図面 (/)

技術 通線用呼び線

出願人 高橋實
発明者 高橋實
出願日 1997年6月26日 (23年7ヶ月経過) 出願番号 1997-187526
公開日 1999年1月22日 (22年0ヶ月経過) 公開番号 1999-018238
状態 拒絶査定
技術分野 管の付属装置 電線ケーブルの据付
主要キーワード 直線状配管 空洞状態 使用電線 合成樹脂線材 スリーブ金具 蛇行部分 屈曲配管 耐圧縮力
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(1999年1月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

線材長手方向においては、挿入進行に十分な耐圧縮力直進性を備え、側方への曲げ圧に対しては比較的容易に曲がり姿勢に変化することができる線材であって、管体との摩擦抵抗力が少なく、保管時にドラム巻き状としても巻き癖がつきにくいケーブル通線作業用の線材をえること。

解決手段

延伸処理を施し所要径に形成した合成樹脂単一線材を螺旋状に形付けしてなるもの。また、線材自体に縒りをかけながら螺旋状に形付けしてなるもの。

概要

背景

従来のこの種のケーブル挿通用線材即ち呼び線には、図7に示したように、3本の合成樹脂線材撚り合わせて撚り線状とした呼び線3が知られている(例えば実公昭61ー22424号公報参照)。

概要

線材の長手方向においては、挿入進行に十分な耐圧縮力直進性を備え、側方への曲げ圧に対しては比較的容易に曲がり姿勢に変化することができる線材であって、管体との摩擦抵抗力が少なく、保管時にドラム巻き状としても巻き癖がつきにくいケーブル通線作業用の線材をえること。

延伸処理を施し所要径に形成した合成樹脂単一線材を螺旋状に形付けしてなるもの。また、線材自体に縒りをかけながら螺旋状に形付けしてなるもの。

目的

そこで、本発明は、このような従来の呼び線が有していた課題を解決するために種々の形状の試作品を製造しケーブル管内への挿通実験を繰り返した結果、単一の樹脂線材特殊形状に加工することによって、線材の長手方向においては、挿入進行に十分な耐圧縮力と直進性を備えているものでありながら、側方への曲げ圧に対しては比較的容易に曲がり姿勢に変化することができる線材であって、管体との摩擦抵抗力が少なく、保管時にドラム巻き状としても巻き癖がつきにくいという呼び線、より正しくは呼び線用の線材を提供することを目的としたものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

延伸処理を施し所要径に形成した合成樹脂単一線材を螺旋状に形付けしてなる通線用呼び線

請求項2

線材自体に縒りをかけながら螺旋状に形付けしてなる請求項1に記載の通線用呼び線。

技術分野

0001

本発明は、通称呼び線と呼ばれている通線用線材であって、主として電線電話線光ファイバー等の通信ケーブルを既に敷設または配管済みの電線保護管通信ケーブル保護管(以下ケーブル保護管という)内に挿通配線するときに使用する通線作業用の線材に関するものである。

背景技術

0002

従来のこの種のケーブル挿通用の線材即ち呼び線には、図7に示したように、3本の合成樹脂線材撚り合わせて撚り線状とした呼び線3が知られている(例えば実公昭61ー22424号公報参照)。

発明が解決しようとする課題

0003

この素線3本を撚り合わせた呼び線3は、滑りがよく、剛直性に優れ、ケーブル保護管内への挿通に当たって管体との摩擦抵抗が比較的少なく直進性に優れているため、殊に直線状に配管されたケーブル保護管に対して通線作業を行うのに適した呼び線として作業者間に好評を博するに至っている。

0004

しかしながら、主として建造物中に配管されているケーブル保護管は直線状配管のものばかりではなく、屈曲配管部分や蛇行配管部分を有するものが多数を占めているのが現状である。従来の前記呼び線にあっては、剛直性に優れ直進性に優れていることから、前記のように直線状に配管された管体に対しては極めて優れたものではあるが、屈曲配管や蛇行配管の管体に対しては、剛直性,直進性の良好さ故に、屈曲性と蛇行性に乏しく、管内への挿通作業時に屈曲部分や蛇行部分において管壁への衝突力が大きく、挿通作業が困難で時間と労力を要するという課題を有するものとなっていた。

0005

そこで、本発明は、このような従来の呼び線が有していた課題を解決するために種々の形状の試作品を製造しケーブル管内への挿通実験を繰り返した結果、単一の樹脂線材特殊形状に加工することによって、線材の長手方向においては、挿入進行に十分な耐圧縮力と直進性を備えているものでありながら、側方への曲げ圧に対しては比較的容易に曲がり姿勢に変化することができる線材であって、管体との摩擦抵抗力が少なく、保管時にドラム巻き状としても巻き癖がつきにくいという呼び線、より正しくは呼び線用の線材を提供することを目的としたものである。

課題を解決するための手段

0006

該目的を達成するために講じた本発明にいう通線用呼び線の構成は、延伸処理を施して所要径に形成した合成樹脂単一線材を螺旋状に形付けしてなる構成としたものである。

発明を実施するための最良の形態

0007

本発明にいう通線用呼び線は、このような構成としたものであり、その実施に当たっては、線材自体に縒りをかけながら螺旋状に形付けすると、単一の線材であっても、軸線方向の圧縮力に対して耐圧性を増加させ、直進性にも優れた線材とすることができる。

0008

使用する樹脂素材は、ポリエステル樹脂ポリアミド樹脂ポリエチレンポリプロピレン等のポリオレフィン系樹脂等が靭性と引っ張り耐力に優れている点で好ましいが、特に限定されるものではなく任意に選定すればよい。

0009

以下本発明の実施例について図面に基づいて説明する。図面中、図1及び図2は、本発明の第1実施例を示した図であって、図示の線材1は、ポリエステル樹脂を図外の樹脂押出機から押出して延伸処理を施し、線径4mmφに形成した単一線材であって、これを線材自体に縒りをかけながら図外の成形用芯材に螺旋状に巻き付けて形付けしたものである。該実施例に示した線材1は、図2にその断面形状を拡大して示したように、線材1が仮想円中心軸cの回りに少許の空間sを形成する態様の螺旋状に形付けさせたものである。

0010

而して、この線材1は、例えば30m,50m,70m,100m等の通線作業時に必要な所要長さに切断し、その両端部に、一端にケーブル連結用小孔12をもつ金具10を、そのスリーブ部11を加圧圧縮させることによって連結させてある。

0011

このようにして形成された呼び線は、例えば建築物中に配管してあるケーブル保護管に電線等を挿通配線するに先立って、電線挿入側の反対側からこの呼び線をケーブル保護管内に押し込みながら挿入させ、その先端部を電線挿入側に突出させ、当該先端金具10の小孔12を利用して電線を連結し、次いで、呼び線を挿入した側から順次引き出すことによって、電線をケーブル保護管内に引き込み引き出して通線する作業に使用する。

0012

図中、図3及び図4は、本発明の第2実施例を示した図であって、図示の線材1は、延伸処理後の線径を4.6mmφに形成した単一線材であって、これを線材自体に縒りをかけながら前記第1実施例の場合と同様にして螺旋状に形付けしたものである。該実施例に示した線材1は、その断面形状を拡大して図4に示したように、線材1の外周面の一部が常に中心軸cに接する状態に螺旋状に形付けさせたものである。

0013

而して、この線材1も、前記のように、通線作業時に必要な所要長さに切断され、その一端部には、前記と同様に一端にケーブル連結用の小孔12をもつ金具10がそのスリーブ部11を介して加圧連結され、他端側には、前記と同様の金具10を一端に加圧連結させてある可撓性金属ワイヤー14を、同じく金属製のスリーブ金具13を用いて加圧連結させたものである。これらの金具10、スリーブ金具13及び金属ワイヤー14は、前記図7においても示したように公知のものである。

0014

図5は、線材1の更に他の実施例について示したもので、この線材1は、同図にみられるように、線材1の一部が常に螺旋仮想円の中心軸cの上に重なっている状態で螺旋状に形付けさせてあるものである。本発明にいう線材1は、このような構成のものとして実施することもできるのである。

0015

前記図3に示した線材1と前記図7に示した公知の線材3とについて、図6に略示したレイアウト試験用電線管Pについて挿通試験をした。試験1及び試験3は管内を空洞状態、試験2及び試験4は障害物として管内に線材3を入線した状態で試験した。
第1装置
使用電線管の内径:19mmφ
コーナー部分の中心R寸法:75mm
各直線部分の長さ:4000mm
ID=000003HE=065 WI=111 LX=0495 LY=0850

0016

第2装置
使用電線管の内径:25mmφ
各コーナー部分の中心R寸法:120mm
各直線部分の長さ:4000mm
ID=000004HE=065 WI=111 LX=0495 LY=1600

0017

本発明にいう線材1の線径は、前記実施例において示した2種類に限られるものではなく、3〜7mm程度のものが適しており、4〜5.5mm程度のものが多く使用される。

0018

以上本発明の代表的と思われる実施例について説明したが、本発明は必ずしもこれらの実施例に示した形状のもののみに限定されるものではなく、本発明にいう前記の構成要件を備え、かつ、本発明にいう目的を達成し、以下にいう効果を有する範囲内において適宜改変して実施することができるものである。

発明の効果

0019

以上の説明から既に明らかなように、本発明は、延伸処理を施して所要径に形成した合成樹脂製単一線材を螺旋状に形付けして呼び線用の線材としたものであるから、線材の軸線方向における圧縮力に対しては十分な耐力を有しており、ケーブル保護管への挿入進行に必要な十分な耐圧縮力と直進性とを備えているものでありながら、ケーブル保護管の屈曲部や蛇行部における側方への曲げ圧に対しては比較的容易に管体に沿った曲がり姿勢に変化することができるという極めて顕著な効果を期待することができるに至ったのである。しかも、管体との摩擦抵抗力が少なく、保管時にドラム巻き状としても巻き癖がつきにくいという効果をも併せ有しているものである。

0020

更に、その実施に当たって、線材自体に縒りをかけながら螺旋状に形付けした場合には、単一の線材であっても、軸線方向の圧縮力に対してより一層の耐圧性を増加させることができ、直進性にもより一層優れた線材とすることができるという顕著な効果を期待することが出来るものである。

図面の簡単な説明

0021

図1本発明の第1実施例を示した一部切断正面図。
図2図1中のII−II線に沿った断面図。
図3第2実施例を示した一部切断正面図。
図4図3中のIV−IV線に沿った断面図。
図5第3実施例を示す図2相当部分の断面図。
図6試験用電線管のレイアウト図。
図7従来例を示した一部中断正面図。

--

0022

1線材
10 金具

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • フレセニウス・メディカル・ケア・ドイチュラント・ゲーエムベーハーの「 クランプ」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本発明は、クランプ(1)に関し、クランプ(1)が流体導通流路(L)を受容することができ、クランプ(1)がアイドル状態のときに、クランプ(1)が受容された流体導通流路(L)を圧縮するこ... 詳細

  • 株式会社フジキンの「 流路アセンブリおよびバルブ装置」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】オリフィスやフィルター等の機能部品が組み込まれた流路アセンブリであって、機能部品と流路を画定する流路部品との間が長期間確実に密封された流路アセンブリを提供する。流路部材(51,52)... 詳細

  • いすゞ自動車株式会社の「 部品・配管ユニット」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】組み立て工数の削減を図ることができる部品・配管ユニットを提供する。【解決手段】部品・配管ユニット1,1aは、作動流体が流通する配管10と、配管10を流通する作動流体が導入されるとともに導入され... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ