図面 (/)

技術 擬石の製造方法

出願人 大和コンクリート工業株式会社
発明者 金城隆桑江良政伊集健次
出願日 1998年6月12日 (22年11ヶ月経過) 出願番号 1998-179798
公開日 2000年1月7日 (21年4ヶ月経過) 公開番号 2000-000807
状態 特許登録済
技術分野 積層体(2) 材料からの成形品の製造 プレス成形、コンベアを利用した成形 後処理、加工、供給、排出、その他の装置
主要キーワード 琉球石灰岩 板状体表面 粒度調節 各板状体 湾曲形 まき散らす 模様形状 セメント表面
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2000年1月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

自然石の表情に酷似した表状を有し、且つ所望の強度を有する薄い板状体擬石を簡単に且つ効率良く製造する。

解決手段

型枠内土類散布した土類散布層とセメント材からなる所定厚さのセメント層を交互に積層して積層体を形成し、該積層体を振動又はプレスしてセメント層の締め固めを行い、セメント材が固化後に脱型して、少なくとも片面に土類散布層が露出するように薄くスライスして板状体を得る。該板状体表面に露出する土類を除去する。

概要

背景

近年、建築物土木構築物等において、自然調又は重厚な雰囲気の醸成や高級化が求められ、壁面や床面等の形成に自然石材又は擬似石材が多用されている。しかしながら、自然石材は資源枯渇等で益々高価となり、且つ施工の困難性等があり、自然石での施工はよりコスト高となってきている。一方、自然石に似せた擬石人造石)は、自然石に比べて安価であり、且つ施工性にも優れているため、近年自然石に代えて擬石が多用されてきている。

従来、例えば、「トラバーチン」と呼ばれる琉球石灰岩からなる表面が粗い石材の擬石が提案されている。その製造方法として、トラバーチンの加工工程で発生するトラバーチン粒を骨材にして白色ポルトランドセメント成形する方法(特開平8−2958号公報)、及び型枠に粒状又は塊状の土を散布して敷設し、その上にセメントコンクリート原料充填し、固化後に表面に付着している土を除去することによってトラバーチンに酷似した表面状態を形成する方法が本出願人らによって提案されている(特開平9−255455号公報)。

概要

自然石の表情に酷似した表状を有し、且つ所望の強度を有する薄い板状体の擬石を簡単に且つ効率良く製造する。

型枠内土類を散布した土類散布層とセメント材からなる所定厚さのセメント層を交互に積層して積層体を形成し、該積層体を振動又はプレスしてセメント層の締め固めを行い、セメント材が固化後に脱型して、少なくとも片面に土類散布層が露出するように薄くスライスして板状体を得る。該板状体表面に露出する土類を除去する。

目的

そこで、本発明は、従来の擬石製造技術の上記問題点を克服するために創案されたものであって、特にトラバーチン等の自然石の表情に酷似した表情を有し、且つ所望の強度を有する薄い擬石板状体を簡単に且つ効率良く得ることができる擬石の製造方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

セメント材固化材とする擬石材の製造方法において、型枠内土類散布した土類散布層とセメント材からなる所定厚さのセメント層を交互に積層して積層体を形成する積層体形成工程、該積層体を振動又はプレスして前記セメント層の締め固めを行う締固工程、セメント材固化後に脱型して該積層体を少なくとも片面に前記土類散布層が露出するように薄くスライスして板状体を得るスライス工程、該板状体表面に露出する土類を除去する土類除去工程からなることを特徴とする擬石の製造方法。

請求項2

前記セメント層は、製造される板状体の2倍の厚さに形成され、前記スライス工程では、前記セメント層の中間厚さ部位と前記土類散布層部位とをそれぞれスライスして板状体を得る請求項1記載の擬石の製造方法。

請求項3

前記セメント層は、製造される板状体の厚さとなるような厚さに形成され、前記スライス工程では、前記土類散布層部位をそれぞれスライスして板状体を得る請求項1記載の擬石の製造方法。

請求項4

セメント材を固化材とする擬石の製造方法において、粒状又は塊状の土類を任意に散布する土類散布層形成工程と、セメント層を形成するセメント層形成工程、前記土類散布層とセメント層の間に仕切板を入れる仕切板挿入工程を交互に繰り返し、型枠内に仕切板を介して土類散布層とセメント層を交互に積層して積層体を形成する積層体形成工程、該積層体を振動又はプレスして前記セメント層の締め固めを行う締固工程、セメント材固化後に脱型して前記仕切板を除去することによって板状体を得る仕切板除去工程、該板状体表面の土類を除去する土類除去工程からなることを特徴とする擬石の製造方法。

請求項5

前記擬石が人造トラバーチン板状体である請求項1〜4何れか記載の擬石の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、擬石の製造方法、特に壁面や床面等に石張り材として用いられる、表面が粗い(多孔質)自然石に酷似した表面を有する擬石板状体の製造方法に関する。

背景技術

0002

近年、建築物土木構築物等において、自然調又は重厚な雰囲気の醸成や高級化が求められ、壁面や床面等の形成に自然石材又は擬似石材が多用されている。しかしながら、自然石材は資源枯渇等で益々高価となり、且つ施工の困難性等があり、自然石での施工はよりコスト高となってきている。一方、自然石に似せた擬石(人造石)は、自然石に比べて安価であり、且つ施工性にも優れているため、近年自然石に代えて擬石が多用されてきている。

0003

従来、例えば、「トラバーチン」と呼ばれる琉球石灰岩からなる表面が粗い石材の擬石が提案されている。その製造方法として、トラバーチンの加工工程で発生するトラバーチン粒を骨材にして白色ポルトランドセメント成形する方法(特開平8−2958号公報)、及び型枠に粒状又は塊状の土を散布して敷設し、その上にセメントコンクリート原料充填し、固化後に表面に付着している土を除去することによってトラバーチンに酷似した表面状態を形成する方法が本出願人らによって提案されている(特開平9−255455号公報)。

発明が解決しようとする課題

0004

従来提案されている擬石製造方法のうち後者の方法は、型枠面に散布した土が不規則にセメントコンクリート面に付着し、脱型後に表面に付着した土を除去することによって、自然石に近い表情を得ることができる。しかしながら、床や壁材として使用する薄い平板を得る場合、平板用の高さの低い型枠でコンクリート層を薄くして成形するため、成形時振動をかけても自重が軽くて締め固めができず、十分な強度を得ることができない欠点がある。

0005

そこで、本発明は、従来の擬石製造技術の上記問題点を克服するために創案されたものであって、特にトラバーチン等の自然石の表情に酷似した表情を有し、且つ所望の強度を有する薄い擬石板状体を簡単に且つ効率良く得ることができる擬石の製造方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

前記課題を解決する本発明の擬石の製造方法は、セメント材固化材とする擬石材の製造方法において、型枠内土類を散布した土類散布層とセメント材からなる所定厚さのセメント層を交互に積層して積層体を形成する積層体形成工程、該積層体を振動又はプレスして前記セメント層の締め固めを行う締固工程、セメント材固化後に脱型して該積層体を少なくとも片面に前記土類散布層が露出するように薄くスライスして板状体を得るスライス工程、該板状体表面に露出する土類を除去する土類除去工程からなることを特徴とするものである。

0007

前記セメント層の厚さを製造される板状体の2倍の厚さに形成すれば、前記スライス工程では、前記セメント層の中間厚さ部位と前記土類散布層部位とをそれぞれスライスすることによって、片面に土類散布層が露出する板状体を効率良く得ることができる。一方、前記セメント層の厚さを、製造される板状体の厚さに形成すると、前記スライス工程は、前記土類散布層部位をそれぞれスライスすることによって、両面に土類散布層が露出する板状体を得ることができる。

0008

また、前記課題を解決する本発明の他の擬石の製造方法は、セメント材を固化材とする擬石の製造方法において、粒状又は塊状の土類を任意に散布する土類散布層形成工程と、セメント層を形成するセメント層形成工程、前記土類散布層とセメント層の間に仕切板を入れる仕切板挿入工程を交互に繰り返し、型枠内に仕切板を介して土類散布層とセメント層を交互に積層して積層体を形成する積層体形成工程、該積層体を振動又はプレスして前記セメント層の締め固めを行う締固工程、セメント材固化後に脱型して前記仕切板を除去することによって板状体を得る仕切板除去工程、該板状体表面の土類を除去する土類除去工程からなることを特徴とするものである。この場合は、スライス工程を必要としない。以上の方法によって、より自然石に近い人造トラバーチン板状体を安価に得ることができる。

発明を実施するための最良の形態

0009

以下、本発明の実施形態を図面に基づき詳細に説明する。図1は、本発明の擬石の製造方法に係る実施形態のフローチャートを示している。本実施形態では、土類散布層形成工程2とセメント層形成工程3とを含む積層体形成工程1で、図2に示すように、柱状の型枠10内に土類を散布した土類散布層11とセメント材からなる所定厚さのセメント層12を交互に積層して積層体13を形成する。土類散布層は、板状体表面に自然石に酷似した凹凸や多孔質感を形成する為のものであり、目的とする自然石の表面性状に合わせて、所望の粒状又は塊状の土及びその粒径を選択し、任意の密度で土類を型枠底部及び又はセメント層上部に散布することによって形成される。セメント層12は、セメント(固化材)と骨材及び水を混練したセメント材を、所望する板状体の厚さ又はその2倍の厚さとなるように充填することによって形成される(図2に示す実施形態では、2倍の厚さに形成されている)。

0010

次いで、積層体13のセメント材が固化しない間に、枠体10、即ち型枠内に形成された積層体を振動させることによってセメント層の締固めを行う(締固工程4)。締固めは、必ずしも積層体を振動する場合に限らず、積層状態で上方よりプレスで加圧して行っても良い。コンクリートを締固めすることによって、コンクリートが密になって強度が向上し、薄板状にスライスしても充分な強度を確保することができる。

0011

締固工程の後セメント材が充分に固化した段階で脱型することによって、土類散布層がサンドイッチされたコンクリート積層体13が得られる。該コンクリート積層体13を図2(b)に一点鎖線で示す土類散布層11の中間位置、及びセメント層12の中間厚さ位置15から平行にスライスすることによって、所望厚さの板状体が得られる(脱型・スライス工程5)。本実施形態では、セメント層の厚さを板状体の2倍の厚さに形成したが、積層体形成工程でセメント層の厚さを所望の板状体の厚さに形成すれば、土類散布層のみからスライスすれば良い。本実施形態の場合、得られた板状体はその片面に土類が付着しているので、該土類を水を吹き付けて洗い流すか、又は空気を吹き付けて除去する(土類除去工程6)。土類を除去することによって、土類が付着していた箇所がセメント層表面に、図3に示すように凹凸を形成し、自然な多孔質感を表現し、自然石に酷似した擬石の板状体を得ることができる。そして得られた板状体は、充分に締め固めしているので、薄板であっても充分な強度を有し、壁面や床面等の石張り工事用の石材として利用することができる。

0012

上記土類散布層11を形成する土類は、混練されたセメント材料に容易に溶け込まず、固化後セメント層表面から容易に除去できるものであれば良く、粘度質の土が望ましく、例えば、赤土粒度調節して適度の粒径を有する粒状又は塊状のものを用いる。赤土は全国に分布し、特に縄県に分布している赤土は国頭マージと呼ばれ、殆どが粘度質であり、粒子が非常に細かく、且つ粘着力が弱いため、水に非常に溶けやすい性質を持っているので、セメント層表面から容易に洗い流して除去することができる。一方、セメント表面に付着した赤土の微細粒子がセメント層内に侵入してセメント層内部に付着して残り、それがかえって琉球石灰岩の自然な赤みを出し、天然石のトラバーチンに酷似した擬石が得られる。

0013

しかしながら、土類は必ずしも赤土や純粋な粘土に限らず、固化後セメント層表面から容易に除去できるものであれば、他の土や土以外の例えば、コーラル粉末等の細粒塊状物であっても良い。また、セメント層の表面の性状に応じて、適度に粒度を調整する。なお、上記実施形態では、最初型枠の底部に土類を適度に散布して土類散布層を形成し、その上にセメント材を投入しているが、最初に型枠底部に所定厚さとなるようにセメント材を投入してセメント層を形成し、その上に最初の土類散布層を形成するようにしても良い。

0014

図4及び図5は、請求項4記載の発明に係る擬石の製造方法の実施形態を示している。本実施形態と前記実施形態との相違点は、土類散布層とセメント層の間に仕切板を挿入して積層体を形成し、脱型後に該仕切板を除去することによって、スライスせずに各板状体を得られるようにした点にある。すなわち、本実施形態では、粒状又は塊状の土類を任意に散布する土類散布層形成工程21と、セメント層を形成するセメント層形成工程22とで一枚の板状体を形成する板状体形成工程23をなし、各板状体形成工程23の間に仕切板挿入工程24が設けられ、その繰り返しにより積層体形成工程20を構成し、型枠26内に仕切板25を介して土類散布層27とセメント層28を交互に積層して積層体29を得る。

0015

次いで、該積層体を振動又はプレスして前記セメント層の締め固めを行い(締固工程30)、セメント固化後に脱型して前記仕切板を除去する(脱型仕切板除去工程31)ことによって、個々に分離された薄い板状体が得られる。そして、土類除去工程32で板状体表面の土類を除去することによって、前記実施形態と同様に表面が自然石に酷似した擬石を得ることができる。

0016

上記実施形態で仕切板25は必ずしも平板に限るものでなく、例えば湾曲屈曲した形状のものや波形の仕切板を用いいることによって、得られた擬石板状体は、湾曲形状や波形状に屈曲した形状のものが得られる。従って、特許請求の範囲で規定する本発明の擬石板状体は、必ずしも平板状のものに限るものでなく、板状体を任意形状に屈曲したものや特殊な模様形状を施したもの等を含むものものである。また、上記実施形態では、板状体は矩形状に形成する場合を示しているが、必ずしも矩形形状にかぎらず、型枠形状を適宜替えることによって、円形状やその他の任意の形状の板状体を得ることができる。

0017

次に、図1及び図2に示す実施形態による本発明の1実施例を示す。まず、所定の厚さ(深さ)を有する型枠10の底部に、粉状又は塊状の赤土をランダムまき散らす。該赤土は、ふるいにかけて粒径が2〜10mm程度に塊状のものを採用した。そして、コンクリート材料(白色ポルトランドセメント1重量比:コーラル(琉球石灰岩)粉2重量比:水0.5重量比を混練したもの)を成形後の厚さが所定の板厚となるように適量投入して均す。その上に前記の土をランダムにまき散らす。そして、前回の投入量と同量のコンクリート材料を投入して平面に均し、その上にさらに前回と同様に土をランダムに散布する。以下同様な作業を型枠が一杯となるまで繰り返す。

0018

型枠への充填が終了すると、型枠全体振動機で振動させて十分な締め固めを行う。その際、型枠は深く型枠内に充填されたコンクリートの自重が重いので、振動による締め固め効果が高く、コンクリートが十分に締め固められる。固化後に、脱型することによって、中間に赤土層をサンドイッチし、且つ型枠底面に相当する脱型面に赤土が付着した多層コンクリート石材を得ることができる。

0019

得られたコンクリート柱(積層体)を赤土散布層がある部分と、コンクリートの中間厚さ部分からカッターでスライスすることによって、片面に赤土散布層を有する所望厚さの板状体を得ることができる。得られた板状体の赤土付着面噴射ノズル高圧水噴射して赤土を洗い流す。得られた板状体は、赤土の付着で適度に凹凸が形成されて自然な模様創造し、表情豊かな板状体となる。また、赤土除去後の後が僅かに赤くなり、トラバーチンの表面と同様な色彩及び模様となる。これは、赤土か非常に粒子が細かいために、固化材中に微細な粒子が浸透して赤く染まってしまい、水洗いしても容易に除去できないためである。そして、該板状体は薄くてもコンクリートが十分に締め固めされているので、十分な強度を有し、トラバーチンと酷似した良質な人造トラバーチンを得ることができる。

発明の効果

0020

以上のように、請求項1〜5記載の発明によれば、土類が付着していた箇所がセメント層表面に、凹凸を形成して自然な多孔質感を表現し、自然石に酷似した擬石の板状体を得ることができる。そして得られた板状体は、充分に締め固めされているので、薄板であっても充分な強度を有し、壁面や床面等の石張り工事用の石材として利用することができる。また、自然石模様形成には、安価な土類を使用するので、原材料が安くしかも熟練を要することなく簡単な工程で安価に製造できる。特に、トラバーチン擬石板状体の製造には効果的である。

0021

さらに、請求項4記載の発明によれば、単に仕切板を除去するだけで、板状体に分離できるので、スライス工程が必要でなく、より容易に製造することができる。

図面の簡単な説明

0022

図1本発明の実施形態に係る擬石の製造方法のフローチャートである。
図2途中工程における積層体の模式図であり、(a)は斜視図、(b)正面図である。
図3本発明によって得られる擬石の模式図であり、(a)は斜視図、(b)は断面拡大図である。
図4本発明の他の実施形態に係る擬石の製造方法のフローチャートである。
図5その途中工程を示す断面模式図である。

--

0023

1、20積層体形成工程
2、21土類散布層形成工程
3、22セメント層形成工程
4、30 締固工程
5脱型・スライス工程
6、32 土類除去工程
10、26型枠
11、27 土類散布層
12、28 セメント層
13、29 積層体
16板状体
17凹凸
23 板状体形成工程
24仕切板挿入工程
25 仕切板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ