図面 (/)

技術 ホログラム構成物及び遊具

出願人 小林豊博
発明者 小林豊博
出願日 1998年2月9日 (22年4ヶ月経過) 出願番号 1998-066003
公開日 1999年8月27日 (20年10ヶ月経過) 公開番号 1999-231764
状態 特許登録済
技術分野 ファインダー カメラの表示・駒の計数 ホログラフィ 照明広告以外の広告
主要キーワード 切り抜き窓 着席場所 光フアイバー 微粒粉 周囲枠 マルチバイブレータ回路 クッキリ キャンドルサービス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年8月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (12)

課題

人が夜景等と一緒記念写真を取ると夜景の光点周辺虹色ハート形マーク及び絵図柄が浮かび上がって映ったり、車の窓に簡易に取り付ける構造により車外の夜景の光点の周辺に前記マーク及ぶ絵図柄が見え、大変幸せを感じる事が出来き、遊び心のあるホログラム構成物及び遊具を提供する。

解決手段

回折光による再生像がハート形等マーク及び絵図柄である透明型ホログラムシート写真機フイルターにした物、前記透明型ホログラムシートの表面に金属粉等を蒸着させ半透明ハーフミラーとし、かつ、曲率を持たせ半球状とし、前記フイルターと広角な鏡の機能を合わせ持たせもった構造としたもの。また、上記ホログラムシートをガラス等に吸引して接着する吸盤を持つ透明プラッチックの薄い板に貼付け、車等の窓ガラスに簡易に取り付けれる構成としたもの。同じく前記ホログラムシートをうちわ、席札カード写真ケースに組み込んだ構成としたもの等により前記課題を実現する。

概要

背景

従来の例として、特開平9−90665号発明の名称OHPシート」にはOHPシートを識別するマーク再生できる透明型ホログラムを透明なOHPシートの一部端に構成し、回析光により再生されるそのマークはOHPシートに発表等の為に書かれた内容とは、焦点光軸がずれて結像する事を利用し、OHPシートに書かれた発表内容投射するスクリーンには見えず、光軸のずれた位置で画像センサーまたは、人の目視にて前記マークを確認出来る物が示されている。また、特開平6−258706号発明の名称「情報マーク表示装置」には、カメラのフアインダーの中で、レリーフホログラム方式で記録したレインボウホログラムがカメラ内の光源によって再生出来るホログラム画像写真フイルムには写らない情報マークをとして、人の目に見せることが示されている。

概要

人が夜景等と一緒記念写真を取ると夜景の光点周辺虹色ハート形等マーク及び絵図柄が浮かび上がって映ったり、車の窓に簡易に取り付ける構造により車外の夜景の光点の周辺に前記マーク及ぶ絵図柄が見え、大変幸せを感じる事が出来き、遊び心のあるホログラム構成物及び遊具を提供する。

回折光による再生像がハート形等マーク及び絵図柄である透明型ホログラムシート写真機フイルターにした物、前記透明型ホログラムシートの表面に金属粉等を蒸着させ半透明ハーフミラーとし、かつ、曲率を持たせ半球状とし、前記フイルターと広角な鏡の機能を合わせ持たせもった構造としたもの。また、上記ホログラムシートをガラス等に吸引して接着する吸盤を持つ透明プラッチックの薄い板に貼付け、車等の窓ガラスに簡易に取り付けれる構成としたもの。同じく前記ホログラムシートをうちわ、席札カード写真ケースに組み込んだ構成としたもの等により前記課題を実現する。

目的

前記従来の技術は、ホログラム像をスクリーンに見せない様にするものであったり、カメラのフアインダー内の光源でホログラム反射像のマークを写真フイルムには写さず人の目に見せる物であった。本発明は光源の物体光と人の目等画像を結像認識する物との間に回析光による再生画像の光軸を微小とし、前記マークや絵図柄を極微小で多量に配置した透明型ホログラムを配置し、積極的に前記物体光の近傍にレインボウホログラム画像を再生させ、写真フイルムに写したり、人の目等に物体光と一緒のすぐ近傍にハート形等マーク及び絵図柄を見せる様にした遊びごころ豊かなものを提供する事を目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

回折光等によって虹色ハート形マークおよび絵図柄再生される透明型ホログラムシートフイルターとしてカメラレンズの前に取り付ける事を特徴とするホログラム構成物

請求項2

回折光等によって虹色のハート形等マークおよび絵図柄が再生される透明型ホログラムシートをフイルターとしてカメラのレンズとフアインダーに一体で、その前面に取り付ける構造とした事を特徴とするホログラム構成物

請求項3

上記の請求項1、2に記載する構成物において、透明型ホログラムシートを直平面に保つ為にカメラのレンズ部及ぶフアインダー部の突起高さ分の高さ保持用として、折って使う切り込み部又は突起部をカメラのレンズ、フアインダー前面を覆う手段に付属して持つ事を特徴とするホログラム構成物

請求項4

大きなハート型等特定形切り抜かれた、回折光等によって虹色のハート形等小さなマークおよび絵図柄が再生される透明型ホログラムシートをポリプロピレン等を材料とする透明プラッチ平板に貼り、前記平板に吸盤等でガラス等面に接着する手段を有することを特徴とするホログラム構成物

請求項5

一部をハート型等特定形に切り抜き、窓とし、そこへ回折光によってハート等小さなマークおよび絵図柄が再生される透明型ホログラムシートを貼る等して固定し透明型ホログラムシートの窓を有する結婚式宴席等で記名して着席場所を示す席札等の又はカードであることを特徴とするホログラム構成物

請求項6

一部をハート型等特定形に切り抜き、そこへ回折光等によって虹色のハート形等小さなマークおよび絵図柄が再生される透明型ホログラムシートを貼る等によりはめ込み固定し透明型ホログラムシートの窓を有するうちわ又はカードであることを特徴とするホログラム構成物

請求項7

前記請求項6に記載する構成物において、前記透明型ホログラムシートの窓がイラスト等で描かれた人等動物の目の位置に位置していること、及び、前記窓を覗き込む様示唆する文章が近傍に表記されている事を特徴とするホログラム構成物。

請求項8

写真等を入れたケースの前方を大きなハート形等に切り抜き窓としそこに回折光等によって虹色のハート形等マーク及び絵図柄が微細多量に再生される透明型ホログラムシートをはめ込み、前記写真と前記ホログラムシートとの間に光フアイバーの先端等による光点を発することが出来る光のオブジェ光源を配置したこと及び前記光点の複数により、前記微細なハート形等ホログラム像の形状と大きいが同形の形を構成することを特徴とするホログラム構成物。

請求項9

透明型ホログラムシートの保護膜層等に例えば金属微粒粉等を蒸着して構成し、入射光の一部が反射、またその一部が透過する半透明ハーフミラー機能を有するホログラムシートである事を特徴とするホログラム構成物。

請求項10

前記請求項請求項1から8項の全てにおいて、前記透明型ホログラムシートと前記請求項9のホログラム構成物を取り替えて構成した事を特徴とするホログラム構成物。

請求項11

前記請求項9のホログラム構成物に半球面状曲率を持たせ、前記半球面は、反射によるときは広角な鏡となることを特徴としたホログラム構成物。

請求項12

前記請求項請求項1、2、3項及び6、7、8項において、前記透明型ホログラムシートと前記請求項11のホログラム構成物を取り替えて構成した事を特徴とするホログラム構成物。

請求項13

写真または透明な絵、図柄を描いたフイルム収納できる携帯可能なケース、写真等前記収納物の前方に前記透明型ホログラムシートまたは請求項11のホログラム構成物を配置、後方は光を取り入れる窓とすることを特徴とするホログラム構成物。

請求項14

前記請求項13において、前記透明型ホログラムシートまたは請求項11のホログラム構成物と前記収納物との間に調光又は点滅可能な光源を配置したことを特徴とするホログラム構成物。

請求項15

前記請求項12、13、14において、前記透明型ホログラムシートまたは請求項11のホログラム構成物に替えて単にアクリル樹脂金属粉真空蒸着等して半透明なハーフミラー機能を持たせた曲率を持った半球面状のレンズとしたことを特徴とする遊具

技術分野

0001

本発明は透明型ホログラムシートや半反射半透明型ホログラムシートを通して、夜景を見たり、写真を撮ったりし、光の回折等により再生されるホログラム像や使う人の大きな顔と写真の友達等の小さな顔の合成像を見て楽しむのもに関する。

背景技術

0002

従来の例として、特開平9−90665号発明の名称OHPシート」にはOHPシートを識別するマークを再生できる透明型ホログラムを透明なOHPシートの一部端に構成し、回析光により再生されるそのマークはOHPシートに発表等の為に書かれた内容とは、焦点光軸がずれて結像する事を利用し、OHPシートに書かれた発表内容投射するスクリーンには見えず、光軸のずれた位置で画像センサーまたは、人の目視にて前記マークを確認出来る物が示されている。また、特開平6−258706号発明の名称「情報マーク表示装置」には、カメラのフアインダーの中で、レリーフホログラム方式で記録したレインボウホログラムがカメラ内の光源によって再生出来るホログラム画像写真フイルムには写らない情報マークをとして、人の目に見せることが示されている。

発明が解決しようとする課題

0003

前記従来の技術は、ホログラム像をスクリーンに見せない様にするものであったり、カメラのフアインダー内の光源でホログラム反射像のマークを写真フイルムには写さず人の目に見せる物であった。本発明は光源の物体光と人の目等画像を結像認識する物との間に回析光による再生画像の光軸を微小とし、前記マークや絵図柄を極微小で多量に配置した透明型ホログラムを配置し、積極的に前記物体光の近傍にレインボウホログラム画像を再生させ、写真フイルムに写したり、人の目等に物体光と一緒のすぐ近傍にハート形等マーク及び絵図柄を見せる様にした遊びごころ豊かなものを提供する事を目的とする。

0004

本発明は例えばレリーフホログラム方式で記録したハート形等マーク及び絵図柄を再生するレインボウホログラムを両側面透明なポリプロピレン等プラッチクを保護層としてフイルムまたは薄い板状にして透明型ホログラムシートとし、これをカメラフイルター、車のアクセサリー結婚式席札カード、うちわ、写真ケース等に組み込み、透明型ホログラム構成物とするものである。また、前記透明な保護層のどちらか1層にマグネシュウム金属粉等を金属真空蒸着等させて半球面曲率を持ったハーフミラー機能とした物を半反射、半透明なホログラムシートとして前記同様なホログラム構成物としたものである。

発明を実施するための最良の形態

0005

実施の形態1。
図1(a)は本発明の実施の形態1のカメラフイルターの透明型ホログラム構成物を示す図である。本発明の構成物は例えばレリーフホログラム方式で記録したハート形等マーク及び絵図柄(以後単にマークと言う)を再生するレインボウホログラムを両側面透明なポリプロピレン等プラッチクを保護層としてフイルムまたは薄い板状にした物を透明型ホログラムシート1とし、カメラのレンズ前面を被うカバー2の切り抜き窓部枠に接着等しはめ込こまれている。前記窓部枠の上の折り線3と上の輪ゴム止め5、同じく下の折り線4と下の輪ゴム止め6を有し、カバー2と輪ゴム7と前記上下のゴム輪止めによりカメラをくるみカメラレンズの前に前記透明ホログラムシート1を配置して固定出来る様な構成に成っている。第2図(a)はホログラム画像がカメラの中のフイルムに映る状態を示す図である。また、第2図(b)は写された写真の例を示す図である。カメラのレンズ22の前に置かれた前記透明型ホログラムシート1の前方に人の顔21とロウソクの光原20があった時、人の顔とロウソク及びその光源の実像はまっすぐな光軸23を通り焦点24が合いフイルムにその像を結像させる。しかし、この時、ロウソクの光源20の光が透明型ホログラムを通る時、回析光が例えば前記ハート形等のマークのホログラムを再生し、前記光軸23とは微少にずれ角度を持った光軸25で、焦点もずれた位置26となりそこに回析光による再生されたホログラムの虹色ハートマーク28を再生結像する。よって、第2図(b)に示す写真27の例の様にロウソクの光源20の様な光点の近傍に例えば虹色のハート形等マーク28が写り、人の顔21の記念写真等に遊び心のある楽しい写真が取れる様になる。この様に第1図(a)に示すカメラフイルターの透明型ホログラム構成物は遊び心のある楽しい写真27が取れるものである。

0006

実施の形態2。
第1図(b)は本発明の実施の形態2と3のカメラフイルターの透明型ホログラム構成物を示す図である。第3図は本発明の実施の形態2及び3のカメラフイルター透明型ホログラム構成物の使用状態を示す図である。カメラ31のレンズ22の前に配置される透明型ホログラムシート1とカメラのファインダー32の前に配置される第2の透明型ホログラムシート8がカバー2の打ち抜かれた窓穴に一体でシート1、8の周囲枠を接着等で貼付けて構成する。本発明の使用方法を第3図により説明する。前記実施の形態1で示すとおり第2図(b)に示す様な例えばハート形マーク28が再生する写真がフイルム33に取れるが、本発明により同時にフアインダー32を通し、人の目34にも認識させられる。よて、写真を写す為にフアインダー32をのぞく人も現実には見えないホログラムのハートマーク28を例えば友達の人の顔21と一緒に認識でき、驚嘆を発し遊び心で楽しみながら写真を取ることが出来る。この時前記光原20は写真撮影背景都市の夜景や、車のライト点光源でも同じ効果が期待できる。

0007

実施の形態3。
カバー2に例えば下の折れ線4と下の輪ゴム止め6の中間に例えば3方を切り込み、他の1方を折れ線とした4角形の切り込み部9又は、突起部を持たせる。これにより、第3図に示す様に、前記切り込み部9の折込まれた先端が、カメラレンズのケース部突起高さ分の下駄をはかせ、つっかいになり、透明型ホログラムシート1、8を湾曲させることなく、カバー2を直平面に保ちつつ、輪ゴム7でカメラ31に被い固定出来る。前記切り込み部9はこのように非常に簡単なものであるから、また、これにより、本発明は輪ゴム7を除き、例えば平らな厚紙に2個所の窓を切り抜き、透明型ホログラムシート1、8を貼付け折れ線3、4、輪ゴム止め5、6、切り込み部9を抜き型等で押し当て打ち抜き加工等して簡単に低コスト製作できる。また、何より、厚紙と同じ厚さ(0.5から1.5ミリ程度)の平面な物として仕上げられるので、雑誌差込付録等に自由に使える利点がある。また、ハート形マークだけでなく、ダイヤ小判コインエンジェル天使)等の楽しいマークの透明型ホログラムシートで構成された本発明の構成物の複数を1枚の厚紙に製作し、雑誌紙面の大きさの付録とし、それぞれを使用する時は、切り取り線でそれぞれを本発明に分割して使いしんで貰うことも出来る。また、前記切り込み部9を上の折線3と上の輪ゴム止め5の間に追加して設けても良い。

0008

実施の形態4。
第4図(a)は本発明の実施の形態4の透明型ホログラム構成物を示す図。第4図(b)はその断面を示す図である。ポリプロピレン等の透明なプラッチク板42にガラス等に吸着する吸盤43と例えば大きなハート形に切り抜かれた、小さな虹色のハート形等マークの再生する透明型ホログラムシート41を透明接着剤44により貼付けられて構成される。透明プラッチク版に書かれた表記ILVEYOU」が反転していることで分かる様に、第4図(a)は本発明の構成を分かりやすくするため裏から見た図と成っている。本発明の、構成物を車の助手席窓ガラスに吸盤43で手軽に取り付け、走行運転者以外の例えば助手席に座った人が夜、前方車の列の沢山のテールランプ等光源を透明型ホログラムシート41を通して見ると、その複数光点の近傍に例えば虹色のハート形のマークが多数点在し、大変ロマンチック光景を認識でき、その気分を醸し出す効果が期待できる。

0009

実施の形態5。
第5図(a)は本発明の実施の形態5の席札の透明型ホログラム構成物を説明する図で、第5図(b)はその断面を示す図である。結婚式の披露宴宴会では、出席者着席場所を示す席札をテーブルに置くことがよくある。出席者の名前51が書かれた席札52の一部に例えばハート形に切り抜いた窓53をもうけ、そこに前記透明型ホログラムシート1を貼付けまたは、挟み込み構成する。第5図(b)では透明型ホログラムシート1が席札の表紙52と裏紙54に挟まれて構成されている事を示している。一般に結婚式では、キャンドルサービスとして、新郎新婦宴席の各テーブルのロウソクに火を付けて回る習慣がある、この時、例えば披露宴の出席者が自分の席札を持って、ハート形の窓53からロウソクの火の光源を見ると、その周辺に小さな虹色の同じくハート形のマークのホログラムが再生され聴視者の目に映るので、覗く窓と同形で特別な意味をもち、大変くるしくキャンドルサービスを盛上げることが出来る。席札として名刺の形をしたカードでも本発明は構成できる。

0010

実施の形態6。
第6図(a)、(b)は本発明の実施の形態6、7を示す図である。うちわ61又はカード65にハート形に切り抜いた窓をもうけ、その窓に前記透明型ホログラムシート1を貼付けまたは挟み込み構成する。

0011

実施の形態7。
前記うちわやカードにキャラクターや人、動物等の顔62が描かれ、その目の位置にハート形に切り抜いた窓をもうけ、その窓に前記透明型ホログラムシート1を貼付けまたは挟み込み構成する。ここで、文章の表記63には例えば「のぞいてごらん、愛が見えるよ!」と表記される。本発明によれば、うちわ61または、カード65に描かれた前記の絵により、一見して本発明は人が前記ハート形の窓を覗いて使うことを示唆でき、また、ハートの形の窓から、光点を見るとハート形マークのホログラムが見えるのであるから、見る人納得させかつ楽しい気分に出来る。スペース64は、宣伝用の会社名を書いたりして、カード65の透明型ホログラム構成物は企業宣伝景品等に便利である。

0012

実施の形態8
図7は実施の形態8のホログラム構成物の説明を示す。内部に光源とその光を導き、先端で発光する多数の光フアイバーによる光のオブジェ等多数の光点を発する手段71を有し、前面等に大きなハート形の切り抜いた窓72に前記小さなハート形のマークを回析光により再生する透明型ホログラムシート1をはめ込んで構成する。光のオブジェ等光点を発する手段71の後ろに例えば結婚式での新郎新婦の写真や好きなタレントの顔等の絵図写真73を入れる構造としている。この時複数の光フアイバーの先端でハート形を形取って配置するよう構成する。ホログラムの虹色の小さなハートマークを複数の光の点として大きなハート形に見える物が構成出来る。74は前記光点を発する手段71を入り切りするスイッチである。例えば、ハート型の窓から、同じく複数の小さなハート型のホログラム像が大きなハート形を形どり、好きなタレントの写真の前で光って見え楽しい写真ケースとなる。

0013

実施の形態9
第8図(a)(b)では実施の形態9のホログラム構成物を説明する。第8図(a)は今まで説明してきた回析光によりハート形等マーク、絵図柄を再生する透明型ホログラムシート1の構成を示す図でホログラム層81の両側をアクリル等透明プラッチク保護層82、83をもって構成されている。第8図(b)は本発明の実施の形態9を示す図で、例えば前記保護層の何れか1方の保護層にマグネシュム金属微粒粉を真空蒸着等して、半反射、半透明のいわゆるハーフミラー機能層84を有する様構成する。また、本発明は、前記透明型ホログラムシートとハーフミラー機能層を持つアクリル樹脂板とを別々に製作し後から、それらを透明な接着剤等で張り合わせる、または単に重ねあわせる等しても同じ機能を得ることができる。これにより、本ホログラム構成物の前後の光量加減により、反射光の多い側からは鏡として、また、透過光が多い側からは透明型ホログラムを再生認知できるシートとして両方の機能を合わせ持つたものを提供できる。

0014

実施の形態10
本発明の実施の形態1から8までの構成の1部である透明型ホログラムシート1に換えて上記実施の形態9の半反射、半透明なハーフミラー機能を持つホログラムシートを使い構成されるものである。本発明によれば、ハーフミラー機能を持つホログラムシートを境にして光の少ない暗いほうを見ると反射光が多くなり鏡になり、光の多い方を見ると透過光が多くなり透明に見え、光点があるとその周辺にハートマーク等あらかじめ書き込まれたホログラム情報を再生する性格がある。よって、実施の形態1から3では、被写体の人が前記ホログラムシート1の表面が鏡に見え、自分の姿を確認でき、ポーズをとることが出来る。カメラ側からは前方に光量が多くあるので透明に見え、夜景等を含め写真を取ることができる。実験によれば、このようにカメラのフイルターとして使う場合はハーフミラー機能層84の光透過率は50%程度の物がよい。また、実施の形態4から7では、前記ホログラムシートの前方と後方の光量の加減により、前方の夜景等光点によるハート形等マークのホログラム再生像と反射して映る見る人の自信の顔、目の瞳等が重なって見え、特に自分の瞳の中に映るハート等マークが大変ロマンチクに驚嘆をもって楽しむことができる。さらに実施の形態8では、本発明はスイッチ74を切ると内部に光源がなくなるので、ほぼ完全な鏡となり見る人自身の顔が映る。スイッチ74を入れると、光のオブジェ等光点を発する手段71の光の量により、透過光が多くなり例えば光点を発する手段71の光点の近傍に大変奇麗な虹色のハート形等マークが再現される楽しい写真ケースとなる。実験によればこのように場合に使うハーフミラー機能層84の光透過率は30%程度の物が反射と透過のバランスが良い。

0015

実施の形態11
第9図(a)では実施の形態11を示し、前記実施の形態9のホログラム構成物を曲率をもった半球状に加工したものを示す。これにより前記反射による鏡としては大変広角なホログラム構成物を得ることができる。また、第9図(b)実施の形態11の他の方法を示す図。ハーフミラー機能層84を持つアクリル樹脂板91のみを曲率を持った半球状に加工し、別途、前記透明型ホログラムシート1を透明な接着剤等で張り合わせる、または単に重ねあわせる等しても同じ機能を得るホログラム構成物を得ることができる。

0016

実施の形態12
本発明の実施の形態1から3および、6、7、8における透明型ホログラムシート1に換えて実施の形態11のホログラム構成物を使用する。これにより、実施の形態1から3では、被写体側から本発明の実施の形態11のホログラム構成物であるカメラフフイルターを見ると大変広角な鏡となり、被写体人物自身がフイルムに写るであろう背景の夜景等との配置、自分のポーズをカメラのレンズ真前にある本発明を鏡として確認できる。またカメラ側からは前方に光量が多くあるので透明に見え、かつ、前記発明の形態11で説明の曲率が写真機のレンズ22の曲率に対し比較的大きければ焦点ぼけを起こす事も無く、写真を取ることができる。また、本発明のフイルターのホログラム構成物とレンズ22は入射光に対し同軸に配置されるので、レンズと被写体の距離に関係なく被写体側から写るであろう写真の前記配置を確認できる特徴がある。第10図に実施の形態11の半球状の半透明なホログラム構成物101を付けた本発明のカメラフイルターの透視図を示す。また、実施の形態6、7、8においてはホログラムシートをのぞきこむ側の人の顔は小さくハーフミラー機能を有するホログラム構成物の半球状の面に反射して見え、の後方に置かれた例えば好きなタレント等の小さな写真の顔は透過して見える。これらの輪郭を合わせると、前記人の顔と合成された実在しない顔が浮かびあがる。例えば新婚の若いの顔が合成された顔の像は将来生まれて来るであろう赤ちゃんの顔に似ているはずなので、遊びごころ豊かなホログラム構成物を提供できる。

0017

実施の形態13、14、15
第11図で実施の形態13、14、15を説明する。例えば人の顔写真又は透明なフイルム描かれた絵図写真73を収納するケース118の前方に実施の形態11のホログラム構成物101を配置、ケース118の裏には光の取り入れ用に窓119を持つ。また、写真絵図73と実施の形態11のホログラム構成物101の間に光源111を有し、光量調整又は点滅するさせる機能例えば抵抗ボリュームや、マルチバイブレータ回路112を有し前記反射光113と透過光114の光量バランスを調整でき、見る人の顔116とタレント等顔の写真絵図73とが実施の形態11のホログラム構成物101の球面上で合成される顔の像をクッキリ明確にする機構を構成できる。また、これらは例えば、に乗る程度の大きさにして、前記光源の電源ボタン電池115等としペンダントキーホルダー120等携帯可能なものに構成しいつでも身近に、前記タレント等の絵図写真73を取り替えて楽しめる様構成できる。さらに、前記絵図写真73代わりに例えば透明な星座に関る絵図が描かれたフイルムを配置し、夜空をのぞくと、例えば星の光点が前記フイルムの絵図を通り、実施の形態11のホログラム構成物101の半球面上に再生されたホログラムと自分の顔が合成されて見える。上記絵図に例えば星占い等の意味を持たせると、神秘性に富んだホログラム構成物を提供できる。さらにここで実施の形態11のホログラム構成物101を単に半透明なアクリル樹脂等で作ったレンズとしても、ホログラムは見えないが、やはり前記合成像を楽しめる遊具を提供できる。

発明の効果

0018

実施の形態1の効果
本発明によれば光点からの光の回折によりハート型等マークが再生される透明型ホログラムシートをカメラのレンズの前にフイルターとして使うのであるから、これを通して撮影した写真には、例えば夜景の光点の近傍に虹色のハートマークが再現されており、大変遊び心のある楽しい写真を得ることが出来る。

0019

実施の形態2の効果
さらに、カメラのレンズの前だけでなく、フアインダーの前にも前記透明型ホログラムシートを設けたので写真を映す人もフアインダーをとおして前記ハート形のホログラムを見て、楽しみがらカメラのシャッターを切る事ができる。

0020

実施の形態3の効果
実施の形態3はカバー2に付けた切り込み部9が、カメラのレンズ部の出っ張り分の高さを保持するので、透明型ホログラムシート1、8を直平面に保ことが出来る。さらに、切り込み部9は折り込んで使用する前はカバー2と一体平面で0.5mmから1.5mmの厚さの物で十分であるから、大変安価に製作でき、例えば付録等として雑誌のページの中間に挟み込んででも販売できる等便利な効果がある。さらに、この発明はいわゆる簡易使い捨てカメラ等に大変有効である。

0021

実施の形態4の効果
さらに実施の形態4は透明型ホログラムシートを車の窓に貼り付けれる様にしたので、例えば車の走行中運転者以外の例えば助手席に座った人が夜前方車の列の沢山のテールランプ等光源を透明型ホログラムシート41を通して見ると、その複数光点の近傍に例えば虹色のハート形のマークが多数点在し、大変ロマンチックな光景を認識でき、その気分を醸し出す効果が期待できる。

0022

実施の形態5の効果
さらに、実施の形態5によれば、結婚式等のキャンドルサービスで披露宴の出席者が自分名前の書かれた席札を持って、ハート形の窓53からロウソクの火の光源を見ると、その周辺に小さな虹色の同じくハート形のマークのホログラムが再生され聴視者の目に映るので、2重にハートマークを意識する結婚式にふさわしい特別な意味をもち、大変愛くるしくキャンドルサービスを盛上げることが出来る効果が期待出来る。

0023

実施の形態6、7の効果
本発明はうちわ等にハート形の窓を設け、そこから覗くと同じハートの形のホログラム像が見える。かつ、うちわ61または、カード65に描かれた絵62により、一見して本発明は人が前記ハート形の窓を覗いて使うことを示唆でき、また、ハートの形の窓から、光点を見るとハート形マークのホログラムが見えるのであるから、見る人納得させかつ楽しい気分にさせる効果がある。

0024

実施の形態8の効果
本発明の実施の形態8によれば、取り替え可能な記念写真や好きなタレントの写真の前等に置かれた光のオブジェの複数の光点のそれぞれが小さな虹色のハート形をしたマークで、それら自身がまた、大きな同形のハート形等を形成する大変インテリア性高いものが構成される。
実施の形態9の効果
本発明の実施の形態9によればハーフミラー機能を持つホログラムシートを境にして光の少ない暗いほうを見ると反射光が多くなり鏡になり、光の多い方を見ると透過光が多くなり透明に見えるホログラム構成物を提供でき。

0025

実施の形態10の効果
本発明の実施の形態10によれば被写体の人が前記実施の形態9のホログラム構成物によるカメラフイルターの表面が鏡に見え、自分の姿を確認でき、ポーズをとることが出来き、カメラ側からは前方に光量が多くあるので透明に見え、写真を取ることができたり、また、実施の形態4から7では、前記ホログラムシートの前方と後方の光量の加減により、前方の夜景等光点によるハート形等マークのホログラム再生像と反射して映る見る人の自身の顔、目の瞳等が重なって見え、特に自分の瞳の中に映るハート等マークが大変ロマンチクに驚嘆をもって楽しめる効果がある。

0026

実施の形態11の効果
本発明の実施の形態11によれば、反射光による鏡の機能としては大変広角なホログラム構成物を得ることができる。

0027

実施の形態12の効果
本発明の実施の形態12によれば、被写体側から本発明のホログラム構成物のカメラフフイルターを見ると大変広角な鏡となり、被写体人物自身や他の複数の人々自身がフイルムに写るであろう背景の夜景等との配置、自分達のポーズをレンズと被写体の距離に関係なくカメラのレンズ真前で確認しながら写真撮影できる効果がある。また、本発明の写真ケースではタレント等の顔写真と見る人自身の顔の合成像と前記ホログラム像を一緒に見ることができる遊びごころ豊かに楽しめる効果がある。

0028

実施の形態13、14、15の効果
実施の形態13では例えば星座の絵図73と夜空の星の光117とホログラム絵柄と見る人自身顔116の合成像を楽しめる。絵図、絵柄に星占い等の意味を持たせ楽しい遊びこころ豊かになる効果がある。実施の形態14では例えば73をタレント等の顔写真とした時、73と見る人の顔116、及びホログラム絵柄の合成像をはっきり再生させ、遊びごころ豊かになる効果がある。実施の形態15によれば、前記の効果に対し、ホログラムは見えないが前記顔同士の合成像ははっきり再生させることが出来き、ネックレスやキホルダーチエーン120を付けると楽しい遊具となる。

0029

図面の簡単な説明

0030

図1(a) は本発明の実施の形態1のカメラフイルターの透明型ホログラム構成物を示す図
図1(b) は本発明の実施の形態2と3のカメラフイルターの透明型ホログラム構成物を示す図
第2図(a) はホログラム画像がカメラの中のフイルムに映る状態を示す図
第2図(b) は写された写真の例を示す図
第3図 は本発明の実施の形態2、3のカメラフイルター透明型ホログラム構成物の使用状態を示す図
第4図(a) は本発明の実施の形態4の透明型ホログラム構成物を示す図。
第4図(b) は実施の形態4の断面を示す図
第5図(a) は本発明の実施の形態5の席札の透明型ホログラム構成物をしめす図
第5図(b) は実施の形態5の断面を示す図
第6図(a) は本発明の実施の形態6のうちわを示す図
第6図(b) は本発明の実施の形態6のカードを示す図
第7図 は実施の形態8のホログラム構成物を示す図
第8図(a) は回析光によりハート形等マーク、絵図柄を再生する透明型ホログラムシート1の構成を示す図
第8図(b) は実施の形態9のホログラム構成物を示す図
第9図(a) 実施の形態11を示す図
第9図(b) は実施の形態11の他の方法を示す図
第10図 は実施の形態11の半球状の半透明なホログラム構成物101を付けた本発明のカメラフイルターの透視図
第11図 は実施の形態13、14、15を説明する図

--

0031

1 透明型ホログラムシート
2カメラのレンズ前面を被うカバー
3 上の折り線
4 下の折り線
5 上の輪ゴム止め
6 下の輪ゴム止め
7 輪ゴム
8 第2の透明型ホログラムシート
9切り込み部
20ロウソクの光原
21 人の顔
22 カメラのレンズ
23 まっすぐな光軸
24焦点
25 角度を持った光軸
26 ずれた位置
27写真
28回析光による再生されたホログラムの虹色のハートマーク
31 カメラ
32ファインダー
33フイルム
34 人の目
41 大きなハート形に切り抜かれた、小さな虹色のハート形等マークの再生する透明型ホログラムシート
42 透明なプラッチク板
43吸盤
44 透明接着剤
51出席者の名前
52席札
53 ハート形に切り抜いた窓
54裏紙
61 うちわ
62キャラクターや人、動物等の顔
63文章の表記
64スペース
65カード
71 多数の光点を発する手段
72 大きなハート形の切り抜いた窓
73絵図写真
74 スイッチ
81ホログラム層
82、83 保護層
84ハーフミラー機能層
91半球状に加工された透明アクリル樹脂板
101 実施の形態11のホログラム構成物
111光源
112抵抗ボリュームまたはマルチバイブレータ回路
113反射光
114透過光
115ボタン電池
116 見る人自身の顔
117夜空の星の光
118ケース
119 光の取り入れ用窓
120キーホルダーチエーン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • キヤノン株式会社の「 表示素子、表示装置、撮像装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】複数の信号線同士の間で生じるクロストークを低減し、表示画像に含まれるエラーを少なくした表示素子、表示装置、撮像装置を提供する。【解決手段】1つの色に対応する8bit分のデータDATA<0>〜D... 詳細

  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所の「 位相シフトデジタルホログラフィ装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】単一カメラを利用した高速処理が可能で経済的で操作が簡単な位相ずれ量の検出が可能な位相シフトデジタルホログラフィ装置を提供する。【解決手段】本発明の位相シフトデジタルホログラフィ装置は、光源から... 詳細

  • トヨタ自動車株式会社の「 情報処理装置および情報処理方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】車両を媒体として出力される広告の効果を高める。【解決手段】外部に向けて設置された表示装置を介して広告を出力する車両の走行状況を取得することと、前記走行状況に基づいて、出力される前記広告の情報量... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ