図面 (/)

技術 電気銅搬送システム及び電気銅洗浄装置

出願人 DOWAホールディングス株式会社小坂製錬株式会社
発明者 川村茂山口正史虻川光昭
出願日 1997年9月24日 (22年0ヶ月経過) 出願番号 1997-258287
公開日 1999年4月6日 (20年6ヶ月経過) 公開番号 1999-092986
状態 特許登録済
技術分野 化学的方法による金属質材料の清浄、脱脂 金属の電解製造
主要キーワード 受入コンベア 洗浄液噴出ノズル 自動結束装置 表裏全面 洗浄水圧 高圧洗浄水 飛散防止カバー クロスビーム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年4月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

ステムの簡素化及び効率化と充分な洗浄とを可能にする電気銅搬送システム及び洗浄装置を提供する。

解決手段

搬送コンベア7の途中に洗浄装置8を設け、かつ、この洗浄装置8においては、電気銅10を1枚ごとに多数のノズルから噴出する高温高圧洗浄水を吹き付けて洗浄するようにした。

概要

背景

概要

ステムの簡素化及び効率化と充分な洗浄とを可能にする電気銅搬送システム及び洗浄装置を提供する。

搬送コンベア7の途中に洗浄装置8を設け、かつ、この洗浄装置8においては、電気銅10を1枚ごとに多数のノズルから噴出する高温高圧洗浄水を吹き付けて洗浄するようにした。

目的

本発明は上述の背景のもとでなされたものであり、電気銅の搬送過程で洗浄を行うようにしてシステムの簡素化及び効率化と充分な洗浄とを可能にする電気銅搬送システム及び洗浄装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

銅電解工場電気銅搬送システムであって、電解精製によって得られた電気銅を受け入れて次工程に送ると共に必要に応じて一時的に滞留させる受入コンベアと、最終処理が終了した電気銅を受けとって外部に搬出すると共に必要に応じて一時的に滞留させる搬出コンベアと、前記受入コンベアの電気銅を取り出して前記搬出コンベアまで搬送する搬送コンベアと、を少なくとも有する電気銅搬送システムにおいて、前記搬送コンベアのいずれかの部位に、該搬送コンベアで搬送される電気銅を順次洗浄する電気銅洗浄装置を設けたことを特徴とする電気銅搬送システム。

請求項2

請求項1記載の電気銅搬送システムにおいて、前記搬送コンベアは、搬送される電気銅を前記電気銅洗浄装置に1枚ごとに供給すると共に、洗浄が終了した電気銅を受けとって前記搬出装置に搬送する搬送機能を備えたものであることを特徴とする電気銅搬送システム。

請求項3

銅電解工場において電解精製後の電気銅を洗浄する電気銅洗浄装置であって、精製電気銅を1枚ごとに受け入れて洗浄処理を行う洗浄手段と、洗浄が終了した電気銅を乾燥させる乾燥手段とを有することを特徴とする電気銅洗浄装置。

請求項4

請求項3記載の電気銅洗浄装置において、前記洗浄手段は、電気銅表面のほぼ全面にまんべんなく洗浄液を吹き付けられるように該電気銅表面の複数の箇所に噴出口が対向して配置される複数の洗浄液噴出ノズルを備えたものであることを特徴とする電気銅洗浄装置。

技術分野

0001

本発明は、電解精製後電気銅を搬送する過程で個別に洗浄処理を施すようにした電気銅搬送システム及び電気銅洗浄装置に関する。

0002

一般に銅電解工場では、陰極板種板カソード仕上げたものをクレーンにより電解槽に搬送し、またアノードも同様に別なクレーンにより電解槽に搬入して電気分解を行うが、この場合、種板カソードは種板カソード上部に接合した吊り手を通すように通電のため銅製のクロスビーム懸垂させて電解槽につり下げられている。

0003

電解精製が進行するとアノードの銅が溶解し、相対するカソードに銅が析出して精製電気銅(以下、電気銅という)が形成され、電解が終了すると電解槽から電気銅を引き上げ、付着した電解液洗浄除去して電気銅製品が得られる。

0004

電解後の電気銅に付着した電解液を洗浄除去することは一般的であるが、これは電気銅に付着する電解液を回収するとともに、併せて製品への汚染を防ぐことを目的とする。

0005

これらの洗浄方法としては、例えば、クレーンで支持した治具吊り下げた電気銅を水に張った洗浄タンク漬け込んで治具とともに揺動させて洗浄したり、コンベア上に並べ上部や横から水を放出する等の方法で洗浄している。

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら上述の方法では、人手によって洗浄がなされることや電気銅表面の洗浄が不十分であることがたびたびあり、その結果洗浄不十分による電解液成分が電気銅表面に残留し、電気銅の品位を下げる一因となっていた。

0007

本発明は上述の背景のもとでなされたものであり、電気銅の搬送過程で洗浄を行うようにしてシステムの簡素化及び効率化と充分な洗浄とを可能にする電気銅搬送システム及び洗浄装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上述の課題を解決するために、請求項1の発明は、銅電解工場の電気銅搬送システムであって、電解精製によって得られた電気銅を受け入れて次工程に送ると共に必要に応じて一時的に滞留させる受入コンベアと、最終処理が終了した電気銅を受けとって外部に搬出すると共に必要に応じて一時的に滞留させる搬出コンベアと、前記受入コンベアの電気銅を取り出して前記搬出コンベアまで搬送する搬送コンベアと、を少なくとも有する電気銅搬送システムにおいて、前記搬送コンベアのいずれかの部位に、該搬送コンベアで搬送される電気銅を順次洗浄する電気銅洗浄装置を設けたことを特徴とする電気銅搬送システムである。

0009

請求項2の発明は、請求項1記載の電気銅搬送システムにおいて、前記搬送コンベアは、搬送される電気銅を前記電気銅洗浄装置に1枚ごとに供給すると共に、洗浄が終了した電気銅を受けとって前記搬出装置に搬送する搬送機能を備えたものであることを特徴とする電気銅搬送システムである。

0010

請求項3の発明は、銅電解工場において電解精製後の電気銅を洗浄する電気銅洗浄装置であって、精製電気銅を1枚ごとに受け入れて洗浄処理を行う洗浄手段と、洗浄が終了した電気銅を乾燥させる乾燥手段とを有することを特徴とする電気銅洗浄装置である。

0011

請求項4の発明は、請求項3記載の電気銅洗浄装置において、前記洗浄手段は、電気銅表面のほぼ全面にまんべんなく洗浄液を吹き付けられるように該電気銅表面の複数の箇所に噴出口が対向して配置される複数の洗浄液噴出ノズルを備えたものであることを特徴とする電気銅洗浄装置である。

発明を実施するための最良の形態

0012

図1は本発明の一実施例にかかる電気銅搬送システムの概略構成を示す斜視図、図2は電気銅洗浄装置の縦断面図、図3は電気銅洗浄装置の横断面図、図4は電気銅洗浄装置の平面図、図5は電解槽中に懸垂されたアノード板及び種板カソードを示す斜視図である。以下、これらの図面を参照にしながら一実施例にかかる電気銅搬送システム及び電気銅洗浄装置を説明する。

0013

図1に示される電気銅搬送システムは、要するに、電解槽に種板カソードとアノード板とを供給して電解精製を行い、得られた精製電気銅を回収して洗浄して搬出するまでの一連の搬送を行うシステムである。なお、図1においては、本発明の要部に関連する部分のみを示し、アノード板の搬送システムやアノード板及び種板カソードを電解槽に搬送し又は電解槽から搬送するシステム等の図示は省略してある。

0014

図1に示すように、陰極板1は種板仕上げ機3によって陰極板上面に接合している吊り手13(図5参照)に銅製のクロスビーム14(図5参照)を通して種板カソード2とし、種板配列コンベア5上に順次配列する。この種板配列コンベアは2系列設け、クレーン(図示せず)で電解槽100(図5参照)に運ぶ

0015

図5に示すように、電解槽100においては、上記種板カソード3とアノード板24とを交互に配列して通常の電気分解を行い、高さ約1180mm、幅約750mm、厚さ約20mm、重量約145kgの電気銅10(図1等参照)を得る。電解精製後に得た電気銅10は、クレーン(図示せず)によって図1に示す電気銅搬送システムの電気銅受入コンベア6に順次懸垂させて一時滞留させ、一個毎搬送コンベア7で電気銅洗浄装置8に移動させる。

0016

すなわち、電気銅10は、搬送コンベア7を構成するチェインコンベア71(図2〜4参照)に1200mmの間隔で取り付けられたフック72に懸垂され、チェインコンベア71を240mm/秒の平均速度で移動させることによって電気銅洗浄装置8のほうに移動されるようになっている。

0017

電気銅10が洗浄装置8の中心部まで移動されると、検知器(図示せず)によって検知され、この検知信号によってチェインコンベア71は一時停止し、この停止状態を約3秒間保持し、その間に洗浄及び乾燥がなされる。

0018

洗浄装置8では、内部に分岐して配置された4系統配管の各ノズルから水圧約3.5kg/cm2 で水温が80℃の高圧洗浄水が電気銅10に向けて噴出され、電気銅10の表面等に付着した電解液を洗浄するようになっている。

0019

上記4系統の配管のうちの第1系統の配管15は、主として電気銅10の表裏の表面を洗浄するためのもので、各々電気銅10の表面に噴出口が対向するように設定された3個のノズル25が設けられた4本の配管に分岐されている。すなわち、図3に示されるように、停止した電気銅10の表裏の面の縦中心線を境にして左右にわけたそれぞれの面の中心部に対向して位置するように、縦状の配管が各々1本配設されるようにU字状に形成されている。これにより、一方の面にそれぞれ2本が対向配置され、表裏あわせて計4本の縦状の配管が対向配置される。したがって、この第1系統の配管15では、合計12個のノズル25から噴出される高温・高圧洗浄水によって電気銅10を表裏の面から洗浄する。これらノズル25としては、洗浄水円錐状に放射できる構造のものが用いられる。洗浄水の流量は約30リットル/分である。なお、各系統の配管は、ノズルガードレール23等によって固定配置されるようになっている。また、電気銅10の移動を妨げないような配置になっていることは勿論である。

0020

第2系統の配管16は、図3に示されるように主として吊り手13や電気銅10の上端部を洗浄するためのもので、先端にノズル26を設けた2本の配管を上記第1系統の配管15の外側に位置するように電気銅10の表裏の面に向かって左右に配置したものである。ノズル26の位置は、噴出された高圧洗浄水によって電気銅10の吊り手13や電気銅10の上端面が洗浄されるように、その高さ位置は吊り手13の縦寸法における中間位置になるようにし、かつ、電気銅10の表裏の面のいずれかを含む面にできるだけ近い領域内に位置するようにする。ノズル26の噴出口の形状は、該ノズルから噴出される洗浄水が電気銅10の厚さ方向においてはその厚さより僅かに厚いフラット形状をなし、かつ、電気銅10の表裏の面に略平行な面内方向においては放射状になるような形状とされる。ノズル26の噴出方向は、吊り手13や電気銅10の上端面が効率よく洗浄されるように、噴出洗浄水中心線が電気銅10の上端縁に略平行になるようにする。洗浄水の流量は約5リットル/分である。

0021

第3系統の配管17は、図3に示されるように、主としてクロスビーム14及び電気銅10の上端部を洗浄するもので、先端にノズル27を設けた2本の配管を上記第2系統の配管16のさらに外側に位置するように電気銅10の表裏の面に向かって左右に配置したものである。ノズル27の位置は、噴出された高圧洗浄水によってクロスビーム14や吊り手13あるいは電気銅10の上部が洗浄されるように、その高さ位置はクロスビーム14を係合するフック72の高さ位置よりも僅かに高い位置になるようにし、かつ、電気銅10の表裏の面のいずれかを含む面にできるだけ近い領域内に位置するようにする。ノズル26の噴出口の形状は、該ノズルから噴出される洗浄水が電気銅10の厚さ方向においてはその厚さより僅かに厚いフラット形状をなし、かつ、電気銅10の表裏の面に略平行な面内方向においては放射状になるような形状とされる。ノズル26の噴出方向は、クロスビーム14や吊り手13もしくは電気銅10の上部が効率よく洗浄されるように、噴出洗浄水の中心線がクロスビーム14の長さ方向の端から中心に略1/4の距離にある点に交わるように設定する。洗浄水の流量も約5リットル/分とする。

0022

第4系統の配管18は、図3に示されるように、主として電気銅10の下端部を洗浄するためのもので、上記第2系統の配管16の配置関係とほぼその上下の配置を逆にしたようなものであり、2つの配管のそれぞれに設けられたノズル28からの洗浄水が電気銅10の底部を洗浄できるように配置する。ノズル28の噴出口の形状は第2〜3系統の配管のノズルの場合とほぼ同じように、噴出洗浄水が放射状でかつフラットになるように形成される。この場合の洗浄水の流量も約5リットル/分とする。

0023

なお、上記第1〜4配管系統15〜18による洗浄の際に、噴出洗浄水の外部への飛散を防止するために、これら配管系統を取り囲むように、ステンレス等で構成される飛散防止カバー19が設けられている。また、これら配管系統の下部には、洗浄水を回収して循環利用するタンク30が設けられ、さらには、上記各配管系統に高温・高圧洗浄水を供給する高温・高圧ポンプ40が設けられている。タンク30には補給パイプ31等によって適宜補給水が供給される。

0024

このように上下端部と表裏全面に噴出される洗浄水によって洗浄された電気銅10は約3秒後に移動されるが、この移動過程乾燥処理が施される。すなわち、第3の配管系統18から電気銅10の進行方向に所定距離離れた位置にエアーブロー配管20が設けられている。このエアーブロー配管20は、電気銅10の上下方向に対向するように、上下方向に配置された配管であり、上下方向に略均等間隔で4個のノズルを有する。これらノズルからはエアーポンプ50によって供給される5kg/cm2 の高圧空気が噴出される。これによって、電気銅10の表面に付着した洗浄水を吹き飛ばして乾燥する。

0025

上記洗浄装置8には電気銅10が1枚ごとに導入されて洗浄・乾燥処理が施され、乾燥された電気銅10は、順次搬送されて搬出コンベア9に移送される。搬出コンベア9は搬送されてきた電気銅10を系外に搬出する。系外に搬出された電気銅は、系外に設けられた自動結束装置所定枚数にまとめられ、出荷される。

0026

上述の一実施例の電気銅搬送システム及び電気銅洗浄装置によれば、搬送コンベア7の途中に洗浄装置8を設け、かつ、この洗浄装置8においては、電気銅10を1枚ごとに多数のノズルから噴出する高温・高圧洗浄水を吹き付けて洗浄するようにしたことから、システムの簡素化を図りつつ効率化を達成でき、しかも充分な洗浄が可能になった。なお、上記一実施例においては、洗浄装置8における洗浄の際に、搬送コンベアを3秒間停止させるようにしたが、この停止時間や搬送コンベア7の移動速度は洗浄時間に併せて任意に調整することができる。

0027

また、洗浄水を噴出する配管及びノズルの位置も上記一実施例の場合に限られず、種々の変形が考えられる。また、噴出する洗浄水は、必ずしも高温・高圧である必要はないが、高温の方が洗浄効率が良いので、60℃以上の温水を用いるのが望ましく、また、洗浄水圧も高圧の方が洗浄効率が高いので望ましい。さらに、上記エアーブロー配管に設けられるノズルは、付着水分を吹き飛ばす作用のあるものであればいかなる形式のものでもかまわない。

発明の効果

0028

以上詳述したように、本発明は、搬送コンベアの途中に洗浄装置を設け、かつ、この洗浄装置においては、電気銅10を1枚ごとに洗浄するようにしたことから、システムの簡素化を図りつつ効率化を達成でき、しかも充分な洗浄を可能するという効果を得ているものである。

図面の簡単な説明

0029

図1本発明の電気銅搬送システムを示す概略構成を示す斜視図である。
図2一実施例にかかる電気銅洗浄装置の縦断面図である。
図3一実施例にかかる電気銅洗浄装置の横断面図である。
図4一実施例にかかる電気銅洗浄装置の平面図である。
図5電解槽中に懸垂されたアノード板及び種板カソードを示す斜視図である。

--

0030

1…陰極板
2…種板カソード
3…種板仕上げ機
5…種板配列コンベアA
51…種板配列コンベアB
6…電気銅受入コンベアA
61…電気銅受入コンベアB
7…搬送コンベア
71…チェインコンベア
72…フック
8…電気銅洗浄装置
9…電気銅搬出コンベア
10…電気銅
13…吊り手
14…クロスビーム
15…第1の配管系統
16…第2の配管系統
17…第3の配管系統
18…第3の配管系統
19−飛散防止カバー
20…エアーブロー配管
23…ノズルガードレール
24…アノード
25…第1の配管系統のノズル
26…第2の配管系統のノズル
27…第3の配管系統のノズル
28…第4の配管系統のノズル
29…エアーブロー配管のノズル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 住友金属鉱山株式会社の「 樋連結構造および耐食槽」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】液が漏洩しにくい樋連結構造を提供する。【解決手段】液排出部13は上面を液が流れる第1上層31と第1下層32とからなる第1底部30を有する。樋113は上面を液が流れる第2上層41と第2下層42と... 詳細

  • 日本ペイント・サーフケミカルズ株式会社の「 酸洗剤及び酸洗方法」が 公開されました。( 2019/08/15)

    【課題】鋼板の表面から均一に酸化皮膜を除去できる洗浄剤及び酸洗方法を提供すること。【解決手段】酸洗剤は、鋼板に形成された酸化皮膜を除去するための酸洗剤であって、無機酸と、フッ素系界面活性剤と、水と、を... 詳細

  • JX金属株式会社の「 Snの浸出方法およびSnの製造方法」が 公開されました。( 2019/08/08)

    【課題】 Snの浸出率低下を抑制することができるSnの浸出方法およびSnの製造方法を提供する。【解決手段】 Snの浸出方法は、Pbを含むSnスカムに対し、浸出液を用いてSnを浸出するSn浸出工程と... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ