図面 (/)

技術 撮影時刻を記録する撮像装置、及び画像表示装置

出願人 株式会社ニコン
発明者 黒岩壽久
出願日 1997年9月5日 (22年8ヶ月経過) 出願番号 1997-240841
公開日 1999年3月26日 (21年1ヶ月経過) 公開番号 1999-084506
状態 拒絶査定
技術分野 カメラの表示・駒の計数 カメラのデータ写し込み 無線による位置決定
主要キーワード 時間修正 夏時間 実施期間 電子記録 実施情報 画像記録領域外 現地時刻 修正済み
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

本発明は季節時間が実施されていても、正しい撮影時刻が記録される撮像装置、及び正しい撮影時刻が表示される表示装置を提供すること。更に、季節時間が実施されていても正しい時刻が表示されるGPS装置を提供すること。

解決手段

画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、前記GPS部からの位置と時刻とに基づいて前記時刻の情報を修正する時刻修正部と、画像の撮影時に前記GPS部からの位置と日付及び前記時刻修正部からの時刻とを記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記季節時間の実施情報と前記GPS部からの位置及び日付とに基づいて画像の撮影時に季節時間が実施されているか否かを判断する季節時間実施判断手段とを更に備え、季節時間が実施されていると判断したとき、前記時刻修正部は、GPS部からの時刻を季節時間に修正する撮影時刻を記録する撮像装置とした。

概要

背景

衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、撮影時に前記GPS部からの位置、時刻、日付の各情報を記録媒体に記録する記録装置とを備え、前記GPS部が求めた位置の情報、即ち撮影位置経度情報に基づいて修正した、撮影位置における時刻を記録媒体に記録する撮像装置が知られている。また、前記記録媒体に記録した撮影時刻を撮影した画像と共に表示する表示装置も知られている。

また、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求め、該求めた位置の情報、即ち撮影位置の経度情報に基づいて前記時刻を現地時間に修正するGPS装置が知られている。

概要

本発明は季節時間が実施されていても、正しい撮影時刻が記録される撮像装置、及び正しい撮影時刻が表示される表示装置を提供すること。更に、季節時間が実施されていても正しい時刻が表示されるGPS装置を提供すること。

画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、前記GPS部からの位置と時刻とに基づいて前記時刻の情報を修正する時刻修正部と、画像の撮影時に前記GPS部からの位置と日付及び前記時刻修正部からの時刻とを記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記季節時間の実施情報と前記GPS部からの位置及び日付とに基づいて画像の撮影時に季節時間が実施されているか否かを判断する季節時間実施判断手段とを更に備え、季節時間が実施されていると判断したとき、前記時刻修正部は、GPS部からの時刻を季節時間に修正する撮影時刻を記録する撮像装置とした。

目的

そこで、本発明は季節時間が実施されていても、正しい撮影時刻が記録される撮像装置、及び正しい撮影時刻が表示される表示装置を提供することにある。更に、季節時間が実施されていても正しい時刻が求められるGPS装置を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、前記GPS部からの位置と時刻とに基づいて前記時刻の情報を修正する時刻修正部と、画像の撮影時に前記GPS部からの位置と日付及び前記時刻修正部からの時刻とを記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記季節時間の実施情報と前記GPS部からの位置及び日付とに基づいて画像の撮影時に季節時間が実施されているか否かを判断する季節時間実施判断手段とを更に備え、季節時間が実施されていると判断したとき、前記時刻修正部は、GPS部からの時刻を季節時間に修正することを特徴とする撮影時刻を記録する撮像装置。

請求項2

画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、前記GPS部からの位置と時刻とに基づいて前記時刻の情報を修正する時刻修正部と、画像の撮影時に前記GPS部からの位置と日付、及び前記GPS部又は前記時刻修正部からの時刻を記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記季節時間の実施情報と前記GPS部からの位置及び日付とに基づいて画像の撮影時に季節時間が実施されているか否かを判断する季節時間実施判断手段とを更に備え、季節時間が実施されていると判断したとき、前記時刻修正部は、前記時刻と共に季節時間の実施を示す符号を記録することを特徴とする撮影時刻を記録する撮像装置。

請求項3

画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、画像の撮影時に前記GPS部からの前記各情報に基づく位置、時刻、日付を記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置によって記録された記録媒体からの情報に基づいて、撮影画像と撮影時刻とを表示する表示制御部を備えた画像表示装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記記録媒体からの位置、時刻、日付と前記季節時間の実施情報とに基づいて画像の撮影時に季節時間が実施されているか否かを判断する季節時間実施判断手段とを更に備え、季節時間が実施されていると判断したとき、前記時刻修正部は、前記時刻を季節時間に修正することを特徴とする撮影時刻を表示する画像表示装置。

請求項4

画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、画像の撮影時に前記GPS部からの前記各情報に基づく位置、時刻、日付を記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置によって記録された記録媒体からの情報に基づいて、撮影画像と撮影時刻とを表示する表示制御部を備えた画像表示装置において、前記記録媒体から読み出した情報に含まれる時刻が季節時刻への修正済みであるか否かを示す符号の有無を検出する時刻修正検出手段と、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記記録媒体からの位置、時刻、日付と前記季節時間の実施情報とに基づいて前記時刻を季節時間に修正する時刻修正部とを更に備え、前記表示制御部は、前記時刻修正部によって季節時間に修正された時刻を表示することを特徴とする撮影時刻を表示する画像表示装置。

請求項5

衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部を有するGPS装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記GPS部からの位置、時刻、日付と前記季節時間の実施情報とに基づいて前記時刻の情報を修正する時刻修正部とを更に備えたことを特徴とするGPS装置。

請求項6

前記季節時間情報記憶部は、季節時間の実施情報を入力する入力手段を備え、前記入力手段からの入力に応じて前記GPS部が求めた位置を含む所定のエリアについて季節時間の実施情報を記憶することを特徴とする請求項1〜請求項5に記載の装置。

技術分野

0001

本発明は、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、撮影時に前記GPS部からの位置、時刻、日付の各情報を記録媒体に記録する記録装置、及びその表示装置に関し、特に夏時間等の季節時間を実施している地域においてこれを修正した時刻を記録、又は表示する装置に関する。更には季節時間の修正を行うGPS装置に関する。

背景技術

0002

衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、撮影時に前記GPS部からの位置、時刻、日付の各情報を記録媒体に記録する記録装置とを備え、前記GPS部が求めた位置の情報、即ち撮影位置経度情報に基づいて修正した、撮影位置における時刻を記録媒体に記録する撮像装置が知られている。また、前記記録媒体に記録した撮影時刻を撮影した画像と共に表示する表示装置も知られている。

0003

また、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求め、該求めた位置の情報、即ち撮影位置の経度情報に基づいて前記時刻を現地時間に修正するGPS装置が知られている。

発明が解決しようとする課題

0004

前記従来装置では、撮影時に、その場所で夏時間の様な季節時間が実施されていた場合、正しい撮影時刻が記録されないと言う問題点があった。従って、その画像と共に表示された撮影時刻も正しい撮影時刻ではないと言う問題点があった。

0005

そこで、本発明は季節時間が実施されていても、正しい撮影時刻が記録される撮像装置、及び正しい撮影時刻が表示される表示装置を提供することにある。更に、季節時間が実施されていても正しい時刻が求められるGPS装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0006

前記課題は、下記の如くして解決される。即ち、第1に、画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部(10)と、前記GPS部からの位置と時刻とに基づいて前記時刻を修正する時刻修正部(50)と、画像の撮影時に前記GPS部からの位置と日付、及び前記時刻修正部からの時刻を記録媒体に記録する記録装置(32)とを備えた撮像装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部(40)と、前記季節時間の実施情報と前記GPS部からの位置及び日付とに基づいて画像の撮影時に季節時間が実施されているか否かを判断する季節時間実施判断手段とを更に備え、季節時間が実施されていると判断したとき、前記時刻修正部は、前記GPS部からの位置、時刻、日付の各情報と前記季節時間情報記憶部からの季節時間の実施情報とに基づいて前記時刻を季節時間に修正する撮像装置とした。

0007

上記装置は、時刻修正部が、GPS部からの位置即ち経度及び日付と、季節時間情報記憶部からの季節時間の実施情報とを照合し、撮影地点撮影日に季節時間が実施されているか否かを判断し、その判断に従って時刻の修正を行う。第2に、画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、前記GPS部からの位置と時刻とに基づいて前記時刻を修正する時刻修正部と、画像の撮影時に前記GPS部からの位置と日付、及び前記GPS部又は前記時刻修正部からの時刻を記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記季節時間の実施情報と前記GPS部からの位置及び日付とに基づいて画像の撮影時に季節時間が実施されているか否かを判断する季節時間実施判断手段とを更に備え、季節時間が実施されていると判断したとき、前記時刻と共に季節時間の実施を示す符号を記録する撮像装置とした。

0008

上記装置は、季節時間実施判断手段が、GPS部からの位置即ち経度情報及び日付と、季節時間情報記憶部からの季節時間の実施情報とを照合し、撮影地点で撮影日に季節時間が実施されているか否かを判断し、その判断に従って季節時間の実施を示す符号が記録媒体に記録される。第3に、画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、画像の撮影時に前記GPS部からの前記各情報に基づく位置、時刻、日付を記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置によって記録された記録媒体からの情報に基づいて、撮影画像と撮影時刻とを表示する表示制御部を備えた画像表示装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記記録媒体からの位置、時刻、日付と前記季節時間の実施情報とに基づいて画像の撮影時に季節時間が実施されているか否かを判断する季節時間実施判断手段と、季節時間が実施されていると判断したとき、前記時刻を季節時間に修正する時刻修正部とを更に備え、前記表示制御部は、前記時刻修正部によって修正された時刻を表示する画像表示装置とした。

0009

上記装置は、時刻修正部が、GPS部からの位置即ち経度及び日付と、季節時間情報記憶部からの季節時間の実施情報とを照合し、撮影地点で撮影日に季節時間が実施されているか否かを判断し、その判断に従って時刻の修正を行う。第4に、画像を記録する撮像部と、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部と、画像の撮影時に前記GPS部からの前記各情報に基づく位置、時刻、日付を記録媒体に記録する記録装置とを備えた撮像装置によって記録された記録媒体からの情報に基づいて、撮影画像と撮影時刻とを表示する表示制御部を備えた画像表示装置において、前記記録媒体から読み出した情報に含まれる時刻が季節時刻への修正済みであるか否かを示す符号の有無を検出する時刻修正検出手段と、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記記録媒体からの位置、時刻、日付と前記季節時間の実施情報とに基づいて前記時刻を季節時間に修正する時刻修正部とを更に備え、前記表示制御部は、前記時刻修正部によって季節時間に修正された時刻を表示する撮影時刻を表示する画像表示装置とした。

0010

上記装置は、従来の季節時間の修正を行わない撮像装置で撮影した画像であっても、正しい撮影時刻を画像と共に表示できる。第5に、衛星からの信号を受けて位置と時刻と日付とを求めるGPS部を有するGPS装置において、季節時間の実施情報を記憶した季節時間情報記憶部と、前記GPS部からの位置、時刻、日付と前記季節時間の実施情報とに基づいて前記時刻の情報を修正する時刻修正部とを更に備えた。

0011

上記いずれの装置も、時刻修正部が、GPS部からの位置即ち経度及び日付と、季節時間情報記憶部からの季節時間の実施情報とを照合し、撮影地点で撮影日に季節時間が実施されているか否かを判断し、その判断に従って時刻の修正を行う。 第6に、前記各装置において、前記季節時間情報記憶部は、季節時間の実施情報を入力する入力手段(41)を備え、前記入力手段からの入力に応じて前記GPS部が求めた位置を含む所定のエリアについて季節時間の実施情報を記憶するようにした。

0012

これによって、予め季節時間情報記憶部に記憶されていない季節時間実施地区であっても、容易に季節時間実施情報を追加することができる。

発明を実施するための最良の形態

0013

本発明の実施の形態の例を以下に詳説するが、本発明の権利の範囲はこれに限定されるものではない。図1は、本発明の実施の形態の1例のとしての撮影位置を記録するカメラの構成を示すブロック図である。撮影位置を記録するカメラ1は、GPS部10、撮像部20、撮影情報記録部30、夏時間情報記憶部40、時刻修正部50を備える。

0014

GPS部10は、衛星からの信号を受信するアンテナを含む受信部11、受信部11からの信号を受けて処理する処理部12とからなり、処理部12は位置を検出する位置検出部13、時刻を検出する時刻検出部14、日付を検出する日付検出部15を有する。(以下、位置、時刻、日付の情報をGPS情報ということがある。)処理部12は、所定の時間間隔でGPS情報を検出し、最新のGPS情報を記憶する。そして、撮像部20での撮像時に処理部12が記憶する最新のGPS情報bを時刻修正部50を経由して撮影情報記録部30に送出する。

0015

撮像部20は、通常のカメラと同様に撮影レンズ絞りシャッタ等で構成され、撮像部20に装填された、例えばフィルム等の記録媒体23に撮像された画像aを記録する撮像手段21を有する。この撮像部20は撮像された画像を電子的に記録するディジタルカメラなどでも良く、その場合には記録媒体23はICカードなどの記憶手段とし、ICカードに画像を記録する画像記録手段22を更に有する。

0016

撮影情報記録部30は、処理部12から時刻修正部50を経由して受けた位置、時刻、日付のGPS情報を表示する表示手段31と、前述のように撮像部20での撮像時、シャッタが切られた時の前記GPS情報を撮影情報としてフィルムの一部に光学的に、又はICカードに磁気的に記録する撮影情報記録手段32とを有する。ディジタルカメラの場合、撮影情報記録手段32が記録するICカードは、撮影画像を記録するICカードと同一のICカードであっても良く、その場合は、画像記録手段22が撮影情報記録手段32を兼ねる。

0017

RAM、ROMなどの記憶手段で構成される夏時間情報記憶部40には、予め夏時間を実施する国に該当する経度・緯度の範囲と該各国の実施期間とが夏時間情報として記録されている。CPUで構成される時刻修正部50は、処理部12から受けたGPS情報bの内の時刻情報を、同じくGPS情報の内の位置と日付の情報と夏時間情報記憶部40からの夏時間情報とに基づいて、撮影時における現地時間、即ち夏時間が実施されている国、期間に該当するならば夏時間への修正も含めて修正し、他のGPS情報と共に修正GPS情報b’として前記撮影情報記録部に送出する。撮影時の現地時間に修正された時刻の情報を含むGPS情報b’は、前記の如くして表示手段31に表示され、撮像部20での撮像時、シャッタが切られた時に撮影情報記録手段32によって記録媒体23に記録される。

0018

本実施の形態例の装置の夏時間情報記憶部40は押しボタンスイッチなどの入力手段41を更に備える。前記押しボタンスイッチが押下されると、処理部12から位置と日付とが夏時間情報記憶部40に送出される。夏時間情報記憶部40は、受けた前記情報の位置を含む所定のエリア内において前記日付を含む月には夏時間が実施されるとする夏時間情報を追加記憶する。前記所定のエリアは、前記情報の位置を中心とする所定の半径内とする、又は予め記憶した世界各国に該当する経度・緯度の範囲と前記情報の位置とを照合し、前記情報の位置が属する国に該当する範囲とすることができる。夏時間の実施期間については、数字入力キーによって該当月を入力するか、表示された1月から12月を示す記号選択指定する様にしても良い。

0019

なお、撮像部20が時計手段24を備え、該時計手段24が計時する時刻を撮影時に、記録媒体に、例えばフィルムの画像に重ねて記録する機能を有するカメラなどである場合には、時計手段24の計時する時刻を前記時刻修正部50からの時刻に合わせる時刻合わせ処理を行うようにしても良い。上記いずれの場合も、従来装置でGPS部10が検出した時刻、又は現地時間に修正された時刻を選択して記録するのと同様にして、夏時間修正した時刻と夏時間修正前の時刻(GPS部10が検出した時刻、又は夏時間修正を含まない現地時間に修正された時刻)とを選択的に記録するようにもできる。この場合、夏時間修正した時刻には、夏時間修正後の時刻であることを示す符号を付すことが好ましい。

0020

また、上記実施の形態例の撮像装置の変形として、時刻修正部50は、時刻検出部14からの時刻情報を夏時間修正を含む現地時間に修正する代わりに、時刻検出部14が検出した時刻、又はこれを夏時間修正を含まない現地時間に修正した時刻と、夏時間が実施されている場合、夏時間が実施されていることを示す符号とを撮影情報記録部32に送出し、該撮影情報記録部32がこれらを記録媒体23に撮影情報の一部として記録するものとすることもできる。

0021

上記符号の有無を検出することによって、夏時間修正後の時刻であるか否かが明瞭に識別できる。前記符号の利用方法については後述する。本実施の形態の例の撮像部は、静止画を撮像するカメラに限定されず、動画を撮像するビデオカメラ等であっても良い。本発明の別の実施の形態の例の本発明装置は、撮影の位置、時刻、日付を記録するが夏時間修正を行わない、従来のカメラなどを含む撮像装置で撮影された画像を表示する場合であっても、夏時間修正を含めて正しく修正された撮影時刻を表示する表示装置である。本発明装置は、画像を電子記録するディジタルカメラなどで撮影された画像を表示する表示装置に特に好適である。

0022

図2は、この実施の形態の例としての、ディジタルカメラによる撮影画像を撮影時刻と共に表示する表示装置の構成を示すブロック図である。図1の装置と同じ構成には同一の符号を付して説明を簡略に又は省略する。撮影時刻を表示する表示装置100は、ディジタルカメラによって撮像された画像と撮影情報(撮影の位置、時刻、日付)とを電子的に記録した記録媒体23としてのICカードから画像データaと撮影情報bとを読み取る読取手段110と、前記画像データaに基づく画像を表示部120に表示させる表示制御部130と、夏時間情報記憶部40と、時刻修正部50とを有する。

0023

時刻修正部50は、読取手段110からの位置、時刻、日付等からなる撮影情報bと、夏時間情報記憶部40からの夏時間情報と基づき、前記と同様にして前記時刻を夏時間修正を含む現地時刻への修正を加えた撮影情報b’を表示制御部130に送出する。表示制御部130は前記修正された撮影情報b’を前記画像と共に表示する。

0024

時刻修正部50は、撮影情報bに含まれる夏時間修正済みであることを示す符号を検出し、該符号によって夏時間修正済みであることを識別し、読み出した撮影情報をそのまま表示制御部130に送出する。なお、前述の変形した実施の形態例の撮像装置による撮影画像の撮影情報については、時刻修正部50は、読み取り手段110が記録媒体23から読み出した撮影情報と、夏時間が実施されていることを示す符号の有無とに基づいて、撮影情報の一部として記録された時刻を必要に応じて夏時間修正を含む現地時刻に修正し表示制御部130に送出する。

0025

このように、夏時間修正を行わない従来のカメラでの撮影画像でも、夏時間修正後の現地時刻を表示することができる。そして、夏時間修正済みであることを示す符号を検出することによって、夏時間修正済みの時刻に対しては重複した時刻修正が行われず、更に修正処理が省略されるので処理時間が短縮される。表示部120は、CRTとすることができる。表示制御部130は、読取手段110からの画像データaに基づく画像をCRTの画像表示領域に表示すると共に、時刻修正部50からの前記修正された時刻情報を含む撮影情報b’を前記画像表示領域の所定の位置、又は前記画像表示領域外の所定の位置に表示する。

0026

又、表示部120は画像プリンタであっても良い。その場合は、表示制御部130は、読取手段110からの画像データaに基づく画像をプリントすると共に、時刻修正部50からの前記修正された時刻情報を含む撮影情報b’を前記プリントされた画像の所定の位置に重ねて、又は前記画像の周囲の所定に位置にプリントする。ここに用いるCRT、画像プリンタ、表示制御部の構成は知られたものであるので、説明は省略する。

0027

更に、記録媒体23がフィルムで、撮影情報がフィルムの画像が記録された領域外に記録されている場合には、表示装置100をフィルムに記録された画像を印画紙投影焼き付けプリンタとすることができる。このようなプリンタの構成は知られたものであるので詳細な説明は省略するが、記録媒体23にはフィルムが、読み取り手段110には光源及び集光レンズが、画像表示部120には投影レンズが、表示制御部には焦点合わせ機構及び電気装置が夫々該当する。

0028

そして、読取手段110をフィルムの画像記録領域外に記録された撮影情報を電子信号として読み取り、時刻修正部50に入力する読取手段とし、時刻修正部50からの夏時間修正を含む現地時間に修正された時刻を含む撮影情報b’を受けて、前記投影レンズによって焼き付けされた画像の所定の位置に重ねて、又は画像の周囲の所定に位置に印字する、文字プリンタのような図示しない撮影情報記録手段を更に備える。夏時間情報記憶部40、時刻修正部50は前述と同様のものである。

0029

、表示装置部110をスライドプロジェクタとすることもできる。スライドプロジェクタの構成は知られたものであるので詳細な説明は省略するが、記録媒体23にはフィルムが、読み取り手段110には光源及び集光レンズが、画像表示部120には投影レンズが、表示制御部には焦点合わせ機構及び電気装置が夫々該当する。

0030

そして、フィルムと同一面内の投影レンズの視野内に、時刻修正部50からの夏時間修正を含む現地時間に修正された時刻を含む撮影情報b’を表示する、図示しない透過型文字表示手段を更に備える。これによって、フィルムに記録された画像と共に、前記透過型文字表示手段に表示された撮影情報b’が投影表示される。

0031

次に、図3に構成のブロック図を示した、夏時間の修正をした時刻を求めるGPS装置を説明する。夏時間修正をするGPS装置200は、図1の装置で説明したものと同様のGPS部10、夏時間情報記憶部40、時刻修正部50と、夏時間修正を含む現地時間に修正された時刻と位置との情報を表示する表示部260とを備える。このGPS装置200を構成する前記各部は、前述と同様に作用して、夏時間修正を含む修正がなされた現地時刻が表示される。

0032

なお、以上の説明は、時刻を標準時刻に対して繰り上げる夏時間を対象として説明したが、所定の期間のみ時刻を標準時刻に対して所定時間だけずらす、種々の季節時間に対して適用できることは言うまでもない。

発明の効果

0033

本発明の撮像装置によれば、季節時間が実施されていても、正しい撮影時刻が記録される。また、本発明の表示装置によれば、季節時間が実施されている地域で、撮影時刻を季節時間修正することなく記録する撮像装置で撮像された画像であっても、正しい撮影時刻が表示される。

0034

更に、本発明のGPS装置によれば、季節時間が実施されていても正しい時刻が求められる。上記いずれの装置も、予め前記季節時間情報記憶部に季節時間の実施情報が記憶されていない場合であっても、簡単に季節時間実施情報を追加記憶できる。

図面の簡単な説明

0035

図1本発明の1実施の形態の例としての撮像装置の構成を示すブロック図。
図2本発明の別の実施の形態の例としての表示装置の構成を示すブロック図。
図3本発明の別の実施の形態の例としてのGPS装置の構成を示すブロック図。

--

0036

1……撮影時刻を記録する撮像装置
10……GPS部
11……受信部
12……処理部
13……位置検出部
14……時刻検出部
15……日付検出部
20……撮像部
24……時計手段
30……撮影情報記録部
40……夏時間情報記憶部
41……入力手段
50……時刻修正部
100……撮影時刻を表示する画像表示装置
110……読み取り手段
120……表示部
130……表示制御部
200……GPS装置
260……表示部
a……画像データ
b……撮影情報
b’…夏時間修正を含めて修正された時刻を含む撮影情報

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 測位方法および測位端末」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】RTK法による干渉測位を、移動体の測位に適用する際に、干渉測位の速度または精度を向上させること。【解決手段】プロセッサ301は、複数の特定の衛星から送信される測位信号に含まれる情報に基づいて測... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 測位方法、測位端末および測位システム」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】RTK法による干渉測位を、移動体の測位に適用する際に、干渉測位の速度または精度を向上させること。【解決手段】プロセッサ301は、複数の衛星から選択された複数の特定の衛星から送信される測位信号に... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 通信装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】船舶から人間が落下したときの通報を低消費電力で実現する。【解決手段】取得部21は、測位部211を備えており、乗員の着水が検知される前に測位部211によって複数回測位された位置の履歴を、船舶11... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ