図面 (/)

技術 中国語によるテレテキスト情報のアクセス装置および方法

出願人 パナソニック株式会社
発明者 ジェクトーン・タンチャクジュー・リー
出願日 1997年10月30日 (23年3ヶ月経過) 出願番号 1997-298556
公開日 1999年5月21日 (21年8ヶ月経過) 公開番号 1999-136644
状態 未査定
技術分野 文書処理装置 検索装置 機械翻訳 文書処理装置 TV送受信機回路 テレビジョン方式
主要キーワード 遠隔操作ユニット 発音システム 検索ストリング 音声グループ 発音音声 区分番号 ニュースレポート データ通信バス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年5月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

テレテキスト情報ページ編成されるので、あらかじめページ番号を知っていなければある情報のページを出すのに非常に時間がかかる。予めページ番号を知らなくてもある情報のページを速やかに出すことのできる方法および装置を提案する。

解決手段

使用者の定義した中国語または英語キーワードを入力し、このキーワードを用いてあらかじめページ番号を知っていなくても直接かつ迅速に関係の情報のページへ移動することができる。3000以上の異なった漢字リストからどの漢字でも、またどの英語の単語でも、検索変数として入力することができる。この発明で、テレテキストデコーダ能力を顕著に向上させることができる。

概要

背景

今日のテレビジョンシステムにおいては、テレテキストが広く知られている。テレテキストにより、テキスト及び画像の情報が放送チャネルを介してテレビジョン信号の一部として送られる。放送されたテキスト又は画像の情報はテレテキストデコーダによってアクセスでき、使用者は、スクリーン上で見ることができる。テレテキスト情報ニュースレポート金融データ天気予報ショッピングガイド番組スケジュール、その他の形式の有用な情報を含む。各放送チャネルに対して、テレテキストのページ数は一般的には数百ページ程度、多くて800ページ程度である。

中国のテレテキストを伴ったテレビシステムに対しては、漢字英語の単語との双方を表示しなければならない。各漢字は3000以上の異なった漢字のリストから選択されるが、各英語の単語は一組の26の異なったアルファベットから形成される。

テレテキストを伴ったテレビ通常数字キーパッドを備えた遠隔操作装置、並びにチャンネル選択及びテレテキスト制御のための幾つかの追加のボタンを有している。特定のテレテキストの情報ページへアクセスするためには、使用者は正しい3桁のページ番号を入力するか、又は予め定義されたページ番号のボタンを押す必要がある。テレビ局によっては、関連する報に容易にアクセスすることができるよう、ページ番号を適宜変更することがある。

概要

テレテキスト情報はページに編成されるので、あらかじめページ番号を知っていなければある情報のページを出すのに非常に時間がかかる。予めページ番号を知らなくてもある情報のページを速やかに出すことのできる方法および装置を提案する。

使用者の定義した中国語または英語のキーワードを入力し、このキーワードを用いてあらかじめページ番号を知っていなくても直接かつ迅速に関係の情報のページへ移動することができる。3000以上の異なった漢字のリストからどの漢字でも、またどの英語の単語でも、検索変数として入力することができる。この発明で、テレテキスト・デコーダ能力を顕著に向上させることができる。

目的

一つの解決策は使用者が定義したキーワードを入力する手段を設け、このキーワードを用いて正確な情報ページを調べてそこに行くようにすることである。これによって使用者が直接正確な情報ページへ移動することができる。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

入力されたテレテキスト情報受け入れる手段;中国語又は英語キーワードを入力する入力手段;テレテキスト情報から該中国語又は英語のキーワードを検索する検索手段;中国語又は英語のキーワードを含む情報ページの全てを検出し、保持する保持手段;保持された情報ページを順番に表示させる表示手段から成ることを特徴とする中国語によるテレテキスト情報のアクセス装置

請求項2

記入力手段は、漢字発音グループに分け、メニュー形式で発音グループを画面に表示する第1メニュー表示手段;上記キーワードに対応する発音を発音グループの中から選択をする発音選択手段;当該選択された発音に属する全ての可能な漢字のリストサブメニュー形式で画面に表示する第2メニュー表示手段;サブメニューの中から所望の漢字を選択する漢字選択手段から成る、請求項1に記載のテレテキスト情報のアクセス装置。

請求項3

上記入力手段は、英語のアルファベット全体をメニュー形式で画面に表示する手段;表示された英語のアルファベットを1文字ずつ選択し、英語のキーワードを形成する手段から成る、請求項1に記載のテレテキスト情報のアクセス装置。

請求項4

上記入力手段は、漢字を予め所定の区分に分け、それぞれの区分に区分番号割り当て、区分番号を画面に表示する表示手段;区分番号を入力又は選択する手段;入力又は選択された区分番号に対応する区分に含まれる漢字を画面に表示する表示手段;表示された漢字の中から所望の漢字を選択する手段から成る、請求項1に記載のテレテキスト情報のアクセス装置。

請求項5

入力されたテレテキスト情報を受け入れ;中国語又は英語のキーワードを入力し;テレテキスト情報から該中国語又は英語のキーワードを検索し;中国語又は英語のキーワードを含む情報ページの全てを検出し、保持し;保持された情報ページを順番に表示することを特徴とする中国語によるテレテキスト情報のアクセス方法

請求項6

上記入力は、漢字を発音グループに分け、メニュー形式で発音グループを画面に表示し;上記キーワードに対応する発音を発音グループの中から選択し;当該選択された発音に属する全ての可能な漢字のリストをサブメニュー形式で画面に表示し;サブメニューの中から所望の漢字を選択する、請求項5に記載のテレテキスト情報のアクセス方法。

請求項7

上記入力は、英語のアルファベット全体をメニュー形式で画面に表示し;表示された英語のアルファベットを1文字ずつ選択し、英語のキーワードを形成する、請求項5に記載のテレテキスト情報のアクセス方法。

請求項8

上記入力は、漢字を予め所定の区分に分け、それぞれの区分に区分番号を割り当て、区分番号を画面に表示し;区分番号を入力又は選択し;入力又は選択された区分番号に対応する区分に含まれる漢字を画面に表示し;表示された漢字の中から所望の漢字を選択する、請求項5に記載のテレテキスト情報のアクセス方法。

技術分野

0001

本発明はテレビジョン受像機システムにおける中国語によるテレテキスト情報アクセス装置および方法に関する。使用者キーワードを入力し、そのキーワードと合致するワードを、テレテキスト放送により伝送されたデータから検索するための手段を提供する。テレテキストステムは、キーワードと合致した内容が含まれるページを表示する。この特徴は、事前にページ番号が判らない場合に、関連情報の内容を探し出すのに有用である。

背景技術

0002

今日のテレビジョンシステムにおいては、テレテキストが広く知られている。テレテキストにより、テキスト及び画像の情報が放送チャネルを介してテレビジョン信号の一部として送られる。放送されたテキスト又は画像の情報はテレテキストデコーダによってアクセスでき、使用者は、スクリーン上で見ることができる。テレテキスト情報はニュースレポート金融データ天気予報ショッピングガイド番組スケジュール、その他の形式の有用な情報を含む。各放送チャネルに対して、テレテキストのページ数は一般的には数百ページ程度、多くて800ページ程度である。

0003

中国のテレテキストを伴ったテレビシステムに対しては、漢字英語の単語との双方を表示しなければならない。各漢字は3000以上の異なった漢字のリストから選択されるが、各英語の単語は一組の26の異なったアルファベットから形成される。

0004

テレテキストを伴ったテレビ通常数字キーパッドを備えた遠隔操作装置、並びにチャンネル選択及びテレテキスト制御のための幾つかの追加のボタンを有している。特定のテレテキストの情報ページへアクセスするためには、使用者は正しい3桁のページ番号を入力するか、又は予め定義されたページ番号のボタンを押す必要がある。テレビ局によっては、関連する報に容易にアクセスすることができるよう、ページ番号を適宜変更することがある。

発明が解決しようとする課題

0005

テレテキストの情報ページの数にもよるが、アクセスしたいページ数が予め判っていて、例えば3桁の数字直接入力する場合、そのページにアクセスするには約20秒程度かかる。しかし、もし使用者がある情報のページ数について予め知っていなければ、正しい情報ページへ到達するまでに、あるページから別のページへと動くため、相当長い時間がかかることがある。

0006

解決すべき第1の問題点は、どうすれば所望のテレテキスト情報があるページ数を予め知っていなくても、使用者が迅速にかつ直接所望のテレテキスト情報へアクセスすることができるかである。

0007

一つの解決策は使用者が定義したキーワードを入力する手段を設け、このキーワードを用いて正確な情報ページを調べてそこに行くようにすることである。これによって使用者が直接正確な情報ページへ移動することができる。

0008

中国語のテレテキストシステムは英語と中国語の文字の双方ともを取り扱わなければならない。英語のワードは26字の文字のリストから一つ又は複数の文字列で構成されているが、中国語のワードは3000以上の異なった漢字すなわち漢字のリストからの一つ又は複数の漢字列すなわち漢字列から成っている。これらのキーワードをテレテキストを伴ったテレビシステムに入力する方法は簡単ではない。

0009

解決すべき第二の問題点は、そのような巨大な漢字のセットから英語又は中国語のキーワードをテレテキストを伴ったテレビシステムにどのようにして容易に入力できるようにするかである。

課題を解決するための手段

0010

本発明にかかる第1の観点による装置は、入力されたテレテキスト情報を受け入れる手段;中国語又は英語のキーワードを入力する入力手段;テレテキスト情報から該中国語又は英語のキーワードを検索する検索手段;中国語又は英語のキーワードを含む情報ページの全てを検出し、保持する保持手段;保持された情報ページを順番に表示させる表示手段から成ることを特徴とする中国語によるテレテキスト情報のアクセス装置である。

0011

本発明にかかる第2の観点による装置によれば、上記入力手段は、漢字を発音グループに分け、メニュー形式で発音グループを画面に表示する第1メニュー表示手段;上記キーワードに対応する発音を発音グループの中から選択をする発音選択手段;当該選択された発音に属する全ての可能な漢字のリストをサブメニュー形式で画面に表示する第2メニュー表示手段;サブメニューの中から所望の漢字を選択する漢字選択手段から成る、第1の観点に記載のテレテキスト情報のアクセス装置である。

0012

本発明にかかる第3の観点による装置によれば、上記入力手段は、英語のアルファベット全体をメニュー形式で画面に表示する手段;表示された英語のアルファベットを1文字ずつ選択し、英語のキーワードを形成する手段から成る、第1の観点に記載のテレテキスト情報のアクセス装置である。

0013

本発明にかかる第4の観点による装置によれば、上記入力手段は、漢字を予め所定の区分に分け、それぞれの区分に区分番号割り当て、区分番号を画面に表示する表示手段;区分番号を入力又は選択する手段;入力又は選択された区分番号に対応する区分に含まれる漢字を画面に表示する表示手段;表示された漢字の中から所望の漢字を選択する手段から成る、第1の観点に記載のテレテキスト情報のアクセス装置である。

0014

上記第1の観点の考えは、使用者の定義した英語又は中国語のキーワードに基づいてテレテキスト検索ができるようにする手段を持つことである。この使用者の定義したキーワードを用いて、テレテキストページの内容を検索する。そして合致するキーワードを含む全ての情報ページを迅速に探し出して表示する。例えば、もし用いられるキーワードが「フットボール」であれば、システムはキーワード「フットボール」と合致する情報を含む全てのページを探し出し、直ちにこれらのページに移動することができる。そうすれば使用者は情報が存在するページ数を予め知ることなく迅速に全ての関連した情報ページへアクセスすることができる。

0015

しかし、漢字は3000以上の漢字の大きなセットになっているので、これらの漢字を入力することは容易でない。

0016

上記第2の観点の考えは、使用者の定義した英語または中国語のキーワードの入力の仕方にある。3000以上の異なった漢字のリストを発音によってグループ分けをする、即ち、同一の発音を持ったものを同一のグループに属するものと考える、という考え方を利用するものである。これによってセットの数が大幅に減少することになる。中国語ローマ字(Hanyu)システムによりこれらの音声は容易に英語のアルファベットによって表される。音声発音の中国語ローマ字システムは中国、台湾、及び全ての他の中国語を話す国において広く用いられる中国語の発音を表す標準的な方法である。

0017

画面表示メニューを用いることによって、これらの発音音声グループを使用者が選択できるように示すことが可能になる。関連した発音音声グループを選択すると、例えばテレビジョン遠隔操作ユニットキーパッドを介して表示された画面上のカーソルを動かすことによって、第2のメニューを示すことができる。このメニューは選択された発音音声グループに相当する全ての漢字を含むことになる。同様にして所望の漢字の選択もできる。続いて漢字入力する必要があれば、同様の方法でその後の漢字を入力し、更に長いキーワードを作ることもできる。この方法を用いれば、3000以上の異なった漢字のどれでも容易に入力することができる。

0018

上記第3の観点によれば、英語の文字については、26種の異なったアルファベットしかないので、全てのアルファベットを含んだメニューを用いるだけで、どのアルファベットの入力でも容易に行うことができる。こうしてアルファベットは、ひとつずつ入力し、英語のキーワードを作ることができる。

0019

上記第4の観点は、キーワードを入力するためのもう一つの方法である区分番号によるものを提案する。全てのシンボル及び漢字は区分番号と呼ばれるカテゴリー別に予めグループ分けされる。特定の区分番号を入力することによって、その区分番号に含まれる予め定められている漢字のセットが表示される。そこで所望の漢字を画面上で選択し、表示がなされる。

発明を実施するための最良の形態

0020

図1は、テレテキスト・デコーダの構成図である。テレテキスト・デコーダはマイクロコントローラ1、テレテキスト主デコーダ 2、DRAM3、グラフィック漢字セットを保存する4メガビットのサイズの漢字ROM4から成る。テレテキスト主デコーダ2は図1に示すようにテレビジョン放送信号6からテレテキストの情報ページを予め抽出する。予め抽出することができるページ数はDRAMのサイズによって決定される。4M X 4又は16MビットのサイズのDRAMを備えていれば、デコーダは1000ページのテレテキストを予め抽出することができる。世界システムテレテキスト(WST)規格に基づいてテレテキストを送信する或るテレビチャンネルでは、テレテキストのページ番号は100から始まり、899で終了するので、合計800ページのテレテキストが送信される。1000ページを予め抽出する能力を持てば、全てのページ及び大部分のサブコード・テレテキストページを捕捉するには十分であろう。マイクロコントローラへの入力はユーザ入力10を介して行われる。画面表示メニューあるいは所望の情報ページのようなテレビジョンに表示される情報はテレビへの制御信号7により行われる。

0021

ある情報ページを表示する場合、使用者はテレテキスト情報ページのページ番号を入力する。そうすれば正確な情報がテレビへの制御7としてテレビに送られ、表示される。しかし、もしテレテキスト情報のページ番号が不明であれば、使用者は一つ以上の漢字ストリングを含むキーワードを入力する。そうすればこのキーワードストリングに基づいて、DRAM3に保存されている全ての予め捕捉された情報ページを検索し、キーワードストリングに合わせて全ての関係の情報ページを探し出す。探し出された情報ページは1ページ毎、表示される。検索ストリングは入って来るテレテキスト放送データからよりもむしろDRAMに入っているテレテキストデータと比較されて一致するものがあるか否かが検出されるので、テレテキストチャンネルの検索は数秒のうちに行われる。

0022

中国語のテレテキストの検索を中国語により行う場合は、ROMに保存されている全ての記号及び文字のグラフィック表示は87個の区分と呼ばれる類別クループ分けされている。区分1乃至9には、英数字及びその他の記号が含まれている。区分10乃至15は予備用で、特に使用されていない。区分16乃至55には、使用頻度の高い漢字が、中国語ローマ字音声発音に基づいて順番に並べられている。区分56乃至87には、使用頻度の低い漢字が、漢字の根本(旁や偏)の画数に基づいて順番に配置されている。根本は、全ての漢字に備わっている基本的な漢字の構成部分である。

0023

特定の漢字を表示するためには、2バイトのコードを用いてこの字を画像表示するためのデータを含んだROMの場所にアクセスする。このデータはテレビへの制御信号7に含まれ、テレビに送られ、テレビ画面に表示される。文字探索表は以下の表1に示してある。

0024

表1には中国語ローマ字音声発音に基づく漢字の画像文字を表すための2バイトのコードが示されている。2バイトコードは表示された発音音声範囲の開始位置を示す。例えば、『A-Bang』の範囲の音声発音を持った漢字群は、3021Hの2バイトコードで始まり、3079Hの2バイトコードで終わる(コードの終わりの「H」は表示が16進法になっていることを意味する)。3021Hから3079Hまでには、89個のコードがあり、それぞれ個別の漢字を表す。

0025

音声発音グループ『A-Bang』が選択されたときは、図4に示すように、この音声グループに属する89個の漢字から成るサブメニューが表示される。ここで、所望の漢字を画面上で選択する。選択された漢字に相当する2バイトのコードを知ることができる。

0026

同様に、「Bao-Bin」の発音音声を持った漢字は、307AHの2バイトコードで始まり3177Hの2バイトコードで終わる。2バイトコードのうち、最下位バイトが21H乃至7EHの範囲にある値のものだけが漢字表示に用いられる。他の範囲の値のものはその他の目的、例えば、00Hから20Hはコントロールバイト或いは「スペース」として使用するために予備にとってある。こうして適当な範囲だけを考慮して、307AHで始まり3177Hで終わる2バイトコードを持った発音音声グループ「Bao-Bin」は、92個の異なった漢字を表す合計92の可能なコード(307AH乃至307EHの範囲の5つのコードと3121Hから3177Hまでの87個のコード)を持つことになる。この発音音声グループ「Bao-Bin」が選択されれば、この音声グループに相当する92個の可能な漢字が図5に示すように表示される。この音声グループの中から、所望の漢字は上記と同様にして、画面表示上で選択することができる。もしキーワードに複数の漢字が用いられれば、その後の漢字も同様の方法で選択される。即ち、先ず発音音声グループを選択し、次に所望の漢字を選択することによるものである。

0027

もし区分ごとのキーワード入力の方法を選択したときは、区分番号の画面表示メニューが第6図に示すように表示される。例えば、もし区分番号72が選択されるか又は直接入力されると、このグループの中の全ての漢字を含むサブメニューが第7図のように示される。こうして以前のように特定の漢字が画面上に表示できる。もし英語のキーワードを選択すれば、26のアルファベットから成る画面表示メニューが示される。そこでキーワードに相当するアルファベットをひとつずつ選択して英語のキーワードを形成することができる。

0028

次に発明の作用について述べる。
1) 中国語のテキストの検索のため、入力のキーワードが英語(アルファベット)によるか、中国語ローマ字を用いた中国語によるか、又は「区分番号」を用いた中国語によるかを、画面上に表示されてメニューにより選択する。図2を参照。テレビジョンの遠隔操作ユニットに設けられたキーパッドを用いてスクリーン上のカーソルを動かして、選択が行われる。
2) もし中国語ローマ字音声発音システムによって入力された漢字に基づいてテキストの検索がされるならば、中国語の音声発音グループのリストから成る画面表示メニューが示される。中国語ローマ字システムの音声発音を用いて、図3に示すように英語のアルファベットを用いて音声発音グループが表される。もし『A-Bang』の範囲の音声発音グループが選択されたならば、続いて次のサブメニューが呼び出される。
3) このサブメニューでは、その発音音声が『A-Bang』であるすべての漢字が画面に表示される。表示されたカーソルを所望の漢字のところへ動かすことによって所望の漢字を選択することができる。一つ以上の漢字をキーワードとして用いる場合は、続いて別の漢字を選択すればよい。もし漢字が別のサブメニューに含まれるのであるならば、上記ステップ2)の中国語ローマ字メニューに戻り、新たに選択されたサブメニューでその後の漢字を選択することができる。所望の検索ストリングが完了すれば、テキスト検索プロセスを実行させる。
4) テキスト検索プロセスを実行させたとき、テレテキスト・デコーダはすべての情報ページを検索し、このキーワードを含むページを探し出す。符合する最初のページは符合するワードが強調されて表示される。その後の符合するページはバックグラウンドに保存され、使用者が次の符合するページを要求したときに、直ちに表示される。

0029

キーワードの入力は、英語又は区分番号(漢字に対する)によって行うこともできる。もし上記ステップ1)での選択が英語用になっていれば、すべて26のアルファベットから成る画面表示メニューが示されることになる。入力はテレビの遠隔操作ユニットのキーパッドを用いて所望のアルファベットのところへ表示されたカーソルを動かすことによって行う。その後のアルファベットの入力をしてキーワード検索ストリングを形成することは同様にして行うことができる。

0030

もしキーワード入力の選択が区分番号によって行われる場合は、すべての区分番号から成るメニューが、画面に表示される(図6参照)。特定の区分番号を入力するか又はそれを画面上で選択するかのいずれかによって、入力された区分番号に含まれる漢字のセットが表示される(図7参照)。そこで所望の漢字が画面上で選択される。その後の漢字の選択は同様の方法で行うことができる。

0031

本発明によるテレテキストによれば、使用者が定義したキーワードに基づいて所望の情報ページへ直接かつ迅速に移動することができる。もしテレテキストのページ番号を知っていなければテレテキストのページの情報を見出すために多大の時間を必要とするが、本発明によれば、前もってテレテキストのページ番号を知らなくても、速やかに所望の情報ページにアクセスすることができる。

図面の簡単な説明

0032

図1本発明にかかるテレテキストデコーダのブロック図。
図2テレビ画面に表示されるテキスト検索メニューの説明図。
図3漢字中国語ローマ字発音群から選択可能なテキスト検索サブメニューの説明図。
図4中国語ローマ字発音の内、『A-Bang』を持った漢字群で構成されるサブメニューの説明図。
図5中国語ローマ字発音の内、『Bao-Bin』を持った漢字群で構成されるサブメニューの説明図。
図6「区分番号」によるキーワード入力用のサブメニューの説明図。
図7「区分72」における漢字群のサブメニューの説明図。

--

0033

1マイクロコントローラ
2テレテキスト主デコーダ
3テレテキストデコーダDRAM
4漢字ROM
データ通信バス
6テレテキスト放送情報
テレビ表示装置への信号
8 データ及びアドレスライン
9 データ及びアドレスライン
10 使用者入力

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ