図面 (/)

技術 ロール紙保持装置

出願人 東芝テック株式会社
発明者 山口努
出願日 1997年9月16日 (23年2ヶ月経過) 出願番号 1997-250439
公開日 1999年3月23日 (21年8ヶ月経過) 公開番号 1999-079480
状態 特許登録済
技術分野 連続用紙の取扱い ウェブの巻戻し
主要キーワード 剥離台 紙止め 止め溝 引き出し部分 たるむ ロール紙支持軸 セット板 回転慣性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年3月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

ロール紙が軸方向に変位することを防止し、ロール紙の引き出しを円滑にし、ロール紙の回転慣性によってロール紙の引き出し部分にたるみが生じることを防ぐロール紙保持装置を得る。

解決手段

ロール紙13を取り付けるロール紙ホルダシャフト22をフレーム15に固定されたロール紙支持軸21に対して回転自在で軸方向には変位しないように設け、ロール紙ホルダシャフト22のフレーム15側にはロール紙ガイド板23を固定し、一方の端縁をロール紙ガイド板23に当接させたロール紙13の他方の端縁をロール紙セット部材26で押さえる。また、ロール紙ガイド板23のフレーム15側の面には、フレーム15に圧接する付勢部32を設ける。

概要

背景

従来のロール紙保持装置の一例について、図7に基づいて説明する。従来のロール紙保持装置1は、フレーム2に立設されたロール紙支持軸3と、ロール紙支持軸3の軸方向に沿って形成された溝4に着脱自在に取り付けられるクランプ5とからなる。ロール紙6は、ロール紙支持軸3に嵌め込まれた後、端縁をクランプ5で押さえられることによって取り付けられる。ロール紙6は、印字のときに引き出される際にロール紙支持軸3に対して回転する。

概要

ロール紙が軸方向に変位することを防止し、ロール紙の引き出しを円滑にし、ロール紙の回転慣性によってロール紙の引き出し部分にたるみが生じることを防ぐロール紙保持装置を得る。

ロール紙13を取り付けるロール紙ホルダシャフト22をフレーム15に固定されたロール紙支持軸21に対して回転自在で軸方向には変位しないように設け、ロール紙ホルダシャフト22のフレーム15側にはロール紙ガイド板23を固定し、一方の端縁をロール紙ガイド板23に当接させたロール紙13の他方の端縁をロール紙セット部材26で押さえる。また、ロール紙ガイド板23のフレーム15側の面には、フレーム15に圧接する付勢部32を設ける。

目的

本発明は、ロール紙の蛇行を防止することができるロール紙保持装置を得ることを目的とする。

また本発明は、ロール紙が引き出し停止直後に回転方向慣性力によって余分に回転してたるむことを防ぐことができるロール紙保持装置を得ることを目的とする。

さらに本発明は、ロール紙を円滑に引き出すことができるロール紙保持装置を得ることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

フレームに固定されたロール紙支持軸と、前記ロール紙支持軸と嵌合する中空軸状の部材であって、前記ロール紙支持軸に対して回転自在で且つ軸方向に位置固定されたロール紙ホルダシャフトと、前記ロール紙ホルダシャフトの前記フレーム側の端部に取り付けられ、前記ロール紙支持軸に対して前記ロール紙ホルダシャフトと一体的に回転するロール紙ガイド板と、前記ロール紙ガイド板に設けられ前記フレームに弾性的に接触する付勢部と、前記ロール紙ホルダシャフトが嵌合する孔と前記ロール紙ホルダシャフトに取り付けられたロール紙の一端縁押さえるロール紙押さえ面とを有するロール紙セット板と、前記ロール紙ホルダシャフトの任意の位置に前記ロール紙シャフトを固定するセット板固定部材と、を備えることを特徴とするロール紙保持装置

技術分野

0001

本発明は、ロール紙を回転自在に支持するロール紙保持装置に関する。

背景技術

0002

従来のロール紙保持装置の一例について、図7に基づいて説明する。従来のロール紙保持装置1は、フレーム2に立設されたロール紙支持軸3と、ロール紙支持軸3の軸方向に沿って形成された溝4に着脱自在に取り付けられるクランプ5とからなる。ロール紙6は、ロール紙支持軸3に嵌め込まれた後、端縁をクランプ5で押さえられることによって取り付けられる。ロール紙6は、印字のときに引き出される際にロール紙支持軸3に対して回転する。

発明が解決しようとする課題

0003

図7に示すような従来のロール紙保持装置1では、ロール紙6は、ロール紙支持軸3に直接支持され、フレーム2とクランプ5とに挾まれた状態で保持されている。クランプ5がロール紙6の端縁に圧接していると、ロール紙6とフレーム2及びクランプ5との摩擦力が大きくなってロール紙6が回転しにくくなるため引き出しが困難となる。また、逆に、クランプ5とロール紙6の端縁との間の隙間が過大であると、ロール紙6が軸方向に変位して、引き出されたロール紙6が蛇行するという不都合がある。

0004

また、ロール紙6は、引き出し停止直後には回転方向慣性力によって引き出し方向に余分に回転することがあり、この場合には、ロール紙6の引き出し部分にたるみが生じる。たるみが生じている場合には、次にロール紙6が引き出される際、たるみがなくなるまでのトルクと、たるみがなくなった後ロール紙6を回転させるのに要するトルクとに差が生じるので、引き出されたロール紙6の搬送速度が一定でなくなることがあるという不都合がある。

0005

本発明は、ロール紙の蛇行を防止することができるロール紙保持装置を得ることを目的とする。

0006

また本発明は、ロール紙が引き出し停止直後に回転方向の慣性力によって余分に回転してたるむことを防ぐことができるロール紙保持装置を得ることを目的とする。

0007

さらに本発明は、ロール紙を円滑に引き出すことができるロール紙保持装置を得ることを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

請求項1記載の発明のロール紙保持装置は、フレームに固定されたロール紙支持軸と、前記ロール紙支持軸と嵌合する中空軸状の部材であって、前記ロール紙支持軸に対して回転自在で且つ軸方向に位置固定されたロール紙ホルダシャフトと、前記ロール紙ホルダシャフトの前記フレーム側の端部に取り付けられ前記ロール紙支持軸に対して前記ロール紙ホルダシャフトと一体的に回転するロール紙ガイド板と、前記ロール紙ガイド板に設けられ前記フレームに弾性的に接触する付勢部と、前記ロール紙ホルダシャフトが嵌合する孔と前記ロール紙ホルダシャフトに取り付けられたロール紙の一端縁を押さえるロール紙押さえ面とを有するロール紙セット板と、前記ロール紙ホルダシャフトの任意の位置に前記ロール紙シャフトを固定するセット板固定部材とを備える。

0009

したがって、フレームに固定されたロール紙支持軸に対して回転自在であって且つ軸方向には変位しないロール紙ホルダシャフトにロール紙を嵌め込み、ロール紙支持軸に対してロール紙ホルダシャフトと一体的に回転するロール紙ガイド板及びロール紙セット板でロール紙の両端縁を保持すれば、ロール紙はロール紙支持軸に対して回転自在となり、且つ、軸方向には変位しない。

発明を実施するための最良の形態

0010

本発明のロール紙保持装置の実施の一形態について、図1ないし図6に基づいて説明する。本実施の形態では、長尺状の台紙にラベルが貼り付けられたラベルロールをロール紙の一例とし、ラベルに印字するラベルプリンタをロール紙保持装置を備えるプリンタの一例として説明する。

0011

まず、図1は、ラベルプリンタ10の外観を示す斜視図である。ラベルプリンタ10は、ラベル発行口11や、ラベルロール(図示せず)の交換・補充の際に開閉されるカバー12を有している。

0012

図2は、ラベルプリンタ10の内部構成を概略的に示す縦断右側面図であり、図2における左側がラベルプリンタ10の正面側である。ラベルロール13が取り付けられるロール紙保持装置14は、ラベルプリンタ10内のフレームであるセンターフレーム15に設けられている。ラベルロール13は、台紙16にラベル17が貼り付けられたものである。

0013

ラベルプリンタ10内の正面側には、ラベル17に印字する印字部18と、台紙16からラベル17を剥がす剥離台19とが設けられ、印字部18の下方には、台紙16を巻き取る巻取コア20が設けられている。印字部18で印字されて台紙16から剥がされたラベル17は、ラベル発行口11からラベルプリンタ10外へと発行される。

0014

図3は、ロール紙保持装置14の分解斜視図である。ロール紙保持装置14は、ロール紙支持軸21と、ロール紙ホルダシャフト22と、ロール紙ガイド板23と、ロール紙セット板24と、ロール紙セット板24を固定するセット板固定部材であるセットレバー25とを備えている。また、図4は、ロール紙ガイド板23が取り付けられたロール紙ホルダシャフト22がロール紙支持軸21に嵌合された様子を示す縦断正面図である。そして、図5は、図3に示すロール紙セット板24とセットレバー25とが組み合わせられたロール紙セット部材26を示す斜視図である。

0015

ロール紙支持軸21は、センターフレーム15に略垂直に立設されており、中空軸状のロール紙ホルダシャフト22が嵌合される。ロール紙支持軸21の先端には、ロール紙ホルダシャフト22が嵌合した後にEリング27が嵌め込まれるシャフト止め溝28が形成されている。

0016

ロール紙ホルダシャフト22のセンターフレーム15側の端縁には、ロール紙ガイド板23が取り付けられる。ロール紙ホルダシャフト22には、軸方向に突出した複数本の爪29が設けられている。爪29は、爪29の先端内周側から根元外周側に向かう斜面30aと、斜面30aの根元側から連続して軸方向に直交する係合面30bとからなる係合部30を有している。ロール紙ガイド板23には、係合溝31が形成されている。爪29は、斜面30aを係合溝31の縁に摺動させながら内周側に撓められて係合溝31に差し込まれ、係合面30bまで差し込まれると撓んだ状態から復帰し、係合面30bが係合溝31の縁にひっかかって、ロール紙ガイド板23がロール紙ホルダシャフト22に固定される。

0017

ロール紙ガイド板23のセンターフレーム15側には、付勢部である板バネ32が一体的に形成されている。

0018

ロール紙ガイド板23が固定されたロール紙ホルダシャフト22は、ロール紙支持軸21に嵌合され、その後、シャフト止め溝28にEリング27が嵌め込まれる。ここで、センターフレーム15からシャフト止め溝28までの長さは、板バネ32がセンターフレーム15に圧接する程度に設定されている。

0019

ロール紙ホルダシャフト22の両端部の内周には、軸方向に沿った複数個リブ33が設けられている。ロール紙ホルダシャフト22は、これらの複数個のリブ33によってロール紙支持軸21に線接触する。

0020

ロール紙セット部材26は、ロール紙セット板24とセットレバー25とが組み合わせられたものである。ロール紙セット板24は、ラベルロール13の端縁に当接されるロール紙押さえ面34と、ロール紙ホルダシャフト22に嵌合する孔35とを有している。

0021

孔35の縁には、シャフト押さえ36が軸方向に突出するように形成されている。シャフト押さえ36は、ロール紙押さえ面34の反対側に突出した短い円筒を軸方向に沿って二分割したような形状であり、半径方向に屈撓可能である。シャフト押さえ36の端縁には、ロール紙押さえ面34に略平行で軸方向に屈撓可能なレバー抜け止め37が形成されている。

0022

レバー抜け止め37を屈撓させてシャフト押さえ36をセットレバー25に押し込み、レバー抜け止め37をセットレバー25の端面に復帰させると、図5に示すロール紙セット部材26が形成される。

0023

セットレバー25の内周面の二箇所には突起38が設けられており、シャフト押さえ36の外周面には突起38が嵌まり込む窪み39が形成されている。窪み39に突起38が嵌まり込んでいる状態では、シャフト押さえ36は撓んでいない。セットレバー25の外周面には、セットレバー25を回転させる際に指を掛けるレバー40が二本設けられている。セットレバー25をシャフト押さえ36に対して回転させると、シャフト押さえ36は、窪み39から出た突起38によって半径方向に押圧され、内側に撓む。

0024

ここで、ロール紙ホルダシャフト22の外周面には、軸方向に沿ってガイド溝41が形成されており、孔35の内周にはガイド溝41に摺動自在に係合する回り止め42が突設されており、ロール紙セット板24がロール紙ホルダシャフト22に対して回転することが防止される。

0025

このような構成において、ロール紙ガイド板23が固定されたロール紙ホルダシャフト22をロール紙支持軸21に嵌合し、シャフト止め溝28にEリング27を嵌め込む(図4参照)。この状態では、板バネ32がセンターフレーム15に圧接している。また、ロール紙支持軸21とロール紙ホルダシャフト22とは、ロール紙ホルダシャフト22の両端部内周面に設けられたリブ33で線接触している。

0026

次に、ラベルロール13をロール紙ホルダシャフト22に取り付ける。ラベルロール13の一端縁はロール紙ガイド板23に当接させ、他端縁はロール紙セット部材26によって押さえる。

0027

ロール紙セット部材26をロール紙ホルダシャフト22に固定するには、まず、図6(a)に示すように、ガイド溝41に回り止め42を合わせてロール紙ホルダシャフト22にロール紙セット部材26を嵌合し、ラベルロール13の端縁にロール紙押さえ面34を当接させ、次に、図6(b)に示すように、突起38が窪み39から外れる位置までセットレバー25を回転させる。この状態では、突起38で押圧されて撓められたシャフト押さえ36の内周面がロール紙ホルダシャフト22に圧接して、ロール紙セット部材26がロール紙ホルダシャフト22に固定される。

0028

ロール紙保持装置14に保持されたラベルロール13が引き出される際には、ラベルロール13とともにロール紙ホルダシャフト22とロール紙ガイド板23とロール紙セット部材26とが一体的にロール紙支持軸21に対して回転する。

0029

本実施の形態によれば、ラベルロール13はロール紙ホルダシャフト22の軸方向に変位せず、ロール紙ホルダシャフト22はロール紙支持軸21の軸方向に変位しないので、引き出されたラベルロール13が蛇行することがない。また、センターフレーム15に板バネ32が圧接しているので、引き出し停止直後にラベルロール13が回転方向の慣性力によって余分に回転することが抑えられるため、ラベルロール13の引き出し部分がたるむことが防止される。さらに、ロール紙ホルダシャフト22はリブ33でロール紙支持軸21に線接触しているので、摩擦力が小さく、回転が円滑である。

0030

なお、本実施の形態では、レバー40が二本形成されているが、実施にあたっては、レバー40が設けられていなくてもよい。

発明の効果

0031

請求項1記載の発明では、フレームに固定されたロール紙支持軸に、ロール紙ホルダシャフトが軸方向には変位せず回転自在であるように取り付けられ、ロール紙ホルダシャフトのフレーム側の端縁にロール紙ガイド板が固定され、このロール紙ガイド板とロール紙ホルダシャフトの任意の位置に位置固定可能なロール紙セット部材とによりロール紙が挾持されるので、ロール紙の軸方向に変位することによる蛇行を防止することができ、また、ロール紙ガイド板に設けられた付勢部がフレームに圧接しているため、引き出し停止直後の回転方向の慣性力によってロール紙が余分に引き出されてたるむことを防止することができる。

図面の簡単な説明

0032

図1本発明の実施の一形態のロール紙保持装置を備えるプリンタの外観を示す斜視図である。
図2図1のプリンタの内部構成を概略的に示す縦断右側面図である。
図3ロール紙保持装置の分解斜視図である。
図4ロール紙ガイド板が固定されたロール紙ホルダシャフトを取り付けたロール紙支持軸の軸方向に沿った断面図である。
図5ロール紙止め部の斜視図である。
図6ロール紙止め部の縦断側面図である。
図7従来のロール紙保持装置の一例を示す斜視図である。

--

0033

10プリンタ
13ロール紙
14ロール紙保持装置
15フレーム
21ロール紙支持軸
22ロール紙ホルダシャフト
23ロール紙ガイド板
24 ロール紙セット板
25セット板固定部材
32付勢部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社リコーの「 接触部材、乾燥装置、及び印刷装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】 繊維層を表面に有する接触部材と被接触部材との間に圧力が印加された状態で被接触部材が搬送される場合、繊維層において被接触部材と接触していた領域と接触していなかった領域との間に境界部が生じるこ... 詳細

  • 株式会社リコーの「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】張力制御により生ずる周期的なウェブの変動による画像の質の低下への影響を抑制する画像形成装置を提供する。【解決手段】ウェブに対して液滴を吐出して画像を形成する画像形成装置であって、張力を付与しな... 詳細

  • セイコーエプソン株式会社の「 複合機」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】メンテナンスを行う際のユーザーの利便性に優れた複合機を提供する。【解決手段】複合機1は、給紙口及び排紙口を有する読取装置3の読取搬送経路に設けられ、用紙を搬送する駆動ローラーと、駆動ローラーが... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ