図面 (/)

技術 印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体

出願人 キヤノン株式会社
発明者 松田淳
出願日 1997年7月7日 (23年5ヶ月経過) 出願番号 1997-180847
公開日 1999年1月26日 (21年10ヶ月経過) 公開番号 1999-020241
状態 拒絶査定
技術分野 プリンティングのための記録情報の処理 プリンティングのための記録情報の処理 タイプライター等へのデジタル出力
主要キーワード インサツ 指示されるもの 検索方向 プリントユーティリティ ファイル名データ 定型フォーム 印刷環境設定 データ展開処理
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年1月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

データ処理装置から受信した印刷情報に基づいて印刷部から印刷可能に展開された印刷データを保存し、随時、再現性よく短時間に印刷することである。

解決手段

受信した印刷情報を解析して印刷部7が印刷可能な印刷データを記憶装置6に保存するかどうかを決定し、該決定結果に基づいて記憶装置6に前記印刷データを保存し、該保存された前記印刷データに対する操作パネル5からの指示に基づいて記憶装置6に保存された印刷データの印刷部7への転送をCPU4が制御する構成を特徴とする。

概要

背景

従来、この種の印刷装置において、定型フォームプリンタのRAMにダウンロードして、印刷する時にデータの上に重ねて出力するというフォームオーバーレイ印刷処理を実行可能に構成されているが、プリンタのオペレーションだけでは当該フォームオーバーレイ印刷処理を実行できなかった。また、プリンタのメモリ資源としてのRAMも数MB単位であるため、ダウンロードできるフォーム数も限られていた。

さらに、更新する必要のないデータの印刷を行う時でも、従来はコンピュータ起動し、アプリケーションを起動し、印刷対象ファイルを開いて印刷実行するという手順をふむ必要があった。

概要

データ処理装置から受信した印刷情報に基づいて印刷部から印刷可能に展開された印刷データを保存し、随時、再現性よく短時間に印刷することである。

受信した印刷情報を解析して印刷部7が印刷可能な印刷データを記憶装置6に保存するかどうかを決定し、該決定結果に基づいて記憶装置6に前記印刷データを保存し、該保存された前記印刷データに対する操作パネル5からの指示に基づいて記憶装置6に保存された印刷データの印刷部7への転送をCPU4が制御する構成を特徴とする。

目的

本発明は、上記の問題点を解消するためになされたもので、本発明の目的は、印刷情報を印刷部が印刷可能な印刷データとして検索可能に保存管理することにより、データ処理装置から受信した印刷情報に基づいて印刷部から印刷可能に展開された印刷データを保存し、随時、再現性よく短時間に印刷することができる印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

所定の通信媒体を介してデータ処理装置通信して印刷部の印刷を制御する印刷制御装置であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報解析して前記印刷部が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリに保存するかどうかを決定する決定手段と、前記決定手段の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存手段と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示手段と、前記指示手段による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの前記印刷部への転送を制御する制御手段と、を有することを特徴とする印刷制御装置。

請求項2

前記データ処理装置からの指示に基づいて保存された前記印刷データの一覧データを前記データ処理装置に通知する通知手段を有し、前記制御手段は、前記通知手段による通知後、前記データ処理装置から指示される保存ファイルデータに基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データを前記印刷部に転送することを特徴とする請求項1記載の印刷制御装置。

請求項3

所定の通信媒体を介して印刷装置と通信して生成される印刷情報を転送する印刷制御装置であって、前記印刷装置に保存される印刷情報の一覧情報を取得する取得手段と、前記取得手段が取得した前記一覧情報を表示する表示手段と、前記表示手段に表示される前記一覧情報中から再印刷する印刷データファイル名を選択する選択手段と、前記選択手段により選択された前記印刷データファイル名に基づく保存ファイル印刷要求を前記印刷装置に転送する転送手段と、を有することを特徴とする印刷制御装置。

請求項4

所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部の印刷を制御する印刷制御方法であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報を解析して前記印刷部が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリに保存するかどうかを決定する決定工程と、前記決定工程の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存工程と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示工程と、前記指示工程による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データを前記印刷部に転送する転送工程と、を有することを特徴とする印刷制御方法。

請求項5

所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部の印刷を制御するコンピュータ読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報を解析して前記印刷部が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリに保存するかどうかを決定する決定工程と、前記決定工程の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存工程と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示工程と、前記指示工程による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データを前記印刷部に転送する転送工程と、を有することを特徴とするコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体。

技術分野

0001

本発明は、所定の通信媒体を介してデータ処理装置通信可能なあるいは所定の通信媒体を介して印刷装置と通信可能な印刷制御装置およびデータ処理装置および印刷制御方法およびコンピュータ読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体に関するものである。

背景技術

0002

従来、この種の印刷装置において、定型フォームプリンタのRAMにダウンロードして、印刷する時にデータの上に重ねて出力するというフォームオーバーレイ印刷処理を実行可能に構成されているが、プリンタのオペレーションだけでは当該フォームオーバーレイ印刷処理を実行できなかった。また、プリンタのメモリ資源としてのRAMも数MB単位であるため、ダウンロードできるフォーム数も限られていた。

0003

さらに、更新する必要のないデータの印刷を行う時でも、従来はコンピュータを起動し、アプリケーションを起動し、印刷対象ファイルを開いて印刷実行するという手順をふむ必要があった。

発明が解決しようとする課題

0004

この際、コンピュータ上のシステムメモリ上に常駐するプリンタドライバがアプリケーションのデータをページ記述言語、または印刷イメージデータに変換する処理,印刷データのプリンタへの転送処理,プリンタのラスタライズ処理をその都度実行しているので、何も更新する必要がないデータを印刷する際に、不要な処理が加算されて、所望の印刷結果を得るまでに相当の時間を要してしまうという問題点があった。

0005

本発明は、上記の問題点を解消するためになされたもので、本発明の目的は、印刷情報を印刷部が印刷可能な印刷データとして検索可能に保存管理することにより、データ処理装置から受信した印刷情報に基づいて印刷部から印刷可能に展開された印刷データを保存し、随時、再現性よく短時間に印刷することができる印刷制御装置および印刷制御方法およびコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体を提供することである。

課題を解決するための手段

0006

本発明に係る第1の発明は、所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部の印刷を制御する印刷制御装置であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報を解析して前記印刷部が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリに保存するかどうかを決定する決定手段と、前記決定手段の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存手段と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示手段と、前記指示手段による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの前記印刷部への転送を制御する制御手段とを有するものである。

0007

本発明に係る第2の発明は、前記データ処理装置からの指示に基づいて保存された前記印刷データの一覧データを前記データ処理装置に通知する通知手段を有し、前記制御手段は、前記通知手段による通知後、前記データ処理装置から指示される保存ファイルデータに基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データを前記印刷部に転送するものである。

0008

本発明に係る第3の発明は、所定の通信媒体を介して印刷装置と通信して生成される印刷情報を転送する印刷制御装置であって、前記印刷装置に保存される印刷情報の一覧情報を取得する取得手段と、前記取得手段が取得した前記一覧情報を表示する表示手段と、前記表示手段に表示される前記一覧情報中から再印刷する印刷データファイル名を選択する選択手段と、前記選択手段により選択された前記印刷データファイル名に基づく保存ファイル印刷要求を前記印刷装置に転送する転送手段とを有するものである。

0009

本発明に係る第4の発明は、所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部の印刷を制御する印刷制御方法であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報を解析して前記印刷部が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリに保存するかどうかを決定する決定工程と、前記決定工程の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存工程と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示工程と、前記指示工程による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データを前記印刷部に転送する転送工程とを有するものである。

0010

本発明に係る第5の発明は、所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部の印刷を制御するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報を解析して前記印刷部が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリに保存するかどうかを決定する決定工程と、前記決定工程の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存工程と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示工程と、前記指示工程による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データを前記印刷部に転送する転送工程とを有するコンピュータが読み出し可能なプログラムを記憶媒体に格納したものである。

0011

〔第1実施形態〕図1は、本発明の第1実施形態を示す印刷制御装置の構成を説明するブロック図である。

0012

図において、1はコンピュータで、プリンタ2と所定の通信媒体を介して相互に通信可能に構成されている。3はデータ受信部で、コンピュータ1から所定のページ記述言語に基づくPDLデータ,制御データ等を含む印刷情報を受信する。

0013

4はCPUで、コンピュータ1から所定のページ記述言語に基づくPDLデータの解析処理記憶装置6への印刷データ展開処理等を行う。5は操作パネルで、記憶装置6に保存されている、例えばフォントデータ,フォームオーバーレイ用のフォームデータに対する印刷指示を含む各種の印刷環境設定指示等を行う。

0014

図2は、図1に示した操作パネル5の一例を示す概略図である。

0015

図において、K1,K2はカーソルキーで、記憶装置6に保存されたファイル名の検索方向を指示する。K3は実行キーで、表示パネルPに表示されるファイル名P2(hatumei.doc)に対する印刷実行を指示する際に押下される。P1は印刷設定項目エリアで、例えば「インサツスルデータノセンタク」を表示している状態に対応する。

0016

以下、本実施形態の特徴的構成について図1等を参照しながら説明する。

0017

上記のように構成された第1の発明によれば、所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部7の印刷を制御する印刷制御装置であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報を解析して前記印刷部7が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリ(記憶装置6)に保存するかどうかを決定する決定手段(CPU4が図示しないメモリ資源(ROM)等に記憶された制御プログラムを実行して決定処理する)と、前記決定手段の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存手段と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示手段(操作パネル5)と、前記指示手段による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの前記印刷部への転送を制御する制御手段(CPU4が図示しないメモリ資源(ROM)等に記憶された制御プログラムを実行して制御する)とを有するので、印刷装置側からの簡単な操作指示で、既に印刷された印刷データを再現性よく、かつ高速に印刷することができる。

0018

第2の発明によれば、コンピュータ1からの指示に基づいて保存された前記印刷データの一覧データを前記データ処理装置に通知する通知手段(データ受信部3)を有し、CPU4は、データ受信部3による通知後、コンピュータ1から指示される保存ファイルデータに基づいて記憶装置6に保存された前記印刷データを印刷部7に転送するので、簡単な操作指示で、既に印刷されて印刷装置側に保存されている印刷データを再現性よく、かつ高速に印刷することができる。

0019

第3の発明は、所定の通信媒体を介して印刷装置と通信して生成される印刷情報を転送する印刷制御装置であって、前記印刷装置に保存される印刷情報の一覧情報を取得する取得手段(コンピュータ1内の図示しないCPU,通信インタフェース等)と、前記取得手段が取得した前記一覧情報を表示する表示手段(コンピュータ1の表示部)と、前記表示手段に表示される前記一覧情報中から再印刷する印刷データファイル名を選択する選択手段(コンピュータ1内の図示しないCPUがポインティングデバイスの操作による選択指示選択処理する)と、前記選択手段により選択された前記印刷データファイル名に基づく保存ファイル印刷要求を前記印刷装置に転送する転送手段(コンピュータ1内の図示しないCPU,通信インタフェース等)とを有するので、簡単な操作指示で、既に印刷されて印刷装置側に保存されている印刷データの一覧を確認しながら、所望の印刷データを再現性よく、かつ高速に印刷することができる。

0020

図3は、本発明に係る印刷制御装置のデータ処理手順の一例を示すフローチャートである。なお、(1)〜(10)は各ステップを示す。

0021

先ず、コンピュータ1のアプリケーションで印刷データを作成する(1)。そして、印刷実行する時にプリンタドライバの内蔵フラグであるところの「データ保存フラグ」をOFFにセットする(2)。

0022

次に、プリンタドライバの設定画面で「印刷データをプリンタに保存する」という項目が選択されたかどうかを判断し(3)、「印刷データをプリンタに保存する」が選択されていないと判断した場合には、ステップ(5)以降へ進み、「印刷データをプリンタに保存する」が選択されていると判断した場合には、「データ保存フラグ」をONにセットして(4)、ステップ(5)以降へ進む。

0023

次に、プリンタドライバがアプリケーションのデータをページ記述言語に従うPDLデータまたは印刷イメージデータに変換する処理を行う(5)。そして、変換されたPDLデータあるいは印刷イメージデータをプリンタ2に転送する(6)。

0024

これを受けて、プリンタ2ではデータ受信部3が受信した印刷情報に基づいてラスタライズ処理を行い(7)、印刷部7から直接印刷可能な印刷形式のデータに変換する。そして、受信した印刷情報に設定される「データ保存フラグ」がONに設定されているかどうかをCPU4が判定し(8)、「データ保存フラグ」がONに設定されていると判定した場合、印刷形式データをプリンタ2内の記憶装置6に保存して(9)、ステップ(10)以降へ進む。

0025

一方、ステップ(8)で、「データ保存フラグ」がONに設定されていないと判定した場合は、ステップ(7)でラスタライズされた印刷データを印刷部7に転送して印刷を行い(10)、処理を終了する。

0026

以下、本実施形態の特徴的構成について図3に示すフローチャートを参照してさらに説明する。

0027

上記のように構成された所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部7の印刷を制御する印刷制御方法であって、あるいは所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部7の印刷を制御するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、前記データ処理装置(コンピュータ1)から受信した印刷情報を解析して前記印刷部7が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリ(記憶装置6)に保存するかどうかを決定する決定工程(図3のステップ(3))と、前記決定工程の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存工程(図3のステップ(9))と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示工程(図示しないステップ)と、前記指示工程による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの前記印刷部に転送する転送工程(図3のステップ(10))とを有するので、印刷装置側からの簡単な操作指示で、既に印刷された印刷データを再現性よく、かつ高速に印刷することができる。

0028

〔第2実施形態〕上記第1実施形態では、プリンタ2の操作パネル5より記憶装置6に保存されたファイル(印刷データ)を適時読み出して再印刷する場合について説明したが、コンピュータ1のプリントユーティリティから印刷指示するように構成してもよい。以下、その実施形態について説明する。

0029

図4は、本発明の第2実施形態を示す印刷制御装置における保存ファイル印刷指示画面の一例を示す図であり、図1に示したコンピュータ1の図示しない表示装置に表示される。なお、当該画面は、コンピュータ1のプリントユーティリティから印刷する時のユーティリティ画面として表示されるものとする。

0030

図において、1Aは保存ファイル印刷指定画面で、記憶装置6に保存された印刷データのファイル名一覧11が表示される。なお、ファイル名データは、プリンタ2との通信により取得されるものとする。12は印刷指示エリア、該印刷指示エリア12を図示しないカーソル等で指示することにより、選択指示されているファイル名の印刷開示が指示されるものとする。

0031

以下、図5に示すメモリマップを参照して本発明に係る印刷システムで読み出し可能なデータ処理プログラムの構成について説明する。

0032

図5は、本発明に係る印刷制御装置を適用可能な印刷システムで読み出し可能な各種データ処理プログラムを格納する記憶媒体のメモリマップを説明する図である。

0033

なお、特に図示しないが、記憶媒体に記憶されるプログラム群を管理する情報、例えばバージョン情報作成者等も記憶され、かつ、プログラム読み出し側のOS等に依存する情報、例えばプログラムを識別表示するアイコン等も記憶される場合もある。

0034

さらに、各種プログラムに従属するデータも上記ディレクトリに管理されている。また、各種プログラムをコンピュータにインストールするためのプログラムや、インストールするプログラムが圧縮されている場合に、解凍するプログラム等も記憶される場合もある。

0035

本実施形態における図3に示す機能が外部からインストールされるプログラムによって、ホストコンピュータにより遂行されていてもよい。そして、その場合、CD−ROMフラッシュメモリFD等の記憶媒体により、あるいはネットワークを介して外部の記憶媒体から、プログラムが含む情報群出力装置に供給される場合でも本発明は適用されるものである。

0036

以上のように、前述した実施形態の機能を実現するソフトウエアプログラムコードを記録した記憶媒体を、システムあるいは装置に供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読出し実行することによっても、本発明の目的が達成されることは言うまでもない。

0037

この場合、記憶媒体から読み出されたプログラムコード自体が本発明の新規な機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本発明を構成することになる。

0038

プログラムコードを供給するための記憶媒体としては、例えば、フロッピーディスクハードディスク光ディスク光磁気ディスク,CD−ROM,CD−R,磁気テープ不揮発性メモリカード,ROM,EEPROM等を用いることができる。

0039

また、コンピュータが読み出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペレーティングシステム)等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。

0040

さらに、記憶媒体から読み出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書き込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPU等が実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。

発明の効果

0041

以上説明したように、本発明に係る第1の発明によれば、所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部の印刷を制御する印刷制御装置であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報を解析して前記印刷部が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリに保存するかどうかを決定する決定手段と、前記決定手段の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存手段と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示手段と、前記指示手段による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの前記印刷部への転送を制御する制御手段とを有するので、印刷装置側からの簡単な操作指示で、既に印刷された印刷データを再現性よく、かつ高速に印刷することができる。

0042

第2の発明によれば、前記データ処理装置からの指示に基づいて保存された前記印刷データの一覧データを前記データ処理装置に通知する通知手段を有し、前記制御手段は、前記通知手段による通知後、前記データ処理装置から指示される保存ファイルデータに基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データを前記印刷部に転送するので、簡単な操作指示で、既に印刷されて印刷装置側に保存されている印刷データを再現性よく、かつ高速に印刷することができる。

0043

第3の発明は、所定の通信媒体を介して印刷装置と通信して生成される印刷情報を転送する印刷制御装置であって、前記印刷装置に保存される印刷情報の一覧情報を取得する取得手段と、前記取得手段が取得した前記一覧情報を表示する表示手段と、前記表示手段に表示される前記一覧情報中から再印刷する印刷データファイル名を選択する選択手段と、前記選択手段により選択された前記印刷データファイル名に基づく保存ファイル印刷要求を前記印刷装置に転送する転送手段とを有するので、簡単な操作指示で、既に印刷されて印刷装置側に保存されている印刷データの一覧を確認しながら、所望の印刷データを再現性よく、かつ高速に印刷することができる。

0044

第4,第5の発明によれば、所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部の印刷を制御する印刷制御方法であって、あるいは所定の通信媒体を介してデータ処理装置と通信して印刷部の印刷を制御するコンピュータが読み出し可能なプログラムを格納した記憶媒体であって、前記データ処理装置から受信した印刷情報を解析して前記印刷部が印刷可能な印刷データを不揮発性メモリに保存するかどうかを決定する決定工程と、前記決定工程の決定結果に基づいて前記不揮発性メモリに前記印刷データを保存する保存工程と、前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの印刷指示を行う指示工程と、前記指示工程による指示に基づいて前記不揮発性メモリに保存された前記印刷データの前記印刷部に転送する転送工程とを有するので、印刷装置側からの簡単な操作指示で、既に印刷された印刷データを再現性よく、かつ高速に印刷することができる。

0045

従って、データ処理装置から受信した印刷情報に基づいて印刷部から印刷可能に展開された印刷データを保存し、随時、再現性よく短時間に印刷することができる等の効果を奏する。

図面の簡単な説明

0046

図1本発明の第1実施形態を示す印刷制御装置の構成を説明するブロック図である。
図2図1に示した操作パネルの一例を示す概略図である。
図3本発明に係る印刷制御装置のデータ処理手順の一例を示すフローチャートである。
図4本発明の第2実施形態を示す印刷制御装置における保存ファイル印刷指示画面の一例を示す図である。
図5本発明に係る印刷制御装置を適用可能な印刷システムで読み出し可能な各種データ処理プログラムを格納する記憶媒体のメモリマップを説明する図である。

--

0047

1コンピュータ
2プリンタ
3データ受信部
4 CPU
5操作パネル
6記憶装置
7印刷部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • キヤノン株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】画像形成条件の調整用のテストパターンの読取画像に異常が生じた場合であっても、画像形成条件の調整を高精度に行うことができる画像形成装置を提供する。【解決手段】画像形成装置(プリンタ300)は、A... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 画像処理装置、画像処理方法、およびプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】グラデーションの特徴に応じて、出力に適した描画方法を割当てることができる画像処理装置、画像処理方法及びプログラムを提供する。【解決手段】プリンタドライバを備えた画像処理装置であって、画像処理方... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 自動設定システム、およびその制御方法とプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 本願発明は、個別設定値データに含まれる設定値を変更することによって生じた、共通設定値データに含まれる設定値との禁則組み合わせをユーザーに通知することを目的とする。【解決手段】 複数の画像... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ