図面 (/)

技術 ゲル化剤及び解ゲル化剤からなる2相型浴用化粧料または浴用医薬部外品または浴槽用雑貨品

出願人 スノーデン株式会社
発明者 國崎憲造
出願日 1997年9月26日 (23年1ヶ月経過) 出願番号 1997-299263
公開日 1999年4月13日 (21年7ヶ月経過) 公開番号 1999-100321
状態 未査定
技術分野 他類に属さない組成物 化粧料
主要キーワード 架橋型ポリアクリル酸塩 ゲル化浴 浴用化粧料 ポリアスパラギン酸塩 有機塩類 保温効果 痩身効果 アクリル酸塩共重合体
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年4月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

保温効果または痩身効果を発揮させるために、浴用に用いる湯を増粘または固化させ、浴用後容易に排水できる。

解決手段

ゲル化剤として、ポリアクリル酸塩またはアクリル酸アクリル酸塩共重合体架橋型ポリアクリル酸塩イソブチレン無水マレイン酸共重合体塩、ポリアスパラギン酸塩を配合した浴用化粧料または浴用医薬部外品。および解ゲル化剤として無機塩類または有機塩類を含有してなる浴槽雑貨品、浴用化粧料または浴用医薬部外品。

概要

背景

従来の増粘剤またはゲル化剤は、浴槽の湯をゲル化させる為には、500グラムから1キログラム程度必要である。したがって、実際に浴槽で用いるには、量が多すぎ且つ高価になり、実用的で無い事もあり、現在市場にはない。

概要

保温効果または痩身効果を発揮させるために、浴用に用いる湯を増粘または固化させ、浴用後容易に排水できる。

ゲル化剤として、ポリアクリル酸塩またはアクリル酸アクリル酸塩共重合体架橋型ポリアクリル酸塩イソブチレン無水マレイン酸共重合体塩、ポリアスパラギン酸塩を配合した浴用化粧料または浴用医薬部外品。および解ゲル化剤として無機塩類または有機塩類を含有してなる浴槽用雑貨品、浴用化粧料または浴用医薬部外品。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

解ゲル化剤として無機塩類または有機塩類を含有してなる浴用雑貨品、浴用化粧料または浴用医薬部外品。

技術分野

0001

本発明は、保温効果または痩身効果を発揮するために、浴用に用いる湯を増粘または固化させる目的で使用する。浴用後は、解ゲル化剤を添加する事により、容易に排水清掃が可能である。

背景技術

0002

従来の増粘剤またはゲル化剤は、浴槽の湯をゲル化させる為には、500グラムから1キログラム程度必要である。したがって、実際に浴槽で用いるには、量が多すぎ且つ高価になり、実用的で無い事もあり、現在市場にはない。

発明が解決しようとする課題

0003

実用的に取り扱える量で、経済的にも実用的でなければならない事から、少量で湯をゲル化でき、なおかつ安全でなければならない。他方、使用後の浴槽の掃除並びに下水道のつまり等の問題が起こらないように、使用後は容易に排水できる様に、ゲル化を解く必要がある。

0004

本発明は、従来技術の問題点を鑑みてなされたものであり、安全で環境を汚染する事無く、容易に浴槽の湯をゲル化でき、また容易に排水できる浴用化粧料または浴用医薬部外品を提供しようとする物である。

課題を解決するための手段

0005

少量で有効なゲル化剤として、ポリアクリル酸塩またはアクリル酸アクリル酸塩共重合体架橋型ポリアクリル酸塩イソブチレン無水マレイン酸共重合体塩、ポリアスパラギン酸塩を10重量%から100重量%配合した浴用化粧料または浴用医薬部外品。及び解ゲル化剤として無機塩類または有機塩類を1重量%から100重量%含有してなる浴用雑貨品、浴用化粧料または浴用医薬部外品。

発明を実施するための最良の形態

0006

本発明のゲル化浴用化粧料の実施例を表1に、解ゲル化浴用化粧料の実施例を表2に記載する。

0007

0008

0009

本発明のゲル化剤と解ゲル化剤を用いる事によって、少量の浴用剤風呂のお湯を容易にゲル化出来、更に本発明の解ゲル化剤を用いる事により、下水道に負担なく排水出来るようになった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • サラヤ株式会社の「 羅漢果抽出物」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】水不溶物が抑制された羅漢果抽出物を提供する。【解決手段】(1)モグロシドVを0.01質量%〜70質量%;及び(2)水不溶性成分5質量%以下を含有し、水不溶性成分含有量/ポリフェノール含有量が、... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ