図面 (/)

技術 たこ焼に足が8本作れる様にした、たこ焼用器具

出願人 稲澤知寿子
発明者 稲澤知寿子
出願日 1998年11月27日 (22年2ヶ月経過) 出願番号 1998-375690
公開日 2000年6月13日 (20年8ヶ月経過) 公開番号 2000-157422
状態 未査定
技術分野 ベイキング用装置 ベイキング、グリル、ロースティング
主要キーワード 一口サイズ 粘性流体 見た目 シャフト カラー 小麦粉
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年6月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

球状形のたこ焼に、8本の足を付けて、たこの姿をする事により、見た目をかわいくし、食感をそそり、食べやすくすることを課題とした。

構成

この発明は、上記の課題を解決する為に、8本足が作れるたこ焼用型(1)に、それを固定する固定用カラー(5)を設けて、シャフト(2)に(3)のバネをつける。それを従来のたこ焼用鉄板にはめ込み、ストッパー(4)を取り外すと、バネの力により、(1)が左右に開く事で、前記課題を解決した。

概要

背景

概要

球状形のたこ焼に、8本の足を付けて、たこの姿をする事により、見た目をかわいくし、食感をそそり、食べやすくすることを課題とした。

この発明は、上記の課題を解決する為に、8本足が作れるたこ焼用型(1)に、それを固定する固定用カラー(5)を設けて、シャフト(2)に(3)のバネをつける。それを従来のたこ焼用鉄板にはめ込み、ストッパー(4)を取り外すと、バネの力により、(1)が左右に開く事で、前記課題を解決した。

目的

しかしながら、上記の様な従来の技術において、たこ焼は、単なる球状であり面白味に欠け食欲をそそるものが無かった。本発明は、球状形に足を付けて、たこの姿をする事により見た目をかわいくし食感をそそり、食べやすくする事を課題とした。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

8本足が作れるたこ焼用型(1)に、固定用カラー(5)を設けて(2)にバネを付け(4)で固定し、従来のたこ焼用鉄板はめ込むストッパー(4)を取り外すとバネの力で(1)が左右に開く事を特徴とする、たこ焼用器具

技術分野

0001

この発明は、たこ焼を作る時、従来のたこ焼用鉄板を使用して、具材含有粘性流体小麦粉等による生地)を流し込み、焼き上がった姿が、8本足のたこの姿に出来る、たこ焼用器具に関するものである。

0002

たこ焼は、たこ焼用鉄板に、具材含有粘性流体(小麦粉等による生地)を流し込み、それを針状のもので、回転させ、球状形に焼き上げていた。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、上記の様な従来の技術において、たこ焼は、単なる球状であり面白味に欠け食欲をそそるものが無かった。本発明は、球状形に足を付けて、たこの姿をする事により見た目をかわいくし食感をそそり、食べやすくする事を課題とした。

0004

その為に、本発明では、8本足が作れるたこ焼用型(1)に、それを固定する固定用カラー(5)を設けて、従来のたこ焼用鉄板にはめ込み、ストッパーを取り外すと、バネの力により、(1)が左右に開く事で前期課題を解決した。

発明を実施するための最良の形態

0005

以下、本発明の実施形態を説明する。8本足が作れるたこ焼用型(1)に固定用カラー(5)を設けて、ストッパー(4)を取り外すと、バネの力で、(1)が左右に開く様にする。本発明は以上の構成よりなりたっている。本発明を使用する時は、次のようにして、使用する。
(1)従来のたこ焼用鉄板(6)に、本発明の8本足が作れるたこ焼用器具をはめ込む
(2)(1)にて、具材含有粘性流体(小麦粉等による生地)を流し込むと、(8)を通して(1)と(6)の間に流れ込み、たこの足となる。
(3)(2)にて、従来の焼き方で、たこの頭となる部分を回転させ、頭と足をつなげてそのままで焼く
(4)(3)にて、焼き上がったら、(4)を取り外し、(1)を開き、(6)から(7)を取り外す。取り外したら8本足の付いたたこ焼が出来る。尚、(1)の型の足の本数を変える事で、イカ焼等も作れる。

発明の効果

0006

以上の様に、この発明のたこ焼用器具を使用する事により、球状だけだったたこ焼が、足が付いて、たこの姿になり、見ためがかわいく、食感をそそり、たこの頭の部分が小さ〈なり、一口サイズになる為、子供にも食べやす〈なる。

図面の簡単な説明

0007

図1本発明の上面図.下面図.側面図.正面図.後面図である。
図2本発明の斜視図1.斜視図2である。
斜視図1・・・本発明の閉じた状態斜視図2・・・本発明の開いた状態

--

0008

(1)8本足が作られるたこ焼用型
(2)シャフト
(3)バネ
(4)ストッパー
(5)(1)の固定用カラー
(6)従来のたこ焼用鉄板
(7)本発明の完成品
(8)貫通穴

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社マスダックの「 焼成板の拭き処理装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】循環走行する焼成板の生地搭載面に対向し、焼成板の走行方向の上流側と下流側に離隔して配置される複数の拭き処理部を、焼成板の走行方向と直交する方向に移動させることで効率よく焼成板の粕取り及び/又は... 詳細

  • 小金肇の「 食材加熱装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】串焼き等の食材を加熱する装置で熱源として炭火を用いる場合であっても、熟練を要することなく串焼き材料を均一に加熱する。【解決手段】食材82を刺した串81の端部を保持する串保持具20と、串保持具2... 詳細

  • 大野精工株式会社の「 棒付き菓子体の冷却装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】各層が同心状のバームクーヘンを容易に製造可能な棒付き菓子体の冷却装置を提供する。【解決手段】本発明の棒付き菓子体の冷却装置は、軸心Oが水平方向になるように一端部3a及び他端部3bのみで棒付き菓... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ