図面 (/)

技術 二ケ国語放送録音テープの主・副音声交互再生方式

出願人 菅野正人
発明者 菅野正人
出願日 1997年8月8日 (23年6ヶ月経過) 出願番号 1997-247429
公開日 1999年3月5日 (21年11ヶ月経過) 公開番号 1999-065423
状態 未査定
技術分野 電気的に作動する教習具 磁気記録再生1 テープレコーダの自動動作1
主要キーワード 二カ国語放送 公共放送 カセットテープレコーダ 学習意欲 学習効果 語学学習 ビデオテープレコーダー テープ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年3月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

二カ国語放送録音したテープをそのまま語学学習教材として利用する。

解決手段

二カ国語放送を録音したテープを再生する時に,一方の音はそのまま再生し,他方はメモリー等に録音する。次に予め設定した時間,または再生音切れめ等をとらえて再生を一時停止し,メモリー等に録音した他方の音を再生する。メモリーの再生が終了したら一時停止を解除し,以下これを繰返す。

概要

背景

我が国でも公共放送などで二ケ国語放送が一般的に行われるようになったが,これを録画,録音して語学の学習に利用しようとしても同時に二ケ国語が流れるので,そのまま聞いてもあまり学習効果は期待出来ないのでどちらかを選択して再生することになり,そのまま語学学習教材として使用する事は難しかった。

概要

二カ国語放送を録音したテープをそのまま語学学習の教材として利用する。

二カ国語放送を録音したテープを再生する時に,一方の音はそのまま再生し,他方はメモリー等に録音する。次に予め設定した時間,または再生音切れめ等をとらえて再生を一時停止し,メモリー等に録音した他方の音を再生する。メモリーの再生が終了したら一時停止を解除し,以下これを繰返す。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

二ケ国語放送録音したテープをそのまま語学学習教材として効果的に用いるために,テープに同時に録音されている主・副音声を交互に再生する再生方式

技術分野

(ウ) 本方式により会話と訳,または訳と会話を交互に繰返し聞くことによって特にテキスト等の必要がなく暇にまかせて聞流すだけで日本人苦手な会話力の向上が期待できる。

背景技術

0001

この発明は,二ケ国語放送録音したテープをそのまま語学の学習に利用するために,テープに同時に録音されている主・副音声を交互に再生する再生方式に関するものである。

発明が解決しようとする課題

0002

我が国でも公共放送などで二ケ国語放送が一般的に行われるようになったが,これを録画,録音して語学の学習に利用しようとしても同時に二ケ国語が流れるので,そのまま聞いてもあまり学習効果は期待出来ないのでどちらかを選択して再生することになり,そのまま語学学習教材として使用する事は難しかった。

課題を解決するための手段

0003

この発明は,語学学習の中でも特に日本人が苦手な会話力を向上させるために二ケ国語放送を録音したテープをそのまま語学学習の優れた教材として効果的に利用出来る様にするために発明された方式である。

発明を実施するための最良の形態

0004

今,その方式を図に追いながら説明すれば,二ケ国語放送を録音したテープを再生する時に一方の音声をそのまま再生し,他方はメモリー等に録音する。次に予め設定した時間,または再生音切れめ等をとらえて再生を一時停止し,次にメモリー等に録音した他方の音を再生する。メモリーの再生が終了したら一時停止を解除し,以下これを繰返す。

0005

本発明の再生方式をカセットテープレコーダーやビデオテープレコーダー再生機能の一つとして搭載する。

図面の簡単な説明

0006

本発明の再生機能を搭載した機器を用いることによって,二ケ国語放送で提供されている映画ニュースなどから各自の興味に応じた物をそのまま語学学習の教材として利用出来るので次にあげる様な効果が期待できる。
(ア) 二ケ国語放送で提供されている映画やニュースなどを録音してそのまま教材として使えるので教材費が安い。
(イ) 各自の興味に応じた物をそのまま教材に使えるので学習意欲わく

0007

図1本発明の概念の構成図である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 独立行政法人自動車技術総合機構の「 情報処理装置」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】鉄道車両の走行をシミュレートする装置に、当該仮想車両が消費する電力量を演算する機能を付加する。【解決手段】ユーザが行った運転操作に基づいて電気鉄道車両である仮想車両の速度および走行位置を演算す... 詳細

  • 一般社団法人日本自動車整備振興会連合会の「 回路ボードおよびピース」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】実際の自動車を用いずに故障診断を行うことを可能にする。【解決手段】回路ボードは、電源側に上流側接続端子を、基準電位側に下流側接続端子を備えた、自動車の電装部品を模擬するピースを配置するためのピ... 詳細

  • 株式会社日立製作所の「 学習装置、評価装置および学習モデルの生産方法」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】作業者の技量を適切に判定できる学習装置102を実現する。【解決手段】学習装置102は、技量レベルが異なる複数の作業者50の作業動作または作業者50に操作される施工具52の状態を測定した時系列デ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ