図面 (/)

技術 型用蓄積装置

出願人 カール・モンタナリエッセ.ピ.ア
発明者 ジョバンニマルコカール
出願日 1999年4月30日 (21年0ヶ月経過) 出願番号 1999-123431
公開日 2000年2月15日 (20年2ヶ月経過) 公開番号 2000-044018
状態 特許登録済
技術分野 自動組立 倉庫・貯蔵装置 エンドレスコンベヤのフレーム コンベヤ間の中継 2
主要キーワード 輸送チェーン 直立材 最小許容量 駆動小歯車 不等角投影 ウォームねじ 水平並進 送りライン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年2月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

菓子製品保管を容易にする,非常に簡略な構造様式かつ小型の型用蓄積装置を提供すること。

解決手段

型用蓄積装置1の底部部分4近くには型8を順方向に送るための水平コンベヤ手段6,7が,上部部分5近くには型11を逆方向に戻すための水平コンベヤ手段9,10がそれぞれ具備されている。水平コンベヤ手段6,10の間の型用蓄積装置1の入口12には,型8を搬送するための上昇垂直コンベヤ13が備えられている。水平コンベヤ手段7,9の間の出口14の前には,型8を搬送する下降垂直コンベヤ15が備えられている。垂直コンベヤ13,15の間には,型8,11を移動させる水平駆動装置16が備えられている。水平駆動装置16は移動可能であり,垂直軸17に沿って制御可能に配置される。

概要

背景

概要

菓子製品保管を容易にする,非常に簡略な構造様式かつ小型の型用蓄積装置を提供すること。

型用蓄積装置1の底部部分4近くには型8を順方向に送るための水平コンベヤ手段6,7が,上部部分5近くには型11を逆方向に戻すための水平コンベヤ手段9,10がそれぞれ具備されている。水平コンベヤ手段6,10の間の型用蓄積装置1の入口12には,型8を搬送するための上昇垂直コンベヤ13が備えられている。水平コンベヤ手段7,9の間の出口14の前には,型8を搬送する下降垂直コンベヤ15が備えられている。垂直コンベヤ13,15の間には,型8,11を移動させる水平駆動装置16が備えられている。水平駆動装置16は移動可能であり,垂直軸17に沿って制御可能に配置される。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

菓子製品製作システム内に配置される型(8,11)を蓄積するための型用蓄積装置(1)であって,前記型用蓄積装置(1)の底部部分(4)近くには菓子製品の入った型(8)を順方向に送るための水平コンベヤ手段(6,7)が,また,上部部分(5)近くには空の型(11)を逆方向に戻すための水平コンベヤ手段(9,10)がそれぞれ具備され,前記水平コンベヤ手段(6,10)の間の,前記菓子製品の入った型(8)が導入される前記型用蓄積装置(1)の入口(12)側には,前記型(8,11)を搬送するために制御可能に駆動する上昇垂直コンベヤ(13)が備えられ,前記水平コンベヤ手段(7,9)の間の,前記菓子製品の入った型(8)が排出される前記型用蓄積装置(1)の出口(14)の前には,前記型(8,11)を搬送するために制御可能に駆動する下降垂直コンベヤ(15)が備えられ,前記下降垂直コンベヤ(15)と上昇垂直コンベヤ(13)の間には,前記型(8,11)を水平方向に移動させるための水平駆動装置(16)が備えられ,更に,前記水平駆動装置(16)は移動可能であり,垂直軸(17)に沿って制御可能に配置されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項2

請求項1において,前記型用蓄積装置(1)は,前記菓子製品製作システム内における冷蔵装置(2)と離型装置(3)の間に配置されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項3

請求項1又は2において,前記上昇垂直コンベヤ(13)は,菓子製品製作システム内の上流に配置される冷蔵装置(2)の駆動装置に結合されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項4

請求項1〜3のいずれか一項において,前記下降垂直コンベヤ(15)は,前記菓子製品製作システム内の前記型用蓄積装置(1)の下流に配置される離型装置(3)の駆動装置に結合されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項5

請求項1〜4のいずれか一項において,前記型用蓄積装置(1)から前記型(8,11)を排出する前記水平コンベヤ手段(7,10)には,前記型(8,11)を段階的に解放するための同期装置(100)が具備されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項6

請求項1〜5のいずれか一項において,前記上昇垂直コンベヤ(13)及び下降垂直コンベヤ(15)は,前記水平コンベヤ手段(6,7,9,10)の横に配置され,前記型用蓄積装置(1)の全高にわたって設けられていることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項7

請求項1〜6のいずれか一項において,前記上昇垂直コンベヤ(13)及び下降垂直コンベヤ(15)は,その横方向に,前記型用蓄積装置(1)の箱状のケーシング(23)に回転可能に支えられるシャフト(25)を備え,一対のチェーン(27)を誘導し駆動するための複数の小歯車(26)を前記シャフト(25)上に固定し,前記型(8,11)を受け取り支えるための平皿(28)は,前記チェーン(27)から片持ち梁状に伸び,更に前記平皿(28)は,前記チェーン(27)に沿って等間隔に配置されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項8

請求項7において,前記小歯車(26)のシャフト(25)は,制御可能に駆動されるモータ減速装置(36)に連結されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項9

請求項1〜8のいずれか一項において,前記水平駆動装置(16)は,制御可能に駆動されるモータ減速装置(49)に連結されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項10

請求項1〜9のいずれか一項において,前記水平駆動装置(16)は,垂直軸(17)に連結される往復台(41)を具備し,前記往復台(41)からは,前記上昇垂直コンベヤ(13)及び下降垂直コンベヤ(15)に交差できるように,複数の平行アーム(43,44)が伸び,前記平行アーム(43,44)は,チェーン(46)を誘導し,駆動するための小歯車(45)を支え,更に前記チェーン(46)の横断方向には,前記型(8,11)を移動させるためのフィンガープッシャー装置(47)を備えることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項11

請求項10において,前記平行アーム(43,44)により支えられる前記小歯車(45)は,前記平行アーム(43,44)の横断方向に配置されるシャフト(48)に固定されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項12

請求項1〜11のいずれか一項において,前記小歯車(45)の前記シャフト(48)は,制御可能に駆動されるモータ減速装置(49)に連結されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項13

請求項1〜12のいずれか一項において,垂直に配置され,前記型用蓄積装置(1)の前記箱状のケーシング(23)によって支えられる軸を有するウォームシャフト(40)が,上昇垂直コンベヤ(13)と下降垂直コンベヤ(15)の間に配置され,かつ前記水平駆動装置(16)の垂直駆動のための往復台(41)に固定されるスクロールが,前記ウォームシャフト(40)に連結されていることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項14

請求項13において,前記ウォームシャフト(40)は,前記ウォームシャフト(40)の回転速度を検知するための変換器によりフィードバック制御されるモータ減速装置に連結されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項15

請求項1〜14のいずれか一項において,前記水平駆動装置(16)の垂直位置を制御するための駆動制御装置は,前記水平駆動装置(16)の下にある前記上昇垂直コンベヤ(13)又は下降垂直コンベヤ(15)内での前記型(8,11)の存在を検知するための変換器(50)を有していることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

請求項16

請求項1〜15のいずれか一項において,前記水平駆動装置(16)の駆動制御装置は,前記上昇垂直コンベヤ(13)及び下降垂直コンベヤ(15)の駆動装置に連結されることを特徴とする型用蓄積装置(1)。

技術分野

0001

本発明は,チョコレート製品などのような菓子製品製作するためのシステムで使用するための型を蓄積するための型用蓄積装置に関し,特に,型用蓄積装置に入る最初の型が前記型用蓄積装置を出る最初の型となる先入れ先出しの論理に従って動作する型用蓄積装置に関する。

0002

従来の技術で知られているように,チョコレートバーチョコレートなどの菓子製品を製作するために,液状の菓子かたまり充填されてから,冷却システム内で凝固工程に供される複数の凹部を含むパターンまたは型が使用されていた。これらの菓子製品製作システムには,さまざまな運転速度で動作するシステムパーツまたはステーション具備される。

0003

例えば,製品品質の理由から,パターン化ステーション,冷却ステーション,および離型装置が互いに機能的に作用するように連結され,したがって,それらは同期移動を実行し,前記ステーションは,動作の中断をできるだけ少なく抑えられるよう連続して動作する。例えば,冷却システムにおいては,厳密に一定の時間の間,菓子製品を事前に設定された温度で保持し,所望の品質を持つ最終製品を提供することは不可欠である。

0004

一方,前記菓子製品の梱包つまり包装は,独立した駆動手段を有するシステムにより実施される。特に,包装装置の運転速度は,前記成形ステーションまたはパターン化ステーション,冷却ステーション(冷蔵装置)および離型ステーション(離型装置)の一定運転速度の0%から130%で変化することがある。

0005

前記包装装置の運転速度の変動は,例えば,保守または詰まりのためだけではなく,梱包材の供給および交換のために必要な中断により生じる。それ故,同じ製作ライン上に備えられる運転装置またはステーションの前記の運転速度の違いのために,蓄積されなければならない過剰な量の製品が作製される。

0006

現在では,離型ステーションと包装機械の間での連続動作を可能とするために,離型された菓子製品蓄積ステーションが備えられ,その中では,製品を変質させ,システムをロックしやすい損傷または詰まりを防ぐために,離型された製品は個別にまたは製品の列ごとのどちらかにより取り扱われる。

0007

同じ型から出る菓子製品の列の間での起り得る詰まり,および製品に生じ得る損傷を防ぐためには,それぞれの個別製品列を取り扱うことが不可欠となる。このような取扱い操作を実行するために,従来の型用蓄積装置は,菓子製品をコンベヤ手段から取り出し,それらをコンベヤに固定される適当な保管プレートまたはスラブの上に置く非常に複雑な取扱い機構,および例えばラインから離れて配置される保管システムを備えるように設計されてきた。

0008

前記従来の型用蓄積装置は,製作された菓子製品が,型から離されると,型用蓄積装置内での包装状態待機して保持され,それにより前記製品が汚され,損傷を受ける可能性があるというさらなる欠点を持つ。前記型用蓄積装置は,通常,パターン化ラインまたは成形ラインの下流における,離型ステーションと包装ラインの間に配置される。

0009

前記アプローチは,(損傷,汚れ汚濁などのような)離型された製品の取扱いおよび保管動作に関係する問題点に加えて,菓子製品支持プレート保管位置からその積載位置まで適切に取扱わなければならないというさらなる問題点も呈する。さらに,従来の連続ラインシステムは,プレート支えられる製品を包装機械に送るとすぐに,空の戻りプレートの適切な管理を実行する必要があるというさらなる欠点を持つ。したがって,空のプレートを制御するために,さらに別の型用蓄積装置が,製作ラインの戻りラインに備えられなければならない。したがって,菓子製品の入ったプレートおよび空のプレートを蓄積するための従来の蓄積ステーションは,非常に大きい全体のサイズを有する。

0010

本発明は,かかる従来の問題点に鑑みてなされたもので,非常に簡略な構造様式および小型の型用蓄積装置による菓子製品の保管を容易にすることを目的とする。

0011

請求項1に記載の発明は,菓子製品製作システム内に配置される型を蓄積するための型用蓄積装置であって,前記型用蓄積装置の底部部分近くには菓子製品の入った型を順方向に送るための水平コンベヤ手段が,また,上部部分近くには空の型を逆方向に戻すための水平コンベヤ手段がそれぞれ具備され,前記水平コンベヤ手段の間の,前記菓子製品の入った型が導入される前記型用蓄積装置の入口側には,前記型を搬送するために制御可能に駆動する上昇垂直コンベヤが備えられ,前記水平コンベヤ手段の間の,前記菓子製品の入った型が排出される前記型用蓄積装置の出口の前には,前記型を搬送するために制御可能に駆動する下降垂直コンベヤが備えられ,前記下降垂直コンベヤと上昇垂直コンベヤの間には,前記型を水平方向に移動させるための水平駆動装置が備えられ,更に,前記水平駆動装置は移動可能であり,垂直軸に沿って制御可能に配置されることを特徴とする型用蓄積装置にある。

0012

本発明における型用蓄積装置は,菓子製品製作ラインの内側に配置され,直接的に型を取り扱う。したがって,その取扱い機構は,それらが型から外された製品を取り扱わず,菓子製品をその製作ラインから逸らした後再び導入し直すということをしないため,構造として非常に単純である。したがって,本発明は,空のプレート用に独立した蓄積ステーションまたは型用蓄積装置が必要とされず,それによりさらなる構造上の簡略化を提供するので,蓄積システムにより占められていた空間を大幅に削減することを可能にする。具体的には,このシステムにおいては,菓子製品の代わりに型が取り扱われ,それによって型凹部内に保持される菓子製品は,汚れの原因および取扱い損傷にさらされるのがより少なくなる。

0013

さらに,型用蓄積装置は,型を直接的に管理し取り扱うので,前記型用蓄積装置は,製作ライン内における離型機器上流に配置することができる。したがって,それ以降の包装ステーション要件に応じて離型ステーションを制御することが可能になる。このようにして,前記型から,包装操作に直ちに送られる製品だけが解放され,それにより前記製品の汚れおよび損傷を最小限に抑える。

0014

さらに,型用蓄積装置は,冷蔵装置と離型装置の間に配置されるので,それは全体的な製作ラインを管理または制御するために考案された管理論理において容易に当てはめることができる。したがって,離型ステーションは,パターン化または成形ライン駆動装置から物理的に分離され,パターン化または成形システムとは関係なく,包装装置と同期して運転される専用の駆動アセンブリを具備する。型型用蓄積装置の移動は,上流のステーション(冷蔵装置)および下流のステーション(離型装置)と同期される。

0015

したがって,製品の入った型が導入される型用蓄積装置の入口側に連続的に配置される上昇垂直コンベヤは,菓子製品製作システム内の型用蓄積装置の上流に配置されるステーション,例えば冷蔵装置の駆動装置に機能的に作用するように連結される。逆に,菓子製品の入った型が排出される型用蓄積装置の出口の前に配置される下降垂直コンベヤは,前記菓子製品製作システム内の前記型用蓄積装置の下流に配置されるステーション,例えば離型ステーションの駆動装置に機能的に作用するように連結される。型が製作ラインの中に間隔を空けて再導入できるようにするために,前記型を前記型用蓄積装置から排出するために備えられる水平コンベヤ手段には,前記型を段階ごとに解放するための装置が具備される。

0016

水平コンベヤから型を取り出し,前記型を前記型用蓄積装置内で支えるために,垂直コンベヤは,水平コンベヤ手段の側面に配置され,前記型用蓄積装置の全高さにわたって設けられる。型のセットを水平コンベヤ手段から容易に取り出すためには,上昇垂直コンベヤ及び下降垂直コンベヤは,水平コンベヤ手段のコンベヤ平面を超えて伸ばされる。

0017

前記型を構造的に単純な方法で,型を水平コンベヤ手段から取り出し前記型用蓄積装置の内側に支えるために,垂直コンベヤは,前記水平コンベヤ手段の横に複数のシャフトを具備しており,該シャフトは前記型用蓄積装置の箱状のケーシングに回転可能に支えられていると共に,その上には複数のチェーン誘導駆動小歯車が固定される。型を支え,受け取る平皿は,片持ち梁様式でチェーンから伸び,前記平皿は,前記チェーンに沿って等しい間隔で配置される。

0018

型用蓄積装置入口に配置される垂直コンベヤは,菓子製品の入った型または型セットを順方向送り水平コンベヤ手段から取り出し,前記型を垂直平面で移載または搬送することにより,上昇列つまり積み重ねを形成する。上部では垂直コンベヤが,前記戻り水平コンベヤ手段上で空の型または空の型セットを解放する。

0019

前記型用蓄積装置出口の前に備えられる垂直コンベヤは,(上昇垂直コンベヤにより運搬される)菓子製品の入った型または菓子製品の入った型セットを,型用蓄積装置を出る順方向送り水平コンベヤ手段上で解放し,一方,空の型を上部に配置される戻り水平コンベヤ手段から受け取り,それにより下降列つまり積み重ねを形成する。

0020

前記平皿がチェーンに沿って一様に配置され,コンベヤが水平コンベヤ手段の両側に提供されるため,前記型をその中に収容するための複数の凹部が形成される。垂直コンベヤを取り扱うために,前記小歯車のシャフトは,制御可能に駆動されるモータ減速装置に機能的に操作するように連結される。垂直コンベヤの移動を型用蓄積装置の上流または下流のどちらかにある製作ラインに同期させるために,モータ減速装置の制御装置は,製作ライン駆動装置に機能的に作用するように連結される。

0021

型セットを垂直コンベヤの間で移すために,水平駆動装置は,前記コンベヤが休止状態にあるときに移送できるように制御される。型を垂直コンベヤ間で移すために,水平駆動装置には,垂直軸に機能的に作用するように連結される往復台が具備される。チェーン誘導駆動小歯車を支える平行アームが,前記垂直コンベヤを横切って通過できるように,前記往復台から横方向に伸びる。前記チェーンの横断方向で,型を移動させるフィンガープッシャー装置が具備される。

0022

小歯車誘導駆動ベルトには,交差して配置されるフィンガープッシャー装置が備えられる。フィンガープッシャー装置を同期して駆動することができるように,前記アームにより支えられる一対の小歯車が,前記アームの横断方向に配置されるシャフト上に固定される。フィンガープッシャー装置を駆動するために,小歯車シャフトは駆動されるモータ減速装置に機能的に作用するように連結される。

0023

水平駆動装置を垂直軸に沿って配置できるように,ウォームシャフトが垂直コンベヤの間に配置され,その軸は垂直に伸び,型用蓄積装置の箱状のケーシングつまりフレームにより支えられるが,往復台を垂直に昇降させるために水平駆動装置に固定されたスクロールが前記ウォームシャフトに対し配置される。水平駆動装置の垂直移載または配置を制御するために,ウォームシャフトは,同期するモータ減速装置に機能的に作用するように連結され,前記モータ減速装置は,ウォームシャフトの回転速度変換器によりフィードバック制御される。

0024

水平駆動装置を適切な高さに配置し,型を垂直コンベヤから他に移載するために,前記コンベヤが休止状態にあるときに,水平駆動装置制御装置は,垂直コンベヤ駆動装置に機能的に作用するように連結される。製作ラインにより必要とされる型の数に応じて水平駆動装置の垂直位置を調整するために,水平駆動装置制御装置は,垂直コンベヤ上での型の存在を検知するための変換器またはセンサに機能的に作用するように連結され,前記変換器またはセンサは水平駆動装置の下に配置される。

0025

このようにして,下降垂直コンベヤ内に具備される,水平駆動装置の下にある空間内での型の存在の判断に基づき,前記水平駆動装置の上昇を調整し,それにより水平駆動装置を垂直コンベヤに対して適切に位置させることが可能であり,上方つまり上昇垂直コンベヤから出て来る型セットを受け入れるための空き空間が提供される。

0026

また,上昇垂直コンベヤ内に備えられる,水平駆動装置の下にある空間での型の存在の判断に基づき,水平駆動装置の下降を調整し,それにより前記上昇垂直コンベヤの型セットは下降垂直コンベヤへ移される。この種の調整により,型用蓄積装置内に存在する菓子製品の入った型の数は可能な限り少なく設定され,平衡状態が自動的に維持される。

発明を実施するための最良の形態

0027

実施形態例
本発明の実施形態例にかかる型用蓄積装置につき,図1図7を用いて説明する。図1は,菓子製品製作システムに配置される,符号1で示される,型用蓄積装置を示す。さらに具体的には,型用蓄積装置1は,冷蔵庫即ち冷蔵装置(2)の後で,離型ステーション即ち離型装置3の前に配置される。

0028

型用蓄積装置1は,これ以降にさらに詳細に開示されるように,順方向送りラインの菓子製品の入った型8と,戻りラインの空の型11の両方の蓄積を可能とする。水平コンベヤ手段6,7,9および10は,前記型用蓄積装置1の箱状のケーシングに入ることにより,製作ラインを前記型用蓄積装置1と接続する。型用蓄積装置1の底部部分4近くには,連続して,菓子製品の入った型8を順方向で送るための水平コンベヤ手段6,7が備えられる。上部部分5近くには,空の型11の戻りのための水平コンベヤ手段9,10が連続して配置される。

0029

水平コンベヤ手段6,10の間には,菓子製品の入った型8が導入される前記型用蓄積装置1の入口12側で連続して,符号13で示される上昇垂直コンベヤが備えられる。該上昇垂直コンベヤ13は,垂直平面内で型8,11を移載または搬送するために制御可能に駆動することができる。例えば,上昇垂直コンベヤ13は,前記型8,11を上方に搬送する。

0030

水平コンベヤ手段9,7の間の,菓子製品の入った型8が排出される型用蓄積装置1の出口14の前には,符号15により示される下降垂直コンベヤが具備される。該下降垂直コンベヤ15は,型8,11を順番に搬送するために制御可能に駆動できる。例えば,前記下降垂直コンベヤ15は,連続して降下する経路に沿って,型用蓄積装置1の下流で製作ラインと同期して前記型8,11を搬送または移載する。

0031

上昇垂直コンベヤ13と下降垂直コンベヤ15は,前記型8,11を搬送または移載し,前記型8,11の上昇或いは下降の列即ち積み重ねを形成し,前記型列即ち積み重ねは,型用蓄積装置1の上流或いは下流で製作ラインと同期した状態で駆動される。

0032

隣接する垂直コンベヤ13,15の間には,符号16で示される水平駆動装置がある。水平駆動装置16は,菓子製品の入った型8を上昇垂直コンベヤ13から下降垂直コンベヤ15に搬送し,同時に前記空の型11を下降垂直コンベヤ15から上昇垂直コンベヤ13に移す。前記水平駆動装置16は,垂直軸17に沿って駆動し配置される。

0033

図4から図7は,型用蓄積装置1を形成する主要な構成要素の構造上の詳細を示す。図4は,型用蓄積装置1に菓子製品の入った型8を導入する水平コンベヤ手段6の端部分20を示す。例えば,小歯車または滑車21は,型用蓄積装置1の箱状の型枠またはケーシング23の底部プレート22で支えられ,前記小歯車誘導駆動チェーンまたはベルトが前記菓子製品の入った型8を支える。

0034

水平コンベヤ手段には,クロスリッジ又はガイディングプッシャーを有する小歯車21により駆動し,誘導されるチェーンが備えられることが好ましい。前記コンベヤ6,9では,前記型がプッシングパウル(図示されていない)の間のコンベヤまたは輸送チェーン内で嵌合される。型8は,段階ごとに駆動されるコンベヤ6,9から取り出される。

0035

前記水平駆動装置16により実行されるように,上昇垂直コンベヤ13から下降垂直コンベヤ15までの移送の間に,型8は前記装置16により積み重ねられた状態に配置される。同様に,下降垂直コンベヤ15から上昇垂直コンベヤ13へ空の型11の移送が実行される。

0036

下降垂直コンベヤ15および上昇垂直コンベヤ13は,前記型用蓄積装置の出口近くに同期装置100を具備し,該同期装置100はシステムのそれ以外の部分と連結され,型用蓄積装置1に隣接する装置(即ち,離型装置および冷蔵装置)の水平コンベヤ上で,段階的に,積み重ねられた型を受け取り,それらを解放する。水平コンベヤ手段の端部分20の横に,型用蓄積装置1の全高にわたって伸びる上昇垂直コンベヤ13が備えられる。

0037

図5および図6に図示されるように,前記垂直コンベヤ13,15は,型用蓄積装置1の箱状のケーシング23に回転可能に支えられたシャフト25を,その上部および底部に具備する。前記シャフト25は,一対のチェーン27,またはその他の実施態様では,対応するベルトを誘導し,駆動するための小歯車26または滑車を支える。

0038

前記チェーン27に沿って,前記型8,11を受け入れ,支えるための平皿28が備えられ,前記平皿28は,前記チェーン27に沿って等間隔関係で配置され,その中に前記型8,11をはめるための凹部29を提供する。上昇垂直コンベヤ13は,水平コンベヤ手段6,7,9,10の運搬平面30の下まで伸びる。

0039

したがって,チェーン27を支える平皿28が小歯車26の回りで回転すると,前記平皿28は,前記水平コンベヤ手段6,7,9,10から横方向に突出する前記型8,11の端部分31,32を係合し,持ち上げる。同様に,上昇垂直コンベヤ13は,前記水平コンベヤ手段9,10により確定される平面上まで伸び,それにより,水平コンベヤ手段9,10上で連結される押し装置が,型11を戻りライン35(図1)に移載または搬送する。

0040

小歯車26のシャフト25は,制御可能に駆動されたモータ減速装置36に機能的に作用するように連結される。モータ減速装置36の制御装置は,製作ライン駆動装置(図示されていない)に機能的に作用するように連結される。

0041

図4図5,および図7は,水平駆動装置16を示す。ウォームシャフト40は,その軸が,前記型用蓄積装置1の箱状のケーシング23により垂直コンベヤ13,15の間に垂直に配置された状態で支えられる。スクロール,例えばボール再循環スクロール(図示されていない)は,前記ウォームシャフト40に機能的に作用するように連結される。前記スクロールは,水平駆動装置16を垂直に駆動し,配置するための往復台41と固定される。

0042

ウォームシャフト40は,同期されるモータ減速装置に機能的に作用するように連結され,前記モータ減速装置は,ウォームシャフト40の回転速度変換器またはセンサ(図示されていない)によりフィードバック制御される。本発明のその他の実施態様(図示されていない)においては,対応するラックが具備される複数の直立材が,垂直コンベヤ13,15の間に備えられる。往復台41には,横方向に,片持ち梁様式で配置される前記ラックとかみ合う小歯車が具備され,前記小歯車は機能的に作用するように,制御可能に駆動されるモータ減速装置に連結される。

0043

前記往復台41から,平行アーム43,44が,垂直コンベヤ13,15に交差するように横方向に伸びる。前記平行アーム43,44は,対応するチェーン46またはベルトを誘導し,駆動するために小歯車または滑車45を支える。フィンガープッシャー装置47は,前記チェーン46から横断方向に伸び,平行チェーン46上に具備される前記フィンガープッシャー装置47は,互いに一直線に整列される。

0044

水平駆動装置16が休止状態または停止状態にあるとき,フィンガープッシャー装置47は前記平行アーム43,44の端に配置される。このようにして,前記フィンガープッシャー装置47は,前記型を上昇垂直コンベヤ13の平皿28から下降垂直コンベヤ15の平皿28に,またはその逆方向に押すために,前記型8,11の横に支えられている。

0045

前記水平駆動装置16の底部で,型センサまたは変換器50が,前記型8,11の存在を検知するために具備される。例えば,近接センサまたは光学防壁変換器は,上昇垂直コンベヤ13の平皿28により確定される凹部,および下降垂直コンベヤ15の平皿28により確定される凹部29の両方にある水平駆動装置16の下での前記型8の存在を検知するために,前記アーム43,44の底部部分に配設される。

0046

前記アーム43,44上に備えられる一対の小歯車45は,連結するシャフト48により互いに結合される。小歯車45が結合したシャフト48は,制御可能に駆動されるモータ減速装置(サーボモータ)49に機能的に作用するように連結される。

0047

型用蓄積装置1の動作は,図1図2図3図4,および図5を用いて,以下に開示する。菓子製品で満たされ,冷蔵装置2を出る型8は,水平コンベヤ手段6により前記型用蓄積装置1の箱状のケーシング23の入口12に運搬される。前記箱状ケーシング23の内側では,前記菓子製品の入った型8が,前記型用蓄積装置1の上昇垂直コンベヤ13により受け取られる。

0048

水平コンベヤ手段6により運搬される菓子製品の入った型8の移動または移載は,間欠動作である。実際に,水平コンベヤ手段6は,離型装置3の製作ラインに機能的に作用するように結合され,型8はそこでその凹部を前記菓子製品で満たすのに十分な時間の間停止しなければならない。

0049

間欠移載により,位相は前記水平コンベヤ手段6に関して補正されるが,上昇垂直コンベヤ13が,平皿28により,その底部に存在する菓子製品の入った型8のセットを取り上げる。前記上昇垂直コンベヤ13の底部に存在する菓子製品の入った型8のセットを持ち上げることにより,新しい菓子製品の入った型8のセットが型用蓄積装置1に入ることができるようになる。

0050

前記間欠移動により,上昇垂直コンベヤ13は,前記平皿により形成される前記凹部29内に供給される菓子製品の入った型8のセットを,前記水平並進装置(水平駆動装置)16近くの領域まで持ち上げる。前記水平駆動装置16は,特に,下降垂直コンベヤ15内で,上昇する列,即ち積み重ねの中に提供される,菓子製品の入った型8のセットを移送するために空の凹部29が確実に備えられる高さで配置される。

0051

前記型水平駆動装置16は,近接つまり光学防壁変換器50が,水平駆動装置16のすぐ下にある下降列内の3つの凹部29を検知する場合に限って,駆動する,つまり,上昇列から下降列へ移動する。それ以外の場合,前記水平駆動装置16は,上昇垂直コンベヤ13の移動と同期した移動で持ち上げられる。

0052

実際には,前記ウォームねじ(ウォームシャフト)40に機能的に作用するように連結されるサーボモータが,下降列内での水平駆動装置16の下の菓子製品の入った型8の存在を検知する前記変換器またはセンサ50から信号を受信することにより,往復台41を上昇列と同期して持ち上げさせることによってボール再循環ねじ(ウォームシャフト)40を回転できるように駆動する。

0053

垂直コンベヤ13,15が休止または停止位置にあるとき,モータ減速装置49は,小歯車45を駆動し,それにより,フィンガープッシャー装置47に,菓子製品の入った型8のセットの最も外側の側面を接触させ,次に前記菓子製品の入った型8のセットを,上昇垂直コンベヤ13の平皿28から,前記下降垂直コンベヤ15の平皿28に滑動させる。下降間欠移動により,下降垂直コンベヤ15は,菓子製品の入った型8のセットを,前記型用蓄積装置1から排出して水平コンベヤ手段7の上に移す。

0054

前記菓子製品の入った型8を前記離型装置3に送る前に,同期装置は,均等な間隔で離型装置3のコンベヤライン上でそれらを配置することにより,型8のセットを分離する。離型装置3のコンベヤラインは,前記型8から菓子製品を解放した後に,型用蓄積装置1の上部部分5近くに型11を供給し,そこには前記型用蓄積装置1の箱状ケーシング23に入る水平コンベヤ手段9が備えられる。

0055

空の型11は,水平コンベヤ手段9により下降垂直コンベヤ15の上部に運搬され,そこでそれらは平皿28により受け取られ,水平駆動装置16に向かって搬送される。空の型11セットが水平駆動装置16のアーム43,44近くの領域に達すると,前記型セットは,下降垂直コンベヤ15の平皿28の前記フィンガープッシャー装置47により,上昇垂直コンベヤ13の平皿28に移載される。前記上昇垂直コンベヤ13は,型用蓄積装置1の上部に空の型11セットを供給し,そこで型11セットは水平コンベヤ手段10により,離型ステーション戻りライン(図示されていない)に向かって動かされる。

0056

離型ステーションおよび成形ステーション,またはパターン化ステーションが同じ速度で運転するならば,運転サイクルは,前記に開示されたように保持される。一方,離型ステーションが,成形ステーションまたはパターン化ステーションよりも低い運転率つまり速度で運転する場合は,下降垂直コンベヤ15は,その駆動速度を減少し,それにより離型装置3のコンベヤラインにより少ない量の型を戻す。

0057

前記型用の水平駆動装置16は,型8のセットを下にある水平コンベヤ手段6から持ち上げる上昇垂直コンベヤ13と同期して持ち上げられる。水平駆動装置16は,前記下降垂直コンベヤ15内に空き空間または凹部29を見つけ出し,その中に菓子製品の入った型8のセットを移すことができるように持ち上げられる。したがって,菓子製品の入った型8の高さは,上昇垂直コンベヤ13,および下降垂直コンベヤ15の両方で同じ高さまで均等に上昇し,それにより蓄積または積み重ね効果を提供する(図3)。

0058

離型セクション即ちステーション3が,パターン化ステーション即ち成形ステーションよりも大きい運転速度で運転するとき,下降垂直コンベヤ15は,さらに大きな速度で菓子製品の入った型8を解放する。したがって,下降垂直コンベヤ15は,上昇垂直コンベヤ13の供給よりすばやく空になる傾向がある。したがって,水平駆動装置16は,下降垂直コンベヤ15内で菓子製品の入った型8と同じ速度で引き下げられ始め,それによって前記垂直コンベヤ13,15の両方で蓄積される量を,最小許容量まで漸次的に空にするか,或いは排出することができるようにする(図2)。

0059

したがって,運転中,つねにこの機能で作動する前記水平駆動装置16は,垂直方向でつねに菓子製品の入った型8の高さに配置されるように駆動され,前記菓子製品の入った型8の積み重ね高さが,図2に示されるように最も低い高さとなるように制御される。一方,この型用蓄積装置1は,空の型11の積み重ね高さを可能な限り高くするように制御される。

図面の簡単な説明

0060

図1実施形態例における,冷蔵装置と離型装置の間に配置される型用蓄積装置の部分的な断面側面図。
図2実施形態例における,型用蓄積装置の1つの動作位置を示す部分断面図。
図3実施形態例における,型用蓄積装置の他の動作位置を示す部分断面図。
図4実施形態例における,垂直コンベヤおよびその間に配置される水平駆動装置を示すさらに部分的な断面側面図。
図5図1のI−I線断面の詳細図。
図6実施形態例における,垂直コンベヤを示す概略不等角投影部分断面図。
図7実施形態例における,水平駆動装置を示すさらなる概略不等角部分断面図。

--

0061

1...型用蓄積装置,
2...冷蔵装置,
3...離型装置,
6,7,9,10...水平コンベヤ,
8,11...型,
12...入口,
13...上昇垂直コンベヤ,
14...出口,
15...下降垂直コンベヤ,
16...水平駆動装置,

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社日本総合研究所の「 収容システム」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】 無人農業機械のメンテナンス作業にかかる労力の削減が望まれている。【解決手段】 自律移動機能を有する作業機械に着脱可能に構成された第1アタッチメントを収容するための収容システムであって、そ... 詳細

  • 村田機械株式会社の「 搬送装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】搬送中の荷の状態を検知するセンサの誤検出による搬送効率の低下を抑制する。【解決手段】スタッカクレーン3は、移動部と、スライドフォーク29と、第1センサ31〜第3センサ35と、計測部53と、主制... 詳細

  • 株式会社マキタ機工の「 物品の表裏反転装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】 搬送される物品の表裏を確実に反転させることができる物品反転装置を提供する。【解決手段】 外周面に沿って溝部11が形成された挟持プーリ10と、溝部11の底部11aに巻き掛けられた無端状の第... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ