出力は、前記端末で選択されたパラメータセットの伝送手段11に接続されて、選択された用途への前記端末からのアクセスを可能にする。

0034

端末3の読み取り装置5はまた、前記端末が使用可能な各通信モードのアイデンティティをICカード1の前記認識手段7に供給する手段13と、前記伝送手段から送られるパラメータセットの回収手段15とを含む。

0035

回収手段15の出力は、伝送手段11から送られるパラメータセットの利用手段17に接続され、サーバ4の前記選択された用途へのアクセスを設定する。通信システムは、図2フローチャートとして示した本発明の方法に従って作動する。

0036

ユーザが、様々な群の1つの端末3を介してサーバ4の選択された1つまたは複数の用途にアクセスできるようにするために、通信モードと1つまたは複数の選択された用途とに特有の少なくとも1つ、好適には複数のパラメータセットを記憶ステップ30で記憶手段6に記憶する。このような記憶ステップは、たとえばアクセスを許可してICカード1を発行する会社が実施してもよいし、あるいはダウンロードによって実施してもよい。

0037

パラメータセットが記憶手段6に記憶されると、本発明によるICカード1が使えるようになる。

0038

次に、端末3にICカード1を挿入する。認識ステップ32では、端末の手段13が、端末が使用できる通信モードを認識手段7に供給する。

0039

次いで選択ステップ34では、前記端末が認識する1個の通信モードと、選択された用途とに対応するパラメータセットを選択する。このような選択は、記憶手段10に記憶された優先基準を考慮しながら行われ、たとえば大量の交換情報量を有する。

0040

さらに伝送ステップ36で、伝送手段11が前記端末3に選択されたパラメータセットを伝送し、後の作動ステップ38で前記端末3から、選択された用途へのアクセスを作動可能にする。

0041

このため、回収手段15が選択されたパラメータセットを回収し、これを端末3の利用手段17に転送する。

0042

従って、本発明による通信システムおよびその方法は、サーバの選択された遠隔用途に対するユーザのアクセスを著しく単純化することができる。実際、同じ用途にアクセスする場合、ユーザは、各種の端末に関係なく利用することができる。ユーザにとって、選択される用途へのアクセスは明快である。

0043

しかも、アイデンティティ供給手段13を介して使用可能な通信モードを端末3が供給するカード1と端末3との間の最初のネゴシエーションにより、選んだ用途に対して最も適切な通信モードを選択できる。

0044

かくして、たとえば口座の残高を調べる用途の場合、インターネット網を介して通信を行う必要はない。SMSサービス(「ショートメッセージサービス」)を介した短いメッセージによる情報交換で十分であり且つ安価である。

図面の簡単な説明

0045

図1本発明による通信システムのブロック図である。
図2本発明による方法を示すステップのフローチャートである。

--

0046

1ICカード
3端末
4サーバ
5読み取り装置
6パラメータセットの記憶手段
7通信モードの認識手段
9 パラメータセットの選択手段
10優先基準の記憶手段
11 パラメータセットの伝送手段
13アイデンティティ供給手段
15 パラメータセットの回収手段
17 パラメータセットの利用手段
30パラメータの記憶ステップ
32 通信モードの認識ステップ
34 パラメータセットの選択ステップ
36 パラメータセットの伝送ステップ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ