図面 (/)

技術 ハロゲン化銀写真感光材料及び該写真感光材料の処理方法

出願人 コニカミノルタ株式会社
発明者 西嶋豊喜押山智寛登坂泰雄
出願日 1997年12月5日 (24年2ヶ月経過) 出願番号 1997-335687
公開日 1999年6月22日 (22年7ヶ月経過) 公開番号 1999-167186
状態 未査定
技術分野 銀塩写真法またはそのための処理液
主要キーワード 吸収極小 赤外透過フィルター ニュートラル性 色彩画像 補色画像 分散用助剤 感度バランス 青色濃度
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年6月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

黒色再現性が良い画像、又、観察光源が変わっても黒色ニュートラティーの変動の少ない黒色画像が得られるハロゲン化銀写真感光材料を提供する。

解決手段

支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び第4の黒色画像形成性ハロゲン化銀乳剤(S乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、該S乳剤により形成された黒色画像を、青色光及び緑色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxG)をx、青色光及び赤色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxR)をyとした時、下記式(1)を満たすよう規定されたことを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。

(x−1)2+(y−1.1)2≦(0.09)2…(1)

概要

背景

従来、カラー製版印刷の工程において、色分解及び網点画像変換して得られた複数の白黒網点画像からカラープルーフを得る方法としては、フォトポリマージアゾ化合物を用いて色画像を形成するオーバーレイ法と、サープリント法が知られている。

オーバーレイ法は非常に簡単であり、作製コストも安く、4色(減法混色の原色及び黒)のフィルムシートを重ねるだけで校正用として使用できる利点を有しているが、フィルムシートを重ねることによって光沢を生じ、このため印刷物とは異なった質感のものとなる欠点がある。

サープリント法は、一つの支持体上に着色像を重ね合わせるものであり、この方法としては、光重合材料粘着性を利用してトナー現像によって着色画像を得る方法が米国特許3,582,327号、同3,607,264号及び同3,620,726号で知られている。

又、感光性の着色シートを用いて支持体に転写し、露光及び現像により画像を形成した後、この上に別の着色シートを積層し、同様のプロセスを繰り返すことによってカラープルーフを作製する方法が特公昭47−27441号及び特開昭56−501217号により知られている。

又、感光性の着色シートを用い、対応する各色分解フィルムを露光及び現像して得られた各着色画像を転写して一つの支持体上に形成する方法が特開昭59−97140号で知られている。これらの画像を形成するトナー及び着色シートの着色剤としては、印刷インキと同様の着色材料を使用できる利点があるため、得られたカラープルーフの色調は印刷物に近似したものとなる。

しかし、これらの方法は、カラープルーフを作製する工程で、画像を重ね合わせたり、転写したりしなければならず、操作に時間が掛かり、又、製作コストも高い欠点がある。

このような欠点を解消したものとして、白色支持体を有する銀塩カラー写真感光材料を使用してカラープルーフを作製する方法が特開昭56−113139号、同56−104335号、同62−280746号、同62−280747号、同62−280748号、同62−280749号、同62−280750号、同62−280849号等に開示されている。

この方法においては、色彩原稿から色分解された網点画像に変換された複数枚から成る色分解白黒網画像密着焼付け等の方法で逐次一枚のカラーペーパー焼き付け発色現像を施し、発色現像により画像様カプラーから生成した色素で形成されるカラー画像校正用画像として用いられる。

しかしながら、この技術には、色彩画像を印刷物に近似させると文字等の黒色画像の濃度が印刷物に比べて不足し、文字等の黒色画像の濃度を印刷物に近似させようとして、その濃度の調整手段を採ると、印刷物の色彩画像の近似度が悪化し、黒色画像と色彩画像の両者を共に満足させることが難しいという欠点がある。この欠点は、カラープルーフの作成のみでなく、写真印画紙においても同様の課題である。

又、写真画像蛍光灯のみならず、タングステン光太陽光など様々な光源下で観察される可能性があるため、特に黒色画像は観察光源によるニュートラティの変動が小さいことが望まれる。特開昭63−153546号、ザ・ジャーナルオブフォトグラフィック・サイエンス第20卷,149頁(1972年)に、観察光源依存性については、それぞれ詳細に記載されており、観察光源依存性の最も小さくなるY,M,Cそれぞれの色素の吸収極大波長の関係が求められている。

しかしながら、このように写真画像が作成された場合でも、その観察光源依存性の改善は十分とは言い難い。

ハロゲン化銀乳剤層が、イエロー画像発色層マゼンタ画像発色層及びシアン画像発色層の3種類の場合に、黒色画像を得ようとして全層を発色させた時に、より黒い黒色画像(例えば印刷インクの黒)に近似させるために、その青色成分緑色成分及び赤色成分の濃度を調整しようとして、イエローカプラーマゼンタカプラー及びシアンカプラーの付量を調整すると、各単色の濃度が変化したり、色調の裾切れ劣化したりして、色再現性が悪くなるという結果を招く。

これらの欠点を改良する技術として、特開平7−13308号、同7−64254号には、それぞれ印刷インクに近似するための黒色画像に関する技術が開示されており、その分光吸収スペクトルは、吸収極大値吸収極小値との差が比較的少なく、凹凸の緩やかな波形となるように構成されている。

しかしながら、これらの黒色画像は印刷物の色相とは必ずしも一致しておらず、しかも、観察光源が変化した時の色調変動は大きく、それに伴う印刷物からの色相のズレも大きいという新たな課題が見い出された。

概要

黒色再現性が良い画像、又、観察光源が変わっても黒色のニュートラリティーの変動の少ない黒色画像が得られるハロゲン化銀写真感光材料を提供する。

支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び第4の黒色画像形成性ハロゲン化銀乳剤(S乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、該S乳剤により形成された黒色画像を、青色光及び緑色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxG)をx、青色光及び赤色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxR)をyとした時、下記式(1)を満たすよう規定されたことを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。

(x−1)2+(y−1.1)2≦(0.09)2…(1)

目的

従って本発明の目的は、黒色再現性がよい画像、又、観察光源がかわっても黒色のニュートラリティーの変動の少ない黒色画像が得られるハロゲン化銀写真感光材料(以下、「写真感光材料」又は単に「感光材料」と略称する)を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び第4の黒色画像形成性ハロゲン化銀乳剤(S乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、該S乳剤により形成された黒色画像を、青色光及び緑色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxG)をx、青色光及び赤色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxR)をyとした時、下記式(1)を満たすよう規定されたことを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。(x−1)2+(y−1.1)2≦(0.09)2…(1)

請求項2

支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び第4の黒色画像形成性ハロゲン化乳剤(S乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、画像形成時に得られる黒色画像を、緑色光及び青色光で測定した感度の比(S2G/S2B)をu、赤色光及び青色光で測定した感度の比(S2R/S2B)をvとした時、下記式(2)を満たすように規定されたことを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。ここで、感度(S2)は最低濃度(Dmin)+0.50における露光量の逆数対数とする。(u−1)2+(v−1.1)2≦(0.13)2…(2)

請求項3

支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及びシアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層を有する感光性積層体であって、画像形成時に得られる黒色画像の分光吸収スペクトル波長の545nm、580nm、650nmにおける濃度を、それぞれD1、D2、D3とし、D1/D2をa、D3/D2をbとした時、下記式(3)及び(4)を満たすよう規定されたことを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。0.85≦a≦1.10…(3) 0.80≦b≦1.15…(4)

請求項4

感光性積層体が、更に第4の黒色画像形成性ハロゲン化乳剤(S乳剤と称す)を有することを特徴とする請求項3記載のハロゲン化銀写真感光材料。

請求項5

支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び前記イエローマゼンタ、シアン画像の何れかに対し補色となる画像を形成する第4の補色画像形成性ハロゲン化銀乳剤(H乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、形成された黒色画像を、青色光及び緑色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxG)をx、青色光及び赤色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxR)をyとした時、前記式(1)を満たすよう規定されたことを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。

請求項6

支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び前記イエロー、マゼンタ、シアン画像の何れかに対し補色となる画像を形成する第4の補色画像形成性ハロゲン化乳剤(H乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、画像形成時に得られる黒色画像を、緑色光及び青色光で測定した時の感度の比(S2G/S2B)をu、赤色光及び青色光で測定したときの感度の比(S2R/S2B)をvとした時、前記式(2)を満たすよう規定されたことを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。ここで、感度(S2)は最低濃度(Dmin)+0.50における露光量の逆数の対数とする。

請求項7

支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び前記イエロー、マゼンタ、シアン画像の何れかに対し補色となる画像を形成する第4の補色画像形成性ハロゲン化乳剤(H乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、画像形成時に得られる黒色画像の分光吸収スペクトルの波長の545nm、580nm、650nmにおける濃度を、それぞれD1、D2、D3とし、D1/D2をa、D3/D2をbとした時、前記式(3)及び(4)を満たすよう規定されたことを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。

請求項8

黒色画像を形成するためのマゼンタカプラーのpKaをpKa(M)、黒色画像を形成するためのシアンカプラーのpKaをpKa(C)とした時、pKa(M)及びpKa(C)が下記の関係を満たすことを特徴とする請求項1〜7の何れか1項に記載のハロゲン化銀写真感光材料。pKa(M)≦10.0 pKa(C)≦10.5│pKa(C)−pKa(M)│≦2.5

請求項9

請求項1〜7の何れか1項に記載のハロゲン化銀写真感光材料の第4のS乳剤含有層に、レゾルシン発色カプラー及びアミノフェノール系発色カプラーから選ばれる少なくとも1種を含有することを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料。

請求項10

請求項1〜7の何れか1項に記載のハロゲン化銀写真感光材料を、実質的にベンジルアルコールを含有しない発色現像液で処理することを特徴とするハロゲン化銀写真感光材料の処理方法

技術分野

0001

本発明は、カラー製版印刷工程において色分解及び網点画像変換して得られる複数の白黒網点画像から校正用カラー画像カラープルーフ)を作製するのに好適なハロゲン化銀写真感光材料及び、それを用いたカラープルーフの作製方法に関する。

背景技術

0002

従来、カラー製版・印刷の工程において、色分解及び網点画像変換して得られた複数の白黒網点画像からカラープルーフを得る方法としては、フォトポリマージアゾ化合物を用いて色画像を形成するオーバーレイ法と、サープリント法が知られている。

0003

オーバーレイ法は非常に簡単であり、作製コストも安く、4色(減法混色の原色及び黒)のフィルムシートを重ねるだけで校正用として使用できる利点を有しているが、フィルムシートを重ねることによって光沢を生じ、このため印刷物とは異なった質感のものとなる欠点がある。

0004

サープリント法は、一つの支持体上に着色像を重ね合わせるものであり、この方法としては、光重合材料粘着性を利用してトナー現像によって着色画像を得る方法が米国特許3,582,327号、同3,607,264号及び同3,620,726号で知られている。

0005

又、感光性の着色シートを用いて支持体に転写し、露光及び現像により画像を形成した後、この上に別の着色シートを積層し、同様のプロセスを繰り返すことによってカラープルーフを作製する方法が特公昭47−27441号及び特開昭56−501217号により知られている。

0006

又、感光性の着色シートを用い、対応する各色分解フィルムを露光及び現像して得られた各着色画像を転写して一つの支持体上に形成する方法が特開昭59−97140号で知られている。これらの画像を形成するトナー及び着色シートの着色剤としては、印刷インキと同様の着色材料を使用できる利点があるため、得られたカラープルーフの色調は印刷物に近似したものとなる。

0007

しかし、これらの方法は、カラープルーフを作製する工程で、画像を重ね合わせたり、転写したりしなければならず、操作に時間が掛かり、又、製作コストも高い欠点がある。

0008

このような欠点を解消したものとして、白色支持体を有する銀塩カラー写真感光材料を使用してカラープルーフを作製する方法が特開昭56−113139号、同56−104335号、同62−280746号、同62−280747号、同62−280748号、同62−280749号、同62−280750号、同62−280849号等に開示されている。

0009

この方法においては、色彩原稿から色分解された網点画像に変換された複数枚から成る色分解白黒網画像密着焼付け等の方法で逐次一枚のカラーペーパー焼き付け発色現像を施し、発色現像により画像様カプラーから生成した色素で形成されるカラー画像校正用画像として用いられる。

0010

しかしながら、この技術には、色彩画像を印刷物に近似させると文字等の黒色画像の濃度が印刷物に比べて不足し、文字等の黒色画像の濃度を印刷物に近似させようとして、その濃度の調整手段を採ると、印刷物の色彩画像の近似度が悪化し、黒色画像と色彩画像の両者を共に満足させることが難しいという欠点がある。この欠点は、カラープルーフの作成のみでなく、写真印画紙においても同様の課題である。

0011

又、写真画像蛍光灯のみならず、タングステン光太陽光など様々な光源下で観察される可能性があるため、特に黒色画像は観察光源によるニュートラティの変動が小さいことが望まれる。特開昭63−153546号、ザ・ジャーナルオブフォトグラフィック・サイエンス第20卷,149頁(1972年)に、観察光源依存性については、それぞれ詳細に記載されており、観察光源依存性の最も小さくなるY,M,Cそれぞれの色素の吸収極大波長の関係が求められている。

0012

しかしながら、このように写真画像が作成された場合でも、その観察光源依存性の改善は十分とは言い難い。

0013

ハロゲン化銀乳剤層が、イエロー画像発色層マゼンタ画像発色層及びシアン画像発色層の3種類の場合に、黒色画像を得ようとして全層を発色させた時に、より黒い黒色画像(例えば印刷インクの黒)に近似させるために、その青色成分緑色成分及び赤色成分の濃度を調整しようとして、イエローカプラーマゼンタカプラー及びシアンカプラーの付量を調整すると、各単色の濃度が変化したり、色調の裾切れ劣化したりして、色再現性が悪くなるという結果を招く。

0014

これらの欠点を改良する技術として、特開平7−13308号、同7−64254号には、それぞれ印刷インクに近似するための黒色画像に関する技術が開示されており、その分光吸収スペクトルは、吸収極大値吸収極小値との差が比較的少なく、凹凸の緩やかな波形となるように構成されている。

0015

しかしながら、これらの黒色画像は印刷物の色相とは必ずしも一致しておらず、しかも、観察光源が変化した時の色調変動は大きく、それに伴う印刷物からの色相のズレも大きいという新たな課題が見い出された。

発明が解決しようとする課題

0016

従って本発明の目的は、黒色再現性がよい画像、又、観察光源がかわっても黒色のニュートラリティーの変動の少ない黒色画像が得られるハロゲン化銀写真感光材料(以下、「写真感光材料」又は単に「感光材料」と略称する)を提供することにある。

課題を解決するための手段

0017

本発明の上記目的は下記構成によって達成された。

0018

(1)支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び第4の黒色画像形成性ハロゲン化銀乳剤(S乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、該S乳剤により形成された黒色画像を、青色光及び緑色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxG)をx、青色光及び赤色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxR)をyとした時、下記式(1)を満たすよう規定されたハロゲン化銀写真感光材料。

0019

(x−1)2+(y−1.1)2≦(0.09)2…(1)
(2)支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び第4の黒色画像形成性ハロゲン化乳剤(S乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、画像形成時に得られる黒色画像を、緑色光及び青色光で測定した感度の比(S2G/S2B)をu、赤色光及び青色光で測定した感度の比(S2R/S2B)をvとした時、下記式(2)を満たすように規定されたハロゲン化銀写真感光材料。

0020

ここで、感度(S2)は最低濃度(Dmin)+0.50における露光量の逆数対数とする。

0021

(u−1)2+(v−1.1)2≦(0.13)2…(2)
(3)支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及びシアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層を有する感光性積層体であって、画像形成時に得られる黒色画像の分光吸収スペクトルの波長の545nm、580nm、650nmにおける濃度を、それぞれD1、D2、D3とし、D1/D2をa、D3/D2をbとした時、下記式(3)及び(4)を満たすよう規定されたハロゲン化銀写真感光材料。

0022

0.85≦a≦1.10…(3) 0.80≦b≦1.15…(4)
(4)感光性積層体が、更に第4の黒色画像形成性ハロゲン化乳剤(S乳剤と称す)を有する(3)に記載のハロゲン化銀写真感光材料。

0023

(5)支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び前記イエローマゼンタ、シアン画像の何れかに対し補色となる画像を形成する第4の補色画像形成性ハロゲン化銀乳剤(H乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、形成された黒色画像を、青色光及び緑色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxG)をx、青色光及び赤色光で測定した最大濃度の比(DmaxB/DmaxR)をyとした時、前記式(1)を満たすよう規定されたハロゲン化銀写真感光材料。

0024

(6)支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び前記イエロー、マゼンタ、シアン画像の何れかに対し補色となる画像を形成する第4の補色画像形成性ハロゲン化乳剤(H乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、画像形成時に得られる黒色画像を、緑色光及び青色光で測定した時の感度の比(S2G/S2B)をu、赤色光及び青色光で測定したときの感度の比(S2R/S2B)をvとした時、前記式(2)を満たすよう規定されたハロゲン化銀写真感光材料。

0025

ここで、感度(S2)は最低濃度(Dmin)+0.50における露光量の逆数の対数とする。

0026

(7)支持体上にイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、マゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、シアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤を含有する層、及び前記イエロー、マゼンタ、シアン画像の何れかに対し補色となる画像を形成する第4の補色画像形成性ハロゲン化乳剤(H乳剤と称す)を有する感光性積層体であって、画像形成時に得られる黒色画像の分光吸収スペクトルの波長の545nm、580nm、650nmにおける濃度を、それぞれD1、D2、D3とし、D1/D2をa、D3/D2をbとした時、前記式(3)及び(4)を満たすよう規定されたハロゲン化銀写真感光材料。

0027

(8)黒色画像を形成するためのマゼンタカプラーのpKaをpKa(M)、黒色画像を形成するためのシアンカプラーのpKaをpKa(C)とした時、pKa(M)及びpKa(C)が下記の関係を満たす(1)〜(7)の何れか1項に記載のハロゲン化銀写真感光材料。

0028

pKa(M)≦10.0 pKa(C)≦10.5
│pKa(C)−pKa(M)│≦2.5
(9)(1)〜(7)の何れか1項に記載のハロゲン化銀写真感光材料の第4のS乳剤含有層に、レゾルシン発色カプラー及びアミノフェノール系発色カプラーから選ばれる少なくとも1種を含有するハロゲン化銀写真感光材料。

0029

(10)(1)〜(7)の何れか1項に記載のハロゲン化銀写真感光材料を、実質的にベンジルアルコールを含有しない発色現像液で処理するハロゲン化銀写真感光材料の処理方法

0030

以下、本発明について更に詳述する。

0031

第1及び第5の発明では、写真感光材料から得られる黒色画像のx、yの値の採り得る範囲は、(x−1)2+(y−1.1)2≦(0.09)2であることを満足するが、より好ましくは(x−1)2+(y−1.1)2≦(0.05)2である。

0032

ここでのx、yは何れも請求項で説明した内容のもので、形成される黒色画像の青(B),緑(G),赤(R)光での最大発色濃度(DmaxB,DmaxG,DmaxR)の比を規定したものであり、式(1)を満たすように調整する必要がある。

0033

式(1)を満たすように調整するには、黒色画像を形成するためのカプラーの種類や量を調整する、又、第5の発明の場合には、H乳剤層以外の層のカプラーとの量比率なども考慮して調整することで達成できる。

0034

第2及び第6の発明では、写真感光材料から得られる黒色画像のu、vの値の採り得る範囲は、(u−1)2+(v−1.1)2≦(0.13)2であることを満足する。より好ましくは(u−1)2+(v−1.1)2≦(0.08)2を満足する。

0035

ここで、u,v値は、画像形成時に得られる黒色画像を、緑色光及び青色光で測定した時の感度の比(S2G/S2B)をu、赤色光及び青色光で測定した時の感度の比(S2R/S2B)をvとしたものである。尚、感度(S2)は、黒色画像を形成した時の特性曲線を青色光、緑色光又は赤色光で測定した時、最低濃度(Dmin)+0.50における露光量の逆数の対数とする。

0036

u、vの値を調整するには、黒色画像を形成するためのカプラーの種類や、量を調整する、又、第6の発明の場合には、S乳剤層以外の層のカプラーとの量比率なども考慮して調整することで達成できる。

0037

第3、4及び7の発明では、写真感光材料から得られる黒色画像において、a、bの採り得る範囲は、0.85≦a≦1.10;0.80≦b≦1.15であることを満足する。より好ましくは0.90≦a≦1.0;0.85≦b≦1.10である。

0038

ここで、a、bは、画像形成時に得られる黒色画像の分光吸収スペクトルの波長の545nm、580nm、650nmにおける分光濃度を、それぞれD1、D2、D3とした時、D1/D2をa、D3/D2をbとしたものである。

0039

a、bの値を調整するには、カプラーの種類や組合せを調整したり、非発色性添加剤高沸点有機溶媒色調調整剤などを組み合わせて調整することができる。

0040

本発明の黒色画像は、(a)黒色画像形成層(S乳剤層)のイエローカプラー、マゼンタカプラー及びシアンカプラーの発色により得る手段、(b)赤画像形成層のイエローカプラー、マゼンタカプラー、及びシアン画像形成層のシアンカプラーの発色により得る手段、(c)青画像形成層のマゼンタカプラー、シアンカプラー、及びイエロー画像形成層のイエローカプラーの発色により得る手段、(d)緑画像形成層のイエローカプラー、シアンカプラー、及びマゼンタ画像形成層のマゼンタカプラーの発色により得る手段などが考えられるが、(b)、(c)及び(d)の方法のように、補色画像形成層を利用した方法が好ましく、中でも(b)赤画像形成層のイエローカプラー、マゼンタカプラー、及びシアン画像形成層のシアンカプラーから成る黒色画像が最も好ましい。

0041

本発明で黒色画像形成のために使用されるカプラーは、通常の写真感光材料に用いるカプラーを使用できるが、イエローカプラーとしてはpKaが9.5以下のものが好ましく、マゼンタカプラーとしてはpKaが10.0以下のものが好ましく、シアンカプラーとしてはpKaが10.5以下のものが好ましい。更に好ましくは、組み合わせたカプラーのpKaの差が2.5以下、より好ましくは1.5以下であることである。

0042

以下に、好ましく用いられるイエローカプラー、マゼンタカプラー及びシアンカプラーの代表例を挙げるが、これらに限定されない。

0043

0044

0045

0046

0047

0048

0049

0050

0051

0052

0053

0054

0055

0056

0057

0058

0059

0060

0061

0062

0063

0064

0065

本発明の感光材料の黒色画像形成に用いられるカプラーとしては、上記イエローカプラー、マゼンタカプラー及びシアンカプラーの他に、レゾルシン系又はアミノフェノール系のブラックカプラーを混合することもできる。

0066

以下に、本発明に好ましく用いられるブラックカプラーの具体例を示すが、これらの化合物に限定されるものではない。

0067

0068

上記ブラックカプラーは、特開昭52−42725号、同58−5732号等に記載の方法で合成することができる。

0069

本発明の前記各カプラーは、通常、ハロゲン化銀乳剤層におけるハロゲン化銀モル当たり1×10-3〜1モル、好ましくは1×10-2〜8×10-1モルの範囲で用いることができる。

0070

各カプラーには、形成された色素画像の光、熱、湿度等による褪色を防止するため褪色防止剤を併用することができる。好ましい化合物としては、特開平2−66541号,3頁に記載の一般式I及びIIで示されるフェニルエーテル系化合物、特開平3−174150号記載の一般式IIIBで示されるフェノール系化合物、特開昭64−90445号記載の一般式Aで示されるアミン系化合物、特開昭62−182741号記載の一般式XII、XIII、XIV、XVで示される金属錯体、特開平1−196049号記載の一般式I′で示される化合物及び特開平5−11417号記載の一般式IIで示される化合物が特に好ましい。

0071

本発明において、黒色画像を青、緑、赤と三色に色成分分解する時に、それぞれ440±15nm、550±15nm、650±15nmの範囲の波長の光で測定を行うことができる。

0072

本発明の第1、2、4、5、6及び7の発明に用いられる写真感光材料は、少なくとも1層のイエロー画像形成性ハロゲン化銀乳剤(Y乳剤と称す)を含有する層、少なくとも1層のマゼンタ画像形成性ハロゲン化銀乳剤(M乳剤と称す)を含有する層、少なくとも1層のシアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤(C乳剤と称す)を含有する層を有し、かつ第4のハロゲン化銀乳剤(H乳剤も含めてS乳剤と称す)を有している。

0073

ここで第4のS乳剤は、画像露光され現像されることにより黒色画像を形成することが可能な乳剤であればよい。第4のS乳剤が含有される層は、イエロー、マゼンタ及びシアン各画像形成層とは異なる第4の層に含有されてもよいし、イエロー、マゼンタ、シアンの各発色層の少なくとも1層に添加してもよい。

0074

好ましい一例では、S乳剤はイエローカプラー、マゼンタカプラー及びシアンカプラーを含有する第4の黒色画像層と組み合わせて使用することもできる。又、S乳剤が複数の層の画像形成に寄与し、それらS乳剤が現像されたことによる複数画像の組合せにより黒色画像を形成する場合も好ましい一例である。複数の画像の組合せにより黒色画像を形成する例としては、例えばイエロー画像を形成するためのイエロー画像層にS乳剤を含有し、別にイエロー画像の補色である青色画像(例えば、マゼンタ画像及びシアン画像が同時に形成されることにより青色画像となる)形成層にもS乳剤を含有し、S乳剤が現像されることで黒色画像が形成されるものがある。更に、S乳剤がマゼンタ画像形成層とその補色画像形成層に含有される場合や、S乳剤がシアン画像形成層とその補色画像形成層に含有される場合もある。

0075

別の好ましい一例は、S乳剤はイエロー画像形成層、マゼンタ画像形成層及びシアン画像形成層の何れにも含有され、S乳剤が現像されることにより黒色画像を形成するものである。その場合のイエロー画像形成層、マゼンタ画像形成層及びシアン画像形成層には、本発明のY乳剤、M乳剤、C乳剤が含有されていてもよいし、含有されていない画像形成層であってもよい。

0076

本発明のイエロー画像形成性、マゼンタ画像形成性及びシアン画像形成性ハロゲン化銀乳剤層は、単独層であっても複数の層から構成されてもよい。又、その支持体からの塗設される順番は任意に選択できる。

0077

上記したようなS乳剤の添加層の構成としてより好ましいのは、黒色画像のニュートラル性の良い画像を、どの濃度域においても出し易いという効果から、イエロー、マゼンタ及びシアン画像形成層の内1層とその補色を画像形成する層にS乳剤を添加する構成であり、特に好ましくはイエロー画像形成層と赤色画像形成層に添加する形態である。

0078

本発明に使用される感光材料は、Y乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤の何れの乳剤においても、その分光感度領域において、その他の三つの乳剤より少なくとも6倍感度が高い分光感度領域が少なくとも存在する感光材料である。即ち、Y乳剤の感度が他のM、C、S各乳剤の感度より少なくとも6倍高い分光感度領域が少なくとも存在し、かつ、M乳剤についても、C乳剤についても、S乳剤についても同様に他の3つの乳剤より少なくとも6倍高い分光感度領域が少なくとも存在する。

0079

好ましくはY乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤の何れの乳剤においても、その分光感度領域において、その他の3つの乳剤より少なくとも8倍感度が高い分光感度領域が少なくとも存在する。

0080

本発明の一つの好ましい実施態様においては、Y乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤は、それぞれ互いに異なる波長領域に分光極大分光感度の極大)を有している。Y乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤の内、或る乳剤の分光感度分布極大値付近特定波長で露光した場合、その乳剤の感度は、それ以外の三つの乳剤の感度より少なくとも6倍感度が高い波長領域が存在する。Y乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤の全てについて、その分光感度分布の極大値付近にそのような波長領域が少なくとも存在する。

0081

別の好ましい一つの実施態様では、Y乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤の内の或る乳剤の分光感度分布が、その他の3つの乳剤より少なくとも6倍感度が高い波長領域が、該乳剤の分光感度の極大付近でない場合もある。その場合でも、感度差が少なくとも6倍あれば使用できる。

0082

好ましい実施態様においては、Y乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤は、何れも互いに異なる分光波長領域を有しており、その最大感光波長は互いに異なる。好ましくは、互いに20nm以上最大感光波長が異なっている。更に好ましくは30nm以上異なっている。

0083

Y乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤の最大感光波長は、上記条件であればどのような波長でもよい。各乳剤の最大感光波長は、350〜900nmの間で任意に選択できる。一つの好ましい具体例は、Y乳剤が青領域、M乳剤が緑領域、C乳剤が赤領域、S乳剤が赤外領域である。又、別の好ましい具体例においては、Y乳剤が400±30nm、M乳剤が460±30nm、C乳剤が540±30nm、S乳剤が640±30nmで、各乳剤の最大感光波長の差が20nm以上になるように設定される。更に別の好ましい一例では、M乳剤が580nm、C乳剤が660nm、Y乳剤が750nm、S乳剤が850nmと設定できる。更に別の好ましい一例においては、Y乳剤が540nm、M乳剤が380nm、C乳剤が460nm、S乳剤が630nmと設定できる。ここに挙げたのは、ほんの一例であり、これらに限定されない。

0084

Y乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤から選ばれる任意の乳剤は、何れかの波長領域において、その乳剤以外の該波長での感度に対して少なくとも6倍高いことが好ましい。ここで、感度は或る画像層の濃度を最大濃度0.3の濃度にするために必要な露光量の逆数で表した感度である。更に好ましくは、8倍高いことである。

0085

本発明におけるY乳剤、M乳剤、C乳剤、S乳剤は、従来知られている分光増感色素から選択して増感することにより実現することができる。

0086

本発明の写真感光材料は、カラーネガティブフィルム、カラーポジティブフィルム(カラー反転フィルム、カラープリント用フィルム)、カラーリバーサルペーパー、カラーオートポジフィルムあるいはカラーオートポジペーパー(直接ポジカラー感光材料)等に使用することができ、特に印刷のカラープルーフ用のカラーオートポジ感光材料(ペーパー、フィルム)として使用されることが好ましい。

0087

本発明の感光材料は、ポジ型感光材料であることが好ましい。ポジ型感光材料には、直接ポジ方式及びカラーリバーサル方式による感光材料を包含するものであり、又、画像様に生じた銀を漂白する時に、同時に色素を漂白してポジ画像を形成する、いわゆる銀色素漂白法を用いた感光材料、カラー拡散転写法を用いた感光材料等が本発明の感光材料に含まれる。

0088

本発明の感光材料の各乳剤の粒径は、その求められる性能、特に感度、感度バランス色分離性鮮鋭性粒状性、等の諸性能を考慮して広い範囲から選択することができる。

0089

本発明の好ましい実施態様においては、ハロゲン化銀の粒径は、0.1〜1.2μmの範囲が好ましく用いられる。

0090

ハロゲン化銀乳剤としては、画像露光により表面に潜像を形成する表面潜像型ハロゲン化銀乳剤を用いて、現像を行うことによりネガ画像を形成するハロゲン化銀乳剤を用いてもよい。又、粒子表面が予めかぶらされていない内部潜像型ハロゲン化銀乳剤を用い、画像露光後カブリ処理(造核処理)を施し、次いで表面現像を行うか、又は画像露光後、カブリ処理を施しながら表面現像を行うことにより直接ポジ画像を得ることができるものも好ましく用いることができる。

0091

上記のカブリ処理は、全面露光を与えることでもよいし、カブリ剤を用いて化学的に行うのでもよいし、又、強力な現像液を用いてもよく、更に熱処理等によってもよい。

0092

尚、前記内部潜像型ハロゲン化銀乳剤粒子を含有する乳剤とは、ハロゲン化銀結晶粒子の主として内部に感光核を有し、露光によって粒子内部に潜像が形成されるようなハロゲン化銀粒子含有の乳剤を言う。

0093

この内部潜像型直接ポジの技術分野においては、種々の技術がこれまでに知られている。例えば米国特許2,592,250号、同2,466,957号、同2,497,875号、同2,588,982号、同3,761,266号、同3,761,276号、同3,796,577号及び英国特許1,151,363号等に記載される方法が知られている。

0094

ポジ画像の形成機構については、必ずしも明らかではないが、例えばフォトグラフィック・サイエンス・アンドエンジニアリング(Photographic Science and Engineering)20巻,158頁(1976)には次のように記載されている。

0095

画像露光によってハロゲン化銀結晶粒子内に生じた光電子は粒子内部に選択的に捕獲され、内部潜像が形成される。この内部潜像は伝導帯にある電子に対し有効な捕獲中心として働くので、露光された粒子においては、その後のカブリ現像過程注入される電子は内部に捕獲され潜像を補力することになる。この場合、潜像は内部にあるので表面現像では現像されない。一方、画像露光を受けなかった粒子においては、注入された少なくとも一部の電子は粒子表面に捕獲されて、そこに潜像が形成されるので該粒子は表面現像によって現像される。

0096

本発明に用いることのできる予めかぶらされていない内部潜像型ハロゲン化銀粒子は、ハロゲン化銀粒子の内部に主として潜像を形成し、感光核の大部分を粒子の内部に有するハロゲン化銀粒子を有する乳剤であって、任意のハロゲン化銀、例えば臭化銀塩化銀、塩臭化銀、塩沃化銀、沃臭化銀、塩沃臭化銀等が包含される。

0097

特に好ましくは、塗布銀量が約1〜3.5g/m2の範囲になるように透明な支持体に塗布した試料の一部を約0.1秒から約1秒迄の或る定められた時間に亘って光強度スケールに露光し、実質的にハロゲン化銀溶剤を含有しない粒子の表面像のみを現像する下記の表面現像液Aを用いて20℃で4分現像した場合に、同一の乳剤試料の別の一部を同じく露光し、粒子の内部の像を現像する下記の内部現像液Bで20℃で4分間現像した場合に得られる最大濃度の1/5より大きくない最大濃度を示す乳剤である。更に好ましくは、表面現像液Aを用いて得られた最大濃度は内部現像液Bで得られる最大濃度の1/10より大きくないものである。

0098

(表面現像液A)
メトール 2.5g
L−アスコルビン酸10.0g
メタ硼酸ナトリウム(4水塩) 35.0g
臭化カリウム1.0g
水を加えて 1000ml
(内部現像液B)
メトール 2.0g
亜硫酸ナトリウム無水) 90.0g
ハイドロキノン8.0g
炭酸ナトリウム(1水塩) 52.5g
臭化カリウム 5.0g
沃化カリウム0.5g
水を加えて 1000ml
又、本発明に好ましく用いられる内部潜像型ハロゲン化銀乳剤は、種々の方法で調製されるものが含まれる。例えば米国特許2,592,250号に記載されているコンバージョン型ハロゲン化銀乳剤、又は米国特許3,206,316号、同3,317,322号及び同3,367,778号に記載されている内部化学増感されたハロゲン化銀粒子を有するハロゲン化銀乳剤、又は米国特許3,271,157号、同3,447,927号及び同3,53,291号に記載されている多価金属イオンを内蔵しているハロゲン化銀粒子を有する乳剤、又は米国特許3,761,276号に記載されているドープ剤を含有するハロゲン化銀粒子の粒子表面を弱く化学増感したハロゲン化銀乳剤、又は特開昭50−8524号、同50−38525号及び同53−2408号等に記載されている積層構造を有する粒子から成るハロゲン化銀乳剤、その他特開昭52−156614号及び同55−127549号に記載されているハロゲン化銀乳剤などである。

0099

好ましく用いられる内部潜像型ハロゲン化銀粒子は、任意のハロゲン組成のハロゲン化銀、例えば臭化銀、塩化銀、塩臭化銀、塩沃化銀、沃臭化銀、塩沃臭化銀であればよい。塩化銀を含有している粒子は現像処理性に優れ、迅速処理に適している。

0100

用いられるハロゲン化銀粒子の形状は立方体八面体、(100)面と(111)面の混合から成る14面体、(110)面を有する形状、球状、平板状等の何れであってもよい。平均粒径は0.05〜3μmのものが好ましく使用できる。粒径の分布は、粒径及び晶癖が揃った単分散乳剤でもよいし、粒径あるいは晶癖が揃っていない乳剤でもよいが、粒径及び晶癖の揃った単分散性ハロゲン化銀乳剤であることが好ましい。

0101

ここで、単分散性ハロゲン化銀乳剤とは、平均粒径rmを中心に±20%の粒径範囲内に含まれるハロゲン化銀重量が、全ハロゲン化銀粒子重量の60%以上であるものを言い、好ましくは70%以上であるものを言い、更に好ましくは80%以上である。ここに、平均粒径rmは、粒径riを有する粒子の頻度niとri3との積ni×ri3が最大となる時の粒径riと定義する(有効数字3桁、最小桁数字は4捨5入する)。ここで言う粒径とは、球状のハロゲン化銀粒子の場合は、その直径、又、球状以外の形状の粒子の場合は、その投影像を同面積の円像に換算した時の直径である。粒径は、例えば該粒子を電子顕微鏡で1万倍〜5万倍に拡大して撮影し、そのプリント上の粒子直径又は投影時の面積を実測することによって得ることができる(測定粒子個数は無差別に1000個以上あることとする)。

0102

特に好ましい高度の単分散性乳剤は、
粒径標準偏差/平均粒径)×100=分布の広さ(%)
により定義した分布の広さが20%以下のものである。ここに、平均粒径及び粒径標準偏差は前記定義のriから求めるものとする。

0103

単分散乳剤は種粒子を含むゼラチン溶液中に、水溶性銀塩溶液水溶性ハライド溶液をpAg及びpHの制御下ダブルジェット法によって加えることによって得ることができる。添加速度の決定に当たっては、特開昭54−48521号、同58−49938号を参考にできる。更に高度な単分散性乳剤を得る方法としては、特開昭60−122935号に開示されたテトラインデン化合物の存在下での成長方法適応できる。

0104

本発明の感光材料に用いられるカプラーを添加するのに水中油滴型乳化分散法を用いる場合には、通常、沸点150℃以上の水不溶性高沸点有機溶媒に、必要に応じて低沸点及び/又は水溶性有機溶媒を併用して溶解し、ゼラチン水溶液などの親水性バインダー中に界面活性剤を用いて乳化分散する。分散手段としては、攪拌機ホモジナイザーコロイドミルフロージェットミキサー超音波分散機等を用いることができる。分散後、又は分散と同時に低沸点有機溶媒を除去する工程を入れてもよい。

0105

カプラーを溶解して分散するために用いられる高沸点有機溶媒としては、ジオクチルフタレート等のフタル酸エステルトリクレジルホスフェート等の燐酸エステル類が好ましく用いられる。又、高沸点有機溶媒を用いる方法に代えて、カプラーと水不溶性かつ有機溶媒可溶性ポリマー化合物を、必要に応じて低沸点及び/又は水溶性有機溶媒に溶解し、ゼラチン水溶液などの親水性バインダー中に界面活性剤を用いて種々の分散手段により乳化分散する方法をとることもできる。この時用いられる水不溶性で有機溶媒可溶性のポリマーとしては、ポリ(N−t−ブチルアクリルアミド)等を挙げることができる。

0106

発色色素吸収波長シフトさせる目的で、特開平4−114152号,33頁に記載の化合物(d−11)、同35頁に記載の化合物(A′−1)等の化合物を用いることができる。又、これら以外にも、米国特許4,774,187号に記載の蛍光色素放出化合物を用いることもできる。

0107

好ましく用いられる内部潜像型直接ポジ画像形成におけるカブリ処理は、全面露光を与えるか又はカブリ核を生成する化合物、即ちカブリ剤を用いて行うことができる。

0108

全面露光は画像露光した感光材料を現像液もしくはその他の水溶液に浸漬するか、又は湿潤させた後、全面的に均一露光することによって行れる。ここで使用する光源としては、上記感光材料の感光波長領域の光を有するものであればどの様な光源でもよく、又、フラッシュ光の如き高照度光を短時間当てることもできるし、弱い光を長時間当ててもよい。又、全面露光の時間は、上記感光材料、現像処理条件、使用する光源の種類等により、最終的に最良のポジ画像が得られるよう広範囲に変えることができる。又、全面露光の露光量は、感光材料との組合せにおいて、或る決まった範囲の露光量を与えることが最も好ましい。通常、過度に露光量を与えると最小濃度の上昇や減感を起こし、画質が低下する傾向がある。

0109

次に好ましく用いるカブリ剤について述べる。

0110

本発明において使用するカブリ剤としては広範な種類の化合物を用いることができ、このカブリ剤は現像処理時に存在すればよく、例えば感光材料の支持体以外の構成層中(その中でも、特にハロゲン化銀乳剤層中が好ましい)、又は現像液あるいは現像処理に先立つ処理液に含有せしめてもよい。又、その使用量は目的に応じて広範囲に変えることができ、好ましい添加量としては、ハロゲン化銀乳剤層中に添加する時は、ハロゲン化銀1モル当たり1〜1,500mg、好ましくは10〜1,000mgである。又、現像液等の処理液に添加する時の好ましい添加量は0.01〜5g/リットル、特に好ましくは0.05〜1g/リットルである。

0111

用いるカブリ剤としては、例えば米国特許2,563,785号、同2,588,982号に記載されているヒドラジン類;米国特許3,227,552号に記載されたヒドラジド又はヒドラジン化合物;米国特許3,615,615号、同3,718,479号、同3,719,494号、同3,734,738号及び同3,759,901号に記載された複素環第4級窒素塩化合物;更に米国特許4,030,925号記載のアシヒドラジノフェニルチオ尿素類の如きハロゲン化銀表面への吸着基を有する化合物が挙げられる。

0112

又、これらのカブリ剤は組み合わせて用いることもできる。例えば前出のRD15162には、非吸着型のカブリ剤を吸着型のカブリ剤と併用することが記載されており、この併用技術は本発明においても有効である。本発明に用いるカブリ剤としては、吸着型、非吸着型の何れも使用することができるし、それらを併用することもできる。

0113

有用なカブリ剤の具体例を示せば、ヒドラジン塩酸塩、4−メチルフェニルヒドラジン塩酸塩、1−アセチル−2−フェニルヒドラジン、1−ホルミル−2−(4−メチルフェニル)ヒドラジン、1−メチルスルホニル−2−フェニルヒドラジン、1−メチルスルホニル−2−(3−フェニルスルホンアミドフェニル)ヒドラジン、1−ベンゾイル−2−フェニルヒドラジン、ホルムアルデヒドフェニルヒドラジン等のヒドラジン化合物;3−(2−ホルミルエチル)−2−メチルベンゾチアゾリウムブロマイド、3−(2−アセチルエチル)−2−ベンジル−5−フェニルベンゾオキサゾリウムブロマイド、3−(2−アセチルエチル)−2−ベンジルベンゾセレナゾリウムブロマイド、2−メチル−3−〔3−(フェニルヒドラジノ)プロピルベンゾチアゾリウムブロマイド、1,2−ジヒドロ−3−メチル−4−フェニルピリド[2,1−b]ベンゾチアゾリウムブロマイド、1,2−ジヒドロ−3−メチル−4−フェニルピリド[2,1−b]ベンゾセレナゾリウムブロマイド、4,4′−エチレンビス(1,2−ジヒドロ−3−メチルピリド[2,1−b]ベンゾチアゾリウムブロマイド)等のN−置換第4級シクロアンモニウム塩;5−(3−エチル−2−ベンゾチアゾリニリデン)−3−〔4−(2−ホルミルヒドラジノ)フェニル〕ローダニン、1,3−ビス〔4−(2−ホルミルヒドラジノ)フェニル〕チオ尿素、7−(3−エトキシチオカルボニルアミノベンズアミド)−9−メチル−10−プロパギル−1,2,3,4−テトラヒドロアクリジニウムトリフルオロメタンスルホナート、1−ホルミル−2−〔4−{3−(2−メトキシフェニルウレイド}フェニル〕ヒドラジン等が挙げられる。

0114

本発明の写真感光材料は、画像露光後、全面露光するか又はカブリ剤の存在下に現像処理することによって直接ポジ画像を形成する。

0115

感光材料の現像に用いる現像液に使用することのできる現像剤としては、通常のハロゲン化銀現像剤、例えばハイドロキノンの如きポリヒドロキシベンゼン類アミノフェノール類、3−ピラゾリドン類、アスコルビン酸とその誘導体レダクトン類フェニレンジアミン類等、あるいはその混合物が含まれる。具体的にはハイドロキノン、アミノフェノール、N−メチルアミノフェノール、1−フェニル−3−ピラゾリドン、1−フェニル−4,4−ジメチル−3−ピラゾリドン、1−フェニル−4−メチル−4−ヒドロキシメチル−3−ピラゾリドン、アスコルビン酸、N,N−ジエチルp−フェニレンジアミンジエチルアミノo−トルイジン、4−アミノ−3−メチル−N−エチル−N−(β−メタンスルホンアミドエチル)アニリン、4−アミノ−3−メチル−N−エチル−N−(β−ヒドロキシエチル)アニリン、4−アミノ−N−エチル−N−(β−ヒドロキシエチル)アニリン等が挙げられる。

0116

これらの現像剤を予め乳剤中に含ませておき、高pH水溶液浸漬中にハロゲン化銀に作用させるようにすることもできる。

0117

本発明に用いられる発色現像液は、ベンジルアルコールを含有しても構わないが、実質的に含有しないことが好ましい。ここで、実質的に含有しないとは、発色現像液1リットル当たりベンジルアルコールが2ml以下であることを言う。

0118

現像液は、更に特定のカブリ防止剤及び現像抑制剤を含有することができ、又は、それらの現像液添加剤を感光材料の構成層中に任意に組み入れることも可能である。

0119

本発明の写真感光材料には公知の写真用添加剤を使用することができる。この公知の写真用添加剤としては、RD17643,23頁III項〜29頁XXI項及びRD18716,648頁右上欄〜651頁右欄に記載の化合物が挙げられる。

0120

本発明に用いる反射支持体として、無機及び/又は有機白色顔料を含有し、電子線照射により硬化された樹脂組成物層基体の少なくとも片面に有する印画紙支持体も、高平滑、高鮮明性であり好ましい。

0121

以下に、本発明を実施例により詳細に説明するが、本発明の実施態様はこれらに限定されない。

0122

実施例1
(乳剤EM−P1の調製)オセインゼラチンを含む水溶液を40℃に制御しながら、アンモニア及び硝酸銀を含む水溶液と、臭化カリウム及び塩化ナトリウムモル比KBr:NaCl=95:5)を含む水溶液とをコントロールダブルジェット法で同時に添加して、粒径0.30μmの立方体塩臭化銀コア乳剤を得た。その際、粒子形状として立方体が得られるようにpH及びpAgを制御した。

0123

得られたコア乳剤に、更にアンモニア及び硝酸銀を含む水溶液と、臭化カリウム及び塩化ナトリウム(モル比でKBr:NaCl=40:60)を含む水溶液とをコントロールダブルジェット法で同時に添加して、平均粒径0.42μmとなる迄シェルを形成した。その際、粒子形状として立方体が得られるようにpH及びpAgを制御した。

0124

水洗を行い水溶性塩を除去した後、ゼラチンを加え乳剤EM−P1を得た。この乳剤EM−P1の分布の広さは8%であった。

0125

(乳剤EM−P2の調製)上記EM−P1と全く同様にしてして粒径0.18μmの立方体塩臭化銀コア乳剤を得た。その際、粒子形状として立方体が得られるようにpH及びpAgを制御した。

0126

得られたコア乳剤に、EM−P1と全く同様にして平均粒径0.25μmとなる迄シェルを形成した。その際、粒子形状として立方体が得られるようにpH及びpAgを制御した。

0127

水洗を行い水溶性塩を除去した後、ゼラチンを加え乳剤EM−P2を得た。この乳剤EM−P2の分布の広さは8%であった。

0128

青感性ハロゲン化銀乳剤の調製)乳剤EM−P1に増感色素BS−1を加えて最適に色増感した後、安定剤T−1を銀1モル当たり600mg添加して青感性乳剤Em−B1を調製した。

0129

(緑感性ハロゲン化銀乳剤の調製)乳剤EM−P2に増感色素GS−1を加えて最適に色増感した他は青感性乳剤Em−B1と同様にして緑感性乳剤Em−G1を調製した。

0130

赤感性ハロゲン化銀乳剤の調製)乳剤EM−P2に増感色素RS−1及びRS−2を加えて最適に色増感した他は青感性乳剤Em−B1と同様にして赤感性乳剤Em−R1を調製した。

0131

T−1:4−ヒドロキシ−6−メチル−1,3,3a,7−テトラザインデン

0132

0133

このようにして得られたEm−B1、Em−G1、Em−R1の各乳剤を用いて、裏面に高密度ポリエチレンを、表面にアナターゼ型酸化チタンを15重量%の含有量で分散して含む溶融ポリエチレンラミネートした、厚さ110μmの紙パルプ反射支持体上に、下記に示す構成の各層を塗設して、多層カラー感光材料試料101を作製した。尚、硬膜剤として、H−1,H−2を添加した。塗布助剤及び分散用助剤としては、界面活性剤SU−1,SU−2,SU−3を添加した。ハロゲン化銀乳剤の添加量は、銀に換算して示した。

0134

SU−1:スルホ琥珀酸ジ(2ーエチルヘキシルエステルナトリウム
SU−2:スルホ琥珀酸ジ(2,2,3,3,4,4,5,5−オクタフルオロペンチル)エステル・ナトリウム
SU−3:トリ−i−プロピルナフタレンスルホン酸ナトリウム
H−1:2,4−ジクロロ−6−ヒドロキシ−s−トリアジン・ナトリウム
H−2:テトラキスビニルスルホニルメチル)メタン
第10層(保護層) 塗布量(g/m2)
ゼラチン1.60
シリカマット剤0.01
第9層(紫外線吸収層
ゼラチン 1.60
紫外線吸収剤(UV−1) 0.35
紫外線吸収剤(UV−2) 0.12
紫外線吸収剤(UV−3) 0.60
第8層(イエロー層
ゼラチン 1.10
感光性乳剤(Em−B1) 0.36
イエローカプラー(Y−1) 0.34
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.0004
ステイン防止剤(HQ−1) 0.004
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.27
第7層(中間層)
ゼラチン 0.94
ステイン防止剤(HQ−2、HQ−3等重量) 0.02
高沸点有機溶媒(SO−2) 0.05
第6層(イエローフィルター層)
ゼラチン 0.45
イエローコロイド銀0.11
ステイン防止剤(HQ−1) 0.03
高沸点有機溶媒(SO−2) 0.008
ポリビニルピロリドン0.04
第5層(中間層)
ゼラチン 0.45
ステイン防止剤(HQ−2) 0.014
ステイン防止剤(HQ−3) 0.014
高沸点有機溶媒(SO−2) 0.006
第4層(マゼンタ層
ゼラチン 1.25
緑感光性乳剤(Em−G1) 0.32
マゼンタカプラー(M−1) 0.22
イエローカプラー(Y−2) 0.05
ステイン防止剤(HQ−1) 0.035
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.00036
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.33
第3層(中間層)
ゼラチン 0.80
ステイン防止剤(HQ−2) 0.03
ステイン防止剤(HQ−3) 0.01
高沸点有機溶媒(SO−2) 0.007
ラジエーション防止染料AI−1) 0.04
第2層(シアン層
ゼラチン 0.90
赤感光性乳剤(Em−R1) 0.27
シアンカプラー(C−1) 0.27
ステイン防止剤(HQ−1) 0.02
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.0002
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.14
第1層(アンチハレーション層
ゼラチン 1.20
イラジエーション防止染料(AI−2) 0.055
第11層(裏面層
ゼラチン 7.50
シリカマット剤 0.65
各化合物の構造は以下に示す。

0135

SO−1:トリオクチルホスフィンオキサイド
SO−2:ジ−i−デシルフタレート
HQ−1:2,5−ジ−t−ブチルハイドロキノン
HQ−2:2,5−ジ〔(1,1−ジメチル−4−ヘキシルオキシカルボニルブチル〕ハイドロキノン
HQ−3:2,5−ジ−sec−ドデシルハイドロキノン,2,5−ジ−sec−テトラデシルハイドロキノン及び2−sec−ドデシル−5−sec−テトラデシルハイドロキノンの混合物(重量比1:1:2)
T−2:1−(3−アセトアミドフェニル)−5−メルカプトテトラゾール
T−3:N−ベンジルアデニン

0136

0137

0138

次に、乳剤EM−P1に増感色素IRS−1を加えて最適に色増感した他は青感性乳剤Em−B1と同様にして赤外感光性乳剤Em−IRを作製した。

0139

この様にして得られたEm−IR、及び前記Em−B1、Em−G1、Em−R1の各乳剤を用いて、試料101の第1層と第2層の間に支持体に近い側から下記構成の第12層及び第13層を塗設したカラー感光材料試料102を作製した。

0140

第12層(中間層) 塗布量(g/m2)
ゼラチン0.80
ステイン防止剤(HQ−2) 0.03
ステイン防止剤(HQ−3) 0.01
高沸点有機溶媒(SO−2) 0.01
第13層(ブラック層
ゼラチン 1.25
赤外感光性塩臭化銀乳剤(Em−IR) 1.00
イエローカプラー(Y−2) 0.46
マゼンタカプラー(M−2) 0.18
シアンカプラー(C−2) 0.42
ステイン防止剤(HQ−1) 0.04
高沸点溶媒(SO−1) 0.45
抑制剤(T−1、T−2、T−3)(モル比1:1:1) 0.005

0141

0142

又、試料102のブラック層の第13層のイエローカプラーの塗布量を0.43g/m2、シアンカプラーの塗布量を0.44g/m2に変更した以外は試料102と同様の試料103を作製した。

0143

更に、試料102のブラック層の第13層のイエローカプラーの塗布量を0.43g/m2にした以外は試料102と同様の試料104を作製した。

0144

尚、Y−2,M−2,C−2のpKa値は、それぞれ8.6,8.4,9.0である。

0145

上記のようにして得られた試料101に対し、網点オリジナル原稿墨版シアン版を試料に密着させて下記の露光条件−1で露光した。次いで、墨版とマゼンタ版を試料に密着させて下記の露光条件−2で露光した。次いで、墨版とイエロー版を試料に密着させて下記の露光条件−3で露光した。

0146

試料102に対し、網点オリジナル原稿のシアン版を試料に密着させて下記の露光条件−1で露光した。次いで、マゼンタ版を試料に密着させて下記の露光条件−2で露光した。次いで、イエロー版を試料に密着させて下記の露光条件−3で露光した。更に、墨版を試料に密着させて下記の露光条件−4で露光した。

0147

網点原稿として、1インチ当たり300線の網点から成るスクリーン法で作製した原稿を用いた。尚、網点面積比率が40%である時の1(inch)2当たりの網点の個数は90×103個であった。

0148

〈露光条件−1〉感光材料試料赤色フィルターラッテンNo.26)及びNDフィルターを通し白色光を露光する時に、NDフィルター濃度を調整して現像処理後の赤色濃度が最小となる最低限の露光量で0.5秒間露光する。

0149

〈露光条件−2〉感光材料試料を緑色フィルター(ラッテンNo.58)及びNDフィルターを通し白色光を露光する時に、NDフィルター濃度を調整して現像処理後の緑色濃度が最小となる最低限の露光量で0.5秒間露光する。

0150

〈露光条件−3〉感光材料試料を青色フィルター(ラッテンNo.47B)及びNDフィルターを通し白色光を露光する時に、NDフィルター濃度を調整して現像処理後の青色濃度が最小となる最低限の露光量で0.5秒間露光する。

0151

〈露光条件−4〉感光材料試料を赤外透過フィルター及びNDフィルターを通し白色光を露光する時に、NDフィルター濃度を調整して現像処理後の黒色濃度が最小となる最低限の露光量で0.5秒間露光する。

0152

尚、露光条件−1〜3の光源としては昼光色用蛍光灯を用いた。又、露光条件−4の光源としては赤外蛍光灯を用いた。

0153

露光条件−1の露光により得られた赤感性乳剤の感度を100とした時、その他の乳剤の感度は以下の通りであった。

0154

赤外線感性乳剤層:10.2
緑感性乳剤層:12.9
青感性乳剤層:9.1
露光条件−2の露光により得られた緑感性乳剤の感度を100とした時、その他の乳剤の感度は以下の通りであった。

0155

赤外線感性乳剤層:6.4
赤感性乳剤層:14.1
青感性乳剤層:13.2
露光条件−3の露光により得られた青感性乳剤の感度を100とした時、その他の乳剤の感度は以下の通りであった。

0156

赤外線感性乳剤層:5.8
赤感性乳剤層:8.2
緑感性乳剤層:11.5
露光条件−4の露光により得られた赤外線感性乳剤の感度を100とした時、その他の乳剤の感度は以下の通りであった。

0157

赤感性乳剤層:8.5
緑感性乳剤層:5.0
青感性乳剤層:3.4
以上のように、各乳剤の感度差は十分であり、一つの乳剤が感光した時に、他の乳剤が感光することはなく、各乳剤の感度分離に問題はなかった。

0158

このように露光を施した各感光材料試料を、下記の処理条件及び処理工程に従って処理を行い、網点からなる色素画像を得た。ただし、カブリ露光は現像液に浸漬したままで、厚みが3mmの現像液の層を通して感光材料表面に均一に全面露光した。

0159

〈処理条件〉
発色現像液組成
ベンジルアルコール15.0ml
硫酸第二セリウム0.015g
エチレングリコール8.0ml
亜硫酸カリウム2.5g
臭化カリウム0.6g
塩化ナトリウム0.2g
炭酸カリウム25.0g
T−1 0.1g
ヒドロキシルアミン硫酸塩 5.0g
ジエチレントリアミン五酢酸ナトリウム2.0g
4−アミノ−N−エチル−N−(β−ヒドロキシエチル)
アニリン硫酸塩 4.5g
蛍光増白剤(4,4′−ジアミノスチルベン
ジスルホン酸誘導体) 1.0g
水酸化カリウム2.0g
ジエチレングリコール15.0ml
水を加えて全量を1リットルとし、pH10.15に調整する。

0160

漂白定着液組成
ジエチレントリアミン五酢酸第2鉄アンモニウム90.0g
ジエチレントリアミン五酢酸 3.0g
チオ硫酸アンモニウム(70%水溶液) 180.0ml
亜硫酸アンモニウム(40%水溶液) 27.5ml
3−メルカプト−1,2,4−トリアゾール0.15g
炭酸カリウム又は氷酢酸でpH7.1に調整し、水を加えて全量を1リットル
とする。

0161

安定化液組成
o−フェニルフェノール0.3g
亜硫酸カリウム(50%水溶液) 12.0ml
エチレングリコール10.0g
1−ヒドロキシエチリデン−1,1−ジホスホン酸2.5g
塩化ビスマス0.2g
硫酸亜鉛七水塩0.7g
水酸化アンモニウム(28%水溶液) 2.0g
ポリビニルピロリドン(K−17) 0.2g
蛍光増白剤(4,4′−ジアミノスチルベン
ジスルホン酸誘導体) 2.0g
水を加えて全量を1リットルとし、水酸化アンモニウム又は硫酸でpH7.5
に調整する。

0162

処理工程 温 度 時 間
浸漬(現像液) 37℃ 12秒
カブリ露光− 12秒
現像37℃ 95秒
漂白定着35℃ 45秒
安定化処理25〜30℃ 90秒
乾燥 60〜85℃ 40秒
尚、安定化処理は2槽構成の向流方式にした。

0163

以下に、ランニングで処理を行う場合の補充液の処方を示す。

0164

発色現像液組成
ベンジルアルコール15.0ml
硫酸第二セリウム0.015g
エチレングリコール10.0ml
亜硫酸カリウム1.0g
臭化カリウム0.3g
塩化ナトリウム0.2g
炭酸カリウム25.0g
T−1 0.1g
ヒドロキシルアミン硫酸塩 5.0g
ジエチレントリアミン五酢酸ナトリウム2.0g
4−アミノ−N−エチル−N−(β−ヒドロキシエチル)
アニリン硫酸塩 5.4g
蛍光増白剤(4,4′−ジアミノスチルベン
ジスルホン酸誘導体) 1.0g
水酸化カリウム2.0g
ジエチレングリコール18.0ml
水を加えて全量を1リットルとし、pH10.35に調整する。

0165

漂白定着液補充液:前記漂白定着液に同じ。

0166

安定液補充液:前記安定液に同じ。

0167

尚、補充量は現像補充液、漂白定着液、安定液共、に感光材料1m2当たり380mlとした。

0168

Konsensus570(コニカ社製)を用いて、網点画像から成るカラープルーフを作成した。尚、補充された発色現像液の総量が発色現像槽の液量の3倍となるまで継続的に処理を行った(ランニング処理)。

0169

(画像の評価)処理して得られた網点カラー画像の内、黒色画像の青色光、緑色光及び赤色光で測定した最大濃度を比較し、請求項1及び3で定義したx、y、u、vの値と共に表1に示した。又、黒色画像のDmax部を色彩色差計(ミノルタ社製)を用いて測定し、校正刷りとの色差ΔE0を求めた。尚、濃度測定には濃度計PD−84(コニカ社製)を用いた。

0170

0171

表1の結果から、本発明の黒色画像は印刷インクへの近似の点で優れていることが判る。本発明の試料は黒色がより黒い画像が得られた。又、単色(イエロー、マゼンタ、シアン)の画像も良好であった。特にA値が(0.05)2以下である試料102が特に優れるものであった。尚、A値は請求項1における式(1)で示される数値である。

0172

実施例2
次に、補色画像形成層を利用した形態の実施例を記載する。

0173

実施例1で作製した試料102の第8層、第4層及び第13層を、それぞれ下記構成の第14層、第15層、第16層に置き換えて塗設した感光材料試料201を作製した。

0174

第14層(マゼンタ層) 塗布量(g/m2)
ゼラチン1.10
青感光性乳剤(Em−B1) 0.36
緑感光性乳剤(Em−G1) 0.36
マゼンタカプラー(M−3) 0.23
イエローカプラー(Y−2) 0.09
ステイン防止剤(HQ−1) 0.004
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.0004
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.34
第15層(グリーン層
ゼラチン 1.25
緑感光性乳剤(Em−G1) 0.32
イエローカプラー(Y−3) 0.42
シアンカプラー(C−2) 0.38
ステイン防止剤(HQ−1) 0.035
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.00036
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.32
第16層(イエロー層)
ゼラチン 1.25
赤外線感光性乳剤(Em−IR) 1.00
イエローカプラー(Y−1) 0.45
ステイン防止剤(HQ−1) 0.04
抑制剤(T−1,T−2,T−3)(モル比1:1:1) 0.005
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.36

0175

0176

実施例1で作製した試料102の第8層、第4層及び第2層、それぞれ下記構成の第17層、第18層及び第19層に置き換え、更に第13層を第16層で置き換えて塗設した感光材料試料202を作製した。

0177

第17層(マゼンタ層) 塗布量(g/m2)
ゼラチン1.10
青感光性乳剤(Em−B1) 0.36
マゼンタカプラー(M−1) 0.23
イエローカプラー(Y−2) 0.09
ステイン防止剤(HQ−1) 0.004
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.0004
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.34
第18層(レッド層
ゼラチン 1.00
緑感光性乳剤(Em−G1) 0.32
イエローカプラー(Y−2) 0.31
マゼンタカプラー(M−2) 0.18
ステイン防止剤(HQ−1) 0.035
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.00036
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.32
第19層(シアン層)
ゼラチン 0.90
赤感光性乳剤(Em−R1) 0.27
緑感光性乳剤(Em−G1) 0.27
シアンカプラー(C−1) 0.27
ステイン防止剤(HQ−1) 0.02
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.0002
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.14
尚、M−3,Y−3,C−1のpKa値は、それぞれ10.30,9.60,
9.10である。

0178

この様にして得られた試料201、202に対し、網点オリジナル原稿のシアン版を試料に密着させて前記露光条件−1で露光した。次いで、マゼンタ版を試料に密着させて前記露光条件−2で露光した。次いで、イエロー版を試料に密着させて前記露光条件−3で露光した。更に、墨版を試料に密着させて前記露光条件−4で露光した。網点原稿としては、実施例1で用いたものと同じものを用いた。

0179

(汎感光性ハロゲン化銀乳剤の調製)乳剤EM−P1に増感色素BS−1、GS−1、RS−1及びRS−2を加えて最適に色増感した他は青感性乳剤Em−B1と同様にして、汎感光性乳剤Em−Kを調製した。

0180

この様にして得られたEm−K、及び前記Em−B1、Em−G1、Em−R1の各乳剤を用いて、実施例1で作製した試料101の第4層及び第2層を下記構成の第20層及び第21層と入れ換えたカラー感光材料試料203を作製した。

0181

第20層(マゼンタ層) 塗布量(g/m2)
ゼラチン1.25
緑感光性乳剤(Em−G1) 0.32
汎感光性乳剤(Em−K) 0.05
マゼンタカプラー(M−1) 0.22
イエローカプラー(Y−2) 0.05
ステイン防止剤(HQ−1) 0.035
抑制剤(T−2,T−3)(モル比1:1) 0.00036
高沸点有機溶媒(SO−1) 0.33
第21層(シアン層)
ゼラチン 0.90
赤感光性乳剤(Em−R1) 0.27
汎感光性乳剤(Em−K) 0.075
シアンカプラー(C−1) 0.27
ステイン防止剤(HQ−1) 0.02
高沸点溶媒(SO−1) 0.14
抑制剤(T−2、T−3)(モル比1:1) 0.0002
この様にして得られた試料203に対し、網点オリジナル原稿の墨版とシアン版を試料に密着させて前記露光条件−1で露光した。次いで、墨版とマゼンタ版を試料に密着させて前記露光条件−2で露光した。次いで、墨版とイエロー版を試料に密着させて前記露光条件−3で露光した。網点原稿としては、実施例1で用いたものと同じものを用いた。

0182

露光を施した各試料を、実施例1で使用した発色現像液からベンジルアルコール、エチレングリコール及びジエチレングリコールを除いた発色現像液及び発色現像補充液を用いて現像処理を行った。

0183

処理して得られた網点カラー画像の内、黒色画像の青色光、緑色光及び赤色光で測定した最大濃度を比較し、請求項1及び3で定義したx,y,u,vの値と共に表2に示し、請求項4で定義したa、bの値を表3に示した。

0184

又、得られた黒色画像のDmax部を色彩色差計(ミノルタ社製)を用いて測定し、校正刷りとの色差ΔE0を求めた。尚、濃度測定にはPD−84濃度計(前出)を用いた。

0185

次に、得られた黒色発色画像についてカラーアナライザー日立社製)を使用して青色濃度1.60の点で測色を行い、CIE1964色差公式によって5000Kの色評価純正蛍光ランプ(東ライテック社製)と、(a)色比較・検査用D65蛍光ランプ、(b)三波長蛍光ランプFL40S・EX−D−B)、(c)タングステン光、(d)メロウ5Dの各光源下における観察時の平均色差ΔE1を求めた。この色差ΔE1が小さい程、観察光源依存性が少ないことを示す。

0186

0187

0188

表2、3の結果から、本発明の黒色画像は、印刷インクへの近似、及び光源依存性に優れていることが判る。本発明の試料では、仕上がり画像の黒色部はより黒く観察され、光源が変わっても黒色の変動の少ない画像が得られた。

0189

又、単色(イエロー、マゼンタ、シアン)の画像も良好なものであった。

0190

実施例3
実施例1及び2で作製した試料101、102、201、202、203を、それぞれ実施例1、2で施した露光条件に従って露光したものについて、実施例2で使用した処理工程に従って現像処理を行った。この時、処理液のpHは、pH=10.30の他にpH=10.00の場合についても行った。

0191

この時の黒色画像のB、G、R濃度の変化ΔDを表4に示す。尚、ΔDはpH=10.30で処理した時のDmaxと、pH=10.00で処理した時のDmaxの差を表す。

0192

0193

表4の結果から、本発明の黒色画像は、pH処理変動に対しても青、緑、赤の各成分の濃度バランスが安定であることが判る。

0194

実施例4
実施例2で作成した試料202の第18層に褪色防止剤(AO−1,AO−2)、第19層に褪色防止剤(AO−2)を、それぞれ以下の添加量に従って混合し、新たに塗設した感光材料試料401を作製した。

0195

AO−1:2.0g/m2 AO−2:3.0g/m2

0196

0197

実施例1及び2で作製した試料101、102、201、202、203を、それぞれ実施例1、2で施した露光条件に従って露光し、一方、試料401は試料202と同様の露光条件に従って露光したものについて、実施例1で使用した処理工程に従って現像処理を行った。

0198

処理済み試料について、以下のように保存性を評価した。

0199

明所保存性》黒色発色画像を2500ルクスの蛍光灯で照射し1週間保存後の初濃度1.0における残存度を測定した。

0200

暗所保存性》黒色発色画像を77℃・40%RT条件下で1週間保存後の初期濃度1.0における残存度を測定した。

0201

上記試験結果を表5に示す。

0202

0203

表5の結果から明らかなように、本発明の試料では、耐光性及び熱湿安定性が共に向上しているのみならず、B,G,R濃度の褪色バランスも揃っていることが判る。更に、褪色防止剤を含んだ試料は、その効果が極めて大きいことが判る。

発明の効果

0204

本発明のハロゲン化銀写真感光材料により、黒色再現性が良く、又、観察光源が変わっても黒色のニュートラリティの変動が少ない黒色画像を与えることができた。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱製紙株式会社の「 導電材料の製造方法」が 公開されました。( 2019/04/18)

    【課題】高い導電性を有する導電材料を製造することが可能な導電材料の製造方法を提供する。【解決手段】支持体上に少なくともハロゲン化銀乳剤層を有する銀塩感光材料を露光、現像して、該支持体上に線幅が10μm... 詳細

  • 富士フイルム株式会社の「 導電シートの製造方法」が 公開されました。( 2017/07/27)

    【課題】イオンマイグレーションの発生がより抑制された導電シートの製造方法を提供する。【解決手段】支持体上に、ハロゲン化銀とゼラチンとを含み、ゼラチンに対する銀の体積比が1/3以上である、ハロゲン化銀含... 詳細

  • 富士フイルム株式会社の「 導電性フィルムの製造方法、導電性フィルム、タッチパネル」が 公開されました。( 2017/03/02)

    【課題】ゼラチンの分解除去効率が良好であり、金属成分の密着性にも優れた導電性フィルムの製造方法及び上記導電性フィルムの製造方法により製造された導電性フィルムおよび上記導電性フィルムを備えるタッチパネル... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ