図面 (/)

技術 暗記用ノート

出願人 名田修
発明者 名田修
出願日 1997年9月10日 (23年3ヶ月経過) 出願番号 1997-265081
公開日 1999年3月23日 (21年8ヶ月経過) 公開番号 1999-078300
状態 特許登録済
技術分野 電気的に作動する教習具 カード 本・特殊印刷物
主要キーワード 繰り返し記載 折り返し面 正誤確認 バインダー式 位取り 単語カード 暗記学習 表示カード
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年3月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

英語等の外国語の単語、歴史年表地理化学物理数学公式国語や古語の漢字や単語等の暗記ができたかどうかの確認がし易いとともに、単語等を確実に暗記することができ、また、授業中や授業の予習等にも使用できる暗記学習を効率的に行うことができる暗記用ノートを提供することを目的とする。

解決手段

本発明における暗記用ノートは、暗記する単語等を記載する筆記欄1を有した一面と、記憶した前記単語等の語意等を記載する記憶欄3及び記憶した前記単語等を記載する取り出し欄3を有した他面と、からなる用紙で構成されている。

概要

背景

従来、英語等の外国語の単語等を暗記する際には、通常のノートや、細長長方形カードの一端部に孔を開けた多数のカードをリングクリップ束ね単語カード等が用いられている。通常のノートを用いて単語の暗記をする場合、片側に単語を、その隣に単語の訳や発音等を記載し、一方を隠して単語や単語の訳等を思い浮かべることにより単語の暗記学習を行うことが一般的である。また、単語カードを用いて単語の暗記をする場合、単語カードの表裏に単語とその訳を書き、単語カードの表又は裏を見て他面に記載した単語や訳を思い浮かべることにより単語の暗記学習を行っている。しかしながら、通常のノートでは、単語又は訳の一方を隠して単語の暗記学習を行っているため、手間がかかり暗記の効率に欠けるという問題点を有していた。また、単語カードでは、1枚のカードに書き込める文字数が制限され使用性に欠けるという問題点を有していた。そこで、これらの問題点を解決し、より効率のよい暗記学習を行うための暗記用ノートとして、以下のものが開示されている。
a,実開昭61−164767号公報(以下、イ号公報という)に開示された、ノート用紙各枚ごとに、左側に記載することができる余白を残し、ノート用紙右側部分を、折り返し面を折り返し部分で折ることによって覆うことができる記憶用ノート。
b,実開平7−4059号公報(以下、ロ号公報という)に開示された、横罫線を引いた紙面に、英単語を記載する単語欄を左側に、対応する語意日本語で記載する語意欄を右側に設け、これら両欄の間に左側の単語チェック欄と右側の語意チェック欄に分けたチェック欄を設けた単語ノート。
c,実開平7−23569号公報(以下、ハ号公報という)に開示された、ノートの紙面に複数の書込み用書込み枠を並べて配列するとともに、隣り合う各2つの書込み枠が互いに異なる縁取りで形成された暗記ノート。
d,特公平7−73954号公報(以下、ニ号公報という)に開示された、適数冊の英単語等暗記用単語帳単体から構成され、各英単語等暗記用単語帳単体は、平面左右に横長の長方形に構成されたカードをもって、上方から下方に仕切カード、単語等表示カードが順に積層されているとともに、一方縁部分で綴込まれた状態に構成され、各単語等表示カードには単語等表示部が形成され、この邦文訳が2段併記の状態で表示されている単語表示が適数段設けられているとともに、単語表示は単語等表示カードごとに異なる色で構成された英単語等暗記用単語帳。

概要

英語等の外国語の単語、歴史年表地理化学物理数学公式国語や古語の漢字や単語等の暗記ができたかどうかの確認がし易いとともに、単語等を確実に暗記することができ、また、授業中や授業の予習等にも使用できる暗記学習を効率的に行うことができる暗記用ノートを提供することを目的とする。

本発明における暗記用ノートは、暗記する単語等を記載する筆記欄1を有した一面と、記憶した前記単語等の語意等を記載する記憶欄3及び記憶した前記単語等を記載する取り出し欄3を有した他面と、からなる用紙で構成されている。

目的

本発明は上記従来の課題を解決するもので、英語等の外国語の単語、歴史の年表、地理、化学、物理や数学の公式、国語や古語の漢字や単語等を記憶できたかどうかの確認がし易いとともに、単語等を確実に暗記することができ、暗記学習を効率的に行うことができ、また、授業中や授業の予習等にも使用できる暗記用ノートを提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

暗記する単語等を記載する筆記欄を有した一面と、記憶した前記単語等の語意等を記載する記憶欄及び記憶した前記単語等を記載する取り出し欄を有した他面と、からなる用紙で構成されていることを特徴とする暗記用ノート

請求項2

前記用紙の前記他面に、前記単語等の記憶日と前記単語等の取り出し日を記載する日付欄と、及び/又は前記単語等の付随事項を記載する備考欄と、を備えていることを特徴とする請求項1に記載の暗記用ノート。

請求項3

前記記憶欄の各単位記憶欄及び前記取り出し欄の各単位取り出し欄が、各々前記日付欄を備えていることを特徴とする請求項1又は2に記載の暗記用ノート。

請求項4

前記用紙の前記他面が、2以上の前記記憶欄及び前記取り出し欄を有し、各前記記憶欄及び前記取り出し欄に各々前記日付欄を備えていることを特徴とする請求項1又は2に記載の暗記用ノート。

技術分野

(8)該暗記ノートの1頁を数日に別けて使用することができ、使用性に優れるとともに、各記憶欄と取り出し欄に各々日付欄を備えているため、暗記学習学習状況の管理が容易にできる。

背景技術

0001

本発明は、英語等の外国語の単語、歴史年表地理化学物理数学公式国語や古語の漢字や単語等の暗記をする際に用いられる暗記用ノートに関するものである。

発明が解決しようとする課題

0002

従来、英語等の外国語の単語等を暗記する際には、通常のノートや、細長長方形カードの一端部に孔を開けた多数のカードをリングクリップ束ね単語カード等が用いられている。通常のノートを用いて単語の暗記をする場合、片側に単語を、その隣に単語の訳や発音等を記載し、一方を隠して単語や単語の訳等を思い浮かべることにより単語の暗記学習を行うことが一般的である。また、単語カードを用いて単語の暗記をする場合、単語カードの表裏に単語とその訳を書き、単語カードの表又は裏を見て他面に記載した単語や訳を思い浮かべることにより単語の暗記学習を行っている。しかしながら、通常のノートでは、単語又は訳の一方を隠して単語の暗記学習を行っているため、手間がかかり暗記の効率に欠けるという問題点を有していた。また、単語カードでは、1枚のカードに書き込める文字数が制限され使用性に欠けるという問題点を有していた。そこで、これらの問題点を解決し、より効率のよい暗記学習を行うための暗記用ノートとして、以下のものが開示されている。
a,実開昭61−164767号公報(以下、イ号公報という)に開示された、ノート用紙各枚ごとに、左側に記載することができる余白を残し、ノート用紙右側部分を、折り返し面を折り返し部分で折ることによって覆うことができる記憶用ノート。
b,実開平7−4059号公報(以下、ロ号公報という)に開示された、横罫線を引いた紙面に、英単語を記載する単語欄を左側に、対応する語意日本語で記載する語意欄を右側に設け、これら両欄の間に左側の単語チェック欄と右側の語意チェック欄に分けたチェック欄を設けた単語ノート。
c,実開平7−23569号公報(以下、ハ号公報という)に開示された、ノートの紙面に複数の書込み用書込み枠を並べて配列するとともに、隣り合う各2つの書込み枠が互いに異なる縁取りで形成された暗記ノート。
d,特公平7−73954号公報(以下、ニ号公報という)に開示された、適数冊の英単語等暗記用単語帳単体から構成され、各英単語等暗記用単語帳単体は、平面左右に横長の長方形に構成されたカードをもって、上方から下方に仕切カード、単語等表示カードが順に積層されているとともに、一方縁部分で綴込まれた状態に構成され、各単語等表示カードには単語等表示部が形成され、この邦文訳が2段併記の状態で表示されている単語表示が適数段設けられているとともに、単語表示は単語等表示カードごとに異なる色で構成された英単語等暗記用単語帳。

0003

しかしながら、上記従来の暗記用ノートは以下の課題を有していた。イ号公報に記載の記憶用ノートでは、単語等を記載した部分を一度に全て折り返し面で覆うため、1語づつの単語やその訳の確認等の部分的な確認ができず、使用性に欠けるという課題を有していた。また、単語等を書きながら暗記する際には他の用紙を必要とし、該記憶用ノートだけでは効率のよい単語の学習がし難いという課題を有していた。ロ号公報に記載の単語ノートでは、単語欄又は語意欄を覆って語意又は単語を言い当てられるかどうかにより単語等の暗記を行うため、単語欄又は語意欄を覆うものを要すとともに、単語等を書きながら暗記する際には他の用紙を必要とし、使用性に欠け、該単語ノートだけでは効率のよい単語の学習がし難いという課題を有していた。ハ号公報に記載の暗記ノートでは、該暗記ノートに記載した単語等が暗記できたかどうかを確認することができず、確実に暗記できたものも含めて繰り返し暗記学習を行うことになり、学習効率に欠けるという課題を有していた。ニ号公報に記載の英単語等暗記用単語帳では、該英単語等暗記用単語帳の左端を持ち、右端の下部の最上部のカード先端に指を当てて最下部のカードへ向かって指の先端で滑らすようにしてカード50枚につき約10秒前後でカードをめくりながらカードに書かれた単語と訳を注視して単語の暗記学習を行うため、カードに記載した単語等が暗記できたかどうかを確認し難いとともに、確実に暗記した単語等も含めて繰り返し暗記学習を行うことになり、学習効率に欠けるという課題を有していた。また、従来の暗記学習の際には、わら半紙等の紙に暗記する単語等を書いて暗記していたので、単語等を書いたわら半紙等の紙を紛失し易く、後日、暗記内容を確認することができず確実な暗記がし難く、暗記学習の効率に欠けるという課題を有していた。

課題を解決するための手段

0004

本発明は上記従来の課題を解決するもので、英語等の外国語の単語、歴史の年表、地理、化学、物理や数学の公式、国語や古語の漢字や単語等を記憶できたかどうかの確認がし易いとともに、単語等を確実に暗記することができ、暗記学習を効率的に行うことができ、また、授業中や授業の予習等にも使用できる暗記用ノートを提供することを目的とする。

0005

上記従来の課題を解決するために本発明における暗記用ノートは、以下の構成を有している。請求項1に記載の暗記用ノートは、暗記する単語等を記載する筆記欄を有した一面と、記憶した前記単語等の語意等を記載する記憶欄及び記憶した前記単語等を記載する取り出し欄を有した他面と、からなる用紙で構成されている。これにより、英語等の外国語の単語を暗記する場合、筆記欄に暗記する単語を繰り返し記載して記憶した後、その単語の語意を記憶欄に記載しておき、翌日、記憶欄に記載した語意を見て取り出し欄にその単語を記載できるかどうかで単語が暗記できたかどうかを確認することができるとともに、2日に渡って同じ単語の暗記学習ができ確実に単語を暗記できるという作用を有する。また、筆記欄を見直すことにより取り出し欄に記載した単語の正誤確認ができるという作用を有する。また、筆記欄と記憶欄及び取り出し欄が用紙の表裏に形成されているため、筆記欄で繰り返し記載して記憶した単語等を取り出し欄に記載する際に、筆記欄が隠れるので確実に暗記ができているかどうかの確認ができるとともに、暗記ができていない場合には、取り出し欄の裏面の筆記欄を見るだけで暗記できなかった単語等の確認ができるという作用を有する。ここで、記憶欄と取り出し欄は、暗記する単語等の内容の確認がし易いため、罫線で区切られた単位記憶欄や単位取り出し欄で形成されたものが好適に用いられるが、罫線による区切りのない記憶欄や取り出し欄を用いてもよい。また、記憶欄と取り出し欄は、上下又は左右に隣り合わせで作成するのが望ましい。単語の暗記学習の場合、記憶欄に記載した単語の語意の隣にある取り出し欄にその単語を記載できるため、語意と単語の対応関係をいつでも瞬時に読み取ることができる。その他、歴史の年表の暗記や、地理、化学、物理や数学の公式、国語や古語の漢字や単語等の暗記にも同様に利用できるとともに、授業中に出てきた暗記内容等を記憶欄に記載させることにより授業にも使用することができ、また、授業中に記憶欄等に授業中の説明等を記入して使用することもできる。尚、暗記用ノートとしては、一側部を綴じたノート式のものやバインダー式のものが含まれる。

0006

本発明の請求項2に記載の暗記用ノートは、請求項1に記載の発明において、前記用紙の前記他面に、前記単語等の記憶日と前記単語等の取り出し日を記載する日付欄と、及び/又は前記単語等の付随事項を記載する備考欄と、を備えた構成を有している。これにより、日付欄に単語の記憶日と取り出し日を記載することができ、暗記学習の学習状況の管理ができるという作用を有する。また、備考欄を備えることにより、記憶した単語等に付随する事項も書き込むことができ、該暗記用ノート1冊だけで記憶から暗記の確認までの暗記学習ができるという作用を有する。

0007

本発明の請求項3に記載の暗記用ノートは、請求項1又は2に記載の発明において、前記記憶欄の各単位記憶欄及び前記取り出し欄の各単位取り出し欄が、各々前記日付欄を備えた構成を有している。これにより、各単位記憶欄や単位取り出し欄毎に日付を記載することができ、暗記学習等の学習状況の管理が容易にできるとともに、該暗記用ノートの1頁を数日に別けて使用することもできるという作用を有する。ここで、日付欄としては、単位記憶欄と単位取り出し欄の各々の欄外の上下左右のいずれかや、各単位欄内等の任意の位置に形成される。単位記憶欄と単位取り出し欄を一度に何欄使用しても、使用した日付を各単位欄毎に記載することができるため、学習状況の管理がし易い。

0008

本発明の請求項4に記載の暗記用ノートは、請求項1又は2に記載の発明において、前記用紙の前記他面が、2以上の前記記憶欄及び前記取り出し欄を有し、各前記記憶欄及び前記取り出し欄に各々前記日付欄を備えた構成を有している。これにより、該暗記用ノートの1頁を数日に別けて使用することができるとともに、各記憶欄と取り出し欄に各々日付欄を備えているため、暗記学習の学習状況の管理ができるという作用を有する。ここで、日付欄としては、記憶欄と取り出し欄の各々の欄外の上下左右のいずれかや、各欄内等の任意の位置に形成される。使用した日付を各欄毎に記載することができるため、学習状況の管理がし易い。また、2以上の記憶欄及び取り出し欄は、上下又は左右に隣り合わせて形成される。縦型横型のノート等任意の形状のノートで該暗記用ノートを形成できる。

0009

(実施の形態1)本発明の実施の形態1における暗記用ノートについて、以下図面を用いて説明する。図1は実施の形態1における暗記用ノートの筆記欄を有した一面を示す図であり、図2は実施の形態1における暗記用ノートの他面を示す図であり、図3は実施の形態1における暗記用ノートの見開きを示す図である。図中、1は実施の形態1における暗記用ノートの一面に罫線を引いて作成された筆記欄、2は実施の形態1における暗記用ノートの他面(裏面)の左側に作成された7つの欄からなる記憶欄、2aは罫線で区切られた記憶欄2の単位記憶欄、3は記憶欄2の隣に記憶欄2に対応して作成された取り出し欄、3aは記憶欄2の単位記憶欄2aと同数の罫線で区切られた取り出し欄3の単位取り出し欄、4aは記憶欄2の上部に作成された日付欄、4bは取り出し欄3の上部に作成された日付欄、5は記憶欄2と取り出し欄3の下方に作成された備考欄である。尚、図3に示すように、筆記欄1は該暗記用ノートの見開きの左側、記憶欄2及び取り出し欄3等は見開きの右側に位置し、暗記学習において、一面に筆記欄1、他面に記憶欄2や取り出し欄3等を有した該暗記用ノートの一枚の用紙が用いられる。

0010

以上のように構成された実施の形態1の暗記用ノートの使用例について、以下英単語の暗記学習を例に説明する。一日に暗記する英単語を筆記欄1に繰り返し記載することにより記憶し、筆記欄1の裏面の日付欄4aに筆記欄1に記載した単語の記憶日を記載するとともに、記憶欄2の単位記憶欄2aに各英単語の語意を記載する。筆記欄1に英単語を記載して記憶した翌日、日付欄4bに取り出し日を記載するとともに、前日単位記憶欄2aに記載した英単語の語意を見ながら、記憶欄2と隣り合う取り出し欄3の単位取り出し欄3aに前日記憶した英単語を記載する。また、単位取り出し欄3aに英語の例文等を記載してもよく、備考欄5に暗記した英単語に関する文法や語法、発音等の付随事項を記載してもよい。ここで、前日筆記欄1に繰り返し記載して記憶した英単語を各単位記憶欄2aの語意を見ながら各単位取り出し欄3aに記載することができれば、その英単語は暗記できたことになる。また、各単位取り出し欄3aに各単位記憶欄2aに記載した語意に対応する英単語を記載できなかった場合、筆記欄1を見直して再度暗記する。尚、本実施の形態1では一側部が綴じたノート型のもので説明したが、表面に筆記欄、裏面に記憶欄及び取り出し欄を設けたルーズリーフ型にしてもよい。

0011

以上のように実施の形態1における暗記用ノートは構成されているので、以下の作用を有する。筆記欄に暗記する英単語を繰り返し記載して記憶するとともに、記憶欄の各単位記憶欄に英単語の語意を記載し、翌日、単位記憶欄の語意を見て単位取り出し欄にその英単語を記載できるかどうかで英単語が暗記できたかどうかを確認することができるという作用を有する。また、筆記欄に繰り返し記載して記憶した英単語を暗記できたかどうかを、暗記した翌日に確認できるため、2日に渡って同じ英単語の暗記学習ができ、確実に英単語を暗記できるという作用を有する。また、該暗記用ノートが、一面に筆記欄、他面に記憶欄や取り出し欄等を有した用紙からなるため、該暗記用ノート1冊だけで記憶から暗記の確認までの暗記学習ができるという作用を有する。また、記憶欄や取り出し欄等が記載された面の裏面の筆記欄を見直すだけで取り出し欄に記載した単語の正誤確認ができるとともに、過去に記憶した英単語も該暗記用ノートのいずれかの筆記欄に記載されているため、記憶した英単語の確認が容易にでき、確実に暗記できるという作用を有する。また、備考欄に文法や語法、発音等の記憶した英単語の付随事項を記載することにより、記憶欄と取り出し欄を有した面を見るだけで、英単語や語意に加えてその英単語の付随事項も確認することができるという作用を有する。

0012

(実施の形態2)本発明の実施の形態2における暗記用ノートについて、以下図面を用いて説明する。図4は実施の形態2における暗記用ノートの記憶欄及び取り出し欄を示す図である。尚、実施の形態1と同様のものには同一の符号を付して説明を省略する。図中、6aは記憶欄2の各単位記憶欄2a内の下方に形成され単語等を記憶した日を記載する日付欄、6bは取り出し欄3の各単位取り出し欄3a内の下方に形成され記憶した単語等を取り出した日を記載する日付欄である。以上のように実施の形態2における暗記用ノートは構成されているので、1頁に形成されている全ての単位記憶欄や単位取り出し欄を一度に使用しなかった場合にも、使用した単位記憶欄や単位取り出し欄の日付欄に、記憶した日や記憶した単語等を取り出して記載した日を記載でき、1頁を数回に別けて使用することができるとともに、1頁を数回に別けて使用した場合にも学習状況の管理が容易にできるという作用を有する。

0013

(実施の形態3)本発明の実施の形態3における暗記用ノートについて、以下図面を用いて説明する。図5は実施の形態3における暗記用ノートの記憶欄及び取り出し欄を示す図である。尚、実施の形態1と同様のものには同一の符号を付して説明を省略する。図中、2′は記憶欄2の下方に形成された記憶欄、3′は取り出し欄3の下方に形成された取り出し欄、7aは記憶欄2,2′の上方に各々形成され単語等を記憶した日を記載する日付欄、7bは取り出し欄3,3′の上方に各々形成され記憶した単語等を取り出した日を記載する日付欄である。以上のように実施の形態3における暗記用ノートは構成されているので、1頁を数回に別けて使用できるとともに、各記憶欄及び取り出し欄の各々に日付欄を備えているため、記憶した日や取り出した日を記載でき学習状況の管理が容易にできるという作用を有する。

図面の簡単な説明

0014

以上のように本発明における暗記用ノートによれば、以下の優れた効果を実現できる。請求項1に記載の発明によれば、
(1)英語等の外国語の単語、歴史の年表、地理、化学、物理や数学の公式、国語や古語の漢字や単語等を暗記する場合、筆記欄に暗記する単語等を繰り返し記載して記憶した後、その単語等の語意等を記憶欄に記載しておき、翌日、記憶欄に記載した語意等を見て取り出し欄にその単語等が記載できるかどうかで単語等を暗記できたかどうかを確認することができ、暗記できなかった単語等だけを再度暗記学習することができ、記憶から暗記の確認までの暗記学習の効率を著しく向上できる。
(2)筆記欄に単語等を繰り返し記載して記憶するとともに、記憶欄に記憶した単語等の語意等を記載しておき、翌日記憶欄を見ながら記憶した単語等を取り出し欄に記載することにより暗記学習を行うため、2日に渡って同じ単語等の暗記学習ができ、一度記憶した単語等を確実に暗記でき、効率のよい暗記学習ができる。
(3)筆記欄に単語等を記載しながら暗記学習ができるとともに、暗記ができたかどうかの確認を、取り出し欄に記憶した単語等を記載することによりでき、また、筆記欄を見るだけで暗記した単語等の正誤の確認ができるため、該暗記用ノートだけで記憶から暗記の確認までの暗記学習ができ、更に、繰り返し単語等を記載して記憶する際に、従来のように記憶時に使用した紙等を紛失することがなく、該暗記用ノートの筆記欄のいずれかを見るだけで過去の記憶の確認が容易にでき、暗記学習の効率を向上できるとともに、確実に単語等を暗記できる。
(4)該暗記用ノートを自学自習に使用する他、授業中に出てきた重要な単語等や語意等をその都度記載することにより、授業中に使用することもでき、授業の予習をしなかった場合にも授業用のノートとして使用できるとともに、単語等の宿題にも使用でき汎用性に優れる。請求項2に記載の発明によれば、請求項1における効果に加え、
(5)日付欄に単語等の記憶日と、単語等を暗記できたかどうかを確認した取り出し日を記載することができ、暗記学習の学習状況の管理ができ、暗記学習の効率を向上できる。
(6)備考欄を備えることにより、暗記した単語等の付随事項を備考欄に記載できるとともに、記憶欄や取り出し欄等を有した面を見るだけでいつでも瞬時に暗記事項の確認等ができ、該暗記用ノート1冊だけで暗記学習を効率的に行うことができる。請求項3に記載の発明によれば、請求項1又は2における効果に加え、
(7)各単位記憶欄や単位取り出し欄毎に日付を記載することができ、暗記学習等の学習状況の管理が容易にできるとともに、該暗記用ノートの1頁を数日に別けて使用することもでき、汎用性に優れる。請求項4に記載の発明によれば、請求項1又は2における効果に加え、

--

0015

図1実施の形態1における暗記用ノートの筆記欄を有した一面を示す図
図2実施の形態1における暗記用ノートの他面を示す図
図3実施の形態1における暗記用ノートの見開きを示す図
図4実施の形態2における暗記用ノートの記憶欄及び取り出し欄を示す図
図5実施の形態3における暗記用ノートの記憶欄及び取り出し欄を示す図

0016

1筆記欄
2,2′ 記憶欄
2a 単位記憶欄
3,3′ 取り出し欄
3a 単位取り出し欄
4a,4b,6a,6b,7a,7b日付欄
5 備考欄

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ