図面 (/)

技術 パジャマ

出願人 滝清株式会社
発明者 平光耕三
出願日 1997年9月18日 (22年7ヶ月経過) 出願番号 1997-272010
公開日 1999年4月6日 (21年0ヶ月経過) 公開番号 1999-093006
状態 未査定
技術分野 職業用、工業用またはスポーツ用保護衣 水着、ねまき、子供服、ゲートル、転用衣服
主要キーワード 自動ロック機構 左右両脚 舌状片 下端両側 オムツ内 寝たきり患者 着替え 面ファスナ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年4月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

患者寝たきりで腕を動かすこともできないような状態でも、容易に脱がして着替えさせることができ、介護人の労力を軽減できるパジャマを提供する。

解決手段

上衣部1とズボン部2とを一体化し、その上衣部1の前身における中央部に襟刳から腹部まで上下方向に第1のオープンファスナ3を設けるとともに、その第1のオープンファスナ3の下端位置からそれぞれ左右両側へ分かれてズボン部2の左右両脚部の裾まで達する第2及び第3のオープンファスナ4,5を設け、さらに、上衣部1における左右両側の部及び肩部にそれぞれ袖口から襟刳まで達する第4及び第5のオープンファスナ17,18を設けたことを特徴とする。

概要

背景

寝たきり患者に着用させるパジャマは、介護人が容易に着替えさせることができるものであることが望ましい。そこで、従来、このような要望応えるために種々の介護用パジャマ考案されている。例えば、実開平6−39917号公報には、ズボン両脚部分をそれぞれオープンファスナ開閉自在にするとともに前身腹部から胸部までを同じくオープンファスナで開閉自在とし、さらに前身頃の胸部から衿元までを自動ロック機構プッシュタン等で閉じるように構成したパジャマが開示されている。

上記公知例のパジャマは、すべてのオープンファスナを開くことによって患者、腹、及び脚を露出させることができるので、ある程度脱がせやすいという利点がある。しかしながら、患者が寝たきりで腕を動かすこともできないような場合は、から腕を抜くのも困難なので、完全に脱がして着替えさせる作業は介護人にとって極めて面倒であった。

概要

患者が寝たきりで腕を動かすこともできないような状態でも、容易に脱がして着替えさせることができ、介護人の労力を軽減できるパジャマを提供する。

上衣部1とズボン部2とを一体化し、その上衣部1の前身頃における中央部に襟刳から腹部まで上下方向に第1のオープンファスナ3を設けるとともに、その第1のオープンファスナ3の下端位置からそれぞれ左右両側へ分かれてズボン部2の左右両脚部の裾まで達する第2及び第3のオープンファスナ4,5を設け、さらに、上衣部1における左右両側の袖部及び肩部にそれぞれ袖口から襟刳まで達する第4及び第5のオープンファスナ17,18を設けたことを特徴とする。

目的

そこで本発明は、患者が寝たきりで腕を動かすこともできないような状態でも完全に脱がして着替えさせることが容易にでき、介護人の労力を軽減できるパジャマの提供を課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

上衣部1とズボン部2とを一体化し、その上衣部1の前身における中央部に襟刳から腹部まで上下方向に第1のオープンファスナ3を設けるとともに、その第1のオープンファスナ3の下端位置からそれぞれ左右両側へ分かれてズボン部2の左右両脚部の裾まで達する第2及び第3のオープンファスナ4,5を設け、さらに、上衣部1における左右両側の部及び肩部にそれぞれ袖口から襟刳まで達する第4及び第5のオープンファスナ17,18を設けたことを特徴とするパジャマ

請求項2

各オープンファスナ3,4,5,17,18のスライダ6に、起倒自在なレバー8と、当該レバー8に回転軸7を介して一体化し、レバー8を倒した状態でオープンファスナ3,4,5,17,18における隣接する2つの務歯11,12の間の間隙13に挿入し、レバー8を起した状態でその間隙13から脱出可能な爪9を一体的に設けて成る錠10を組み込んだことを特徴とする請求項1記載のパジャマ

技術分野

0001

本発明はパジャマ、特に介護を必要とする痴呆症老人患者などに着用させるのに好適なパジャマに関する。

背景技術

0002

寝たきり患者に着用させるパジャマは、介護人が容易に着替えさせることができるものであることが望ましい。そこで、従来、このような要望応えるために種々の介護用パジャマ考案されている。例えば、実開平6−39917号公報には、ズボン両脚部分をそれぞれオープンファスナ開閉自在にするとともに前身腹部から胸部までを同じくオープンファスナで開閉自在とし、さらに前身頃の胸部から衿元までを自動ロック機構プッシュタン等で閉じるように構成したパジャマが開示されている。

0003

上記公知例のパジャマは、すべてのオープンファスナを開くことによって患者の、腹、及び脚を露出させることができるので、ある程度脱がせやすいという利点がある。しかしながら、患者が寝たきりで腕を動かすこともできないような場合は、から腕を抜くのも困難なので、完全に脱がして着替えさせる作業は介護人にとって極めて面倒であった。

発明が解決しようとする課題

0004

そこで本発明は、患者が寝たきりで腕を動かすこともできないような状態でも完全に脱がして着替えさせることが容易にでき、介護人の労力を軽減できるパジャマの提供を課題とする。

課題を解決するための手段

0005

上記課題を解決するために、本発明のパジャマは、上衣部1とズボン部2とを一体化し、その上衣部1の前身頃における中央部に襟刳から腹部まで上下方向に第1のオープンファスナ3を設けるとともに、その第1のオープンファスナ3の下端位置からそれぞれ左右両側へ分かれてズボン部2の左右両脚部の裾まで達する第2及び第3のオープンファスナ4,5を設け、さらに、上衣部1における左右両側の袖部及び肩部にそれぞれ袖口から襟刳まで達する第4及び第5のオープンファスナ17,18を設けたことを特徴とする構成としたものである。

0006

また、痴呆症の老人の患者などは、自分で勝手にパジャマを脱いでしまったりオムツ内に手を入れて汚物に触れる等の行為をなすことがあり、このような行為を抑制する必要がある。

0007

そこで、このような課題も一緒に解携するために、上記の構成に加えて、各オープンファスナ3,4,5,17,18のスライダ6に、起倒自在なレバー8と、当該レバー8に回転軸7を介して一体化し、レバー8を倒した状態でオープンファスナ3,4,5,17,18における隣接する2つの務歯11,12の間の間隙13に挿入し、レバー8を起した状態でその間隙13から脱出可能な爪9を一体的に設けて成る錠10を組み込んだ構成を採ることが好ましい。

0008

以下、図示した本発明の実施例について説明する。まず、図1に示すように、本発明のパジャマは上衣部1とズボン部2とが一体的に接続した構造になっている。

0009

そして、上衣部1における前身頃の中心部に襟刳から腹部まで上下方向に第1のオープンファスナ3を設けている。

0010

また、第1のオープンファスナ3の下端位置からそれぞれ左右横方向へ向かう第2のオープンファスナ4と第3のオープンファスナ5を設けている。

0011

第2及び第3のオープンファスナ4,5はそれぞれ腹部の中心部から脇腹方向へ向かったのち、向きを下側方向へ変えて、ズボン部2の両脚部分の外端に沿って下降し裾まで達している。

0012

また、上衣部1における左右両側の袖部及び肩部には、それぞれ袖口から襟刳まで達する第4及び第5のオープンファスナ17,18を設けている。

0013

上記のすべてのオープンファスナ3,4,5,17,18を開くと、パジャマの全体を展開することができて、パジャマを完全に脱いだ状態と同じになる。

0014

なお、3つのオープンファスナ3,4,5が集中する腹部の中央位置には舌状片14を取付けている。この舌状片14には雄の面ファスナ16を設けている。この舌状片14は図2に示すように上方へ反転可能である。そして、上方へ反転した状態では、その雄の面ファスナ16を上記の第1のオープンファスナ3の下端両側位置に取付けた雌の面ファスナ15に係止することができる。これにより各オープンファスナ3,4,5の継ぎ目を舌状片14により覆うことができる。なお、この舌状片14は外側と内側にそれぞれ設けていて、外側の舌状片14は各オープンファスナ3,4,5の間に生じる隙間を隠蔽して外観見栄えを良くし、又、内側の舌状片14は各オープンファスナ3,4,5の金具等が肌に直に接触するのを阻止して肌が痛くならないように防止することができる。

0015

また、各オープンファスナ3,4,5,17,18は、図3図6に示すように、そのスライダ6に錠10を組み込んでいる。この錠10は、回転軸7の一端にレバー8を垂直に一体的に設けるとともに回転軸7の他端に爪9を同じく垂直に一体的に設けた構造になっている。この錠10は、レバー8がスライダ6の端部から露出し、回転軸7と爪9はスライダ6の内側に潜った状態に組み込まれ、レバー8が起倒自在になっている。そして、レバー8を倒すと、図3及び図4に示すように、爪9がオープンファスナ3,4,5,17,18における隣接する2つの務歯11,12の間の間隙13に挿入して施錠状態となり、逆にレバー8を起すと、図5及び図6に示すように、爪9が間隙13から脱出して解錠状態となり、施錠状態ではスライダ6が移動不能となり、解錠状態ではスライダ6が移動可能となるように構成されている。

発明の効果

0016

本発明のパジャマは上記の通りであり、まず、5箇所すべてのオープンファスナ3,4,5,17,18を開くことにより、全体を展開して患者の体をすべて露出させることができるので、完全に脱いだ状態と同じになり、特に、患者が寝たきりで腕を動かすこともできないような場合でも袖から腕を抜く必要がなく、患者に着替えさせることが容易になり、介護人の労力を軽減できるという利点がある。また、請求項2記載のように構成することにより、オープンファスナ3,4,5,17,18を閉じて上記のように施錠することができるので、患者が自分でオープンファスナ3,4,5,17,18を開くことを阻止して、パジャマを勝手に脱いでしまったり、オムツ内に手を入れて汚物に触れることなどを防止することができる。また、介護人がオープンファスナ3,4,5,17,18を開閉する場合は、レバー8を起すという簡単な操作で解錠することができるので面倒がない。

図面の簡単な説明

0017

図1正面図である。
図2舌状片が3つのオープンファスナの継ぎ目を覆った状態を示す一部拡大正面図である。
図3オープンファスナを施錠した状態の平面図である。
図4オープンファスナを施錠した状態の断面図である。
図5オープンファスナを解錠した状態の平面図である。
図6オープンファスナを解錠した状態の断面図である。

--

0018

1上衣部
2ズボン部
3オープンファスナ
4 オープンファスナ
5 オープンファスナ
6スライダ
7回転軸
8レバー
9 爪
10 錠
11務歯
12 務歯
13間隙
14舌状片
15 雌の面ファスナ
16 雄の面ファスナ
17 オープンファスナ
18 オープンファスナ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社東亜産業の「 マスクおよびダイエット用マスク」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】顔面との密着性が高いマスクを提供する。【解決手段】マスク1は、第1シート部材100の一辺120に沿って第1シート部材100と線接合される第2シート部材200と、第1シート部材の他辺121に沿っ... 詳細

  • 株式会社ザップの「 釣り用の上着」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】釣り用の上着として、ポケットの使用勝手の良好な技術を提供。【解決手段】上着本体12の前身頃の部分の浮力材70に凹み部分90を設ける。凹み部分90は、ポケット30を配置する箇所に対応する。ポケッ... 詳細

  • 王子ホールディングス株式会社の「 マスク」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】外装シートに付着した汚れを除去可能なマスクを提供する。【解決手段】マスク10は,複数のシートが積層された本体部11を備え,これら複数のシートのうちの最も外面側に位置する外装シート25は,部分的... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ