図面 (/)

技術 プラグアンドプレイセキュリティシステム

出願人 株式会社丸五技研
発明者 李秋助
出願日 1998年9月18日 (23年5ヶ月経過) 出願番号 1998-282077
公開日 2000年4月7日 (21年10ヶ月経過) 公開番号 2000-101749
状態 特許登録済
技術分野 盗難警報装置 警報システム 他装置と結合した電話通信 電話通信サービス
主要キーワード ステータス指示 無線センサー 警報アラーム メイン制御ユニット 主体部分 現代科学 外部センサー アーミング
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年4月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

消費者が自分で簡単にセットでき、家主在宅していない場合、目標地に対して完全なセキュリティを施し、家主が在宅ではないとしても、その効果を損失しない簡単な盗難防止セキュリティシステムを提供する。

解決手段

ユーザーが家から離れるとき、電子キー読み取りヘッダに触れ、読み取りが有効であれば、ステータス指示器が点滅してアーミング起動したことを示し、ある時間経過後、システムは自動的にアーミングを完了する。有効なキーが読み取りヘッダに触れると、セキュリティシステムは自動的にアーミングを解除し、指示システム閉鎖する。さもなければ、セキュリティシステムはダイヤルによって、予め設定された電話番号へ警報メッセージポケベル携帯電話或いは特定の番号例えば警察署通報センター通達する。

概要

背景

現代科学の日々進歩により、盗難防止装置も進歩し続けている。しかし、現用盗難防止設備では、やはり特定の専門技術者による設定、テスト及び操作に頼る必要がある。しかし、今日の社会では、セキュリティ従業員素質が必ずしも一定レベルに達しておらず、少数のセキュリティ従業員が盗難防止システムのセットに詳しい所以に、業務上の方便で盗難することが相次いで、消費者が高い盗難防止のセキュリティ費用を費やしても、盗難防止の効果が全く得られないことになり、却って盗難防止装置を設置した方が危うくなるものであった。

よって、一般消費者自己で盗難防止装置を設置することを求めている。しかし、現在の盗難防止システムの設置は、単に家主在宅の時に、警告作用を働くだけで、もし家主が外出していた場合、その盗難防止効果半減してしまう。

概要

消費者が自分で簡単にセットでき、家主が在宅していない場合、目標地に対して完全なセキュリティを施し、家主が在宅ではないとしても、その効果を損失しない簡単な盗難防止セキュリティシステムを提供する。

ユーザーが家から離れるとき、電子キー読み取りヘッダに触れ、読み取りが有効であれば、ステータス指示器が点滅してアーミング起動したことを示し、ある時間経過後、システムは自動的にアーミングを完了する。有効なキーが読み取りヘッダに触れると、セキュリティシステムは自動的にアーミングを解除し、指示システム閉鎖する。さもなければ、セキュリティシステムはダイヤルによって、予め設定された電話番号へ警報メッセージポケベル携帯電話或いは特定の番号例えば警察署通報センター通達する。

目的

本発明は簡単に、消費者が自分でセットでき、他人に頼る必要がないプラグアンドプレイセキュリティシステムを提供することを目的とする。

本発明のさらなる目的として、家主が在宅していない場合、目標地に対して完全なセキュリティを施し、その効果が家主が在宅ではないとしても、損失しない簡単な盗難防止セキュリティシステムを提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

従来の電話回線と接続し、ダイヤルしようとする電話番号を設定し、そしてダイヤル信号を出力する電話回線入力端と;モニタエリア異常状態が発生しているかを検知する外部盗難防止インターフェースと;電子キー及び読み取りヘッドセキュリティシステム設定機能起動し、そしてセキュリティシステムの機能をアーミング(arming)及び解除する電子キーユニットと;電話回線の入力端に接続される電子キー及び読み取りヘッドであって、電子キーが読み取りヘッドに付着するとき、電話番号の設定として用いることができ、そして電子キーが第1段時間以内に離れたとき、いくつかの子電子キーが複製できることと;セキュリティ外部盗難防止インターフェースが触られ、及び電子キーが状況解除を完成していない時、改め録音された音声を設定された電話番号へ送るマイクロコントローラとを有することを特徴とするプラグアンドプレイセキュリティシステム。

請求項2

設定された電話番号及びキー番号を保存するメモリを更に含む請求項1記載のプラグアンドプレイセキュリティシステム。

請求項3

電話回線インターフェース及びマイクロコントローラの間に接続し、ダイヤルしたい番号を発信したとき、その予定の予め録音した音声を送り出す録音モジュールを更に含む請求項1記載のプラグアンドプレイセキュリティシステム。

請求項4

前記外部盗難防止インターフェースは無線受信機及び無線センサーを含み、センサーに触れられたとき、無線方式でセキュリティシステムに対して信号を送り出す請求項1記載のプラグアンドプレイセキュリティシステム。

請求項5

ブザーを更に含み、マイクロコントローラに接続し、各状況に反応して出力する請求項1記載のプラグアンドプレイセキュリティシステム。

請求項6

前記ブザーが電子キーでセキュリティシステムをアーミングするとき、短い2声のアラームを発し、家主が離れてもよいことを示す請求項5記載のプラグアンドプレイセキュリティシステム。

請求項7

前記電子キーはアメリカラスセミコンダクターズ社が製造するiボタン(iButton)である請求項1記載のプラグアンドプレイセキュリティシステム。

請求項8

セキュリティシステムの状態を示す発光ダイオードを更に含む請求項1記載のプラグアンドプレイセキュリティシステム。

請求項9

請求項1から8のいずれかの一項に記載のプラグアンドプレイセキュリティシステムを含むことを特徴とする電話機

請求項10

請求項1から8のいずれかの一項に記載のプラグアンドプレイセキュリティシステムを含むことを特徴とする留守番電話

技術分野

0001

本発明は一種セキュリティシステムに関し、特に家に不法侵入者があったとき、特定の人に通知するセキュリティシステムに関わるものである。

背景技術

0002

現代科学の日々進歩により、盗難防止装置も進歩し続けている。しかし、現用盗難防止設備では、やはり特定の専門技術者による設定、テスト及び操作に頼る必要がある。しかし、今日の社会では、セキュリティ従業員素質が必ずしも一定レベルに達しておらず、少数のセキュリティ従業員が盗難防止システムのセットに詳しい所以に、業務上の方便で盗難することが相次いで、消費者が高い盗難防止のセキュリティ費用を費やしても、盗難防止の効果が全く得られないことになり、却って盗難防止装置を設置した方が危うくなるものであった。

0003

よって、一般消費者自己で盗難防止装置を設置することを求めている。しかし、現在の盗難防止システムの設置は、単に家主在宅の時に、警告作用を働くだけで、もし家主が外出していた場合、その盗難防止効果半減してしまう。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は簡単に、消費者が自分でセットでき、他人に頼る必要がないプラグアンドプレイセキュリティシステムを提供することを目的とする。

0005

本発明のさらなる目的として、家主が在宅していない場合、目標地に対して完全なセキュリティを施し、その効果が家主が在宅ではないとしても、損失しない簡単な盗難防止セキュリティシステムを提供することである。

課題を解決するための手段

0006

本発明のプラグアンドプレイセキュリティシステムは、従来の電話回線と接続し、ダイヤルしようとする電話番号を設定し、そしてダイヤル信号を出力する電話回線入力端と;モニタエリア異常状態が発生しているかを検知する外部盗難防止インターフェースと;電子キー及び読み取りヘッドが、セキュリティシステムの設定機能起動し、そしてセキュリティシステムの機能をアーミング(arming)及び解除する電子キーユニットと;電話回線の入力端に接続し、電子キー及び読み取りヘッドであって、電子キーが読み取りヘッドに付着するとき、電話番号の設定として用いることができ、そして電子キーが第1段時間以内に離れたとき、いくつかの子電子キーを複製できることと;セキュリティ外部盗難防止インターフェースが触られ、及び電子キーが状況解除を完成していない時、改め録音された音声を設定された電話番号へ送るマイクロコントローラとを有する。

発明を実施するための最良の形態

0007

本発明の実施例によるプラグアンドプレイセキュリティシステムの使用環境図1に示す。本発明のセキュリティシステム100は家20に設置され、セキュリティシステム100は電話回線25により通信局30に接続され、通信局30のネットを利用して連絡したい人員40に連絡する。当然に、その対象人員40はユーザー本人でも警察署通報センターでもよい。

0008

従って、家に侵入者がある場合、本発明のセキュリティシステム100は、システムに予め録音した音声を関係者携帯電話に出力し、或いは警察署の通報センターに出力し、或いは暗号方式で特定の人のポケベルに通知し、家に侵入者があることを伝える。

0009

本セキュリティシステムのセットは非常に簡単である。本システムは無線方式で各ドア或いは窓のセンサーと接続しているので、ユーザーがセキュリティシステムを購入したとき、電話回線を引き出して本発明の唯一ソケット差込み、そしてドアと窓のセンサーにセットすれば完成である。他のケーブルや高価な設備のセット費用は全く必要はない。

0010

図2図4は本発明のセキュリティシステムが採用する電子キーである、図2に示されるように、その鍵の外形コイン型であり、その直径は約16mm、厚さは5.8mmと3.2mmの二種である。その電子キーはアメリカラスセミコンダクターズ社が開発したiボタン(iButton,商標)の電子キーである。

0011

当然、円盤型の電子キーは幾つかの外形に設計することができる。例えば図3に示されるように、電子キーにプラスチックケージングを施し、キーホルダーに合わせて、転送キー一緒に置くことができる。また、電子キーの形状は、例えば図4に示されるように、指輪型にも作成でき、ユーザーが常にはめることができ、ユーザーにとっても不便にはならない。

0012

各電子キーにはレーザー符号化された独特な暗号が内蔵されており、億単位の番号の設定が許され、キーの複製は不可能に近い。この電子キーについては既に商品化されており、また、本発明のメインポイントではないので、その説明を省略する。

0013

図5は本発明のセキュリティシステム100の回路ブロック図を示すものである。セキュリティシステム100の唯一の外部接続出力端は電話回線25であり、その他の歩端或いは可動部材はない。よって、不当な処理によって、機械的或いは電力的な故障は起こらなず、本発明のセキュリティシステムは高い信頼性を保つことができる。

0014

本発明のセキュリティシステム100には、メイン制御ユニット1、電話回線インターフェース4、電話回線インターフェース4とメイン制御ユニット1の間に接続するDTMF信号デコーダ5、電話回線インターフェース4とメイン制御ユニット1の間に接続する接続/カットコントローラ6、接続/カットコントローラ6とメイン制御ユニット1の間にそれぞれ接続するDTMF信号デコーダ7及び音声モジュール録音/再生回路8を含む。メイン制御ユニット1には更にマイクロコントローラ2及びメモリ3が含まれ、電話番号、キー暗号及びステータスデータを保存する。

0015

本発明のセキュリティシステム100には、更にメイン制御ユニット1に接続する外部センサー9、ブザー10、メイン制御ユニット1にそれぞれ接続するステータス指示器(LED)11及びiボタンインターフェース(読み取りヘッダ)12を含む。外部センサーインターフェース9は信号受信機であり、ドア或いは窓の無線センサー無線信号を受信する。

0016

次に、本セキュリティシステムのセットについて説明する。ユーザが本発明のセキュリティシステムを購入した後、一般の回線ボックスにもう1つの回線を引き出し、電話回線プラグを本発明の電話回線インターフェースに差し込むことで、本体の設定が完成する。後は、無線のドア及び窓のセンサーの部分であり、ドア及び窓での設定が完成できたら、本発明のセキュリティシステムは全てセット完了となる。

0017

本セキュリティシステムの一般な操作を説明する。主体部分のセットが完成できれば、セキュリティシステムのステータス指示器11、例えば赤いLEDは点灯しない。ユーザーが家から離れたとき、ユーザーは電子キーをセキュリティシステムの読み取りヘッダ12に触れる。電子キーの読み取りヘッダの読み取りが有効であれば、本発明のステータス指示器11の赤いLEDが点滅し、セキュリティシステムのアーミングが起動されたことを示す。そして、長いアラームが発生され、ユーザーが自宅から離れたことを示す。ある程度の時間の後、例えば30秒後に、システムは自動的にアーミングされ、赤いLEDは点滅しなくなり、点灯状態となる。

0018

ユーザーが帰ってきたとき、ユーザーが有効なキーを取り出し、読み取りヘッダに触れると、セキュリティシステムは自動的にアーミングを解除し、同時にセキュリティシステムの警報信号送り出すことはない。アラームを鳴らした後に、指示システム閉鎖しそしてLEDの点灯も消える。さもなければ、セキュリティシステムはダイヤルによって、予め設定された電話番号へ警報メッセージをポケベル、携帯電話或いは特定の番号例えば警察署の通報センターに通達してしまう。

0019

次に、電子キーの設定について説明する。図5では、新たなシステムを購入するとき、電子キーにはキーの符号化暗号は設定されていない。そして、初めてシステムを起動するとき、初めてセキュリティシステムの読み取りヘッダ12に触れたキーはメインキーとなり、そして他のキーのコピーを起動する。他のキーは家の他の成員に与えるために使用するものである。このとき、メイン制御ユニット1はメインキーから暗号を得て、その暗号をメイン制御ユニット1のメモリ3に保存し、メインキーの暗号とする。

0020

サブ電子キーのコピーは、メインキーを読み取りヘッダ12に付着したとき、メイン制御ユニットはコピーしたいサブキーを10秒間を待つ。そして、サブキーが読み取りヘッダ12に触れたとき、メイン制御ユニット1はそのキーから暗号を読み取り、メイン制御ユニットメモリ3に保存し、そのキーを有効キーとして設定する。このようになプロセスを重複すれば、異なるキーを製造する事ができ、各キーの暗号もメモリに登録される。

0021

電話番号を設定する際、メインキーは読み取りヘッダ12に10秒間張り付けなければならない。そして、セキュリティシステムの電話ダイヤルが選定されたポケベル或いは電話(携帯電話を含む)番号に接続して、そしてメッセージを残し、設定動作を完成する。このときメイン制御ユニット1はDTMF信号デコーダ5によりダイヤルした電話番号を受信し、メモリ3に保存し、そして電話番号の各送出間の時間間隔も保存する(これはポケベルに対して重要である)。ユーザーが設定する際に、音声メッセージを残したいとき、そのメッセージは音声モジュール録音/再生回路8に記録される。そのプロセスの重複により、複数の電話番号を設定できる。

0022

本発明のセキュリティシステムの操作モードについて以下説明する。
A:アーミング解除
メイン制御ユニット1はキーの接触を待機し、同時にLEDの点灯を消す。
B: アーミング
有効キーは読み取りヘッダ12に付着し、メイン制御ユニット1は外部センサー9の状況をチェックする;もし
a)センサー状況が良好なとき(即ちドア、窓が閉鎖されている)には、メイン制御ユニット1はプリアーミングモードを起動する。
b) センサー状況が不良なとき(即ちドア、窓が開いている)には、メイン制御ユニット1はブザー10により長いアラームを発し、アーミングモードに戻る。
C: プリアーミングモード
メイン制御ユニット1はブザー10により短いアラームを発し、LEDが約1分間点滅する。プリアーミングモードの最後の10秒間では、アラームが早くなり、ユーザーに対してプリアーミングモードが終わることを通知する。そして、アーミングモードを開始し、LED11が点灯となる。
D: アーミングモード
メイン制御ユニット1は外部センサー9の状況をチェックする。LEDは点灯状態に保たれる。もし、センサー9の状態が変化されたとき、即ちドア、窓が開かれた場合、プリ警報モードを開始する。
(注) 有効キー接触読み取りヘッダ12は、アーミングモードを中断し、システムをアーミング解除モードに戻す。
E: プリ警報
メイン制御ユニット1は30秒間待機し、有効キーが読み取りヘッダ12に触れているかを検知する。この時間内に、
a) 有効キーが読み取りヘッダ12に触れていないのなら、警報モードを開始する。
b) 有効キーが読み取りヘッダ12に触れていれば、アーミング解除モードを開始する。
F: 警報モード
このモードにおいて、メイン制御ユニット1は接続/カットコントローラ6による電話の接続を感知し、DTM発生器7により、システムはメモリ3にある第1組に設定された電話番号をダイヤルする。
a) もし、その番号が音声出力することができれば、即ち携帯電話或いは一般電話などでは、音声メッセージが音声モジュール録音/再生回路8により、電話に再生される。
b) その番号がポケベルであれば、ポケベルのメッセージはメモリ3からDTMF発生器7により発される。そして、
c) メイン制御ユニット1は電話をカットし、重複してメモリ3にある第2組に設定された電話番号をダイヤルし、以下上述と同じように行い、
d) 警報メモリモードを開始する。
G: 警報メモリモード
メイン制御ユニット1は常にブザー10により警報アラームを発する。
(注) 有効キー接触読み取りヘッダ12は、アーミングモードを中断し、アーミング解除モードを開始する。

0023

以上の操作モードは、ソフトウエアにより実施されているので、それについての詳細は省略する。

0024

本発明のセキュリティシステムは、例えば電話機或いは留守番電話の設備にも応用でき、そして伝統的なキーで上述した本発明の幾つかの機能を完成させることができる。

0025

本発明はよりよい実施例に合わせて開示されたが、本発明の要旨に離れていなければ、本発明の範囲に入ることは言うまでもない。

図面の簡単な説明

0026

図1本発明の実施例によるプラグアンドプレイセキュリティシステムの使用状態を示す概念図である。
図2本システムにおける電子キーを示す概念図である。
図3本システムにおける電子キーを示す別の概念図である。
図4本システムにおける電子キーを示す別の概念図である。
図5本システムの回路構成を示すブロック図である。

--

0027

1メイン制御ユニット
2マイクロコントローラ
3メモリ
4電話回線インターフェース
5DTMF信号デコーダ
6 接続/カットコントローラ
7 DTMF信号デコーダ
8音声モジュール録音/再生回路
9外部センサーインターフェース
10ブザー
11ステータス指示器
12読み取りヘッダ
20 家
25電話回線
30通信局
40人員
100 セキュリティシステム

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ