図面 (/)

技術 卵の調理方法及び卵の調理器具

出願人 荒川進一郎
発明者 荒川進一郎
出願日 1998年9月4日 (22年5ヶ月経過) 出願番号 1998-251130
公開日 2000年3月21日 (20年10ヶ月経過) 公開番号 2000-078958
状態 未査定
技術分野 高周波加熱[構造] 肉類、卵、魚製品 加熱調理器
主要キーワード 目玉焼き 殻付き 通風孔 押釦スイッチ 電子レンジ調理 調理器具 調理用 フライパン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年3月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

ゆで目玉焼きを卵を破裂させることなく早く短時間で調理できるようにする。

解決手段

殻の付いた生卵1を水2の入った容器3に収容し、この容器ごと電子レンジ内にてマイクロ波加熱する。また、殻を割った生卵を皿に載せ、この皿を上部に隙間を有し且つ内部に水の入った容器に載置し、電子レンジ内にてマイクロ波加熱する。

概要

背景

従来より、ゆで目玉焼きは卵の料理として一般的であり、また人気の高い料理として知られている。このゆで卵及び目玉焼きの作り方は簡単であり、たとえばゆで卵は水を入れた殻付の生卵を入れて加熱すれば良く、また目玉焼きも殻を割った生卵をフライパン等に入れて加熱すれば良い。

概要

ゆで卵や目玉焼きを卵を破裂させることなく早く短時間で調理できるようにする。

殻の付いた生卵1を水2の入った容器3に収容し、この容器ごと電子レンジ内にてマイクロ波加熱する。また、殻を割った生卵を皿に載せ、この皿を上部に隙間を有し且つ内部に水の入った容器に載置し、電子レンジ内にてマイクロ波加熱する。

目的

本発明は、上記のような問題点に着目してなされもので、ゆで卵や目玉焼きを調理する際に時間を早くすることが可能な卵の調理方法及び卵の調理器具を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電子レンジを用いた調理方法であって、殻付きの生卵を水の入った容器内に収容し、電子レンジ内でマイクロ波加熱することを特徴とする卵の調理方法。

請求項2

電子レンジを用いた卵の調理方法であって、殻を割った生卵を皿の上に載せ、この生卵の載った皿を上部に隙間を有し且つ内部に水の入った容器に載置し、電子レンジ内でマイクロ波加熱することを特徴とする卵の調理方法。

請求項3

生卵の黄身の上にアルミニウム箔を載せてマイクロ波加熱することを特徴とする請求項2記載の卵の調理方法。

請求項4

生卵を電子レンジ内でマイクロ波加熱する調理器具であって、殻付きの生卵を水と共に収容する容器と、予め設定された時間と出力でマイクロ波加熱するための設定スイッチを有した電子レンジを具備していることを特徴とする卵の調理器具。

請求項5

生卵を電子レンジ内でマイクロ波加熱する調理器具であって、殻を割った生卵を載せる皿と、上部に隙間を有し且つ内部に水を収容可能な容器と、予め設定された時間と出力でマイクロ波加熱するための設定スイッチを有した電子レンジとを具備していることを特徴とする卵の調理器具。

技術分野

0001

本発明は、電子レンジ(microwave oven)を用いた調理方法及び卵の調理器具に関するものである。

背景技術

0002

従来より、ゆで卵や目玉焼きは卵の料理として一般的であり、また人気の高い料理として知られている。このゆで卵及び目玉焼きの作り方は簡単であり、たとえばゆで卵は水を入れた殻付の生卵を入れて加熱すれば良く、また目玉焼きも殻を割った生卵をフライパン等に入れて加熱すれば良い。

発明が解決しようとする課題

0003

ところで、従来のゆで卵や目玉焼きの調理方法にあっては、ガス火力電気抵抗加熱誘導加熱などを利用しているため、調理時間が長くなり、急ぎの場合に間に合わないなどの問題点があった。

0004

本発明は、上記のような問題点に着目してなされもので、ゆで卵や目玉焼きを調理する際に時間を早くすることが可能な卵の調理方法及び卵の調理器具を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0005

本発明に係る卵の調理方法及び卵の調理器具は、次のように構成したものである。

0006

(1)電子レンジを用いた卵の調理方法であって、殻付きの生卵を水の入った容器内に収容し、電子レンジ内でマイクロ波加熱するようにした。

0007

(2)電子レンジを用いた卵の調理方法であって、殻を割った生卵を皿の上に載せ、この生卵の載った皿を上部に隙間を有し且つ内部に水の入った容器に載置し、電子レンジ内でマイクロ波加熱するようにした。

0008

(3)上記(2)の構成において、生卵の黄身の上にアルミニウム箔を載せてマイクロ波加熱するようにした。

0009

(4)生卵を電子レンジ内でマイクロ波加熱する調理器具であって、殻付きの生卵を水と共に収容する容器と、予め設定された時間と出力でマイクロ波加熱するための設定スイッチを有した電子レンジを具備した。

0010

(5)生卵を電子レンジ内でマイクロ波加熱する調理器具であって、殻を割った生卵を載せる皿と、上部に隙間を有し且つ内部に水を収容可能な容器と、予め設定された時間と出力でマイクロ波加熱するための設定スイッチを有した電子レンジとを具備した。

発明を実施するための最良の形態

0011

図1は本発明の第1の実施例を示す図であり、ゆで卵の調理方法を示している。本実施例の調理器具は、殻付の生卵1を水2と共に収容する深い容器3と、電子レンジとからなっている。図1の(a)は卵が1個の場合、(b)は複数の場合を示している。

0012

上記の調理器具でゆで卵を作る場合、まず容器3内に水2を入れ、この中に殻付の生卵1を収容する。そして、この容器3を電子レンズ内に入れてマイクロ波加熱する。

0013

このように調理することで、生卵が破裂することなく、従来の加熱調理よりも早く短時間でゆで卵を作ることができる。

0014

ここで、上記容器3の厚さは薄い方が望ましく、早く調理でき、従来の1/3程度の時間(5〜6分)で済む。また、容器3内の水2の量は多過ぎると時間が長くなり、生卵1が表面から出ない程度、例えば卵1個の場合は水280〜300cc程度が良く、卵の数が増えるにつれて水の量を増やすことが望ましい。

0015

図2は本発明の第2の実施例を示す図であり、目玉焼きの調理方法を示している。本実施例の調理器具は、殻を割った生卵4を載せる浅い皿5と、上部に内部と外部の通風孔となる隙間6を有し且つ内部に水7を収容可能な容器8と、電子レンジとからなっている。図2の(a)と(b)は隙間6の形状の違うものを示している。

0016

上記の調理器具で目玉焼きを作る場合、まず殻を割った生卵4を皿5の上に載せ、この生卵4の載った皿5を内部に水7の入った容器8に載置し、この容器ごと電子レンジ内に入れてマイクロ波加熱する。

0017

このように調理することで、生卵4の黄身が破裂すことなく、従来の加熱調理よりも早く短時間で目玉焼きを作ることができる。その際、図示のように黄身の上にアルミニウム箔9を載せることで、半熟の黄身を有した目玉焼きを容易に作ることができる。

0018

ここで、本実施例の調理方法においては、上述のように生卵4を載せた皿5の下に水7の入った容器8を設けることが肝要であり、且つその容器8の上部に周囲との通風孔となる隙間6を設けることが必要である。これにより、生卵4の黄身が破裂することなく早く目玉焼きを作ることができる。

0019

また、本実施例の応用として、上記皿5の上で卵以外にや肉あるいは野菜キノコ類をアルミニウム箔で覆って電子レンジで加熱するようにしても良い。この場合、その食品材料楊枝等で突いて穴をあけることにより更に調理時間短くすることができる。従来では電子レンジの料理でアルミニウム箔を使用することは熱をもつなどの理由で難しかったが、上記のように皿5の下側に水7の入った容器8を設けることで、容易にアルミニウム箔を利用した電子レンジ調理が可能となる。

0020

図3は上記の各実施例で使用される電子レンジの概要を示す斜視図である。この電子レンジ11は、時間を設定するタイマ12と、上述の卵調理用の設定スイッチ(押釦スイッチ)13を有しており、設定スイッチ13を押すと予め設定された時間と出力で内部の卵をマイクロ波加熱するようになっている。

0021

なお、上述のゆで卵の調理の場合、容器3の底の部分に生卵1が縦方向に並ぶように凹凸形状などを設けておくことも有効である。また、目玉焼きの調理に際しても、皿5の周囲部に枠を設けるなどの工夫をしてもよく、これらの容器3や皿5の材質に関しても適当なものを選択することが可能である。

発明の効果

0022

以上のように、本発明によれば、ゆで卵及び目玉焼きの調理を卵を破裂させることなく、早く短時間にて行うことができるという効果がある。

図面の簡単な説明

0023

図1本発明の第1の実施例を示す断面図
図2本発明の第2の実施例を示す断面図
図3実施例で使用する電子レンジの概要を示す斜視図

--

0024

1 生卵
2 水
3容器
4 生卵
5 皿
6 隙間
7 水
8 容器
9アルミニウム箔
11電子レンジ
13 設定スイッチ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • シャープ株式会社の「 加熱調理器、サーバ、広告出力プログラムおよび記録媒体」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】ユーザのニーズに沿った広告を出力することができる加熱調理器を提供する。加熱調理器(1)は、インターネット(102)を介してクラウドサーバ(200)と通信可能に接続される。加熱調理器(... 詳細

  • 佛山市順徳区美的電熱電器制造有限公司の「 別体型調理器具及びその制御方法」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】別体型調理器具及びその制御方法であって、制御方法は、ベース(10)に電源を入れた後、識別モジュール(11)の状態情報を取得するステップと、識別モジュール(11)の状態情報が第1の状態... 詳細

  • 三菱電機株式会社の「 加熱調理器」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】横長の底部を有する容器の加熱ムラを抑制することができる加熱調理器を提供することを目的とする。【解決手段】加熱調理器であって、横長の底部を有する容器と、容器を収納する本体と、容器を加熱する横長の... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ