図面 (/)

技術 介護者及び要介護者用着衣

出願人 株式会社ナーシングサイエンスアカデミー
発明者 原川静子
出願日 1997年9月2日 (22年10ヶ月経過) 出願番号 1997-252799
公開日 1999年3月26日 (21年3ヶ月経過) 公開番号 1999-081010
状態 特許登録済
技術分野 職業用、工業用またはスポーツ用保護衣 上着、コート ズボン、スカート 衣服の細部 整形外科、看護、避妊
主要キーワード せっき 補強ボルト 腰廻り 風呂桶 結び紐 表裏一体 つかみ部 ポータブル便器
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

要介護者が自ら身を支えたり、介護者と自らの力を合わせて身を起こし易くするとともに、介護者にとっても要介護者の引き上げ易くする。

解決手段

介護者用上着1の左右肩口・左右二の腕の外側・左右脇の下に、それぞれ布地によって形成した持ち手状のつかまり部2・3・4を取付ける。要介護者用ズボン5の腰廻り部分の左右両側と、臀部上に各々持ち手状のつかみ部6・7を取付ける。臀部上のつかみ部7は二本を上下に平行に取付ける。

作用

要介護者は、介護者の上着1のつかまり部2・3・4のうちから、適宜位置のつかまり部2・3・4を選択してつかむ。介護者は要介護者用ズボン5の臀部上の二本のつかみ部7を片手一緒につかみ、他方の手で左右両側のいずれかのつかみ部6をつかむ。要介護者は自らの腕の力を使って介護者と力を合わせて立ち上がり、介護者は腰を引き上げることによって、容易に腰を浮かせて立ち上がらせる。

概要

背景

力の衰え老人や、様々な障害疾病によって、自分独自の力で床や椅子ポータブル便器などから立ち上がったり身を起こすことが困難な人たちがいる。このような人たちは、立ち上がったりする場合に、どうしても別の人が介護者となって手助けして立ち上がらせてあげる必要がある。このような介護が必要な要介護者が、例えば椅子にを降ろした姿勢から立ち上がらせるには、介護者が腰をかがめて要介護者の脇の下などに腕を差し入れて、介護者の力のみで要介護者の体を持ち上げて立ち上がらせていた。要介護者の多くは握力も衰えている人が多く、介護者の衣服を掴んでつかまり立ちすることが不可能で、要介護者自らの力は当てにできず、ほとんど介護者に力にまかせっきりになるためであった。

概要

要介護者が自ら身を支えたり、介護者と自らの力を合わせて身を起こし易くするとともに、介護者にとっても要介護者の腰を引き上げ易くする。

介護者用上着1の左右肩口・左右二の腕の外側・左右脇の下に、それぞれ布地によって形成した持ち手状のつかまり部2・3・4を取付ける。要介護者用ズボン5の腰廻り部分の左右両側と、臀部上に各々持ち手状のつかみ部6・7を取付ける。臀部上のつかみ部7は二本を上下に平行に取付ける。

要介護者は、介護者の上着1のつかまり部2・3・4のうちから、適宜位置のつかまり部2・3・4を選択してつかむ。介護者は要介護者用ズボン5の臀部上の二本のつかみ部7を片手一緒につかみ、他方の手で左右両側のいずれかのつかみ部6をつかむ。要介護者は自らの腕の力を使って介護者と力を合わせて立ち上がり、介護者は腰を引き上げることによって、容易に腰を浮かせて立ち上がらせる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
8件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

を有する上着であって、左右の肩口と、左右の二の腕の外側、及び左右の脇の下からに当たる部分に、それぞれ布地によって形成するとともに、両端を縫いつけることにより持ち手状としたつかまり部を取付けてなる介護者用上着。

請求項2

から近くまでを覆う前部と左右肩に掛け肩掛け部を有するエプロンであって、左右の肩口と、左右脇の下と、腰の前面に当たる部分の左右に、それぞれ布地によって形成するとともに、両端を縫いつけることにより持ち手状としたつかまり部を取付けてなる介護者用エプロン

請求項3

布の表面を塩化ビニールなどの合成樹脂材によって防水加工した防水性のエプロンであって、胸から腰に当たる部分のいずれかに、裏面に横に連続して補強ベルトを取付け、表面には補強ベルトに対応してつかまりベルトを縫いつけ、つかまりベルトの複数箇所は所望長さ補強ベルトと縫合せずに持ち手状のつかまり部としてなる介護者用防水エプロン

請求項4

腰廻り部分の左右両側に、布地からなるつかみ部の両端を上下に縫いつけて持ち手状に縦に取付け、腰廻り部分の臀部上に当たる部分に上下に適宜間隔離して、両端を左右に縫いつけて持ち手状とした布地からなるつかみ部を二個取付けてなる要介護者ズボン

技術分野

0001

この発明は、力の衰え老人など、自身の力だけで体を支えることなどが困難で、他人介護を得て立ち上がったり体を起こす必要のある要介護者や、そのような要介護者に力を貸す介護者が身につける上着エプロンズボンなどの介護者及び要介護者用着衣に関するものである。

背景技術

0002

力の衰えた老人や、様々な障害疾病によって、自分独自の力で床や椅子ポータブル便器などから立ち上がったり身を起こすことが困難な人たちがいる。このような人たちは、立ち上がったりする場合に、どうしても別の人が介護者となって手助けして立ち上がらせてあげる必要がある。このような介護が必要な要介護者が、例えば椅子にを降ろした姿勢から立ち上がらせるには、介護者が腰をかがめて要介護者の脇の下などに腕を差し入れて、介護者の力のみで要介護者の体を持ち上げて立ち上がらせていた。要介護者の多くは握力も衰えている人が多く、介護者の衣服を掴んでつかまり立ちすることが不可能で、要介護者自らの力は当てにできず、ほとんど介護者に力にまかせっきりになるためであった。

発明が解決しようとする課題

0003

このように要介護者の力が当てにできず、介護者の力のみで起き上がらせるには、極めて大きな力が必要である。例えば女性や年少者などが介護者となって成人男性を起き上がらせる場合には、力が不充分なことがあり、不安定な状態でよろめいて両者もろとも転倒して大きな事故を招くことがあった。或いは要介護者を着換えさせる場合に、要介護者を立たせておき、介護者の両手は要介護者の衣服を換えるために塞がってしまい、要介護者が何もつかまるものがない状態となる場合があり、そのようなときに要介護者が介護者もろともよろめいて転倒してしまうということもあった。このように要介護者を立ち上がらせる場合に、出来る限り要介護者が自身の力も合わせてつかまり起き上がって、介護者の力不足を補うことが望まれる。或いは要介護者が立っているときでも、何かにつかまることによりフラつきによる転倒を防止することが望まれる。それも最も近くにいる介護者の衣服に握力のない要介護者でもつかまり易いものがあることが望ましい。身長も異なる要介護者が、しかも様々な姿勢から介護者につかまる場合が想定されるため、つかまる位置も様々に異なるわけで、要介護者が選択的に最適の位置につかまることが可能であることが望ましい。

0004

要介護者の入浴を介護者が手助けする場合がある。介護者は要介護者を風呂桶に入れ、両手で要介護者の体を洗うため、要介護者は何も支えるものがない状態で風呂桶の中で湯につかっている状態となる。風呂桶の中には湯があり、滑り易い状態である。このようなつかまるものがない風呂桶の中で体が滑り、湯の中に体が沈んでしまうことがある。介護者が湯の中から引き上げようとしても、要介護者はであるため、手が滑ってなかなか起き上がらせることが困難である。湯から引き上げるのが遅くなれば、生命にかかわる大事故につながることさえあった。介護者は合成樹脂材によって防水加工したエプロンを身につけて要介護者を風呂に入れることがあり、このエプロンに要介護者がつかまるものを取付けることも考えられるが、合成樹脂材であるために強度が小さく、要介護者の重みに耐えうるようなつかまるものを取付けるのが難しかった。

0005

前記したように介護者が要介護者を椅子などから立ち上がらせる場合、要介護者側にも介護者がつかめるようなものがあることが望まれる。介護者が要介護者の脇の下に腕を入れて立ち上がらせるのは、要介護者が上半身に傷を負っていたりした場合には不可能である。それに、要介護者の脇の下などに腕を入れて立ち上がらせる場合には要介護者の上半身が伸びてしまい、椅子から浮き上がらせるために多大な力と運動量が必要である。最も適切なのは、要介護者の腰を引き上げることである。そのため、介護者が要介護者のズボンなどをつかんで引き上げるのであるが、要介護者の体重を上へ持ち上げるのであるから、やはり極めて大きな握力でズボンの腰廻りをつかんで引き上げる必要があり、介護者がつかみ易いものが要介護者の腰廻りにあることが望まれていた。

課題を解決するための手段

0006

この発明にかかる介護者及び要介護者用着衣は、介護者の上着やエプロンの肩口など複数箇所持ち手状のつかまり部を取付け、合成樹脂材の防水性エプロンには、裏面の補強ベルトによって持ち手状のつかまり部を取付け、要介護者のズボンには腰廻り部の複数箇所につかまり部を取付けることにより、要介護者がつかまったり、介護者が要介護者を引き上げ易くするものである。

発明を実施するための最良の形態

0007

この発明にかかる介護者用上着は、長袖半袖など様々な形状の上着でよく、その左右の肩口と、左右の二の腕の外側、及び左右の脇の下から腰に当たる各部分に、つかまり部を取付けるものである。つかまり部は布地によって形成するもので、両端を上着の服地に縫いつけることにより持ち手状としたものである。

0008

要介護者用のズボンは、長ズボンや半ズボンなど様々な形のズボンでよく、その腰廻り部分に複数個のつかまり部を取付けるものである。まず、腰廻り部分の左右両側に、布地からなるつかみ部の両端を、上下に縫いつける。また臀部の上に当たる部分、つまりは背中の下に当たる部分に上下に二個のつかみ部を取付ける。つかみ部は布地で形成し、両端が左右となるよう縫いつけ、つまりは各つかみ部が横になるようにして、上下に平行につかみ部を取付けるものである。

0009

上記のような上着を着た介護者が、上記のようなズボンを履いた要介護者が椅子などから立ち上がるのを介助する場合、介護者は要介護者の前に立って腰をかがめる。要介護者は介護者の上着に取付けられたつかまり部のいずれかを適宜選択して、その各手で適宜つかまり部につかまる。介護者は要介護者の背後に片方の腕を伸ばし、臀部上の二本のつかまり部を片方の手でつかむ。他方の手で左右両側のつかまり部をつかむ。この状態で介護者は要介護者の腰を起こすように引き上げる。要介護者は腰を浮かされることで脚を踏ん張ることができ、介護者のつかまり部をつかんだ腕の力を利用して、自力を合わせて立ち上がるようにする。このようにして、下肢筋力の低下した、或いは握力のない要介護者も力を出して立ち上がるよう努めることができ、介護者にとっても、要介護者自らの力も得て引き上げるのが容易となる。また要介護者の腰を引き上げることができるので、立ち上がらせるのが容易となる。

0010

介護者が使用するエプロンにも、要介護者がつかまり易いようにつかまり部を設けることが可能である。から近くまでを覆う前部と、左右肩に掛け肩掛け部を有するエプロンにあって、左右の片口に、各々布地によって形成したつかまり部の両端を縫いつけて、持ち手状に取付ける、また左右の脇の下と、腰の前面に当たる部分の左右に、同じく布地によって形成したつかまり部を、両端を抜いつけて持ち手に取付ける。このようなエプロンを着用していれば、上記した上着と同じように、要介護者が選択的に選択してつかまり易くなる。

0011

介護者用エプロンであって、布の表面を合成樹脂材によって防水加工した防水エプロンにも、要介護者がつかまることの出来るつかまり部を設けることが可能である。防水エプロンの胸から腰に当たる部分のいずれかに、裏面に横に連続して補強ベルトを縫いつける。この補強ベルトに対応して、エプロンの前面に、つかまりベルトを縫いつける。つかまりベルトは全長を縫いつけるのではなく、複数箇所を所望長さ補強ベルトに縫いつけずにおき、その部分を持ち手状のつかまり部とする。要介護者がつかまり易いつかまり部となり、そのつかまり部は裏面の補強ベルトによって補強されているので、要介護者の体重がかかってもエプロンから破れ落ちるようなことがない。

0012

以下、図に示す実施例に基づきこの発明を詳細に説明する。図2に示すのは、綿織物によって形成した介護者用の上着1であって、半袖でボタンにより前開きとなった上着1につかまり部2・3・4が取付けられている。まず左右両肩口には、綿製の布地によってベルト状に形成したつかまり部、一端が肩先側に、他端が首側に縫いつけられて、持ち手状に各々取付けられている。そのつかまり部2・2に隣接して、肩先からの方に向って、つかまり部3・3が各々取付けられている。つかまり部3・3も布地によって形成され、両端が上下に適宜間隔空けて縫いつけられて、持ち手状に取付けられている。また左右の脇の下から腰にかかる部分にも、各々両端が上下に適宜間隔を空けて持ち手状につかまり部4・4が各々取付けられている。

0013

図6に示すのは要介護者が着用するズボン5であり、その腰廻り部分の左右に各々、上下に適宜間隔を空けて両端が縫いつけられて、布地からなる持ち手状のつかみ部6・6が取付けられている。また臀部の上、つまりは背中の下の方に当たる部分にも、両端が左右に適宜間隔空けて縫いつけられて、二本のつかみ部7・7が取付けられている。二本のつかみ部7・7は、上下に適宜間隔を空けて平行に取付けられている。

0014

図6に示すズボン5を着用した要介護者を、図2に示すような上着1を着用した介護者が介助して椅子から立ち上がらせる状態を図1に示す。要介護者に、両手で介護者の上着のつかまり部2・3・4のうち、いずれかをつかまらせる。実施例では要介護者は右手で介護者の左肩口のつかまり部2をつかみ、左手で介護者の右脇下のつかまり部4をつかませている。介護者は、一方の腕、実施例では左腕を要介護者の背中に廻し、臀部上のつかみ部7・7を一緒につかみ、右手を要介護者の左側のつかみ部6をつかんでいる。この状態で、介護者は要介護者の腰を引き上げる。要介護者の背後に廻した左手は、二本のつかみ部7・7のいずれもつかんでいるため、臀部上の広い部分を持ち上げることが容易となる。要介護者は、介護者のつかまり部2・4をつかんだまま、自らの力も合わせて立ち上がるよう努める。このように、介護者の力のみでなく、要介護者もつかまり部2・4をつかむことによって自ら腕の力を利用して脚を踏ん張って立ち上がることとなり、介護者が比較的非力な人であっても、要介護者を立ち上がらせるのが容易となる。

0015

図3に示すのは介護者が着用するエプロン8であって、綿などによって形成した前面部9と左右の肩掛け部10・10を有している。肩掛け部10・10の肩口には、左右両端が縫いつけられた持ち手状のつかまり部11・11が各々取付けられている。また左右脇の下には、上下に両端が縫いつけられて同じく持ち手状のつかまり部12・12が各々取付けられている。更につかまり部12・12の直下と前面部9中央にあるポケット13にの左右に縫いつけられて、持ち手状のつかまり部14・14が各々取付けられている。つかまり部12・12は腰を縛る結び紐15・15を通す紐通しとしても兼用されている。このようなエプロン8であれば、上記した上着1と同じように、握力のない要介護者であってもいずれかのつかまり部11・12・14につかまって立ち上がるよう努めることが可能である。

0016

図4及び図5に示すのは、綿素材などからなる布の表面を塩化ビニールなどの合成樹脂材によって防水加工した防水エプロン16に、つかまり部17を複数設けたものであり、エプロン16の胸から腰に至る部分のいずれかの裏面に、布製の補強ベルト18が全長を縫いつけられている。この補強ベルト18に対応して、つまり補強ボルト18と表裏一体となるようにエプロン16の前面にはつかまりベルト19を縫いつけてある。つかまりベルト19は全長を縫いつけるのではなく、左右中間の二箇所が適宜間隔を空けて縫つ合わせず、その部分が持ち手状のつかまり部17・17となっている。つかまりベルト19の左右両端は、エプロン前面より更に左右に延長されており、介護者の背中でバックルにより繋ぐベルト20・20となっている。介護者が風呂などで要介護者の体を洗っているような場合でも、要介護者はエプロン16のつかまり部17・17につかまって、腕の力で湯の中に沈むのを自ら防ぐことが可能である。またつかまりベルト19は補強ベルト18により補強されてエプロン16に取付けられているため、要介護者の体重がかかっても破れてしまうようなことがない。

発明の効果

0017

この発明は以上のような構成を有するため、以下の効果を得ることが可能である。
介護者用上着の比較的動きの少ない安定した箇所である肩口や二の腕や腰に、つかまり部を複数取付けてある。従って、握力のない要介護者であってもそのつかまり部を握ることによって介護者につかまり易く、自らの腕の力を使って脚を踏ん張って立ち上がることが可能となり、介護者に頼りきりになるのではなく、非力な体力の介護者であっても要介護者を立ち上がらせたり身を起こすことを介助可能となる。また要介護者がよろめいたりすることもなくなる。
エプロンの肩口や脇の下や腰前面にもつかまり部を設けることにより、上記上着と同様に要介護者がつかまることが可能となり、同様に要介護者の力を合わせて立ち上がらせることが可能となる。
防水エプロンの前部につかまり部を設けることにより、介護者が要介護者の体を洗っているような場合でも、要介護者は自らの体を支えるようつかまり部をつかむことが可能となり、湯の中に沈むような事故を防ぐことができる。
防水エプロンのつかまりベルトは裏面に縫いつけた補強ベルトに縫いつけてあるため、防水加工した比較的破れ易い材料により形成したエプロンであっても、つかまり部が破れ落ちたりすることがない。
要介護者用ズボンの腰廻りの左右両側と臀部上につかみ部を取付けたため、介護者は要介護者のこれらつかまり部をつかんで腰を引き上げることが可能となり、容易に腰を浮き上がらせることが可能となる。
要介護者用ズボンの臀部上には、上下二本のつかみ部が平行に取付けてあるため、介護者はその二本の臀部を上から腕を伸ばして一緒につかんで引き上げることができ、腰を浮き上がらせるのに最も有効な臀部上の広い面積に当たる部分を力を込めて引き上げるようにでき、腰を容易に浮かせることができる。
つかまり部及びつかみ部は、それぞれ着衣に複数個づつ取付けてあるため、姿勢や状況に応じて選択的に適宜なつかまり部若しくはつかみ部を選んでつかむことが可能であり、介護者にとっても要介護者にとっても体勢に関係なく力を入れ易い。
つかまり部及びつかみ部は布地によって形成してあるため、握力のない者でもつかみ易く、また布製の上着やエプロンなどと違和感がなく、体裁がよい。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 加藤好司の「 ウエスト伸縮自在ボトムス」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】広範囲のウエストサイズに変化でき、また、着用者のウエストサイズの動きに対してもそれに追従するフィット性が得られること。【解決手段】ウエストベルト部10の表側及び裏側を形成する延出部11と収容部... 詳細

  • 加藤好司の「 ウエスト伸縮自在ボトムス」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】広範囲のウエストサイズに変化でき、また、着用者のウエストサイズの動きに対してもそれに追従するフィット性が得られること。【解決手段】延出部11と収容部12の間を収容部12の内部で接続部20の平ゴ... 詳細

  • 國枝武彦の「 医療用圧迫器具」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】患部への不必要な刺激を防ぎ、圧迫の強さを適切に調整可能な医療用圧迫器具を提供することを目的とする。【解決手段】医療用圧迫器具は、体の部位に巻き付くと共に、前記部位に対して一部開いた形状を形成す... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ