図面 (/)

技術 情報入力装置及び情報処理装置

出願人 ソニー株式会社
発明者 奥本浩司
出願日 1998年1月7日 (20年7ヶ月経過) 出願番号 1998-001799
公開日 1999年7月30日 (19年0ヶ月経過) 公開番号 1999-203851
状態 未査定
技術分野 動的記録再生装置のキャビネット 記録再生装置と他の装置との組合せ スタジオ装置
主要キーワード モニター映像 外筐体 テープカウンタ値 一時停止スイッチ 早送りモード ビデオ信号処理回路 遠隔操作装置 ビデオカメラ装置

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(1999年7月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

ビデオカメラの如き情報処理装置多機能化に対応しつつ、情報処理装置の小型化を阻害することがなく、また、遠隔操作装置として構成された場合において、情報処理装置の多機能化に対応しつつ、小型であって携帯及び保管が容易となされた情報入力装置を提供する。

解決手段

情報処理装置のカードスロット状情報入力部に挿入されて情報処理装置に対する電気的な接続及びカードスロット状情報入力部による機械的な保持をなされるカード型接続部17と、このカード型接続部17がカードスロット状情報入力部に挿入されたときに外方側に臨まされる入力操作部18と、この入力操作部18に対する操作に応じた操作信号を生成する信号生成手段とを備える。

概要

背景

従来、例えばビデオテープレコーダデジタルスチルカメラの如き種々の情報処理装置が提案され、また、このような情報処理装置に対して操作信号を入力してこの情報処理装置の動作を操作する情報入力装置が提案されている。

この情報入力装置としては、情報処理装置の外筐体内に内蔵され、該外筐体上に配設された複数の操作スイッチを有して構成されたものがある。この情報入力装置においては、操作スイッチに対する操作に応じた操作信号が生成される。そして、生成された操作信号は、信号処理装置に送られる。

一方、このような情報入力装置においては、信号処理装置から離間された状態で使用され、生成した操作信号を、赤外線電波などの搬送波重畳して発信するように構成された、いわゆる遠隔操作装置が提案されている。この遠隔操作装置より発信された操作信号は、信号処理装置に設けられた受信器により受信される。信号処理装置においては、受信器を介して入力される操作信号に応じた動作が実行される。

概要

ビデオカメラの如き情報処理装置の多機能化に対応しつつ、情報処理装置の小型化を阻害することがなく、また、遠隔操作装置として構成された場合において、情報処理装置の多機能化に対応しつつ、小型であって携帯及び保管が容易となされた情報入力装置を提供する。

情報処理装置のカードスロット状情報入力部に挿入されて情報処理装置に対する電気的な接続及びカードスロット状情報入力部による機械的な保持をなされるカード型接続部17と、このカード型接続部17がカードスロット状情報入力部に挿入されたときに外方側に臨まされる入力操作部18と、この入力操作部18に対する操作に応じた操作信号を生成する信号生成手段とを備える。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

情報処理装置カードスロット状情報入力部に挿入されて該情報処理装置に対する電気的な接続及び該カードスロット状情報入力部による機械的な保持をなされるカード型接続部と、上記カード型接続部が上記カードスロット状情報入力部に挿入されたときに外方側に臨まされる入力操作部と、上記入力操作部に対する操作に応じた操作信号を生成する信号生成手段とを備え、上記操作信号を上記カードスロット状情報入力部を介して上記情報処理装置に入力することを特徴とする情報入力装置

請求項2

カード型接続部を介して接続した情報処理装置より送られる情報に基づいて、該情報処理装置の動作状態を示す表示を行う表示手段を有することを特徴とする請求項1記載の情報入力装置。

請求項3

情報処理装置より離間された状態においては、該情報処理装置に対して、操作信号を搬送波重畳して送信する送信手段を有することを特徴とする請求項1記載の情報入力装置。

請求項4

情報入力装置のカード型接続部が挿入されることによりこのカード型接続部に対する電気的な接続及び機械的な保持を行うカードスロット状情報入力部を備え、上記情報入力装置から上記カードスロット状情報入力部を介して入力される操作信号に報じた動作を実行することを特徴とする情報処理装置。

請求項5

カードスロット状情報入力部を介して接続された情報入力装置に対して、動作状態を示す信号を送ることを特徴とする請求項4記載の情報処理装置。

請求項6

情報入力装置が離間された状態において、この情報入力装置より搬送波に重畳されて送信される操作信号を受信する受信手段を有し、上記情報入力装置から上記受信手段を介して入力される操作信号に応じた動作を実行する。ことを特徴とする請求項4記載の情報処理装置。

技術分野

0001

本発明は、ビデオテープレコーダデジタルスチルカメラの如き種々の情報処理装置に対して操作信号を入力するための情報入力装置及び情報入力装置より入力された操作信号に応じた動作を実行する情報処理装置に関する。

背景技術

0002

従来、例えばビデオテープレコーダやデジタルスチルカメラの如き種々の情報処理装置が提案され、また、このような情報処理装置に対して操作信号を入力してこの情報処理装置の動作を操作する情報入力装置が提案されている。

0003

この情報入力装置としては、情報処理装置の外筐体内に内蔵され、該外筐体上に配設された複数の操作スイッチを有して構成されたものがある。この情報入力装置においては、操作スイッチに対する操作に応じた操作信号が生成される。そして、生成された操作信号は、信号処理装置に送られる。

0004

一方、このような情報入力装置においては、信号処理装置から離間された状態で使用され、生成した操作信号を、赤外線電波などの搬送波重畳して発信するように構成された、いわゆる遠隔操作装置が提案されている。この遠隔操作装置より発信された操作信号は、信号処理装置に設けられた受信器により受信される。信号処理装置においては、受信器を介して入力される操作信号に応じた動作が実行される。

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、上述のような情報入力装置においては、情報処理装置が有する機能の増大に応じて、有する操作スイッチの数及び種類が増大し、装置構成が大型化することとなる。この情報入力装置が情報処理装置の外筐体内に内蔵されている場合には、この情報入力装置を構成する操作スイッチの数及び種類が増大すると、信号処理装置の装置構成の小型化や軽量化が阻害されることとなる。

0006

また、遠隔操作装置として構成された情報入力装置においても、この情報入力装置が有する操作スイッチの数及び種類が増大することは、装置構成の大型化を招来し、この遠隔操作装置の携帯保管を困難、かつ、煩雑なものとする虞れがある。

0007

そこで、本発明は、上述の実情に鑑みて提案されるものであって、情報処理装置に内蔵された場合において、該情報処理装置の多機能化に対応しつつ、該情報処理装置の小型化を阻害することがなく、また、遠隔操作装置として構成された場合において、情報処理装置の多機能化に対応しつつ、小型であって携帯及び保管が容易となされた情報入力装置を提供しようとするものである。

0008

また、本発明は、上述の情報入力装置により操作信号が入力されることとして、装置構成の小型化、軽量化が図られた情報処理装置を提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0009

上述の課題を解決するため、本発明に係る情報入力装置は、情報処理装置のカードスロット状情報入力部に挿入されて該情報処理装置に対する電気的な接続及び該カードスロット状情報入力部による機械的な保持をなされるカード型接続部と、このカード型接続部が上記カードスロット状情報入力部に挿入されたときに外方側に臨まされる入力操作部と、この入力操作部に対する操作に応じた操作信号を生成する信号生成手段とを備えている。

0010

そして、この情報入力装置は、操作信号をカードスロット状情報入力部を介して情報処理装置に入力することを特徴とするものである。

0011

また、本発明に係る情報処理装置は、情報入力装置のカード型接続部が挿入されることによりこのカード型接続部に対する電気的な接続及び機械的な保持を行うカードスロット状情報入力部を備えており、情報入力装置からカードスロット状情報入力部を介して入力される操作信号に応じた動作を実行することを特徴とするものである。

発明を実施するための最良の形態

0012

以下、本発明の実施の形態を図面を参照しながら説明する。

0013

この実施の形態は、本発明に係る情報処理装置を、図1に示すように、ビデオカメラ装置一体化されて携帯用として構成され、静止画撮像をする機能をも有するビデオテープレコーダとして構成したものである。

0014

このビデオテープレコーダは、外筐体1を有し、この外筐体1内に、図3に示すように、撮影レンズ2によって形成される被写体の像を光電変換して撮像するCCD(固体撮像素子)3を有している。撮影レンズ2は、外筐体1の前端部分に取付けられている。CCD3より出力される撮像信号は、映像信号処理回路4に送られる。映像信号処理回路4は、CCD3より送られる撮像信号を、ビデオ信号に変換して、ビデオ信号処理回路5に送る。ビデオ信号処理回路5は、映像信号処理回路4より送られるビデオ信号を、デジタル信号に変換するとともに圧縮処理して、記録再生部6に送る。記録再生部6は、ビデオ信号処理回路5より送られたデジタル信号を、この記録再生部6に装着されたビデオテープ7に記録する。このようにして、映像の記録が行われる。

0015

この記録再生部6に装着されたビデオテープ7は、図1に示すように、外筐体1の外方側より着脱可能となされている。なお、このビデオテープ7は、カセット内に回転可能に配設された一対のテープリールと、一方のテープリールに巻装されるとともに他方のテープリールに掛け渡された磁気テープとを有して構成されたものである。

0016

また、ビデオ信号処理回路5を経たデジタル信号は、LCD(液晶表示パネル8に送られ、モニター映像として表示される。このLCDパネル8は、外筐体1の側面部に配設されている。

0017

ビデオテープ7に記録された映像を再生するときには、記録再生部6によりビデオテープ7よりデジタル信号が読み出され、ビデオ信号処理回路5に送られる。ビデオ信号処理回路5は、記録再生部6より送られたデジタル信号を伸張処理してアナログ信号に変換し、ビデオ信号とする。このビデオ信号は、LCDパネル8に送られて再生映像として表示されるとともに、出力端子5aを介して外部に送出される。

0018

そして、外筐体1内には、映像信号処理回路4、ビデオ信号処理回路5及び記録再生部6の動作を制御するための制御回路9が設けられている。この制御回路9と、映像信号処理回路4、ビデオ信号処理回路5及び記録再生部6とは、制御バスを介して互いに接続されている。制御回路9は、操作スイッチなどを介して外部から入力される操作信号に応じて、映像信号処理回路4、ビデオ信号処理回路5及び記録再生部6を制御して、記録モードや再生モードの切替え及び実行をさせる。これら映像信号処理回路4、ビデオ信号処理回路5、記録再生部6及び制御回路9は、外筐体1内に設けられた電源部10より、電源供給されて駆動する。

0019

また、このビデオテープレコーダにおいては、静止画信号処理回路11が、映像信号処理回路4に接続されて配設されている。この静止画信号処理回路11には、映像信号処理回路4より、ビデオ信号が送られる。この静止画信号処理回路11は、映像信号処理回路4より送られるビデオ信号を信号圧縮処理する。そして、制御バスには、静止画制御回路12が接続されている。この静止画制御回路12は、内部バスを介して静止画信号処理回路11を制御することともに、この内部バスを介してインターフェイス回路13を制御する。

0020

インターフェイス回路13には、着脱可能なフラッシュメモリカード14が接続される。このフラッシュメモリカード14は、外形が薄い矩形平板状、すなわちカード状に構成され、外筐体1に設けられたカードスロット状情報入力部15に挿入されることにより、インターフェイス回路14に対する電気的な接続及び外筐体1による機械的な保持をなされる。

0021

このビデオテープレコーダにおいて静止画を記録するときには、静止画制御回路12による制御に応じて、映像信号処理回路4より出力されたビデオ信号は、静止画信号処理回路11に送られる。この静止画信号処理回路11は、送られたビデオ信号のうちの所定の1フレーム画像信号を圧縮処理して、例えば、いわゆるJPEGファイルとして、インターフェイス回路13に送る。インターフェイス回路13は、圧縮処理された画像信号を送られると、この信号をフラッシュメモリカード14に記憶され得る信号、例えば、いわゆるPCMCIA(Personal Computer Memory Card International Association)規格の信号に変換して、フラッシュメモリカード14に記憶させる。

0022

また、このビデオテープレコーダにおいて静止画を再生するときには、フラッシュメモリカード14に記憶された信号が読み出されてインターフェイス回路13に送られる。インターフェイス回路13は、フラッシュメモリカード14より送られた信号を圧縮処理された画像信号に変換して、静止画信号処理回路11に送る。静止画信号処理回路11は、圧縮処理された画像信号を伸張処理して、ビデオ信号とする。このビデオ信号は、LCDパネル8に送られて再生映像として表示されるとともに、出力端子5aを介して外部に送出される。

0023

また、カードスロット状情報入力部15は、後述する本発明に係る情報入力装置が有するカード型接続部が挿入されることにより、このカード型接続部に対する電気的な接続及び機械的な保持を行う。

0024

本発明に係る情報入力装置は、図2に示すように、ビデオテープレコーダのカードスロット状情報入力部15に挿入されて、このビデオテープレコーダのインターフェイス13に対する電気的な接続及び該カードスロット状情報入力部15による機械的な保持をなされるカード型接続部17を備えている。このカード型接続部17は、上述したフラッシュメモリカード14と同様の形状及び大きさを有して構成されている。

0025

そして、この情報入力装置は、カード型接続部17の一側部に連続されて設けられた入力操作部18を備えている。この入力操作部18は、カード型接続部17がカードスロット状情報入力部15に挿入されたときに、ビデオテープレコーダの外筐体1の外方側に臨まされる。この入力操作部18には、複数の操作スイッチを有する操作スイッチ部21及びLCD(液晶表示)部22が設けられている。操作スイッチ部21は、例えば、再生モード開始スイッチ、記録モード開始スイッチ、早送りモード開始スイッチ、巻戻しモード開始スイッチ、一時停止スイッチ、停止スイッチなどの操作スイッチを有して構成されている。

0026

この情報入力装置においては、入力操作部21は、図3に示すように、この入力操作部21に対する操作に応じた操作信号を生成する信号生成手段となる制御回路19に接続されている。また、LCD部22も、制御回路19に接続されている。この制御回路19には、インターフェイス回路20が接続されている。なお、この情報入力装置においては、LCD部22、制御回路19及びインターフェイス回路20は、この情報入力装置内に設けられた電源部16より、電源供給されて駆動する。

0027

この情報入力装置において、入力操作部21を構成する操作スイッチが押圧操作されると、制御回路19は、該入力操作部21に対する操作に応じた操作信号を生成して、インターフェイス回路20に送る。インターフェイス回路20は、この情報入力装置がカードスロット状情報入力部15に装着された状態おいては、該カードスロット状情報入力部15を介して、制御回路19より送られた操作信号をビデオテープレコーダのインターフェイス回路13に入力する。

0028

ここで、情報入力装置のインターフェイス回路20よりビデオテープレコーダのインターフェイス回路13への情報の転送については、例えば、情報入力装置のインターフェイス回路20内にメモリを設けておきこのメモリの所定のアドレス一定間隔毎に制御回路19から情報を書き込み、このメモリについてビデオテープレコーダのインターフェイス回路13が一定間隔毎に読み出しを行うようにすることで、実現することができる。

0029

ビデオテープレコーダは、情報入力装置からカードスロット状情報入力部15を介して操作信号が入力されると、この操作信号に応じた動作を実行する。すなわち、この操作信号は、カードスロット状情報入力部15より入力されると、内部バス及び制御バスを経て、制御回路9に送られる。この制御回路9は、送られた操作信号に応じて、映像信号処理回路4、ビデオ信号処理回路5及び記録再生部6の動作を制御する。

0030

また、この情報入力装置において、LCD部22は、カード型接続部17を介して接続したビデオテープレコーダより送られる情報信号に基づいて、このビデオテープレコーダの動作状態を示す表示を行う。この動作状態とは、ビデオテープレコーダがいずれの操作モードを選択して実行しているかということや、ビデオテープ7における磁気テープの走行状況、いわゆるテープカウンタ値などをいう。ビデオテープレコーダは、カードスロット状情報入力部15を介して接続された情報入力装置に対して、上述のようにLCD部22によって表示を行うための動作状態を示す信号を送る。

0031

ここで、ビデオテープレコーダのインターフェイス回路13より情報入力装置のインターフェイス回路20への情報の転送については、例えば、情報入力装置のインターフェイス回路20内にメモリを設けておきこのメモリの所定のアドレスに一定間隔毎にビデオテープレコーダのインターフェイス回路13から情報を書き込み、このメモリについて情報入力装置の制御回路19が一定間隔毎に読み出しを行うようにすることで、実現することができる。

0032

なお、情報入力装置が動作するための電源は、ビデオテープレコーダ側より、カードスロット状情報入力部15及びカード型接続部17を介して供給されることとしてもよい。

0033

そして、この情報入力装置は、いわゆるリモートコントローラとして構成することもできる。すなわち、この情報入力装置は、ビデオテープレコーダより離間された状態において、このビデオテープレコーダに対して制御信号19が生成した操作信号を赤外線や電波などの搬送波に重畳して送信する送信手段を設けることにより、リモートコントローラとして使用することができる。この場合には、ビデオテープレコーダには、情報入力装置より搬送波に重畳されて送信される操作信号を受信するための受信手段を設ける。この受信手段は、搬送波に重畳された操作信号を取り出して、制御回路9に送る。制御回路9は、情報入力装置から受信手段を介して入力された操作信号に応じて、ビデオテープレコーダの動作を制御する。

発明の効果

0034

上述のように、本発明に係る情報入力装置は、情報処理装置のカードスロット状情報入力部に挿入されて該情報処理装置に対する電気的な接続及び該カードスロット状情報入力部による機械的な保持をなされるカード型接続部と、このカード型接続部が上記カードスロット状情報入力部に挿入されたときに外方側に臨まされる入力操作部と、この入力操作部に対する操作に応じた操作信号を生成する信号生成手段とを備えている。そして、この情報入力装置は、操作信号をカードスロット状情報入力部を介して情報処理装置に入力する。

0035

すなわち、本発明は、情報処理装置に内蔵された場合において、該情報処理装置の多機能化に対応しつつ、該情報処理装置の小型化を阻害することがなく、また、遠隔操作装置として構成された場合において、情報処理装置の多機能化に対応しつつ、小型であって携帯及び保管が容易となされた情報入力装置を提供することができるものである。

0036

また、本発明に係る情報処理装置は、情報入力装置のカード型接続部が挿入されることによりこのカード型接続部に対する電気的な接続及び機械的な保持を行うカードスロット状情報入力部を備えており、情報入力装置からカードスロット状情報入力部を介して入力される操作信号に応じた動作を実行する。

0037

すなわち、本発明は、上述の情報入力装置により操作信号が入力されることとして、装置構成の小型化、軽量化が図られた情報処理装置を提供することができるものである。

図面の簡単な説明

0038

図1本発明に係る情報処理装置であるビデオテープレコーダの構成を示す斜視図である。
図2本発明に係る情報入力装置の構成を示す斜視図である。
図3上記ビデオテープレコーダ及び上記情報入力装置の構成を示すブロック図である。

--

0039

1外筐体、2撮影レンズ、3 CCD、4映像信号処理回路、5ビデオ信号処理回路、6記録再生部、7ビデオテープ、8LCDパネル、9制御回路、11静止画信号処理回路、12静止画制御回路、13インターフェイス回路、14フラッシュメモリカード、15カードスロット状情報入力部、17カード型接続部、18入力操作部、19 制御回路、20 インターフェイス回路、21 操作スイッチ部、22 LCD部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ