図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(1999年1月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

携帯した杖又はを、邪魔になることなく、携帯者自身が一時的管理のできる椅子を提供する。

解決手段

肘掛け1の外側面1aに、杖Sの中間部を係合する凹入切欠4を設ける。該凹入切欠4の内面4aに、該凹入切欠4を閉塞する棒杆状の閉塞片6を突設する。また、閉塞片6が弾性変形して係合する凹入部5を前記内面4aに形成する。

概要

背景

外来者携帯した或いは杖の一時的な管理はなかなか煩雑で、殊に、多数人が集合するとき(例えば、葬儀など)は、管理場所、管理者数が充たされていても、管理の煩雑さは回避することができない。

本発明は斯様な状況に鑑み、多数人が集合するときに用いるに好適な椅子を提供することを目的として案出したものである。

概要

携帯した杖又は傘を、邪魔になることなく、携帯者自身が一時的管理のできる椅子を提供する。

肘掛け1の外側面1aに、杖Sの中間部を係合する凹入切欠4を設ける。該凹入切欠4の内面4aに、該凹入切欠4を閉塞する棒杆状の閉塞片6を突設する。また、閉塞片6が弾性変形して係合する凹入部5を前記内面4aに形成する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

肘掛けの外側面に、又は杖の中間部を係合する凹入切欠を設け、該凹入切欠の内面に、該凹入切欠の全部又は一部を閉塞する棒杆状の閉塞片突設し、該閉塞片が弾性変形して係合する凹入部を前記内面に形成した、椅子

技術分野

0001

発明は、集会場などに於て用いる椅子に関するものである。

背景技術

0002

外来者携帯した或いは杖の一時的な管理はなかなか煩雑で、殊に、多数人が集合するとき(例えば、葬儀など)は、管理場所、管理者数が充たされていても、管理の煩雑さは回避することができない。

0003

本発明は斯様な状況に鑑み、多数人が集合するときに用いるに好適な椅子を提供することを目的として案出したものである。

課題を解決するための手段

0004

肘掛けの外側面に、傘又は杖の中間部を係合する凹入切欠を設け、該凹入切欠の内面に、該凹入切欠の全部又は一部を閉塞する棒杆状の閉塞片突設し、該閉塞片が弾性変形して係合する凹入部を前記内面に形成した構成とする。

0005

図面は本発明に係る椅子の一実施例を示し、図1は本発明要部の斜視図、図2図1の平面図、図3図2のX−X線断面図、図4は椅子の斜視図である。

0006

図中、1は椅子Cの肘掛けで、肘掛け1は、前脚2の上端を背盤3方向に水平に折り曲げるようにし、自由端1´が前記背盤3の近傍に存するようにして設けたもので、この肘掛け1の前記自由端1´側には肘掛けの外側面1aを開口させた凹入切欠4を設けてある。

0007

凹入切欠4は、杖S或いは傘の中間部を、その開口端4´を通じて係合して保持できる程度の幅径を備え、前記開口端4´から奥端方向に沿って相対向する内面4a部分に形成した凹入部5を備えたもので、凹入部5は前記内面4a部分の開口端4´側を開放した横溝状で成り、前記開口端4´側の中間部に基部を係合するように棒杆状の閉塞片6、6を相対して突設してある。

0008

閉塞片6は、凹入部5の横溝形に沿う方向に弾性変形して屈曲するゴム製管体で構成し、凹入切欠4を部分的に閉塞して前記杖或いは傘の凹入切欠4から開口端4´を通じての離脱を防止する。

0009

なお、閉塞片6は合成樹脂素材としても良く、実施例の形状のものでなくとも良いことは勿論で、実施例は、この閉塞片6を一対用いて前記凹入切欠4を部分的に閉塞するようにしているが、開口端4´全部を閉塞するようにして良く、単数個でも良い。

0010

実施例は、肘掛け1の自由端1´側すなわち背盤3側に凹入切欠4を設け、常時を載せる部分以外の部分に前記杖S等を保持するようにしているが、斯様に肘を載せるに邪魔にならない部分に設ける方が合理的である。

0011

しかして、杖Sを中間部において開口端4´を通じて凹入切欠4に押し込むと杖Sは閉塞片6を押圧し、閉塞片6は弾性変形(屈曲)して凹入部5に全部又は一部が係合し、この結果、杖Sは閉塞片6部を通過して凹入切欠4内に係合し、係合と同時に、閉塞片6はその弾性により原状態に戻り、杖Sの凹入切欠4からの離脱を防ぎ、杖Sは凹入切欠4に支持される。

0012

そして、杖Sを引くと、閉塞片6は弾性変形し(このとき、凹入部5は、凹入切欠開口端4´側が開放された溝状を成しているのでその変形が円滑に行われる)、杖Sは凹入切欠4から引き出される。

0013

なお、凹入部は、実施例の形状に限定する必要がなく、要は、杖等による外力負荷によって弾性変形した閉塞片6が係合する「逃げ場所」があって、杖等の通過間隙が生じるようになっていれば良い。

発明の効果

0014

本発明は前記の通りの構成であるから、携帯した杖又は傘が邪魔になることなく、携帯者自身が一時的に管理のできる椅子を提供できる。また、閉塞片の存在により、人為的に行われない限り、凹入切欠より杖等が外れることがなく、杖等の凹入切欠に対する係離操作の際、閉塞片が弾性変形して凹入部に全部又は一部が係合する構造を採るので、凹入切欠の幅径を狭くすることができる。

図面の簡単な説明

0015

図1要部の斜視図。
図2図1の平面図。
図3図2のX−X線断面図。
図4椅子の斜視図。

--

0016

1肘掛け
1a 外側面
4 凹入切欠
4a内面
5 凹入部
6 閉塞片

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • クラリオン株式会社の「 振動発生装置および振動発生方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】振動の発生に伴う振動発生手段の温度上昇を抑制しつつ、ユーザに対して十分な報知を行うこと。【解決手段】振動発生装置1aは、警告情報に基づいて車両状況に基づく緊急度のレベルを決定する車両状況緊急度... 詳細

  • 株式会社イノアックコーポレーションの「 アームレスト用フレームおよびアームレスト」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】使用姿勢で加わる荷重を適切に受け止める。【解決手段】アームレスト20において荷重を支えるアームレスト用フレーム22は、退避姿勢と使用姿勢との間での姿勢変位に対応する範囲で開口するように形成され... 詳細

  • 前田真裕美の「 衣服整理支援具」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】衣服の種別を直感的に認識することができ、異なる保管場所でも対応関係が一目瞭然で意識を喚起することができ、高齢者等でも取り扱い易く自立生活を支援することができる衣服整理支援具を提供する。【解決手... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ