図面 (/)

技術 プレス金型設計システムおよびこのプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法

出願人 パンチ工業株式会社
発明者 森久保有司鷹尾汎
出願日 1997年11月11日 (23年0ヶ月経過) 出願番号 1997-309083
公開日 1999年6月2日 (21年5ヶ月経過) 公開番号 1999-147144
状態 特許登録済
技術分野 金型の交換、取付、製造 CAD
主要キーワード 基本プレート インサートタイプ パンチ底面 ストリッパーボルト 送りミス スペーサーリング 基本寸法 胴付き
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年6月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

誰にでも簡単に、プレス金型の設計上基本的に必要な部品とその設計要素を簡単な部品区分の選択や寸法設計をするだけでプレス金型の主要な部品とその設計要素の設計を行えると共に、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も容易に行うことができるようにする。

解決手段

予めプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで設計され、プレス金型の外形寸法に対応して予め設計されている複数の基本構造を備え、前記複数の基本構造の中から設計するプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を選択し、該選択したプレス金型の基本構造に予め設計組み込まれているプレス金型に必要な最適の部品を示すカタログ上の部品コードとその最適の設計要素を示した状態で選定し、設計変更に伴う部品のサイズの変更は、新たにカタログ上の部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うようにする。

概要

背景

プレス成形品は、対象とするもの、その製品を使用する場所等によって種々形状が異なり、その使用場所に合った形状のものを製造している。このプレス成形品の製造に当たっては、その形状に合わせてプレス金型を設計し、その製品毎にプレス金型を製作している。

このプレス金型では、抜き型を例にとって説明する。この抜き型のプレス金型の設計は、従来、基本金型プレートから起こしていた。このため設計上必要な部品設計要素について1つ1つ組み込む設計をしなければならず、設計が複雑となり熟練した設計者であっても設計するのに相当な時間を要し、簡単に設計ができるものでなかった。そこで最近、CD−ROMで図17に示す如き各種プレートを組み込んだ正面図と、図18に示す如きパンチホルダダイホルダとを組み合わせて構成されるダイセットを示す図と、パンチホルダとダイホルダとの間に挿入されるプレートの図面を基本構造として代表的な部品を取り付けたプレス金型の基本構造をデータに持ったものが提案され、プレス金型の設計をする際の補助的な作用をしている。

図17において、100は、プレス金型の基本構造で、110が上型、120が下型で、この上型110と下型120とによってプレス金型の基本構造100が構成されている。上型110には、パンチホルダ111と、パンチバッキングプレート112と、パンチプレート113と、ストリッパープレート114とが設けられている。また、下型120には、ダイホルダ121と、ダイバッキングプレート122と、ダイプレート123とが設けられている。この上型110と下型120とは、図18に示す如くダイセットガイドポストセット130を用いて組み立てられ、プレス金型の基本構造100が形成されている。上型110のパンチプレート113はパンチ(図示していない)を取り付けるためのプレートで、パンチバッキングプレート112はパンチプレート113とパンチホルダ111との間に挟み込むプレートで、ストリッパープレート114は加工する製品を押さえるためのものである。140は、締付ボルトで、パンチホルダ111にパンチバッキングプレート112とパンチプレート113を取り付けるためのものである。160は、ストリッパーボルトで、ストリッパープレート114をパンチホルダ111に取り付けるためのものである。170は、スプリングで、ストリッププレート114が製品を強く押さえるためのものである。

下型120のダイプレート123は、プレス加工する製品を載置するもので、ダイバッキングプレート122を介してダイホルダ121に締付ボルト180によって取り付けられている。ダイセットガイドポストセット130は、上型110のパンチホルダ111に取り付けるブッシュ131と、ダイホルダ121に嵌め込まれた座金134に締付ボルト135によって取り付けられるガイドポスト133と、このガイドポスト133の先端に取り付けられるボールリテーナ132とによって構成されている。このダイセットガイドポストセット130によって上型110と下型120とが組み付けられる。

上型110を構成しているパンチホルダ111は、図20に示す如く予め主要な加工要素(図20においては加工穴)が示された状態で平面図がCD−ROM内に記憶されている。また、上型110を構成しているパンチバッキングプレート112は、図21に示す如く予め主要な加工要素(図21においては加工穴)が示された状態で平面図が、上型110を構成しているパンチプレート113は、図22に示す如く予め主要な加工要素(図22においては加工穴)が示された状態で平面図が、上型110を構成しているストリッパープレート114は、図23に示す如く予め主要な加工要素(図23においては加工穴)が示された状態で平面図が、それぞれCD−ROM内に記憶されている。

概要

誰にでも簡単に、プレス金型の設計上基本的に必要な部品とその設計要素を簡単な部品区分の選択や寸法設計をするだけでプレス金型の主要な部品とその設計要素の設計を行えると共に、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も容易に行うことができるようにする。

予めプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで設計され、プレス金型の外形寸法に対応して予め設計されている複数の基本構造を備え、前記複数の基本構造の中から設計するプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を選択し、該選択したプレス金型の基本構造に予め設計組み込まれているプレス金型に必要な最適の部品を示すカタログ上の部品コードとその最適の設計要素を示した状態で選定し、設計変更に伴う部品のサイズの変更は、新たにカタログ上の部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うようにする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

予めプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込んで設計された基本構造を備え、プレス金型の外形寸法を特定し、予め設計で組み込まれた必要な部品の特定を部品区分を特定してプレス金型の設計を行うプレス金型設計システム

請求項2

予めプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込んで設計された基本構造を備え、設計するプレス金型の外形寸法を特定し、該金型の外形寸法に合わせた最適の部品を示すカタログ上の部品コードとその最適の設計要素を示した状態で選定し、設計変更に伴う部品のサイズの変更は、新たに選定したカタログ上の部品コード及び設計要素を示して行うプレス金型設計システム。

請求項3

予めプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで設計され、プレス金型の外形寸法に対応して予め設計されている複数の基本構造を備え、前記複数の基本構造の中から設計するプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を選択し、該選択したプレス金型の基本構造に予め設計組み込まれているプレス金型に必要な最適の部品を示すカタログ上の部品コードとその最適の設計要素を示した状態で選定し、設計変更に伴う部品のサイズの変更は、新たにカタログ上の部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うプレス金型設計システム。

請求項4

予め記憶されたプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込み、プレス金型の外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造を読み出し、該読み出した基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更や設計要素の変更を特定した名称の呼び出し又は選択を行うことで可能にすると共に、部品及び設計要素にカタログ上の部品コードが含まれる場合、前記プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更及び設計要素の変更を、予め設定されている特定した名称の呼び出し又は選択をすることによって行うようにしたことを特徴とするプレス金型設計システム。

請求項5

CADを用いてプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムにおいて,前記CADにプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで基本となる加工寸法基本寸法の部品を設定して組み付けて設計したプレス金型の基本構造を、プレス金型の外形寸法毎に複数個と、該基本構造に組み付けた部品及び設計要素について複数のカタログ上の部品コード及び設計要素を予め記憶しておき、設計するプレス金型の外形寸法を選択し、該選択したプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を、前記CADに記憶されている複数の基本構造の中から選定してディスプレイ上に表示し,前記ディスプレイ上において、前記CADから読み出された基本構造の設計変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、予めCADに記憶されている複数の基本構造の中に含まれている場合には、該予め記憶されている基本構造の中から選定することによって行い、予め基本構造に組み込まれている設計上必要な部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されているカタログ上の部品コード及び設計要素に含まれている場合には、予め記憶されている部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うことを特徴とするプレス金型設計システム。

請求項6

CADを用いてプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムにおいて,前記CADにプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで基本となる加工寸法・基本寸法の部品を設定して組み付けて設計したプレス金型の基本構造を、プレス金型の外形寸法毎に複数個と、該基本構造に組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて複数サイズのプレートコードを予め記憶しておき、前記基本構造に予め組み付けられている部品について複数のカタログ上の部品コードを予め記憶しておくと共に、前記基本構造に予め組み付けられている設計要素について複数の設計要素を予め記憶しておき、設計するプレス金型の外形寸法を選択し、該選択したプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を、前記CADに記憶されている複数の基本構造の中から選定してディスプレイ上に表示し,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて、予め記憶されたプレートデータの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の外形寸法に対応したプレートを選定することにより設計を行い,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な部品について、予め記憶された部品データの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な部品に相当する複数のカタログ上の部品コードを選定することにより設計を行うと共に,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素について、予め記憶された設計要素の中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素に相当する設計要素を前記CADに記憶されているカタログ上の設計要素を選定することにより設計を行い,前記ディスプレイ上において、前記CADから読み出されたプレス金型の基本構造の設計変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、予めCADに記憶されている複数の基本構造の中に含まれている場合には、該予め記憶されている基本構造の中から選定することによって行い,予め基本構造に組み込まれている設計上必要なプレート、部品及び設計要素の寸法の変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、設計変更するプレート、部品及び設計要素が前記CADに記憶されているプレートデータ、カタログ上の部品コード及び設計要素に含まれている場合には、予め記憶されているプレート、部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うことを特徴とするプレス金型設計システム。

請求項7

プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が組み込まれ、プレス金型の外形寸法に対応して予め設計してある複数の基本構造の中から設計するプレス金型の外形寸法に基づく特定の基本構造を設定し、該設定した基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、予め設計されている複数の基本構造の中から選定することによって行い、予め基本構造に組み込まれている設計上必要な部品とその設計要素の変更を特定した名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計図面作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作することを特徴とするプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法

請求項8

CADを用い、CADにプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が予め組み込まれた状態で記憶されているプレス金型について外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造をディスプレィ上に読み出し、該読み出したプレス金型の基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、CADに予め記憶されている複数のプレス金型の基本構造の中から選定することによって行い、予めプレス金型の基本構造に組み込まれているプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うか、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されている特定の名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計を行い、該設計に基づく設計図面を作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作することを特徴とするプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法。

請求項9

CADを用い、CADに予め記憶されたプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が組み込まれているプレス金型の外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造をディスプレイ上に読み出し、該ディスプレイ上に読み出したプレス金型の基本構造に予め組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて、予め記憶されたプレートデータの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の外形寸法に対応したプレートを選定し、前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な部品について、予め記憶された部品データの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な部品に相当する複数のカタログ上の部品コードを選定し、前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素について、予め記憶された設計要素の中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素に相当する設計要素を前記CADに記憶されているカタログ上の設計要素を選定し、前記ディスプレイ上に読み出したプレス金型の基本構造におけるプレス金型の設計変更、プレート、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、CADに予め記憶されている複数のプレス金型の基本構造の中から選定することによって行い、予めプレス金型の基本構造に組み込まれているプレス金型の設計上必要なプレート、部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うか、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されている特定の名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計を行い、該設計に基づく設計図面を作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作することを特徴とするプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法。

技術分野

0001

本発明は、プレス金型の設計上基本的に必要な部品とその設計要素を組み込んで予め設計された基本構造を予め特定した複数の外形寸法に対応して設け、外形寸法に合った基本構造に基づいてプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムに関する。

背景技術

0002

プレス成形品は、対象とするもの、その製品を使用する場所等によって種々形状が異なり、その使用場所に合った形状のものを製造している。このプレス成形品の製造に当たっては、その形状に合わせてプレス金型を設計し、その製品毎にプレス金型を製作している。

0003

このプレス金型では、抜き型を例にとって説明する。この抜き型のプレス金型の設計は、従来、基本金型プレートから起こしていた。このため設計上必要な部品や設計要素について1つ1つ組み込む設計をしなければならず、設計が複雑となり熟練した設計者であっても設計するのに相当な時間を要し、簡単に設計ができるものでなかった。そこで最近、CD−ROM図17に示す如き各種プレートを組み込んだ正面図と、図18に示す如きパンチホルダダイホルダとを組み合わせて構成されるダイセットを示す図と、パンチホルダとダイホルダとの間に挿入されるプレートの図面を基本構造として代表的な部品を取り付けたプレス金型の基本構造をデータに持ったものが提案され、プレス金型の設計をする際の補助的な作用をしている。

0004

図17において、100は、プレス金型の基本構造で、110が上型、120が下型で、この上型110と下型120とによってプレス金型の基本構造100が構成されている。上型110には、パンチホルダ111と、パンチバッキングプレート112と、パンチプレート113と、ストリッパープレート114とが設けられている。また、下型120には、ダイホルダ121と、ダイバッキングプレート122と、ダイプレート123とが設けられている。この上型110と下型120とは、図18に示す如くダイセットガイドポストセット130を用いて組み立てられ、プレス金型の基本構造100が形成されている。上型110のパンチプレート113はパンチ(図示していない)を取り付けるためのプレートで、パンチバッキングプレート112はパンチプレート113とパンチホルダ111との間に挟み込むプレートで、ストリッパープレート114は加工する製品を押さえるためのものである。140は、締付ボルトで、パンチホルダ111にパンチバッキングプレート112とパンチプレート113を取り付けるためのものである。160は、ストリッパーボルトで、ストリッパープレート114をパンチホルダ111に取り付けるためのものである。170は、スプリングで、ストリッププレート114が製品を強く押さえるためのものである。

0005

下型120のダイプレート123は、プレス加工する製品を載置するもので、ダイバッキングプレート122を介してダイホルダ121に締付ボルト180によって取り付けられている。ダイセットガイドポストセット130は、上型110のパンチホルダ111に取り付けるブッシュ131と、ダイホルダ121に嵌め込まれた座金134に締付ボルト135によって取り付けられるガイドポスト133と、このガイドポスト133の先端に取り付けられるボールリテーナ132とによって構成されている。このダイセットガイドポストセット130によって上型110と下型120とが組み付けられる。

0006

上型110を構成しているパンチホルダ111は、図20に示す如く予め主要な加工要素図20においては加工穴)が示された状態で平面図がCD−ROM内に記憶されている。また、上型110を構成しているパンチバッキングプレート112は、図21に示す如く予め主要な加工要素(図21においては加工穴)が示された状態で平面図が、上型110を構成しているパンチプレート113は、図22に示す如く予め主要な加工要素(図22においては加工穴)が示された状態で平面図が、上型110を構成しているストリッパープレート114は、図23に示す如く予め主要な加工要素(図23においては加工穴)が示された状態で平面図が、それぞれCD−ROM内に記憶されている。

発明が解決しようとする課題

0007

このような従来の図17図26に示す如きCD−ROMによるプレス金型の設計にあっては、代表的な部品のみが表示されているだけでプレス金型設計上、その他多くの部品とその設計要素が不足しており、プレス金型の設計として完全なものではなく、設計上必要な部品とその設計要素が欠落した状態となっている。そこで、プレス金型の設計者は、プレス金型を設計する上で、図17図26に示す如き基本構造の設計上必要な部品とその設計要素を新たに設計して書き加えなければならない。しかし、従来の図17図18に示す如きCD−ROMによるプレス金型の設計にあっては、図17に示される設計図がプレス金型の基本構造の正面図で、図18に示される設計図が図17の上型110と下型120を組み付けた図で、パンチホルダ111とダイホルダ121との間に挿入される各種プレートが省略されて示されており、プレス金型の基本構造に示された各部品が同一平面上に配置されて表示されている。このため、実際のプレス金型における代表的な部品とその設計要素の位置関係が明確となっていない。

0008

そこで、図17図18に示される基本構造に既に取り付けられている代表的な部品以外のプレス金型の設計に必要な部品とその設計要素を新たに設計するにしても、正面図の図17組付図の図18にそのまま書き加えることはできず、仮にプレス金型の設計に必要な部品とその設計要素を新たに設計して図17図18に書き加えたとしても、図17図18に示される基本構造に既に取り付けられている代表的な部品とその設計要素と、新たに設計して図17図18に書き加えた必要な部品とその設計要素のそれぞれの位置関係が明確にならず、プレス金型の設計を完成させたということにはならない。

0009

しかも、従来のプレス金型の基本構造を示す設計図面は、図17が正面図で、図18図17の組付図と特定のメーカーの供給する部品を使用した図面しかなく、図18見える基本構造に組み込まれている特定のメーカーの供給する部品が正面図上に表してあるため、プレス金型の設計に当たっては、図17図18に示す如き基本構造に示された各プレート中に必要な部品とその設計要素を書き入れ新たに作図したり、図18を一部書き直して代表的な部品とその設計要素の位置関係を明確にすることになる。加えて、従来のCD−ROMによるプレス金型の設計にあっては、基本構造に組み込まれている代表的な部品以外のプレス金型の設計に必要な部品とその設計要素(追加する必要な部品とその設計要素)をこれらの図面上に書き加えると共に各プレートに加工要素を書き加えて設計することになるが、追加する必要な部品とその設計要素にどのような寸法のものを用いるのか特定する必要がある上、設計図が平面的に部品取り付け状態を示すような図となっているため、書き込む際にどの位置にその部品が取り付けられるのか図面上で特定することができない。

0010

本発明の目的は、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上基本的に必要な部品とその設計要素を簡単な部品区分の選択や寸法設計をするだけでプレス金型の主要な部品とその設計要素の設計を行えると共に、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も容易に行うことができるようにしようということにある。

課題を解決するための手段

0011

請求項1に記載の発明に係るプレス金型設計システムは、予めプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込んで設計された基本構造を備え、プレス金型の外形寸法を特定し、予め設計で組み込まれた必要な部品の特定を部品区分を特定してプレス金型の設計を行うようにしたものである。このように構成することによって、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで主要な部品の設計を行え、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も容易に行うことができる。

0012

請求項2に記載の発明に係るプレス金型設計システムは、予めプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込んで設計された基本構造を備え、設計するプレス金型の外形寸法を特定し、該金型の外形寸法に合わせた最適の部品を示すカタログ上の部品コードとその最適の設計要素を示した状態で選定し、設計変更に伴う部品のサイズの変更は、新たに選定したカタログ上の部品コード及び設計要素を示して行うようにしたものである。このように構成することによって、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで主要な部品とその設計要素の設計を行え、他のプレス金型の設計に必要な部品とその設計要素の取り付け設計も容易に行うことができる。

0013

請求項3に記載の発明に係るプレス金型設計システムは、予めプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで設計され、プレス金型の外形寸法に対応して予め設計されている複数の基本構造を備え、前記複数の基本構造の中から設計するプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を選択し、該選択したプレス金型の基本構造に予め設計組み込まれているプレス金型に必要な最適の部品を示すカタログ上の部品コードとその最適の設計要素を示した状態で選定し、設計変更に伴う部品のサイズの変更は、新たにカタログ上の部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うようにしたものである。このように構成することによって、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、カタログ上の部品と設計要素など主要な部品の寸法設計が簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで容易に行うことができる。

0014

請求項4に記載の発明に係るプレス金型設計システムは、予め記憶されたプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込み、プレス金型の外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造を読み出し、該読み出した基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更や設計要素の変更を特定した名称の呼び出し又は選択を行うことで可能にすると共に、部品及び設計要素にカタログ上の部品コードが含まれる場合、前記プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更及び設計要素の変更を、予め設定されている特定した名称の呼び出し又は選択をすることによって行うようにしたものである。このように構成することによって、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで容易に行うことができる。

0015

請求項5に記載の発明に係るプレス金型設計システムは、CADを用いてプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムにおいて,前記CADにプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで基本となる加工寸法基本寸法の部品を設定して組み付けて設計したプレス金型の基本構造を、プレス金型の外形寸法毎に複数個と、該基本構造に組み付けた部品及び設計要素について複数のカタログ上の部品コード及び設計要素を予め記憶しておき、設計するプレス金型の外形寸法を選択し、該選択したプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を、前記CADに記憶されている複数の基本構造の中から選定してディスプレイ上に表示し,前記ディスプレイ上において、前記CADから読み出された基本構造の設計変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、予めCADに記憶されている複数の基本構造の中に含まれている場合には、該予め記憶されている基本構造の中から選定することによって行い、予め基本構造に組み込まれている設計上必要な部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されているカタログ上の部品コード及び設計要素に含まれている場合には、予め記憶されている部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うようにしたものである。このように構成することによって、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなくディスプレイ上で行うことができ、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素の設計も、特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択と編集により設計が簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も、同様に特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択で容易に行うことができる。

0016

請求項6に記載の発明に係るプレス金型設計システムは、CADを用いてプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムにおいて,前記CADにプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで基本となる加工寸法・基本寸法の部品を設定して組み付けて設計したプレス金型の基本構造を、プレス金型の外形寸法毎に複数個と、該基本構造に組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて複数サイズのプレートコードを予め記憶しておき、前記基本構造に予め組み付けられている部品について複数のカタログ上の部品コードを予め記憶しておくと共に、前記基本構造に予め組み付けられている設計要素について複数の設計要素を予め記憶しておき、設計するプレス金型の外形寸法を選択し、該選択したプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を、前記CADに記憶されている複数の基本構造の中から選定してディスプレイ上に表示し,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて、予め記憶されたプレートデータの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の外形寸法に対応したプレートを選定することにより設計を行い,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な部品について、予め記憶された部品データの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な部品に相当する複数のカタログ上の部品コードを選定することにより設計を行うと共に,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素について、予め記憶された設計要素の中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素に相当する設計要素を前記CADに記憶されているカタログ上の設計要素を選定することにより設計を行い,前記ディスプレイ上において、前記CADから読み出されたプレス金型の基本構造の設計変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、予めCADに記憶されている複数の基本構造の中に含まれている場合には、該予め記憶されている基本構造の中から選定することによって行い,予め基本構造に組み込まれている設計上必要なプレート、部品及び設計要素の寸法の変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、設計変更するプレート、部品及び設計要素が前記CADに記憶されているプレートデータ、カタログ上の部品コード及び設計要素に含まれている場合には、予め記憶されているプレート、部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うようにしたものである。このように構成することによって、設計の心得のある者であれば、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要なプレート、部品及び設計要素の寸法の設計をディスプレイ上で行うことができ、しかもプレス金型の設計変更、必要なプレートの設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなくディスプレイ上で行うことができ、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素の設計も、特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択と編集により設計が簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も、同様に特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択で容易に行うことができる。

0017

請求項7に記載の発明に係るプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法は、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が組み込まれ、プレス金型の外形寸法に対応して予め設計してある複数の基本構造の中から設計するプレス金型の外形寸法に基づく特定の基本構造を設定し、該設定した基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、予め設計されている複数の基本構造の中から選定することによって行い、予め基本構造に組み込まれている設計上必要な部品とその設計要素の変更を特定した名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計図面を作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作するようにしたものである。このように構成することによって、簡単に、プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、カタログ上の部品コードを示して設計した設計図面を基に簡単にプレス金型を製作することができる。

0018

請求項8に記載の発明に係るプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法は、CADを用い、CADにプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が予め組み込まれた状態で記憶されているプレス金型について外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造をディスプレイ上に読み出し、該読み出したプレス金型の基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、CADに予め記憶されている複数のプレス金型の基本構造の中から選定することによって行い、予めプレス金型の基本構造に組み込まれているプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うか、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されている特定の名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計を行い、該設計に基づく設計図面を作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作するようにしたものである。このように構成することによって、簡単に、プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、カタログ上の部品コードを示して設計した設計図面を基に簡単にプレス金型を製作することができる。

0019

請求項9に記載の発明に係るプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法は、CADを用い、CADに予め記憶されたプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が組み込まれているプレス金型の外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造をディスプレイ上に読み出し、該ディスプレイ上に読み出したプレス金型の基本構造に予め組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて、予め記憶されたプレートデータの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の外形寸法に対応したプレートを選定し、前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な部品について、予め記憶された部品データの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な部品に相当する複数のカタログ上の部品コードを選定し、前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素について、予め記憶された設計要素の中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素に相当する設計要素を前記CADに記憶されているカタログ上の設計要素を選定し、前記ディスプレイ上に読み出したプレス金型の基本構造におけるプレス金型の設計変更、プレート、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、CADに予め記憶されている複数のプレス金型の基本構造の中から選定することによって行い、予めプレス金型の基本構造に組み込まれているプレス金型の設計上必要なプレート、部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うか、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されている特定の名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計を行い、該設計に基づく設計図面を作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作するようにしたものである。このように構成することによって、簡単に、プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、カタログ上の部品コードを示して設計した設計図面を基に簡単にプレス金型を製作することができる。

発明を実施するための最良の形態

0020

以下、本発明に係る実施の形態について説明する。プレスは、加圧により材料に塑性変形を与える機械のことで、加圧方法としては、静圧動圧がある。プレス金型の設計には、上型の設計、下型の設計、プレートの設計の他に、プレス金型に取り付ける取付部品そのものの設計と、部品を取り付けるための加工状態(加工形状・加工寸法)を示す設計要素の設計等が代表的なものである。本発明に係る実施の形態においては、上型の設計、下型の設計、プレス金型に取り付ける取付部品そのものの設計、部品を取り付けるための加工状態(加工形状・加工寸法)を示す設計要素の設計を対象としている。

0021

図1は、プレス金型の全体を示す基本図で、図2図7は、本発明に係る実施の形態を説明するためのプレス金型の設計図で、図2は上型の正面図、図3図2に図示の上型の底面図、図4は上型の側面図、図5は下型の正面図、図6図5に図示の下型の平面図、図7図5に図示の下型の側面図である。各図に示される部品中には本来なら部品に存在しない線が示されているものがあるが、これは他の部材との関係で表されているもので、設計図独特のものである。

0022

図1図7において、1はプレス金型で、上型2と下型3とによって構成されている。4はパンチホルダで、プレス機に取り付けるためのプレートである。5はパンチバッキングプレートで、パンチ底面面圧が高い場合に、その力が直接パンチホルダ4に掛かるのを防ぐために取り付けるプレートである。6はパンチプレートで、パンチを取り付けるためのプレートである。7はストリッパープレートで、材料をポンチの周囲から取り除いたり、ポンチ強度の保護や、ポンチを抜くとき材料が変形を防ぐためのものである。8はダイホルダで、プレス機に取り付けるためのプレートである。9はダイバッキングプレート、10はダイプレートである。このダイプレート10は製品を載置し製品の加圧を行うためのプレート、ダイバッキングプレート9は、ダイプレート10をインサートタイプとした場合で、ダイ入れ子の面圧が高くなるときに使用するものである。

0023

11はシャンクで、上型2のパンチホルダ4に取り付けられ、プレス機の動力を上型2に伝えるものである。12はフックで、上型2のパンチホルダ4に取り付けられており、プレス金型1を吊り上げたり、プレス金型1を動かしたり、上型2と下型3を開くとき又は閉じるときに使用する取っ手である。13はブッシュで、図2に示す如く、上型2のパンチホルダ4に位置決めされておりパンチホルダ4に取り付けられている。図5に示す如く、14は、ブッシュ13に嵌合するボールリテーナで、15はダイセットガイドポストで、このダイセットガイドポスト15の先端にボールリテーナ14が嵌合した状態になっている。16はスプリングで、上型2と下型3を合わせるときにボールリテーナ14を適正な位置に保持するためのものである。17は下型3のダイホルダ8に嵌合されている座金で、18はダイセットガイドポスト15を座金17を用いてダイホルダ8に固定するための締付けボルトである。そして、このブッシュ13、ボールリテーナ14、ダイセットガイドポスト15、スプリング16、座金17によってダイセットガイドポストセットが構成されている。19はストロークエンドブロックで、上型2のパンチホルダ4に固定し、プレス下死点時に下型のストロークエンドブロック36と胴付きさせて下死点位置を安定させるものである。20はストロークエンドブロック19を上型2のパンチホルダ4に固定するための締付けボルトである。

0024

21は、図4に示す如く、パンチプレート6及びストリッパープレート7を貫通し、パンチバッキングプレート5に固定されるサブガイドポストで、パンチプレート6に位置決めされていて、ストリッパープレート7、ダイプレート10を位置決めするためのものである。22は、サブガイドポスト21をパンチバッキングプレート5に固定するための締付けボルトである。23は、ストリッパープレート7に形成されるサブガイドポスト21を挿入する穴に嵌め込まれたストリッパーブッシュで、サブガイドポスト21によりストリッパープレート7の位置を規制するためのものである。24は、ストリッパーブッシュ23同様、ダイプレート10及びダイバッキングプレート9に形成されるサブガイドポスト21を挿入する穴に嵌め込まれたダイブッシュで、サブガイドポスト21によりダイプレート10の位置を規制するためのものである。ダイホルダ8にもダイプレート10及びダイバッキングプレート9に形成される穴に連通する貫通孔が形成されており、プレス機が作動したときには、この貫通孔にサブガイドポスト21が挿入されるようになっている。

0025

25はノックピンで、パンチホルダ4とパンチプレート6の位置決めをするもので、メンテナンス等で各プレートをばらしたときの再現性・メンテナンス性を向上させる。26はミスフィードピン、27はスプリング、42はスクリュープラグ、28はマイクロスイッチ、29はリレーションピンである。ミスフィードピン26はパンチプレート6に嵌め込まれており、マイクロスイッチ28はパンチホルダ4に固定されている。このマイクロスイッチ28は、リレーションピン29の移動によってスイッチングするようになっている。このリレーションピン29の先端は、ミスフィードピン26の周面適宜箇所に形成された凹みに嵌合された状態になっており、このミスフィードピン26の凹みからリレーションピン29の先端が外れると、リレーションピン29が移動することになる。このリレーションピン29が移動すると、マイクロスイッチ28がスイッチングするようになっている。したがって、加工する製品に形成された穴にミスフィードピン26の先端が嵌合すると検出ミスが生じていないことを示すようになっており、加工する製品の送りミスがあった場合には、プレス機が作動して上型が下がりプレス加工が行われる際に、ミスフィードピン26の先端が加工する製品の面に当たり、マイクロスイッチ28、リレーションピン29は上型の下降と共に移動するが、ミスフィードピン26の下降が製品によって規制され、リレーションピン29の先端がミスフィードピン26の凹みから外れ、リレーションピン29が移動し、マイクロスイッチ28を作動することになる。

0026

30はストリッパーボルトで、31はストリッパーボルト30に嵌合するスプリングで、スプリング31とパンチバッキングプレート5との間は、図2に示す如くスペーサリング39が介在されている。このストリッパーボルト30は、ストリッパープレート7がスプリング力によって飛び出さないようにすると共に、パンチプレート6とストリッパープレート7との隙間を一定に保持するためのものである。また、スプリング31は、必要ストリッパー力を発生させるものである。32は、リフターピンで、ダイプレート10に形成される貫通穴摺動自在に嵌合されており、加工する製品をプレス後押し上げるためのピンである。このリフターピン32は、ダイバッキングプレート9及びダイホルダ8に貫通する貫通孔に嵌合するスプリング33によって支持されている。このスプリング33は、スクリュープラグ34によって止められている。

0027

35は逃げ穴で、プレス加工時に、ミスフィードピン26の先端が加工する製品に予め形成されている穴を貫通したときに受ける穴である。36はストロークエンドブロックで、下型3のダイホルダ8に固定し、プレス下死点時に上型のストロークエンドブロック19と胴付きさせて下死点位置を安定させるものである。37はストロークエンドブロック36を下型3のダイホルダ8に固定するための締付けボルトである。38はフックで、下型3のダイホルダ8に取り付けられており、プレス金型1を吊り上げたり、プレス金型1を動かしたりする取っ手である。39は、スペーサーリングで、パンチバッキングプレート5とスプリング31との間に挿入されるものである。

0028

40はノックピンで、ダイホルダ8とダイプレート10の位置決めをするものである。41は締付けボルトで、パンチホルダ4にパンチバッキングプレート5を介してパンチプレート6を固定するためのもので、43は締付けボルトで、ダイホルダ8にダイバッキングプレート9を介してダイプレート10を固定するためのものである。

0029

《第1の実施の形態》本願発明の第1の実施の形態は、予めプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込んで設計された基本構造を備え、プレス金型の外形寸法を特定し、予め設計で組み込まれた必要な部品の特定を部品区分を特定してプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムである。

0030

本願第1の実施の形態における図1に示す如きプレス金型1の設計をするに当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図があっても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計が必要である。そこで、まず、各製品形状によって決定される部分の設計が収量した後、それを収納するプレートの寸法形状を特定し、プレス金型の大きさ・寸法を決める、または、プレス機が決定している場合、このプレス機の取り付けに合ったプレス金型の大きさ・寸法を特定する。このプレス金型の大きさ・寸法が決まった段階で本発明の金型設計が開始される。

0031

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造についての外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートについては、プレス金型1において使用される基本プレートが予め設計されて設計図面の形で用意されている。このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計は、予め設計され設計図面の形で用意されている図面を用い、プレス金型1の外形寸法に合わせて行う。

0032

プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートの設計が終了すると、次に、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予め用意されている。また、このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素(図中の符号2〜42で示される部品を組み込むための加工要素)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている部品以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な全ての部品を組み込むための加工要素である設計要素については、プレス金型1の設計で使用されるあらゆる外形寸法の設計要素について前記プレス金型1の設計に用いられる部品の外形寸法に対応した寸法の設計要素が1つの設計要素データとして設計図面の形で予め用意されている。

0033

この部品データにおいては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について、同じ基本形状を有し小さい寸法のものから大きな寸法のものまで、使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予め用意されている。図15において部品毎に書かれた記号製品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。

0034

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素について、部品の設計では、部品コード(例えば、PCB12−30)を指定することによって設計する。この予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素を設計しただけでプレス金型の設計は完了するわけではない。このプレス金型1をスムーズに動かすために必要とする設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計することになる。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素は、その都度プレス金型1の基本構造の中に書き込まれる部品に合わせて設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。

0035

プレス金型1に予め組み込まれている部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)、その他プレス金型1の設計で必要とする部品及びその設計要素の設計が終了すると、この上型2と下型3を組み合わせてプレス金型として機能するように、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素について設計を開始する。この部品を組み込むための加工要素以外の加工要素である設計要素については、プレス金型1の設計で使用されるあらゆる外形寸法の設計要素について前記プレス金型1の設計に用いられる外形寸法に対応した寸法の設計要素が1つの設計要素データとして設計図面の形で予め用意されている。

0036

そこで、プレス金型の部品を組み込むための加工要素以外の加工要素である設計要素(プレス金型1をスムーズに動かすために必要とする設計要素)を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法に対応した寸法について予め設計されている設計要素データの中から最適な設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計することになる。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な設計要素は、その都度設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。

0037

したがって、本実施の形態によれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、部品区分を設定するだけで主要な部品の設計を行え、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も容易に行うことができる。

0038

《第2の実施の形態》本願発明の第2の実施の形態は、予めプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込んで設計された基本構造を備え、設計するプレス金型の外形寸法を特定し、該金型の外形寸法に合わせた最適の部品を示すカタログ上の部品コードとその最適の設計要素を示した状態で選定し、設計変更に伴う部品のサイズの変更は、新たに選定したカタログ上の部品コード及び設計要素を示して行うプレス金型設計システムである。

0039

本願第2の実施の形態における図1に示す如きプレス金型1の設計をするに当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図があっても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計が必要である。そこで、まず、プレス機に取り付けるプレス金型の外形を決定するプレートの寸法形状を特定する。このプレートの寸法形状が特定されると、プレス金型の大きさ・寸法が決まる。このプレス金型の大きさ・寸法が決まった段階でプレス金型の設計が開始される。

0040

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1の各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1の各種プレートについては、プレス金型1において使用される各種プレートについて、あらゆる外形寸法のものが1つのプレートデータとして設計図面の形で予め用意されている。このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計は、予め設計され設計図面の形で用意されている図面を用い、プレス金型1の外形寸法に合わせて行う。

0041

プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートの設計が終了すると、次に、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予め用意されている。この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた必要な部品については、特定の部品毎に使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして、また、予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた設計要素については、特定の設計要素毎に使用されるあらゆる外形寸法の設計要素を1つの図面上に表した設計要素データとして、それぞれ設計図面の形で用意されている。このような部品データは、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品について部品毎に対応させた図面コードを付して、さらには、設計上基本的に必要な部品以外のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての部品についても部品毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予め用意されている。また、このような設計要素は、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素について設計要素毎に対応させた特定した名称区分を付して、さらには、設計上基本的に必要な設計要素以外のプレス金型のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての設計要素についても設計要素毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予め用意されている。

0042

そして、この部品データについては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されており、設計要素においては、各設計要素毎にその設計要素コードが付されている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について使用されるあらゆる外形寸法の部品は、当該締付けボルトを示す図面コード(例えば、PCB)の付された1つの図面上に部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予め用意されている。図15において部品毎に書かれた記号は、外径寸法を特定した部品を示す部品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。この締付けボルト18を取り付けるための設計要素として外形寸法の設計要素は、当該締付けボルト取り付け用の設計要素を示す図面コード(例えば、PCB−T)の付された1つの図面上に設計要素として図16の(A)〜(J)に示す如く、締付けボルト18に合わせて径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予め用意されている。図16において設計要素毎に書かれた記号は外径寸法を特定した設計要素を示しており、『PCB−T3−5』を例にとると、『PCB−T』は締付けボルトの設計要素の種類を示し、『3−5』は設計要素に嵌め込まれる径が3mm、長さが5mmの締付けボルト18が嵌め込めるザグリ加工を行うことを示している。

0043

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法を特定する。すると、この外形寸法を特定したプレス金型の基本構造には、基本的に必要とする部品とその設計要素が組み込まれた形で示される。このプレス金型の基本構造に予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素については、部品の設計が部品コード(例えば、PCB3−5)を指定することによって、設計要素(例えば、PCB−T3−5)を指定することによってそれぞれ行われる。しかし、この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素を設計しただけで、プレス金型の設計が完了するわけではない。このプレス金型1をプレス加工でスムーズに動かすための設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計することになる。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素の設計は、その都度プレス金型1の基本構造の中に部品コードと設計要素を設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。したがって、本実施の形態によれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、部品区分及び設計要素を設定するだけで主要な部品とその設計要素の設計を行え、他のプレス金型の設計に必要な部品とその設計要素の取り付け設計も容易に行うことができる。

0044

《第3の実施の形態》本願発明の第3の実施の形態は、予めプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで設計され、プレス金型の外形寸法に対応して予め設計されている複数の基本構造を備え、前記複数の基本構造の中から設計するプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を選択し、該選択したプレス金型の基本構造に予め設計組み込まれているプレス金型に必要な最適の部品を示すカタログ上の部品コードとその最適の設計要素を示した状態で選定し、設計変更に伴う部品のサイズの変更は、新たにカタログ上の部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムである。

0045

本願第3の実施の形態における図1に示す如きプレス金型1の設計をするに当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図は、プレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んだ形で、プレス金型1の外形寸法に対応じて、複数の基本構造が予め設計され、基本設計図として各基本構造毎に図面コードを付して基本構造データ(図示していないが、図2図7について外形寸法を変化させて複数種類まとめたもので、外形寸法に合わせてプレス金型に組み込まれた設計上基本的に必要な部品とその設計要素も変化したものである)として設計図面の形で予め用意されている。このような基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図を選定しても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計が必要である。そこで、まず、基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図を選定すると、プレス金型1の外形寸法が決定され、このプレス金型1の外形寸法に合ったプレートの設計(寸法形状の設計)を特定する。このプレートの寸法形状が特定されると、プレス金型の他の設計が開始される。

0046

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1の各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1の各種プレートについては、プレス金型1において使用される各種プレートについて、あらゆる外形寸法のものが1つのプレートデータとして設計図面の形で予め用意されている。このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計は、予め設計され設計図面の形で用意されている図面を用い、プレス金型1の外形寸法に合わせて行う。

0047

プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートの設計が終了すると、次に、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予め用意されている。この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた必要な部品については、特定の部品毎に使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして、また、予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた設計要素については、特定の設計要素毎に使用されるあらゆる外形寸法の設計要素を1つの図面上に表した設計要素データとして、それぞれ設計図面の形で用意されている。このような部品データは、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品について部品毎に対応させた図面コードを付して、さらには、設計上基本的に必要な部品以外のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての部品についても部品毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予め用意されている。また、このような設計要素は、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素について設計要素毎に対応させた特定した名称区分を付して、さらには、設計上基本的に必要な設計要素以外のプレス金型のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての設計要素についても設計要素毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予め用意されている。

0048

そして、この部品データについては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されており、設計要素においては、各設計要素毎にその設計要素コードが付されている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について使用されるあらゆる外形寸法の部品は、当該締付けボルトを示す図面コード(例えば、PCB)の付された1つの図面上に部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予め用意されている。図15において部品毎に書かれた記号は、外径寸法を特定した部品を示す部品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。この締付けボルト18を取り付けるための設計要素として外形寸法の設計要素は、当該締付けボルト取り付け用の設計要素を示す図面コード(例えば、PCB−T)の付された1つの図面上に設計要素として図16の(A)〜(J)に示す如く、締付けボルト18に合わせて径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予め用意されている。図16において設計要素毎に書かれた記号は外径寸法を特定した設計要素を示しており、『PCB−T3−5』を例にとると、『PCB−T』は締付けボルトの設計要素の種類を示し、『3−5』は設計要素に嵌め込まれる径が3mm、長さが5mmの締付けボルト18が嵌め込めるザグリ加工を行うことを示している。

0049

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法を特定する。すると、この外形寸法を特定したプレス金型の基本構造には、基本的に必要とする部品とその設計要素が組み込まれた形で示される。このプレス金型の基本構造に予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素については、部品の設計が部品コード(例えば、PCB3−5)を指定することによって、設計要素(例えば、PCB−T3−5)を指定することによってそれぞれ行われる。しかし、この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素を設計しただけで、プレス金型の設計が完了するわけではない。このプレス金型1をプレス加工でスムーズに動かすための設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計することになる。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素の設計は、その都度プレス金型1の基本構造の中に部品コードと設計要素を設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。したがって、本実施の形態によれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、部品区分及び設計要素を設定するだけで主要な部品とその設計要素の設計を行え、他のプレス金型の設計に必要な部品とその設計要素の取り付け設計も容易に行うことができる。

0050

《第4の実施の形態》本願発明の第4の実施の形態は、予め記憶されたプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を組み込み、プレス金型の外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造を読み出し、該読み出した基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更や設計要素の変更を特定した名称の呼び出し又は選択を行うことで可能にすると共に、部品及び設計要素にカタログ上の部品コードが含まれる場合、前記プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更及び設計要素の変更を、予め設定されている特定した名称の呼び出し又は選択をすることによって行うプレス金型設計システムである。

0051

本願第4の実施の形態における図1に示す如きプレス金型1の設計をするに当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図は、プレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んだ形で、プレス金型1の外形寸法に対応じて、複数の基本構造が予め設計され、基本設計図として各基本構造毎に図面コードを付して基本構造データ(図示していないが、図2図7について外形寸法を変化させて複数種類まとめたもので、外形寸法に合わせてプレス金型に組み込まれた設計上基本的に必要な部品とその設計要素も変化したものである)として設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。この予め設計されている設計上基本的に必要な部品とその設計要素を組み込んだ基本構造データは、CPU等の演算装置によって自由に外径寸法の変更加工ができるようになっている。

0052

このような基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図を選定しても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計が必要である。そこで、まず、基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図を選定すると、プレス金型1の外形寸法が決定され、このプレス金型1の外形寸法に合ったプレートの設計(寸法形状の設計)を特定する。このプレートの寸法形状が特定されると、プレス金型の他の設計が開始される。

0053

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1に組み込まれている各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1に組み込まれている各種プレートについては、プレス金型1において組み込まれる各種プレートについて、予め設計して設計図面の形で予めRAM等に記憶してある。このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計は、予め設計され設計図面の形で予めRAM等に記憶されている図面を用い、プレス金型1の外形寸法に合わせて外形形状を決定して行う。

0054

プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートの設計が終了すると、次に、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた必要な部品については、特定の部品毎に使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして、また、予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた設計要素については、特定の設計要素毎に使用されるあらゆる外形寸法の設計要素を1つの図面上に表した設計要素データとして、それぞれ設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。このような部品データは、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品について部品毎に対応させた図面コードを付して、さらには、設計上基本的に必要な部品以外のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての部品についても部品毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。また、このような設計要素は、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素について設計要素毎に対応させた特定した名称区分を付して、さらには、設計上基本的に必要な設計要素以外のプレス金型のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての設計要素についても設計要素毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。

0055

そして、この部品データについては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されており、設計要素においては、各設計要素毎にその設計要素コードが付され、この設計要素コードによって属性化されている。これらの部品データに示される部品、設計要素は、CPU等の演算装置によって取り出してプレス金型1の基本構造に組み込むことが可能となっている。また、この基本構造に組み込んだ部品、設計要素は、CPU等の演算装置によって自由に外径寸法の変更加工を行うことができるようになっている。

0056

したがって、プレス金型1の基本構造データを示す図面コードから特定の基本構造を示す図面コードを特定してプレス金型1の基本構造を読み出す(図2図7)と、この読み出された図2図7に示されるプレス金型1の基本構造には、予め理想とする設計上基本的に必要な部品とその設計要素が組み入れられている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について使用されるあらゆる外形寸法の部品は、当該締付けボルトを示す図面コード(例えば、PCB)の付された1つの図面上に部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。図15において部品毎に書かれた記号は、外径寸法を特定した部品を示す部品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。この締付けボルト18を取り付けるための設計要素として外形寸法の設計要素は、当該締付けボルト取り付け用の設計要素を示す図面コード(例えば、PCB−T)の付された1つの図面上に設計要素として図16の(A)〜(J)に示す如く、締付けボルト18に合わせて径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。図16において設計要素毎に書かれた記号は外径寸法を特定した設計要素を示しており、『PCB−T3−5』を例にとると、『PCB−T』は締付けボルトの設計要素の種類を示し、『3−5』は設計要素に嵌め込まれる径が3mm、長さが5mmの締付けボルト18が嵌め込めるザグリ加工を行うことを示している。

0057

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法を特定する。すると、この外形寸法を特定したプレス金型の基本構造には、基本的に必要とする部品とその設計要素が組み込まれた形で示される。このプレス金型の基本構造に予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素については、部品の設計が部品コード(例えば、PCB3−5)を指定することによって、設計要素(例えば、PCB−T3−5)を指定することによってそれぞれ行われる。しかし、この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素を設計しただけで、プレス金型の設計が完了するわけではない。このプレス金型1をプレス加工でスムーズに動かすための設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計することになる。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素の設計は、その都度プレス金型1の基本構造の中に部品コードと設計要素を設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。ディスプレイに表されている設計図上には、指定した各部品及び各設計要素に対応する寸法でその図が自動的に表示される。また、これらプレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品の寸法が当初の寸法と異なる、すなわち、プレス金型1の基本構造に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行うことができ、ディスプレイ上で作図を変更した場合には、スケール等で設計図の寸法を測定して記入することもできる。また、プレス金型1の基本構造、プレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品、設計要素に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行い、この変更したプレス金型1の基本構造、部品、設計要素の寸法が、演算装置によって自動演算され、ディスプレイに表されている設計図上に自動的に表示される。

0058

この予め記憶されている部品データ、設計要素データの中から選択し、ディスプレイ上の設計図面の中に書き込むとプレス金型1の基本構造における各部品、各設計要素の適、不適が明確になる。

0059

したがって、本実施の形態によれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで主要な部品とその設計要素の寸法設計が簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで容易に行うことができる。また、本実施の形態によれば、プレス金型で一旦設計した後に、部品の変更を行う場合、ディスプレイ上の設計図面から変更する部品のみを消去して設計要素を残すこともできるので、設計し直しをする際、設計要素の設計をする手間を省くことができ、スピーディにプレス金型の設計を行うことができる。

0060

《第5の実施の形態》本願発明の第5の実施の形態は、CADを用いてプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムにおいて,前記CADにプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで基本となる加工寸法・基本寸法の部品を設定して組み付けて設計したプレス金型の基本構造を、プレス金型の外形寸法毎に複数個と、該基本構造に組み付けた部品及び設計要素について複数のカタログ上の部品コード及び設計要素を予め記憶しておき、設計するプレス金型の外形寸法を選択し、該選択したプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を、前記CADに記憶されている複数の基本構造の中から選定し、前記ディスプレイ上に表示し,前記ディスプレイ上において、前記CADから読み出された基本構造の設計変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、予めCADに記憶されている複数の基本構造の中に含まれている場合には、該予め記憶されている基本構造の中から選定することによって行い、予め基本構造に組み込まれている設計上必要な部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されているカタログ上の部品コード及び設計要素に含まれている場合には、予め記憶されている部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムである。

0061

第5の実施の形態におけるプレス金型の設計においては、CAD(ComputerAided Design )を用いて行う。このCADを用いて図1に示す如きプレス金型の設計に当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図は、プレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んだ形で、プレス金型1の外形寸法に対応じて、複数の基本構造が予め設計され、基本設計図として各基本構造毎に図面コードを付して基本構造データ(図示していないが、図2図7について外形寸法を変化させて複数種類まとめたもので、外形寸法に合わせてプレス金型に組み込まれた設計上基本的に必要な部品とその設計要素も変化したものである)として設計図面の形で予めCADに記憶してある。この予め設計されている設計上基本的に必要な部品とその設計要素を組み込んだ基本構造データは、CPU等の演算装置によって自由に外径寸法の変更加工ができるようになっている。

0062

このような基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図をディスプレイ上に呼び出しても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計を個別に行う必要がある。そこで、まず、基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図をディスプレイ上に呼び出すと、プレス金型1の外形寸法が決定され、このプレス金型1の外形寸法に合ったプレートの設計(寸法形状の設計)を特定する。このプレートの寸法形状が特定されると、プレス金型の他の設計が開始される。

0063

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1に組み込まれている各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1に組み込まれている各種プレートについては、プレス金型1において組み込まれる各種プレートについて、予め設計して設計図面の形で予めCADに記憶してある。このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計は、予め設計され設計図面の形で予めCADに記憶されている図面を用い、プレス金型1の外形寸法に合わせて外形形状を決定して行う。

0064

プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートの設計が終了すると、次に、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた必要な部品については、特定の部品毎に使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして、また、予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた設計要素については、特定の設計要素毎に使用されるあらゆる外形寸法の設計要素を1つの図面上に表した設計要素データとして、それぞれ設計図面の形で予めCADに記憶されている。このような部品データは、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品について部品毎に対応させた図面コードを付して、さらには、設計上基本的に必要な部品以外のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての部品についても部品毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めCADに記憶されている。また、このような設計要素は、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素について設計要素毎に対応させた特定した名称区分を付して、さらには、設計上基本的に必要な設計要素以外のプレス金型のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての設計要素についても設計要素毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めCADに記憶されている。

0065

そして、この部品データについては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されており、設計要素においては、各設計要素毎にその設計要素コードが付され、この設計要素コードによって属性化されている。これらの部品データに示される部品、設計要素コードに示される設計要素は、それぞれCADのメモリからディスプレイ上に読み出し、任意の部品、任意の設計要素をプレス金型1の基本構造に組み込むことが可能となっている。また、この基本構造に組み込んだ部品、設計要素は、CADのディブレイ上で自由に外径寸法の変更加工を行うことができるようになっている。

0066

したがって、プレス金型1の基本構造データを示す図面コードから特定の基本構造を示す図面コードを特定してプレス金型1の基本構造をディスプレイ上に読み出す(図2図7)と、この読み出された図2図7に示されるプレス金型1の基本構造には、予め理想とする設計上基本的に必要な部品とその設計要素が組み入れられている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について使用されるあらゆる外形寸法の部品は、当該締付けボルトを示す図面コード(例えば、PCB)の付された1つの図面上に部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めCADに記憶されている。図15において部品毎に書かれた記号は、外径寸法を特定した部品を示す部品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。この締付けボルト18を取り付けるための設計要素として外形寸法の設計要素は、当該締付けボルト取り付け用の設計要素を示す図面コード(例えば、PCB−T)の付された1つの図面上に設計要素として図16の(A)〜(J)に示す如く、締付けボルト18に合わせて径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めCADに記憶されている。図16において設計要素毎に書かれた記号は外径寸法を特定した設計要素を示しており、『PCB−T3−5』を例にとると、『PCB−T』は締付けボルトの設計要素の種類を示し、『3−5』は設計要素に嵌め込まれる径が3mm、長さが5mmの締付けボルト18が嵌め込めるザグリ加工を行うことを示している。

0067

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法を特定してCADに予め記憶されているプレス金型の基本構造をディスプレイ上に読み出す。すると、ディスプレイ上に読み出された外形寸法を特定したプレス金型の基本構造には、基本的に必要とする部品とその設計要素が組み込まれた形で示される。このプレス金型の基本構造に予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素については、部品の設計を予めCADに記憶されている部品データの中から特定の部品コード(例えば、PCB3−5)を指定することによって、設計要素の設計を予めCADに記憶されている設計要素データの中から特定の設計要素(例えば、PCB−T3−5)を指定することによってそれぞれ行われる。しかし、プレス金型1の設計は、予め設計されCADに記憶されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素について設計しただけで完了するわけではない。このプレス金型1をプレス加工でスムーズに動かすための設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計する必要がある。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素の設計は、その都度プレス金型1の基本構造の中に部品コードと設計要素を設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。ディスプレイに表されている設計図上には、指定した各部品及び各設計要素に対応する寸法でその図が自動的に表示される。また、これらプレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品の寸法が当初の寸法と異なる、すなわち、プレス金型1の基本構造に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行うことができ、ディスプレイ上で作図を変更した場合には、スケール等で設計図の寸法を測定して記入することもできる。また、プレス金型1の基本構造、プレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品、設計要素に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行い、この変更したプレス金型1の基本構造、部品、設計要素の寸法が、CADによって自動演算され、ディスプレイに表されている設計図上に自動的に表示される。

0068

この予め記憶されている部品データ、設計要素データの中から選択し、ディスプレイ上の設計図面の中に書き込むとプレス金型1の基本構造における各部品、各設計要素の適、不適が明確になる。

0069

したがって、本実施の形態によれば、CADに予め記憶されている複数の基本構造の中から設計するプレス金型の大きさ・寸法に合った基本構造を読み出して、プレス金型で必要な全ての部品と設計要素を特定した名称の指定というような簡単な方法で、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、容易にプレス金型の設計を行うことができる。また、本実施の形態によれば、プレス金型の基本構造を変更したり、一旦設定した部品とその設計要素を変更する必要が生じた場合には、設計者がディスプレイ上に表示されている設計図面を見ながら、ディスプレイに表示されている設計図面上でプレス金型の基本構造の外径形状、部品とその設計要素の外径形状に変更を加えるだけで、プレス金型の基本構造、部品とその設計要素の設計変更を行えるため、設計者が自らが設計図面を目で見ながら自由にしかも正確に、かつ簡単に設計変更を行うことができ、変更後の寸法を実寸で捕らえるのを容易にすることができる。また、本実施の形態によれば、プレス金型で一旦設計した後に、部品の変更を行う場合、CADのディスプレイ上の設計図面から変更する部品のみを消去して設計要素を設計図面上に残すこともできるので、設計し直しをする際に、改めて設計要素の設計を行わなくて済み設計手順の手間を省くことができ、短時間でプレス金型の設計を行うことができる。

0070

《第6の実施の形態》本願発明の第6の実施の形態は、CADを用いてプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムにおいて,前記CADにプレス金型の設計上必要な部品や設計要素を組み込んで基本となる加工寸法・基本寸法の部品を設定して組み付けて設計したプレス金型の基本構造を、プレス金型の外形寸法毎に複数個と、該基本構造に組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて複数サイズのプレートコードを予め記憶しておき、前記基本構造に予め組み付けられている部品について複数のカタログ上の部品コードを予め記憶しておくと共に、前記基本構造に予め組み付けられている設計要素について複数の設計要素を予め記憶しておき、設計するプレス金型の外形寸法を選択し、該選択したプレス金型の外形寸法に対応した基本構造を、前記CADに記憶されている複数の基本構造の中から選定し、前記ディスプレイ上に表示し,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて、予め記憶されたプレートデータの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の外形寸法に対応したプレートを選定することにより設計を行い,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な部品について、予め記憶された部品データの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な部品に相当する複数のカタログ上の部品コードを選定することにより設計を行うと共に,前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素について、予め記憶された設計要素の中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素に相当する設計要素を前記CADに記憶されているカタログ上の設計要素を選定することにより設計を行い,前記ディスプレイ上において、前記CADから読み出されたプレス金型の基本構造の設計変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、予めCADに記憶されている複数の基本構造の中に含まれている場合には、該予め記憶されている基本構造の中から選定することによって行い,予め基本構造に組み込まれている設計上必要なプレート、部品及び設計要素の寸法の変更を演算処理を行うことで可能にすると共に、設計変更するプレート、部品及び設計要素が前記CADに記憶されているプレートデータ、カタログ上の部品コード及び設計要素に含まれている場合には、予め記憶されているプレート、部品区分及び設計要素を特定することによってプレス金型の設計を行うプレス金型設計システムである。

0071

第6の実施の形態におけるプレス金型の設計においては、CAD(ComputerAided Design )を用いて行う。このCADを用いて図1に示す如きプレス金型の設計に当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図は、プレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んだ形で、プレス金型1の外形寸法に対応じて、複数の基本構造が予め設計され、基本設計図として各基本構造毎に図面コードを付して基本構造データ(図示していないが、図2図7について外形寸法を変化させて複数種類まとめたもので、外形寸法に合わせてプレス金型に組み込まれた設計上基本的に必要な部品とその設計要素も変化したものである)として設計図面の形で予めCADに記憶してある。この予め設計されている設計上基本的に必要な部品とその設計要素を組み込んだ基本構造データは、CPU等の演算装置によって自由に外径寸法の変更加工ができるようになっている。

0072

このような基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図をディスプレイ上に呼び出しても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計を個別に行う必要がある。そこで、まず、製品ごとに変わる部分のの大きさに合わせて、プレス金型1の外形寸法を特定し、プレスの金型基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図をディスプレイ上に呼び出すと共にプレス機に取り付けるプレス金型の外形を決定してプレス金型の設計が開始される。

0073

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1に組み込まれている各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1に組み込まれている各種プレートについては、プレス金型1において組み込まれる各種プレートについて、あらゆる外形寸法のものが予め設計されて1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶してある。まず、下型3の基本となるダイプレート10についての設計を行う。このダイプレート10については、図14に示す如くあらゆる外形寸法のダイプレート(本実施の形態においては、5種類)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このダイプレート10のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するダイプレート10の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のダイプレートの中から特定のダイプレートを選定する。ダイプレート10の設計は、このようにして予め設計されたダイプレート10の設計図の中から最適形状のダイプレート10の設計図面を選定することによって容易に設計することができる。

0074

次に、下型3を構成するダイチバッキングプレート9についての設計を行う。このダイバッキングプレート9の設計は、ダイプレート10についての設計(外形寸法等)が完了すると、ダイプレート10の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、ダイプレート10の設計をしただけでダイバッキングプレート9の設計が完了したわけではない。したがって、ダイプレート10についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、ダイバッキングプレート9の具体的な設計については、ダイプレート10の設計とは別に行わなければならない。このダイバッキングプレート9の設計にあたっては、図13に示す如くあらゆる外形寸法のダイバッキングプレート(図13には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このダイバッキングプレート9のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するダイバッキングプレート9の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のダイバッキングプレートの中から特定のダイバッキングプレートを選定する。ダイバッキングプレート9の設計は、このようにして予め設計されたダイバッキングプレート9の設計図の中から最適形状のダイバッキングプレート9の設計図面を選択することによって容易に設計ができる。

0075

次に、下型3を構成するダイホルダ8についての設計を行う。このダイホルダ8の設計は、ダイプレート10についての設計(外形寸法等)が完了すると、ダイプレート10の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、ダイプレート10の設計をしただけでダイホルダ8の設計が完了したわけではない。したがって、ダイプレート10についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、ダイホルダ8の具体的な設計については、ダイプレート10の設計とは別に行わなければならない。このダイホルダ8の設計については、図12に示す如くあらゆる外形寸法のパンチプレート(図12には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このダイホルダ8のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するダイホルダ8の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のダイホルダの中から特定のダイホルダを選定する。ダイホルダ8の設計は、このようにして予め設計されたダイホルダ8の設計図の中から最適形状のダイホルダ8の設計図面を選択することによって容易に設計ができる。

0076

このように、図2図7に示される基本設計図を基に、プレス金型1を設計するにあたって、プレス金型1の下型3を構成しており、下型3の基本となるダイプレート10、ダイバッキングプレート9、ダイホルダ8の設計が終了すると、次に、プレス金型1の上型2を構成しているストリッパープレート7、パンチプレート6、パンチバッキングプレート5、パンチホルダ4の設計行う。まず、上型2の基本となるストリッパープレート7についての設計を行う。このストリッパープレート7の設計は、下型3のダイプレート10についての設計(外形寸法等)が完了すると、ダイプレート10の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には外形寸法に関する設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、ダイプレート10の設計をしただけでストリッパープレート7の設計が完了したわけではなく、このダイプレート10に合ったストリッパープレート7を選び出す必要がある。したがって、ダイプレート10についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、ストリッパープレート7の具体的な設計については、ダイプレート10の設計とは別に行わなければならない。このストリッパープレート7の設計にあたっては、図11に示す如くあらゆる外形寸法のストリッパープレート(本実施の形態においては、5種類)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このストリッパープレート7のデータの中からプレス金型1に用いるダイプレート10の外形寸法に対応した外形寸法のストリッパープレート7の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のダイホルダの中から特定のダイホルダを選定する。このようにしてストリッパープレート7の設計は、予め設計されたストリッパープレート7の設計図の中から最適形状のストリッパープレート7の設計図面を選定することによって容易に設計することができる。

0077

次に、上型2を構成するパンチプレート6についての設計を行う。このパンチプレート6の設計は、ストリッパープレート7についての設計(外形寸法等)が完了すると、ストリッパープレート7の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、ストリッパープレート7の設計をしただけでパンチプレート6の設計が完了したわけではない。したがって、ストリッパープレート7についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、パンチプレート6の具体的な設計については、ストリッパープレート7の設計とは別に行わなければならない。このパンチプレート6の設計にあたっては、図10に示す如くあらゆる外形寸法のパンチプレート(図10には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このパンチプレート6のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するパンチプレート6の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のパンチプレートの中から特定のパンチプレートを選定する。パンチプレート6の設計は、このようにして予め設計されたパンチプレート6の設計図の中から最適形状のパンチプレート6の設計図面を選択することによって容易に設計することができる。

0078

次に、上型2を構成するパンチバッキングプレート5についての設計を行う。このパンチバッキングプレート5の設計は、ストリッパープレート7についての設計(外形寸法等)が完了すると、ストリッパープレート7の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、ストリッパープレート7の設計をしただけでパンチバッキングプレート5の設計が完了したわけではない。したがって、ストリッパープレート7についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、パンチバッキングプレート5の具体的な設計については、ストリッパープレート7の設計とは別に行わなければならない。このパンチバッキングプレート5の設計については、図9に示す如くあらゆる外形寸法のパンチバッキングプレート(図9には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このパンチバッキングプレート5のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するパンチバッキングプレート5の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のパンチバッキングプレートの中から特定のパンチバッキングプレートを選定する。パンチバッキングプレート5の設計は、このようにして予め設計されたパンチバッキングプレート5の設計図の中から最適形状のパンチバッキングプレート5の設計図面を選択することによって容易に設計することができる。

0079

次に、上型2を構成するパンチホルダ4についての設計を行う。このパンチホルダ4の設計は、ストリッパープレート7についての設計(外形寸法等)が完了すると、ストリッパープレート7の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、ストリッパープレート7の設計をしただけでパンチホルダ4の設計が完了したわけではない。したがって、ストリッパープレート7についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、パンチホルダ4の具体的な設計については、ストリッパープレート7の設計とは別に行わなければならない。このパンチホルダ4の設計については、図8に示す如くあらゆる外形寸法のパンチホルダ(図8には、7種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このパンチホルダ4のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するパンチホルダ4の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のパンチホルダの中から特定のストリッパープレートを選定する。パンチホルダ4の設計は、このようにして予め設計されたパンチホルダ4の設計図の中から最適形状のパンチホルダ4の設計図面を選択することによって容易に設計することができる。

0080

このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計が終了すると、次に、この上型2と下型3を組み合わせてプレス金型として機能するように、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素について設計を開始する。プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号11〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた必要な部品については、特定の部品毎に使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして、また、予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた設計要素については、特定の設計要素毎に使用されるあらゆる外形寸法の設計要素を1つの図面上に表した設計要素データとして、それぞれ設計図面の形で予めCADに記憶されている。このような部品データは、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品について部品毎に対応させた図面コードを付して、さらには、設計上基本的に必要な部品以外のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての部品についても部品毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めCADに記憶されている。また、このような設計要素は、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素について設計要素毎に対応させた特定した名称区分を付して、さらには、設計上基本的に必要な設計要素以外のプレス金型のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての設計要素についても設計要素毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めCADに記憶されている。

0081

そして、この部品データについては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されており、設計要素においては、各設計要素毎にその設計要素コードが付され、この設計要素コードによって属性化されている。これらの部品データに示される部品、設計要素コードに示される設計要素は、それぞれCADのメモリからディスプレイ上に読み出し、任意の部品、任意の設計要素をプレス金型1の基本構造に組み込むことが可能となっている。また、この基本構造に組み込んだ部品、設計要素は、CADのディスブレイ上で自由に外径寸法の変更加工を行うことができるようになっている。

0082

したがって、プレス金型1の基本構造データを示す図面コードから特定の基本構造を示す図面コードを特定してプレス金型1の基本構造をディスプレイ上に読み出す(図2図7)と、この読み出された図2図7に示されるプレス金型1の基本構造には、予め理想とする設計上基本的に必要な部品とその設計要素が組み入れられている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について使用されるあらゆる外形寸法の部品は、当該締付けボルトを示す図面コード(例えば、PCB)の付された1つの図面上に部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めCADに記憶されている。図15において部品毎に書かれた記号は、外径寸法を特定した部品を示す部品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。この締付けボルト18を取り付けるための設計要素として外形寸法の設計要素は、当該締付けボルト取り付け用の設計要素を示す図面コード(例えば、PCB−T)の付された1つの図面上に設計要素として図16の(A)〜(J)に示す如く、締付けボルト18に合わせて径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めCADに記憶されている。図16において設計要素毎に書かれた記号は外径寸法を特定した設計要素を示しており、『PCB−T3−5』を例にとると、『PCB−T』は締付けボルトの設計要素の種類を示し、『3−5』は設計要素に嵌め込まれる径が3mm、長さが5mmの締付けボルト18が嵌め込めるザグリ加工を行うことを示している。

0083

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法を特定してCADに予め記憶されているプレス金型の基本構造をディスプレイ上に読み出す。すると、ディスプレイ上に読み出された外形寸法を特定したプレス金型の基本構造には、基本的に必要とする部品とその設計要素が組み込まれた形で示される。このプレス金型の基本構造に予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素については、部品の設計を予めCADに記憶されている部品データの中から特定の部品コード(例えば、PCB3−5)を指定することによって、設計要素の設計を予めCADに記憶されている設計要素データの中から特定の設計要素(例えば、PCB−T3−5)を指定することによってそれぞれ行われる。しかし、プレス金型1の設計は、予め設計されCADに記憶されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素について設計しただけで完了するわけではない。このプレス金型1をプレス加工でスムーズに動かすための設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計する必要がある。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素の設計は、その都度プレス金型1の基本構造の中に部品コードと設計要素を設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。ディスプレイに表されている設計図上には、指定した各部品及び各設計要素に対応する寸法でその図が自動的に表示される。また、これらプレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品の寸法が当初の寸法と異なる、すなわち、プレス金型1の基本構造に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行うことができ、ディスプレイ上で作図を変更した場合には、スケール等で設計図の寸法を測定して記入することもできる。また、プレス金型1の基本構造、プレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品、設計要素に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行い、この変更したプレス金型1の基本構造、部品、設計要素の寸法が、CADによって自動演算され、ディスプレイに表されている設計図上に自動的に表示される。

0084

この予め記憶されている部品データ、設計要素データの中から選択し、ディスプレイ上の設計図面の中に書き込むとプレス金型1の基本構造における各部品、各設計要素の適、不適が明確になる。

0085

したがって、本実施の形態によれば、CADに予め記憶されている複数の基本構造の中から設計するプレス金型の大きさ・寸法に合った基本構造を読み出して、プレス金型で必要な全ての部品と設計要素を特定した名称の指定というような簡単な方法で、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、容易にプレス金型の設計を行うことができる。また、本実施の形態によれば、プレス金型の基本構造を変更したり、一旦設定した部品とその設計要素を変更する必要が生じた場合には、設計者がディスプレイ上に表示されている設計図面を見ながら、ディスプレイに表示されている設計図面上でプレス金型の基本構造の外径形状、部品とその設計要素の外径形状に変更を加えるだけで、プレス金型の基本構造、部品とその設計要素の設計変更を行えるため、設計者が自らが設計図面を目で見ながら自由にしかも正確に、かつ簡単に設計変更を行うことができ、変更後の寸法を実寸で捕らえるのを容易にすることができる。また、本実施の形態によれば、プレス金型で一旦設計した後に、部品の変更を行う場合、CADのディスプレイ上の設計図面から変更する部品のみを消去して設計要素を設計図面上に残すこともできるので、設計し直しをする際に、改めて設計要素の設計を行わなくて済み設計手順の手間を省くことができ、短時間でプレス金型の設計を行うことができる。

0086

《第7の実施の形態》本願発明の第7の実施の形態は、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が組み込まれ、プレス金型の外形寸法に対応して予め設計してある複数の基本構造の中から設計するプレス金型の外形寸法に基づく特定の基本構造を設定し、該設定した基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、予め設計されている複数の基本構造の中から選定することによって行い、予め基本構造に組み込まれている設計上必要な部品とその設計要素の変更を特定した名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計図面を作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作するプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法である。

0087

第7の実施の形態におけるプレス金型を製作するためのプレス金型の設計に当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図は、プレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んだ形で、プレス金型1の外形寸法に対応じて、複数の基本構造が予め設計され、基本設計図として各基本構造毎に図面コードを付して基本構造データ(図示していないが、図2図7について外形寸法を変化させて複数種類まとめたもので、外形寸法に合わせてプレス金型に組み込まれた設計上基本的に必要な部品とその設計要素も変化したものである)として設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。この予め設計されている設計上基本的に必要な部品とその設計要素を組み込んだ基本構造データは、CPU等の演算装置によって自由に外径寸法の変更加工ができるようになっている。

0088

このような基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図を選定しても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計が必要である。そこで、まず、基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図を選定すると、プレス金型1の外形寸法が決定され、このプレス金型1の外形寸法に合ったプレートの設計(寸法形状の設計)を特定する。このプレートの寸法形状が特定されると、プレス金型の他の設計が開始される。

0089

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1に組み込まれている各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1に組み込まれている各種プレートについては、プレス金型1において組み込まれる各種プレートについて、予め設計して設計図面の形で予めRAM等に記憶してある。このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計は、予め設計され設計図面の形で予めRAM等に記憶されている図面を用い、プレス金型1の外形寸法に合わせて外形形状を決定して行う。

0090

プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートの設計が終了すると、次に、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた必要な部品については、特定の部品毎に使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして、また、予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた設計要素については、特定の設計要素毎に使用されるあらゆる外形寸法の設計要素を1つの図面上に表した設計要素データとして、それぞれ設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。このような部品データは、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品について部品毎に対応させた図面コードを付して、さらには、設計上基本的に必要な部品以外のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての部品についても部品毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。また、このような設計要素は、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素について設計要素毎に対応させた特定した名称区分を付して、さらには、設計上基本的に必要な設計要素以外のプレス金型のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての設計要素についても設計要素毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。

0091

そして、この部品データについては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されており、設計要素においては、各設計要素毎にその設計要素コードが付され、この設計要素コードによって属性化されている。これらの部品データに示される部品、設計要素は、CPU等の演算装置によって取り出してプレス金型1の基本構造に組み込むことが可能となっている。また、この基本構造に組み込んだ部品、設計要素は、CPU等の演算装置によって自由に外径寸法の変更加工を行うことができるようになっている。

0092

したがって、プレス金型1の基本構造データを示す図面コードから特定の基本構造を示す図面コードを特定してプレス金型1の基本構造を読み出す(図2図7)と、この読み出された図2図7に示されるプレス金型1の基本構造には、予め理想とする設計上基本的に必要な部品とその設計要素が組み入れられている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について使用されるあらゆる外形寸法の部品は、当該締付けボルトを示す図面コード(例えば、PCB)の付された1つの図面上に部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。図15において部品毎に書かれた記号は、外径寸法を特定した部品を示す部品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。この締付けボルト18を取り付けるための設計要素として外形寸法の設計要素は、当該締付けボルト取り付け用の設計要素を示す図面コード(例えば、PCB−T)の付された1つの図面上に設計要素として図16の(A)〜(J)に示す如く、締付けボルト18に合わせて径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めRAM等に記憶されている。図16において設計要素毎に書かれた記号は外径寸法を特定した設計要素を示しており、『PCB−T3−5』を例にとると、『PCB−T』は締付けボルトの設計要素の種類を示し、『3−5』は設計要素に嵌め込まれる径が3mm、長さが5mmの締付けボルト18が嵌め込めるザグリ加工を行うことを示している。

0093

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法を特定する。すると、この外形寸法を特定したプレス金型の基本構造には、基本的に必要とする部品とその設計要素が組み込まれた形で示される。このプレス金型の基本構造に予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素については、部品の設計が部品コード(例えば、PCB3−5)を指定することによって、設計要素(例えば、PCB−T3−5)を指定することによってそれぞれ行われる。しかし、この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素を設計しただけで、プレス金型の設計が完了するわけではない。このプレス金型1をプレス加工でスムーズに動かすための設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計することになる。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素の設計は、その都度プレス金型1の基本構造の中に部品コードと設計要素を設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。ディスプレイに表されている設計図上には、指定した各部品及び各設計要素に対応する寸法でその図が自動的に表示される。また、これらプレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品の寸法が当初の寸法と異なる、すなわち、プレス金型1の基本構造に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行うことができ、ディスプレイ上で作図を変更した場合には、スケール等で設計図の寸法を測定して記入することもできる。また、プレス金型1の基本構造、プレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品、設計要素に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行い、この変更したプレス金型1の基本構造、部品、設計要素の寸法が、演算装置によって自動演算され、ディスプレイに表されている設計図上に自動的に表示される。

0094

この予め記憶されている部品データ、設計要素データの中から選択し、ディスプレイ上の設計図面の中に書き込むとプレス金型1の基本構造における各部品、各設計要素の適、不適が明確になる。このようにして設計されたプレス金型1は、印刷されて設計図となり、この設計図を基にプレス金型を製作する。

0095

したがって、本実施の形態によれば、簡単に、プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、部品製品カタログ上の部品コードを示して設計した設計図面を基に簡単にプレス金型を製作することができる。

0096

《第8の実施の形態》本願発明の第8の実施の形態は、CADを用い、CADにプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が予め組み込まれた状態で記憶されているプレス金型について外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造をディスプレィ上に読み出し、該読み出したプレス金型の基本構造におけるプレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、CADに予め記憶されている複数のプレス金型の基本構造の中から選定することによって行い、予めプレス金型の基本構造に組み込まれているプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うか、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されている特定の名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計を行い、該設計に基づく設計図面を作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作するプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法である。

0097

第8の実施の形態におけるプレス金型の設計においては、CAD(ComputerAided Design )を用いて行う。このCADを用いて図1に示す如きプレス金型の設計に当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図は、プレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んだ形で、プレス金型1の外形寸法に対応じて、複数の基本構造が予め設計され、基本設計図として各基本構造毎に図面コードを付して基本構造データ(図示していないが、図2図7について外形寸法を変化させて複数種類まとめたもので、外形寸法に合わせてプレス金型に組み込まれた設計上基本的に必要な部品とその設計要素も変化したものである)として設計図面の形で予めCADに記憶してある。この予め設計されている設計上基本的に必要な部品とその設計要素を組み込んだ基本構造データは、CPU等の演算装置によって自由に外径寸法の変更加工ができるようになっている。

0098

このような基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図をディスプレイ上に呼び出しても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計を個別に行う必要がある。そこで、まず、基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図をディスプレイ上に呼び出すと、プレス金型1の外形寸法が決定され、このプレス金型1の外形寸法に合ったプレートの設計(寸法形状の設計)を特定する。このプレートの寸法形状が特定されると、プレス金型の他の設計が開始される。

0099

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1に組み込まれている各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1に組み込まれている各種プレートについては、プレス金型1において組み込まれる各種プレートについて、予め設計して設計図面の形で予めCADに記憶してある。このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計は、予め設計され設計図面の形で予めCADに記憶されている図面を用い、プレス金型1の外形寸法に合わせて外形形状を決定して行う。

0100

プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートの設計が終了すると、次に、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた必要な部品については、特定の部品毎に使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして、また、予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた設計要素については、特定の設計要素毎に使用されるあらゆる外形寸法の設計要素を1つの図面上に表した設計要素データとして、それぞれ設計図面の形で予めCADに記憶されている。このような部品データは、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品について部品毎に対応させた図面コードを付して、さらには、設計上基本的に必要な部品以外のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての部品についても部品毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めCADに記憶されている。また、このような設計要素は、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素について設計要素毎に対応させた特定した名称区分を付して、さらには、設計上基本的に必要な設計要素以外のプレス金型のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての設計要素についても設計要素毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めCADに記憶されている。

0101

そして、この部品データについては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されており、設計要素においては、各設計要素毎にその設計要素コードが付され、この設計要素コードによって属性化されている。これらの部品データに示される部品、設計要素コードに示される設計要素は、それぞれCADのメモリからディスプレイ上に読み出し、任意の部品、任意の設計要素をプレス金型1の基本構造に組み込むことが可能となっている。また、この基本構造に組み込んだ部品、設計要素は、CADのディスブレイ上で自由に外径寸法の変更加工を行うことができるようになっている。

0102

したがって、プレス金型1の基本構造データを示す図面コードから特定の基本構造を示す図面コードを特定してプレス金型1の基本構造をディスプレイ上に読み出す(図2図7)と、この読み出された図2図7に示されるプレス金型1の基本構造には、予め理想とする設計上基本的に必要な部品とその設計要素が組み入れられている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について使用されるあらゆる外形寸法の部品は、当該締付けボルトを示す図面コード(例えば、PCB)の付された1つの図面上に部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めCADに記憶されている。図15において部品毎に書かれた記号は、外径寸法を特定した部品を示す部品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。この締付けボルト18を取り付けるための設計要素として外形寸法の設計要素は、当該締付けボルト取り付け用の設計要素を示す図面コード(例えば、PCB−T)の付された1つの図面上に設計要素として図16の(A)〜(J)に示す如く、締付けボルト18に合わせて径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めCADに記憶されている。図16において設計要素毎に書かれた記号は外径寸法を特定した設計要素を示しており、『PCB−T3−5』を例にとると、『PCB−T』は締付けボルトの設計要素の種類を示し、『3−5』は設計要素に嵌め込まれる径が3mm、長さが5mmの締付けボルト18が嵌め込めるザグリ加工を行うことを示している。

0103

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法を特定してCADに予め記憶されているプレス金型の基本構造をディスプレイ上に読み出す。すると、ディスプレイ上に読み出された外形寸法を特定したプレス金型の基本構造には、基本的に必要とする部品とその設計要素が組み込まれた形で示される。このプレス金型の基本構造に予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素については、部品の設計を予めCADに記憶されている部品データの中から特定の部品コード(例えば、PCB3−5)を指定することによって、設計要素の設計を予めCADに記憶されている設計要素データの中から特定の設計要素(例えば、PCB−T3−5)を指定することによってそれぞれ行われる。しかし、プレス金型1の設計は、予め設計されCADに記憶されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素について設計しただけで完了するわけではない。このプレス金型1をプレス加工でスムーズに動かすための設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計する必要がある。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素の設計は、その都度プレス金型1の基本構造の中に部品コードと設計要素を設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。ディスプレイに表されている設計図上には、指定した各部品及び各設計要素に対応する寸法でその図が自動的に表示される。また、これらプレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品の寸法が当初の寸法と異なる、すなわち、プレス金型1の基本構造に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行うことができ、ディスプレイ上で作図を変更した場合には、スケール等で設計図の寸法を測定して記入することもできる。また、プレス金型1の基本構造、プレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品、設計要素に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行い、この変更したプレス金型1の基本構造、部品、設計要素の寸法が、CADによって自動演算され、ディスプレイに表されている設計図上に自動的に表示される。

0104

この予め記憶されている部品データ、設計要素データの中から選択し、ディスプレイ上の設計図面の中に書き込むとプレス金型1の基本構造における各部品、各設計要素の適、不適が明確になる。

0105

このようにして設計されたプレス金型1は、印刷されて設計図となり、この設計図を基にプレス金型を製作する。

0106

したがって、本実施の形態によれば、CADに予め記憶されている複数の基本構造の中から設計するプレス金型の大きさ・寸法に合った基本構造を読み出して、プレス金型で必要な全ての部品と設計要素を特定した名称の指定というような簡単な方法で、設計した設計図面を基に簡単にプレス金型を容易に製作することができる。

0107

《第9の実施の形態》本願発明の第9の実施の形態は、CADを用い、CADに予め記憶されたプレス金型の設計上必要な部品とその設計要素が組み込まれているプレス金型の外形寸法に対応した複数の基本構造の中から、設計するプレス金型の外形寸法に基づいて特定の基本構造をディスプレィ上に読み出し、該ディスプレィ上に読み出したプレス金型の基本構造に予め組み込まれた複数のプレートのそれぞれについて、予め記憶されたプレートデータの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の外形寸法に対応したプレートを選定し、前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な部品について、予め記憶された部品データの中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な部品に相当する複数のカタログ上の部品コードを選定し、前記ディスプレイ上に表示したプレス金型の基本構造に予め組み込まれているプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素について、予め記憶された設計要素の中から前記ディスプレイ上に表示されたプレス金型の基本構造の設計上必要な設計要素に相当する設計要素を前記CADに記憶されているカタログ上の設計要素を選定し、前記ディスプレイ上に読み出したプレス金型の基本構造におけるプレス金型の設計変更、プレート、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を演算処理を行うか、CADに予め記憶されている複数のプレス金型の基本構造の中から選定することによって行い、予めプレス金型の基本構造に組み込まれているプレス金型の設計上必要なプレート、部品とその設計要素の寸法の変更を演算処理を行うか、設計変更する部品とその設計要素が前記CADに記憶されている特定の名称の呼び出し又は選択をすることによってプレス金型の設計を行い、該設計に基づく設計図面を作図し、該設計図面を基にしてプレス金型を製作するプレス金型設計システムを用いたプレス金型の製作方法である。

0108

第9の実施の形態におけるプレス金型の設計においては、CAD(ComputerAided Design )を用いて行う。このCADを用いて図1に示す如きプレス金型の設計に当たっては、図2図7に示される基本設計図を用いて設計する。図2図7には、プレス金型1の設計上基本となる部材、部品が搭載された形で予め設計してある。このような図2図7に示される基本設計図は、プレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んだ形で、プレス金型1の外形寸法に対応じて、複数の基本構造が予め設計され、基本設計図として各基本構造毎に図面コードを付して基本構造データ(図示していないが、図2図7について外形寸法を変化させて複数種類まとめたもので、外形寸法に合わせてプレス金型に組み込まれた設計上基本的に必要な部品とその設計要素も変化したものである)として設計図面の形で予めCADに記憶してある。この予め設計されている設計上基本的に必要な部品とその設計要素を組み込んだ基本構造データは、CPU等の演算装置によって自由に外径寸法の変更加工ができるようになっている。

0109

このような基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図をディスプレイ上に呼び出しても、これで具体的なプレス金型1の設計が終了する訳ではなく、プレス金型1を構成する個々の部材(プレート)、必要な部品とその部品を組み込むための加工寸法・加工形状等を示す設計要素、部品取り付け以外の加工寸法・加工形状等を示す設計要素の設計を個別に行う必要がある。そこで、まず、プレス加工する製品の大きさに合わせて、プレス金型1の外形寸法を特定し、プレスの金型基本構造データの中から設計するプレス金型1の外形寸法に合った基本設計図をディスプレイ上に呼び出すと共にプレス機に取り付けるプレス金型の外形を決定してプレス金型の設計が開始される。

0110

プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1に組み込まれている各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1に組み込まれている各種プレートについては、プレス金型1において組み込まれる各種プレートについて、あらゆる外形寸法のものが予め設計されて1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶してある。まず、上型2の基本となるパンチホルダ4についての設計を行う。このパンチホルダ4については、図8に示す如くあらゆる外形寸法のパンチホルダ(本実施の形態においては、7種類)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このパンチホルダ4のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するパンチホルダ4の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のパンチホルダの中から特定のパンチホルダを選定する。パンチホルダ4の設計は、このようにして予め設計されたパンチホルダ4の設計図の中から最適形状のパンチホルダ4の設計図面を選定することによって容易に設計することができる。

0111

次に、上型2を構成するパンチバッキングプレート5についての設計を行う。このパンチバッキングプレート5の設計は、パンチホルダ4についての設計(外形寸法等)が完了すると、パンチホルダ4の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、パンチホルダ4の設計をしただけでパンチバッキングプレート5の設計が完了したわけではない。したがって、パンチホルダ4についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、パンチバッキングプレート5の具体的な設計については、パンチホルダ4の設計とは別に行わなければならない。このパンチバッキングプレート5の設計にあたっては、図9に示す如くあらゆる外形寸法のパンチバッキングプレート(図9には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このパンチバッキングプレート5のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するパンチバッキングプレート5の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のパンチバッキングプレートの中から特定のパンチバッキングプレートを選定する。パンチバッキングプレート5の設計は、このようにして予め設計されたパンチバッキングプレート5の設計図の中から最適形状のパンチバッキングプレート5の設計図面を選択することによって容易に設計ができる。

0112

次に、上型2を構成するパンチプレート6についての設計を行う。このパンチプレート6の設計は、パンチホルダ4についての設計(外形寸法等)が完了すると、パンチホルダ4の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、パンチホルダ4の設計をしただけでパンチプレート6の設計が完了したわけではない。したがって、パンチホルダ4についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、パンチプレート6の具体的な設計については、パンチホルダ4の設計とは別に行わなければならない。このパンチプレート6の設計については、図10に示す如くあらゆる外形寸法のパンチプレート(図10には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このパンチプレート6のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するパンチプレート6の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のパンチプレートの中から特定のパンチプレートを選定する。パンチプレート6の設計は、このようにして予め設計されたパンチプレート6の設計図の中から最適形状のパンチプレート6の設計図面を選択することによって容易に設計ができる。

0113

次に、上型2を構成するストリッパープレート7についての設計を行う。このストリッパープレート7の設計は、パンチホルダ4についての設計(外形寸法等)が完了すると、パンチホルダ4の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、パンチホルダ4の設計をしただけでストリッパープレート7の設計が完了したわけではない。したがって、パンチホルダ4についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、ストリッパープレート7の具体的な設計については、パンチホルダ4の設計とは別に行わなければならない。このストリッパープレート7の設計については、図11に示す如くあらゆる外形寸法のストリッパープレート(図11には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このストリッパープレート7のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するストリッパープレート7の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のストリッパープレートの中から特定のストリッパープレートを選定する。ストリッパープレート7の設計は、このようにして予め設計されたストリッパープレート7の設計図の中から最適形状のストリッパープレート7の設計図面を選択することによって容易に設計することができる。

0114

このように、図2図7に示される基本設計図を基に、プレス金型1を設計するにあたって、プレス金型1の上型2を構成しており、上型2の基本となるパンチホルダ4、パンチバッキングプレート5、パンチプレート6、ストリッパープレート7の設計が終了すると、次に、プレス金型1の下型3を構成しているダイホルダ8、ダイバッキングプレート9、ダイプレート10の設計行う。まず、下型3の基本となるダイホルダ8についての設計を行う。このダイホルダ8の設計は、上型2のパンチホルダ4についての設計(外形寸法等)が完了すると、パンチホルダ4の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には外形寸法に関する設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、パンチホルダ4の設計をしただけでダイホルダ8の設計が完了したわけではなく、このパンチホルダ4に合ったダイホルダ8を選び出す必要がある。したがって、パンチホルダ4についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、ダイホルダ8の具体的な設計については、パンチホルダ4の設計とは別に行わなければならない。このダイホルダ8の設計にあたっては、図12に示す如くあらゆる外形寸法のパンチホルダ(本実施の形態においては、7種類)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このダイホルダ8のデータの中からプレス金型1に用いるパンチホルダ4の外形寸法に対応した外形寸法のダイホルダ8の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のダイホルダの中から特定のダイホルダを選定する。このようにしてダイホルダ8の設計は、予め設計されたダイホルダ8の設計図の中から最適形状のダイホルダ8の設計図面を選定することによって容易に設計することができる。

0115

次に、下型3を構成するダイバッキングプレート9についての設計を行う。このダイバッキングプレート9の設計は、ダイホルダ8についての設計(外形寸法等)が完了すると、ダイホルダ8の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、ダイホルダ8の設計をしただけでパンチバッキングプレート5の設計が完了したわけではない。したがって、ダイホルダ8についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、ダイバッキングプレート9の具体的な設計については、ダイホルダ8の設計とは別に行わなければならない。このダイバッキングプレート9の設計にあたっては、図13に示す如くあらゆる外形寸法のダイバッキングプレート(図13には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このダイバッキングプレート9のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するダイバッキングプレート9の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のダイバッキングプレートの中から特定のダイバッキングプレートを選定する。ダイバッキングプレート9の設計は、このようにして予め設計されたダイバッキングプレート9の設計図の中から最適形状のダイバッキングプレート9の設計図面を選択することによって容易に設計することができる。

0116

次に、下型3を構成するダイプレート10についての設計を行う。このダイプレート10の設計は、ダイホルダ8についての設計(外形寸法等)が完了すると、ダイホルダ8の外形寸法によって必然的にその外形寸法が決定されてしまい、実際には設計の自由度はない。このように外形寸法が決定されるとはいっても、ダイホルダ8の設計をしただけでダイプレート10の設計が完了したわけではない。したがって、ダイホルダ8についての設計(外形寸法等)の完了によって、外形寸法についての設計は終了するものの、ダイプレート10の具体的な設計については、ダイホルダ8の設計とは別に行わなければならない。このダイプレート10の設計については、図14に示す如くあらゆる外形寸法のダイプレート(図14には、5種類が示されている)が予め設計されて、1つのプレートデータとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。このダイプレート10のデータの中からプレス金型1に用いる外形寸法に相当するダイプレート10の設計図面をディスプレイ上に呼び出して、ディスプレイ上に表示されている複数のダイプレートの中から特定のダイプレートを選定する。ダイプレート10の設計は、このようにして予め設計されたダイプレート10の設計図の中から最適形状のダイプレート10の設計図面を選択することによって容易に設計することができる。

0117

このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計が終了すると、次に、この上型2と下型3を組み合わせてプリス金型として機能するように、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素について設計を開始する。プレス金型1の設計においては、プレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜40)を組み込んで予め設計されたプレス金型1の基本構造について、プレス金型1に組み込まれている各種プレートの外形寸法を設定し、プレス金型1の外形の設計を行う。プレス金型1に組み込まれている各種プレートについては、プレス金型1において組み込まれる各種プレートについて、予め設計して設計図面の形で予めCADに記憶してある。このように上型2を構成する各種プレートの設計と、下型3を構成する各種プレートの設計は、予め設計され設計図面の形で予めCADに記憶されている図面を用い、プレス金型1の外形寸法に合わせて外形形状を決定して行う。

0118

プレス金型1に予め組み込まれている各種プレートの設計が終了すると、次に、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素(図中の符号2〜42)と、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれているプレス金型1に設計上必要な部品及びその設計要素以外のプレス金型1の設計上基本的に必要な部品とその設計要素について設計を行う。このプレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品については、使用されるあらゆる外形寸法の部品が1つの部品データとして設計図面の形で予めCADに記憶されている。この予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた必要な部品については、特定の部品毎に使用されるあらゆる外形寸法の部品を1つの図面上に表した部品データとして、また、予め設計されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた設計要素については、特定の設計要素毎に使用されるあらゆる外形寸法の設計要素を1つの図面上に表した設計要素データとして、それぞれ設計図面の形で予めCADに記憶されている。このような部品データは、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品について部品毎に対応させた図面コードを付して、さらには、設計上基本的に必要な部品以外のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての部品についても部品毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めCADに記憶されている。また、このような設計要素は、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な設計要素について設計要素毎に対応させた特定した名称区分を付して、さらには、設計上基本的に必要な設計要素以外のプレス金型のプレス金型1を設計する上で必要とされる全ての設計要素についても設計要素毎に対応させた図面コードを付して設計図面の形で予めCADに記憶されている。

0119

そして、この部品データについては、各設計されている部品がカタログ製品として存在する場合は、各部品毎にその部品コードが付されており、設計要素においては、各設計要素毎にその設計要素コードが付され、この設計要素コードによって属性化されている。これらの部品データに示される部品、設計要素コードに示される設計要素は、それぞれCADのメモリからディスプレイ上に読み出し、任意の部品、任意の設計要素をプレス金型1の基本構造に組み込むことが可能となっている。また、この基本構造に組み込んだ部品、設計要素は、CADのディスブレイ上で自由に外径寸法の変更加工を行うことができるようになっている。

0120

したがって、プレス金型1の基本構造データを示す図面コードから特定の基本構造を示す図面コードを特定してプレス金型1の基本構造をディスプレイ上に読み出す(図2図7)と、この読み出された図2図7に示されるプレス金型1の基本構造には、予め理想とする設計上基本的に必要な部品とその設計要素が組み入れられている。例えば、プレス金型1の基本構造に予め組み込まれている設計上基本的に必要な部品として締付けボルト18を例にとると、締付けボルト18について使用されるあらゆる外形寸法の部品は、当該締付けボルトを示す図面コード(例えば、PCB)の付された1つの図面上に部品データとして図15の(A)〜(J)に示す如く、ボルト18の径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めCADに記憶されている。図15において部品毎に書かれた記号は、外径寸法を特定した部品を示す部品コードを示しており、例えば、『PCB3−5』は、『PCB』が締付けボルトの種類、『3−5』が径(3mm)と長さ(5mm)を示している。この締付けボルト18を取り付けるための設計要素として外形寸法の設計要素は、当該締付けボルト取り付け用の設計要素を示す図面コード(例えば、PCB−T)の付された1つの図面上に設計要素として図16の(A)〜(J)に示す如く、締付けボルト18に合わせて径の大きさ・長さ別に設計図面の形で予めCADに記憶されている。図16において設計要素毎に書かれた記号は外径寸法を特定した設計要素を示しており、『PCB−T3−5』を例にとると、『PCB−T』は締付けボルトの設計要素の種類を示し、『3−5』は設計要素に嵌め込まれる径が3mm、長さが5mmの締付けボルト18が嵌め込めるザグリ加工を行うことを示している。

0121

そこで、プレス金型を設計する場合、まず、予め設計されたプレス金型の基本構造の外形寸法を特定してCADに予め記憶されているプレス金型の基本構造をディスプレイ上に読み出す。すると、ディスプレイ上に読み出された外形寸法を特定したプレス金型の基本構造には、基本的に必要とする部品とその設計要素が組み込まれた形で示される。このプレス金型の基本構造に予め設計されたプレス金型の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素については、部品の設計を予めCADに記憶されている部品データの中から特定の部品コード(例えば、PCB3−5)を指定することによって、設計要素の設計を予めCADに記憶されている設計要素データの中から特定の設計要素(例えば、PCB−T3−5)を指定することによってそれぞれ行われる。しかし、プレス金型1の設計は、予め設計されCADに記憶されたプレス金型1の基本構造に組み込まれた基本的に必要とする最適の部品とその設計要素について設計しただけで完了するわけではない。このプレス金型1をプレス加工でスムーズに動かすための設計要素をプレス金型1の基本構造の中に書き込み設計する必要がある。このプレス金型1の基本構造の中に書き込まれるプレス金型の設計で必要な部品とその設計要素の設計は、その都度プレス金型1の基本構造の中に部品コードと設計要素を設計者が設計図面上に書き込むことによってプレス金型の設計が完了する。ディスプレイに表されている設計図上には、指定した各部品及び各設計要素に対応する寸法でその図が自動的に表示される。また、これらプレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品の寸法が当初の寸法と異なる、すなわち、プレス金型1の基本構造に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行うことができ、ディスプレイ上で作図を変更した場合には、スケール等で設計図の寸法を測定して記入することもできる。また、プレス金型1の基本構造、プレス金型1の基本構造に予め設計され組み込まれたプレス金型1を構成するために基本的に必要とする最適の部品、設計要素に設計変更を要する場合は、ディスプレイ上で作図変更を行い、この変更したプレス金型1の基本構造、部品、設計要素の寸法が、CADによって自動演算され、ディスプレイに表されている設計図上に自動的に表示される。

0122

この予め記憶されている部品データ、設計要素データの中から選択し、ディスプレイ上の設計図面の中に書き込むとプレス金型1の基本構造における各部品、各設計要素の適、不適が明確になる。

0123

このようにして設計されたプレス金型1は、印刷されて設計図となり、この設計図を基にプレス金型を製作する。

0124

したがって、本実施の形態によれば、CADに予め記憶されている複数の基本構造の中から設計するプレス金型の大きさ・寸法に合った基本構造を読み出して、プレス金型で必要な全ての部品と設計要素を特定した名称の指定というような簡単な方法で、設計した設計図面を基に簡単にプレス金型を容易に製作することができる。

発明の効果

0125

請求項1に記載の発明によれば、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで主要な部品の設計を行え、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も容易に行うことができる。

0126

請求項2に記載の発明によれば、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで主要な部品とその設計要素の設計を行え、他のプレス金型の設計に必要な部品とその設計要素の取り付け設計も容易に行うことができる。

0127

請求項3に記載の発明によれば、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、カタログ上の部品と設計要素など主要な部品の寸法設計が簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで容易に行うことができる。

0128

請求項4に記載の発明によれば、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も特定した名称の呼び出し又は選択をするだけで容易に行うことができる。

0129

請求項5に記載の発明によれば、設計の心得のある者であれば、プレス金型の設計を、誰にでも簡単に、プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなくディスプレイ上で行うことができ、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素の設計も、特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択と編集により設計が簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も、同様に特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択で容易に行うことができる。

0130

請求項6に記載の発明によれば、設計の心得のある者であれば、誰にでも簡単に、プレス金型の設計上必要なプレート、部品及び設計要素の寸法の設計をディスプレイ上で行うことができ、しかもプレス金型の設計変更、必要なプレートの設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなくディスプレイ上で行うことができ、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素の設計も、特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択と編集により設計が簡単にでき、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も、同様に特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択で容易に行うことができる。

0131

請求項7に記載の発明によれば、簡単に、プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、カタログ上の部品コードを示して設計した設計図面を基に簡単にプレス金型を製作することができる。

0132

請求項8に記載の発明によれば、簡単に、プレス金型の設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなく、カタログ上の部品コードを示して設計した設計図面を基に簡単にプレス金型を製作することができる。

0133

請求項9に記載の発明によれば、プレス金型の設計上必要なプレート、部品及び設計要素の寸法の設計をディスプレイ上で行い、しかもプレス金型の設計変更、必要なプレートの設計変更、必要な部品のサイズ変更とその設計要素の変更を設計上必要な部品とその設計要素を落とすことなくディスプレイ上で、プレス金型の設計上必要な部品とその設計要素の設計も、特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択と編集により設計を簡単に行え、他のプレス金型の設計に必要な部品の取り付け設計も、同様に特定した部品名称に対応した部品区分及び設計要素の選択で短い時間で行った設計図面を基に簡単にプレス金型を製作することができる。

図面の簡単な説明

0134

図1本発明に係るプレス金型の全体構成を示す正面図である。
図2図1に図示の上型の平面図である。
図3図2に図示の上型の底面図である。
図4図2に図示の上型の側面図である。
図5図1に図示の下型の平面図である。
図6図5に図示の下型の底面図である。
図7図5に図示の下型の側面図である。
図8図2に図示の上型のパンチホルダのプレートデータを示す図である。
図9図2に図示の上型のパンチバッキングプレートのプレートデータを示す図である。
図10図2に図示の上型のパンチプレートのプレートデータを示す図である。
図11図2に図示の上型のストリッパープレートのプレートデータを示す図である。
図12図5に図示の下型のダイホルダのプレートデータを示す図である。
図13図5に図示の下型のダイバッキングプレートのプレートデータを示す図である。
図14図5に図示の下型のダイプレートのプレートデータを示す図である。
図15部品データを示す図である。
図16設計要素データを示す図である。
図17従来のプレス金型設計システムにおけるプレス金型の平面図である。
図18図17に図示のダイセットの側面図である。
図19図17に図示のプレス金型のプレートのみを示す図である。
図20図17に図示のパンチホルダの平面図である。
図21図19に図示のパンチバッキングプレートの平面図である。
図22図19に図示のパンチプレートの平面図である。
図23図19に図示のストリッパープレートの平面図である。
図24図17に図示のダイホルダの底面図である。
図25図19に図示のダイプレートの平面図である。
図26図19に図示のダイバッキングプレートの平面図である。

--

0135

1…………………………………………………プレス金型
2…………………………………………………上型
3…………………………………………………下型
4…………………………………………………パンチホルダ
5…………………………………………………パンチバッキングプレート
6…………………………………………………パンチプレート
7…………………………………………………ストリッパープレート
8…………………………………………………ダイホルダ
9…………………………………………………ダイバッキングプレート
10………………………………………………ダイプレート

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 富士通株式会社の「 幾何公差寸法公差変換プログラム及び情報処理装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】幾何公差方式を用いて作成された図面データに対する利用者の解釈のばらつきを抑制する。【解決手段】処理部12は、幾何公差方式により物品15の形状または構造が定義された図面データ11aから、物品15... 詳細

  • 株式会社明電舎の「 変圧器コスト予測装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】変圧器のコスト予測を工数が少なく精度良く算出することができる変圧器コスト予測装置を提供する。【解決手段】過去に製造された変圧器の仕様、設計値、コストを含む過去データベース4を学習データとして予... 詳細

  • 株式会社アトムシステムの「 生産設備管理システム及びプログラム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】開示の技術は、金型の使用状況や金型の場所などを、簡便に把握できるようにすることで、資産価値のある金型を適切に管理できる技術を提供することを目的とする。【解決手段】開示の技術は、金型に取り付けら... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ