図面 (/)

技術 介護用入浴装置

出願人 北川安洋
発明者 北川安洋
出願日 1997年9月12日 (22年6ヶ月経過) 出願番号 1997-249142
公開日 1999年3月23日 (20年11ヶ月経過) 公開番号 1999-076352
状態 未査定
技術分野 病弱者のベッド及びその関連設備 医療用入浴、洗浄装置
主要キーワード 長辺部材 各脚部材 昇降台車 延設端 平面略長方形 索状体 横臥状態 滑り部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年3月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

本発明は、寝たきりの人等を介護する介護者の労力の軽減を図ることを主たる目的として寝たきりの人等を容易に入浴させることができる介護用入浴装置を提供することを課題とする。

解決手段

浴槽2の凹状部4を開閉すべく該浴槽2上に開閉自在に寝床3が設けられて構成された浴槽付き寝台1と、該浴槽付き寝台1の外側に立設された脚部材14の上方に支持部材15が架設されて構成された吊懸台12と、該吊懸台12に設けられた吊下体24により昇降自在に吊懸されて浴槽付き寝台1に接離可能で、且つ人の横臥可能な面状部28が形成された横臥部25とを具備し、該横臥部25の面状部28が、水切れのよい帯紐27を縦横に編んだ網状体から構成されている。

概要

背景

従来、被介護者入浴させる手段としては、例えば、介護者が被介護者をベッドから抱え上げて車椅子に載せ、該車椅子を用いて浴槽まで移動させ、再び介護者が被介護者を抱え上げて浴槽内に入れて入浴させていた。

しかしながら、被介護者を車椅子に乗り移す際には介護者が被介護者を上げ下げしなければならず、介護者の労力は多大なものである。特に、被介護者を入浴させる時には被介護者を抱え上げて浴槽に入れなければならず、介護者は非常に重労働を強いられる。

そこで、例えば、ベッドから浴室等の各場所まで通ずるレール天井に設け、該レールに沿って移動可能なリフト備え付け、該リフトに被介護者を吊懸して移送するという手段も知られている。

概要

本発明は、寝たきりの人等を介護する介護者の労力の軽減を図ることを主たる目的として寝たきりの人等を容易に入浴させることができる介護用入浴装置を提供することを課題とする。

浴槽2の凹状部4を開閉すべく該浴槽2上に開閉自在に寝床3が設けられて構成された浴槽付き寝台1と、該浴槽付き寝台1の外側に立設された脚部材14の上方に支持部材15が架設されて構成された吊懸台12と、該吊懸台12に設けられた吊下体24により昇降自在に吊懸されて浴槽付き寝台1に接離可能で、且つ人の横臥可能な面状部28が形成された横臥部25とを具備し、該横臥部25の面状部28が、水切れのよい帯紐27を縦横に編んだ網状体から構成されている。

目的

本発明は、上記問題点に鑑みてなされたもので、被介護者を容易に入浴させることができる介護用入浴装置を提供することを課題とし、該装置により被介護者を快適に入浴させ、且つ介護者の労力を軽減することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

浴槽(2)の凹状部(4)を閉塞すべく該浴槽(2)の上方に寝床(3)が設けられ、且つ該寝床(3)又は浴槽(2)を移動させることにより浴槽(2)の凹状部(4)が開閉自在に構成された浴槽付き寝台(1)と、該浴槽付き寝台(1)の外側に立設された脚部材(14)の上方に支持部材(15)が架設されて構成された吊懸台(12)と、該吊懸台(12)に設けられた吊下体(24)により昇降自在に吊懸されて浴槽付き寝台(1)に接離可能で、且つ人の横臥可能な面状部(28)が形成された横臥部(25)とを具備し、該横臥部(25)の面状部(28)が、水切れのよい帯紐(27)を縦横に編んだ網状体からなることを特徴とする介護用入浴装置

請求項2

前記吊懸台(12)の脚部材(14)の下方には、回転体(16)が設られている請求項1記載の介護用入浴装置。

請求項3

前記横臥部(25)が、前記吊下体(24)に係脱自在に係着されている請求項1又は2記載の介護用入浴装置。

技術分野

0001

本発明は、寝たきりの人等のように移動、入浴等に介護を必要とする人(以下、「被介護者」という)を寝かせたまま容易に入浴させることができ、介護者の負担が軽減される介護用入浴装置に関する。

背景技術

0002

従来、被介護者を入浴させる手段としては、例えば、介護者が被介護者をベッドから抱え上げて車椅子に載せ、該車椅子を用いて浴槽まで移動させ、再び介護者が被介護者を抱え上げて浴槽内に入れて入浴させていた。

0003

しかしながら、被介護者を車椅子に乗り移す際には介護者が被介護者を上げ下げしなければならず、介護者の労力は多大なものである。特に、被介護者を入浴させる時には被介護者を抱え上げて浴槽に入れなければならず、介護者は非常に重労働を強いられる。

0004

そこで、例えば、ベッドから浴室等の各場所まで通ずるレール天井に設け、該レールに沿って移動可能なリフト備え付け、該リフトに被介護者を吊懸して移送するという手段も知られている。

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記リフトを用いた場合にあっても、リフトに乗り移らせる際に介護者が被介護者を抱えなければならず、更には、被介護者の中には、リフトに座っていることが困難なこともある。加えて、かかるリフトは設備費が高く、誰でも簡易に備え付けにくいという問題点もあった。

0006

本発明は、上記問題点に鑑みてなされたもので、被介護者を容易に入浴させることができる介護用入浴装置を提供することを課題とし、該装置により被介護者を快適に入浴させ、且つ介護者の労力を軽減することを課題とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明は、上記課題を解決するためになされたもので、その課題を解決する手段は、浴槽2の凹状部4を閉塞すべく該浴槽2の上方に寝床3が設けられ、且つ該寝床3又は浴槽2を移動させることにより浴槽2の凹状部4が開閉自在に構成された浴槽付き寝台1と、該浴槽付き寝台1の外側に立設された脚部材14の上方に支持部材15が架設されて構成された吊懸台12と、該吊懸台12に設けられた吊下体24により昇降自在に吊懸されて浴槽付き寝台1に接離可能で、且つ人の横臥可能な面状部28が形成された横臥部25とを具備し、該横臥部25の面状部28が、水切れのよい帯紐27を縦横に編んだ網状体から構成されていることにある。

0008

上記構成からなる介護用入浴装置は、横臥部25の面状部28上に被介護者を横臥させ、通常は、浴槽付き寝台1の寝床3上に横臥部25を載せた状態で使用される。

0009

そして、被介護者を入浴させる場合には、吊下体24によって横臥部25を上昇させると、吊懸台12を支持体として横臥部25と共に被介護者が寝床3から離反する。

0010

次に、寝床3又は浴槽2を移動させて浴槽2の凹状部4を開口させる。最後に横臥部25を下降させれば、浴槽2の凹状部4内に被介護者を入れることができ、入浴させることができる。このように介護者は力を必要としないで寝たままの被介護者を寝たままで入浴させることができる。

0011

さらに、面状部28は水切れのよい帯紐27を用いているので、入浴後に湯が付着しにくく、又、該帯紐27を縦横に編んだ網状体から構成されているので、縦横の帯紐27の間の開口部から水滴は落下するため、被介護者と面状部との間に水が溜まることを防止できる。

0012

加えて、面状部28は、帯紐27を縦横に編んだ網状体から構成されているので、縦横の帯紐27を容易にずらすことができる。このように帯紐27の間の開口部を大きく開けることにより、該開口部に屎尿瓶等を挿入することが可能となり、介護者は、被介護者を寝かせたままで排便介助を簡便に行うことができる。

0013

また、請求項2記載の手段のように、前記吊懸台12の脚部材14の下方に回転体16が設けられていれば、吊懸台12を浴槽付き寝台1に対して移動させることができ、吊懸台12と共に横臥部25に寝た被介護者を移動させることができる。

0014

さらに、請求項3記載の手段のように、前記横臥部25が、前記吊下体24に係脱自在に係着された構成であれば、横臥部25を吊下体24(即ち、吊懸台12)から取り外すことができる。

発明を実施するための最良の形態

0015

以下、本発明に係る介護用入浴装置の実施形態について図面を参照しつつ説明する。ここで、図1は、本発明に係る介護用入浴装置の全体斜視図を示し、横臥部25のうち面状部28の一部を省略して表している。図2は、介護用入浴装置を構成する浴槽付き寝台1の斜視図を示し、寝台3を移動させ浴槽2を開口させた状態で表している。図3は、横臥部25の斜視図を示し、吊下体24の一部を併せて表している。図4(イ)は、帯紐係止部材32の上面図を示し、同図(ロ)は帯紐係止部材32が保持枠26に挿通された状態を斜視図で示す。図5は、横臥部25の拡大図を示す。

0016

図1及び図2に於いて、1は、中央に湯を溜める凹状部4が形成され、且つ例えば平面略長方形状に形成された浴槽2と、該浴槽2の凹状部4を閉塞すべく浴槽2の上方に開閉自在に設けられた寝床3とからなる浴槽付き寝台を示す。

0017

該寝床3を浴槽2に開閉自在に設ける手段としては、例えば、寝床3と浴槽2とを一端辺に於いてヒンジにより連結する等の手段もあるが、本実施形態では、浴槽2の上面に寝床3がスライド移動自在に設けられている。

0018

浴槽2の両短辺上端面には表面摩擦抵抗の低い合成樹脂製(例えば、滑剤が混合された合成樹脂等)の板状体からなる滑り部材5,5がそれぞれ付設されている。

0019

かかる滑り部材5としては、表面摩擦抵抗の低い合成樹脂の板状体の他、例えば、回転体を複数設けたり、レールと車輪を設けたりする等の手段が考えられるが、表面摩擦抵抗の低い合成樹脂を用いれば、薄層に形成しても滑り易い機能を発揮し、しかも、安価であるという利点がある。

0020

また、浴槽2の両短辺上端縁には、寝床3をスライドさせた時に浴槽2から脱落することを防止すべく、帯状の板状体を縦に立ち上げガイド6,6がそれぞれ設けられている。

0021

寝床3の上面にはマットレス等の寝具(図示せず)が一体的又は別体で設けられており、該寝床3は平面略長方形状、即ち、前記浴槽1と平面略同一形状に形成されている。

0022

かかる寝床3の一長辺3a側面部の適位置には、一組の取っ手7と、下端部に回転体8が設けられ、且つ浴槽2の高さと略同長の一組の寝床支持脚10とがそれぞれ設けられている。一方、寝床3の他長辺3b下端面側は、浴槽2の一長辺2a上端面に載せられている。

0023

上記構成からなる浴槽付き寝台1は、通常は浴槽2の上面を覆った状態で寝床3が載置されているが(図1に示す状態)、寝床3の取っ手7等を把持して寝床3を浴槽2の幅方向(図示の如く浴槽2が平面略長方形状に形成されている場合には短手方向)に引くことにより寝床支持脚10の回転体8がフロア上を回転すると共に寝床3がスライド移動し、浴槽2の凹状部4を開口させることができる(図2に示す状態)。

0024

この際、浴槽2と寝床3との間には、滑り部材5が設けられているので、小さな力で寝床3をスライド移動させることができ、一方、特に図示しないが、寝床3の他長辺3b又は浴槽2の一長辺2aには、寝床3と浴槽2とを抜脱不能に係止可能な係止手段が設けられており、該係止手段が設けられているため、寝床3を引き過ぎても寝床3が浴槽2から離脱するようなことはない。

0025

逆に、寝床3を幅方向に押し込むと、スライド移動して浴槽2の上面に載置されることとなり、浴槽2の凹状部4は閉塞される。尚、前記回転体8は、360度自転する全方向性自在キャスターを用いてもよいが、例えば、浴槽2の幅方向にのみ回転する一方向性キャスターを用いてもよい。

0026

12は、浴槽付き寝台1の四隅より外側に離れた位置にそれぞれ立設された脚部材14と、該脚部材14の上端部に四隅が固着されて脚部材14間に架設された平面略長方形状の枠体からなる支持部材15とから構成された吊懸台を示し、該各脚部材14の下端部には回転体16がそれぞれ設けられている。

0027

尚、前記回転体16は、360度自転する全方向性自在キャスターを用いてもよいが、例えば、幅方向にのみ回転する一方向性キャスターを用いてもよい。該吊懸台12は、通常その支持部材15が浴槽付き寝台1の上方に位置するように配置されている。

0028

支持部材15の一長辺部材15a中央部の適位置には、駆動装置として減速ギヤモーター17が2台所定間隔を置いてそれぞれ固着されており、該減速ギヤ付モーター17の回転軸18は幅方向に延設されていると共に、該各回転軸18の延設端部は、支持部材15の他長辺部材15bに設けられた軸受け19にそれぞれ軸支されている。

0029

さらに、該各回転軸18の減速ギヤ付モーター17及び軸受け19の近傍位置には、巻取部材としてプーリー20がそれぞれ固着されている。加えて、該プーリー20には、吊下体24の一端が固着されている。一方、該吊下体24の他端は自由端とされており、該他端には、後述する横臥部25の係着部34に係脱可能に係着しうる被係着部35が設けられている。吊下体24として、索状体、例えば、帯状のが用いられている。

0030

22は、各減速ギヤ付モーター17に接続された制御用スイッチを示し、該制御用スイッチ22によって各減速ギヤ付モーター17はそれぞれ独立又は連動して正逆回転又は停止の何れも自在である。

0031

25は、保持枠26内に縦横に帯紐27を張った状態で網状体(縦横の帯紐27の間に開口部28aを有する網状体)に編み込んで面状部28が形成され、且つ支持部材15の枠内に吊懸された横臥部を示し、該横臥部25は人が横臥可能な面積と強度を有し、且つ浴槽付き寝台1の上面よりも狭い面積の平面略長方形状に形成されている。

0032

より具体的には、図3にも示すように、保持枠26は、全体の約1/2の大きさに形成され、且つ人が横臥した際に背中が位置する背枠26aと、全体の約1/4の大きさに形成され、且つ人が横臥した際に臀部が位置する枠26bと、全体の約1/4の大きさに形成され、且つ人が横臥した際に足が位置する足枠26cとに分割されてなり、背枠26aと尻枠26b及び尻枠26bと足枠26cは、枢支部29を介してそれぞれ回動自在に連結されている。

0033

保持枠26(背枠26a、尻枠26b及び足枠26c)には、図4に示すような、筒状体30の中央部に約45度の傾斜面を有する折曲部31が左右に形成された帯紐係止部材32が複数挿通されている。

0034

このように該保持枠26には、帯紐係止部材32が設けられているので、図5に示すように、帯紐係止部材32の折曲部31に帯紐27を架け渡すことにより帯紐27を容易に180度反転させることができ、縦横の帯紐27を容易に上下に織り込んで保持枠26内に面状部28を形成することができる。

0035

帯紐27としては、水切れのよい(非吸水性素材で帯状に形成されているものであれば特に限定されないが、例えば、ポリエチレン等の合成樹脂製のフィラメント繊維を帯状に成形したものが用いられている。

0036

前記保持枠26には、吊下体24の自由端部に係着すべく係着部34が四ヶ所設けられている。該係着部34と吊下体24の被係着部35とが係着されて、横臥部25は吊下体24を介して吊懸台12に吊懸られている。

0037

具体的には、四つの係着部34は、背枠26aの中央部及び尻枠26bの中央部の足枠26c寄りに一組ずつそれぞれ設けられている。係着部34としては、例えば、リングが用いられており、一方、吊下体24の被係着部35としては該リングに係脱しうるフックが用いられている。

0038

尚、係着部34がフックで、被係着部35がリングでもよく、要は、係着部34と被係着部35とを容易に係着でき、且つ取り外すことができるものであればよい。

0039

このように吊懸台12に設けられた昇降手段(駆動装置17、巻取部材20及び吊下体24を具備する)によって横臥部25を上下に昇降させることができ、浴槽付き寝台1に接離自在である。

0040

次に、上記構成からなる介護用入浴装置の使用方法について以下説明する。図6に示すように、通常は、昇降手段により横臥部25を下降させて浴槽付き寝台1の寝床3の上面に載置し、その上に被介護者36を寝かせておく(横臥させる)。そして、例えば、被介護者36を入浴させる時には、昇降手段によって横臥部25を上昇させると、該横臥部25と共に被介護者が横臥状態で持ち上げられる。

0041

被介護者36が浴槽付き寝台1から十分離反したところで駆動手段を停止させる(図6に於いて二点鎖線で示す)。

0042

尚、横臥部25を構成する保持枠26は3分割(背枠26a、尻枠26b及び足枠26c)され、且つ該背枠26a及び尻枠26bには、それぞれ昇降手段が備えられていると共に、制御用スイッチ22によって該昇降手段はそれぞれ独立して正逆回転又は停止自在な構成であるため、例えば、背枠26aの昇降手段を尻枠26bの昇降手段よりも多く作動させると、枢支部29を介して背枠26aが折れ曲がり、被介護者36をやや前傾姿勢にすることができる(図6に於いて二点鎖線で示す)。

0043

このように被介護者36を前傾姿勢にして持ち上げることができるので、被介護者36は楽になり、又、前方の視界が広がるため不安感も解消させるという利点がある。

0044

次に、図7に示すように、浴槽付き寝台1の寝床3を引くと、浴槽2の凹状部4が開口するので、横臥部25を下降させて浴槽2の凹状部4内に入れれば、極めて容易に被介護者36を入浴させることができる。

0045

入浴が終わった後は、横臥部25を上昇させて被介護者36の身体を上下からタオル温風機等を用いて乾かす。この際、横臥部25の面状部28が、水切れのよい帯紐27を網状に形成したものからなるため、湯が面状部28に付着しにくく、しかも、面状部28の開口部28aから水滴は落下していくため乾かし易いという利点がある。

0046

そして、寝床3を押し込み浴槽2上に位置させた後、横臥部25を寝床3に下降させる。

0047

このように本発明に係る介護用入浴装置によれば、被介護者36を入浴させる際に、介護者は昇降手段を操作するだけで足り、介護者の介護労力の軽減を図ることができる。

0048

また、座った状態を維持することが困難な被介護者であっても、本発明に係る介護用昇降台車を用いれば、被介護者にも負担をかけることなく寝たままで入浴することが可能となる。さらに、従来のリフトに比して設備費が格段に安いという利点がある。

0049

また、入浴しない場合であっても、適宜横臥部25を上昇させることにより、被介護者36の背面が寝床3と離反するので、床ずれ防止に効果がある。さらに、横臥部25の面状部28は、縦横の帯紐27によって網状に形成されているので、図8に示すように、一つの開口部28aを中心としてその回りの縦横の帯紐27をずらすことにより、該開口部28aの開口面積を容易に大きくすることができる。

0050

このように開口部28aを容易に開くことができるので、例えば、被介護者が寝たままで便をする場合であっても、横臥部25を上昇させて浴槽付き寝台1から離反させ、且つ被介護者の股の下方側の開口部28aを開けると共に、横臥部25の下方から屎尿瓶38の口部38aを該開口部28aに挿入すれば便を漏らすことなく屎尿瓶38に取り込め、介護者は容易に排便の介助を行うことができる。

0051

加えて、吊懸台12は、少なくとも浴槽付き寝台1の幅方向に移動させることができるので、図9に示すように、例えば、浴槽付き寝台1の側方に車輪39が設けられた椅子40を配置しておき、被介護者36が前傾姿勢となる状態で横臥部25を上昇させ、且つ吊懸台12を幅方向に押して移動させることにより、横臥部25を椅子40の上方に位置させることができる。

0052

次に、該横臥部25を下降させると、横臥部25を介して被介護者36を椅子40の上に載せることができる。そして、吊下体24の被係着部35を係着部34から外すことにより、被介護者36を移動自在な椅子40に容易に乗り移すことができ、室内又は室外の移動が簡便である。

0053

尚、椅子40に乗り移さなくとも、横臥部25を吊懸台12に係着させた状態で吊懸台12を移動させ、被介護者を室内又は室外の移動させることもできるが、狭い通路を通る場合もあるので、椅子40に乗り移す方がよい。

0054

尚、上記実施形態に於いて、昇降手段には、モーターが用いられ、横臥部25を自動で昇降させることができるものであるが、手動で横臥部25を昇降させる昇降手段であってもよい。

0055

さらに、上記実施形態に於いて、浴槽付き寝台1は、寝床3を移動させることにより浴槽2の凹状部4を開閉する構成にされているが、必ずしも浴槽付き寝台1はかかる構成に限定されず、例えば、図10に示すように、寝床3に脚部41を設けて寝床3を床面に直接載置し、一方、浴槽2の下面等に回転体やレール等の移動手段を設け(図示せず)、寝床3の下方(寝床3と脚41との間に形成される開口部分)に浴槽2を挿入脱自在に構成してもよい。

0056

かかる構成からなる浴槽付き寝台1は、通常は、寝床3の下方に浴槽2が配置され、且つ該寝床3の上方に吊懸台12が配置されて使用され、入浴時には、浴槽2を移動した後、横臥部25を上昇させると共に吊懸台12を浴槽2の上方に移動させることにより被介護者を容易に入浴させることができる。

0057

このように浴槽2を移動させることにより浴槽2の凹状部4を開口する浴槽付き寝台1であれば、寝床3の上に被介護者が寝た状態であっても浴槽2の凹状部4を開口させることができるので、横臥部25(被介護者)を上昇させなければ凹状部4を開口させることができない上記実施形態に係る浴槽付き寝台1に比して、寝床3に被介護者を寝かせたままの状態で介護者は浴槽2に湯を入れる等の入浴準備を行うことができ、被介護者にとって快適なものとなるという利点がある。

0058

また、本発明に係る介護用入浴装置は、上記各実施形態の具体的な構成に限定されず、本発明の糸する範囲で適宜設計変更可能である。

発明の効果

0059

以上のように本発明に係る介護用入浴装置によれば、横臥した被介護者を介護者が抱き起こすという作業をしなくても寝たままの状態で入浴させることができるので、介護者の労力が軽減されると共に、被介護者が移動、入浴時に無理な体勢となることもないので、被介護者は快く入浴することができることとなる。また、既存の家屋に新たな設備工事をする必要もないから従来の設備に比して、安価な介護用入浴装置を提供することができる。

0060

また、請求項2記載の手段によれば、吊懸台と共に横臥部を移動させることができるので、吊懸台を用いて被介護者を室内又は室外等に移送することができる。従って、例えば、被介護者を居間に移送したい場合等に於いては、介護者は過大な労力を必要としない。

0061

さらに、請求項3記載の手段によれば、横臥部を吊下体(吊懸台)から取り外すことができるので、吊懸台を移動させて浴槽付き寝台から離し、例えば、横臥部を下降させて移動自在な椅子の上に横臥部と共に被介護者を載せ、且つ該横臥部を吊下体から取り外せば、被介護者を椅子に載せた状態で移送することができる。このように移動自在な椅子のような小回りが利く移動体乗り換えさせることができるので、狭い通路等で吊懸台が通過できない箇所の移送には特に効果的である。

図面の簡単な説明

0062

図1本発明に係る介護用入浴装置の一実施形態を示す一部省略斜視図。
図2浴槽付き寝台を示す斜視図。
図3吊下体に係着された横臥部を示す一部省略斜視図。
図4帯紐係止部材を示し、(イ)は上面図、(ロ)は斜視図。
図5図3の一点鎖線で丸囲いしたA部分の拡大斜視図。
図6横臥部を浴槽付き寝台に載せた状態を示す側面図で、前傾状態で横臥部を上昇させた状態を二点鎖線で示す。
図7横臥部を下降させ、被介護者を浴槽に入れた状態を示す一部断面を含む側面図。
図8横臥部の面状部の開口部を大きく開いた状態を示す一部省略斜視図。
図9吊懸台を移動させ、被介護者を椅子に乗り移らせる状態を示す一部省略斜視図。
図10介護用入浴装置の他実施形態であって浴槽及び吊懸台を移動させた状態を示す一部省略斜視図。

--

0063

1…浴槽付き寝台2…浴槽
3…寝床4…凹状部
12…吊懸台 14…脚部材
15…支持部材16…回転体
24…吊下体25…横臥部
27…帯紐28…面状部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 大阪瓦斯株式会社の「 ミスト装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】浴室内に排水される滞留水が利用者にかかるのを抑制できるミスト装置を提供することを目的とする。【解決手段】ミスト装置100は、浴室Y内に液体を噴霧するミスト運転の開始を利用者から受け付ける受付部... 詳細

  • 大阪瓦斯株式会社の「 ミスト装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】浴室内に排水される滞留水が利用者にかかるのを抑制できるミスト装置を提供することを目的とする。【解決手段】ミスト装置100は、浴室Y内に液体を噴霧するミスト運転の開始を利用者から受け付ける受付部... 詳細

  • 株式会社北電子の「 情報処理装置」が 公開されました。( 2019/09/05)

    【課題】生体情報などの変動情報に基づき被験者の離床状態や変動情報を特定可能な情報処理装置を提供する。【解決手段】生体信号など被験者の離床状態を特定するための第1情報と、温度など被験者の周囲の環境状態を... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ