図面 (/)

技術 横臥姿勢にて着脱容易なズボン

出願人 株式会社ナーシングサイエンスアカデミー
発明者 原川静子
出願日 1997年8月30日 (22年10ヶ月経過) 出願番号 1997-249604
公開日 1999年3月26日 (21年3ヶ月経過) 公開番号 1999-081011
状態 拒絶査定
技術分野 職業用、工業用またはスポーツ用保護衣 ズボン、スカート
主要キーワード 通称マジックテープ 重ね代部分 腰廻り 前部方向 三角形部分 結び紐 横臥姿勢 長ズボン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

老人など、体を起こすことが困難な人が横になった姿勢のまま、ズボンを容易に着脱可能にする。

解決手段

ズボン1の腰廻り部分の左右に脚部方向に伸びる所望長さの切れ込み2・2を入れる。切れ込みによって分かれた腰廻り後部4の上端左右を、腰廻り前部3の方へ伸ばす。両者を重ね合わせた重ね代5の向き合う面に、繊維植え込み接着テープ6・7を取付けて容易に接着剥離可能とする。腰廻り後部4の上端左右に、結び紐10・10を取付ける。

作用

横になった姿勢のまま、ズボン1に片脚づつ入れ、腰廻り前部3を下腹部まで引き上げる。次にを若干浮かし、腰廻り後部4を引き上げる。重ね代5を重ねて接着テープ6・7で接着し、10・10を結ぶ。

概要

背景

老人傷病者など、比較的長い時間床などで横になっている人たちで、自ら身を起こして衣類着替えることが困難な人たちが在る。体力衰えていたり、長い間床についていることで平行感覚が鈍っていたり、身を起こして立ち上がって衣類を着たり換えたりすることが困難な人たちである。特に彼等にとってはズボンを履き換えるのは極めて難しい作業であって、片足づつ挙げてズボンに脚を入れていくことにより、極めて不安定な片脚立ちの姿勢を強いられるため、体がフラつくことがあり、時には転倒してしまう危険さえつきまとう。老人などが転倒によって腕や骨折したり、頭を強く打ちつけて脳や神経を損傷するなどの大事故さえ招くことがあった。

概要

老人など、体を起こすことが困難な人が横になった姿勢のまま、ズボンを容易に着脱可能にする。

ズボン1の腰廻り部分の左右に脚部方向に伸びる所望長さの切れ込み2・2を入れる。切れ込みによって分かれた腰廻り後部4の上端左右を、腰廻り前部3の方へ伸ばす。両者を重ね合わせた重ね代5の向き合う面に、繊維植え込み接着テープ6・7を取付けて容易に接着剥離可能とする。腰廻り後部4の上端左右に、結び紐10・10を取付ける。

横になった姿勢のまま、ズボン1に片脚づつ入れ、腰廻り前部3を下腹部まで引き上げる。次に腰を若干浮かし、腰廻り後部4を引き上げる。重ね代5を重ねて接着テープ6・7で接着し、10・10を結ぶ。

目的

この発明は以上のような課題を解決するためになされたもので、横臥姿勢のままでも着脱容易なズボンを提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ズボン腰廻り部分の左右に脚部方向に伸びる所望長さの切れ込みを形成して、腰廻り部分を腰廻り前部と腰廻り後部に分け、腰廻り前部の上端左右に繊維植え込み接着テープの一方を取付け、腰廻り後部の上端左右を前部方向に伸ばして前記腰廻り前部の繊維植え込み接着テープと向き合って接着する繊維植え込み接着テープを取付け、腰廻り前部の上端左右の上に腰廻り後部の上端左右を重ね合わせて重ね代とし、繊維植え込み接着テープを互いに接着可能としたことを特徴とする横臥姿勢にて着脱容易なズボン。

請求項2

腰廻り後部の上端左右には、結び紐若しくはベルトを取り付けたことを特徴とする請求項1記載の横臥姿勢にて着脱容易なズボン。

技術分野

結び紐ベルトによって、ズボンを確実に腰廻りに固定でき、不用意動きによってズボンがズリ下がるようなこともない。

背景技術

0001

この発明は衣服として着用するズボンに関するものであり、特に傷病者老人など、横になった姿勢から身を起こすことが難しい人でも、容易に着脱可能なズボンに関するものである。

発明が解決しようとする課題

0002

老人や傷病者など、比較的長い時間床などで横になっている人たちで、自ら身を起こして衣類着替えることが困難な人たちが在る。体力衰えていたり、長い間床についていることで平行感覚が鈍っていたり、身を起こして立ち上がって衣類を着たり換えたりすることが困難な人たちである。特に彼等にとってはズボンを履き換えるのは極めて難しい作業であって、片足づつ挙げてズボンに脚を入れていくことにより、極めて不安定な片脚立ちの姿勢を強いられるため、体がフラつくことがあり、時には転倒してしまう危険さえつきまとう。老人などが転倒によって腕や骨折したり、頭を強く打ちつけて脳や神経を損傷するなどの大事故さえ招くことがあった。

0003

このため、彼等にとっては横になったままの姿勢でズボンを履き換えるのが安全なのであるが、この横になった姿勢、つまりは横臥の姿勢のままズボンを履き換えるのも極めて困難なのである。ズボンを履く場合、片脚づつズボンに脚を入れるまでは比較的容易であるが、腰廻りの部分までズボンを引き上げるのが困難を伴うのである。これは、パジャマなどのように、ベルトやの代わりに腰廻り全周に連続してゴムを入れてゴムの弾力で腰に留めるようなズボンでも、腰の上まで引き上げるのは極めて難しい。彼等にとっては床から腰を少し浮き上がらせるだけでも充分に難しい動きであり、ズボンの腰廻り前部、つまりは下腹部を覆う部分をまず上げて、次に腰廻りの後部、つまりは臀部を覆う部分を引き上げるとき、極めて無理をして腰を浮かし、両手で力まかせに引き上げるという作業が必要となる。これでは腕力握力のない老人では不可能な作業である。

0004

例え介護者が居て手伝うとしても、まず前部を引き上げ、次に腰を浮かせて後部を引き上げ、前部の引き上げが足りなければ、また前を引き上げ、再び前部に合わせて後部を引き上げるという作業の繰り返しが必要となる。つまり、前部と後部が一体となっているために、重量のある腰を持ち上げて一度で腰廻りの全周を覆うようにズボンを引き上げるのは、極めて困難な作業であった。

課題を解決するための手段

0005

この発明は以上のような課題を解決するためになされたもので、横臥姿勢のままでも着脱容易なズボンを提供することを目的とする。

発明を実施するための最良の形態

0006

この発明にかかるズボンは、腰廻り部分の左右に脚部方向に伸びる所望長さの切れ込みを形成し、腰廻り部分を前部と後部に分け、前部と後部を別々に腰まで引き上げることを可能にしたものである。

0007

この発明にかかるズボンは、腰廻り部分の左右に脚部方向、すなわち起立させた状態で下方向に伸びる所望長さの切れ込みを入れる。この切れ込みにより、腰廻り部分は下腹部を覆う腰廻り前部と臀部を覆う腰廻り後部に分けられることになる。腰廻り部分は単に前部と後部に分けられているだけでなく、腰廻り後部の左右上端は前部に向けて伸ばされている。つまり腰廻り前部と腰廻り後部は互いに重ね合わすことが可能な重ね代となっている。この重ね代部分には互いを接着するために繊維植え込み接着テープ通称マジックテープが重ね合わせる面に向き合わせて取付けられ、両者を重ね合わせることで簡単に接着可能となっている。腰廻り後部の上端左右には、結び紐やベルトを取付けておく。

0008

このようなズボンを履く場合、横臥の姿勢、すなわち横たわったままの姿勢で片脚づつズボンへ入れていき、腰近くまで引き上げる。まず腰廻り前部のみを下腹部を覆うように上げ、次に腰を僅かに浮かせて腰廻り後部を臀部下に滑り込ませるように入れる。腰廻り前部と切れ込みによって分れているため、後部のみを臀部下に入れるのは容易である。腰廻り後部の左右端を臀部から下腹前部側に引き上げ、重ね代を重ねて繊維植え込み接着テープで接着する。テープワンタッチで接着、剥離するため、その作業は極めて容易である。この状態でズボンはズリ下がることがなく、そのまま紐を結んだりやベルトで締めてもよく、或いは体を起こした後に紐を結んだりしてもよい。ズボンを脱ぐ場合は、以上の作業を横になった姿勢のまま逆に行なえばよい。

0009

以下、図に示す実施例に基づきこの発明を詳細に説明する。図において1はこの発明にかかるズボンであり、綿や化繊など通常の布を用いて形成したズボンである。このズボンの腰を包む腰廻り部分の左右に、縦方向に切れ込み2・2が形成してある。この切れ込み2・2により、腰廻り部分が、下腹部を覆う腰廻り前部3と、臀部を覆う腰廻り後部4に分けれられている。この切れ込み2・2の長さは、ズボン1の上端から大腿の上部まで至る程度でよい。腰廻り後部4は、上方に行くにつれて徐々に腰廻り前部3側に廻り込むように伸びている。つまり、腰廻り前部3の左右上端と、腰廻り後部4の左右上端は、ほぼ三角形の形状で互いに重ね合わさるようになっている。この三角形部分が重ね代5となる。

0010

腰廻り前部3の左右上端には繊維を植え込んで互いに接着可能としたテープ、つまりは通称マジックテープの一方6が縫い付けけられている。これに対応して、腰廻り後部4の左右上端にはマジックテープの他方7が縫い付けられている。両者を重ねたとき、マジックテープ6・7の繊維が互いに絡み合って接着する。腰廻り前部3の左右中央部分には、適宜間隔を空けて左右に二箇所、内側にゴムが通してあり、ゴムの弾性によって伸縮可能な伸縮部8となっている。腰廻り後部4の左右中央にも内側にゴムが通してあり、ゴムの弾性によって伸縮可能な伸縮部9となっている。腰廻り後部4の左右端には、各々結び紐10・10が縫い付けられており、ズボン1の前で結ぶことが可能となっている。

0011

以上のズボンを、床に横になった状態で履く作業について説明する。ズボン1に片脚づつ入れ、腰の下までズボン1を引き上げる。腰廻り前部3を下腹部まで上げる。腰廻り前部3と腰廻り後部4が切れ込み2・2によって分れているため、腰廻り前部3のみを引き上げるのは極めて容易である。次に、自分自身で若干腰を浮かすか、介護者の手助けによって腰を床から上げる。そのその床と臀部との隙間に、腰廻り後部4を引き上げる。このときも、腰廻り後部4のみを引き上げればよいため、一度で簡単に引き上げられる。腰廻り後部4の左右上端を前部3の方へ上げてマジックテープ6・7により重ね代5を接着すればよい。このとき既に伸縮部8・9によってズボン1は腰からズリ下がらないようになっている。この状態で結び紐10・10を結ぶか、体を起こして結んでもよい。

0012

ズボン1を脱ぐ場合は、以上の作業を逆に行なえば、容易に脱ぎ去ることが可能である。図では長ズボンの実施例を示しているが、これは脚部の長さが半ズボンのようなものであてもよい。

図面の簡単な説明

0013

この発明は以上のような構成を有するため、以下の効果を得ることが可能である。
腰廻り部分が切れ込みによって腰廻り前部と腰廻り後部に分れているため、横になった姿勢のまま、容易に腰まで引き上げることが可能で、その脱着作業は極めて容易となる。
腰廻り前部と腰廻り後部は、重ね代として後部左右端が前部左右端の上に重なっているため、切れ込みが覆い隠されることになり、下着などが覗き出るようなこともなく、体裁が良好である。
腰廻り前部と腰廻り後部は繊維植え込み接着テープによってワンタッチで接着・剥離が可能であり、ボタンなどと違って、指の不自由な老人などでも簡単に作業が行なえる。

--

0014

図1この発明にかかるズボンを履いた状態の説明図である。
図2ズボンの腰廻り部分の斜視図である。
図3横になった状態でズボンの腰廻り前部を引き上げた状態の側面図である
図4腰廻り後部も引き上げた状態の側面図である。

0015

1ズボン
2切れ込み
3腰廻り前部
4 腰廻り後部
5重ね代
6マジックテープ
7 マジックテープ
8伸縮部
9 伸縮部
10 結び紐

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 加藤好司の「 ウエスト伸縮自在ボトムス」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】広範囲のウエストサイズに変化でき、また、着用者のウエストサイズの動きに対してもそれに追従するフィット性が得られること。【解決手段】ウエストベルト部10の表側及び裏側を形成する延出部11と収容部... 詳細

  • 加藤好司の「 ウエスト伸縮自在ボトムス」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】広範囲のウエストサイズに変化でき、また、着用者のウエストサイズの動きに対してもそれに追従するフィット性が得られること。【解決手段】延出部11と収容部12の間を収容部12の内部で接続部20の平ゴ... 詳細

  • 大薮正子の「 下着」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】 本発明者は、被介護者が、大便処理にともなう不快感を覚えたり、便意を感じたときに看護師のような介護者を煩わせることを気にしたりすることがなくなればよいと感じている。そして、本発明者は、大便処... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ