図面 (/)

技術 建物と建物の施工方法

出願人 株式会社住環境研究所積水化学工業株式会社
発明者 鈴木良一大西克則
出願日 1998年8月4日 (22年6ヶ月経過) 出願番号 1998-220382
公開日 1999年5月18日 (21年9ヶ月経過) 公開番号 1999-131817
状態 特許登録済
技術分野 建築環境 建築物の絶縁又は他の保護 建築構造一般 現場における安全保護手段
主要キーワード 継目線 据え付け構造 防水被覆 ジョイントピン 防水シール材 上構造体 点検用開口 継ぎ部分
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年5月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

雨天雨仕舞いが容易で、安価となるように改善した建物と、建物の施工方法を提供することである。

解決手段

本発明は、建物本体2と、この建物本体2の上面に据え付けられる屋根構造体5とからなる建物1において、建物本体2の上面が平坦になされ、防水被覆材6で被覆されているものである。また、この場合において、建物ユニット間継目部分薄板鋼板が設置されたり、建物ユニット天井点検用開口が形成されたり、或いは、隣接する防水被覆材6間に連結手段が設けられたりしたものである。

概要

背景

従来の建物は、据え付け当日に屋根施工するか、あるいは特殊な雨天雨仕舞いを行っている。例えば、特開昭59−24070号公報記載のユニット建物の雨天据え付け方法は、建物ユニットの上部を排水ホース付きの透明プラスチックシートで覆い、これにより雨天の雨仕舞いを行っている。

また、特公昭62−6066号公報記載の家屋建築現場の覆いは、空気より軽いガス封入して膨張させた幕体であって、この幕体で建物の上部を覆い雨天の雨仕舞いを行っている。

また、特開平5−248004号公報記載の屋根上構造体据え付け構造においては、建物ユニットの上面に防水被覆板を被着することによりフラット防水面を形成し、この防水被覆板の上部に屋根ユニット構築したものである。

概要

雨天の雨仕舞いが容易で、安価となるように改善した建物と、建物の施工方法を提供することである。

本発明は、建物本体2と、この建物本体2の上面に据え付けられる屋根構造体5とからなる建物1において、建物本体2の上面が平坦になされ、防水被覆材6で被覆されているものである。また、この場合において、建物ユニット間継目部分薄板鋼板が設置されたり、建物ユニットの天井点検用開口が形成されたり、或いは、隣接する防水被覆材6間に連結手段が設けられたりしたものである。

目的

本発明は、上記の問題を解決するためになされたものであって、本発明の目的は、屋根施工までの雨仕舞いが容易で、安価となるように改善した建物と、建物の施工方法を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

建物本体と、この建物本体の上面に据えつけられる屋根構造体とからなる建物において、建物本体の上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆されていることを特徴とする建物。

請求項2

建物本体が、複数の箱型建物ユニット隣接配置してなる建物ユニット群構築されていることを特徴とする請求項1記載の建物。

請求項3

前記防水被覆材は、滑止処理の施された合成樹脂製シートであることを特徴とする請求項1又は2の何れか一項記載の建物。

請求項4

上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆された建物ユニットを最上階にし、複数の建物ユニットを隣接配置した建物ユニット群で建物本体を構築し、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間に薄板鋼板掛け渡して、該薄板鋼板の上から前記防水被覆材が被覆することを特徴とする請求項1乃至3の何れか一項記載の建物。

請求項5

上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆された最上階の建物ユニットに、上方を開放する点検用開口が凹設された建物であって、前記点検用開口には、該点検用開口周縁の上面と、略面一高さの上面部を有する補強鋼板着脱可能に設けると共に、該補強鋼板の上から前記防水被覆材が被覆することを特徴とする請求項1乃至4の何れか一項記載の建物。

請求項6

互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間位置で、前記防水被覆材端縁間を防水連結する連結手段が設けられていることを特徴する請求項1乃至5の何れか一項記載の建物。

請求項7

前記連結手段はチャック式ファスナであることを特徴とする請求項6記載の建物。

請求項8

互いに隣接する最上階の建物ユニットの複数の柱が突き合わせられる柱継ぎ部分には、該柱の上面部へ上方から屋根フレームジョイント柱を装着すると共に、該屋根フレームジョイント柱には、嵌着状態で、柱継ぎ部分側の防水被覆材端縁と重複する水切りスカートを下部外側縁に設けると共に、該水切りスカートが、前記防水被覆材に当接する部分には、予め防水シール材が設けられていることを特徴とする請求項1乃至7記載の建物。

請求項9

上面が略平坦になされた建物ユニットを最上階にし、複数の建物ユニットを隣接配置した建物ユニット群で建物本体を構築し、この最上階の建物ユニットの上面を防水被覆材で被覆した後、屋根構造体を施工することを特徴とする建物の施工方法

請求項10

上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆された建物ユニットを最上階にし、複数の建物ユニットを隣接配置した建物ユニット群で建物本体を構築し、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間に継ぎ被覆材を取り付け、この継ぎ被覆材と前記防水被覆材とを重ね合わせて貼付け、その後、屋根構造体を施工することを特徴とする建物の施工方法。

技術分野

0001

本発明は、施工前または施工中雨仕舞いを改善した建物と、建物の施工方法に関する。

背景技術

0002

従来の建物は、据え付け当日に屋根施工するか、あるいは特殊な雨天の雨仕舞いを行っている。例えば、特開昭59−24070号公報記載のユニット建物の雨天据え付け方法は、建物ユニットの上部を排水ホース付きの透明プラスチックシートで覆い、これにより雨天の雨仕舞いを行っている。

0003

また、特公昭62−6066号公報記載の家屋建築現場の覆いは、空気より軽いガス封入して膨張させた幕体であって、この幕体で建物の上部を覆い雨天の雨仕舞いを行っている。

0004

また、特開平5−248004号公報記載の屋根上構造体据え付け構造においては、建物ユニットの上面に防水被覆板を被着することによりフラット防水面を形成し、この防水被覆板の上部に屋根ユニット構築したものである。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記公報記載の従来技術は、排水ホースの取り付け、幕体を膨張させる作業、あるいは特殊な加工が施された防水被覆板の取り付け等、いずれも、施工現場で特殊な雨仕舞いを行うものであるから、この雨仕舞いの施工に手間がかかったり、高価な費用がかかるという問題がある。

0006

本発明は、上記の問題を解決するためになされたものであって、本発明の目的は、屋根施工までの雨仕舞いが容易で、安価となるように改善した建物と、建物の施工方法を提供することである。

課題を解決するための手段

0007

請求項1記載の発明は、建物本体と、この建物本体の上面に据えつけられる屋根構造体とからなる建物において、建物本体の上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆されているものである。

0008

このように構成された請求項1記載の建物は、建物本体の上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆されているので、施工時に雨が降っても上面に水溜まりが生じ難く、雨天の雨仕舞いが容易で、安価となる。また、平坦な足場が確保できるので、屋根作業が安全である。

0009

また、請求項2記載の発明は、請求項1記載の建物において、建物本体が複数の箱型の建物ユニットを隣接配置してなる建物ユニット群で構築されているものある。

0010

このように構成された請求項2記載の発明は、建物本体が複数の建物ユニットを隣接配置してなる建物ユニット群で建物本体が構築され、この建物本体の上面に据えつけられる屋根構造体は、屋根ユニットでもよいが、ユニット工法にとらわれることなく、在来工法が採用できるため、一般の自動設計ツール(住宅CAD等)に乗りやすくなる。また、建物本体全体に屋根架構ができるため、最適な部材配置メンバーが採用でき、無駄を排除して材料コスト下げることができる。

0011

そして、請求項3に記載されたものでは、前記防水被覆材は、滑止処理の施された合成樹脂シート又はフィルムである請求項1又は2の何れか一項記載の建物を特徴としている。

0012

このように構成された請求項3記載のものでは、前記防水被覆材が、滑止処理の施された合成樹脂シート又はフィルムであるので前記建物ユニットの上での作業性が良好で安全である。

0013

また、請求項4に記載されたものでは、上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆された建物ユニットを最上階にし、複数の建物ユニットを隣接配置した建物ユニット群で建物本体を構築し、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間に薄板鋼板掛け渡して、該薄板鋼板の上から前記防水被覆材が被覆する請求項1乃至3の何れか一項記載の建物を特徴としている。

0014

このように構成された請求項4記載のものでは、薄板鋼板が、互いに隣接する最上階建物ユニットの上面端部間に掛け渡されて間隙が埋められる。

0015

このため、前記防水被覆材の上から作業者が、該間隙部分を足場としても、該薄板鋼板によって下方から該防水被覆材が支持され、足場として利用可能な面積が拡大されて、更に、施工作業性を良好なものとすることが出来る。

0016

そして、請求項5に記載されたものでは、上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆された最上階の建物ユニットに、上方を開放する点検用開口が凹設された建物であって、前記点検用開口には、該点検用開口周縁の上面と、略面一高さの上面部を有する補強鋼板着脱可能に設けると共に、該補強鋼板の上から前記防水被覆材が被覆する請求項1乃至4の何れか一項記載の建物を特徴としている。

0017

このように構成された請求項5記載のものでは、凹設された点検用開口に、該点検用開口周縁の上面と、略面一高さの上面部を有する前記補強鋼板が設けられているので、該補強鋼板の上から被覆した前記防水被覆材の上から作業者が、該点検用開口部分を足場としても、該補強鋼板によって下方から該防水被覆材が支持され、足場として利用可能な面積が拡大されて、更に、施工作業性を良好なものとすることが出来る。

0018

また、請求項6に記載されたものでは、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間位置で、前記防水被覆材端縁間を防水連結する連結手段が設けられている請求項1乃至5の何れか一項記載の建物を特徴している。

0019

このように構成された請求項6記載のものでは、連結手段が、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間位置で、前記防水被覆材端縁間を防水連結する。このため、防水被覆材の両端縁間から建物ユニット間に雨水が進入する虞が減少する。

0020

また、請求項7に記載されたものでは、前記連結手段はチャック式ファスナである請求項6記載の建物を特徴としている。

0021

このように構成された請求項7記載のものでは、チャック式ファスナによって前記連結手段が形成されているので、ファスナを閉じることにより、防水被覆材の両端縁間から建物ユニット間に雨水が進入する虞を減少させることが出来る。

0022

このため、更に、高所作業を減少させて施工性が良好である。

0023

そして、請求項8に記載されたものでは、互いに隣接する最上階の建物ユニットの複数の柱が突き合わせられる柱継ぎ部分には、該柱の上面部へ上方から屋根フレームジョイント柱を装着すると共に、該屋根フレームジョイント柱には、装着状態で、柱継ぎ部分側の防水被覆材端縁と重複する水切りスカートを下部外側縁に設けると共に、該水切りスカートが、前記防水被覆材に当接する部分には、予め防水シール材が設けられている請求項1乃至7記載の建物を特徴としている。

0024

このように構成された請求項8記載のものでは、柱継ぎ部分では、該柱の上面部へ上方から屋根フレームジョイント柱が装着される。

0025

そして、該屋根フレームジョイント柱の下部外側縁に設けられた水切りスカートが、装着状態で、柱継ぎ部分側の防水被覆材端縁と重複する。該水切りスカートの前記防水被覆材への当接部分には、予め防水シール材が設けられているので、該屋根フレームジョイント柱を装着するだけで、該水切りスカートと、防水被覆部材との間の間隙が、該防水シール材によって埋められてシールされる。このため、施工性が良好である。

0026

請求項9記載の発明は、上面が略平坦になされた建物ユニットを最上階にし、複数の建物ユニットを隣接配置した建物ユニット群で建物本体を構築し、この最上階の建物ユニットの上面を防水被覆材で被覆した後、屋根構造体を施工する建物の施工方法を特徴としている。

0027

このように構成された請求項9記載の建物の施工方法では、上面が略平坦になされた建物ユニットを最上階にし、複数の建物ユニットを隣接配置した建物ユニット群で建物本体を構築し、この最上階の建物ユニットの上面を防水被覆材で被覆した後、屋根構造体を施工するものであるから、屋根構造体の施工が建物本体の構築の後日になっても、防水被覆材で雨仕舞いできる。

0028

また、最上階の建物ユニットの上面が略平坦になされているので、施工時に雨が降っても上面に水溜まりが生じ難く、雨天の雨仕舞いが容易で、安価となる。

0029

更に、請求項10記載の発明は、上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆された建物ユニットを最上階にし、複数の建物ユニットを隣接配置した建物ユニット群で建物本体を構築し、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間に継ぎ被覆材を取り付け、この継ぎ被覆材と前記防水被覆材とを重ね合わせて貼付け、その後、屋根構造体を施工する建物の施工方法を特徴としている。

0030

このように構成された請求項10記載の発明は、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間に継ぎ被覆材を取り付け、この継ぎ被覆材と最上階の建物ユニット上面を被覆する防水被覆材とを重ね合わせて貼付け、その後、屋根構造体を施工するものであるから、建物ユニット上面の雨仕舞いと建物ユニット間の雨仕舞いができる。

0031

以下、本発明の実施の形態1を図面を参照して説明する。

0032

図1図10は、本発明の実施の形態1であって、図1は建物の説明図、図2は建物本体の説明図、図3は建物本体の施工方法を示す説明図、図4図3の建物本体に屋根構造体を施工する施工方法の説明図、図5は最上階の建物ユニットの上面を防水被覆材で被覆する被覆方法を示す説明図、図6は防水被覆材と継ぎ被覆材とを重ね合わせて貼付ける貼付け方法を示す説明図、図7四隅の建物ユニットの上面を被覆する方法を示す説明図、図8は四隅の被覆に使用する継ぎ被覆材の斜視図、図9は継ぎ被覆材同士の接合方法を示す説明図、図10は防水被覆材と継ぎ被覆材の固定方法を示す説明図である。

0033

図1および図2において、1は建物であって、この建物1は、建物本体2と、この建物本体2の上面に据え付けられる屋根構造体5とからなり、上記建物本体2の上面が平坦になされ、防水被覆材6で被覆されているものである。

0034

上記建物本体2は、1階部分を構成する複数の建物ユニット3、3と、2階部分を構成する複数の建物ユニット4、4とを隣接配置してなる建物ユニット群で構築されている。なお、本発明における建物ユニットとは、パネルからなる壁式ユニット、柱と梁とからなる軸組式ユニットなどのほぼ箱型に形成されたものを意味している。上記2階部分を構成する建物ユニット4は、床パネル43の周縁に壁パネル41が立設され、この壁パネル41の上に天井パネル42が取り付けられている。この天井パネル42は、居室側に向けて天井面材44が取り付けられ、屋根側に向けて上面材45が取り付けられ、この上面材45により建物ユニット4、4の上面が平坦になされている。

0035

上記建物ユニット4の上面(上面材45)は、防水被覆材6で被覆されている。この防水被覆材6は、図2に示すように、建物本体2を施工現場で構築後に被覆してもよいが、後述するように、建物ユニット4の上面に予め工場等で被覆しておき、施工現場で継ぎ合わせてもよい。また、防水被覆材6は、建物本体2全体を覆うことができるもの、あるいは複数枚を施工現場で継ぎ合わせたもの、いずれでもよい。

0036

上記防水被覆材6の材質は、ノンスリップ材料(一般的なプラスチック用充填材料)を含有したり、或いは、表面に凹凸を設ける等の滑止処理の施されたポリエチレンポリ塩化ビニル等の合成樹脂フィルムまたはシート(厚さ約150μm)、防水処理された織布または不織布、発泡ポリエチレンシート等を好適に使用できる。

0037

上記防水被覆材6で被覆された建物本体2の上面に、屋根構造体5が据え付けられているが、この屋根構造体5は、予め工場等で組み立てられた屋根ユニットであってもよいが、屋根ユニットに限定されるものでなく、屋根パネルであってもよく、或いは、在来工法により施工現場で屋根架構するものであってもよい。

0038

次に、上記建物1の施工方法を図3図10を参照して詳細に説明する。

0039

本実施例における建物1は、上述の建物ユニット3、4を上下階に複数隣接配置したもので、工場等で組み立てられた建物ユニット4の上面が予め防水被覆材6で被覆されているものである。この防水被覆材6は、図5に示すように、取付け面粘着テープ61、62を貼着しておき、粘着テープ62により建物ユニット4の上面に貼付け、粘着テープ61は、離型紙を取り付けたままにしておき、後述する継ぎ被覆材7との貼り合わせに使用する。

0040

まず、建物ユニット3、3を基礎に据え付けて1階部分を構築し、この建物ユニット3、3の上に、上面が平坦になされ、防水被覆材6で被覆された建物ユニット4、4を据えつけ、建物本体2を構築する。

0041

ついで、図6に示すように、隣接する建物ユニット4、4の上面端部間に継ぎ被覆材7をタッカー71を打ち込んで取り付け、この継ぎ被覆材7と前記防水被覆材6とを重ね合わせ、粘着テープ61にて貼付ける。

0042

また、図7に示すように、4つの建物ユニット4、4・・の角部が突き合わされるところにおいては、継ぎ被覆材7の端部72を折り曲げておき、図8(ロ)図に示すような箱状継ぎ被覆材8を挿入して取り付ける。なお、この箱状継ぎ被覆材8は、図8(イ)図に示すように、十字形状のシート材80の側片81を折り曲げて形成されている。

0043

上記継ぎ被覆材7と箱状継ぎ被覆材8とは、図に示すいずれかの方法で接合される。すなわち、図9(イ)図に示すように、折り曲げた継ぎ被覆材7の端部72と、箱状継ぎ被覆材8の側片81とを突き合わせ、ジップロック9を取り付けて接合し、(ロ)図のように、一方側に倒して適宜の手段で固定する。

0044

あるいは、(ハ)図と(ニ)図に示すように、上記ジップロック91で挟み込んで接合してもよいし、(ホ)図に示すように、U字状の接合部材92で端部を接合してもよい。

0045

また、図10に示すように、防水被覆材6と継ぎ被覆材7とが重ね合わされた上面材45の角部に、コ字形状の接合部材10を挿入して固定しておくとよい。

0046

上記のようにして、建物本体2の隣接する建物ユニット4、4の上面を防水被覆材6と継ぎ被覆材7とで被覆するが、その被覆状態の詳細を図3に示す。その後、この建物本体2の上に屋根フレームの桁梁51を設置し、この桁梁51に取り付けられた小屋組受け金具52により屋根構造体5を構築し、建物1を完成する(図4参照)。この際、屋根構造体5は、建物本体2の構築と同時であってもよいが、後日であってもよい。

0047

なお、壁パネル41の屋外側に断熱材411が取り付けられているが、この断熱材411は透湿防水フィルム412で覆われているので、建物ユニット4の壁面はこの透湿防水フィルム412で雨仕舞いされる。413は外壁であって、この外壁413は、上記断熱材411との間に通気層空間を形成して取り付けられている。

0048

上述してきたように、本実施の形態1の建物1とその施工方法は、上面が平坦になされた上階の建物ユニット4の上面を防水被覆材6で被覆した後、屋根構造体5を施工するものであるから、屋根構造体5の施工が建物本体2の構築の後日になっても、防水被覆材6で雨仕舞いできる。

0049

また、上階の建物ユニット4の上面が平坦になされているので、施工時に雨が降っても上面に水溜まりが生じ難く、雨天の雨仕舞いが容易で、安価となる。

0050

また、本実施の形態1において、互いに隣接する上階の建物ユニット4、4の上面端部間に継ぎ被覆材7、8を取り付け、この継ぎ被覆材7、8と防水被覆材6とを重ね合わせて貼付け、その後、屋根構造体5を施工するものであるから、建物ユニット4上面の雨仕舞いと建物ユニット4、4間の雨仕舞いができる。

0051

図11図16には、実施の形態2の建物と建物の施工方法を示す。なお、前記実施の形態1と同一乃至均等な部分については、同一符号を附して説明する。

0052

この実施の形態2では、建物ユニット4は4隅の柱4本とこの柱間を連結する4本の床梁とによりほぼ箱型に形成されたものであって、建物ユニット4の天井部を、凹部が全く存在しないように平坦化する。そのために、各建物ユニット4の各コーナー部分に設置されるユニット柱101の頭部、即ち、ユニット柱頭102と面一になる足場板103を天井パネル42の上に設置する。

0053

そして、足場板103の上面に、天井部よりも一回り大きい防水被覆材6を、内側へ折り畳んで粘着テープ104で仮止めした状態で取付ける。防水被覆材6は、例えば、厚さ約150μmのポリエチレンシートなどの合成樹脂製シートを用いる。特に、ノンスリップ材料を含有することにより滑止処理を施されたポリエチレンシートを用いるのが好ましい。防水被覆材6は、工場で予め足場板103の上面に粘着テープ62で貼り付けておくようにする。

0054

以上のような構成によれば、建物ユニット4を据え付けた後、図12図13に示すように、足場板103の上に内側へ折り畳んだ状態で取付けられた防水被覆材6を拡げ、防水被覆材6の端部を建物ユニット4の外側へ垂らすようにする。特に、隣接する建物ユニット4がある場合には、防水被覆材6の端部を建物ユニット4の継目線105の間へ垂らすようにする。

0055

このようにすることにより、据え付け当日が雨天であっても、建物ユニット4の内部を濡らすことなく、据え付け作業を実施することができる。

0056

また、建物ユニット4の天井部を、凹部が全く存在しないように平坦化しているので、図16に示すように、天井部に雨が溜まって排水できなくなるようなことが防止される。

0057

天井部を平坦化するために、天井部の上に足場板103を設置しているので、図14に示すように、作業者は、天井部を足場として作業を行うことができ、作業性を向上することができる。この際、防水被覆材6として滑止処理を施されたポリエチレンシートを用いることにより、作業員転倒事故を防止して安全に作業を行わせることができる。

0058

そして、防水被覆材6の上に降った雨は、図15に示すように、建物ユニット4の外側や建物ユニット4の継目の間へ排水される。

0059

また、図11に示すように、防水被覆材6を、内側へ折り畳んだ状態で、建物ユニット4の天井部に取付けているので、運搬時に防水被覆材6が破損されてしまうようなことが防止される。

0060

上記以外については、前記実施の形態と同様の構成を備えており、同様の作用・効果を得ることができる。

0061

図17図37には、実施の形態3の建物と建物の施工方法を示す。なお、前記各実施の形態と同一乃至均等な部分については、同一符号を附して説明する。

0062

この実施の形態3では、建物ユニット4は上記実施の形態2と同様の構成を備えたものとし、建物ユニット4間の継目線105部分に、木ネジラッパネジなどのネジ106を用いて薄板鋼板107(渡鋼板)を足場板103とほぼ面一に取付けるようにする。この際、図19図20に示すように、前記継目線105部分に対し、短冊状をした複数枚の薄板鋼板107を突合せて配置して行くようにする。各薄板鋼板107は、四隅を斜めに切断されており、突合せによってできる切断部分の角部108を足場板103の側面に位置合せして配置するようにする。また、図20に示すように、薄板鋼板107は、ユニット柱頭102に対して重ならないようにする。図21図22に示すように、継目線105部分の中途部にユニット柱頭102があるような場合には、薄板鋼板107に切欠109を設けて、ユニット柱頭102に重ならないようにする。

0063

そして、建物ユニット4間の継目線105部分に薄板鋼板107が取付けられたら、内折りされた状態の防水被覆材6を拡げて、建物ユニット4の外側を覆わせるようにする。なお、本実施の形態では、防水被覆材6をゴムで作り、図18に示すように、天井部にタッカー114で取付けるようにしても良い。防水被覆材6をゴムで作った場合、タッカーの釘孔がゴムの弾性でシールされることとなるので、防水被覆材6をタッカーなどで直接固定することが可能となる。

0064

そして、隣接する建物ユニット4間の位置では、図23に示すように、防水被覆材6の対応する縁部に設けられた連結手段110で連結するようにする。連結手段110としては、例えば、図24図28に示すような、チャック式ファスナ111などを用いる。チャック式ファスナ111は、防水被覆材6の対応する縁部に形成されたシートファスナ112と、両シートファスナ112を嵌合させるためのチャック部113とで構成される。

0065

隣接する防水被覆材6を連結手段110で連結したら、ユニット柱頭102に対応する部分を立上がらせるようにする。防水被覆材6は、連結後に立上がり部115が形成されるように予め端部を加工しておくが、立上がり部115に十分な立上がり形状が得られない場合には、立上がり保持プレート116などを粘着テープ117で取付けるようにしても良い。なお、立上がり部115その他の防水被覆材6は、要所を粘着テープで建物ユニット4のコーナー部に貼り付けるようにする。

0066

防水被覆材6の端部に立上がり部115が形成されたら、図29に示すように、樹脂製の水切りスカート118が形成された屋根梁ジョイント柱119を防水被覆材6の立上がり部115を覆うようにユニット柱頭102に取付ける。ユニット柱頭102には、接合ボルト120と位置決め用柱頭ジョイントピン121とが突設されており、屋根梁ジョイント柱119の底部に形成された貫通孔122,123を接合ボルト120と位置決め用の柱頭ジョイントピン121にそれぞれ通して、屋根梁ジョイント柱119の上部に形成された作業孔124から接合ボルト120へナット125を螺着することにより、ユニット柱頭102に屋根梁ジョイント柱119を固定する。また、水切りスカート118には、シール用のスーパーシートなどの防水シール材126が予め取付けられている。

0067

この際、ユニット柱頭102が1つの場所には、図30に示すような1連用の屋根梁ジョイント柱119を、ユニット柱頭102が2つの場所には、図31に示すような2連用の屋根梁ジョイント柱119を、ユニット柱頭102が4つの場所には、図32図34に示すような4連用の屋根梁ジョイント柱119を用いるようにする。なお、2連用と4連用の屋根梁ジョイント柱119は、重量があるので、アイボルト127を取付けてクレーン128などで吊上げ得るようにする。

0068

そして、図35に示すように、屋根梁ジョイント柱119の側部に屋根フレーム129の妻梁130と桁梁131を当接し、屋根梁ジョイント柱119の側部および、妻梁130と桁梁131に形成されたボルト挿通孔132〜135にボルト136,137を通して屋梁ジョイント柱と妻梁130および桁梁131とナット138,139で締結固定する。なお、妻梁130側と桁梁131側でボルト136,137の太さを変えても良い。

0069

最後に、図36図37に示すように、屋根梁ジョイント柱119上部の作業孔124と、屋根梁ジョイント柱119側部のボルト挿通孔132,133のうちの未使用のものを止水シール140,141で塞ぐようにする。

0070

このように、建物ユニット4間の継目線105部分に、天井部と面一に薄板鋼板107を取付けることにより、継目線105部分に雨水が溜まって排水できなくなることを防止できる。

0071

また、隣接する防水被覆材6間を連結手段110で連結するようにしたことにより、簡単且つ素速く隣接する防水被覆材6間のシールを行わせることができる。また、雨天時のシール性も良好となる。

0072

更に、防水被覆材6の端部に立上がり部115を形成し、水切りスカート118が形成された屋根梁ジョイント柱119で覆うようにすることにより、シール用のスーパーシートなどの防水シール材126が防水被覆材6と密着し、簡単にユニット柱頭102部分の止水を行わせることができる。

0073

上記以外については、前記各実施の形態と同様の構成を備えており、同様の作用・効果を得ることができる。

0074

図38図40には、実施の形態4の建物と建物の施工方法を示す。なお、前記各実施の形態と同一乃至均等な部分については、同一符号を附して説明する。

0075

この実施の形態4では、建物ユニット4の天井部および天井部に取付けた足場板103に点検用開口142が設けられる場合に、点検用開口142に該点検用開口142周縁の上面と、略面一高さの上面部を有する補強鋼板143をネジ144などで着脱可能に設けると共に、該補強鋼板143の上から前記防水被覆材6を被覆するようにしている。

0076

この実施の形態4のものでは、建物ユニット4の天井部および足場板103に形成された点検用開口142に、該点検用開口142周縁の上面と、略面一高さの上面部を有する前記補強鋼板143が設けられているので、該補強鋼板143の上に被覆した前記防水被覆材6の上から作業者が、該点検用開口142部分を足場にしても、該補強鋼板143によって下方から該防水被覆材6が支持され、足場として利用可能な面積が拡大されて、更に、施工作業性を良好なものとすることが出来る。

0077

また、点検用開口142周縁の上面と、略面一高さの上面部を有する前記補強鋼板143が設けられているので、点検用開口142部分の防水被覆材6が凹み、そこへ雨水が溜まって排水できなくなるようなことを防止することができる。

0078

なお、工事終了後は、補強鋼板143を取外し、図40に示すように、防水被覆材6を切り開いて、点検用開口142部分に点検口化粧枠145を取付ければ、点検口として使用することが可能となる。

0079

上記以外については、前記各実施の形態と同様の構成を備えており、同様の作用・効果を得ることができる。

0080

以上、この発明の実施の形態を図面により詳述してきたが、具体的な構成はこの実施の形態に限らず、この発明の要旨を逸脱しない範囲の設計の変更等があってもこの発明に含まれる。また、各実施の形態の上記以外の組み合わせも可能である。

発明の効果

0081

請求項1記載の建物は、建物本体の上面が略平坦になされ、防水被覆材で被覆されているので、施工時に雨が降っても上面に水溜まりが生じ難く、雨天の雨仕舞いが容易で、安価となる。また、平坦な足場が確保できるので、屋根作業が安全である。

0082

また、屋根構造体の施工が後日になっても、建物本体が雨仕舞いされているので、安心である。

0083

さらにまた、建物本体の上面が防水被覆材で被覆されているので、建物完成時に防湿層として働き、小屋裏結露防止に寄与する。

0084

請求項2記載の発明は、建物本体が複数の建物ユニットを隣接配置してなる建物ユニット群で建物本体が構築され、この建物本体の上面に据えつけられる屋根構造体は、屋根ユニットでもよいが、ユニット工法にとらわれることなく、在来工法が採用できるため、一般の自動設計ツール(住宅CAD等)に乗りやすくなる。また、建物本体全体に屋根架構ができるため、最適な部材配置やメンバーが採用でき、無駄を排除して材料コストを下げることができる。

0085

請求項3記載のものでは、前記防水被覆材が、滑止処理の施された合成樹脂シート又はフィルムであるので、前記建物ユニットの上での作業性が良好で安全である。

0086

請求項4記載のものでは、薄板鋼板が、互いに隣接する最上階建物ユニットの上面端部間に掛け渡されて間隙が埋められる。

0087

このため、前記防水被覆材の上から作業者が、該間隙部分を足場としても、該薄板鋼板によって下方から該防水被覆材が支持され、足場として利用可能な面積が拡大されて、更に、施工作業性を良好なものとすることが出来る。

0088

請求項5記載のものでは、凹設された点検用開口に、該点検用開口周縁の上面と、略面一高さの上面部を有する前記補強鋼板が設けられているので、該補強鋼板の上から被覆した前記防水被覆材の上から作業者が、該点検用開口部分を足場としても、該補強鋼板によって下方から該防水被覆材が支持され、足場として利用可能な面積が拡大されて、更に、施工作業性を良好なものとすることが出来る。

0089

請求項6記載のものでは、連結手段が、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間位置で、前記防水被覆材端縁間を防水連結する。このため、防水被覆材の両端縁間から建物ユニット間に雨水が進入する虞が減少する。

0090

請求項7記載のものでは、チャック式ファスナによって前記連結手段が形成されているので、ファスナを閉じることにより、防水被覆材の両端縁間から建物ユニット間に雨水が進入する虞を減少させることが出来る。

0091

このため、更に、高所作業を減少させて施工性が良好である。

0092

請求項8記載のものでは、柱継ぎ部分では、該柱の上面部へ上方から屋根フレームジョイント柱が装着される。

0093

そして、該屋根フレームジョイント柱の下部外側縁に設けられた水切りスカートが、装着状態で、柱継ぎ部分側の防水被覆材端縁と重複する。該水切りスカートの前記防水被覆材への当接部分には、予め防水シール材が設けられているので、該屋根フレームジョイント柱を装着するだけで、該水切りスカートと、防水被覆部材との間の間隙が、該防水シール材によって埋められてシールされる。このため、施工性が良好である。

0094

請求項9記載の建物の施工方法では、上面が略平坦になされた建物ユニットを最上階にし、複数の建物ユニットを隣接配置した建物ユニット群で建物本体を構築し、この最上階の建物ユニットの上面を防水被覆材で被覆した後、屋根構造体を施工するものであるから、屋根構造体の施工が建物本体の構築の後日になっても、防水被覆材で雨仕舞いできる。

0095

また、最上階の建物ユニットの上面が略平坦になされているので、施工時に雨が降っても上面に水溜まりが生じ難く、雨天の雨仕舞いが容易で、安価となる。

0096

請求項10記載の発明は、互いに隣接する最上階の建物ユニットの上面端部間に継ぎ被覆材を取り付け、この継ぎ被覆材と最上階の建物ユニット上面を被覆する防水被覆材とを重ね合わせて貼付け、その後、屋根構造体を施工するものであるから、建物ユニット上面の雨仕舞いと建物ユニット間の雨仕舞いができる。

図面の簡単な説明

0097

図1本発明の実施の形態1であって、建物の説明図である。
図2建物本体の説明図である。
図3建物本体の施工方法を示す説明図である。
図4図3の建物本体に屋根構造体を施工する施工方法の説明図である。
図5最上階の建物ユニットの上面を防水被覆材で被覆する被覆方法を示す説明図である。
図6防水被覆材と継ぎ被覆材とを重ね合わせて貼付ける貼付け方法を示す説明図である。
図7四隅の建物ユニットの上面を被覆する方法を示す説明図である。
図8四隅の被覆に使用する継ぎ被覆材の斜視図である。
図9継ぎ被覆材同士の接合方法を示す説明図である。
図10防水被覆材と継ぎ被覆材の固定方法を示す説明図である。
図11本発明の実施の形態2であって、防水被覆材を内折りした状態を示す斜視図である。
図12防水被覆材を拡げる状態を示す斜視図である。
図13建物ユニットが複数ある場合の、防水被覆材を拡げる状態を示す斜視図である。
図14防水被覆材を拡げた状態と建物ユニットを足場として作業する状態を示す斜視図である。
図15雨水が排水される状態を示す建物ユニットの側面図である。
図16雨水が排水されない状態を示す建物ユニットの側面図である。
図17本発明の実施の形態3であって、複数の建物ユニットを配置した状態を示すの平面図である。
図18建物ユニット間の継目線部分の薄板鋼板を設置する状態を示す部分拡大側面図である。
図19建物ユニット間の継目線部分の薄板鋼板を設置する状態を示す部分拡大斜視図である。
図20図19の薄板鋼板設置後の状態を示す部分拡大平面図である。
図21中途部にユニット柱頭がある場合の、建物ユニット間の継目線部分の薄板鋼板を設置する状態を示す部分拡大斜視図である。
図22図21の部分拡大平面図である。
図23建物ユニット間の継目線部分の防水被覆材を連結する状態を示す部分拡大側面図である。
図24防水被覆材を連結する手順を示す部分拡大斜視図である。
図25図24に続く防水被覆材を連結する手順を示す部分拡大斜視図である。
図26防水被覆材に立上がり部を形成する手順を示す部分拡大斜視図である。
図27図25に続く防水被覆材を連結する手順を示す部分拡大斜視図である。
図28防水被覆材を連結した後の状態を示す部分拡大平面図である。
図29屋根梁ジョイント柱を取付ける状態を示す部分拡大側面図である。
図301連用の屋根梁ジョイント柱を取付ける状態を示す部分拡大斜視図である。
図312連用の屋根梁ジョイント柱を取付ける状態を示す部分拡大斜視図である。
図324連用の屋根梁ジョイント柱を取付ける状態を示す部分拡大斜視図である。
図334連用の屋根梁ジョイント柱を取付ける状態を示す図32と同様の部分拡大斜視図である。
図34連用の屋根梁ジョイント柱を取付ける状態を示す部分拡大側面図である。
図35屋根フレームを組み立てる状態を示す分解斜視図である。
図36屋根梁ジョイント柱の作業孔に止水シールを貼る状態を示す部分拡大斜視図である。
図37屋根梁ジョイント柱のボルト挿通孔に止水シールを貼る状態を示す部分拡大斜視図である。
図38本発明の実施の形態4であって、建物ユニットの点検用開口を補強鋼板で塞いだ状態を示す斜視図である。
図39図38の部分拡大側面図である。
図40点検用開口に点検口化粧枠を取付けた状態を示す部分拡大側面図である。

--

0098

1建物
2 建物本体
3、4建物ユニット
5屋根構造体
6防水被覆材
7、8継ぎ被覆材
101ユニット柱
107薄板鋼板
110連結手段
111チャック式ファスナ
118水切りスカート
119屋根梁ジョイント柱
126防水シール材
142点検用開口
143 補強鋼板

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ザンベリ イマジニアリング ピーティーワイ リミテッドの「 ドローン着陸システムおよびドローン着陸ステーション」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】ある態様においては、ドローン(1)を着陸させ、操縦するためのシステム(10、110)の例が開示されており、このシステム(10、110)は、着陸状態でドローン(1)を支持可能な可動型の... 詳細

  • 株式会社LIXILの「 冷却装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】波長選択性を有する放射体を備える冷却装置において、冷却効率を向上させること。【解決手段】特定波長の電磁波を選択的に放射可能であるとともに、表面に凹凸構造を有する放射体を備える、冷却装置である。... 詳細

  • ドーエイ外装有限会社の「 目地カバー装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】目地部及び目地部の角部を塞ぎ、かつ目地カバーが境界線を越えることなく地震による揺れ動きを吸収することができる目地カバー装置を提供すること。【解決手段】一方の躯体3と、角部を有する目地部2を介し... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ