図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2000年2月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

回収部不良品回収用トレイには不良品ICと再テストICが混載されているので、不良品回収用トレイのICは再度テストを行い、再テストICを良品ICと不良品ICに分類する必要があった。

解決手段

トレイ搬送装置により、不良品回収用トレイを回収部から供給部に自動搬送する方法を採用し、オペレータによるトレイ入れ替え作業が不要となり、再テストが自動処理できる。

概要

背景

マトリクス状配列収納する2分類仕様ICハンドラにおいて、良品と判断したICはマトリクス状配列の良品回収用トレイの第1ポケットから順次収納する。不良品ICまたはテスト条件不良等により再テストが必要と判断したIC(再テストIC)は不良品回収用トレイの第1ポケットから順次収納する。したがって、不良品回収用トレイには不良品ICと再テストICが混載されている。

このため、不良品回収用トレイのICは再度テストを行い、再テストICを良品ICと不良品ICに分類する必要があり、オペレータは1回目テストが終了した後に不良品回収用トレイを供給部にセットし直して、ICハンドラを再起動する必要がある。なお、この種のICハンドラとして関連するものには、特開昭63−63325 号公報がある。

概要

回収部の不良品回収用トレイには不良品ICと再テストICが混載されているので、不良品回収用トレイのICは再度テストを行い、再テストICを良品ICと不良品ICに分類する必要があった。

トレイ搬送装置により、不良品回収用トレイを回収部から供給部に自動搬送する方法を採用し、オペレータによるトレイ入れ替え作業が不要となり、再テストが自動処理できる。

目的

上記従来技術では、オペレータは1回目のテストが終了した後に不良品回収用トレイを供給部にセットし直して、ICハンドラを再起動する必要がある。本発明は、このオペレータ操作廃止して、再テストの自動処理方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ICが収納された回収部トレイを供給部に搬送して、ICを再テストするICハンドラ

技術分野

0001

本発明はマトリクス状に配列供給されるICを良品不良品に2分類してそれぞれをマトリクス状に配列収納するICハンドラに係わり、再テストする場合のIC及び回収用トレイ搬送動作に関連する。

背景技術

0002

マトリクス状に配列収納する2分類仕様のICハンドラにおいて、良品と判断したICはマトリクス状配列の良品回収用トレイの第1ポケットから順次収納する。不良品ICまたはテスト条件不良等により再テストが必要と判断したIC(再テストIC)は不良品回収用トレイの第1ポケットから順次収納する。したがって、不良品回収用トレイには不良品ICと再テストICが混載されている。

0003

このため、不良品回収用トレイのICは再度テストを行い、再テストICを良品ICと不良品ICに分類する必要があり、オペレータは1回目テストが終了した後に不良品回収用トレイを供給部にセットし直して、ICハンドラを再起動する必要がある。なお、この種のICハンドラとして関連するものには、特開昭63−63325 号公報がある。

発明が解決しようとする課題

0004

上記従来技術では、オペレータは1回目のテストが終了した後に不良品回収用トレイを供給部にセットし直して、ICハンドラを再起動する必要がある。本発明は、このオペレータ操作廃止して、再テストの自動処理方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0005

上記目的を達成するために、トレイ搬送装置により、不良品回収用トレイを回収部から供給部に自動搬送する方法を採用するものである。

発明を実施するための最良の形態

0006

以下、本発明の一実施例を図1図2(a),(b)により説明する。図1はICハンドラの構成を示し、基準フレーム10に供給エレベータ1と空トレイエレベータ2と良品回収エレベータ3と不良品回収エレベータ4とトレイ搬送装置5とIC搬送ロボット7とテストソケット9とで構成される。供給エレベータ1と空トレイエレベータ2の上にはオペレータ作業により、同形状のトレイ11が多段積みしてある。

0007

良品回収エレベータ3と不良品回収エレベータ4の上にはトレイ11が1枚ずつセットしてある。また、供給エレベータ1上のトレイ11にはICがマトリクス状に載っている。IC搬送ロボット7にはIC吸着パッド8が取り付いている。本実施例のトレイ搬送装置5はトレイを吸着・搬送する方式であり、トレイ搬送装置5にはトレイ吸着パッド6が取り付いている。

0008

図2(a),(b)は、マトリクス配列形状のトレイ11とトレイ吸着パッド6の関連を示すものである。ICを収納する各ポケットの底はフラット状の座面となっており、トレイ吸着パッド6によりこの座面を吸着できる。本発明はマトリクス列数により限定されるものではないが、以下の動作説明のために、トレイのマトリクス配列が3列×5列とし、右奥のポケットをポケット番号(1)とし、ポケット番号は左方向および手前に増え、左手前のポケットをポケット番号(15)とする。また、トレイ吸着パッド6により吸着する座面はポケット番号(8)とする。

0009

IC搬送ロボット7はIC吸着パッド8で供給エレベータ1の最上段のトレイ11からポケット番号順にICを吸着し、テストソケット9に順次搬送する。最上段のトレイ11からICの搬送が終了すると、トレイ搬送装置5は供給エレベータ1の位置に移動して、トレイ吸着パッド6により最上段の空となったトレイ11のポケットの座面を吸着してトレイ11を吸い上げる。トレイ搬送装置5は空トレイエレベータ2の位置に移動して、吸着しているトレイ11を空トレイエレベータ2のトレイ11の上に重ね置きを行う。トレイの搬送動作が終了すると、IC搬送ロボット7はポケット番号(1)から順次収納を再開する。

0010

テストソケット9で良品ICと判断された場合、IC搬送ロボット7はテストソケット9のICをIC吸着パッド8で吸着して良品回収エレベータ3上のトレイ11のポケット番号(1)から順次収納する。ポケット番号(15)への収納が終了すると、トレイ搬送装置5は空トレイエレベータ2の位置に移動して、トレイ吸着パッド6により空トレイエレベータ2の最上段の空のトレイ11のポケットの座面を吸着してトレイ11を吸い上げる。

0011

トレイ搬送装置5は良品回収エレベータ3の位置に移動して、吸着している空のトレイ11を良品回収エレベータ3上のトレイ11の上に重ね置きを行う。トレイの搬送動作が終了すると、IC搬送ロボット7は重ね置きされた空のトレイ11のポケット番号(1)から順次収納を再開する。

0012

また、テストソケット11で不良品ICまたは再テストICと判断された場合、IC搬送ロボット7はテストソケット11のICをIC吸着パッド8で吸着して不良品回収エレベータ4のトレイ11のポケット番号(1)から順次収納する。また、順次収納したポケット番号(7)の次はポケット番号(9)に収納し、ポケット番号(8)には収納しないようにする。ポケット番号(15)への収納が終了すると、上記の良品の場合と同様にトレイ搬送装置5により不良品回収エレベータ4に空のトレイ11の重ね置きを行う。IC搬送ロボット7は重ね置きされた空のトレイ11のポケット番号(1)から順次収納を再開する。

0013

上記の一連動作により、1回目の分類動作が終了する。不良品回収エレベータ4の上のトレイ11に再テストICが含まれている場合は、トレイ搬送装置5が不良品回収エレベータ4の上のトレイ11を供給エレベータ1上に搬送する。まず、トレイ搬送装置5は不良品回収エレベータ4の位置に移動する。不良品回収エレベータ4の上のトレイ11には不良品ICと再テストICが混載されているが、トレイ吸着パッド6により吸い上げるポケット番号(8)のポケットにはICが収納されていないのでポケットの座面の吸着が可能である。

0014

トレイ搬送装置5はトレイ11を吸い上げた後に、供給エレベータ1の位置に移動して、吸着しているトレイ11を供給エレベータ1に置く。このトレイ搬送動作により、再テストのトレイ入れ替え準備が自動処理されるため、オペレータのトレイ移替え作業が不要となる。その後、1回目の分類動作と同様に供給エレベータ1上のトレイ11の不良品ICと再テストICをIC搬送ロボット7でテストソケット11に搬送してテストし、テスト後はIC搬送ロボット7で良品ICと不良品ICに分類を行う。

発明の効果

0015

本発明は、上記に説明したように、再テストICが収納された回収部のトレイをトレイ搬送装置が供給部に自動搬送することで、再テストを自動処理できる効果がある。さらに、この再テストの自動処理を再テストICがなくなるまで繰り返し行うことで、最終的に全ICを良品と不良品に2分類することが可能である。また、吸着方式のトレイ搬送装置の場合、IC搬送ロボットがトレイの吸着用ポケットにICを収納しないことにより、トレイ搬送装置はICが収納されたトレイの吸着・搬送ができる。

図面の簡単な説明

0016

図1本発明の実施例であるICハンドラの斜視図。
図2(a)及び(b)はマトリクス配列のトレイとトレイ吸着パッドの正面図及び同図(a)のA−A線断面図。

--

0017

1…供給エレベータ、2…空トレイエレベータ、3…良品回収エレベータ、4…不良品回収エレベータ、5…トレイ搬送装置、6…トレイ吸着パッド、7…IC搬送ロボット、8…IC吸着パッド、9…テストソケット、10…基準フレーム、11…トレイ。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ