図面 (/)

技術 自動車で前方へ走行中に急ブレーキを行ったときに自動的 にギアがR(リバース)に入りタイアが後転して自動車を 止め、後方へ走行中に急ブレーキを行ったときには自動的 にギアが1(ロー)に入りタイアが前転して自動車を止め る制動装置

出願人 上遠野悟
発明者 上遠野悟
出願日 1997年10月31日 (23年0ヶ月経過) 出願番号 1997-337601
公開日 1999年5月25日 (21年5ヶ月経過) 公開番号 1999-141669
状態 未査定
技術分野 制動要素、初動装置 伝動装置(歯車、巻掛、摩擦)の制御 伝動装置(歯車、巻掛け、摩擦)の制御
主要キーワード エア式 中速回転 タイア マニュアル車 アイスバーン トランスミッション内 新幹線 低速走行中
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年5月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

自動車急ブレーキを行っても、制動距離を短くして、障害物を回避する事が出来て安全で速やかに自動車を停止するようにすること。

解決手段

通常走行中に急ブレーキを行った場合に、タイアロックせずに、制動距離が短く、障害物を回避する事が出来る手段を設ける制動装置である。

概要

背景

従来より走行中の自動車等を停止させるには、油圧式エア式を利用したドラムブレーキディスクブレーキを用いて全タイアと路面との摩擦を利用している。

概要

自動車が急ブレーキを行っても、制動距離を短くして、障害物を回避する事が出来て安全で速やかに自動車を停止するようにすること。

通常走行中に急ブレーキを行った場合に、タイアがロックせずに、制動距離が短く、障害物を回避する事が出来る手段を設ける制動装置である。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

前方へ走行中の自動車は、ギアがR(リバース)に入りタイア後転する制動装置

請求項2

後方へ走行中の自動車は、ギアが1(ロー)、L(ロー)に入りタイアが前転する制動装置。

技術分野

0001

本発明は、交通手段等で最も多く使用される自動車走行急ブレーキを行った場合にドラムブレーキディスクブレーキで止める変わりに、自動車を止める制動装置に関するものである。

背景技術

0002

従来より走行中の自動車等を停止させるには、油圧式エア式を利用したドラムブレーキ、ディスクブレーキを用いて全タイアと路面との摩擦を利用している。

発明が解決しようとする課題

0003

従来のブレーキにあっては、急ブレーキ、通常ブレーキに拘わらず油圧式、エア式を利用したドラムブレーキ、ディスクブレーキ等を用いて全タイアと路面との摩擦を利用して自動車を停止させていた。ドラムブレーキは、車輪に取り付けられたブレーキドラムを、ブレーキシュー押さえつけ、回転を止めるブレーキである。ディスクブレーキはブレーキドラムの代わりに車輪に取り付けられたディスクブレーキパッドで挟み付けて回転を止める仕組みのブレーキである。よって、ブレーキはタイアの回転を止め、タイアは自動車を止める。しかし、走行中に危険を感じ急ブレーキを行った場合は人間は反射的に強くブレーキペダルを踏み込んでしまうためブレーキが効きすぎてタイアの回転が停止してしまう。即ちタイアがロックしてしまう。通常走行中に運転者が危険を感じて急ブレーキを行ってしまうとブレーキが効きすぎてタイアがロックしてしまうと、逆に自動車が停止するまでの距離、つまり制動距離が長くなってしまい、障害物を回避する事が出来なくなってしまうという問題点があった。

課題を解決するための手段

0004

上記目的を達成するために、本発明の制動装置においては、タイアがロックせず逆回転し、制動距離が短く、障害物を回避して停止が出来るものである。

0005

前方へ走行中の自動車をタイアをロックせずに、制動距離を短く、障害物を回避する事が出来る様にするにはギアをR(リバース)に入れてタイアを後転して自動車を停止するようにする制動装置。

0006

後方へ走行中の自動車をタイアをロックせずに、制動距離を短く、障害物を回避する事が出来る様にするにはギアを1(ロー)に入れてタイアを前転して自動車を停止するようにする制動装置。

発明を実施するための最良の形態

0007

本発明の制動装置を実施するときは、自動車が走行中に、急激に力強くブレーキペダルを踏み込んだ場合に限り、次ぎのようにして制動距離を短くして障害物を回避して自動車を停止する事が出来る。

0008

自動車が前方へ走行中に、急激に力強くブレーキペダルを踏み込んだ場合は、自動的にクラッチ切れトランスミッション内で自動的にギアがR(リバース)に入り、タイアが後転し制動距離を短くして障害物を回避して自動車を停止する事が出来る。

0009

又、自動車が後方へ走行中に、急激に力強くブレーキペダルを踏み込んだ場合は、自動的にクラッチが切れトランスミッション内で自動的にギアが1(ロー)に入り、タイアが前転し制動距離を短くして障害物を回避して自動車を停止する事が出来る。

0010

以下、本発明の実施例をのべる。

0011

(イ)自動車が前方に走行中に急激に力強くブレーキペダルを踏み込む。
(ロ)自動的にクラッチが切れ、トランスミッション内で自動的にギアがR(リバース)に入りタイアが後転する。

0012

(ハ)自動車が後方に走行中に急激に力強くブレーキペダルを踏み込む。
(ニ)自動的にクラッチが切れ、トランスミッション内で自動的にギアが1(ロー)に入りタイアが前転する。
本発明は、以上の構成よりなっている。本発明を使用するときは、自動車に搭載しておくだけで、次ぎのようにして自動車が停止される。

0013

運転者が前方へ走行中に危険を感じてブレーキペダルを強い力で踏み付けた場合、マニュアル車ではギアがロー、セカンドサードトップオーバートッブ及びニュートラルの位置で走行していた場合、自動的にクラッチが切れギアがR(リバース)に入る。一方、オートマチック車ではギアがドライブ、セカンド、ロー及びニュートラルの位置で走行していた場合、自動的にギアがR(リバース)に入る。マニュアル車、オートマチック車共にギアがR(リバース)に入った瞬間より自動車が停止するまで、エンジン回転力に伴いタイアは後転して自動車を止める。前方へ走行中の自動車は、前方へ慣性が働く。よって急ブレーキを行ってタイアをロックして止めても、数秒間は慣性の勢いが有るためスリップしながら前方へ進む。シートベルト締めずに乗車していたら、我々人間はフロントガラスを突き破って外へ放り出されてしまう。その様な状態にある自動車を、最も制動距離を短くして停止させるにはギアをR(リバース)に入れて強引にタイアを後転させて停止させるしかない。つまり、最も慣性に逆らった停止方法である。自動車が前へ進む慣性の力が無くなったら、マニュアル車はエンジンが停止して自動車自体が完全に停止する。オートマチック車はエンジン停止若しくはエンジン作動の状態で自動車自体が完全に停止する。マニュアル車、オートマチック車共に前へ進む慣性の力が無くなってもタイアが後転していたら、今度は自動車が後退してしまうので危険である。よって、マニュアル車はエンジン停止、オートマチック車はエンジン停止若しくはエンジン作動の状態で自動車は完全に停止する。又、急ブレーキを行ってもタイアはロックをしないためハンドルを操作する事により、障害物を回避する事が出来る。

0014

又、運転者が後方へ走行中に危険を感じてブレーキペダルを強い力で踏み付けた場合、マニュアル車、オートマチック車共にR(リバース)及びニュートラルの位置で走行していた場合自動的にクラッチが切れギアがマニュアル車ではギアが1(ロー)、オートマチック車ではギアがL(ロー)に入る。マニュアル車、オートマチック車共にギアがローに入った瞬間より自動車が停止するまで、エンジンの回転力に伴いタイアは前転して自動車を止める。今度は後方へ走行中であるから、後方へ慣性が働く。その様な状態にある自動車を、最も制動距離を短くして停止させるにはギアを1(ロー)、L(ロー)に入れて強引にタイアを前転させて停止させるしかない。これも、最も慣性に逆らった停止方法である。さらに、急ブレーキを行ってもタイアはロックしないためハンドルを操作する事により、障害物を回避する事が出来る。

0015

又、ギアは1(ロー)、L(ロー)ではなく、マニュアル車では2(セカンド)、3(サード)、4(トップ)及び5(オーバートップ)、オートマチック車ではD(ドライブ)及び2(セカンド)の何れかの内の一つに連結するようにしてもよい。

0016

尚、急ブレーキ以外のブレーキ操作、タイアの制動回転を用いらなくてもよい場合のブレーキ操作、即ち速度減速極端低速走行中の停止、極端な低速走行中の緊急停止及び通常の停止等は油圧式、エア式を利用したドラムブレーキ、ディスクブレーキ等を用いての従来の停止方法でよい。

0017

マニュアル車で、ギアは入っているがクラッチペダルを踏み込んでいるためエンジンの動力が伝達していない状態も、ニュートラルの状態と考えてもよい。

0018

タイアの後転制動、前転制動はエンジンの回転に伴って行われるため、タイアの制動回転数及び制動回転力を調節するには、エンジンの回転数及び回転力も調節する必要がある。このエンジンの回転数及び回転力は、自動車の走行速度に関係するようにする。例えば、高速走行中に急ブレーキを行った場合は、高速回転中速回転及び低速回転等と、エンジンの回転数及び回転力は、自動的に調節されるのが好ましい。それにより、タイアの制動回転数及び制動回転力も調節せれる。

0019

又、自動車以外の汽車電車新幹線及び飛行機等のタイア若しくは車輪等を使用するものには上記の制動方法を利用してもよい。

発明の効果

0020

急ブレーキを行った場合も、タイアがロックせず制動距離が短く、障害物を回避する事が出来て停止する。さらに、雪道アイスバーン等の極端に滑りやすい状況の路上でも、通常の路上を走行して急ブレーキを行うのと同じ様な効果を得られる。それにより、自動車等が引き起こす人命奪う交通事故等が一段と激減する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ローベルトボツシユゲゼルシヤフトミツトベシユレンクテルハフツングの「 電気アセンブリ」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】本願は、特に自動車伝動装置用の電気アセンブリ1に関する。電気アセンブリ1は、少なくとも1つの実装側21を有する回路基板2と、実装側に配置されている少なくとも2つのコンタクト面23と、... 詳細

  • 日立建機株式会社の「 作業車両」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】自動ブレーキの作動時にオペレータへ注意喚起を促すことを可能としながら、自動ブレーキシステムの搭載にかかるコストを削減することができる作業車両を提供する。【解決手段】HST駆動方式のホイールロー... 詳細

  • ヤンマー株式会社の「 作業車両」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】オペレータによる煩雑な操作を必要とせずに、片ブレーキが必要な状況でのみ片ブレーキが有効となる作業車両を提供する。【解決手段】作業車両は、車体と、車輪と、ブレーキペダルと、連結部材と、電動モータ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ