図面 (/)

技術 光学活性γ−ラクトンの製造方法

出願人 豊玉香料株式会社
発明者 松村康史府川秀道千葉三男遠藤照子
出願日 1998年11月11日 (22年3ヶ月経過) 出願番号 1998-320935
公開日 2000年5月23日 (20年8ヶ月経過) 公開番号 2000-139493
状態 特許登録済
技術分野 微生物による化合物の製造 フラン系化合物
主要キーワード 香粧品香料 シールドチューブ 食品香料 ドデカラクトン アシル供与体 モノエステル体 ジャスモラクトン ジカルボン酸モノエステル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年5月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

光学活性なγ−ラクトン類を安価で、簡便に製造する。

解決手段

ラセミ体ハイドロキシアミド原料とし、有機溶媒中、アシル供与体存在下で、リパーゼ触媒とし、エステル化反応を行うと、光学活性ハイドロキシアミドのみを高い選択率で効率よくエステル化でき、次いで反応生成物であるエステル体と未反応のハイドロキシアミド体とを分離した後、エステル体を加水分解し、環化することによって光学活性γ−ラクトン類を製造できる。

概要

背景

合成ラクトン類はその特徴的な香気から食品香料香粧品香料を含む多くの分野で使用されているが、それらのほとんどはラセミ体である。しかし、近年の分析技術の進歩により、ピーチ、アプリコットストロベリー等の香気成分として天然に存在するγ−ラクトン類がさまざまなR/S比を有していることが明らかになってきた(例えばJ. of Chromatgraphy,498,396(1990))。この場合、光学活性γ−ラクトン類は光学異性体間で香気や香味が異なることから、より天然に近い香り、味を求めた場合、最適なR/S比で調合することが必要となる。

また、不斉炭素を有するラクトンの一部は昆虫フェロモンとして以前より知られており、工業的な製造も行なわれている(Tetrahedron 47,6223(1991))。

従来の光学活性γ−ラクトン類の製造には、化学合成法と、化学合成法に比べ高価な試薬や複雑な工程を必要としない微生物酵素を用いる方法とが用いられている。

化学合成法は、主に、金属錯体を用いた不斉水素化反応であるが、ラクトンの側鎖(R1 )に不飽和結合がある場合、この不飽和結合をも同時に水素化してしまう問題点がある。

微生物や酵素を用いる光学活性γ−ラクトン類の製造法報告数が少ないが、その中でも、以下のようなものがある。

(A)ラセミ体ヒドロキシカルボン酸エステル原料とし、酵素触媒によって光学分割する方法。この酵素触媒を用いた光学分割法によって、昆虫のフェロモンとして知られている光学活性γ−ラクトン類が工業的に製造されている(「化学生物」、35,35(1997))。

(B)パン酵母を利用した不斉還元法により得たケト酸からヒドロキシカルボン酸を調整する方法をラクトン合成に応用する方法(Agric.Biol.Chem,51,3417(1987))。

概要

光学活性なγ−ラクトン類を安価で、簡便に製造する。

ラセミ体ハイドロキシアミドを原料とし、有機溶媒中、アシル供与体存在下で、リパーゼ触媒とし、エステル化反応を行うと、光学活性ハイドロキシアミドのみを高い選択率で効率よくエステル化でき、次いで反応生成物であるエステル体と未反応のハイドロキシアミド体とを分離した後、エステル体を加水分解し、環化することによって光学活性γ−ラクトン類を製造できる。

目的

本発明は、このような実情に鑑みなされたものであり、ハイドロキシアミドを基質とし特定な酵素(リパーゼ)を用いた光学分割法により、従来の方法よりも安価で簡便に光学活性γ−ラクトン類を製造することが可能な方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一般式(1)(式中、R1 は炭素数2〜8の飽和及び不飽和直鎖アルキル基、R2 ,R3 は、水素原子、炭素数1〜5の飽和アルキル基、炭素数1〜5の不飽和アルキル基アラルキル基又は芳香族炭化水素基である)で表されるハイドロキシアミド体に、リパーゼ触媒として不斉エステル化反応を行なうことを特徴とする一般式(2)(式中、R1 は炭素数2〜8の飽和及び不飽和直鎖アルキル基であり、*を付した炭素原子光学活性な炭素原子である)で表される光学活性γ−ラクトンの製造方法。

請求項

ID=000002HE=020 WI=058 LX=0310 LY=0900

請求項

ID=000003HE=015 WI=054 LX=0330 LY=1150

請求項2

ハイドロキシアミド体にリパーゼを触媒として、不斉エステル化反応を行なうことにより、生成物であるエステル体と、未反応物であるハイドロキシアミド体との混合物を得、この混合物からエステル体を分離した後、エステル体を加水分解し、ラクトン化することを特徴とする光学活性γ−ラクトンの製造方法。

請求項3

請求項2記載の未反応物を反応混合物から分離後、ラクトン化することにより酵素反応生成物と対の光学活性γ−ラクトンを製造することを特徴とする請求項1記載の光学活性γ−ラクトンの製造方法。

技術分野

0001

本発明は、光学活性化合物である光学活性γ−ラクトンの製造に関する。さらに、詳しくは、原料となるラセミ体ハイドロキシアミド微生物生産するリパーゼを用いて、光学分割することにより、香料素材及びフェロモンとして有用な光学活性γ−ラクトンを製造する方法に関する。

背景技術

0002

合成ラクトン類はその特徴的な香気から食品香料香粧品香料を含む多くの分野で使用されているが、それらのほとんどはラセミ体である。しかし、近年の分析技術の進歩により、ピーチ、アプリコットストロベリー等の香気成分として天然に存在するγ−ラクトン類がさまざまなR/S比を有していることが明らかになってきた(例えばJ. of Chromatgraphy,498,396(1990))。この場合、光学活性γ−ラクトン類は光学異性体間で香気や香味が異なることから、より天然に近い香り、味を求めた場合、最適なR/S比で調合することが必要となる。

0003

また、不斉炭素を有するラクトンの一部は昆虫のフェロモンとして以前より知られており、工業的な製造も行なわれている(Tetrahedron 47,6223(1991))。

0004

従来の光学活性γ−ラクトン類の製造には、化学合成法と、化学合成法に比べ高価な試薬や複雑な工程を必要としない微生物や酵素を用いる方法とが用いられている。

0005

化学合成法は、主に、金属錯体を用いた不斉水素化反応であるが、ラクトンの側鎖(R1 )に不飽和結合がある場合、この不飽和結合をも同時に水素化してしまう問題点がある。

0006

微生物や酵素を用いる光学活性γ−ラクトン類の製造法報告数が少ないが、その中でも、以下のようなものがある。

0007

(A)ラセミ体ヒドロキシカルボン酸エステルを原料とし、酵素触媒によって光学分割する方法。この酵素触媒を用いた光学分割法によって、昆虫のフェロモンとして知られている光学活性γ−ラクトン類が工業的に製造されている(「化学生物」、35,35(1997))。

0008

(B)パン酵母を利用した不斉還元法により得たケト酸からヒドロキシカルボン酸を調整する方法をラクトン合成に応用する方法(Agric.Biol.Chem,51,3417(1987))。

発明が解決しようとする課題

0009

しかしながら、上述した方法(A)では、ヒドロキシカルボン酸エステルを比較的安価に製造することが困難であり、多段階の工程を必要とすることから、実用に適していない。又、昆虫のフェロモンとしての光学活性γ−ラクトン類を工業的に製造する場合、高い光学純度を得るために、酵素反応を2回行う必要があり、工程が煩雑となっている。

0010

一方、方法(B)では、反応の制御が難しく、しかも反応生成物にパン酵母に由来した香気が残る問題がある。

0011

このように従来より報告されている光学活性γ−ラクトン類の製造では、何らかの問題があり、効率的な製造方法が開発されていないのが現状である。

0012

本発明は、このような実情に鑑みなされたものであり、ハイドロキシアミドを基質とし特定な酵素(リパーゼ)を用いた光学分割法により、従来の方法よりも安価で簡便に光学活性γ−ラクトン類を製造することが可能な方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0013

本発明者は上記課題を解決するため鋭意検討した結果、γ−ラクトンのハイドロキシアミド体を原料とし、微生物起源のリパーゼを触媒とし、エステル化反応を行なうと、一方の光学活性ハイドロキシアミドのみを高い選択率で効率よくエステル化させることができる事実を見いだし、効果の顕著な本発明を完成した。

0014

即ち、本発明はラセミ体ハイドロキシアミドを原料とし、有機溶媒中、アシル供与体存在下で、リパーゼを触媒とし、エステル化反応を行なった後、反応生成物であるエステル体と未反応のハイドロキシアミド体とを分離し、その後、エステル体を加水分解し、環化することによって光学活性γ−ラクトンを製造する方法である。

0015

さらに、本発明は、上記未反応物であるハイドロキシアミド体を環化することを特徴とする光学活性γ−ラクトンの製造法である。

発明を実施するための最良の形態

0016

以上の本発明は以下のように図示される。

0017

0018

本発明の出発原料であるγ−ラクトンのハイドロキシアミド体の合成は、例えば、ラセミ体γ−ラクトンをシールドチューブ中でメチルアミンベンジルアミン等のアミン類と加温攪拌してアミド化することにより収率よく行うことができる。

0019

本発明で用いられる微生物由来のリパーゼは、種々のものが市販されており、本発明では、これらの市販品をそのまま用いることができる。具体例としては、リパーゼQL(名糖産業(社)製)、リパーゼPL(名糖産業(社)製)、リパーゼPS−C(天野製薬(社)製)、その他を挙げることができる。

0020

本発明を実施するには、原料であるハイドロキシアミド体を反応容器に採り、これに、有機溶媒、アシル供与体を加えて混合液とする。ここで用いられる有機溶媒としては、ジエチルエーテルイソプロピルエーテル又はターシャブチルメチルエーテルのようなエーテル系溶媒を用いることができる。アシル供与体としては、特に限定されるものではないが、酢酸イソプロペニル酢酸ビニルプロピオン酸ビニル酪酸ビニル等の上述したR4 基が炭素数1〜17である飽和カルボン酸ビニル類、アクリル酸ビニルメタクリル酸ビニル等の不飽和カルボン酸ビニル類、芳香族カルボン酸ビニル類、コハク酸無水物グルタル酸無水物等の酸無水物類等を用いることができる。混合液中のハイドロキシアミド体の濃度は、約10〜200モルリットル、特に好ましくは約60〜80モル/リットルとなるように調整する。

0021

次に、得られた混合溶液に、微生物由来のリパーゼを、加水分解活性が約30000ユニット/gのものでは、約0.01〜20重量%、好ましくは約0.2〜5重量%の濃度となるように加える。力価の異なるリパーゼを用いる場合には、上記濃度に相当するように換算して加える。反応温度は、室温、好ましくは25〜35℃であり、反応時間は2〜100時間であるが、反応温度を高めたり、酵素量を増加することにより、反応時間を短縮することも可能である。

0022

反応後、リパーゼを濾過除去し、反応生成物であるエステル体と未反応物であるハイドロキシアミド体の混合物を得る。

0023

得られた混合物から反応生成物と未反応物をそれぞれ分離するには、シリカゲルカラムクロマトグラフィーを用いることができる。反応生成物がハイドロキシアミドのジカルボン酸モノエステル体の場合には、アルカリ水溶液水層に抽出することができ、未反応物であるハイドロキシアミド体は有機層に残ることから容易に分離することができる。得られたハイドロキシアミドのエステル体又はジカルボン酸モノエステル体は、加水分解後、ラクトン化することにより光学活性γ−ラクトンを製造することができる。更に、未反応物であるハイドロキシアミド体をラクトン化することにより、反応生成物から得られた上述のラクトンと対の光学活性γ−ラクトンを製造することができる。

0024

なお、光学純度が若干低い場合は、酵素反応後、分離したハイドロキシアミド体を再結晶することによって光学純度を向上させることができる。また、ハイドロキシアミド体の光学純度は光学活性カラムを装着したHPLC(ChiralcelOD,OD-R)、γ−ラクトンの光学純度は光学活性カラムを装着したGC(ChiraldexG-TA)によって分析することができる。

0025

次に、実施例により本発明を具体的に説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。

0026

(参考例1)ハイドロキシアミドの合成:γ−ウンデカラクトン10g(54mmol)とベンジルアミン6.5g(61mmol)をシールドチューブ中、80〜100℃で4〜5時間攪拌した。反応液を室温まで下げると粗結晶が得られた。この粗結晶をトルエン石油エーテルより再結晶をすることにより、15gのγ−ウンデカラクトンのハイドロキシアミド体(一般式(1)におけるR1がC7 H15、R2 がH、R3 がCH2 Ph(Phはフェニル基(以下、同じ)))が無色結晶として得られた(収率95%)。

0027

(実施例1)ターシャルブチルメチルエーテル25mlにγ−デカラクトンのハイドロキシアミド体(一般式(1)におけるR1 がC6H13、R2 がH、R3 がCH2Ph)555mg(2mmol)を溶解し、コハク酸無水物200mg(2mmol)を加え、さらにリパーゼPL(加水分解活性=90000ユニット/g)若しくはリパーゼPS−Cを50mg加え、室温で12.5時間(リパーゼPS−Cの場合は3時間)攪拌した。反応の進行は、液体クロマトグラフィーで確認し、原料と反応生成物の量がほぼ等しくなった時点をもって反応の終点とした。

0028

反応終了後、酵素を濾過除去し、これに0.5M炭酸ナトリウム水溶液50mlで反応生成物であるハイドロキシアミドのモノエステル体を抽出する操作を2回連続して行った。得られた水層に水酸化ナトリウム100mgを加えて1時間還流した。

0029

反応終了後、反応液をジエチルエーテルで抽出し、飽和食塩水洗浄後、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去し、光学純度90%eeのハイドロキシアミド(S−体)250mgを得た(収率45%)。得られたハイドロキシアミド体を再結晶したところ、光学純度98%eeまで向上した。

0030

このハイドロキシアミド体に10%(W/W)塩酸を加え、1時間加熱還流した。反応液を室温まで冷却し、酢酸エチルで抽出後、飽和炭酸水素ナトリウムで洗浄後、さらに飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、(S)−γ−デカラクトン136mgを得た(収率40%)。

0031

有機層に残った未反応物であるハイドロキシアミド体(R−体)261mg(光学純度91%ee、収率47%)は、再結晶して、光学純度98%eeとした。このハイドロキシアミド体に、10%(W/W)塩酸を加え、1時間加熱還流した後、ジエチルエーテルで抽出後、反応液を室温まで冷却し、飽和炭酸水素ナトリウムで洗浄後、さらに飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、対掌の(R)−γ−デカラクトン146mgを得た(収率43%)。

0032

得られた(R)−γ−デカラクトンを光学活性カラムを装着したガスクロマトグラフィーで分析したところ、98%eeの光学純度であった。また、(S)−γ−デカラクトンの光学純度は98%eeであった。

0033

(実施例2)ターシャルブチルメチルエーテル25mlにγ−ウンデカラクトンのハイドロキシアミド体(一般式(1)におけるR1 がC7H15、R2 がH、R3 がCH2Ph)583mg(2mmol)を溶解し、コハク酸無水物200mg(2mmol)を加え、さらにリパーゼPL(名糖産業(社)製、加水分解活性=90000ユニット/g)50mgを加え、室温で10時間攪拌した。反応の進行は、液体クロマトグラフィーで確認し、原料と反応生成物の量がほぼ等しくなった時点をもって反応の終点とした。

0034

反応終了後、酵素を濾過除去し、これに0.5M炭酸ナトリウム水溶液50mlで反応生成物であるハイドロキシアミドのモノエステル体を抽出する操作を2回連続して行った。得られた水層に水酸化ナトリウム100mgを加えて1.5時間還流した。

0035

反応終了後、反応液を酢酸エチルで抽出し、飽和食塩水で洗浄後、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、光学純度91%eeのハイドロキシアミド(S−体)262mgを得た(収率45%)。そして、得られたハイドロキシアミド体を再結晶したところ、光学純度98%eeまで向上した。

0036

このハイドロキシアミド体に10%(W/W)塩酸を加え、1時間加熱還流した。反応液を室温まで冷却し、酢酸エチルで抽出後、飽和炭酸水素ナトリウムで洗浄後、飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、(S)−γ−ウンデカラクトン140mgを得た(収率38%)。

0037

有機層に残った未反応物であるハイドロキシアミド体(R−体)280mg(光学純度92%ee、収率48%)は、再結晶することによって、98%eeの光学純度とした。このハイドロキシアミド体に10%(W/W)塩酸を加え、1時間加熱還流した後、反応液を室温まで冷却し、飽和炭酸水素ナトリウムで洗浄した後、さらに飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、対掌の(R)−γ−ウンデカラクトン147mgを得た(収率40%)。

0038

得られた(R)−γ−ウンデカラクトンを光学活性カラムを装着したガスクロマトグラフィーで分析したところ、光学純度98%eeであった。また、(S)−γ−ウンデカラクトンは光学純度98%eeであった。

0039

(実施例3)ジイソプロピルエーテル25mlにγ−ドデカラクトンのハイドロキシアミド体(一般式(1)におけるR1 がC8 H17、R2がH、R3 がCH2 Ph)611mg(2mmol)を溶解し、酢酸ビニル172mg(2mmol)を加え、さらにリパーゼPL(名糖産業(社)製、加水分解活性=90000ユニット/g)100mgを加え室温で8時間攪拌した。反応の進行は、液体クロマトグラフィーで確認し、原料と反応生成物の量がほぼ等しくなった時点をもって反応の終点とした。

0040

反応終了後、酵素を除去して、反応生成物と未反応物の混合溶液を得、この混合溶液をエバポレーター濃縮して625mgの混合物とした。得られた混合物から、シリカゲルカラムクロマトグラフィー(流出液ジクロロメタンメタノール=20:1(容量比)の混合溶媒)を用いて反応物327mg(収率47%)と光学純度92%eeの未反応物287mg(収率47%)をそれぞれ単離精製した。

0041

そして、反応物はメタノールに溶解させ、水酸化ナトリウム100mgを加えて加水分解した。加水分解終了後、酢酸エチルで抽出し、飽和食塩水で洗浄後、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、光学純度92%eeのハイドロキシアミド体(S−体)275mgを得た(収率45%)。それぞれのハイドロキシアミド体を再結晶したところ、光学純度98%eeまで向上した。

0042

このハイドロキシアミド体に10%(W/W)塩酸を加え、1時間加熱還流した後、反応液を室温まで冷却し、酢酸エチルで抽出後、飽和炭酸水素ナトリウムで洗浄後、さらに飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、(R)−γ−ドデカラクトン175mg(収率44%)と(S)−γ−ドデカラクトン167mg(収率42%)を得た。

0043

得られた(R)−γ−ドデカラクトンを光学活性カラムを装着したガスクロマトグラフィーで分析したところ、光学純度98%eeであった。また、(S)−γ−ドデカラクトンの光学純度は98%eeであった。

0044

(実施例4)ターシャルブチルメチルエーテル25mlにγ−ジャスモラクトンのハイドロキシアミド体(一般式(1)におけるR1 がCH2CH2 CH=CHC2 H5 、R2 がH、R3 がCH2 Ph)551mg(2mmol)を溶解し、コハク酸無水物200mg(2mmol)を加え、さらにリパーゼQLM(名糖産業(社)製)50mgを加え室温で2時間攪拌した。反応の進行は、液体クロマトグラフィーで確認し、原料と反応生成物の量がほぼ等しくなった時点をもって反応の終点とした。

0045

反応終了後、酵素を濾過除去し、これに0.5M炭酸ナトリウム水溶液50mlで反応生成物であるハイドロキシアミドのモノエステル体を抽出する操作を2回連続して行った。得られた水層に水酸化ナトリウム100mgを加えて1時間還流した。

0046

反応終了後、反応溶液をジエチルエーテルで抽出して飽和食塩水で洗浄後、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、光学純度91%eeのハイドロキシアミド(S−体)248mgを得た(収率45%)。得られたハイドロキシアミド体を再結晶したところ、光学純度98%eeまで向上した。

0047

このハイドロキシアミド体に10%(W/W)塩酸を加え、1時間加熱還流した。反応液を室温まで冷却し、酢酸エチルで抽出後、飽和炭酸水素ナトリウムで洗浄した後、飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、(S)−γ−ジャスモラクトン138mgを得た(収率41%)。

0048

また、有機層に残った未反応物であるハイドロキシアミド体(R−体)259mg(光学純度92%ee、収率47%)は、再結晶することによって、光学純度98%eeとした。このハイドロキシアミド体に10%(W/W)塩酸を加え、1時間加熱還流した後、ジエチルエーテルで抽出後、反応液を室温まで冷却し、飽和炭酸水素ナトリウムで洗浄後、飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、(R)−γ−ジャスモラクトン145mgを得た(収率43%)。

0049

得られた(R)−γ−ジャスモラクトンを光学活性カラムを装着したガスクロマトグラフィーで分析したところ、光学純度98%eeであった。また、(S)−γ−ジャスモラクトンの光学純度は98%eeであった。

0050

(実施例5)ターシャルブチルメチルエーテル25mlにラセミ体マメコガネ性フェロモン前駆体(5−(1−decynyl)oxacyclopentan−2−oen)のハイドロキシアミド体(一般式(1)におけるR2がH、R3 がCH2 Ph、R1 が[化4]で示す不飽和直鎖アルキル基)687mg(2mmol)を溶解した。

0051

0052

そして、コハク酸無水物200mg(2mmol)を加え、さらにリパーゼQL(名糖産業(社)製、加水分解活性=30000ユニット/g)50mgを加え室温で3時間撹拌した。反応の進行は、液体クロマトグラフィーで確認し、原料と反応生成物の量がほぼ等しくなった時点をもって反応の終点とした。

0053

反応終了後、酵素を濾過除去し、これに0.2M炭酸水素ナトリウム水溶液50mlで反応生成物であるハイドロキシアミドのモノエステル体を抽出する操作を3回連続して行った。得られた水層に水酸化ナトリウム100mgを加えて1時間還流した。

0054

反応終了後、反応溶液をジエチルエーテルで抽出し、飽和食塩水で洗浄後、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去し、光学純度99%eeのハイドロキシアミド(S−体)302mg(収率44%)を得た。このハイドロキシアミド体に10%塩酸を加え、1時間加熱還流した。

0055

反応液を室温まで冷却し、酢酸エチルで抽出後、飽和炭酸水素ナトリウム、で洗浄後、さらに飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、(S)−5−(1−decynyl)oxacyclopentan−2−oneを191mg(収率43%)得た。これをn−ペンタン25mlに溶解し、5%Lindlar触媒100mg、キノリン3滴を加え、水素雰囲気下0℃で1時間撹拌した。反応終了後、触媒を除去し、1N塩酸で洗浄し、さらに飽和食塩水で洗浄後、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去して、(S、Z)−(+)−5−(1−decenyl)oxacyclopentan−2−oneを184mg得た(収率41%)。

0056

また、有機層に残った未反応物であるハイドロキシアミド体(R−体)316mg(光学純度99%ee、収率46%)に10%塩酸を加え、1時間加熱還流した後、ジエチルエーテルで抽出後、反応液を室温まで冷却し、飽和炭酸水素ナトリウムで洗浄後、さらに飽和食塩水で洗浄し、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去することにより、(R)−5−(1−decynyl)oxacyclopentan−2−oneを200mg(収率45%)得た。これをn−ペンタン25mlに溶解し、5%Lindlar触媒100mg、キノリン3滴を加え、水素雰囲気下0℃で1時間撹拌した。反応終了後、触媒を除去し、1N塩酸で洗浄し、さらに飽和食塩水で洗浄後、硫酸マグネシウムで乾燥させ、濾別後、減圧下で溶媒を留去し、(R、Z)−(−)−5−(1−decenyl)oxacyclopentan−2−oneを188mg得た(収率42%)。

0057

得られた(R、Z)−(−)−5−(1−decenyl)oxacyclopentan−2−oneを光学活性カラムを装着したガスクロマトグラフィーで分析したところ、99%eeの光学純度であった。また、(S、Z)−(+)−5−(1−decenyl)oxacyclopentan−2−oneの光学純度は99%eeであった。

発明の効果

0058

本発明によれば、リパーゼを用いてハイドロキシアミドを光学分割するため、安価で簡単な方法で、香料素材あるいはフェロモンとして有用な光学活性γ−ラクトンを製造することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ